誰もが知りたい生命保険の平均額や相場とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生命保険については、殆どの家庭が加入していると言われている時代。実際に、何かしらの保険に加入をしている人が多いと思います。

その中で、気になるのが保険料の相場ではないでしょうか。

他人と比べて何かを変更するというよりも、自分の加入保険の適正を判断する1つの基準となるのが年齢別の相場(平均)だと思います。

今回は、年代別の保険料の相場や平均について整理していきましょう。この機会に、自分の保険と比較してみましょう。

また、参考として保険料に関する税金控除についても、簡単にご紹介していきますので、ぜひ参考にして頂きたいと思います。

目次

1:イザという時の保険の大切さとは?

2:意外と多い生命保険に加入している人はどれくらい?

3:年代別の保険相場を参考にしよう!

3-1:比較例|世帯年収別・月々の払込保険料

3-2:比較例|男女別・月々の払込保険料

3-3:比較例|死亡保障額はいくらにしてる?

4:目安となる保障額の考え方を整理しましょう

4-1:必要となる保障額の計算の仕方をチェック

参考)遺族年金とは何??

参考②)遺族年金の受給例

5:年代別の特徴と考慮点を整理していきましょう。

6:知らないと損!保険控除の仕組みについて

6-1:税金の負担が軽くなる「保険料控除」

6-2:生命保険料の税額控除が変更に!

7:まとめ

1:イザという時の保険の大切さとは?

よく保険の相談を受けるときに聞かれるのが、「同じ世代の方は、どれくらいの保険料を支払っているのですか?」「同じ世代はどんな保険に加入しているのですか?」ということです。

この回答については、正解はありません。

これは、家族構成や保険に関する考え方によって保険料も保障内容もぜんぜん変わってくるからです。しかし、当然ながら、これから保険に検討する人はどれくらいの保険に入ったらいいのか参考になるものがなければ、加入しているものがで適正かどうかの判断はつきません。

しかし、そもそも論を1つだけ書かせて頂くと「なぜ、貴方は保険に入ろうとしているのですか?」という事です。

みなさんが十分にご理解されている通り、生命保険に加入する理由は「いざ」という時に備えるためです。ここもまた同様に。「いざ!」という内容をどう考えるかも人により、家庭によりさまざまです。

例えば、病気になった際、けがをした際、死亡した際。いくつもの「いざ!」が存在するという事です。でも、ここでしかっりとご自身が求める「いざ!」が何かを考えて頂く必要があります。そのいざを救ってくれる手法が生命保険であるという事です。今回は、年代別などでの平均的な保険の相場についてご紹介しますが、あくまでこれは平均相場です。つまり、ご紹介する数値よりも高い方も低い方もいらっしゃいます。

生命保険自体は、金額ではなく安心を買うものとして考えて頂くと同時に、どの程度の保障があれば安心できるか?そのためには、どの程度の保険料を支払う必要があるのか?」という観点で、記事をお読み頂きたいと思います。

あくまで、安心を買う料金が保険料ということです。なぜ、それを冒頭でお話しするかという点では、死亡した際やけが、入院した際に生活を、家族を守ってくれる安心を提供してもらう事が必要だからです。この点をしっかりと理解して頂きたいと思います。

2:意外と多い生命保険に加入している人はどれくらい?保険料を払い過ぎ

それでは、今度は、生命保険への加入率などから見ていきたいと思います。

実は「約8割の人が生命保険に加入」している結果が出ています。以下の図は、生命保険文化センターの平成25年度「生活保障に関する調査」による調査結果で、生命保険に加入している人は男女とも多く、男性では80.9%、女性では81.9%という数値が出ています。これは前回(平成22年度)の調査した際から比べて男性は1.9ポイント、女性は2.4ポイント増加している結果となりました。また、また、性・年齢別に生命保険加入率をみると、男女とも40~50歳代で高くなっている結果も出ています。

生命保険加入率▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(注)民間の生命保険会社や郵便局、JA(農協)、生協・全労済で取り扱っている生命保険や生命共済(個人年金保険やグループ保険、財形は除く)の加入率を示す。

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成25年度より>

この様に、数字的には非常に多くの方が保険に加入されている事が理解できます。

しかし、その中でも保険に加入していない人がいるのも事実です。加入していない人には、2つのタイプに分かれると言われています。

タイプ1>金銭的な面で保険に加入する事が難しい場合

タイプ2>保険への加入が不要と考えている場合

このタイプの場合には、保険制度自体をそもそも必要としていない場合と貯蓄額が十分にあり保険でのサポートが必要でない場合の2つに分かれるとされています。

この様な傾向はありますが、実際には加入している方が圧倒的に多いのが現状です。

 3:年代別の保険相場を参考にしよう!

それでは、いよいよ皆さんが気にする年代別保険料の平均相場をご紹介していきましょう。ただし、ご注意ください。実はこうした相場や平均金額はいろんな角度(切り口)で分析する事が出来るのです。

実際に複数の視点で分析されており、その内容と解説も様々です。そこで、今回は分かりやすい区分(参考、比較しやすい観点)でのみ分析した表を掲載しています。

3-1:比較例|世帯年収別・月々の払込保険料

最も自分と比較しやすいのがこの表ではないかと思います。実際の年収とは、家族全員での収入合計となる事を考慮して比較してみましょう。

こちらの表は、生命保険文化センターで分析された表です。これによると月々の払込保険料は、年収300万円未満で月額平均1.45万円、年収300~500万円未満で月額平均1.63万円、年収500~700万円未満で月額平均1.75万円、年収700~1000万円未満で月額平均2.05万円、年収1000万円以上で月額平均3.06万円となっています。全体を通して、世帯月収の約3~6%が月々の平均払込保険料となっている傾向である事が分かります。

世帯別・月々の振込保険料▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3-2:比較例|男女別・月々の払込保険料

意外と盲点となるのが、この性別比較です。

女性の方が圧倒的に、掛け金が少ない事がこの図から読み取っていただく事ができます。生命保険の月々の払込保険料(個人年金保険の保険料を含む)は、男性で平均2.1万円、女性で平均1.5万円となっています。金額の分布をみると男性は「1~2万円未満」、女性は「1万円未満」が1番多くなっています。

注意)死亡保険だけでなく、医療保険やがん保険、学資保険など生保の合計の払込保険料です。

この1つの理由として、専業主婦の保険料が低い事が集計に影響しているとも言われています。家庭を守る主婦については、外からの収入がない為、保険の掛け金を抑えている方が多いのが現状です。こうした事から、全体的な平均金額が男性に比べて少ない結果となる事が多い傾向となるのです。

男女別・月々の払込保険料▼

 

 

 

 

 

3-3:比較例|死亡保障額はいくらにしてる?

もう1つ興味深い数値の相場を見ていきましょう。

それが、死亡保障です。死亡…これは、男女の性別に関係なくいづれ訪れるものです。

しかし、ここでも男女の性別で大きな違いが出てきているのです。生命保険文化センターが調べた結果によれば、生命保険の加入金額(普通死亡保険金※1)の平均は男性で2,043万円、女性で944万円となっています。 こちらも女性の方が男性の半分以下となる結果が出ました。1つの要因として、男性=一家の大黒柱として死亡後も家族の生活を見守る責任があるという事を踏まえてになります。

こうしたことは、家庭における主な働き手は男性という風土から来ているものともいえます。

しかし、近年は女性も大黒柱として働かれている方が増えてきています。その為、徐々に保険料が高くなってきている事も今の時代ならではの特徴ともいえます。

死亡保障額参考図▼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4:目安となる保障額の考え方を整理しましょう

相場については、いくつかご紹介してきましたが、あくまで、相場は相場、平均は平均です。

それでは、実際に自分にとって必要な金額とはどの程度になるのでしょうか?今度は、その金額について考えていきましょう。もしも、一家の大黒柱が亡くなられたときに備えておくべき必要保障額とは、下記の計算式で求める事ができます。まずは、一旦、月額で計算する方が計算しやすいでしょう。その数値をもとに年間などの金額を算出していく事をお勧めします。

必要保障額の目安▼

 

 

 

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る