生命保険は何歳から加入すべき?損しない保険選びのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

子供向けの生命保険商品も発売されている今日この頃ですが、いったい生命保険は何歳から加入するのがベストなのでしょうか?

友人や同僚が生命保険に加入した話を聞いたり、勧誘を受けたり、CMを見たりすると「そろそも自分も生命保険に加入すべきなのかもしれない」と思ってしまいますよね。
しかし、周りの人に直接、生命保険に何歳から加入しているのか質問するだなんてしにくいですよね。

今回は生命保険への平均加入年齢や加入率のデータを元に、保険に加入すべき年齢と、生命保険で損しないためのポイントをご紹介します。

生命保険の基礎知識を抑えて平均のデータを知るだけでも、生命保険に自分は何歳から加入すべきか、適切な商品は何かが自然とみえてくるはずです。生命保険の基本を押さえて上手に保険を選んでくださいね。

目次

1 初めて保険に加入する年齢の平均は?
1-1 生命保険に加入したきっかけランキング
1-2 医療保険に加入したきっかけランキング
2 生命保険の加入率はどのくらい?
2-1 あなたの予想は?男性の年齢別加入率
2-2 意外に高い?女性の年齢別加入率
3 生命保険は4種類あるって知ってる?
3-1 定番商品の定期保険
3-2 三角の保険?収入保障保険
3-3 保障が一生続く終身保険
3-4 死亡でなくとも受け取れる養老保険
4 万が一の時に生命保険以外にもらえるお金
4-1 遺族年金がもらえる人はこんな人
4-2 住宅ローンがあった方がお得?
4-3 死亡保障は生命保険だけじゃない
5 生命保険の必要保障額の計算しよう
5-1 現在の家計の年間支出は?
5-2 ライフプランニングをしてみよう
6 生命保険で損するパターン3つ
6-1 勧誘されたから加入した
6-2 過剰な不安で保険貧乏
6-3 保険の見直し不足で損をする
7 年代別 生命保険の選び方
7-1 子ども向け生命保険は必要か?
7-2 20~30代の加入すべきタイミング
7-3 40~50代の保障額のピーク世代
7-4 60代以降は生命保険に入れない?
8 まとめ

1 初めて保険に加入する年齢の平均は?

さっそく、初めて生命保険に加入した年齢の平均をみていきましょう。

ある調査によると、初めて生命保険に加入した年齢の平均は24.9歳なのだそうです。医療保険の場合も初めて加入した年齢は25.0歳とほぼ生命保険と同時という結果でした。

この年齢の多くの方のライフステージは大学を卒業したり、結婚や第一子の出産を経験する年齢です。

経済的にも独立するだけでなく、誰かの生活を支える立場となる方も多い世代ですね。このようなライフステージの前後に加入する方が多いことが原因なのではないでしょうか。

では、初めて生命保険や医療保険に加入することとなったきっかけはどのような理由なのでしょうか。加入したきっかけをランキング形式でみてみましょう。

1-1 生命保険に加入したきっかけランキング

生命保険に加入したきっかけは以下のようなものでした。

  1. 就職したから
  2. 将来の健康、経済不安を感じたから
  3. 結婚をきっかけに
  4. 親や親類の紹介、勧めがあったから
  5. 出産を機に
  6. 職場での紹介や勧誘を受けたから
  7. 友人知人の紹介や勧誘を受けたから
  8. 病気を経験したから

一番多かったきっかけは「就職」でした。社会人となったことをきっかけに将来の備えを意識し加入した方が多いようです。

1-2 医療保険に加入したきっかけランキング

わたしが医療保険に加入したきっかけは、社会人となって数年目の時の会社の同僚の入院した。

医療保険に加入したきっかけランキングはどのようなものでしょうか?

  1. 将来の健康、経済不安を感じたから
  2. 結婚をきっかけに
  3. 就職したから
  4. 職場での紹介や勧誘を受けたから
  5. 親や親類の紹介、勧めがあったから
  6. 友人知人の紹介や勧誘を受けたから
  7. 出産を機に
  8. 病気を経験したから

医療保険の場合は、将来の健康、経済不安を感じたタイミングで加入した方が最も多いという結果が得られました。もしも何かの事情で医療費がかさむ事態になった時の経済状態に不安を感じて加入を決意した方が多いようですね。

生命保険の加入率

2 生命保険の加入率はどのくらい?

では、何割くらいの方が生命保険に加入しているのでしょうか?

生命保険文化センターの平成25年度「生活保障に関する調査」から、男性は80.9%、女性は81.9%の方が生命保険に加入しているという結果が得られています。

約8割の方がなんらかの生命保険に加入しているとは驚きですね。それだけ多くの方にとって身近な存在であるということになりますね。

ただ生命保険は年齢によってニーズが大きく変わる保険商品です。年代別の加入率をみてみましょう。

2-1 あなたの予想は?男性の年齢別加入率

まずは男性の年齢別加入率をみてみましょう。

20代 52.4%
30代 84.1%
40代 87.5%
50代 87.6%
60代 83.3%

20代は52.4%ですが、30代になるとグーンと加入率が伸びて84.1%に。生命保険は長期にわたって加入する保険なのでそのまま60代まで加入率をキープ。

定年退職等を迎える60代で若干の減少がみられるという結果となりました。

2-2 意外に高い?女性の年齢別加入率

では、女性の場合はどうでしょうか?

20代 56.8%
30代 78.5%
40代 90.0%
50代 88.1%
60代 83.0%

女性の場合も20代は50%台ですが男性より若干加入率が高いようです。30歳代になると約80%にまで伸び60歳代で若干の減少というのは男性と同じ傾向です。

予想以上に生命保険の加入率が高いと感じた方も多いのではないでしょうか?焦りを感じている方もみえるかもしれません。

急いで生命保険に加入しなくちゃ!と思ってしまった方は要注意です。生命保険の基礎知識なしに保険商品選びをしてしまっては保険貧乏になりかねません。

ここからは、損しない生命保険選びのための基礎知識を簡単に解説していきます。

 

3 生命保険は4種類あるって知ってる?

生命保険は被保険者が残された家族の生計を守るために加入する保険です。

たとえば、夫が3,000万円の保障額の生命保険に受取人を妻にして加入していたとします。もしも夫が亡くなった場合、受取人である妻が3,000万円の保険金を受取るということですね。

基本的にはこのような理解で問題ありませんが、実は、生命保険は大きく4つに分類することができます。

3,000万円の保険金を一度に受け取れない生命保険など様々なタイプが存在することをご存知でしたか?

加入を検討するために必要な生命保険の基礎知識として、まずは4つのタイプの生命保険があることをご紹介いたしましょう。

3-1 定番商品の定期保険

まず1つめは定期保険です。 上の例で挙げた、夫が3,000万円の保障額の生命保険に受取人を妻にして加入していたとします。もしも夫が亡くなった場合、受取人である妻が3,000万円という大金を一度でを受取るというのがこのタイプにあたります。

ただし、1つ条件があります。保険料払い込み期間中であるという条件です。

定期保険というのはその名のとおり、保障が一生涯続く保険商品ではありません。保険料払い込み期間のみが保障期間なのです。

もしも、25歳で加入し60歳まで保険料を払い続けていたとしても、亡くなったのが61歳であれば保険金はまったく受け取ることができません。保証期間外だからです。

つまり定期保険の契約内容例は以下のようなものとなります。

  • 保険料払い込み期間: 25歳から60歳まで
  • 保障期間:25歳から60歳まで
  • 保険金の支払い方法:死亡時に保険金を一括で受取る

しかし、終身保障でないことのメリットもあります。終身保障でないがために、手ごろな保険料で大きな保障を得ることができるのです。

誰かの生活を支える必要がある期間だけ生命保険に加入したい。保険料を抑えつつ、もしもの時には誰かの生活を支えるための備えをしておきたいと望む方には定期保険がぴったりでしょう。

3-2 三角の保険?収入保障保険

次にご紹介するのが三角の保険とも呼ばれる、収入保障保険です。収入保障保険を生命保険だと思っていない方も少なくないのですが、あなたはご存知でしたか?

収入保障保険の具体例を挙げてみましょう。

  • 保険料払い込み期間: 25歳から60歳まで
  • 保障期間:25歳から60歳まで
  • 保険金の支払い方法:死亡時から60歳まで保険金毎月受取る

収入保障保険の最大の特徴が「保険金を年金方式で受け取る」ということです。

たとえば、25歳の方が60歳満期で毎月10万円保障の収入保障保険に加入したと仮定します。

この方が30歳で亡くなった場合は、10万円×12ヶ月×30年ですから3,600万円の保険金を受け取れる計算となります。

定期保険よりもお得にみえるかもしれませんが、もしも59歳で亡くなった場合は、1年分の120万円しか保険金を受けることができません。

定期保険であれば30歳で亡くなっても、59歳でも同額の保険金を受け取ることとなりますが、収入保障保険の場合は亡くなった年齢によって大きな差が出ます。

しかも保障期間を過ぎてしまえば、一切の保険金を受け取ることができません。つまり掛け捨て保険なのです。

しかし収入保障保険は大きな保障が必要な期間に保障額が多くなり、ニーズが小さくなるにつれて保障額が小さくなるという多くの方のライフステージに合った保険商品です。

保険料が割安である商品が多いので人気の高い商品です。

実は、小学生の子ども二人を抱える我が家は収入保障保険に加入しております。

もしもの時、子どもが大きくなれば妻がフルタイムで働くこともできる。しかし、子どもが小さい間はそれもままならない可能性も高い。そう考える我が家にベストな生命保険だと考えて選択しました。

3-3 保障が一生続く終身保険

さて続いてご紹介するのが、保障が一生涯続く終身保険です。終身保険の具体例を挙げてみましょう。

  • 保険料払い込み期間: 25歳から60歳まで
  • 保障期間:終身
  • 保険金の支払い方法:死亡時に保険金を一括で受取る

保険料は定期保険や収入保障保険と比較すると割高になる点がデメリットです。

しかし、掛け捨て保険ではないので、保険料の払込満了後は解約返戻金が払込額を上回る商品が多い上に、保障が一生続く安心を得ることができます。

生活に余裕があれば、もしもの時の備えだけではなく貯蓄性を求めることができるというメリットを生かせるので加入の検討対象となります。

3-4 死亡でなくとも受け取れる養老保険

養老保険は終身保険ではありませんが、ある程度の貯蓄性もある保険商品です。養老保険の具体例を挙げてみましょう。

  • 保険料払い込み期間: 25歳から60歳まで
  • 保障期間:25歳から60歳まで
  • 保険金の支払い方法:死亡時に保険金を一括で または 払込満了時に亡くなっていない場合は満期険金

保障期間中にもしものことが起きなかった場合でも、満期金を受取ることができるので安心感があります。

ただし、お金を増やせる商品ではないケースがほとんどです。満期金は払込保険料の総額を下回る額となり元本割れします。

しかし、定期保険や収入保障保険の場合はもしものことが起きなかった場合でも満期金が受け取れませんので、掛け捨て保険に抵抗を感じる方には適した商品でしょう。

以上、4つのタイプの生命保険をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

「生命保険」と一言で言っても様々な特徴のある商品が存在することが理解していただければ幸いです。

実際には生命保険と医療保険など複数の契約内容を組み合わせて1つのパッケージとして販売されている商品や、医療保険でも特約をつけることで死亡時に保険金が出る保険商品など複雑で多種多様な保険が発売されています。

これらの商品の中からじぶんのニーズにあった商品を選ぶためには、生命保険のことだけではなく、万が一の時に受けられる公的保障のことを知っておくべきです。

次は、万が一の時に生命保険以外にもらえるお金を解説していきます。

もらえるお金

4 万が一の時に生命保険以外にもらえるお金

一家の家計を支えている人にもしものことがあった場合、生活を支えてくれるシステムは生命保険だけではありません。

日本には公的な保険によるサポートも存在します。公的な保障がどのくらい受けられるのかみていきましょう。

4-1 遺族年金がもらえる人はこんな人

日本には年金制度があります。高齢になってから年金が受け取れる老齢年金だけを指し、年金とは高齢にならないともらえない。

今の若い世代が高齢者になる頃には年金制度が破たんしている可能性があるから、若い世代は年金に加入しても損するだけだ!そんな意見を主張している方もみえますね。

年金は老齢年金だけではありません。しかし、若い方にこそメリットがある遺族年金があることをご存知でしたか?

遺族年金とは年金に加入している方または加入してい方が亡くなったとき、条件に従って配偶者または子どもには遺族年金が支払われます。

条件にもよりますがおおよそ以下の額が毎月受取れます。

国民年金 厚生年金 共済年金
子どもあり
(18歳未満)
子1人 84,358円 134,441円 134,441円
子2人 103,575円 153,358円 153,358円
子供なし 妻40歳未満 0円 49,783円 59,733円
妻40-64歳 0円 99,091円 109,041円
妻65歳以降 65,741円 115,525円 125,475円

※詳しくは日本年金機構の『遺族年金』のページでご確認ください。

年金に加入していることで高齢になった場合に老齢年金が受け取れるだけではなく、家計を支えている人にもしものことがあった場合には長期にわたって生活を支えてくれるシステムであることがお分かりいただけたでしょうか?

金額的に小さなものではありませんので、生命保険への加入や必要保障額を検討するときにこの制度のことを念頭においてくださいね。

4-2 住宅ローンがあった方がお得?

続いて家計を支えている人にもしものことがあった場合に、威力を発揮するのが団体信用生命保険です。

住宅ローンを組む時にほとんどの方はが団体信用生命保険に加入を義務付けられています。

団体信用生命保険は住宅ローンの支払者が加入します。保険加入者が亡くなったとき住宅ローン残額の支払いが免除される保険です。

家計を支えている人が住宅ローンの支払者となっているケースがほとんどですので、もしものことがあった場合に住宅ローンの残額を心配する必要がありません。

賃貸の場合は、家計を支えている人がなくなっても住居費の支出が続きますが、住宅ローンを組んでいる方にはこの心配がなくなる可能性があります。

住宅ローンを組んでいる方は、団体信用生命保険に加入しているのか否かで生命保険の必要保障額が大きく変わりますので現状をきちんと把握してくださいね。

4-3 死亡保障は生命保険だけじゃない

さらに確認しておくべきなのが、現在加入している保険です。

死亡時に保険金が受け取れるのは、生命保険だけではありません。「生命保険」という名前でなくとも特約などにより死亡時に保険金が受け取れる商品もあります。

たとえば、学資保険の多くは一家を支えている人にもしものことがあった場合、保険料の支払いが免除され満額の保険料を受取れるシステムです。

会社員の方は会社で加入している保険からも保障を受けられる可能性もあります。

現在、自分がどんな保険でどんな時に保障が受けられるのか把握していない方が少なくありません。重複して保険に加入してしまうことは保険貧乏に繋がりますよね。

まずは加入している保険の現状と保障内容を洗い出してみることをおススメします。

 

5 生命保険の必要保障額の計算しよう

ここまで生命保険の基礎知識を学んだところで、必要保障額を計算してみましょう。必要保障額は家計の現状や実現したい夢、想定リスクなどによって異なります。

未来を完璧に予想することはできませんが、大まかな必要保障額を算出することが万が一の事態が起きずとも役立つ情報となりますのでぜひ計算してみてください。

5-1 現在の家計の年間支出は?

生命保険の必要保障額を算出するためにまず必要となるのが、現在の家計の年間支出です。

家計簿をつけているのであれば、それを参考にするのがベストです。家計簿をつけていない方が年間支出を計算する方法は2つ考えられます。

1つ目は、これから1ヶ月だけでも家計簿をつけてください。おおよその食費、日用品等の生活費が把握できるはずです。

生活費が把握出来たら、次に年間固定支出を概算します。住居費、教育費、保険料、帰省費用など年単位で支出を予想できる額を洗い出します。

これらを足していくことで年間支出の概算を出します。

もう1つが貯金の残高を確認する方法です。1年前の銀行の残高と現在の残高の増減を比較して年間支出を把握します。

複数の銀行を利用している方は、それらすべての残高をチェックしてくださいね。残高がほとんど増減していなければ、年間収入額が年間総支出額と同じであることが予想できます。

ただし、車の購入など高額の特別支出があった場合は平均として使えませんので、それらを考慮して算出してください。

5-2 ライフプランニングをしてみよう

家計の年間支出の概算を算出することができたら、次にライフプランニングをしてみましょう。

住宅ローンの残高や車の購入予定、子どもの進学希望などを洗い出すことによって、長期にわたって必要なお金がみえてきます。

算出の方法は、エクセルでもノートでも構いません。

たとえばエクセルの縦軸に現在の世帯主の年齢を書き込みその横に、配偶者や子どもの年齢を書き込みます。

横軸に年間生活費、住居費、教育費、特別支出の予測を入力していきます。特別支出にあたるのは車の購入や住宅の修繕費、特別な娯楽費用などとなります。

これらを入力すると自然といつどのくらいのお金が必要なのか見えてくるはずです。

世帯主にもしものことがあった場合の生活費は、現状の7割で計算するのが一般的です。

万が一のときのシュミレーションを行う場合は、万が一のことが起きてからの生活費を7割として計算。すでに加入している保険があれば、その受け取り予定時期と額を入力すると、さらに予想がしやすくなるはずです。

これらのライフプランニングをみることで、必要保障額やじぶんのニーズに合った生命保険のタイプ、何歳で加入すべきかもみえてくるはずです。

もしもの時のライフプランニングを世帯主でしか行わないケースが多いのですが、配偶者にもしものことが起こった場合もシュミレーションしておくことをおススメします。

配偶者が亡くなった場合でも生活は大きく変わってしまいますし、配偶者が家計を大きく支えているパターンも少なくありません。女性の生命保険加入率も8割近いのが現実です。

女性にもしものことがあったパターンでもシュミレーションを行い、必要保障額を算出しましょう。

エクセルやノートで計算する以外にも、インターネットで公開されている無料ライフプランシュミレーションを利用してもよいかもしれません。

ただし、おおまかな計算しかできないので生命保険を真剣に検討する場合には、エクセルやノートでじぶんで計算したり、ライフプランナーに相談することをおススメします。

 

6 生命保険で損するパターン3つ生命保険損する

続いては生命保険で損をしてしまうパターンをご紹介いたします。ご自身がそうなってしまわぬよう、参考にしていただければ幸いです。

6-1 勧誘されたから加入した

生命保険への加入のきっかけで意外と多いのが「勧誘されたら加入した」というもの。

会社の門の前で待ち構える保険のおばちゃんに捕まっている新入社員をみかけたことのある方や、実際に勧誘された経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

立ち話で保険の話を説明され、他社の保険商品やライフプランニングをすることもなく「社会人になって一定収入があるからまぁいいや」「連日勧誘を受けてめんどくさいから加入しちゃおう」
そんな簡単な気持ちで加入してしまう人が少なくありません。

こういったケースで加入している人は、受け身で加入しているので保険への理解度が低く、じぶんの保険がどんなときに受けられる保障なのか把握していない人も少なくありません。

勧誘をきっかけに加入してしまった方は、一度加入内容の見直しをお勧めします。じぶんでよく理解できない場合は、現在の保険担当者以外の無料相談を利用するのがおススメです。

6-2 過剰な不安で保険貧乏

次に損するパターンとしてご紹介するのが、過剰な不安で保険貧乏となってしまうパターンです。

未来はみえず、将来への不安はつきまとう…そんな気持ちはよく分かりますが、不安な感情に流されて判断してしまうと過剰な保障内容の保険商品に加入してしまいがちです。

保険は万が一のときに備えることができ、将来への不安を和らげてくれます。しかし、無料ではなく保険料がかかります。

将来への備えも必要ですが、今の生活を楽しむことも生きていく上で大切なはず。保険料の支払いが生活を圧迫していたり、特約などで保障が重複しているケースの方は、保険の見直しをすることによって保険料を安く抑えられる可能性があります。

ぜひ冷静な目でライフプランをし直し、必要な保障を見直すことが大切です。

6-3 保険の見直し不足で損をする

最後に挙げる例は、保険の見直し不足のパターンです。保険加入時は適切な保険設計だったとしても、月日が進むにつれ生活環境は変わります。

ずっと賃貸で生活を続ける予定だった方が、住宅を購入した場合保険へのニーズが変わってしまいます。

定期保険の生命保険に加入していた方が、予想より早く子どもが独立した場合は予定より早く生命保険を解約しても問題ないかもしれません。

また、時代の変化とともに生命保険も進化します。保険加入時には発売されていなかった、より良い商品が出ているケースも考えられます。

生活環境に変化があったときには、ぜひ保険の見直しをしてください。保険料は、毎月の支払額は大きくなくとも積み重ねることによって高額な出費となるケースがほとんどです。

せっかくの人生を楽しむためにも、適切な保険設計をして将来への安心と今を楽しむことを両立させていきたいものですね。

 

7 年代別 生命保険の選び方0歳から

最後に年代別で生命保険選びのポイントを解説いたします。それぞれの年代で多い生活パターンを想定し、それぞれの年代での注意事項をまとめてみました。

7-1 子ども向け生命保険は必要か?

まず取り上げせさせていただくのが、生まれてすぐ「0歳」からの子ども時代です。

最近では、0歳から加入できる生命保険商品が存在します。0歳から加入するメリットは保険料が格安であることです。

0歳から60歳まで格安保険料を支払い続けるパターンと、30歳から60歳まで同程度の保障内容の保険料を支払い続けるのでは総支払額は大差ないので、0歳から加入した方が得だという説もあります。

生活に余裕があれば加入しても問題ありませんが、子どもが誰かの生活を支える必要はないケースがほどんどです。

つまり、子どもの生命保険の必要度は低いでしょう。

7-2 20~30代の加入すべきタイミング

20~30代は多くの方が経済的に親から独立し、家庭を持ったり、子どもを授かったりと生活環境が大きく変わる世代です。

生命保険の基本は、万が一の時に残された家族の生活を守ることです。そのため、誰かの生活を守る立場になったときが、生命保険への加入を検討するベストなタイミングです。

住宅の購入や転職も受けられる公的保障内容が変わる可能性があるので、生命保険への加入や見直しをするタイミングです。

夫婦のバランスによっては、女性でも男性と同等の必要保障額を設定すべきかもしれません。

生命保険は長期にわたって保障が継続し、もしもの時の生活に大きな影響を与える保険です。もしもの時のために、どんな備えをしておきたいのか考える時間をぜひ作ってみてください。

7-3 40~50代の保障額のピーク世代

40~50代は保障額の加入率もピークを迎える世代です。多くの方が誰かの生活を支える立場となっており、かつ子供の大学進学や親の介護などで出費がかさみやすい世代でもあります。

この年齢から生命保険に加入しようとすると保険料は高めになってしまうケースがほとんどです。大半の方がすでに生命保険い加入していることが予想されます。

しかし、最近ではこの年代で結婚や子どもを授かるケースも少なくありません。この年代から生命保険の必要性を感じ加入を検討される場合は、現在の貯蓄や公的保障と今後のライフプランと備えておきたい保障を熟考して加入を検討すべきでしょう。

また、逆に子どもが独立されるケースもあるでしょう。必要保障額が少なくても足りるかもしれませんので、その場合は解約やプランの変更を検討すべきでしょう。

7-4 60代以降は生命保険に入れない?

60代以上の方は生命保険の加入率も保障額も減少し始める世代です。生命保険の満期を迎える方も多いでしょう。

ただ、子供の年齢や生活環境によっては生命保険の保障が必要な方もいらっしゃるはずです。60歳以上でも加入できる生命保険商品も発売されていますので、必要に応じて検討すべきでしょう。

60歳以上から生命保険に加入する場合は、若い世代とは想定パターンが異なる可能性が高いので、ファイナンシャルプランナーに相談することをお勧めします。

 

8 まとめ

ここまで生命保険へ加入する年齢の平均と加入率を中心に、生命保険には何歳から加入すべきなのか解説してまいりましたがいかがでしたでしょうか?

平均では加入した年齢は約25歳が平均。加入率は約8割というデータでしたね。それに加え保険貧乏を防ぐために必要な基礎知識として、4種類の生命保険についての簡単な説明をさせていただきました。

生命保険には様々な特徴のある商品があることや公的保障があること。さらに年齢や生活環境によってニーズは異なることが理解していただければ幸いです。

平均的だったからホッとするのではなく、生活環境やライフプランに基づいた自分のニーズを把握し、それに沿ったプランであることに自信が持てる状態をぜひ目指していただきたいと思います。

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る