生命保険は加入した方が良い?入るメリットとデメリットをまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

現在では、さまざまな保障がある生命保険ですが、本来はどんな保険を指すか知っていますか?また、保険にはもう入っているでしょうか?

今回は「生命保険とその加入」に焦点を当てて考えていこうと思います。生命保険の加入は誰でも1度は考えますよね。しかし加入するにあたってメリットがなければ自分にとって価値がないものです。

生命保険に加入するメリットやデメリットを中心に生命保険の種類や定義について詳しく解説していきます。最近では医療保険やがん保険もまとめて生命保険と呼ばれていますが、そもそもの定義は違うんですよ。

目次

1.そもそも生命保険とはどんな保険か

1.1 生命保険の定義とは

1.2 生命保険の種類

1.3 生命保険の加入率は?

2.生命保険は加入した方が良いの?

2.1 生命保険は万人が加入した方が良いとは限らない

2.2 生命保険の加入は人に言われて入るものではない

2.3 生命保険の加入は賛否両論

2.4 生命保険の加入は慎重に

3.生命保険に加入するメリットは?

3.1 万が一の事態に備えられる

3.2 保険次第では保険金が必ず受け取れる

3.3 保険次第では解約時に返戻金が発生するので貯蓄性がある

4.生命保険に加入するデメリットは?

4.1 終身保険の場合は保険料が高い

4.2 定期保険は保険金が受け取れない可能性がある

4.3 保険次第では解約時に返戻金が発生しない

5.生命保険に加入する前に確認しておきたいこと

5.1 必要資金の確認

5.2 自分の健康診断の結果

5.3 各保険商品の保険内容の比較・確認

5.4 将来を通して無理のない保険料金額

5.5 自分の年代の死亡率

6.生命保険の落とし穴を理解しておこう

6.1 加入する保険によって落とし穴が違う

6.2 定期保険の場合の落とし穴

6.3 終身保険の場合の落とし穴

6.4 養老保険の場合の落とし穴

6.5 学資保険の場合の落とし穴

7.まとめ

1.そもそも生命保険とはどんな保険か

50代以上の生命保険料の平均相場

生命保険という言葉はよく耳にしますが、それがどんな保険を指すのが知っているでしょうか?

今では「万が一の事態に備えるための保険」全般に使われていますが、実は生命保険とはある一定の条件を満たした場合のみにお金が支払われる保険を指します。

最近では医療保険やがん保険なども併せて「生命保険」と一括りにされてしまっています。確かに将来の事故や病気の事態に備える保険なので生命保険ともいえますが、生命保険の定義としてはこれらの保険は当てはまらないのです。

これから生命保険の加入を考えている人は、生命保険がどういった保険なのか、どんなメリットやデメリットがあるのかしっかりと理解してから保険に加入するようにしましょう。

1.1 生命保険の定義とは

生命保険の定義とは「人が一定の年齢まで生きた場合、または死亡した場合に約束(契約)した金額のお金を受取人に支払う保険」のことです。そのためこの定義から生命保険を分類すると医療保険やがん保険は当てはまらないことになります。

また生命保険は死亡保険・生存保険・生死混合保険に分類され、そこから死亡保険の定期・終身、生存保険の定期・終身…などと枝分かれしていきます。つまり簡単に言ってしまえば死んでしまった場合や将来身体を動かすことができずに働けなくなった場合などに備えた保険のことです。

最近では保険と名前がつくものすべてが「生命保険」と一括りにされていますが、本当の意味から紐解くと医療やがんなどの保険は含まれないのです。医療やがん保険はあくまでも生きている期間の通院や入院資金を支える、いわば生活を支える保険です。

1.2 生命保険の種類

生命保険の種類はまず死亡保険、生存保険、生死混合保険に分類されます。例えば死亡保険は被保険者が亡くなった・高度障害者になってしまった場合に保険金が遺族である受け取り人に支払われる保険です。さらにこの死亡保険は保障期間をいつまでと定めた定期保険、死ぬまで保障が続く終身保険が存在します。

生存・生死混合保険もほぼ同様と考えて良いでしょう。生存保険は年金保険、生死混合保険は養老保険とも呼ばれています。なんだかややこしくて頭がこんがらがってしまいそうですが、一度簡単にまとめてみると以下の通りになります。

生命保険の基本の形

  • 死亡保険 被保険者が死亡・高度障害状態になった場合に保険金が遺族の受取人に支払われる保険 定期と終身がある
  • 生存保険 契約時から契約満了時まで生きていた場合に保険金が支払われる保険 年金保険のこと
  • 生死混合 死亡・高度障害状態になった場合には「死亡保険金」、契約満了時まで生きていた場合は「生存保険金」が支払われる保険 養老保険のこと

本来の生命保険とはこの3つの保険の形から成っています。

1.3 生命保険の加入率は?

生命保険の加入率はどのくらいでしょうか?保険の加入は自分次第といっても、周りがどれだけ保険に加入しているか気になるところですよね。

生命保険文化センターのデータによると全体を通して約80%の人が生命保険または何らかの保険に加入していることがわかります。つまり大人の約大半が保険に加入していることになります。

しかし生命保険、あるいは何らかの保険に加入するかどうかは自分自身の意思です。周りが入っているからと周りに合わせるのではなく、目的意識をきちんと持って加入するようにしないと運用ミスに繋がり必要なときに必要な保障が受け取れない事態にもなってしまうので注意しましょう。

加入率はあくまでも目安です。これだけの人が加入しているのか、くらいに考えましょう。加入率は変動しますし、色々な保険の総合値です。大切なのは全体の加入率ではなく、どの保険がどれだけ加入されている(保障内容が優れている・自分に合っているかなど)かです。

2.生命保険は加入した方が良いの?

多くの人が一度は考えるであろう生命保険への加入。しかし絶対に生命保険に加入した方が良いのでしょうか?確かに自分に何かあった際に、誰かに残せるお金があれば安心ですが、誰しも残したい相手がいるわけではありませんよね。

また十分な貯蓄や財産があるため、保険をかけてまでお金を残す必要はないと考える人もいるかもしれません。このように、生命保険を必要としている人たちがいる半面で、生命保険に必要性を感じない人もいるのです。生命保険への加入は「した方が良い」と言われているだけで、「強制されて入るもの」ではないのです。

これらのことを踏まえたうえで、自分にとって生命保険が必要であるかそうでないのかを見極めることが最重要となってきます。誰かに言われたから、無理に進められたから、ぼんやりとしたビジョンで入った方が良いかな…などの場合には今一度考え直した方が良いでしょう。

生命保険は自分または遺される家族のために入る保険です。自分に、家族にその必要性があるのかをしっかりと考えたうえでの判断が必要になります。

2.1 生命保険は万人が加入した方が良いとは限らない

生命保険に絶対入らないといけない、なんて誰が決めたのでしょうか?そんなことは誰も決めていませんよね?そのため生命保険に加入しない人だって存在します。

お金を残したいと思う人がいない、生涯独身である、こどもがいないなどの理由から生命保険に必要性を感じない人もいるのです。生命保険は強制されて入るものでもないので、生命保険の加入の際には第一に「誰にお金を残したいのか」「お金を残す必要があるのか」を明確にしてから考えるようにしましょう。

2.2 生命保険の加入は人に言われて入るものではない

たまにこんな話を耳にします。保険の相談に行ったら相談員(FPや販売員)に強く保険の加入を勧められた。自分には入る意思がなかったが、相手の強い要望で保険の加入を決めた。

さて、この話だと自分の意志で保険加入を決定していませんよね?どちらにせよ最後にハンコを押した時点で自分の意志にはなるのですが、大切なのは「自分が必要性を感じて入ったわけではない」ことです。

生命保険、あるいは他の保険であっても、保険の加入は誰か他人に言われて入るものではありません。また保険の相談に行ったとしても必ず加入しなければいけないというわけでもありません。生命保険に加入するように強く言われたとしても、必ず自分にその意思がないのであれば保険加入を断るようにしましょう。もちろん加入を強く決めたのなら、加入をすれば良いのです。

2.3 生命保険の加入は賛否両論

実際のところ、生命保険への加入は賛否両論です。これは必要性を感じない人と、必要だと思う人がいるからですが、他のところでは「遺族年金が受け取れる」など保険以外の保障される部分で十分だと考える人もいます。

そのため生命保険に加入しなくてよい、加入するのはバカだという人もいます。しかし万人が加入しなくて良いと言っている人のように保険に入らずともお金を残してあげられるとは限らないのです。

万が一の事態に備えることは良いことだと思います。もし子どもが幼かった場合は多額のお金が将来必要になるでしょうし、自分の葬式代金も残しておいてあげたいでしょう。必要となるお金は人の数だけ違います。そのため残してあげたいお金がいくらなのかという明確な数字を計算して、自分に必要か不必要かの判断をすると良いでしょう。

2.4 生命保険の加入は慎重に

自分が亡くなったあとに必要なお金も計算した、自分や家族にとって生命保険の加入は大切だ、だから生命保険に加入しよう。これは普通の考え・流れでしょうが、保険の加入をするならできるだけ慎重に行いましょう。

それは「保険には落とし穴がある」からです。保険会社のHPやパンフレットにはおすすめするポイントばかりが載っていますね。また保険の相談に行くとFPや販売員はいいことしかほとんど口にしません。つまり「悪いことは大々的に載せていない・いわない」のです。

そのため保険に加入する際はその保険がどのような時に支払われるのか、どのような事態に該当したら保険金が受け取れるのか、対象外となる事案はなんなのかなど、最悪のパターンを想定して加入を考えなければいけません。ここまでくるとめんどくさいな、と保険の加入を考えるのが嫌になってきますが、それだけ保険加入は大事なことなのです。

保険は高いお金を払って保障を受け取ります。誰しも保障はいらないからお金だけ払います、なんて言えないですよね。そのため自分にどれだけメリットが出せる保険かを見極めることが必要なのです。安易に保障内容だけ確認して決めてしまうと、いざというときに保険金が支払われない事態になってしまうので注意しましょう。

3.生命保険に加入するメリットは?

生命保険の加入にはいくつかのメリットがあります。もし加入に悩んでいるのであれば、一度簡単なメリットやデメリットを見比べてみるのも良いでしょう。

保険の加入を考えるときはメリットばかりに目を向けるのは良くないことですが、メリットを知ることはその保険がどんな得をもたらしてくれるかという目安や指針になります。

生命保険のメリットは加入する保険によって多少誤差が出ますが、共通していえることは「万が一の事態に備えられる」です。

自分に万が一のことがあっても保険が遺された家族を守ってくれる…。家族を大切に思っているからこそ、生命保険に加入する人も多いのです。

3.1 万が一の事態に備えられる

生命保険に加入する目的の多くはこの「万が一の事態に備えられる」からです。今は自分が家族を支える大黒柱やサポートする側の親ですが、このまま自分がいつまでも元気なままとは限りません。

人生何があるか分からないため、万が一の保険として生命保険に加入するのです。保険金額は自分たちで決めることができるので自分たちに必要なお金を保障/残すことができます。

生命保険は被保険者が死亡した場合には多くのお金が受け取れるため、遺された家族もある程度の生活は続けられるようになります。

3.2 保険次第では保険金が必ず受け取れる

保険の内容・形次第では保険金が必ず受け取れるというメリットもあります。これは主に払込期間・保障期間が終身の場合です。定期保険は掛け捨てになってしまうので、期間内に被保険者が亡くならない場合には保険金は受け取れませんので注意しましょう。

契約している保険が終身か定期かで内容も変わってきますが、終身保険や養老保険の場合はほぼ必ず受け取れます。ただ例外として被保険者が自殺した場合などは保険金の支払いがされないこともあるので確認しておきましょう。

3.3 保険次第では解約時に返戻金が発生するので貯蓄性がある

保険の内容次第では解約時に返戻金が発生します。この返戻金は支払ってきた保険料を元に計算されるため、ある一定期間を過ぎれば払込保険料総額を上回るお金を受け取れることもあります。

この制度を利用して生命保険を貯蓄用として活用する人も多く、長期間の定期貯金と考えて利用する人もいます。ある一定期間を過ぎれば払込保険料を上回るため、銀行に預けるよりも多くのお金を手にできるのです。

しかし途中で引き出すことができないため、解約しない限りはお金を受け取れません。また加入している期間が短いと返戻金が発生しない可能性もあるので注意です。

4.生命保険に加入するデメリットは?

生命保険に加入するとデメリットも当然発生します。また加入する前にしっかりとそのデメリットを知っておけば対処することも可能です。

生命保険は万が一の事態に備えられるという最大のメリットがありますが、その反面保険料が他の保険に比べて割高に設定されています。

保険料は家計に大きなダメージを与えてしまうため加入は慎重に行わなければいけません。いざ保険に加入しても保険料が支払えなければ保障を受け取ることもできません。

また定期保険や終身保険など保険の形をよく理解しておかなければ落とし穴に落ちてしまうこともあり、頼りにしていた保障を受け取ることもできません。加入する前に良くデメリットや落とし穴を理解してから加入するようにしましょう。

4.1 終身保険の場合は保険料が高い

生命保険の中でも特に終身保険の場合は他の保険に比べて保険料が高いので注意しましょう。これは保障が一生涯続くためです。死亡した場合に保障が絶対に受け取れるため他の保険に比べると保険料が割高になっています。

保険内容や契約内容にもよりますが、30代男性で終身保険の加入する場合の保険料はだいたい1万円以上が相場です。保険金がさらに高くなるほど保険料も高くなっていきます。

今では契約期間中は解約返戻率が低く設定されている代わりに保険料が割安に設定されている低解約返戻型保険もありますが、それでも定期保険などに比べると保険料は高いです。

4.2 定期保険は保険金が受け取れない可能性がある

定期保険は保障期間というものが決まっています。例えば保障期間が60歳まで、65歳までと決まっています。この場合は60歳・65歳を迎えると保険が終了となり、それ以降に亡くなった場合でも保険金の支払いはありません。つまり払い込んだ保険料が全てムダになるのです。

定期保険のことを掛け捨てとも呼びます。定期保険は終身保険に比べて保険料が少しばかり安いですが、保障期間や保険金受取を考えるとこのようなデメリットが発生します。

もしどうしても保険金が受け取りたい場合には終身保険や生存保険、生死混合保険を選ぶようにしましょう。

このように保険の形によってデメリットが違うので注意が必要です。

4.3 保険次第では解約時に返戻金が発生しない

保険次第では解約時に返戻金が発生しない場合もあるので注意しましょう。保険の公式HPをみると小さく「解約時に解約返戻金が発生しません」との文字が記載されているのですが、よく読まないで加入してしまうと損だけをします。

特に発生しないのが定期保険です。終身保険は保険料の高さや一生涯の保障から解約時に返戻金が発生しますが、定期保険は所謂掛け捨て保険です。保険次第で解約時に得をするもの・しないものもあるのでよく確認する必要があります。

5.生命保険に加入する前に確認しておきたいこと

生命保険に加入する前に確認しておかないといけないことがたくさんあります。まず掛けておく保険金の金額はいくらにするか、自分が死んだあとに必要となるお金はどのくらいなのかなどです。

なんのプランもなく生命保険に加入してしまうと、損だけをします。また自分の健康状態にも気を配っておく必要もあります。生命保険は加入者の健康状態によっては加入を断られることもあるので、誰でも保障を受けられるというわけではありません。

また健康状態が良好でなくとも加入できるケースもありますが、大抵保険料を割高に設定されることもあるので注意が必要です。

保険に加入するときは自分の体調・健康から必要資金の確認、保険内容の確認など確認しなければいけないことがたくさんあります。どれも大切なことですから、省略せずにすべて確認し、ムダのないように契約するようにしましょう。

5.1 必要資金の確認

必要資金とは、被保険者・加入者が亡くなったあとに必要となるお金の総額です。民間の生命保険に加入していなくとも、国や所属していた会社からある程度の保障を受けることができます。

この保障額と将来必要になるであろうお金をすべて計算します。

将来必要になるであろうお金-国や会社から受け取れる保障額=必要資金(生命保険で補うべき金額)

正確に計算した方が支払う保険料にムダが出ずに済みます。国から受け取れる保障とは「遺族年金」のことで、会社から受け取れる保障とは「厚生遺族年金」のことです。会社から受け取れる保障は厚生年金保険料を支払っていなければ受け取れません。

5.2 自分の健康診断の結果

生命保険や医療保険に加入するときは直近の健康診断結果や健康状態を告知しなければいけません。そのため加入しようと考えている時期に病気にかかってしまった場合やケガをしている場合には加入を断られたり、条件を付けられる可能性もあるため注意が必要です。

また健康診断の結果の提出を求められることがあるので無くさないようにしましょう。また健康状態の告知内容によっては直接医師の診断を受けなければいけないことがあります。

嘘の告知をしてしまうと後に強制解約をされたり、保険金の支払いを拒否される事態に陥ってしまうので絶対に止めましょう。

5.3 各保険商品の保険内容の比較・確認

各保険商品の保険内容や保障金額、保険料はしっかりと比較・確認をしておきましょう。またうわべだけのメリットだけを見比べるのではなく、デメリットや注意事項にまで目を通しておく必要があります。

公式HPや保険販売員は都合の良いことを前面に出しますが、肝心のデメリットとなる部分や保険金が支払われないケースは大々的に公表しません。よくHPやパンフレットを読む必要があります。

保険の加入を考えるときはHPやパンフレットを見て決めると思いますが、良いことばかり確認しないで悪い面をよく確認しましょう。これを怠るといざ保険金や保障を受ける時になって保障を受け取れない・拒否されることがあり、保険に加入した意味が無くなってしまいます。

5.4 将来を通して無理のない保険料金額

保険内容や保障金額を決める際に同時に将来を通して無理のない保険料を設定する必要があります。今は支払える金額でも、将来きちんと支払っていけるとは限りません。特に歳を重ねるにつれて働ける量も減っていきます。

このようにいつまでも同じように働いていけるとは限らないため、将来を通して無理のない保険料金額を設定しなければいけません。今の家計と相談して解約しなくても済むような金額を計算しておきましょう。

5.5 自分の年代の死亡率

そもそも、自分の年代の死亡率が低いのか高いのか知っておくことも加入を考える目安になります。終身保険は早いうちから加入しておけば保険料が安くてすみますが、トータルで考えるとお得とは言い切れません。

また20代、30代は60代、70代に比べると死亡率が低いため、生命保険に加入する必要性があまりないともいえます。死亡率は一般的な数字なのですべて正しいというわけではありませんが、一つの目安として参考にするようにしましょう。

6.生命保険の落とし穴を理解しておこう

生命保険にはいくつかの落とし穴が潜んでいます。この落とし穴を理解しておかなければ加入したとしても損をする可能性が高いため、よく理解しておきましょう。

落とし穴はデメリットとしても捉えられますが、知らないままでいると最悪の場合保険金が受け取れなかったり、あてにしていた解約返戻金が発生しない事態に陥ってしまいます。

人は悪いことには目を背けたくなるものですが、保険の場合は保障を最大限に受けるためにも知っておく必要があります。

保険にはいくつかの落とし穴があることを知り、保障を最大限に受け取れるようにしましょう。

6.1 加入する保険によって落とし穴が違う

まず第一に加入する保険によって落とし穴が違うことを理解しておきましょう。どれも似たようなデメリットを持っていますが、実際に保険金や解約返戻金を受け取るときは違う落とし穴が存在します。

これらの落とし穴は各保険内容をしっかりと理解しておけば回避できるものです。保険の相談に行っていわれるがままに加入したり、ただ何となくという気持ちで加入することは絶対に止めましょう。

6.2 定期保険の場合の落とし穴

定期保険の落とし穴はずばり「掛け捨て」です。保険料は安いのですが、その分保障期間が決まっているため、保険料の払い込みが終了したとしても満期金や保険金の支払いはありません。つまり保障が受け取れない可能性が大きいのです。

また保険料が保険期間終了まで一定ではないため更新を迎える毎に上がっていきます。終身保険に比べると安いものですが、それでも収入が少なくなる歳になるにつれて保険料が上がってしまいます。

また生命保険を更新する場合、他の保険に比べると保険料がグンと高くなります。安い保険料で高い保障を受けられる生命保険の定期型保険ですが、このように保険料が更新で高くなる・保険金が受け取れない可能性が大きいという落とし穴をよく理解しておきましょう。 

6.3 終身保険の場合の落とし穴

生命保険の終身型保険の落とし穴は「保険料の高さ」です。終身型保険は歳をとっても保険料が変わらないというメリットがありますが、そもそもの保険料が1万円越えが当たり前と負担が大きい保険です。これは貯蓄性を兼ねているので、貯蓄分と保障分を合わせているためです。

また終身型保険と銘打っていても定期保険がくっついている保険も中にはあります。そのため終身保険だと思って加入し、解約返戻金がある程度溜まった頃に解約したとしても定期保険がくっついているために解約返戻金が発生しない…なんてことにも。

もし生命保険の解約返戻金を当てにしているのであれば、加入まえに解約返戻金が発生するのかしないのかしっかりと確認しておきましょう。またその際に返戻率も一つの目安にしておきましょう。解約返戻金は加入期間が短いと発生しない・あってもごくわずかのどちらかです。このような落とし穴も存在するので注意しましょう。

6.4 養老保険の場合の落とし穴

生命保険の生死混合保険にあたるのがこの養老保険です。養老保険とは一定の期間まで生きていた場合は生存金を、死亡した場合には死亡金を受け取れる保険のことです。

この保険の落とし穴は「満期金(生存金)を受け取った場合、老後資金に充ててしまうと遺族にお金を残せない可能性がある」です。

生きていても死んでしまっても保険金が受け取れる保険ですが、主に老後の生活を支えるために加入するものなので、遺族にお金を残してあげたい場合には向いていません。また解約返戻金が発生しますが、保障期間中に解約しても戻ってくるお金は払い込んだ保険料総額に満たない場合が多いです。どっちに転んでもお金が受け取れると思って加入すると大事な場面でお金を残せないハメになるので注意しましょう。

6.5 学資保険の場合の落とし穴

学資保険とは主に学費に充てるお金を作るために加入する保険のことです。そのため生命保険に分類はされないのですが、契約者(親など)が死亡した場合は以後の保険料の払い込みが免除されます。こちらも貯蓄性があるため少しご紹介をしておきましょう。

学資保険の落とし穴はまず「元本割れ」しやすいことです。元本割れとは支払った金額に対して受け取れるお金が少ないことです。そのため保険料を支払ったとしても、最終的に受け取れるお金が支払った保険料総額を下回る結果になります。

もし学資保険に加入する場合は元本割れしない保険を見極めることが必要です。どれも元本割れする保険ばかりではないため、よく保険内容を確認するようにしましょう。

7.まとめ30代の生命保険料の平均相場

生命保険の加入は人それぞれです。自分が必要だと思えば加入し、そうでないなら加入しなくても良いのです。最近は保険の相談に行ってそのまま契約してしまうパターンが多いですが、その場で決めずに一度家に帰ってからよく考え、そして返事をすることをおすすめします。

その場は良いというイメージが強いですが、一度冷静になってみるとデメリットだらけという場合もあります。生命保険は万が一の事態に備えるための保険です。保険料も高いので、加入は慎重に行うようにしましょう。

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る