先進医療特約って必要なの?その実態や仕組みを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

先進医療を受けたときに、その治療費を保障してくれる制度・特約を「先進医療特約」といいますが、これがどんな特約か知っていますか?知らないまま契約していた、または契約しようとしているのは考えがなさすぎのようにも思えます。

先進医療特約は人によって必要・不必要という意見が多く、一歩間違えば保険料の無駄又は自分の首を絞めることに繋がります。必要なときにつけておけば良かったと後悔するよりも、必要だと判断したうえで特約付加した方が良いですよね。また必要性が低いのにつけておくのはお金がもったいないともいえます。

まずは自分に本当に必要かどうか判断するためにも、先進医療特約がどういったものなのかを知ってみましょう。

目次

1.先進医療とは?

1.1 先進医療とはこんな治療

1.2 それを保障するのが先進医療特約

1.3 先進医療特約とは保険のお守り的な役割

2.先進医療特約は必要なの?

2.1 先進医療特約を使う人はどれだけいるのか

2.2 実際に先進医療を受けている人は少ない

2.3 先進医療特約は必要だという意見

2.4 先進医療特約は必要ないという意見

2.5 先進医療特約を付けるも付けないも個人の勝手

3.先進医療特約を迷う人に見てもらいたいメリット・デメリット

3.1 先進医療特約のメリット

3.2 先進医療特約のデメリット

3.3 間違った選択をしないために

4.先進医療特約は重複できるのか

4.1 医療保険は重複OK

4.2 重複した場合のメリット

4.3 あとから重複に気づいた場合

4.4 重複して受けたい場合の注意点

5.先進医療特約のあれこれ

5.1 先進医療特約をつけるときは保険料と相談を

5.2 他人の言葉に惑わされ過ぎないように

5.3 先進医療特約はあくまでも「お守り」

5.4 特約を付加するときは内容をよく理解してから

5.5 何となくは無駄の元

6.先進医療特約を必要かそうでないか判断するポイント

6.1 がん家系かどうか

6.2 万が一の時に頼れるお金があるかどうか

6.3 50代に近づいている又は50代以上かどうか

6.4 自分が安心感を得たいかどうか

6.5 支払に問題はないかどうか

7.まとめ

1.先進医療とは?

医療保険などを契約するときや大きな病気にかかったときに良く耳にする「先進医療」。

先進医療とは耳にするけど、これがどういった治療を指すのか知っていますか?保険では先進医療をしたときに、その治療費を保障する制度として先進医療特約を設けている保険が多数あります。

しかしこれが何であるかをよく理解しないで付加する・していないのではお金がもったいないですし、いざという時につけておけばよかった…!と後悔することになります。

まずは先進医療がどんなものかを知ることで、自分にとって本当に必要な特約(保障)なのかを判断できるようになります。

1.1 先進医療とはこんな治療

先進医療とは、特定の大きな病院などによって研究・開発され、かつ実施している治療技術の中でも厚生労働大臣の許可・認定を受けているものを指します。先進医療は評価によって先進医療に仲間入りしたり外れたりするので、先進医療の数が増えたり減ったりと時代によって変化しています。

先進医療費は全て自己負担となるので、通常の治療80万、先進医療費20万の合計100万円だった場合には自己負担額は以下の通りです。

一般自己負担額24万+先進医療費20万=44万円

先進医療は主にがんや子宮腺筋症、白内障、アルツハイマー病や困難な治療が多い病気に多いです。そのため先進医療を必要とする人はいまだ多いとはいえませんが、近年がん患者が増えつつある日本では先進医療を必要とする人が増えている傾向です。

先進医療の各技術については厚生労働省のこちらのページを参照してください。

1.2 それを保障するのが先進医療特約

先進医療特約とは先進医療に掛かったお金をカバーするための保障です。

先進医療費は決して安いものではありませんし、治療がかさむとそれだけ自己負担額も増えていきます。

先進医療特約では多くの場合500万円~2,000万円で保障としているので、先進医療にかかっても自己負担額を大きくカバーしてくれます。治療がかさむがんなどの危険性が高いのであれば、先進医療特約を付加しておいた方が安心でしょう。

先進医療の数はいまだ多くはありませんが、今後も増えていくでしょう。

1.3 先進医療特約とは保険のお守り的な役割

現段階では先進医療特約は多くの人に必ずしも必要だといえる特約ではありません。

しかし未来のことは誰にも分からないので、先進医療特約はいわば保険のお守り的な役割を持っています。必要というわけではないけれど、いざという時のためにも取っておこう、そんな安心感をこの特約は持たせてくれます。

今は健康に過ごしているかもしれない人でも、数十年後は体が病に侵されているかもしれません。そう思ったときにどれだけ頼れる保障があるかで安心感も変わるでしょう。

保険料に無理がないなら、つけておいても損はないと思いますが、人によってその判断が違うので自分の意思できちんと判断するようにしましょう。

2.先進医療特約は必要なの?

先進医療がどんな治療を指すのか分かったところで、今度は本当に先進医療特約が必要なのかを判断していきましょう。

先進医療特約が必要か否かは人によって違います。先進医療が必要な病気に罹った人は必要ですし、かからない人は不必要です。そのため予防・保障の時点では明確な判断はしづらいですが、ある程度の予測を立てることはできます。

判断を間違ったと後悔することがないように簡単に判断せずに真剣に考えるようにしましょう。いずれ自分の身を守ってくれる可能性がある保障の一つですよ。

2.1 先進医療特約を使う人はどれだけいるのか

先進医療特約を使っている人は世に多くいます。しかしいまだ大勢とは言い切れません。

そのため先進医療特約は不要という考えを持つ人もいます。しかし、いまや日本は2人に1人ががんになるともいわれている時代です。それだけがんが身近な病気になってきています。

がんになっても治療を積極的に受けて治していきたいと思うなら、先進医療特約は必要でしょう。しかし、がんになることはないと自信を持って言えるのであれば、必要ないでしょう。

先進医療は患者が希望し、医師がその必要性と合理性を判断したのち先進医療が適用されます。そのためどちらかが拒否・却下した場合には先進医療は使えません。

そうした面でもいまだ多くの患者が使っているとは言い切れないのです。

2.2 実際に先進医療を受けている人は少ない

現段階ではそんなに多くの患者が先進医療を受けているわけではありません。

先進医療は患者と医師の両方の考えが一致していないと使えないからです。そのため治療費を考えると先進医療が受けられないと考える患者や使うべきではないと考える医師などによって先進医療が広く使われているとは言い切れません。

しかしこれからもっとこの特約を活用する人が増えれば先進医療を使う人も増えてきます。治療費がない、という事実をカバーしてくれるのがこの特約です。いつ使うか分からないものでも、つけておいて良かったと思うときはくるのです。

2.3 先進医療特約は必要だという意見

先進医療特約は必要だという意見とそうでない意見がありますが、必要だという意見では以下のようなものがあります。

  • 先進医療の数はこれからも増えてくるので、いつ必要になるか分からない
  • いまやがん患者が増えつつある日本で、自分がいつがんになるか分からない
  • 月々60円~100円程度で先進医療特約を付加できるならお得、安心
  • 治療費をカバーするほどの貯蓄がないから

などです。概ねがん患者が増えつつある日本で自分が掛かるかもしれないという不安に安心感を得るための意見が多く、また月々安い付加額で特約がつけられるならと安心感を買っている人もいます。

先進医療はすべて自己負担になるので、貯蓄で賄えないのであれば付加しておいた方が安心ですよ。

2.4 先進医療特約は必要ないという意見

今度は逆に先進医療特約は必要ないという意見ですが、こちらは大半の意見が「いつ使うか分からないのでお金がもったいない」からです。

確かに将来自分が先進医療を必要とするか分からない以上、不必要なお金は使いたくないと考える人もいるでしょう。また月々100円程度だとしても払いたくない、保険料がぎりぎりという人だっているでしょう。

そうした面から必要はないと切り捨てる人もいます。これは個人の考えなのでどちらが正解というわけではありませんから、まずは自分の考えをしっかりと持つことが大切です。

また先進医療費用は治療によって異なります。すべてが高額医療というわけではないので、貯蓄が十分にある人にとっては必要性を感じさせないのも事実です。

2.5 先進医療特約を付けるも付けないも個人の勝手

極論となりますが、先進医療特約を付加するもしないも個人の勝手です。

つけずに後悔するか、つけて後悔するか。つけて安心するか、付けずに不安に過ごすかのどちらかです。先進医療を必要とする数はいまだ多いとはいえませんが、これからはもっと増えるかもしれない。

いまは「かもしれない」という未来にどう自分が安心感を得るかにかかっています。特約付加は義務ではありません。自身が必要だと感じるのであれば、付けた方が良いでしょう。

しかし他人の言葉に流され過ぎると後で後悔することになるので、必ず自分自身が判断を下すようにしましょう。

3.先進医療特約を迷う人に見てもらいたいメリット・デメリット

自分にとって本当に必要かどうか判断できないときは先進医療特約がどういったメリットがあり、どんなデメリットがあるか比べてみると良いでしょう。

メリット・デメリットを比べることでさらに自分に必要かどうかを判断しやすくなります。もし比べてみてもまだ判断しにくい場合には専門的な知識を持った人(FPなど)に相談してみると良いでしょう。

保険の窓口などで判断できないことを伝えてみると、今の状況から見て必要かどうかを確認することができますよ。無料の窓口を利用すればお金がかかることもないので、迷っている人は一度相談に行ってみると良いでしょう。

3.1 先進医療特約のメリット

先進医療特約のメリットとして挙げられるのは以下の通りです。

  • 月々安い費用で安心を買える
  • 先進医療費を大きくカバーしてくれる
  • 先進医療を必要とするであろう未来に安心感を得られる

やはり安心感が第一です。先進医療は全てが高額というわけではありませんが、不景気の中貯蓄が少ない家庭も多いでしょう。そんなときに先進医療特約は大きな安心感を与えてくれます。

いつ使用するかも分からない特約ですが、それでも安心は買っておきたいという人が多い特約です。

3.2 先進医療特約のデメリット

次に先進医療特約のデメリットは以下の通りです。

  • いつ使うか分からない
  • 先進医療の全てが高額ではないので貯蓄で賄える
  • 必要性を感じさせない

などです。一番のポイントは先進医療の全てが高額とは限らないことで、確かに高額医療はほんの一握りしかありませんし、安い医療は10万円ほどで受けられます。また自分が先進医療を受けたくても医師がその必要性と合理性で必要ないと判断した場合には先進医療は受けられません。

こういった面ではデメリットが目立ちますね。必要性を感じるか否かは人によって異なりますが、自分が望んでいても医師によっては必要ないと判断されてしまうので、結局使えないという人もいます。

先進医療は特別な申請は必要ないものの、自分と医師の判断が一致していなければ使えないのでそれだけ特約を使う頻度も低くなっているのがデメリットです。

3.3 間違った選択をしないために

何度も同じようなことをいいますが、間違った選択をしないためにはよく特約の内容を確認しましょう。

特に先進医療特約で保障される額は保険によって異なります。多くの先進医療特約は2,000万円を保障してくれていますが、それでも保険料が安かったり最低限の保障しかない保険ではこれよりもグンと保障額が下がっています。

先進医療特約という名前だけで全ての保険が同じ保障とは限りません。そういった面でも保険選びは特に慎重になり、内容を確認・理解した上で契約するようにしましょう。

4.先進医療特約は重複できるのか

人によっては保険を多数契約する・しているという人もいるでしょう。

では先進医療特約は重複して契約することができるのか?という疑問も浮かび上がります。中には重複できない特約もありますが、先進医療の場合は契約する保険の種類によってその可否が分かれます。

先進医療特約といっても、医療保険だけに特約があるわけではありません。また重複した場合のメリットやデメリットもあるので、重複した場合にはどうしたら良いのかを知っておくと便利ですよ。

重複は良い点も悪い点もあるので注意しましょう。

4.1 医療保険は重複OK

医療保険の場合、違う会社で保険を契約している場合には両方の保険からから受け取ることも可能ですが、一部の保険会社を除くので、これは契約する前にきちんと保険会社に確認した方が良いでしょう。

しかし同じ保険会社で保険を複数持っていて、同じ特約を付加していたとしても支給されるのは片方だけです。そのため重複した方が良いのか、という疑問にはどっちつかずの答えになってしまいます。

他の保険会社同士で、保険会社が支払えますという意見であれば重複はOKですが、お支払いできません・同じ会社ですという場合には先進医療特約は使用できません。

基本的に重複OKとされていますが、こういった制限があるので簡単にほいほい付けない方が得策ですよ。

4.2 重複した場合のメリット

まず前提として他の保険会社同士で契約した場合についてのメリットは、それぞれから給付金を受け取れるので一度に大きなお金が受け取れます。先進医療特約も月々100円程度なのでどちらにもつけておこうという人もいるでしょう。

もし20万円の治療費が掛かった場合には片方から20万、片方から20万の合計40万貰えるので美味しいといえば美味しい話ですが、きちんと受け取れる会社なのかを確認しておかないともらえなかったということにもなるので、確認は怠らないようにしましょう。

4.3 あとから重複に気づいた場合

人によっては保険を契約するときに言われるがままに契約してしまった人もいるでしょう。

そんな時に後から重複に気づいた!という場合には解約できるのでしょうか?それは保険会社によって異なります。そのため後から重複に気がついたとしても、契約後は変更ができないということもあります。

多くの場合は主契約に組み込まれていない限りは解約することができますが、これも保険会社や保険商品によって異なるので、まず重複に気づいた時点で保険会社に問い合わせしてみましょう。

4.4 重複して受けたい場合の注意点

先進医療特約は会社が違えば特約として先進医療給付金をどちらからも受け取れます。

しかし会社によっては片方から貰っているのであればお支払いしませんよ、という会社もゼロとは言い切れません。そのため重複して先進医療特約を付加したい場合には保険会社によく確認をしましょう。

また同じ保険会社で複数の保険を持つ場合には重複して持てないように設定されています。そのためどうしても重複させたいときには重複支払OKになっている保険会社同士で契約する必要があるので、単に重複OKだけだと思わないようにしましょう。

5.先進医療特約のあれこれ

ここでは先進医療特約のあれこれについて紹介します。

先進医療特約を付加するときにはまず自分の意思をしっかりと持つことが大切です。また特約を付加するのであれば内容をよく確認し、理解してからにしましょう。

ただ何となくで付けた特約はいざという時に使い方(申請の仕方など)が分からずに無駄や損といったものを生んでしまいます。

保険で無駄や損を生まないためにも理解することを怠らないようにしましょう。

5.1 先進医療特約をつけるときは保険料と相談を

先進医療特約を付加するときはまず保険料と相談をするようにしましょう。

特約付加はタダではありません。それなりにお金が掛かるものなので、基本保険料に+幾らと設定されています。そのため基本保険料は支払えるけど、特約を付加することで保険料の支払いが困難になる恐れがあるなら付加はしない方が良いでしょう。

無理して付加してもいずれ支払えなくなったら保険自体を解約しなければいけなくなります。それではせっかくの保障も水の泡と化してしまうので、まずは支払える保険料なのか家計と相談してから決めるようにしましょう。

5.2 他人の言葉に惑わされ過ぎないように

先進医療特約を付加すべきかという意見は必要であるとそうでないの両方の意見があります。

そのため専門的な知識を持っている人に相談することもあるでしょうが、最終的に付加するか否かを決めるのは自分自身です。

また先進医療特約の他にも特約を付加するときは自分の判断によるので、あくまでも他人の言葉は参考程度にするようにしましょう。

あまり他人の言葉に惑わされ過ぎると、本当に自分にとって必要かどうかが分からなくなります。それではせっかくの保障も意味のないものに変わってしまうので、最終的な判断はしっかりと自分の意思で下すようにしましょう。

迷ったときは他人の言葉に耳を傾けることも必要ですが、他人任せでは無駄を発生させますよ。

5.3 先進医療特約はあくまでも「お守り」

先進医療特約は多くの場合お守りとして付加しています。

本当に必要かどうかなんてわからないけど、いざという時に困らないためにも付加しておくといった考えの人が多いです。先進医療を必要とする人はいまだ多くは有りませんし、先進医療と呼ばれる治療も110種類程度と決して多いとは言えない数です。

しかし今後先進医療と呼ばれる治療も増えてくるでしょうし、それを必要とする人も増えてきます。そのため今は必要ないかもしれないけど、先のことが分からない以上安心感を得たいといった考えの人が多いです。

先進医療はあくまでもお守り程度に考えた方が良い場合もあるので、考えすぎた場合には一度お守りということを思い出しても良いでしょう。

5.4 特約を付加するときは内容をよく理解してから

先進医療だけに限りませんが、特約を付加しようと思ったときには内容をよく確認して理解してからにしましょう。

そうしないとどんな治療が対象になるのかすらわからずに無駄を発生させてしまいます。先進医療費は全額自己負担と自分の負担が大きいです。もしもの時に申請方法すら知らないのであればなんの役にも立たないとしか言いようがありません。

いざという時のためにも申請方法や対象治療といったものまで理解しておくようにしましょう。また付加していることを忘れているのも問題なので、必ず覚えておきましょう。

5.5 何となくは無駄の元

先進医療特約など、特約の意味やその必要性をよく理解しないまま、「ただ何となく」付加するのは保険の無駄を発生させるだけなのでおすすめできません。

自分にとって必要性も見いだせないのであれば付加するのは止めておいた方が良いでしょう。何事もただ何となく付加しているのであれば、一度見直した方がさらに良い保障を見つけられたり、お金が浮くなどして他のことに回せるようになります。

必要ないのに付加するのはただの無駄ですよ。

6.先進医療特約を必要かそうでないか判断するポイント

先進医療特約を付加するときに必要かどうか判断するポイントを最後にご紹介します。

先進医療特約は人によっては必要ない特約です。しかしがんをもつ家系の人や十分な貯金がない人はいざという時のために特約を付加していた方が安心・安全です。

また安心感が欲しいという人はつけた方が良いでしょう。先進医療特約は必ずしも役に立つという保障ではありませんが、必要になったときにはとても心強い保障です。

そのため付加するかどうかの判断がとても重要になります。少しでも保険の無駄を発生させないためにも、よくポイントを抑えて判断するようにしましょう。

6.1 がん家系かどうか

先進医療はいまや110種類以上ありますが、その先進医療の多くはがん医療に深く関わりがあります。そのため先進医療特約が必要かどうか迷った時には、自分ががんを持つ家系かどうかで判断するのも良いでしょう。

先進医療はがんだけではありませんが、今の時点ではがんの治療が主です。これからどうなるかはまだ判断がつきませんが、近い将来を思い付加するかどうかを迷っているのであればがん家系か否かで判断してみましょう。

また自分はがん家系ではないけれど、生活習慣の乱れや体調の面からがんの恐れがあるのであれば付加しておいた方が安心でしょう。先進医療はがんだけではありませんが、大きな視野でみるとまずがんに罹るかどうかで判断した方が確実でしょう。

6.2 万が一の時に頼れるお金があるかどうか

先進医療に罹った医療費は全額自己負担になります。

そのため付加しなくてもその金額を賄えるだけの貯蓄があるのであれば付加する必要はないでしょう。しかし先進医療費は高額なものから安いものまでさまざまです。そのため自分たちの貯蓄だけでは賄いきれない人が多いです。将来の貯蓄、生活まで考えると、少しの費用で特約を付加しておいた方が安心感は大きいです。

がん家系か否か、貯蓄が十分あるかないかによって先進医療特約を付加するか決めましょう。ですが今の生活を苦しめてまで特約を付加する必要はないので、まずは目先の生活を脅かさない程度に判断するようにしましょう。

先進医療費は安くて10万、高くて数百万とふり幅が大きいです。貯蓄で賄えるのであれば良いですが、安い付加額でカバーしてもらえるなら貯蓄を崩さずに付加した方が良いでしょう。

6.3 50代に近づいている又は50代以上かどうか

若くして先進医療を必要とする人もいますが、多くの場合は50代に近づくにつれてその確率が高くなります。

そのため今の年齢が若く、まだまだ元気で病気の心配もないのであれば、無理して先進医療特約を付加する必要はありません。しかし反対に、50代に近づいていて、体も弱く病気のリスクも高いのであれば特約は付加しておくことをおすすめします。

人は年を取るとそれだけ病気のリスクが上がります。自分はまだまだ若いと思っていても、体は意外にも弱っていることもありますから、年齢によって病気のリスクが変わることをよく理解しておきましょう。

6.4 自分が安心感を得たいかどうか

先進医療特約が必要かどうか判断しにくい場合に一番重要なことは自分が安心感を得たいかどうかです。

先進医療特約はいわばお守りです。いざという時のために保障してくれるという安心感を得たいか、それとも要らないと切り捨てるかです。未来がどうなるかなんて誰にも分からないことですが、それでもできるだけの安心感を得たいのであれば付加しておいた方が良いでしょう。

先進医療特約を必要とする人は近年増えてきていますが、それでも大多数というわけではありません。そのため自分にとって必要であるかないかは自分が安心感を得たいかどうかで判断してみるのも良いでしょう。

将来のことを真剣に考えるのであれば、こういった特約も必要になるときが来ますよ。

6.5 支払に問題はないかどうか

 

先進医療特約は月々100円程度で付加ができますが、たった100円でも家計を圧迫することってありますよね。

そのため付加するときは保険料の支払いに問題がないかを計算しておきましょう。今は問題なく支払えていけるかもしれませんが、今の生活を苦しめてまで付加する必要性は低いでしょう。

たった100円、されど100円と考えるのは自分ですが、支払がずっと続けていけるのであるかをまず家計と相談してくださいね。

また重複して付加させる場合も同様です。使うか未だ分からない保障に対し、余計に保険料を支払うことが得策なのかよく判断するようにしましょう。

7.まとめ

先進医療特約は必要と判断するのもしないのも自分の勝手です。

しかし、病気に罹る人が増えている日本ではその必要性が高まっているのも事実です。しかしその裏では患者と医師の意見の違いから先進医療を受けられない人もいるので、まだまだ問題が山積みです。

先進医療特約は今のところ安心を買うためのお守りとしての役割が大きいですが、いつの日にか自分にとって必要な保障と変わる日が来るかも知れません。その日のためにも付加しておいた方が良いと私は思います。

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る