子宮頸がんの原因と治療法、そして治療費のサポートを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

子宮がんは女性特有のがんであり、子宮下部の管状の部分に発症するがんを「子宮頸がん」、子宮上部の袋状の部分に発症するがんを「子宮体がん」と呼びます。

子宮頸がんは子宮がんのうちの約7割を占めているとされ、これから赤ちゃんを授かりたい女性には注意しなければいけない部位のがんといえます。

また、最近では20代や30代の若い女性が発症するケースも増えており、子宮頸がんへの正しい知識がいっそう求められます。

そして、子宮頸がんを発症した場合には焦りは禁物です。日本のがん検査・がん治療は世界で最高レベルといえます。しっかりと医療機関では子宮頸がんを状態を把握し、的確な治療法が行われます。

ただし、問題なのは治療費です。公的医療保険が適用される医療サービスもあれば、適用外のサービスもあります。

治療の際に予想外の金銭的負担が発生するケースもあり、万が一の事前の備えが必要となります。

そこで今回は、子宮頸がんの特徴と発症原因およびその治療法、そして治療費を賄う方法を説明します。

この記事をみれば、子宮頸がんの基本的知識と検査・治療の流れ、効果的な金銭的サポートを得るための方法がおわかりになることでしょう。

目次

1.子宮頸がんという病気

  • 1-1.子宮頸がんとは
  • 1-2.子宮頸がんの検査・治療の流れ
  • 1-3.子宮頸がんのステージ・生存率

2.子宮頸がんの原因

  • 2-1.ヒトパピローマウイルス(HPV)
  • 2-2.どうやって感染?
  • 2-3.子宮頸がんの初期症状

3.子宮頸がんの検査

  • 3-1.検査の流れ
  • 3-2.がん検診~精密検査の方法とは
  • 3-3.がんの広がりを見る検査の方法とは

4.子宮頸がんの治療方法

  • 4-1.手術治療について
  • 4-2.放射線治療について
  • 4-3.抗がん剤治療について

5.子宮頸がんの治療費を考える・その1

  • 5-1.公的医療保険の適用は?
  • 5-2.高額療養費制度とは
  • 5-3.高額療養費制度の上限額について
  • 5-4.高額療養費制度の申請方法

6.子宮頸がんの治療費を考える・その2

  • 6-1.がん保険とは
  • 6-2.子宮頸がんの入院日数と給付金
  • 6-3.がん一時金が必須?
  • 6-4.女性保険は入るべき?

7.まとめ

1.子宮頸がんという病気

子宮頸がんは女性特有の病気で、がんの進行によっては子供がつくれなくなったり、生命に影響がでたりすることは聞いています。

心配は尽きませんが、まずは子宮頸がんとは何か、検査や治療について知りたいです・・・・。

こちらでは、子宮頸がんとはどんな病気なのか、検査・治療の大まかな流れ、死亡率等を説明します。

1-1.子宮頸がんとは

子宮頸がんは子宮の出入り口である子宮頚部に生じるがんを指します。40代の方に多いがんと言われていましたが、最近では20代や30代の若い女性が発症するケースも増えています。

こちらのがんは子宮の入り口付近に発生することが多いため、ご近所にある医院(婦人科)の診察で観察や検査しやすいことが特徴です。そのため、比較的容易に発見されやすいがんといえます。

また、早期に発見すれば比較的治療しやすく回復が非常に期待できるがんですが、進行してしまうとやはり治療が難しくなってしまいます。早期発見が極めて重要ながんといえます。

1-2.子宮頸がんの検査・治療の流れ

こちらでは子宮頸がんの検査・治療の大まかな流れを説明します。

  1. 心配な症状がある:「体調がすぐれない、」「子宮頸がんをはじめとした何らかのがんの症状かも?」と思ったら、医師に相談しましょう。なお、子宮頸がんの初期症状は後述します。
  2. 医療機関へ受診:気になっている症状や質問等があればドンドン担当の医師へ相談しましよう。この時に検査の予定日や次の診察日を決定します。
  3. 検査等:検査を実際に行い、担当の医師からその結果や診断について説明してもらいます。ただし、検査は1回で終了するわけではなく、がんが疑わしい場合は精密検査を行う等、何回かに分けて検査することになります。
  4. 治療法の説明・決定:子宮頸がんと医師より診断された場合には、ご自分のがんの状態や健康状態に合わせた治療方針を担当の医師と話し合います。ご自分で自由に治療方法を選べるわけではありませんが、ご家族や医師としっかり話し合って効果的な治療法を決めましょう。
  5. 治療開始:がん治療が行われます。治療法は、手術治療・放射線治療・抗がん剤治療が行われます。治療中の心配事や不快感等があれば、担当の医師や、看護師へ相談願います。治療は身体のケアだけでなく、心のケアも対象です。
  6. 経過観察:治療終了後の、がんの転移や再発、体調の変化を確認します。そのため、一定期間通院したり、検査を行なったりすることもあります。

1-3.子宮頸がんのステージ・生存率

子宮頸がんのステージは、I期(IA:IA1・IA2、IB:IB1・IB2)、II期(IIA、IIB)、III期(IIIA、IIIB)、IV期(IVA、IVB)に分類されます。

このステージの基準は、単にがんの大きさだけでなく、子宮の粘膜内にがんがどの程度深く入り込んでいるか、リンパ節への転移や肺等の遠隔臓器(子宮から離れた臓器)への転移があるかどうかで判断されます。

ステージの分類および生存率は下表を参考にして下さい(日本婦人科学会 婦人科腫瘍委員会2016年報告を参考に作成)。

ステージ がんの広がり・大きさ等 5年の生存率
 I期 子宮頸部にとどまる I期全体92.4%
 IA1 がんの広がりが7mm以下・深さ3mm以下 98.0%
 IA2 がんの広がりが7mm以下・深さ5mm以下 98.4%
 IB1 がんの大きさが4cm以内 93.6%
 IB2 がんの大きさが4cmを超える 77.6%
 II期  子宮頚部を超えて浸潤(※) II期全体76.7%
 IIA  膣の上2/3まで浸潤 79.9%
 IIB  子宮頚部周囲の組織へ浸潤 75.2%
 III期  膣下部および骨盤壁へ浸潤 III期全体54.3%
 IIIA  膣の下1/3まで浸潤 77.0%
 IIIB  子宮頚部の周囲組織の浸潤が骨盤壁に達する 52.5%
 IV期  子宮から離れた臓器へ転移 IV期全体25.2%
 IVA  膀胱・直腸に浸潤 36.1%
 IVB  腹腔内、肝臓、肺等に遠隔転移が認められる 19.5%

(※)浸潤:がんがまわりに広がっていくことを意味します。

ステージI期で有効な治療を行なえば、治療後5年の生存率は92.4%となります。また、早期治療で子宮を残すことは可能なので妊娠・出産にも期待が持てます。

ただし、IV期にまで進行すると、生存率に関して厳しい状況となることは表を見ても明らかです。早期発見・早期治療が非常に有効な対策と言えます。

2.子宮頸がんの原因

子宮頚がん、将来子を授かりたい私には本当に怖い病気です。では、子宮頚がんは主に何が原因で発症するのでしょうか?

原因や初期症状を是非知りたいです・・・・・。

こちらでは、子宮頚がんの原因と初期症状について説明します。

2-1.ヒトパピローマウイルス(HPV)

一般的にがんを発症する原因は、次のような状況が普段の生活の中で蓄積されていった結果である、と言われています。

  • 会社や家庭等のストレス
  • 食生活の乱れ・偏り
  • 運動不足・肥満
  • 喫煙等

また、遺伝も発症原因として否定できないとの指摘もあります。

しかし、子宮頚がんの場合は「ヒトパピローマウイルス(HPV)」による感染が主な原因とされています。

このヒトパピローマウイルス(HPV)とは、そもそも猛毒性の強いウイルスというわけではなく、非常にありふれたウイルスで、性交経験のある女性ならば、初めて性交した後、だいたい4~5年で50~60%の女性が感染すると言われています。

ただし、ヒトパピローマウイルスに感染した段階では、がんを発症することはまずないですし、感染しても自然に身体から排出されるケースがほとんどです。

一見、無害とも思われるヒトパピローマウイルスですが、何らかの理由でDNAのなかに組み込まれ、数年、十数年かけて増殖してしまう場合もあります。その増殖したウイルスが原因で子宮頚がんへと発展していきます

2-2.どうやって感染?

ヒトパピローマウイルスに感染したからと言って、感染した全ての方々が子宮頚がんを発症するわけではありません。

ヒトパピローマウイルスはその種類が150種以上にあると言われていますが、子宮頚がんを発症しやすいタイプは、「HPV 16型」「HPV 18型」の2種類と言われています。

このウイルスに感染する主な原因は性行為といわれています。次のようなケースが子宮頚がんに罹患しやすいといえます。

  • 性交渉の経験が非常に多い女性
  • 不特定多数の男性と性交経験のある女性
  • 性交渉をした男性が1人だけであっても出産をたくさん経験している女性

子宮頚がんのピークは40代と言われているものの、年齢的に性交経験が早まれば、それだけ子宮頚がんを発症する年齢も下がることになります。

最近では初交年齢が若年化(10代中盤での性交等)している背景もあり、20代の子宮頚がんの発症が多く見受けられるようになりました。

そのため、40代だから子宮頚がんになりやすいのではなく、性交する機会が数多くあれば、それだけこのがんの発症リスクが高まるということに留意するべきです。

2-3.子宮頸がんの初期症状

子宮頚がんは初期症状といえる症状がほとんどない厄介な病気といえます。

ただし、がんの進行によってわずかな刺激でも膣からの出血が確認されるようになります。次の症状があれば一度、医師に相談しましょう。

  • 月経が開始していない時、または性行為の時に膣からの出血が確認できる
  • 普段とは異なるおりものが増加
  • 以前よりも月経量の増加・長期化がみられる

3.子宮頸がんの検査

年齢が若くても性交経験があれば、子宮頚がんになるリスクも高まることはわかりました。

それでは、子宮頸がんを発見するための検査方法について知りたいです・・・・・。

こちらでは、子宮頸がんの有無を確かめる検査方法、およびがんの広がりを確認する検査方法を説明します。

3-1.検査の流れ

子宮頚がんの検査はまず細胞診断と呼ばれる基本的な検査が行われます。その後、がんが疑わしい場合には、精密検査(組織診断、コルポスコープ診断)が行われます。

ただし、この精密検査でがんが確認できたからと言って、いきなり治療が開始されるわけではなく、がんの広がりをみる検査(エコー検査・CT、MRI検査等)が行われます。

子宮頚がんの検診について、予防を目的とした場合ならば公的医療保険が適用されないため、費用は全額自己負担となります。

一方、治療の一環として検査を受ける場合は公的医療保険が適用されることもあります。

検査をしたい場合には、費用についても事前に医療機関へお問い合わせし確認をとっておきましょう。

3-2.がん検診~精密検査の方法とは

がんであるかどうかを判断するための検査は次の通りです。

①細胞診断

「細胞診」とも言われています。患者の身体から採取した組織の一部に、がん細胞がないかどうかを調べるための検査です。

子宮頸がんの検査の場合なら「子宮頚部細胞診」と呼ばれ、子宮頚部を綿棒またはヘラのような器具を使用して細胞を採取、顕微鏡でがん細胞があるかを確認します。

検査は最も簡易ですが高精度でがんの可能性を検査できます。そのため、がんの疑いの有無を見極める「スクリーニング検査」として用いられています。

②組織診断

「組織診」とも言われています。がん細胞と疑いがある組織を直接採取し、更に詳細な調査を行う検査です。場合によっては入院が必要なケースもあります。

検査方法としては、メス等を使用して子宮から組織を採取して、生体組織診断を行うので、多少痛みを感じたり、出血したりすることがあります。

そのため、細胞診断と比較して体への負担は大きくなりますが、がんの診断確定に必要な検査となります。

③コルポスコープ診断

拡大鏡で子宮頸部の粘膜表面を拡大して細かい部分を観察し、診断します。通常、コルポスコープの観察で異常が疑われる部位を発見し、組織を採取することになります。

3-3.がんの広がりを見る検査の方法とは

精密検査で子宮頚がんを確認した後は、その進行度(ステージ)を調査します。この場合の検査方法は次の通りです。

①超音波検査

いわゆる「エコー検査」です。器具を体の表面に当て、超音波を臓器に照射、その反射した超音波の様子を画像にして観察します。

逆に腟の中から超音波を当てて調べる方法もあります。子宮頸がんの性質や形状、腫瘍部分と周囲の臓器との位置関係、別の臓器およびリンパ節へ転移しているかどうかを調査します。

②CT、MRI検査

CT検査は、X線を使用し体の内部を描き出します。治療前に転移および周辺臓器へのがんが広がっているかどうかを調べます。

一方、MRI検査は磁気を使います。CTやMRIを使った検査で、肺・肝臓等のような子宮と離れた臓器への転移の有無、リンパ節転移の診断、周辺臓器への浸潤の程度を調査します。

4.子宮頸がんの治療方法

検査には、単純な検査や精密検査、そしてがんの広がりを調べる検査もあることがわかりました。

では、それらの検査を踏まえた治療法にどんなものがあるのでしょうか?

こちらでは、いろいろな子宮頸がんの治療法について説明します。

4-1.手術治療について

手術治療は、がん細胞の大きさ・転移の有無により、その費用にかなりの差があります。概ね10万~110万円かかると言われています。健康保険が適用されれば、3万円~33万円程度が自己負担となります。

子宮頚がんの手術治療は次のような方法があります。

  • 円錐切除術:子宮の頸部のがん組織を円錐状に切除します。検査目的でこの手術は行われますが、初期のがんの場合なら手術治療として実施されます。
  • 単純子宮全摘出術:子宮を切除する治療です。子宮を腟から摘出する腟式単純子宮全摘出術、腹部を切開して手術を行う腹式単純子宮全摘出術があります。
  • 広汎子宮全摘出術:子宮と腟の一部および、骨盤壁近くから広い範囲で切除する治療です。子宮頸がんに関連するリンパ節も同時に切除することになります。

前述した手術は、がんステージのI期またはII期で行われることになります。下表を参考にしてください。

がんのステージ 手術名
 IA1 ・円錐切除術

・単純子宮全摘出術

 IA2 広汎子宮全摘出術
 IB1 広汎子宮全摘出術
 IB2 広汎子宮全摘出術
 IIA 広汎子宮全摘出術
 IIB 広汎子宮全摘出術

IA1期の場合は手術治療のみが行われますが、IA2~IIB期は手術治療に加え後述する放射線治療も行われる場合があります。

4-2.放射線治療について

放射線治療は、X線およびガンマ線をがん細胞に照射し、がんを小さくする効果があります。

この治療は、外部照射という放射線を体の外から照射する方法と、腔内照射という腟を通して子宮頸部のがんに照射する方法があります。

放射線治療は、がん細胞の根治を目的として行う場合と、手術後、補助として除去できなかったがん細胞を消滅させる場合に行うことがあります。

放射線治療の費用は50万円前後となります。こちらも健康保険が適用されるので、15万円程度が自己負担金額となります。

4-3.抗がん剤治療について

子宮頚がんの抗がん剤治療は、遠隔転移のある場合、再発した場合に実施されます。主にがんステージのIII期・IV期で行われる治療法です。

手術では除去し難いがん細胞の治療に効果があります。この治療は放射線治療と併せて行われることがあります。

抗がん剤治療は、副作用があること(不快感、倦怠感や脱毛の症状等)が報告されています。

ただし、副作用を緩和する薬も開発されており、副作用がひどくなるおそれがある場合は、抗がん剤治療と併用することになります。

抗がん剤治療の費用は100万円程度となります。抗がん剤はそのほとんどに健康保険が適用されるので、30万円程度が自己負担金額となります。

5.子宮頸がんの治療費を考える・その1

子宮頸がんの治療法はいろいろありますが、気になったのは費用です。がん治療で健康保険が適用されるケースは多くても、自己負担額はそれなりに多くなってしまうのが心配です。

公的保険には、他に費用負担を補ってくれる制度がないものでしょうか?

そこで、こちらでは高額療養費制度を説明します。この制度の活用により、費用の面で負担を大幅に軽減できることが期待されます。

5-1.公的医療保険の適用は?

子宮頸がんの治療には、手術治療・放射線治療・抗がん剤治療があり、そのほとんどに公的医療保険(健康保険または国民健康保険)が適用されます。

自己負担額は3割に抑えられますが、前述したように治療方法によっては数十万円を自己負担しなければならないことや、治療を併用したり、治療期間が長引いたりしても、その分だけ自己負担額も増加します。

がん治療は、子宮頚がんに限らず非常にお金がかかってしまうものです。そのため、後述する「高額療養費制度」の活用を検討するべきでしょう。

5-2.高額療養費制度とは

高額療養費制度は、患者の所得区分に応じ、1ヶ月間の自己負担限度額を超えて医療機関へ支払ったお金が戻ってくる公的な制度です。

高額療養費制度に特別な条件は必要なく、健康保険または国民健康保険へ加入している方なら誰でも利用できます。

保険診療となる医療サービスであれば、この制度を活用することができます。

5-3.高額療養費制度の上限額について

高額療養費制度で定められている各人の所得区分は現在(平成29年8月から平成30年7月) のところ次の通りです(厚生労働省保険局「高額療養費制度を利用される皆さまへ」を参考に作成) 。

所得区分(69歳以下の方) 1ヶ月の上限額(世帯ごと)
年収約1,160万円以上 252,600円+(医療費-842,000)×1%
年収約770万円~約1,160万円 167,400円+(医療費-558,000)×1%
年収約370万円~約770万円 80,100円+(医療費-267,000)×1%
年収約370万円以上 57,600円
住民税非課税者 35,400円

1ヶ月の治療費がどれだけかかろうと、保険診療にかかった費用ならば、表で示した金額分に抑えられることになります。

5-4.高額療養費制度の申請方法

高額療養費は非常に頼りになる制度ですが、治療を受けて医療機関に支払ったお金が、自動的に自己負担限度額を超えた分だけ戻ってくると言うわけではありません。

事前または事後に保険者に申請を行い、この制度を利用する必要があります。

①事後申請の場合

ご自分の支払った医療費が高額療養費の対象になると、国民健康保険に加入している人なら、しばらくして保険者である市町村よりお金を払い戻す通知書が送付されてきます。

ただし、サラリーマンのような健康保険の加入者なら、高額療養費の対象となっていても保険者から送付される場合とされない場合があります。

保険者から送付の無い場合は、ご自分で費用を計算して申請しなければならないこともあります。

申請方法について不安な点や、不明な点があるならば、ご自分が加入している健康保険組合へ確認を取りましょう。

支払った医療費が高額療養費の対象となっていたら、速やかに申請書へ必要事項を記載します。

健康保険の加入者なら各健康保険組合、国民健康保険の加入者なら市町村に申請書等を提出します。

②事前申請の場合

事後申請の場合は、いったん医療機関に自己負担額を支払った後に上限を超えた金額が戻ってくるわけですが、お金が戻ってくるまで家計が厳しくなる場合も考えられます。

そこで、「限度額適用認定申請」を行うことで、事前に費用を自己負担限度額まで抑えることも可能です。

また、子宮頚がん等の治療・入院が確実に高額になると判断する必要はありません。多額の費用の支払いが難しいと感じた場合なら、この請求を行うことができます。

手続きは、限度額適用認定申請書等を健康保険の加入者なら各健康保険組合、国民健康保険の加入者なら市町村へ提出します。だいたい1週間もすれば限度額適用認定証が交付されます。

なお、この認定証を申請する前に入院した場合でも、当月中に認定証を取得しているならば問題ありません。

医療機関の窓口に提示して、治療・入院をした月の自己負担限度額までに費用が抑えられます。

6.子宮頸がんの治療費を考える・その2

高額療養費制度は確かに便利ですが、保険診療以外の医療サービスは、やはり全額自己負担なのでしょうか?

多額の差額ベッド代を請求されて予想外の負担になったと、ガッカリしている友人もいました・・・・。

そこで、こちらでは「がん保険」について説明します。民間の保険を利用することで、予想外の出費を軽減することが期待できます。

6-1.がん保険とは

がん保障に特化した生命保険会社等が販売する保険商品です。公的医療保険では、病室を利用する際の差額ベッド代、一定の入院時の食事代、通院費等は保険適用外となります。

そこで、民間の保険へ加入し、金銭的サポートを賄う備えがあれば、いざという時の負担を軽減することも期待できます。

加入者は給付金という形でお金を受け取ることができ、がんで入院した場合は入院給付金が、放射線治療をした場合は放射線治療給付金が、手術をした場合は手術給付金が受け取れます。

また、医師からがんと診断確定されれば受け取れる、「がん診断一時金」というサービスもあります。

がん保険は、加入年齢や加入プランによりますが、支払保険料で毎月1,000円未満の保険も登場し、金銭的な負担を感じること無く、手厚い保障を受けられる商品も数多くあります。

6-2.子宮頸がんの入院日数と給付金

子宮頚がんに関係する治療の入院日数は平均約17日と言われています。つまり、2週間とチョットで退院は可能となります。

医学の進歩で長期入院は必要と言えなくなりましたが、もしも入院給付金を重視するがん保険に入っていた場合、日額で1日5,000円または10,000円と設定されているため、予想外に受け取れるお金が少なかったと思うことはあるかもしれません。

また、退院したとしても、その後に通院して検査や治療を継続することがあります。

そのため、各治療を受けるごとに給付金がもらえるサービスや、通院給付金が受け取れるがん保険を検討する等、子宮頚がんをはじめとするがんに備えて、ご自分に合ったがん保険を選んでおくことも大切です。

6-3.がん一時金が必須?

がん保険は入院給付金や、手術給付金等を受け取れますが、この給付金を受け取る場合には、その請求の度に生命保険会社へ書類を提出する必要があります。

いちいち申請を行っていたのでは、加入者が治療に専念できなくなる場合も当然考えられます。

そのため、がんと医師から診断確定されたら、まとまった一時金が受け取れるがん保険を選ぶことをおすすめします。

がん保険の中には、その一時金が最大300万円受け取れる保険もあります。

がんと医師から診断確定され、保険会社の所定の条件に該当すれば1回の申請手続きで、当面の治療に役立つ多額のお金が支給されることになります。

ただし、初期のがんは保障の対象外とされる場合もあれば、何回がんと診断されても一時金が受け取れる保険もあるので、事前に各商品を比較してベストな保険を選びだしておきましょう。

6-4.女性保険は入るべき?

女性保険とは、女性特有の疾病になった場合に、より手厚い保障を約束する保険商品です。病気やケガを保障する医療保険に、「女性疾病特約」という形で付加した商品を指す場合が多いです。

がんのみならず、女性特有の疾病(子宮筋腫 や帝王切開のような異常分娩等)も保障されます。ただし、通常のがん保険・医療保険に加入しても、女性特有のがんや疾病は保障されます。

女性保険に加入するならば、女性の特有のがん治療や帝王切開等の外科的手術を受けた場合、通常の保険より5,000円~10,000円程度、給付金が上乗せされるという保障内容となります。

子宮頚がんへの備えのみならず、ご自分の母親やおば等、親類縁者に女性特有の疾病になってしまう方が多い場合には、女性特有の疾病に手厚い保障が約束される女性保険に加入しておくのも良い方法です。

7.まとめ

子宮頚がんは、早期に発見し、早期に治療すればそれだけ治る確率が高くなる病気です。

事前に公的な保険をチェックしたり、民間のがん保険に加入したりして、まさかの事態へ備えることが有効な方法です。

ただ、何より大切なのは子宮頚がんの発症するリスクを可能な限り軽減する心がけです。例えば性交渉の相手を限定する、そして検査を定期的に行う、この二つを実践するだけでも、子宮頚がんの発症を未然に防ぐことや、仮に発症していたとしても、かなり早い段階で治療を実施できることが期待できます。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

b

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る