告知義務

保険加入時の告知はどこまですればいいの?保険の告知義務について解説

義務

保険に加入するにあたって「告知義務」とは

告知義務とは、被保険者の現在に健康状態、過去の傷病歴や職業などを告知書や生命保険会社の指定した医師の質問に対して、事実をありのままに告知することです。

告知は、契約者間の保険料負担を公平に保つためにとても重要なことで、告知義務を怠ると本当に必要な時の保険金が支払われなくなります。

もしも、健康状態や病歴などを隠して事実を告げなかったり、事実と異なる告知をした場合は、契約が解除されて、保険金や給付金が受け取れなくなることがあります。これを「告知義務違反」といいます。

続きを読む

生命保険の告知義務

人物

生命保険の告知義務について解説してます
 
生命保険の告知義務とは?

生命保険に加入する時には、現在の健康状態と過去の病歴について保険会社に報告しなければいけません

これを告知義務といいます。

告知所による自己申告以外には、保険会社が指定した医師による審査の方法があります。

続きを読む

生命保険の告知義務違反

お知らせ

生命保険の告知義務違反について解説してます
 

生命保険に加入する時には、今の健康状態と過去の病歴について保険会社に報告しなければなりません。

これを告知義務といいます。

告知義務に違反するということはどのような場合をいうのでしょうか?

1・告知しなければならないことを知っていてしなかった場合・・・悪意があるとみなされます

2・告知しなければいけないことを知っていてしなかった場合・・・重過失となります
 
どちらも告知義務違反となって保険契約が解除されたり、保険金が支払われないこともあります。

告知義務違反は重要事項として決められたものについて生じます。

告知しなければいけない重要事項として、過去5年以内の病歴、既往症あるいは身体の障害などです。

その他、年齢や職業、最近の健康状態を含みます。

なぜ保険の告知は必要なのか?

告知とは保険に加入しようとする被保険者の義務です。

告知が必要なわけは、個々の契約の公平性を保つためです。

保険料を払っている契約者の中に、予定死亡率などに影響を与えるような人が含まれていると保険金の支払総額が想定されたもの以上となってしまうことから、健全な保険制度の維持ができなくなるためです。