帝王切開で医療保険がおりる!?妊娠希望女性の知っておきたいことまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

人生の一大イベントである妊娠・出産。嬉しいことである一方で、妊娠・出産にかかる費用の多くは自己負担であるため、お金の面での不安はつきないものですよね。

その中でも「帝王切開」は、手術をしたり入院期間が長くなることから自然分娩に比べて医療費が更に高額になりがち。でも実は民間の医療保険を上手に利用している方の中には「帝王切開をしたら出産費用が黒字になった!」という例もあるんです!

出産というイベントは、場合によっては医療保険に加入しているかしていないかで経済的な明暗が大きく分かれてきます。

この記事では、帝王切開の費用について確認したあとにどんな医療保険にどのタイミングで入るべきかということを見ていきます。保険会社による加入条件の違いも分かるので、これから妊娠を希望する方、すでに帝王切開を経験した方どちらにとっても知っておいて損のない情報が手に入れられるはず!さっそくチェックしてみましょう!

目次

1.帝王切開と自然分娩の違いは?

1−1.帝王切開になる確率とケース

1−2.帝王切開と自然分娩、その費用の差は?

2.妊娠中・出産時に使える公的制度にはどんなものがあるの?

2−1.妊娠中の公的制度

2−2.出産時の公的制度

3.帝王切開のときに役立つ民間医療保険とは?

3−1.月額いくらでどれくらいもらえる?

3−2.更なる上乗せも?!女性疾病特約とは?

4.民間医療保険に入るタイミングは?

4−1.これから妊娠を希望する場合は?

4−2.妊娠したら?

4−3.すでに帝王切開を経験した場合は?

5.妊娠中の方必見!保険会社別加入条件のちがいは?

6.帝王切開に関する医療保険|よくある質問まとめ

6−1.本人の希望による帝王切開でも保険はおりる?

6−2.トータルで黒字になってもいいの?

6−3.切迫流産から帝王切開。一入院としてカウントされる?

7.まとめ

1.帝王切開と自然分娩の違いは?

出産が未経験の方でも「帝王切開」という言葉、聞いたことありますよね。

過去に子宮筋腫などの手術経験があり、あらかじめ「自分は帝王切開になる可能性が高い」とわかっている場合もあれば、全く心の準備はできていなかったけれどいざ出産となったときに帝王切開を選択することになる場合も。

妊娠を希望する全ての方に関係のあることなので、まずは帝王切開になる確率やケース、そしてその費用について基本的なところから確認していきましょう。

1−1.帝王切開になる確率とケース

厚生労働省の平成26年『医療施設調査』によると、全出産件数のうち帝王切開となった人は約24.8%です。まさに4人に1人が帝王切開で出産をしていることになります。かなりの高確率ですよね。

帝王切開になるのは、自然分娩での出産ではリスクが高い場合で以下のようなケースがあります。

・さかご

・多胎妊娠

・前置胎盤

・子宮筋腫

・過去に帝王切開をしている場合

・高齢出産

・妊娠高血圧症候群

・微弱陣痛

・回旋異常

特に、「さかご」は妊娠経過が順調であっても出産直前にさかごとなり帝王切開になるというケースも珍しくないようです。

さかごになる原因はわかっていないため、予防方法はありませんが赤ちゃんが動きやすいようにお腹が張らないようにすることが大事と言われています。冷え予防のために腹巻をつけたり、湯船に入って温まったり、しっかりと休息を取ることも良いようです。

そのほかにもお灸やさかご体操など、産院によっておすすめしてもらえるさかご解消方法があるようです。一度さかごで帝王切開の予定になっても手術直前に直っていたというケースもあり、出産は本当に最後の最後まで何が起こるかわかりません。

そのためにも帝王切開についての知識をつけておいたり、経済的な備えをしっかりしておくことは重要です。

1−2.帝王切開と自然分娩、その費用の差は?

誰でも経験し得る「帝王切開」。手術をしたり、入院期間が自然分娩よりも長くなったりと何となく費用が高額になりそうなイメージがありますよね。ここでは、実際にその費用の差がどれくらいなのかを見ていきましょう。

産院によっては特別室などが設けられており、入院する部屋によっては非常に高額になることもありますが、あくまでも一般的な例で考えます。ここでは、神奈川県の産婦人科の例を見ていきます。

まずは自然分娩の場合です。自然分娩の場合、一般的に6日間の入院をすることとなりトータル54万円程度の費用がかかってきます。内訳は以下のようになっています。

・入院料・・・20,000円×6日

・新生児管理料・・・・12,000円×6日

・分娩料・・・253,000円

・産科医療保障制度・・・16,000円

・新生児検査・薬・・・29,000円

・母検査・薬・・・18,000円

・出生届・指導料・・・29,000円

・その他・・・3,000円

帝王切開の場合はどうでしょうか?帝王切開では、経過にもよりますが一般的に9日間の入院が必要になってきます。トータルの費用は598,000円です。

・入院料・・・12,000円×8日

・新生児管理料・・・8,000円×9日

・分娩料・・・253,000円

・産科医療保障制度・・・16,000円

・新生児検査・薬・・・29,000円

・母検査・薬・・・18,000円

・出生届・指導料・・・29,000円

・その他・・・3,000円

・保険診療分・・・100,000円

いずれも後ほど詳しく説明する出産育児一時金42万円がカバーされるため、実際には自然分娩が120,000円、帝王切開が178,000円ということになりますが、やはりこれらを単純に比較すると帝王切開の出産の方が費用が高いことになりますね。

しかし、帝王切開の場合には出産育児一時金の他にも使える制度が国・民間ともにまだまだあるんです。次章以降で確認していきましょう!

2.妊娠中・出産時に使える公的制度にはどんなものがあるの?

妊娠・出産には大きなお金が必要になってきます。妊婦健診や自然分娩は健康保険や民間医療保険の対象とならないもので基本的に「全額自己負担」です。

しかし、妊娠中から出産まで受けられる助成金や給付金などの公的制度は案外多くあるんです。ここでは妊娠中から出産までに活用できる公的制度について紹介します。

2−1.妊娠中の公的制度

・誰でも受けられる「妊婦健診費用の助成」

心拍の確認ができ妊娠が確定すると、病院から役所で母子手帳をもらってくるよう指示があります。そのときに一緒にもらえるのが妊婦健診費用の助成券です。

妊娠確定後から出産まで合計で約14回の妊婦健診を受けることになります。その費用は自己負担。ですが、この助成券を使うと無料ないしは少ない負担額で済むようになるんです。

検査内容に応じて助成金の上限額が決まっています。その上限額はお住いの自治体によって異なり、妊婦健診の会計時に助成金が引かれた分を支払うという仕組みになっています。

初回の妊婦健診は一般的に検査項目が多いため助成金でカバーしきれず1万円以上の自己負担が発生することもありますが「妊婦健診でお金払ったことがないよ!」という非常に充実した自治体もあるようです。

ただし、妊娠が確定し、母子手帳を受け取る前までの診察については助成はなく全額自己負担となるため注意が必要です。

・自分の勤務先の社会保険に加入している働くママが対象「傷病手当金」

妊娠中には重いつわり症状や切迫早産などのトラブルで入院するケースも珍しくはありません。働くママの中には、産休直前まで働くつもりでいても思わぬトラブルで仕事を長期間休まなければいけないことも出てくるかもしれませんよね。

病気で4日以上休んだときにもらえるのが「傷病手当金」です。

対象はご自身の会社の健康保険に加入している人。ご主人の健康保険や、自営業などで国民健康保険に加入している場合は対象外です。3日間を待機期間として、4日目から支給されます。1日当たりの支給額は次の計算式で計算されます。

「支給開始日以前の12ヶ月間の各標準報酬月額を平均した額」÷30×3分の2

例えば、標準報酬月額が25万円の場合は1日約5,600円が支給されます。有給休暇を使って休んだ場合は対象外です。

・自分の勤務先の社会保険に加入している働くママが対象「出産手当金」

傷病手当に続いて、こちらもご自身の会社の健康保険に加入している方が対象です。産休中は、多くの会社で給料が出ませんが健康保険組合から「出産手当金」をもらうことができます。もらえる金額の日額は以下の通りです。

「支給開始日以前の12ヶ月間の各標準報酬月額を平均した額」÷30×3分の2

出産前の42日間と出産後56日間が対象期間です。月給25万円の方が98日分申請すると約55万円の出産手当金がもらえます。

傷病手当も同様ですが、出産手当についても産後も仕事を続けることが前提で、退職時期によってはもらえないこともあります。退職予定がある方は確認が必要です。

2−2.出産時の公的制度

誰でももらえる「出産育児一時金」

「出産育児一時金」は全ての妊婦さんが対象です。子ども1人につき42万円を受け取ることができます。双子の場合は倍の84万円。

基本的には「直接支払制度」という制度を利用し、出産して退院する際の会計時に入院・分娩費用が42万円を超えた場合に差額分を支払う仕組みになっています。

かかりつけの産院で、分娩予約をする際などに案内があります。書類一枚記入するだけで、健診の待ち時間の間にあっさり完了するような簡単な手続きです。

里帰り出産をする場合には「産後申請方式」という制度を利用する場合もあり、こちらの制度を利用した場合には一度退院時に窓口で全額負担をし、後日振込申請をするようになります。

もし、出産・分娩費用が42万円より少額で済んだ場合には差額の請求手続きが必要になります。

・健康保険適用の治療を受けた場合にもらえる「高額療養費」

健康保険が適用となる帝王切開や重度のつわりや切迫早産などの入院費の支払いが生じた場合には「高額療養費」を受け取ることができます。

高額療養費制度とは、同じ月内の医療費の自己負担上限額が所得によって定められており、それを超えた部分の費用を受給できるというもの。

出産までを妊婦健診のみで終え、自然分娩した場合にはほとんどの費用が自己負担となっているため、高額療養費は関係がないことがほとんどです。

手続きには「事前認定」と「事後申請」の2パターンがあります。

事前に健康保険が適用される入院費などが高額になるとわかっている場合には、入院前に健康保険組合もしくは役所窓口に申請しておきます。そうすると限度額認定証が発行され、窓口負担は上限額との差額分のみで良いことになります。

一方で、事後申請は、退院時に窓口で一度全額自己負担をし、その後健康保険組合か役所に申請をすることで、限度額超過分が振り込まれることになります。所得による自己負担限度額は以下の通りです。

課税対象額区分 自己負担限度額(月額)
910万円超 252,600円+総医療費(10割)が842,000円を超えた場合、超過分の1%
600万円超910万円以下 167,400円+総医療費(10割)が558,000円を超えた場合、超過分の1%
210万円超600万円以下 80,100円+総医療費(10割)が267,000円を超えた場合、超過分の1%
210万円以下 57,600円
住民税非課税 35,400円

帝王切開の場合、分娩介助料や新生児管理料、差額ベッド代、食費などもともと健康保険の対象ではない項目は高額療養費の対象外ですが、手術代などは高額療養費制度の対象となってくるため、こちらの制度を使うことで、出産育児一時金を差し引いた178,000円という帝王切開費用よりも更に医療費は抑えられることになります。

3.帝王切開のときに役立つ民間医療保険とは?

帝王切開になった場合には入院費や分娩料など「高額療養費」でカバーできる保険適用となる部分が出てくるということは先ほど説明した通りです。

実は、帝王切開になると国による助成以外にも、民間医療保険に加入していれば、医療保険の給付の対象となり保険金を受け取ることができるんです!

どのような保障内容でどれくらいの保険金がおりるかということを見てみましょう。

3−1.月額いくらでどれくらいもらえる?

帝王切開の場合には、月額いくらの保険料でどれくらいの保険金がもらえるのでしょうか?

30歳女性がアフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」に加入した場合を例にして見てみましょう。

30歳女性が帝王切開に備えられる保険に加入すると月額1,420円で以下の内容が保障された医療保険に加入することができます。

保障内容 保障額
入院給付金(60日まで保障) 5,000円
重大手術 20万円
重大手術以外の入院中の手術 5万円
重大手術以外の外来による手術 2.5万円
放射線治療給付金 5万円

通院保障などは付加しておらず、非常にシンプルな内容ですが、これでもしっかりと帝王切開の場合の入院や手術代が保障されるんです。

帝王切開で9日間入院した場合に受け取れる保険金は入院給付金【5,000円×9日分】と手術給付金の5万円。トータルで95,000円を受け取ることができます。

保険料は倍の2,840円になりますが、アフラックのEVERには日額10,000円というプランもあります。保障額も倍になるので、こちらに加入している場合には、190,000円もの保険金を受け取ることができてしまうんです。

高額療養費制度と併用すると、「帝王切開で黒字になることもあり得る」というのが納得できる金額ですよね。

3−2.更なる上乗せも?!女性疾病特約とは?

月額1,500円程度のシンプルな医療保険でも帝王切開の費用をカバーできてしまうくらいの保険金がおりるということがわかりました。

しかし、医療保険を検討したことがある女性は「女性疾病特約」というオプションについて案内されたことがあるという方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?女性特有の病気による入院を手厚く保障してくれる特約です。

対象となるのは、子宮筋腫や乳腺症、乳がん、卵巣機能障害、チョコレートのう胞など多岐に渡りますが、帝王切開ももれなく対象となっているのです。アフラックのEVERにもこちらの特約があります。

保障内容 保障額
女性特定疾病による入院給付金(60日まで保障) 5,000円
入院給付金(60日まで保障) 5,000円
重大手術 20万円
重大手術以外の入院中の手術 5万円
重大手術以外の外来による手術 2.5万円
放射線治療給付金 5万円

保険料は先ほどと同様に入院日額5,000コースにすると月額1,695円約300円程度月々の負担額は増えますが、通常の入院給付と重複して女性特定疾病による入院給付金を受け取ることができます。

結果として、14万円の給付を受けることができるんです。

日額1万円コースにすると保険料は3,115円。保険金額は28万円にもなります。

いかがでしょうか?シンプルな医療保険と、女性特約を付加した場合の医療保険では月額たったの数百円の差という場合も多いので、もし医療保険を妊娠・出産に備えて検討したいという場合には「女性疾病特約」を付加するのも大きな意味がありそうですね。

あくまでも「特約」なので、必要性を感じなくなった場合には特約部分のみ解約してしまうということも可能です。

これから妊娠予定で医療保険を検討したいという方は、ぜひ帝王切開になった場合に受け取れる金額と毎月の保障額の差を比べて検討してみてください。

4.民間医療保険に入るタイミングは?

「何か一本くらいは民間医療保険に入っておきたい!」とお考えの方は多いのではないでしょうか?しかし、保険は各社色々な種類の医療保険があって複雑。保障内容も日額いくらのものを選んで良いのかわからないし、特約もどれをつければ良いのかわからない・・・と後回しにしてしまいがちですよね。

先ほど見てきたように、民間医療保険は妊娠・出産を望む女性にとってメリットが非常に大きいもの。金銭的負担が通常より大きくなりがちな帝王切開の場合でも、お金の心配を最小限にできるからです。

どんなタイミングで医療保険に加入すべきかということを見ていきましょう。

4−1.これから妊娠を希望する場合は?

これから妊娠を希望される方は妊娠前、できるだけ早いうちから医療保険の検討をし始めることをお勧めします。医療保険は多くの場合、過去5年以内に何らかの病気をしたり、健康診断などで異常を指摘された場合には加入が難しいこともありますが、そのような経験がないという場合には入れるうちに即加入することをお勧めします。

「定期医療保険」という5年間や10年間限定などといったタイプに加入すると比較的安く保険料を抑えることもできますが、「終身医療保険」という解約しない限り生涯保障が続くものに入ることがお勧めです。

妊娠・出産に備えて加入した保険であっても、その後も続けていく選択肢を持つことができますし、仮に一度帝王切開を経験した場合には、その後第二子、第三子と帝王切開で出産することがほとんどです。タイミングや保険会社によっては新たな保険に加入する場合に過去に帝王切開を経験している方は帝王切開に関する保障を除いた条件付きの契約となってしまう場合があるからです。

4−2.妊娠したら?

妊娠がわかった場合には、週数が浅いうちに保険について考え始めるのがお勧めです。

ただし、多くの民間医療保険では27週までは申し込むことができるものの妊娠中・出産中のトラブルについては保障の対象外となる場合がほとんどで、帝王切開の場合の保障は次回以降の妊娠からとなることが多いので注意が必要です。

しかし、出産に備えた保険加入をあきらめるのはまだ早いかもしれません。一部の定期保険や共済では妊娠中でも帝王切開に備えられるというものがわずかですが存在します。詳しくは次章で解説していきます。

4−3.すでに帝王切開を経験した場合は?

過去に帝王切開を経験して、これから医療保険に入りたいという場合、5年経過していれば通常の医療保険に問題なく加入できることが大半です。

しかし、「5年以内に次の子を考えているからそんなに待てないよ!」という場合もあるかもしれませんよね。どうしても何らかの医療保険に入って予期せぬ事態に備えたいという方には、「緩和型医療保険」という選択肢があります。

保険料が割高、加入から1年間は保険金が半額となってしまうというデメリットはありますが、告知事項が通常の医療保険よりはクリアしやすい基準となっており、多くの緩和型医療保険では帝王切開の手術後2年が経過していれば保険に加入でき、帝王切開についても保障対象となります。

30歳女性が入院日額5,000円コースに加入する場合、目安として月々3,500円程度の保険料になります。

5.妊娠中の方必見!保険会社別加入条件のちがいは?

先ほども説明したように、妊娠してから医療保険に加入したいと思っても、保険に入ることはできるけれど妊娠中・出産時のトラブルは対象外となる場合がほとんどです。そして、28週を過ぎると多くの保険会社では申し込み自体ができなくなってしまいます。

「それでも保険に入っておきたい!何か方法はないの?」と思う方も少なくないでしょう。次の保険を検討してみてはいかがでしょうか?

・ABCお母さん保険

こちらは妊娠19週までに申し込めば帝王切開の手術を保障してくれるという保険です。

30歳女性の場合、月額1,850円で以下の保障がついてきます。ただし、妊娠後の申し込みの場合、帝王切開の入院給付については多くの民間保険会社と同様に保障対象外となり、あくまでも手術給付のみが対象となります。(妊娠・出産以外の要因による入院は対象です)

保障内容 保障額
入院給付金(30日まで保障) 5,000円
手術 5万円
死亡 50万円

しかしこちらの保険は先ほど見てきたアフラックのEVERとは違い5年ごとに保険料が更新される「定期保険」。基本的に更新ごとに保険料は上がっていきます。

長年続けることを目的とするとやはり終身保険の方が費用面・保障内容双方で充実している場合が多いです。

・CO•OP共済《たすけあい》女性コース

こちらは民間医療保険ではなく「コープ共済」による保障です。妊娠中でも週数に関係なく、妊娠に関して貧血やつわりなどによる薬の処方や、切迫早産などの健康保険適用の治療などを受けていなければ加入でき、妊娠・出産に関するトラブルを保障してもらうことができます。

年齢に関係なく、月額2,000円・3,000円・4,000円のコースの中から保障を選ぶことができます。2,000円コースは次の内容になっています。

保障内容 保障額
入院(184日まで保障) 5,000円
女性特定病気入院(184日まで保障) 3,000円
事故による通院 1,000円
手術 内容により2・4・8万円
長期入院 30万円
事故後遺障害 4〜100万円
病気死亡・重度障害 100万円
事故死亡・事故重度障害 100万円
家族死亡・家族重度障害 1・2・5万円
住宅災害 3・15・30万円

帝王切開で9日間入院し、手術をした場合には入院給付金【5,000円×9日分】と女性特定病気入院給付金【3,000円×9日分】手術給付金の4万円の合計112,000円の共済金を受け取ることができます。

ただし、CO•OP共済《たすけあい》女性コースは終身保険ではなくどんなに長く続けたくても65歳までしか続けられない満期のある保険となっているので、妊娠中だけではなく生涯続けられる医療保険を探したいという場合には民間医療保険を選択した方が良さそうです。

6.帝王切開に関する医療保険|よくある質問まとめ

帝王切開に関する医療保険のよくある質問をまとめました。基本的なものから少しマニアックなものもあるので、ぜひ確認してみてくださいね。

6−1.本人の希望による帝王切開でも保険はおりる?

あくまでも保険金がおりる・おりないの判断は、保険会社が医師の診断書を見た上で決めるものなので、一概に言うことができませんが「医師が母体や子どもの保護のために必要と判断し帝王切開となった」場合には保険金はしっかりおりるようです。

不安がある場合には、保険会社に提出する診断書の作成を依頼するときに相談してみても良いかもしれませんね。

6−2.トータルで黒字になってもいいの?

こちらも民間保険の保険金を請求される方の中に意外と多い質問です。もちろん、黒字になっても構いません。

むしろ、帝王切開で黒字になるということはこれまで毎月の保険料をしっかりと払い、来るべきときに備えてきた証拠です。給付されるべきものはもれなく全て請求してくださいね。

6−3.切迫流産から帝王切開。一入院としてカウントされる?

民間医療保険では入院給付日数の制限が一入院につき60日、90日、120日などと決められています。商品や選んだプランによって異なります。

保険会社の規定によって日数が異なる場合もありますが、一般的には最後の入院から180日以上の日にちが開かない場合は「一入院」としてカウントされます。

例えば、つわりや切迫流産などですでに60日以上入院されている場合には、帝王切開による出産時の入院で入院給付金を受け取ることができない場合も出てきます。その場合には、手術給付金のみが保障対象となります。

7.まとめ

帝王切開の費用に関する公的制度や民間医療保険について見てきましたがいかがでしたか?

出産・子育てにかかるお金の心配はつきないもの。

これから妊娠したいと考えている方は選択肢が広い今のうちにぜひ医療保険について検討してみていただきたいと思います。

妊娠中の方や帝王切開をすでに経験された方も、選択肢は多くはないものの医療保険に加入できる余地はまだまだあります!

費用や制度について知り、しっかりと備えをすることで「経済面の安心」を手に入れてくださいね。

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る