生命保険の解約!トラブルを避け、損をしない賢い解約方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生命保険を契約中の方も多いと思いますが、「もっと条件の良い保険が見つかったので切り替えたい!」、「家計が厳しくなり、保険料支払いの余裕が無くなった!」、「まとまったお金が必要になった!」などの理由で、生命保険の解約を考える事ってありますよね。

インターネットで「生命保険の解約」を調べてみると、保険担当者にしつこく慰留されたり、手続きがスムースに行かなかったり、嫌な思いをさせられたりするケースも多く生命保険の解約って難しそうですね。

でも、生命保険って自由に解約したり変えたりすることができるものなんですよ。

そこで、今回は生命保険の解約にまつわるトラブルを避け、スムースにそして損をしない解約方法についてお話しましょう。

<目次>

1.生命保険の解約って?

1-1 生命保険の解約理由にまつわるランキング

1-2 「家計難で解約したい」って?

1-3 「もっと良い保険に切り替えたい」って?

2.生命保険を解約すると掛け金はどうなるの?

2-1 解約返戻金が戻る保険とは?

2-1-1 積み立て型の生命保険

2-1-2 掛け捨てでない生命保険

2-2 生命保険の解約返戻金のタイプ

2-2-1 従来タイプの保険

2-2-2 低解約返戻金タイプの保険

2-2-3 解約返戻金が無いタイプの保険

3.生命保険の返戻率のランキング

3-1 生命保険の解約返戻金の計算のしかたは?

3-2 生命保険の解約返戻金のランキング

4.生命保険ってどうやって解約するの?

4-1 生命保険の解約のしかた

4-1-1 保険の解約に必要なものは?

4-1-2 解約手続きをスムースに進めるコツ

4-2 解約して良いケース、おすすめしないケース

4-2-1 生命保険を解約しても良いケース

4-2-2 解約はおすすめしないケース

4-3 保険を解約せずに家計を助ける方法

4-3-1 特約を解約して掛け金を節約

4-3-2 払い済み保険を利用して掛け金を節約

4-3-3 契約者貸し付けでお金を借りる

4-4 生命保険解約のトラブルを避けるには?

5.生命保険の解約返戻金って?

5-1 解約返戻金ってすぐもどりますか?

5-2 解約返戻金に税金など掛かりますか?

6.生命保険の賢い解約方は?

6-1 保険の解約はタイミングも良く考えて

6-2 トラブルを避け、損のない生命保険の解約方は?

7.まとめ

1.生命保険の解約って?

SANYO DIGITAL CAMERA

先ほども書いたように生命保険って「自由に解約したり変えたりしてもいい」もので、いろいろな理由で解約などをお考えの方も多いと思います。

「解約したい」と思う理由は様々でしょうが、よく考えてみるとその原因は契約のときにまでさかのぼることもあります。

例えば、「更新で掛け金が高くなってしまったので」という解約理由はランキングでも上位に挙げられているのですが、その保険を契約した時に、実は更新したら掛け金がいくらになるかは分かっているんですね。

この理由で解約するのは、次の3つのケースが多いのではないでしょうか? 「契約した時に聞いていたけれど、忘れていてビックリ!」、「契約した時に販売員から良く説明を受けていなかった!」、「更新で掛け金が増えるのは知っていたけれど、家計が苦しくなってきた!」 ですね。

人生いろいろあるでしょうから最後の3番目のケースは致し方ないとしても、1番目、2番目のケースは、掛け金が増えることを契約者に良く理解してもらえていなかったという意味で販売方法にも原因があったかもしれません。

更新型の保険は、解約したときに戻るお金は無いか、有っても僅かの契約が多いので確かめておいた方が良いですよ。

「保険金が少額過ぎて役に立たない」というような解約理由も、この保険は契約者にとって必要な保障を備えていなかったわけですから、販売員とのコミュニケーションが良く取れて居なかったり、販売員が取り合えず保険の契約をしたかったのかもしれませんね。

更に、「契約した保険が思っていた内容と違った」などの解約理由の場合も、保険の内容の理解が足りなかったわけで販売員の説明などにも原因があるのかもしれません。

生命保険の解約による無用な出費や時間のムダを抑えるためのも、保険を契約する時が本当に大切です。

さて、生命保険の解約理由の裏の事情はともかくとして、解約理由の最新のランキングを見てみましょう。

(世帯主が生命保険に加入している割合は90%にせまるそうで、その解約理由などのついても興味はありますよね!)。

1-1 生命保険の解約理由にまつわるランキング

ここでご紹介する生命保険の解約にまつわるランキングは、「公益財団法人 生命保険文化センター」が3年に1度行う「生命保険に関する全国実態調査」の最新資料(2015年版)を参考にしています。

<生命保険の解約や失効の理由ランキング(%)>

家計難 他に切り替え 更新で掛け金が高くなった おあとまったお金が必要 義理で入ったから 必要が無くなった アフターサービスが不満 役に立たない その他
2015年 33.6 31.4 13.1 8.0 7.7 6.0 3.3 3.3 20.1
2012年 32.5 34.1 13.3 10.6 11.4 7.4 4.4 3.0 20.8
2009年 37.6 25.3 12.0 13.9 13.7 5.6 4.1 1.9 26.7
2006年 37.0 29.5 7.1 14.0 14.2 7.3 4.4 2.7 22.2
2003年 38.4 30.3 6.9 16.6 14.2 6.0 5.4 2.6 29.4

直近2015年の生命保険解約理由のランキング1位は「家計難」ですね、毎年ほぼ1位ですね。

なかな面白いデータがまだたくさん載っていますので興味有る方はこのリンク(↓)を参照してください。

生命保険に関する全国実態調査

1-2 「家計難で解約したい」って?

012-%e2%91%a1%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e4%bf%9d%e9%99%ba%e9%81%b8%e6%8a%9e

概ね毎回の調査で解約理由に1位となってるのが「家計難」で、「子供の学費が思ったより高額になった」、昨今流行りの「リストラの対象になった」などで家計がピンチを迎えることは、いつ起こってもおかしくはないですね。

そんなとき目につくのが「保険の掛け金」ですね。

保険の解約を考えるときには、費用対効果の面から順番に手を付けていきましょう。

費用対効果の少ない保険の順番は一般に、「医療保険」、「生命保険の死亡保障以外の特約」、次に「生命保険の死亡保障」です。

医療保険や生命保険の特約は、なくてもあまり影響がなかったり、後々余裕が出来たら代わりはいくらでもありますが、生命保険はせめて保障額の減額にとどめ保険契約は残しておきたいものです。

1-3「もっと良い保険に切り替えたい」って?

生命保険の見直しはとても大切なことです。

いくら契約する時に慎重に選んでも、齢を重ねる毎に「子供が一人増えたので生命保険の保障額を増やしたい」、「住宅ローンを組み、団体信用保証に加入したので収入保障保険を解約したい」などどいったように条件が変わってくるため、見直しや切り替えが必要になってきます。

ご自分の、今の条件にピッタリな生命保険が見つかって切り替えを決心したら、忘れてはいけないことは「先に古い保険は解約しない!」です。

これは、一時的にでも無保険状態になる事を避ける事と、新しく契約する保険が確実に加入できるか判らないからです。

万が一、新しく契約する保険が健康状態などの理由で加入を断られた場合には、古い保険を先に解約していると、その後はずっと無保険状態になります。

その為に、新たに保険に加入し直す場合には、新しい保険の契約が成立するまでは、以前の保険も解約せずに持っておかなければなりません。

2.生命保険を解約すると掛け金はどうなるの?

s_ppc_1manensatu4mai_tp_v

生命保険を解約するときには、「解約返戻金」と言うものがあります。

この解約返戻金は、一般的には生命保険の契約を解約する時に、あらかじめ決められていた返戻率に基づいて保険会社から契約者に支払われるお金の事です。

返戻金の払い戻し率(解約までに支払った保険の掛け金の合計にたいして、戻ってくる金額の割合)は、一般には保険の契約期間が長ければ長いほど上昇し、保険によっては払い込んだ掛け金の合計を上回るものもありますが、払い込んだ掛け金が全て戻るのはごくまれなケースです。

そして、解約返戻金の戻らない保険もあるので注意が必要ですね。

2-1 解約返戻金が戻る保険とは?

解約したときに解約返戻金が戻る保険は主に次の2種類の保険です。

2-1-1 積み立て型の生命保険

ほとんどの場合、この積み立て型の生命保険には解約返戻金が戻ります。

解約返戻金の払い戻し率は、保険会社や生命保険毎に設定されていて、払い戻し率の違いにより「従来型」と「低解約返戻金型」の2種類があります。

「低解約返戻金型」の保険は、返戻金の金額を抑える代わりに掛け金が低めに設定された保険で、払込期間中の解約は損になることが多いため契約の時には注意が必要です。

2-1-2 掛け捨てでない生命保険

保険の掛け金を低くするために設定されている掛け捨てタイプの保険は、ほどんどが解約返戻金はありません。

なので、掛け捨てタイプでなければ、何らかの解約返戻金がある場合が多いです。

上に書いた、2種類に含まれない保険には返戻金は無いと考えて良く、保障の期間が決まっている定期生命保険などが典型的な例です。

2-2 生命保険の解約返戻金のタイプ

8

生命保険の解約を考えた時に、とても気になる解約返戻金にはその払い戻し率によって3つのタイプがあります。

2-2-1 従来タイプの保険

返戻金の支払いが設定されたタイプの生命保険で、積み立て型の生命保険、養老保険、学資保険などがあてはまります。

2-2-2 低解約返戻金タイプの保険

保険掛け金の金額を低く抑えるために、払い込み期間中の解約返戻金の金額を低く設定した保険です。

掛け金支払期間中の解約は損になる事が多いため、契約の際には充分考えてからにしましょう。

2-2-3 解約返戻金が無いタイプの保険

いわゆる「掛け捨て」と呼ばれる保険です。

解約返戻金が支払われない分、解約返戻金が設定されたタイプの保険より掛け金が割安になっています。

返戻金のタイプによって、解約のときに戻ってくるお金に大きな違いがあることはご理解いただけましたでしょうか?

生命保険を契約するときには、この返戻金のタイプもしっかり押さえておく必要がありますね。

「保険料が安い」、「保障が充実」などの理由だけで加入してしまうと、後々に保険の見直しなどで解約を考えたとき、後悔するかもしれませんよ。

解約返戻金の金額は、  従来タイプ > 低解約返戻金タイプ > 解約返戻金が無いタイプ  と覚えておきましょう。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る