生命保険の解約!トラブルを避け、損をしない賢い解約方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

生命保険を契約中の方も多いと思いますが、「もっと条件の良い保険が見つかったので切り替えたい!」、「家計が厳しくなり、保険料支払いの余裕が無くなった!」、「まとまったお金が必要になった!」などの理由で、生命保険の解約を考える事ってありますよね。

インターネットで「生命保険の解約」を調べてみると、保険担当者にしつこく慰留されたり、手続きがスムースに行かなかったり、嫌な思いをさせられたりするケースも多く生命保険の解約って難しそうですね。

でも、生命保険って自由に解約したり変えたりすることができるものなんですよ。

そこで、今回は生命保険の解約にまつわるトラブルを避け、スムースにそして損をしない解約方法についてお話しましょう。

<目次>

1.生命保険の解約って?

1-1 生命保険の解約理由にまつわるランキング

1-2 「家計難で解約したい」って?

1-3 「もっと良い保険に切り替えたい」って?

2.生命保険を解約すると掛け金はどうなるの?

2-1 解約返戻金が戻る保険とは?

2-1-1 積み立て型の生命保険

2-1-2 掛け捨てでない生命保険

2-2 生命保険の解約返戻金のタイプ

2-2-1 従来タイプの保険

2-2-2 低解約返戻金タイプの保険

2-2-3 解約返戻金が無いタイプの保険

3.生命保険の返戻率のランキング

3-1 生命保険の解約返戻金の計算のしかたは?

3-2 生命保険の解約返戻金のランキング

4.生命保険ってどうやって解約するの?

4-1 生命保険の解約のしかた

4-1-1 保険の解約に必要なものは?

4-1-2 解約手続きをスムースに進めるコツ

4-2 解約して良いケース、おすすめしないケース

4-2-1 生命保険を解約しても良いケース

4-2-2 解約はおすすめしないケース

4-3 保険を解約せずに家計を助ける方法

4-3-1 特約を解約して掛け金を節約

4-3-2 払い済み保険を利用して掛け金を節約

4-3-3 契約者貸し付けでお金を借りる

4-4 生命保険解約のトラブルを避けるには?

5.生命保険の解約返戻金って?

5-1 解約返戻金ってすぐもどりますか?

5-2 解約返戻金に税金など掛かりますか?

6.生命保険の賢い解約方は?

6-1 保険の解約はタイミングも良く考えて

6-2 トラブルを避け、損のない生命保険の解約方は?

7.まとめ

1.生命保険の解約って?

SANYO DIGITAL CAMERA

先ほども書いたように生命保険って「自由に解約したり変えたりしてもいい」もので、いろいろな理由で解約などをお考えの方も多いと思います。

「解約したい」と思う理由は様々でしょうが、よく考えてみるとその原因は契約のときにまでさかのぼることもあります。

例えば、「更新で掛け金が高くなってしまったので」という解約理由はランキングでも上位に挙げられているのですが、その保険を契約した時に、実は更新したら掛け金がいくらになるかは分かっているんですね。

この理由で解約するのは、次の3つのケースが多いのではないでしょうか? 「契約した時に聞いていたけれど、忘れていてビックリ!」、「契約した時に販売員から良く説明を受けていなかった!」、「更新で掛け金が増えるのは知っていたけれど、家計が苦しくなってきた!」 ですね。

人生いろいろあるでしょうから最後の3番目のケースは致し方ないとしても、1番目、2番目のケースは、掛け金が増えることを契約者に良く理解してもらえていなかったという意味で販売方法にも原因があったかもしれません。

更新型の保険は、解約したときに戻るお金は無いか、有っても僅かの契約が多いので確かめておいた方が良いですよ。

「保険金が少額過ぎて役に立たない」というような解約理由も、この保険は契約者にとって必要な保障を備えていなかったわけですから、販売員とのコミュニケーションが良く取れて居なかったり、販売員が取り合えず保険の契約をしたかったのかもしれませんね。

更に、「契約した保険が思っていた内容と違った」などの解約理由の場合も、保険の内容の理解が足りなかったわけで販売員の説明などにも原因があるのかもしれません。

生命保険の解約による無用な出費や時間のムダを抑えるためのも、保険を契約する時が本当に大切です。

さて、生命保険の解約理由の裏の事情はともかくとして、解約理由の最新のランキングを見てみましょう。

(世帯主が生命保険に加入している割合は90%にせまるそうで、その解約理由などのついても興味はありますよね!)。

1-1 生命保険の解約理由にまつわるランキング

ここでご紹介する生命保険の解約にまつわるランキングは、「公益財団法人 生命保険文化センター」が3年に1度行う「生命保険に関する全国実態調査」の最新資料(2015年版)を参考にしています。

<生命保険の解約や失効の理由ランキング(%)>

家計難 他に切り替え 更新で掛け金が高くなった おあとまったお金が必要 義理で入ったから 必要が無くなった アフターサービスが不満 役に立たない その他
2015年 33.6 31.4 13.1 8.0 7.7 6.0 3.3 3.3 20.1
2012年 32.5 34.1 13.3 10.6 11.4 7.4 4.4 3.0 20.8
2009年 37.6 25.3 12.0 13.9 13.7 5.6 4.1 1.9 26.7
2006年 37.0 29.5 7.1 14.0 14.2 7.3 4.4 2.7 22.2
2003年 38.4 30.3 6.9 16.6 14.2 6.0 5.4 2.6 29.4

直近2015年の生命保険解約理由のランキング1位は「家計難」ですね、毎年ほぼ1位ですね。

なかな面白いデータがまだたくさん載っていますので興味有る方はこのリンク(↓)を参照してください。

生命保険に関する全国実態調査

1-2 「家計難で解約したい」って?

012-%e2%91%a1%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e4%bf%9d%e9%99%ba%e9%81%b8%e6%8a%9e

概ね毎回の調査で解約理由に1位となってるのが「家計難」で、「子供の学費が思ったより高額になった」、昨今流行りの「リストラの対象になった」などで家計がピンチを迎えることは、いつ起こってもおかしくはないですね。

そんなとき目につくのが「保険の掛け金」ですね。

保険の解約を考えるときには、費用対効果の面から順番に手を付けていきましょう。

費用対効果の少ない保険の順番は一般に、「医療保険」、「生命保険の死亡保障以外の特約」、次に「生命保険の死亡保障」です。

医療保険や生命保険の特約は、なくてもあまり影響がなかったり、後々余裕が出来たら代わりはいくらでもありますが、生命保険はせめて保障額の減額にとどめ保険契約は残しておきたいものです。

1-3「もっと良い保険に切り替えたい」って?

生命保険の見直しはとても大切なことです。

いくら契約する時に慎重に選んでも、齢を重ねる毎に「子供が一人増えたので生命保険の保障額を増やしたい」、「住宅ローンを組み、団体信用保証に加入したので収入保障保険を解約したい」などどいったように条件が変わってくるため、見直しや切り替えが必要になってきます。

ご自分の、今の条件にピッタリな生命保険が見つかって切り替えを決心したら、忘れてはいけないことは「先に古い保険は解約しない!」です。

これは、一時的にでも無保険状態になる事を避ける事と、新しく契約する保険が確実に加入できるか判らないからです。

万が一、新しく契約する保険が健康状態などの理由で加入を断られた場合には、古い保険を先に解約していると、その後はずっと無保険状態になります。

その為に、新たに保険に加入し直す場合には、新しい保険の契約が成立するまでは、以前の保険も解約せずに持っておかなければなりません。

2.生命保険を解約すると掛け金はどうなるの?

s_ppc_1manensatu4mai_tp_v

生命保険を解約するときには、「解約返戻金」と言うものがあります。

この解約返戻金は、一般的には生命保険の契約を解約する時に、あらかじめ決められていた返戻率に基づいて保険会社から契約者に支払われるお金の事です。

返戻金の払い戻し率(解約までに支払った保険の掛け金の合計にたいして、戻ってくる金額の割合)は、一般には保険の契約期間が長ければ長いほど上昇し、保険によっては払い込んだ掛け金の合計を上回るものもありますが、払い込んだ掛け金が全て戻るのはごくまれなケースです。

そして、解約返戻金の戻らない保険もあるので注意が必要ですね。

2-1 解約返戻金が戻る保険とは?

解約したときに解約返戻金が戻る保険は主に次の2種類の保険です。

2-1-1 積み立て型の生命保険

ほとんどの場合、この積み立て型の生命保険には解約返戻金が戻ります。

解約返戻金の払い戻し率は、保険会社や生命保険毎に設定されていて、払い戻し率の違いにより「従来型」と「低解約返戻金型」の2種類があります。

「低解約返戻金型」の保険は、返戻金の金額を抑える代わりに掛け金が低めに設定された保険で、払込期間中の解約は損になることが多いため契約の時には注意が必要です。

2-1-2 掛け捨てでない生命保険

保険の掛け金を低くするために設定されている掛け捨てタイプの保険は、ほどんどが解約返戻金はありません。

なので、掛け捨てタイプでなければ、何らかの解約返戻金がある場合が多いです。

上に書いた、2種類に含まれない保険には返戻金は無いと考えて良く、保障の期間が決まっている定期生命保険などが典型的な例です。

2-2 生命保険の解約返戻金のタイプ

8

生命保険の解約を考えた時に、とても気になる解約返戻金にはその払い戻し率によって3つのタイプがあります。

2-2-1 従来タイプの保険

返戻金の支払いが設定されたタイプの生命保険で、積み立て型の生命保険、養老保険、学資保険などがあてはまります。

2-2-2 低解約返戻金タイプの保険

保険掛け金の金額を低く抑えるために、払い込み期間中の解約返戻金の金額を低く設定した保険です。

掛け金支払期間中の解約は損になる事が多いため、契約の際には充分考えてからにしましょう。

2-2-3 解約返戻金が無いタイプの保険

いわゆる「掛け捨て」と呼ばれる保険です。

解約返戻金が支払われない分、解約返戻金が設定されたタイプの保険より掛け金が割安になっています。

返戻金のタイプによって、解約のときに戻ってくるお金に大きな違いがあることはご理解いただけましたでしょうか?

生命保険を契約するときには、この返戻金のタイプもしっかり押さえておく必要がありますね。

「保険料が安い」、「保障が充実」などの理由だけで加入してしまうと、後々に保険の見直しなどで解約を考えたとき、後悔するかもしれませんよ。

解約返戻金の金額は、  従来タイプ > 低解約返戻金タイプ > 解約返戻金が無いタイプ  と覚えておきましょう。

 

3.生命保険の解約返戻金のランキング

ranking

 

ここでは、解約返戻金の計算のしかたや解約返戻金のランキングを見てみましょう。

3-1 生命保険の解約返戻金の計算のしかたは?

生命保険の解約返戻金の金額の計算には次の式をつかいます。

「 (契約者価格 - 解約控除) × 払い戻し率 = 解約返戻金の金額 」

「契約者価格」は、将来の保険金の支払いに充てるため、保険会社が積み立てている準備金の収支残高(支払い済みの給付金などを差し引いた額)で払い込んだ掛け金の合計ではありません。

「解約控除」は、生命保険の契約を結ぶ際に掛かる保険会社の経費(営業職員への手当、審査費用、保険証券発行の手数料など)の内、解約の時点で未回収の費用です。

新規の契約の際に、保険会社に掛かる色々な費用は保険の掛け金に分散して組み込まれているため、中途解約となった場合には未回収の分を「解約控除」として計上します。

更に、この金額に契約年数、保険の種類そして保険会社によっても異なる払い戻し率を掛けることで、解約返戻金の金額が決まります。

3-2 生命保険の解約返戻金のランキング

生命保険には、「終身保険」、「定期保険」、「収入保障保険」などのタイプがあります。

その中で、「終身保険」を選ぶ際には、一生涯の死亡保障に加え老後の資金づくり、相続対策や学資保険のかわりに加入など、幅広い目的での加入を考えておられる方が多く、そして共通するのは貯蓄性に重きをおいていることです。

そこで重要になるのが、解約した際に払い込んだ掛け金に対して戻ってくる金額の割合(払い戻し率)です。

払い戻し率は公開されていない保険会社もあるため、あきらかになっている保険の中からのランキングです。

< 生命保険の払い戻し率(%)ランキング >

順位 保険会社&保険商品名 払い戻し率(参考値)
1 オリックス生命 終身保険RISE 116.5%
2 AIG富士生命 E-終身 115.5%
3 東京海上日動あんしん生命 長割り終身 112.9%
4 アフラック WAYS 107.8%
5 東京海上日動あんしん生命 長生き支援終身 102.0%

払い戻し率%(参考値)は、男性30歳、死亡保険金1000万円で払い込み満期後に解約した場合です。

いかがですか? 保険の契約時には慎重に考えることが本当に大切ですね。

もっと詳しく知りたい方は以下のリンクをご参照下さい。

生命保険の教科書

4.生命保険ってどうやって解約するの?

20140930220910

すこし話題を変えて、ここでは保険の解約のしかたなどをお話しします。

4-1 生命保険の解約のしかた

生命保険を解約する場合には、次の方法のどれかで解約手続きをすすめることになりますね。

① 生命保険の営業担当者に連絡する。

② 生命保険会社の本社窓口に連絡する。

③ 生命保険会社の営業所や支社に連絡する。

④ 保険代理店に連絡する。

4-1-1 保険の解約に必要なものは?

解約手続きに必要なものは次の通りです。

① 保険証券

② 印鑑

③ 身分証明書

④ 振込口座の通帳

保険会社によって必要なものは違ってきますので、事前に確認しておけば安心ですね。

4-1-2 解約手続きをスムースに進めるコツ

027-%e2%91%a0%e7%89%b9%e7%b4%84%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af

解約手続をする際、先に書きました「営業担当に連絡」、「営業所や支社の連絡」などの場合は解約を強引に慰留されたり面倒なやり取りで時間を取られるケースが多く、スムースに解約手続きを進めたいときは、生命保険会社のコールセンターへの電話連絡がおすすめです。

電話で解約の旨を伝え、後日送られてくる書類に記入して送り返せば解約です。

いずれにしても、解約の成立から返戻金の支払いには1週間ほどはかかりますので余裕をもって手続きをはじめましょう。

4-2 解約して良いケース、おすすめしないケース

生命保険を解約して良いケースと、おすすめできないケースをここで考えてみましょう。

4-2-1 生命保険を解約しても良いケース

本人の会社の都合、ケガや家族の介護などで退職せざるを得なくなるなど、収入が減ってしまうと、保険料の掛け金は家計の負担になり、生活に差しさわりがあるような時には迷わずに保険の見直しをしましょう。

保険は将来に向けての備えと考え、そのために今の生活を犠牲にするのは本末転倒で、保険の掛け金が払えないのなら解約して生活費に回しましょう。

また、積み立て型の生命保険などは、貯蓄としての意味も持っていますが、ライフステージの変化で貯蓄よりも保障に重点を移したいケースも出てきます。

積み立て型の保険は、掛け捨て型の保険と比べ保険の掛け金が割高になっていますので、積み立て型の保険を解約し新たに掛け捨て型の保険に加入するのも「あり」と思います。

4-2-2 解約はおすすめしないケース

17583700_s-300x200

積み立て型の保険の切り替えを考えているときには、保障内容がグレードアップしたり、掛け金が割り安になったりしても、今契約している保険の予定利率や返戻金の条件が良いケースでは解約は考え物です。

積み立て型の保険の加入は、保障以外にも貯蓄も目的の方がほとんどで、予定利率や返戻金などの条件が良い方が将来的には得になるケースも少なくありません。

新しく加入を検討している保険の条件を入念にチェックしてみて下さい。

更に、積み立て型の保険を契約していて、ほかに貯金や資産運用をしていない場合には中途解約により貯蓄が目減りしてしまうことが考えられます。

このケースでは、満期になるまでは、がんばって保険の掛け金を支払った方が、まとまったお金が手元に残る為いざというとき安心です。

保険の解約を考える理由の多くが「家計を助ける」ためなのですが、保険を解約せずに保険の掛け金を減らす方法もありますよ。

4-3 保険を解約せずに家計を助ける方法

先ほど、「解約が損になるときには、保険を解約せずに保険の掛け金を抑える方法もある」とお話ししました。

これは、大切な内容なので順を追って説明しておきます。

4-3-1 特約を解約して掛け金を節約

通常の生命保険の契約では、「入院特約」、「三大疾病特約」などの特約を付随させて保障を手厚くしていると思いますが、この特約の部分の掛け金も長い目で見ると大きな金額になってしまいます。

この特約部分を見直すことで、保険の掛け金を抑えながら現実に即した保障を残すことができます。

4-3-2 払い済み保険を利用して掛け金を節約

「払い済み保険」とは、今契約している終身保険や学資保険などを解約すること無しに、保険期間をそのままにしたままで掛け金の支払いを済ませてしまう事をいいます。

保険の掛け金の支払いを途中でやめてしまいますので、特約は解約となり保障内容は小さくなってしましますが、保険契約はそのまま継続されます。

後程詳しくお話ししますが、解約返戻金の支払い率は契約期間に応じて増えていきますので中途解約は損になるケースが多くなります。

この方法では、保障額は下がり特約も全て解約となってしまいますが、保険の掛け金の支払いは無くなり、その上に最小限の保障の契約は残ります。

4-3-3 契約者貸し付けでお金を借りる

一時的に保険の支払いなどが厳しくなったときには、保険会社の契約者貸し付けによって、まとまったお金を借りることができます。

この契約者貸し付けは、積み立て型の保険などの貯蓄性のある保険を契約していれば、そのときの解約返戻金の一定割合までの貸し付けを受けることができる制度で、利息は掛かりますが一定期間で収入が戻る見込みなら利用してみる価値はあります。

 

解約したときに受け取れる、返戻金の額と保険金の掛け金を天秤にかけ、得になる場合には利用しても良いでしょう。

4-4 生命保険解約トラブルを避けるには?

101a2dd408d50e84c8b4edc6c4a049a3

いざ保険を解約しようとすると、ちょっと億劫に感じることもありますよね。

そんなときは、長年お付き合いしてきた保険の販売員さんに解約をお願いして、お任せすることが多いかもしれませんね、でも解約のトラブルで一番多いのは販売員さんに解約をお任せした場合のようです。

保険の解約の手続きは、保険の販売員さんとっては、なんのメリットも無く、解約をお願いしてもしつこく慰留されたりして一向に手続きが進まなかったりということをよく聞きます。

ここで、保険の解約をお考えの皆さんによく理解しておいて頂きたいことは、保険の解約はやってもらうのではなく「解約は自分でやるもの」ということです。

今まで、色々と書いてきましたが解約と決めたら、ご自分の手で手続きを進める心づもりが大切で、直接保険会社のコールセンターへ連絡することが一番スムースに手続きが進みます。

なぜなら、保険会社のコールセンターの職員にとっては保険の解約の手続きも仕事の一部なで、事務的に進んでいきます。

コールセンター経由での手続きでの注意点は、送られてきた書類に不備無く記入することだけですね。

5.生命保険の解約返戻金って?

184102

ここは、首尾よく生命保険の契約を解約でき、解約返戻金が受け取れるようになった後のお話しです。

5-1 解約返戻金ってすぐに戻りますか

書類の不備や送付などに問題が無ければ、解約できてから1週間ほどで振り込まれるのが普通のようです。

ただ、現在はこのような事はないと思いますが、販売担当者経由で解約を申し込んだ際には「書類取り寄せに時間が必要」といった理由であからさまに解約処理を先送りされ、結局「返戻金を受け取ったのは1月後にもなってしまった」といった事例もあったようです。

1週間たっても振り込まれていなかったときは、一度担当者に確認してみましょう。

5-2 解約返戻金に税金など掛かりますか?

解約返戻金は、一時所得(保険契約者と返戻金の受取人が同じ場合)として課税の対象となっています。

この一時所得の金額は、受け取った解約返戻金の金額から、払い込んだ保険の掛け金の総額を差し引きし、さらに特別控除額の50万円を差し引いた金額の半分が一時所得の金額になります。

一時所得金額 = ( 解約返戻金 - 払い込んだ掛け金の合計 - 50万円 ) ÷ 2

この計算方法が決まっているため、解約返戻金が払い込んだ掛け金より少ないときや、多くても50万円を超えていないときのは税金は掛からないことになっています。

よほど長期間の契約を続けた、貯蓄型の保険でない限りは、解約返戻金で利益を得ることは少ないと思いますが、一度確認しておけば安心ですね。

6.生命保険の賢い解約方は?

2016-10-30_233011

 

最後に、生命保険の賢い解約方法やトラブルを防ぐ解約方法のまとめです。

6-1 生命保険の解約はタイミングも良く考えて

生命保険の解約返戻金は、契約期間が長ければ長いほどその支払い率は良くなってくるのが普通です。

ある保険会社の低解約返戻金型終身保険の場合、契約年数と払い戻し率の推移は次のようになります。

生命保険の契約条件:30歳男性、保険掛け金支払期間30年、終身保障(500万円)、低解約返戻期間30年

契約年数 年齢 払い込み掛け金額 解約返戻金額 払い戻し率
低解約

返戻期間

5年 35歳 554、400円 363、900円 65.6%
10年 40歳 1,108,800円 799、500円 72.1%
20年 50歳 2,217,600円 1、694、200円 76.3%
30年 60歳 3,326、400円 2,697、200円 81.0%
低解約返戻期間経過直後 3,326、400円 3、856,300円 115.9%
40年 70歳 3,326、400円 4,222、850円 126.9%
50年 80歳 3,326、400円 4、547、450円 136.7%

例に挙げたこの終身型の生命保険は、払い戻し率がトップクラスの保険ですが、それでも契約期間10年を超える前に解約してしまうと払い込んだ掛け金の30%くらいは損をする計算です。

それと、低解約返戻期間が設けられてる保険では、低解約返戻期間経過直後に払い戻し率が34.9%も上昇していて、もし解約するならこのタイミング以降がおすすめですね。

また、外貨建ての生命保険の場合には、契約したときの為替レートによって解約返戻金の金額が変わっていきますので、貯蓄が目的の場合はそのまま寝かせておくことが良い場合が多いですが、収入と支出のバランスから保険を見直す際には為替レートにも注意が必要です。

例に挙げたように終身保険や学資保険などのように、長期に渡って契約を続けることが前提の保険を契約する時は、解約したときの返戻金の払い戻し率と契約期間の関係のチェックは絶対必要です。

6-2 トラブルを避け、損のない生命保険の解約方は?

2016-10-30_232635

本稿のテーマ、「トラブルを避け、損をしない賢い解約方」のまとめです。

6-2-1 解約は「自分でやるもの」ということをしっかり意識する

保険の販売担当者にお願いするよりも、「自分で動く」意識でとりくみましょう。

6-2-2 解約の手続きは生命保険会社のコールセンターを利用する

過去には保険の販売員に解約を申し込むと「執拗に慰留を受ける」、「解約までに無駄に時間が掛かる」といったケースもあったようですが、生命保険会社が設けているコールセンターを利用すれば、一旦は慰留されるかもしれませんが解約の意志を明確にすれば手続きは比較的スムースに進みます。

保険の販売員のケースとは異なり、生命保険の解約手続きもコールセンターの立派な業務の一部です。

6-2-3 生命保険の解約は慎重に

「生命保険の切り替え」での解約のケースでは、新しく契約しようとする保険の目先の保険料や保障内容だけでなく、契約期間と返戻金の払い戻し率の関係などもしっかり調べ、解約を考えている保険と条件を比較しましょう。

「家計の助けとするため」などでの生命保険解約のケースでは、保険契約を全て解約せずとも、保険の掛け金を抑えたり無くすこともでき、またまとまったお金を保険会社から借りることもできます。

低解約返戻期間を設けた生命保険の場合には、「もう少し我慢して待てば解約返戻金の金額が大きく違った!」などと後悔しないよう、解約のタイミングも重要ですね。

7.まとめ

yjimage

「トラブルを避け、損をしない賢い生命保険の解約方法」に関する記事はいかがでしたでしょうか?

この記事を執筆しながら、筆者が思ったことは、「損をせずに生命保険を解約するには、その保険を契約するときに条件をよく考えておく事。」です。

確かに長い人生の内には、どんなことがあるか分かりませんし、そんなときには「将来のために備える保険」より「今の生活を維持」を優先して積極的に契約している生命保険を見直すことは「あり」ですけれどね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る