通院保障ってなに!?通院保障を5つのポイントで解りやすく解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

医療保険やがん保険には必ず付いている保障と言える通院保障ですが、そんな通院保障でも、「通院保障ってどんな保障なの?」「通院保障って本当に必要なの?」「通院保障ってどんな通院でも給付金を受け取れるの?」など、様々な疑問があると思います。

そこで、この記事では、通院保障の基本的なところから、医療保険とがん保険での通院保障の違いなどから、傷害保険など通院と名前の付く保障があるモノすべてを解説していきます。

また、おすすめの商品などもその理由も含めて紹介していきますので、この記事を読んで何となくで、保険を選ぶのではなく、しっかりと通院に関する費用や公的な制度なども覚えて、通院保障が本当に必要なのかを判断できるようになってください。

そして、自分に合った保険を選べるようになりましょう。

目次

1.通院保障とは

1.1どのような保障

1.2給付条件

1.3公的制度

2.医療保険の通院保障とは

2.1医療保険の通院保障とは

2.2商品別の給付条件

2.3がん保険との違い

3.がん保険の通院保障

3.1がん保険の通院保障とは

3.2商品別の給付条件

3.3医療保険との違い

4.保険の選び方

4.1医療保険の場合

4.2がん保険の場合

4.3女性の場合

5.傷害保険の通院補償

5.1傷害保険の通院とは

5.2給付条件

5.3生命保険との違い

6.通院保障の必要性

6.1通院保障の必要性

6.2基本保障と特約

7.おすすめの商品

7.1オリックス生命(新CURE)

7.2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(新・健康のお守り)

7.3アフラック(ちゃんと備える医療保険EVRE)

7.4オリックス生命(Believe)

7.5アフラック(生きるためのがん保険Days1)

8.まとめ

1.通院保障とは

それでは、まず基本的な通院保障について解説していきます。

通院保障とはどのような保障なのか、そして給付条件はどのような場合なのか、そして公的制度も解説しますので、基本的なところから理解していきましょう。

1.1どのような保障

通院保障とは、どのような保障なのかと聞かれたら、多くの方は病気やケガで通院した時の保障でしょ?と言われると思いますが、その通りで通院に関しての保障となっています。

そして、医療保険とがん保険と傷害保険にそれぞれ通院に対する保障・補償と言うモノがありますが、それぞれに給付事由や給付条件は違います。

同じ通院保障でも、商品によってはその支払事由が異なりますので、しっかりと覚えておきましょう。

1.2給付条件

通院保障の給付条件の多くは、医療保険では退院後の通院や、入院を前提する通院に関して給付金が支払われます。

また、がん保険でも、退院後の通院や、がん治療を目的とする通院に関して給付金が支払われます。

この様に、通院保障と言っても、単なる風邪で近所の病院に通院したから給付金が貰えるわけではなく、入院前の検査や退院後に治療が続くなどの場合に給付される保障です。

1.3公的制度

通院に関しての公的制度と言えば、国民健康保険などの医療費補助が真っ先に浮かぶと思います。

この健康保険制度は、病気の治療を自己負担3割の費用で受けられる制度です。

所得や年齢によってはこの割合が1割になったり無料になったりもしますが、健康保険に加入している方であれば、3割で治療を受けることが出来るという事です。

また、この健康保険には高額療養費制度と言うモノがあり、1ヶ月(同月内)の治療費の上限が決まっており、一般的な収入な方であれば約9万円が上限額になります。

医療保険やがん保険を検討するときは、事前にどのような公的制度があるのかをしっかりと把握しておくようにしましょう。

 

2.医療保険の通院保障とは

通院の保障と言えば、医療保険だと思う方も多いと思いますので、ここでは医療保険に関する通院保障について確認していきましょう。

医療保険の通院保障とは一体どんな保障なのか、その基本的なところと支払い条件やがん保険などとの違いなどをしっかりと理解しておくことで、万が一の時に「そんなはずじゃなかった!」とならないようにしましょう。

2.1医療保険の通院保障とは

医療保険における通院保障と言うのは、基本的には下記のようになります。

・入院を伴う通院

・退院後の通院

・入院前の検査等の通院

基本的な通院保障の内容はこの様になっています。

よく、風邪をひいて近所の内科に通院したけど、これは対象にならないの?と言う方や、歯医者に通院しているのだけれど、これは対象にならないの?と言う方がいらっしゃいますが、これらは対象にならないケースが大半です。

稀に、医療費の3割負担分を保障しますと言う商品がありますが、一般的な医療保険に付加されている通院保障では保障対象外となります。

これは、医療保険の基本的な考え方である、病気やケガでの入院に対する保障という事が最大の理由であり、また近年では入院日数が減少傾向という事もあり、入院前後の通院に限り保障の幅を増やしましょうと言う考え方での通院保障なのです。

そのため、医療保険の通院に関しては、対象になる通院と言うモノが存在するという事を覚えておきましょう。

2.2商品別の給付条件

先ほど、医療保険に付加されている通院保障には支払いの対象となる通院の条件があると説明しましたが、保険商品によってこの条件は少しずつ異なります。

同じ通院保障だから、どの保険会社のどの保険商品でも同じでしょ?と思ったら大間違いなのです。

一般的に多いのは、「手術を伴う入院後の通院に限る」と言うモノになります。

この中でも日帰りの入院でも良い場合もあれば、1泊以上の入院でなければいけないモノなど細かく分かれますが、ここでは、ひとまとめにしておきます。

この手術を伴う入院と言うのは、いちばんオーソドックスな形となるので、想像しやすい形であると言いえますね。

これ以外にも、「入院前後の通院」と規定の保険商品もあります。

これは、入院前に検査等で通院をした場合にも日額○○円の保障をしますと言うモノであり、アフラックなどの商品はこの保障に分類されます。

これも、検査内容などによって対象になる・ならないと言うモノがありますので、事前に保険会社に確認を取っておくことが良いでしょう。

多くの場合は、この2つになりますので、しっかりと覚えておきましょう。

2.3がん保険との違い

がん保険のパートでも書きますが、がん保険にも通院保障があります。

しかし、その対象となる定義が異なる場合が多いので、しっかりと理解しておきましょう。

医療保険の基本的な考え方は、入院に対する保障と書きましたが、がん保険は治療を優先する保険と言って良い商品ですので、がん保険の通院と言うのは「入院を伴わない通院」でも補償の対象となることが多いです。

医療保険とがん保険とでは、対象となる通院の定義が異なりますので、注意が必要です。

がん保険と同じだとは思わないでください。

 

3.がん保険の通院保障

がん保険にも通院の保障がありますが、その基本的なところや対象条件などを、ここでは見て行きましょう。

医療保険との違いや、がんと言う病気に特化した保険であるが故に、医療保険とは異なった考え方などもしっかりと理解していきましょう。

3.1がん保険の通院保障とは

がん保険の通院保障とは、基本的に治療を目的とした通院に対する保障と言えます。

がん治療に関しては、その技術は日進月歩進歩していますので、治療方法や治療期間も大きく進化しています。

そのため、以前は手術を行い、腫瘍を摘出し何か月も入院をしなければいけなかったモノが、放射線や化学療法などを並行した治療など、入院を必要としないケースも出てきています。

がん保険も治療内容などに合わせるために、進化していますので、近年では入院よりも通院の保障に力を入れている会社も多くなってきています。

また、保険商品によっては、支払条件なども少しずつ変わっているのでその辺りは次の章で説明していきましょう。

3.2商品別の給付条件

がん保険の通院保障の対象になるのは、入院後の通院だけではなく、治療を目的とした通院であれば入院の有無を問わないと言うのが主流となってきています。

これは、がんの治療方法には三大療法と言われる、手術・放射線・化学療法と言われる3つの治療方法があり、抗がん剤治療と放射線治療を組み合われるような治療が望ましい場合には、手術を行わず、また入院もしない治療になるケースがあるからなのです。

その場合に、少し前のがん保険であれば給付金が下りないという事も考えられるのです。

また、保険商品によっては、通院に重きを置かずに一時金として支払う保険商品など、がん保険の保障内容も大きく変わってきていますので、その辺りもしっかりと覚えておきましょう。

3.3医療保険との違い

医療保険のパートでも書きましたが、同じ通院保障でも保険商品によってその対象が大きく変わってきます。

医療保険では入院前後の通院などの縛りがありますが、がん保険には無いケースが多いです。

それは、基本的な考え方と、治療方法や対象となる病気の違いなど多くの違いがあります。

医療保険でも、がんと言う病気は対象になりますが、がん治療に関して通院となった時に、医療保険での通院では保険の対象にならないケースがあると言うのは覚えておきましょう。

医療保険とがん保険は、似ているようで大きな違いがある商品なのです。

 

4.保険の選び方

医療保険と、がん保険での通院保障の違いを見てきましたので、ここからはどのような保険を選べば良いのかを解説していきましょう。

それぞれに考え方が違うのと、人によっても何を重要視するのかは違いますので、自分にはどのような商品があっているのかを把握してきましょう。

4.1医療保険の場合

医療保険の選び方にも様々な考え方があります。

入院日数や日額の設定から特約の有無など、様々な事を言われると思いますが、ここでは通院保障に特化して見て行こうと思います。

第2章でも言いましたが、医療保険には医療保険の基本的な考え方がありますので、通院保障も商品によってその特性が変わってきます。

当たり前のことではありますが、保障は手厚い方がありがたいという事で、入院前後の通院保障がある保険を選ぶ方は多いです。

しかし、それだけに目が行ってしまうと、そこ以外の保障内容が自分の希望に沿わないという事合有ります。

そこで、保障内容だけではなく、実際に病気に罹った時に一番費用が掛かるモノは何かを考えましょう。

それは、手術と入院になります。んほけん

しかし、公的制度でも説明しましたが、同月内の治療費(入院治療・手術費)に関しては、高額療養費制度が適応されるため、一般的な収入の方であれば、約9万円で治療費は賄えます。

そこで、次に通院に関して考えると、通院にどれだけの費用が掛かるでしょうか。

交通費と治療費と合わせても数千円程度ではないでしょうか。

治療費に関しても健康保険対象の治療であれば3割負担であり、余程自宅等から離れた病院に行かない限り、交通費も掛からないでしょう。

また、通院する頻度になりますが、入院前の検査等での通院になると頻度は高くなる傾向になりますので、通院保障が必要なのであれば、入院前後の通院を保障してくれる保険商品の方が良いと言えます。

退院後の通院を保障してくれる保険では、入院前の通院に関しての保障は無く、退院後の保障となりますが、退院後の通院に関しては経過観察などになるため、頻度は低くなる可能性があるという事です。

そのことから、選ぶのであれば入院前後を保障してくれる保険が良いと言えるでしょう。

4.2がん保険の場合

がん保険の場合は、通院治療も多くなってきています。

また、治療方法も多様化するなかで、がん保険の保険内容も多様化しています。

従来のように入院・通院・一時金などバランスのとれた保険商品もあれば、一時金に特化した保険や、通院に特化した保険もあります。

そのため、どんな治療方法にも備えられるバランスのとれた商品を選ぶ人も多いですが、その中でも、通院に関して「退院後の通院」と言う縛りのある保険もあります。

バランス型を選ぶのであれば、この通院保障に関しては「入院」や「退院後」と言う縛りのない通院保障が付いている商品を選ぶようにしましょう。

また、通院特化型や一時金型の保険でも通院に関しての条件がある保険もありますので、その辺りはしっかりと注意して確認するようにしましょう。

がん保険の場合には、通院治療を行なう場合も大いにありますので、「こんなはずじゃなかった」とならないようにしましょう。

4.3女性の場合

女性の保険選びに関してですが、女性には女性用の医療保険やがん保険がありますが、これは女性特有の病気を手厚く保障してくれる商品と言えます。

一般的な医療保険では、補償面が少し心配だと感じるのであれば、保険料との相談になりますが女性向けの医療保険やがん保険を選択するのもアリでしょう。

また、女性の医療保険への加入に関して多い質問には、妊娠中の医療保険への加入に関してと、言うモノが多く見受けられますが、告知項目にもあるように妊娠中は医療保険への加入に関して条件が付く場合が多いです。

妊娠は病気ではないのですが、様々なリスクが考えられるからという事です。

また、通常分娩ではなく帝王切開などは医療行為になるので、医療保険の対象となってきます。

そのため、妊娠中に医療保険に加入すると、出産に関する条件が付く場合があるので、出来る限り妊娠する前に医療保険への加入を考えておいた方が良いと言えるでしょう。

 

5.傷害保険の通院補償

これまでは、生命保険の管轄である医療保険・がん保険の通院保障に関して見てきましたが、同じ通院でも、損害保険の管轄する傷害保険でも通院に関する補償があるのです。

ここでは、傷害保険の通院補償に関して、基本的なところから給付条件、生命保険との違いなどを見て行きましょう。

5.1傷害保険の通院とは

傷害保険の通院補償とは、医療保険やがん保険とは違った内容になっています。

そもそも、医療保険やがん保険とは違い、傷害保険は損害保険の分野になるので、病気に対する保障ではないのです。

それでは、傷害保険の通院とはどのような補償なのかと言うと、ケガに対する入院・通院を補償してくれる保険なのです。

これだけ言うと、医療保険と同じではないか?と思う方も居ると思いますが、ケガに対する保険と言う面では同じと思ってもらっても構いません。

そのため、傷害保険に加入する方と言うのは少ないと言うのが現状だと言えます。

しかし、通院が長引くケースというのは、病気よりもケガが原因と言うモノが大半であり、医療保険の通院は病気の治療に関してというのが大前提であるため、ケガでの通院に関しての保障と言う面では少し物足らない保障と言えるのです。

そのため、ケガに対する補償として傷害保険に加入するのです。

5.2給付条件

それでは、傷害保険の通院補償と言うモノは、どのような条件で支払われるのかと言うのを説明していきましょう。

傷害保険はケガに対する入院・通院を補償する保険と言いましたが、支払条件は偶然かつ外来からの突発的な要因でのケガが対象となります。

解りやすく言うと、「階段から落ちて足を骨折してしまった」や「スポーツをしていてケガをした」のような、一般的なケガに対する通院治療が補償の対象になります。

そのため、腱鞘炎(けんしょうえん)などは突発的なケガではないので、対象外になることがあります。

また、筆者は過去に海のレジャーに行った際に、海に飛び込み鼓膜を破った事がありますが、これは傷害保険の対象になるケガに該当します。

また、保険商品によっては無事故ならキャッシュバックがあるような商品があるため、通院日数によっては保険金の請求をしない方がお得なケースもあります。

5.3生命保険との違い

先ほども書きましたが、生命保険の医療保険やがん保険と傷害保険は大きくその特性が異なります。

簡単に言うと、病気に備えるのが、医療保険やがん保険であり、ケガに備えるモノが傷害保険という事です。

そのため、同じ通院保障・補償とってもその特性が異なるために、医療保険では充分な保障を受けることが出来なかったり、逆に、傷害保険では充分な補償を受けるけることが出来ないと言ったこともあり得ます。

金銭的な余裕などがある場合は、医療保険やがん保険と共に傷害保険に加入する事も考えてみてください。

基本的には掛け捨ての保険になりますので、年間数千円程度の保険ですので、比較的健闘しやすい保険と言えるでしょう。

 

6.通院保障の必要性

様々な通院保障を見てきましたが、通院保障って本当に必要なのか?と思う方も居るのではないでしょうか。

そこで、ここでは通院保障の必要性やその他の特約や基本保障との関係なども含めて解説していきたいと思います。

6.1通院保障の必要性

医療保険とがん保険と傷害保険に通院保障・補償があるのは説明しましたが、実際に必要なのかと言われると、それは人それぞれの考え方次第となってしまいます。

これを言ってしまうと、元も子もないのですが、先の事は誰にもわからないという事なのです。

医療保険に通院保障があるけれども、病気をしないと言う方も居るかもしれないし、病気をしても入院だけで完治したと言う方や、退院後の通院に関しても経過観察など治療による通院をしなかったと言う人もいるでしょう。

また、がん保険に関しても、手術療法で完治したと言う人もいれば、放射線や抗がん剤のような化学療法で通院がメインで治療をする人もいるでしょう。

それに、傷害保険に加入してもケガをする事も無いと言う人もいるでしょう。

その事から、本当に必要なのか?と言う質問に対しては、リスクの説明は出来ますが、必要性を感じるか感じないかだけなのです。

転ばぬ先の杖が欲しいのであれば、入院前後の通院保障を用意すれば良い事ですし、通院保障の付いたがん保険を選べば良いと言うだけの事です。

リスクを理解していないのに、「なんだか保障が手厚そうだから付けておく」や「保険料が高いから要らない」と言うような考え方であれば危険ですが、しっかりとリスクを知って必要だと思えば準備をする、不要だと思ったら、自分に必要な保障・補償を準備すると言うだけの事なのです。

6.2基本保障と特約

医療保険やがん保険に関しては、通院保障が基本保障になっている商品と特約になっている商品と混在しています。

基本保障となっている保険商品に関しては、不要だから外すという事も出来なくなっていますので、これだけは覚えておいてください。

また、通院保障だけではなく保険を選ぶ際には、基本保障がどのような保障なのかをしっかりと理解しておく必要があります。

基本保障に通院保障があり、特約に3大疾病の場合は追加で保障しますと言う特約や、支払額を多くしますと言った特約もあります。

通院保障が必要だと思うのであれば、基本保障で賄えるのか、またそれよりももう少し手厚くしたいのかをしっかりと理解しておくことが必要でしょう。

 

7.おすすめの商品

ここでは、医療保険とがん保険を2商品ずつ紹介していきます。

それぞれに特徴がある商品であり、また人気のある商品となっていますので、より検索されやすい商品となっています。

それぞれの特徴を知ったうえで、自分に合った商品を見つけましょう。

7.1オリックス生命(新CURE)

オリックス生命の医療保険である「新CURE」ですが、医療保険としての評価は非常に高い商品と言えるでしょう。

それは、バランスのとれた保障でありながら、保険料が安いと言うのが評価されている保険商品と言えるので、そのコストパフォーマンスが支持されている保険商品です。

この、「新CURE」には、基本保障で通院保障は付いていなく、特約でのセットとなりますが、この通院はがん治療を目的とする通院となるため、その他の病気での通院の保障はありません。

がんにも幅広く備えたい人には良いかもしれません。

7.2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(新・健康のお守り)

この保険は、オリックス生命の新CUREの対抗商品として、人気のある商品の一つです。

基本保障や保険料では、新CUREと同等の内容でありコストパフォーマンスも良い商品でありますが、通院保障に関しては少し違いがあります。

がん治療に関する通院保障しかない、オリックス生命の新CUREと違い、新・健康のお守りは、「病気やケガでの入院後の通院を保障します」と言う特約になっています。

また、がん治療の外来治療に関しても特約でラインナップしていますので、がん治療も備えたいと言う人には選択肢が多くて良いでしょう。

ただ、この保険の通院保障も特約になっていますので、必要だと思ったら「医療用通院特約」と付けましょう。

また、給付対象は「退院後の通院」となっていますので、これもしっかりと把握しておきましょう。

7.3アフラック(ちゃんと備える医療保険EVRE)

 

がん保険で有名なアフラックですが、医療保険の評判も決して低いわけではありません。

アフラックの医療保険EVERの通院保障は、基本保障の一つになりますが、通院保障あり・なしの2つのプランがありますので、特約のような感覚で不要であれば、通院保障なしのプランを選んでください。

また、アフラックの通院保障は、入院前後の通院に関しての保障になりますので、上記の2つの保険商品と違い、通院に関して手厚い保障となっています。

上記の3つの保険をまとめておきましょう

商品名 通院保障の内容 給付対象

オリックス生命

(新CURE)

がん治療を目的とする通院

(がん通院給付金)

・がん治療の為の入院をし、退院後1年以内の通院

・抗がん剤、放射線、温熱療法の為の通院

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

(新・健康のお守り)

病気やケガでの入院し、退院後の通院した場合

(医療用通院特約)

・病気やケガでの入院し、退院してから180日以内の通院

アフラック

(ちゃんと備える医療保険EVRE)

病気やケガでの入院前後の通院

(疾病・災害通院給付金)

・病気やケガでの入院前後の通院(入院前60日・退院後120日の間の30日までの通院)

7.4オリックス生命(Believe)

オリックス生命のがん保険である、Believeですが、入院・通院・一時金などバランスのとれた保険です。

そのBelieveの通院保障は、医療保険の通院条件と同じで、がん治療の為の入院後の通院と治療による通院が保障対象になります。

がん保険の通院保障としては、少し内容が古くは無いっていますが、問題ないと言えます。

しかし、気を付けておきたいのは、抗がん剤治療や温熱治療や放射線治療以外の通院に関しての保障がどうなのかと言うのを注意しなければいけません。

7.5アフラック(生きるためのがん保険Days1)

アフラックと言えばがん保険と言われるほど、契約者数が多く、がん保険のパイオニア的な保険会社です。

アフラックのがん保険は、ここ数年で改定が多く商品内容がよく改善されています。

現在販売されている「生きるためのがん保険Days1」も、新商品として販売されていますが生きるためのがん保険Daysの改良版だと思ってください。

また、アフラックのがん保険の通院保障に関しては、「入院し退院後の通院」と言う縛りは無く、悪性新生物(がん)・上皮内新生物(軽度のがん)の治療に関する通院であれば補償してくれると言う内容になっています。

また、通院保障はオリックス生命も同じですが、特約ではなく基本保障の一つとなっています。

そして、アフラックと同じような入院・退院と言う縛りが無いのは、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のがん保険である「勇気のお守り」も同じような内容になっています。

上記の2つの商品をまとめておきましょう

商品名 通院保障の内容 給付対象

オリックス生命

(Believe)

がん治療を目的とする通院

(がん通院給付金)

・がん治療の為の入院をし、退院後1年以内の通院

・抗がん剤、放射線、温熱療法の為の通院

アフラック

(生きるためのがん保険Days1)

がん治療を目的とする通院

(通院給付金)

・抗がん剤、放射線、温熱療法の為の通院

・通院中※の通院

※がんと診断された日から365日間を通院期間とする

 

8.まとめ

通院保障と一言で言っても、医療保険の通院保障なのか、がん保険の通院保障なのか、傷害保険の通院補償なのか、保険にはいくつもの通院保障・補償が存在します。

それぞれに特徴があり、必要性や需要があるからこそ、基本保障や特約として各保険商品にラインナップされています。

必要性を感じるか感じないかは人それぞれですが、先ほども言ったように、リスクをしっかりと把握して、自分がどの様に備えたいのかを考えることで、選ぶ商品や保障は変わってきます。

医療保険では通院保障はそこまで重要視されていませんが、がん保険では通院保障と言うのは入院保障よりも重要視されている保障とも言えます。

そこをしっかりと理解して、どのようなリスクをどのような保険で準備をするのか、また保険ではなく貯蓄をして万が一に備えるのかは、ご自身で判断してください。

最後になりますが、決めるのは保険屋さんでも誰でもなく、この記事を読んでいるあなたなのです。

そして、保険は様々リスクに備えることが出来ますが、決して万能なモノではありません。

このリスクには、この保険と自分で解るようになれば、怖いモノなんてありません。

この記事を読んで、少しでも保険に強くなってもらえればと思います。

A

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る