収入保障保険とは?人気の収入保障保険5選を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
141115561576-thumb-autox1600-19461

ケガや病気で働けなくなってしまったら・・・と考えるだけでぞっとする不安がありませんか。それは働けなくなるとお金が入ってこないイコール生活できないということからそのような不安になっています。

生命保険にはほとんどの人が加入していると思いますが、収入保障保険に加入している人はどのくらいいるでしょうか。あまり馴染みのない保険商品かもしれませんが、加入していると万が一の時に困らなくて済むようになります。

残された家族が路頭に迷わないように加入を検討してみてください。このサイトでは。様々な生命保険会社の販売している収入保障保険をランキング形式で紹介させていただきます。

また、収入保障保険のメリットやデメリット、公的保障でどのくらいまかなえるかも紹介していきますので、収入保障保険に加入する前は是非ご覧ください。

目次

1.収入保障保険とは?

1.1概要

1.2保障を使える場面

2.生命保険とは違うの?

2.1定期保険

2.2収入保障保険

3.そもそも収入保障保険って必要なの?

4.収入保障保険のメリット・デメリット

5.保険に関する税金

5.1一般の生命保険料控除

5.2介護医療保険料控除

5.3個人年金保険料控除

5.4保険料控除の計算方法

6.働けなくなった時の公的保障

6.1亡くなってしまった場合

6.2高度障害に練ってしまった場合

7.人気の収入保障保険5選

8.まとめ

 

収入保障保険とは?1

1.1概要

収入保障保険とはどのような保険商品なのでしょうか。

デジタル大辞泉によると次のように定義されています。

被保険者が死亡または高度障害状態になったとき、受取人が契約で保障された給付金を一時金ではなく定期的に分割して受け取る保険。

出典:デジタル大辞泉https://kotobank.jp/word/%E5%8F%8E%E5%85%A5%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E4%BF%9D%E9%99%BA-527455#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89

ということは、万が一亡くなってしまった時や高度な障害で働けなくなってしまった場合に、お給料と同じように保険会社からお金を給付金として毎月もらうことができる保険商品ということになります。

保険の種類によっては、60歳や65歳までの期間、決まった額の給付金をもらえることができます。

その場合、年齢を重ねるごとに保険期間が短くなる事で、保険料が安くなります。

専業主婦である家庭や子どものいる家庭には、一家の大黒柱である夫が万が一の時に収入源を確保できるのでおすすめできる保険商品です。

1.2保障が使える場面

2

1.1概要でもお伝えした通り、収入保障保険の保障が降りる時は被保険者が死亡・または高度障害になった時です。

保障が使える場面は一般の生命保険、いわゆる死亡保障と似ています。

異なっている点をあえて挙げるのであれば、保険金を一括で受け取るか毎月受け取るかという違いになります。

一括で保険金を受け取ってしまうと将来に向けて貯金しながら生活をしなくてはいけません。

しかし、毎月受け取る収入保障保険だと将来を気にしながらお金を使うということは、少なからず、一括で受け取るよりも精神的に楽になります。

2.生命保険とは違うの?

では、通常の生命保険と収入保障保険はなにがどう違うのでしょうか。

一般的に生命保険といわれる、定期保険を例に見ていきたいと思います。

2.1定期保険

定期保険とは、更新のある生命保険であり、その保険期間は、ほとんどの場合10年になっており、10年すぎると自動的に更新され、保険料が更新するたびに高くなってしまいます。

万が一、被保険者が亡くなってしまった時や高度障害になってしまうと、その時点で保険金を一括で受け取ることができます。

2.2収入保障保険

収入保障保険とは、「1.収入保障保険とは?」でもお話させていただいた通り、被保険者が亡くなってしまった時や高度障害になってしまった時に保険金が一括で受取るのではなく、分割して月額20万円のように受け取る保険です。

だいたいの収入保障保険は、年齢が高くなるにつれて保険料が安くなっていく仕組みをとっています。

それは、働いている現役の世代、65歳くらいまでの人を対象とした保険であるからです。

そのため、保険期間も60歳または65歳に設定されている事から、現役世代でバリバリ働いていた人が突然亡くなってしまった時や、高度障害になってしまった時に備える保険商品なのです。

3.そもそも収入保障保険は必要なの?

3

収入保障保険のことや生命保険との違いについて説明させていただきましたが、そもそも収入保障保険は必要なのでしょうか。

収入保障保険は、先ほども述べさせてもらった通り、60歳または65歳までの収入を保証する保険商品です。

万が一、現役世代で大切な家族を残して死亡するようなことがあったら…一家の大黒柱がいなくなったら家族は路頭に迷うのではないか…といった不安があると思います。

この不安を払拭するために、子どもが生まれたばかりの家庭や子どもが2人以上いる家庭などは加入を検討した方がいいでしょう。

4.収入保障保険のメリット・デメリット

4

収入保障保険に加入することでどのようなメリットやデメリットが生まれるのでしょうか。

考えられるメリット・デメリットは次のようになります。

メリット

  • 保険料が安く抑えられる
  • 保険金が分割して受け取れるため、長期間受け取ることができる
  • 保険金に不要な部分が少なく、合理的である

メリットはこのようなことを挙げることができます。

メリットの1つ目は、「保険料が安く抑えられる」という点です。

収入保障保険は、受け取ることのできる保険金の割には保険料が安くなっています。

また、定期保険のように更新期間が定められていないので、10年ごとに保険料があがってしまうという不安もなくなります。

収入保障保険を販売している保険会社によっては、5年ごとに保険料が安くなっていくタイプの収入保障保険も販売されており、家計を圧迫せずに加入することができます。

メリットの2つ目は、「保険金が分割して受け取れるため、長期間受け取ることができる」という点です。

収入保障保険では、加入した時に60歳または65歳までという契約期間を先に決めてしまいます。

これは、万が一亡くなってしまった場合や、高度障害になってしまった場合に60歳または65歳まで毎月給付金を支払いますというものになります。

そのため、例えば30歳で亡くなってしまった場合、契約期間が60歳までだったときは30年間、65歳までの契約期間だった場合は35年間という風に、毎月給付金が保険会社から支払われるということになります。

定期保険に加入している場合は、亡くなってしまった場合や高度障害になってしまった場合に一括して保険金が支払われます。

そのため、子育て世代である現役で働いている家庭の大黒柱が亡くなってしまった時は将来への不安があるかもしれません。

その点、収入保障保険は毎月給付金が振り込まれるため、お金の面での不安は軽くなるということがあります。

メリットの3つ目は、「保険金に不要な部分が少なく、合理的である」という点です。

収入保障保険は働いているであろう期間までの保険契約で締結する保険商品です。

そのため、保険金部分には無駄がなくなり無駄な保険料を払う必要がなくなります。

また、収入保障保険を販売している生命保険会社によっては5年や10年ごとに保険料が割引されていく保険商品もあるので、年齢が上がるにつれて保険料が上がる心配なく安心です。

例えば30歳で亡くなってしまった場合と50歳で亡くなってしまった場合を比べても給付金が受け取れる期間が全然違ってきますので、年齢が上がるにつれて保険料が割引されるというこの保険はとても合理的で安心できる保険がといえます。

デメリット

  • 保険料は掛け捨てがほとんどである
  • 基本的に一時金でまとめて受け取ることができない
  • 税金がかかってしまう場合がある

デメリットはこのようなことが挙げることができます。

デメリットの1つ目は、「保険料は掛け捨てがほとんどである」という点です。収入保障保険には、掛け捨て型の保険商品しかありません。

そのため、保険料を支払いながらお金を貯めようという貯蓄性のない保険商品となっています。

終身保険のような貯蓄性のない保険商品だということを頭に入れておきたいですね。

掛け捨ての保険商品になるため、収入保障保険を使わないとそれまで支払っていた保険料が無駄になってしまいます。

なので、掛け捨て保険に抵抗のある人は加入するのをよく考えた方がよい商品になっています。

デメリットの2つ目は、「基本的に一時金で受け取ることができない」という点です。

収入保障保険の給付金は、一時金で受け取ることが出来ません。

そのため、一時金で給付金が欲しかったという人には向かない保険商品になっています。

収入保障保険はあくまで、60歳または65歳まで元気に働いていたらという仮定で収入を保障する保険になっているため、万が一の時に一時金が欲しいという人は、定期保険などを検討して加入するようにしましょう。

デメリットの3つ目は、「税金がかかってしまう場合がある」という点です。

通常の生命保険だと受取る際は一時金で受け取るため、かかる税金は「相続税」のみです。

その相続税も死亡保険金で相続する場合、法定相続人1人に対して500万円の非課税枠が適用されます。

そのため、法定相続人が3人だった場合には1,500万円の非課税枠があることになります。

死亡保険金を法定相続人の非課税枠の中に納めておけば、生命保険に対する相続税は払わなくても良くなります。

それでは、収入保障保険はどうでしょう。

1回目の保険金を受取るには、死亡保険金と同じく「相続税」がかかります。

また、法定相続人×500万円の生命保険に対する非課税枠も使用ができるため、ほとんどの場合相続税はかかることはありません。

問題は次の年から起こります。

翌年以降、年金形式で収入保障保険の保険金を受け取っていると、「所得税」の課税対象になってしまいます。

そのため、月額20万円の保険金を契約していても実際には20万円を受け取れないということになります。

所得税は2017年1月現在、5%から45%の7区分と課税される所得金額によって税率が決められているため、実際に何%というものが出せませんが、所得税が翌年以降かかってくるということを頭に入れておきましょう。

5.保険に関する税金

5

生命保険に加入して、保険料を支払っている間は所得税・住民税の所得控除があります。

控除される額は、平成24年1月1日以降に締結した保険契約と平成23年12月31日までに締結した保険契約で違いがあります。

この章では、平成24年1月1日以降と平成23年12月31日以前の生命保険料控除について説明していきます。

5.1一般の生命保険料控除

一般の生命保険料控除が適用される生命保険の商品は、名前のとおり一般的な生命保険契約のものです。民間の生命保険会社の保険やJAなどの共済もこれに含まれます。

5.2介護医療保険料控除

介護医療保険料控除は、平成24年1月1日以降に締結された生命保険契約に新たに適用になりました。

この保険料控除が適用になる生命保険契約は、医療費に対して保険金が支払われる保険や簡易保険契約が対象となります。

しかし、傷害保険や貯蓄性のある終身保険などはこの介護医療保険料控除の対象とはならないので注意が必要です。

5.3個人年金保険料控除

個人年金保険料控除は、個人年金保険に契約している人が控除される対象になります。

しかし、全ての個人年金保険には適応されず、年金を受け取るまでに10年以上保険料を定期的に支払う契約であることや、年金を受け取るのは原則60歳以上になってからなどの要件があるので注意が必要です。

5.4保険料控除の計算方法

ではどのように所得控除額を計算するのでしょうか。

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る