逓減率とは?知っていると得する逓減率がある生命保険の選び方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

生命保険を探していると、『逓減率』という言葉が出てきたことはないでしょうか。

これは『ていげんりつ』と読むのですが、普段目にする言葉ではないため、どのような意味を持っているのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そして、生命保険という複雑な商品を探しているときに、さらに難解な言葉が出てきたとなると、混乱してしまうのではないでしょうか。

でも、もう大丈夫です。この記事では、そんな『逓減率』がかかわってくる生命保険、逓減定期保険について詳しく解説します。

また、逓減定期保険とよく比較されている収入保障保険との違いや、どちらに入るのが得なのかなどを徹底解説します。

この記事を読んで、逓減率という言葉の疑問を解消し、あなたにとってより最適な保険を選ぶための力になると思います。

 

1 逓減率とは何か?まず知っておきたいその意味

1-1 絶対知っておきたい『逓減率』の正しい読み方や意味を解説します

1-2 逓減率ってどういう場合に使われるの?

2 逓減定期保険って何?

2-1 定期保険とは何か?定期保険に加入するなら必ず知っておきたいこと

2-2 逓減定期保険って何?まずは基本情報を解説

2-3 加入するならどっち?逓減定期保険と通常の定期保険

3 知っていると得する逓減的定期保険に加入するメリット

3-1 必要な時に必要な保障が手に入る

3-2 保険料の支払いを抑えることが出来る

3-3 保険の掛け替えがしやすい

4 知らないと損する逓減定期保険に加入するデメリット

4-1 必要な保障額が増えた時に対応できない

4-2 本当に必要な額が不明瞭なこと

4-3 解約返戻金がない

4-4 選べる種類が少ない

5 逓減定期保険でおすすめする生命保険を2つ紹介

5-1 三井住友海上あいおい生命の『&LIFE』

5-2 ソニー生命の定期保険

6 逓減定期保険と収入保障保険どちらがお得なの?

6-1 そもそも収入保障保険って何?まずは収入保障保険の基本を押さえよう

6-2 収入保障保険に加入するメリット

6ー3 収入保障保険に加入するデメリット

6ー4 結局どちらに加入するがお得なの?

7 絶対に知っておきたいおすすめの収入保障保険を3つ紹介

7-1 チューリッヒ生命の『収入保障保険プレミアム』

7-2 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の『家族のお守り』

7-3 アクサダイレクト生命の『収入保障2』

8 まとめ

1 逓減率とは何か?まず知っておきたいその意味

dictionary-698538_640

上述しましたが逓減率は『ていげんりつ』と読みます。

しかし、これは普段あまり聞きなれない言葉なのではないでしょうか。

まずは、この言葉がどのような意味を持っているのか、そして、どのような場合に用いられるのかを確認しましょう。

 

1-1 絶対知っておきたい『逓減率』の正しい読み方や意味を解説します

まず逓減率を辞書で調べると、「時間の経過とともに数量などが減少していく割合を意味する」と出てきます。

これはだんだんと減ることを意味する『逓減』、という言葉に割合を示す『率』という語がくっついた言葉であると推測できます。

しかし、これだけでは何に使われるかわかりにくいと思うので、次では、その使用例を見てみましょう。

 

1-2 逓減率ってどういう場合に使われるの?

sky-690293_640

まずは、気象学において、気温逓減率という言葉が出てきます。山など標高が上がることによってその気温はだんだんと下がっていくことは知っていると思います。

逓減率は、この高度があがるにつれて気温が下がっていく割合を示すために用いられています。

また、五重塔など、上に向かうほど小さくなっていく建築物などに関しても逓減率という言葉が用いられているようです。

これだけでは全く実生活に関係ないと思うかもしれませんが、この逓減率という言葉は、生命保険を選ぶときに目にする可能性があります。

なぜならば、この逓減率が用いられた生命保険が存在しているのです。

それでは、その保険がどのようなものか、以下で説明したいと思います。

 

2 逓減定期保険って何?

detective-152085_640

逓減率が用いられた保険には、逓減定期保険と言うものがあります。

では、この逓減定期保険と言うのはどういうものなのか、まずは、その基本を確認しておきましょう。

 

2-1 定期保険とは何か?定期保険に加入するなら必ず知っておきたいこと

contract-1332817_640

まず、逓減定期保険を知るうえで必ず知っておかなければならない知識は、定期保険に関する知識です。

生命保険には、貯蓄性が備わっている貯蓄型の保険と、貯蓄性がまったくない掛け捨て型の保険が存在しています。

定期保険はいわゆるこの掛け捨て型の保険に分類されます。

定期保険の特徴の一つは、支払う保険料と比較すると、保障額が大きいことにあります。

大きな保障額が必要な場合、定期保険は必ず検討するべき保険となります。

また、保険料も、貯蓄性を備えた保険と比較すると非常に安いことも特徴です。

しかし、保障期間は、定期保険加入時に決めた期間だけで、それを過ぎると保障されなくなってしまいます。

また、掛け捨てという言葉からも分かる通り、満期を迎えたとしても戻ってくるお金がない、というのも定期保険の特徴です。

 

2-2 逓減定期保険って何?まずは基本情報を解説

business-163462_640

では、逓減定期保険とは何か。

一言で説明すると、加入した年数が経過していくごとに、保障される金額が減る代わりに、支払う保険料が少なくなっていくという生命保険なのです。

だんだんと減っていくという逓減という特徴が、定期保険にくっついたと考えると、その意味が少し理解しやすくなるのではないでしょうか。

保障される金額が減り、支払う保険料が減っていくという逓減定期保険は合理的な生命保険と言われています。

 

2-3 加入するならどっち?逓減定期保険と通常の定期保険

scales-309810_640

では、逓減定期保険と、一般的な定期保険どちらに加入するべきなのでしょうか。

これは、それぞれ性質が異なっているため一概にどちらがいいと断言することは出来ません。

逓減定期保険に加入に向いている人は、一定の期間、なおかつ長い間保障を必要としており、かつ残すお金が変化することを想定している場合には、逓減定期保険がおすすめです。

逆に子どもが小さい時などの一定の期間だけ保障が欲しい場合や、大きなまとまったお金を残したいと考えている場合には、一般的な定期保険がおすすめです。

 

3 知っていると得する逓減的定期保険に加入するメリット

dollar-544956_640

ここでは、定額定期保険に加入するメリットを解説します。

3-1 必要な時に必要な保障が手に入る

children-814886_640

逓減定期保険の基本的な考え方は、必要な保障額は変化していく、というものです。

これがどういうことかといえば、子どもがいる場合が分かりやすいと思います。

子どもが小さい場合には大きな保障額が必要となりますが、成人している場合には、必ずしも大きな保障額が必要ではないのではないでしょう。

逓減定期保険は、そのような変化に合わせて保障額が減額されるように設計されているため、必要な時に必要な保障額が自動的に設定されます。

一般的な定期保険であれば更新を行う時に、減額するかどうかを考えなければなりませんが、逓減定期保険ではもともと徐々に減額するように設計されているためこの手間を省くことが出来ます。

 

3-2 保険料の支払いを抑えることが出来る

stop-1013960_640

逓減定期保険であれば、だんだんと支払う保険料が減少していくため、最終的に支払う保険料をかなり抑えることが可能な生命保険です。

一般的な定期保険では、何も起こらなければ支払った分の保険料は無駄にしてしまいます。

何も起こらないことは良いことなのですが、その支払った分がもったいなく感じる人も多いと思います。

しかし、徐々に支払う額が減少する逓減定期保険では、その無駄になる可能性がある保険料の支払いが少なくなるため、合理的に保険料の支払いを抑えることが出来るのです。

 

3-3 保険の掛け替えがしやすい

貯蓄型の生命保険は、一度加入するとほかの保険に乗り換えるといた場合にはかなり大きなデメリットを伴うのですが、逓減定期保険は掛け捨て型の保険であるため、途中解約してもデメリットはありません。

逓減定期保険が自分のライフプランと合わなくなってきた場合には、別の保険に切り替えようと思えばすぐに出来てしまうというのも柔軟性があり、大きなメリットであると言えます。

 

4 知らないと損する逓減定期保険に加入するデメリット

fire-damage-1744723_640

逓減定期保険に加入するメリットばかりを見てきましたが、やはりデメリットも存在しています。

どのようなデメリットがあるのかを知ってから、加入を検討するのをお勧めします。

 

4-1 必要な保障額が増えた時に対応できない

逓減定期保険は、年数が経過するごとに保障額がだんだんと減少していきます。

そのため、子どもが増えたりするなどの急激な変化に即座に対応することが出来ません。

保障額を増やしたくなった場合には、別の生命保険を検討しなければならなくなるため、この点はかなり大きなデメリットだと言えます。

4-2 本当に必要な額が不明瞭なこと

winter-598632_640

これは、上述した人生の突然の変化に対応できないことと酷似するのですが、いつ、どれだけの保障額が必要なのかやはり非常に分かりにくい点が挙げられます。

基本的には必要な保障額というのは減少すると考えられていますが、やはり人生何が起きるか分からないものです。

保障額が減ることによって困る場合もあるかと思います。

その場合は逓減定期保険ではなく、別の保険を考えた方が良いかもしれません。

 

4-3 解約返戻金がない

これは逓減定期保険に限らず、定期保険全般に言えることなのですが、解約返戻金がない場合が多いです。

解約返戻金とは、保険を解約した時に戻ってくるお金です。

定期保険の場合この解約返戻金はない場合が多いです。

もしあったとしても、その解約返戻金の分、保険料が少し高めに設定されている場合が多いです。

解約返戻金がある方が良いという場合にはよいのですが、定期保険は出来る限り安価にする方が、定期保険の使い方としては適しているように私は思います。

もしも、戻ってくるお金を重視するのであれば、定期保険ではなく、ほかの終身保険などを検討した方があなたにとって良い保険である可能性があります。

そのため、私は逓減定期保険を含めた定期保険に加入するのであれば、解約返戻金はないものと考えておくべきであると思います。

4-4 選べる種類が少ない

PAK75_5syuruinorancyon20141206165130_TP_V

生命保険には数多くの種類があるのですが、この逓減定期保険を主体にしている生命保険の種類は、かなり限られていることもデメリットでしょうか。

ほかの生命保険であればいろいろと比較することが出来るのですが、逓減定期保険い限って言えば、その種類はかなり少ないです。

特約を付けることで、逓減定期保険と同等の生命保険になる商品も存在していますが、それでもやはり選べる種類は少ないです。

たくさんの生命保険を比較しながら選びたいと人にとってはデメリットでしょう。

 

5 逓減定期保険でおすすめする生命保険を2つ紹介

railway-station-1928668_640

数少ない逓減定期保険の中から、私がおすすめする生命保険を2つほど紹介したいと思います。

 

5-1 三井住友海上あいおい生命の『&LIFE逓減定期保険』

逓減定期保険を検討するのであれば、まずは三井住友海上あいおい生命の『&LIFE逓減定期保険』は必ず検討するべきでしょう。

30歳男性が逓減タイプ2で、基本保険金額6,000万円、保険期間30年で加入した場合の保障額は、一年目は6000万円、2年目は約5947万円と徐々に規定によって減額していきます。

まず、この生命保険の特徴は、逓減タイプを9種類の中から選択出来る点にあります。

かなり細かく設定出来るため、自分が考えているライフプランに最適なものを選択することが出来ます。

また、健康優良割引というのも存在しています。

非喫煙者であることなど、三井住友海上あいおい生命の定めている健康基準を満たさなければなりませんが、その基準を満たすことによって保険料が最大で約3割程度割引されます。

健康に自信があり、なおかつ細かく保障額を検討したいというのであれば、まずはこの生命保険を検討するべきでしょう。

 

5-2 ソニー生命の定期保険

もう一つおすすめするのはソニー生命の定期保険です。

逓減定期保険は特約として付与することが出来るようになっています。

ソニー生命は原則、対面販売で、ライフプランナーが、要望を聞いたうえで、プランを組み立ててくれる仕組みをとっています。

そのため、対面でいろいろと相談して決めたいという人にとってはかなりおすすめの定期保険であると言えます。

特に、逓減定期保険は保障額が減少していくという少し複雑な生命保険となっているため、誰かと相談しながら決めるというのはとても合理的であると思います。

また、非喫煙者割引もあってこの生命保険も、非喫煙者にとってかなりお得な保険となっています。

ただし、色々と相談できるのはデメリットですが、逓減定期保険は特約で付加しなければならないため、それ以外に特約を検討することになってしまうかもしれません。

特約を付けると、支払う保険料が増加してしまうため、ほかの保険よりも高くなる可能性がないわけではないことに注意しておきましょう。

 

6 逓減定期保険と収入保障保険どちらがお得なの?

group-464644_640

さて、ここまで逓減定期保険についていろいろと確認してきましたが、これにとても近い生命保険として、収入保障保険と言うものがあります。

では、この収入保障保険とは一体どのような保険なのか。そして、収入保障保険と逓減定期保険、どちらに加入した方がお得なのかをここでは検討してみたいと思います。

 

6-1 そもそも収入保障保険って何?まずは収入保障保険の基本を押さえよう

収入保障保険とは、契約者が亡くなったときに、死亡保証金として、月額数万円、と給料のような形で、一定の年齢までお金を受け取ることが出来る保険のことを言います。

亡くなったときにお金がもらえるのは、定期保険などと非常によく似ていると思われますが、最大の違いは、分割で保険金を受け取るということでしょうか。

どちらもよく似ていると思いますが、さて、収入保障保険にはどういう場合に加入すると大きなメリットになるのか。以下ではそれを解説したいと思います。

 

6-2 収入保障保険に加入するメリット

colorful-1643273_640

収入保障保険は、年数が経過するごとに保障額が徐々に下がっていく特徴を持っています。

収入保障保険は、給料のような形で毎月受け取るものであるため、早くに亡くなってしまった場合には受け取る保障額の合計は増えますが、かなりの高齢で亡くなられた場合には、受け取る保障額の合計が減少することになります。

これは一見損に見えるかもしれませんが、これはメリットです。

必要な保障額というのは、年数が経過するたびにだんだんと減少していくものであると考えられています。

子どもがいる家庭であれば、子どもが小さい時と自立した時であれば、必要な保障額が異なってくるはずです。

収入保障保険は、そのような変化に合わせて、その時に適切な保障額を得られるように設計されている商品なのです。

その時に必要な保障額をしっかりと確保でき、なおかつ、その保障額の割には安い保険料で加入出来るのが、収入保障保険最大のメリットでしょう。

また、かなり長期的な契約をすることが出来るのもメリットの一つです。

定期保険の場合だと、保険期間が終了してまた加入する場合には、月々支払う保険料が増加してしまいます。

しかし、収入保障保険の場合、その保険期間を加入時の時点で長く設定出来るため、定期保険のような更新を必要とせず、保険料の増加を抑えることも可能となっています。

 

6ー3 収入保障保険に加入するデメリット

deaths-head-160623_640

収入保障保険に加入するデメリットしては、収入保障保険はだんだんと保障額が減っていくという性質から、子どもが増えてしまうなど、大きな保障が必要になった場合に対応出来ないという弱点を抱えています。

また、収入保障保険は定期保険と非常に近い性質をしているため、保障期間を短く設定してしまうと必要な時に、保障期間が過ぎてしまっている可能性も考えられないわけではありません。

これを避けるためには、どれぐらいの期間の保障が必要なのか、しっかりと決めておく必要があります。

また、これと同時に必要保障額がどれぐらいなのかを把握していないと、少なすぎたり、あるいは多すぎたりしてしまう問題もあります。

少なすぎるとご家族の生活費が困窮することになってしまいますし、逆に多すぎる保険料の支払いが増えて金銭的な面で困ることになります。

収入保障保険に加入するのであれば、どれぐらいの期間、どれぐらいの保障額が必要なのかをはっきりとさせておかないと、この生命保険のメリットを完全に生かすことが出来なくなってしまいます。

 

6ー4 結局どちらに加入するがお得なの?

さて、収入保障保険のメリットとデメリットは以上になるのですが、これは非常に逓減定期保険と近い、いえ、ほとんど変わらない生命保険であると思わないでしょうか。

だんだんと保障額が減少していくことにより、月々の保険料の支払いを実質的に抑えることが出来るというのは全く同じ仕組みです。

また、急なライフスタイルの変化を弱点としているというのも似ています。

では、両者では何が決定的に違うのかというと、それは受け取り方に違いがあります。

逓減定期保険では、一括で保険金を受け取ることが出来るのと違って、収入保障保険では、月額何万円、という形で受け取る形になります。

これは、一括でお金が欲しい人にとって、収入保障保険を選択するのはデメリット、になれるかもしれませんが、これはデメリットになりえません。

なぜならば、収入保障保険の中には、一括で受け取ることが出来るタイプの生命保険も存在しているからです。

つまり、両者にはほとんど違いがないのです。

しかも、商品の種類に関しては逓減定期保険よりも、収入保障保険の方がはるかに数は多く、様々な商品を比較検討しながら保険を選ぶことが出来ます。

限られた商品の中から生命保険を選ぶよりも、数多くある種類の中から選べた方が、より自分に合った生命保険を選択できる確率が高まると思われます。

そのため、私の個人的な意見としては逓減定期保険でよい商品が見つからなかった場合には、収入保障保険を是非とも検討するべきであると思います。

 

7 絶対に知っておきたいおすすめの収入保障保険を3つ紹介

klee-1949981_640

さて、ここでは私が個人的におすすめする収入保障保険を3つ紹介したいと思います。

7-1 チューリッヒ生命の『収入保障保険プレミアム』

まず、おすすめしたいのはチューリッヒ生命の『収入保障保険プレミアム』です。30歳男性、年金月額10万円、保険期間・保険料払込期間60歳満了、年金支払保証期間2年の場合、その保険料は3630円となります(健康な人の場合は2400円)。

この保険料は、ほかの収入保障保険と比較するとかなり安い部類に入ります。

特に、チューリッヒ生命の健康基準を満たすことが出来れば、その保険料は格段に安くなります。収入保障保険は、支払う保険料が安いと得になるので、価格は非常に重要になります。

価格を重視する人は必ず目を通すべき生命保険でしょう。

また、収入保障保険は先ほど月額払いで受け取るのが基本であると記述しましたが、収入保障保険プレミアムであれば、一括受け取りを選択することが可能となっています。

これによって収入保障保険のデメリットを解消することが出来ています。

また、不慮の事故や病気などによって働けなくなった場合にも、特約を付けることで保険金を受け取ることが出来るため、かなり柔軟にいろいろと設定することも出来ます。

この生命保険の難点としては、まず、チューリッヒ生命の健康基準を満たして、保険料の割引を受けなければ、かなり高額な保険料を支払うことになってしまうということです。

この基準が案外厳しく、保険料の割引を受けられない場合にはほかの生命保険を検討した方がいいでしょう。ほかにも健康であれば割引を受けられる生命保険はあります。

 

7-2 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の『家族のお守り』

次におすすめしたいのは、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の収入保障保険 『家族のお守り』という保険です。30歳男性、保険払込期間60歳満了、保険金額15万円、支払保証期間2年の場合、その保険料は4920円となります(非喫煙者健康体の場合は3585円)。

まず、この保険の特徴の一つとして、非喫煙者健康体として割引が用意されていることです。

その条件は、一年以上たばこを吸っていない、BMIの値が18.0から27.0の範囲内であること、血圧が最高血圧140mmHg未満、最低血圧90mmHg未満、という条件を満たす必要があります。

この条件をどれだけ満たせるかによって、その割引率が大きく変わってきます。この基準を満たしている場合、保険料は相当に安くなります。

さらに、この生命保険をおすすめする理由として、保険料が5年ごとに5%ずつ減少する『だんだん減(逓減振込方式)』という支払い方が存在していることです。

この支払い方を選択すると、払い始めの時の保険料が少し高めに設定されるのですが、5年ごとに5%ずつ割引されていくことによって、最終的な支払は『だんだん減(逓減振込方式)』の方が安くなります。

この支払い方と、非喫煙者健康体になることによって、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の『家族のお守り』はかなりお得に加入できる生命保険となっています。

また、これは特約になりますが三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)になった場合には、以後の保険料の払込みが免除される仕組みも備えております。

もしもの時のためにしっかりと備えたいと考えている人にとっては、重要なポイントであると思います。

また、この生命保険も一括受け取りを選択出来るので、今すぐにたくさんのお金が必要という場合にも対処することが出来ます。

さて、この生命保険のデメリットとしましては、非喫煙者健康体で契約できなければその保険料がとても高くなってしまいます。

しかも、その保険料はとても高いため、非喫煙者健康体以外となってしまう場合には、ほかの生命保険を検討することを強くおすすめします。

 

7-3 アクサダイレクト生命の『収入保障2』

3つ目に紹介するのはアクサダイレクト生命の『収入保障2』です。30歳男性、保険期間・保険料払込期間55歳満了、死亡・高度障害年金月額5万円、年金支払保証期間5年の場合、その月払い保険料は1225円となっています。

まず、この保険の特徴の一つは健康な人に対する割引が存在していないことです。

これは健康体の方にとってしてみれば加入するメリットはかなり薄くなってしまうと思われます。

しかし、その反面、自分の健康に関して不安に感じる方にとって、この保険は割引がない保険と比較するとその保険料はかなり割安です。

そのため、健康に少なからず不安を感じている人は、まずはこの生命保険を検討してみましょう。

また、別の特養としては、支払い保証期間を2年あるいは5年から選択できることです。

支払い保証期間というのは、保険期間満了まで残り1カ月で万一のことがあった場合でも、自分が決めた支払い保証期間の間、毎月保険金を受け取れる仕組みです。

ただし注意するべき点は、支払い保証期間を長くすると、その分保険料が高くなってしまうことです。

面白い特徴としては、医師や看護師などに電話によって健康相談が出来るサービスも付帯しています。

自分の健康についていろいろなことを相談できた方が安心であると感じる人にとってはかなりよい制度なのではないでしょうか。

また、この生命保険は、保険金を分割受け取りだけではなく、一括払いで受け取ることが出来ます。

この保険の難点は、やはり健康な人に対する割引が存在しないことです。

健康割引を求める場合は、上述した生命保険をまずは検討するようにしましょう。もう一つの難点としては、三大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)に関する免除特約が存在しないこと。

この特約を付けたいという人は、ほかの保険を検討する必要があります。

 

8 まとめ

lovers-1862321_640

逓減率、という言葉から、逓減率が使われている生命保険に関していろいろな角度から眺めてきました。

逓減定期保険は、やはり合理的な生命保険であるという言葉は真実であると思います。

必要な保障額が変化するという考え方に基づいて、徐々に保障額が減少し、そして相対的に支払う保険料も少なく出来るため、生命保険の仕組みとして非常に合理的であると思います。

ただ、現代ではこれを選択する理由は少なくなっているようにも感じます。というのも、逓減定期保険と非常に酷似した生命保険である、収入保障保険があるためです。

さらに、収入保障保険の方が種類も豊富で、保険金の受け取り方も柔軟に選択出来ることから、収入保障保険を選ぶメリットの方が大きいと思います。

とはいえ、やはり人によって必要な保険は違います。

長い間保障が必要な場合は収入保障保険が適していると思いますが、本当に一定の期間だけ保障が欲しいという場合には定期保険を選んだ方がメリットの大きい人もいます。

自分はこれから将来に対してどのような備えをするべきなのか、それが、自分に適切な生命保険を選ぶためのポイントであると思います。

この記事が、あなたに最適な保険が見つかるための一助となってくれれば幸いです。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る