逓減率とは?知っていると得する逓減率がある生命保険の選び方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生命保険を探していると、『逓減率』という言葉が出てきたことはないでしょうか。

これは『ていげんりつ』と読むのですが、普段目にする言葉ではないため、どのような意味を持っているのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そして、生命保険という複雑な商品を探しているときに、さらに難解な言葉が出てきたとなると、混乱してしまうのではないでしょうか。

でも、もう大丈夫です。この記事では、そんな『逓減率』がかかわってくる生命保険、逓減定期保険について詳しく解説します。

また、逓減定期保険とよく比較されている収入保障保険との違いや、どちらに入るのが得なのかなどを徹底解説します。

この記事を読んで、逓減率という言葉の疑問を解消し、あなたにとってより最適な保険を選ぶための力になると思います。

 

1 逓減率とは何か?まず知っておきたいその意味

1-1 絶対知っておきたい『逓減率』の正しい読み方や意味を解説します

1-2 逓減率ってどういう場合に使われるの?

2 逓減定期保険って何?

2-1 定期保険とは何か?定期保険に加入するなら必ず知っておきたいこと

2-2 逓減定期保険って何?まずは基本情報を解説

2-3 加入するならどっち?逓減定期保険と通常の定期保険

3 知っていると得する逓減的定期保険に加入するメリット

3-1 必要な時に必要な保障が手に入る

3-2 保険料の支払いを抑えることが出来る

3-3 保険の掛け替えがしやすい

4 知らないと損する逓減定期保険に加入するデメリット

4-1 必要な保障額が増えた時に対応できない

4-2 本当に必要な額が不明瞭なこと

4-3 解約返戻金がない

4-4 選べる種類が少ない

5 逓減定期保険でおすすめする生命保険を2つ紹介

5-1 三井住友海上あいおい生命の『&LIFE』

5-2 ソニー生命の定期保険

6 逓減定期保険と収入保障保険どちらがお得なの?

6-1 そもそも収入保障保険って何?まずは収入保障保険の基本を押さえよう

6-2 収入保障保険に加入するメリット

6ー3 収入保障保険に加入するデメリット

6ー4 結局どちらに加入するがお得なの?

7 絶対に知っておきたいおすすめの収入保障保険を3つ紹介

7-1 チューリッヒ生命の『収入保障保険プレミアム』

7-2 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の『家族のお守り』

7-3 アクサダイレクト生命の『収入保障2』

8 まとめ

1 逓減率とは何か?まず知っておきたいその意味

dictionary-698538_640

上述しましたが逓減率は『ていげんりつ』と読みます。

しかし、これは普段あまり聞きなれない言葉なのではないでしょうか。

まずは、この言葉がどのような意味を持っているのか、そして、どのような場合に用いられるのかを確認しましょう。

 

1-1 絶対知っておきたい『逓減率』の正しい読み方や意味を解説します

まず逓減率を辞書で調べると、「時間の経過とともに数量などが減少していく割合を意味する」と出てきます。

これはだんだんと減ることを意味する『逓減』、という言葉に割合を示す『率』という語がくっついた言葉であると推測できます。

しかし、これだけでは何に使われるかわかりにくいと思うので、次では、その使用例を見てみましょう。

 

1-2 逓減率ってどういう場合に使われるの?

sky-690293_640

まずは、気象学において、気温逓減率という言葉が出てきます。山など標高が上がることによってその気温はだんだんと下がっていくことは知っていると思います。

逓減率は、この高度があがるにつれて気温が下がっていく割合を示すために用いられています。

また、五重塔など、上に向かうほど小さくなっていく建築物などに関しても逓減率という言葉が用いられているようです。

これだけでは全く実生活に関係ないと思うかもしれませんが、この逓減率という言葉は、生命保険を選ぶときに目にする可能性があります。

なぜならば、この逓減率が用いられた生命保険が存在しているのです。

それでは、その保険がどのようなものか、以下で説明したいと思います。

 

2 逓減定期保険って何?

detective-152085_640

逓減率が用いられた保険には、逓減定期保険と言うものがあります。

では、この逓減定期保険と言うのはどういうものなのか、まずは、その基本を確認しておきましょう。

 

2-1 定期保険とは何か?定期保険に加入するなら必ず知っておきたいこと

contract-1332817_640

まず、逓減定期保険を知るうえで必ず知っておかなければならない知識は、定期保険に関する知識です。

生命保険には、貯蓄性が備わっている貯蓄型の保険と、貯蓄性がまったくない掛け捨て型の保険が存在しています。

定期保険はいわゆるこの掛け捨て型の保険に分類されます。

定期保険の特徴の一つは、支払う保険料と比較すると、保障額が大きいことにあります。

大きな保障額が必要な場合、定期保険は必ず検討するべき保険となります。

また、保険料も、貯蓄性を備えた保険と比較すると非常に安いことも特徴です。

しかし、保障期間は、定期保険加入時に決めた期間だけで、それを過ぎると保障されなくなってしまいます。

また、掛け捨てという言葉からも分かる通り、満期を迎えたとしても戻ってくるお金がない、というのも定期保険の特徴です。

 

2-2 逓減定期保険って何?まずは基本情報を解説

business-163462_640

では、逓減定期保険とは何か。

一言で説明すると、加入した年数が経過していくごとに、保障される金額が減る代わりに、支払う保険料が少なくなっていくという生命保険なのです。

だんだんと減っていくという逓減という特徴が、定期保険にくっついたと考えると、その意味が少し理解しやすくなるのではないでしょうか。

保障される金額が減り、支払う保険料が減っていくという逓減定期保険は合理的な生命保険と言われています。

 

2-3 加入するならどっち?逓減定期保険と通常の定期保険

scales-309810_640

では、逓減定期保険と、一般的な定期保険どちらに加入するべきなのでしょうか。

これは、それぞれ性質が異なっているため一概にどちらがいいと断言することは出来ません。

逓減定期保険に加入に向いている人は、一定の期間、なおかつ長い間保障を必要としており、かつ残すお金が変化することを想定している場合には、逓減定期保険がおすすめです。

逆に子どもが小さい時などの一定の期間だけ保障が欲しい場合や、大きなまとまったお金を残したいと考えている場合には、一般的な定期保険がおすすめです。

 

3 知っていると得する逓減的定期保険に加入するメリット

dollar-544956_640

ここでは、定額定期保険に加入するメリットを解説します。

3-1 必要な時に必要な保障が手に入る

children-814886_640

逓減定期保険の基本的な考え方は、必要な保障額は変化していく、というものです。

これがどういうことかといえば、子どもがいる場合が分かりやすいと思います。

子どもが小さい場合には大きな保障額が必要となりますが、成人している場合には、必ずしも大きな保障額が必要ではないのではないでしょう。

逓減定期保険は、そのような変化に合わせて保障額が減額されるように設計されているため、必要な時に必要な保障額が自動的に設定されます。

一般的な定期保険であれば更新を行う時に、減額するかどうかを考えなければなりませんが、逓減定期保険ではもともと徐々に減額するように設計されているためこの手間を省くことが出来ます。

 

3-2 保険料の支払いを抑えることが出来る

stop-1013960_640

逓減定期保険であれば、だんだんと支払う保険料が減少していくため、最終的に支払う保険料をかなり抑えることが可能な生命保険です。

一般的な定期保険では、何も起こらなければ支払った分の保険料は無駄にしてしまいます。

何も起こらないことは良いことなのですが、その支払った分がもったいなく感じる人も多いと思います。

しかし、徐々に支払う額が減少する逓減定期保険では、その無駄になる可能性がある保険料の支払いが少なくなるため、合理的に保険料の支払いを抑えることが出来るのです。

 

3-3 保険の掛け替えがしやすい

貯蓄型の生命保険は、一度加入するとほかの保険に乗り換えるといた場合にはかなり大きなデメリットを伴うのですが、逓減定期保険は掛け捨て型の保険であるため、途中解約してもデメリットはありません。

逓減定期保険が自分のライフプランと合わなくなってきた場合には、別の保険に切り替えようと思えばすぐに出来てしまうというのも柔軟性があり、大きなメリットであると言えます。

 

4 知らないと損する逓減定期保険に加入するデメリット

fire-damage-1744723_640

逓減定期保険に加入するメリットばかりを見てきましたが、やはりデメリットも存在しています。

どのようなデメリットがあるのかを知ってから、加入を検討するのをお勧めします。

 

4-1 必要な保障額が増えた時に対応できない

逓減定期保険は、年数が経過するごとに保障額がだんだんと減少していきます。

そのため、子どもが増えたりするなどの急激な変化に即座に対応することが出来ません。

保障額を増やしたくなった場合には、別の生命保険を検討しなければならなくなるため、この点はかなり大きなデメリットだと言えます。

4-2 本当に必要な額が不明瞭なこと

winter-598632_640

これは、上述した人生の突然の変化に対応できないことと酷似するのですが、いつ、どれだけの保障額が必要なのかやはり非常に分かりにくい点が挙げられます。

基本的には必要な保障額というのは減少すると考えられていますが、やはり人生何が起きるか分からないものです。

保障額が減ることによって困る場合もあるかと思います。

その場合は逓減定期保険ではなく、別の保険を考えた方が良いかもしれません。

 

4-3 解約返戻金がない

これは逓減定期保険に限らず、定期保険全般に言えることなのですが、解約返戻金がない場合が多いです。

解約返戻金とは、保険を解約した時に戻ってくるお金です。

定期保険の場合この解約返戻金はない場合が多いです。

もしあったとしても、その解約返戻金の分、保険料が少し高めに設定されている場合が多いです。

解約返戻金がある方が良いという場合にはよいのですが、定期保険は出来る限り安価にする方が、定期保険の使い方としては適しているように私は思います。

もしも、戻ってくるお金を重視するのであれば、定期保険ではなく、ほかの終身保険などを検討した方があなたにとって良い保険である可能性があります。

そのため、私は逓減定期保険を含めた定期保険に加入するのであれば、解約返戻金はないものと考えておくべきであると思います。

4-4 選べる種類が少ない

PAK75_5syuruinorancyon20141206165130_TP_V

生命保険には数多くの種類があるのですが、この逓減定期保険を主体にしている生命保険の種類は、かなり限られていることもデメリットでしょうか。

B

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る