養老保険は本当におすすめ?その内容を比較してみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

養老保険という保険はご存知でしょうか?
万一のときの保障と満期のときの楽しみを兼ね備える養老保険。

無事に満期を迎えたときには満期保険金をお受け取りいただけるので、将来に向けた計画的な資産づくりの手段としても役立てられます。

今回は養老保険のおすすめについて解説してみました!是非、ごらんください。

目次

1. 養老保険はどういうもの?
1-1 養老保険と個人年金保険の違い

2. 一時払い養老保険とは?
2-1 一時払い養老保険はおすすめなのか?

3. ソニー生命の養老保険
3-1 他の養老保険との比較

4. かんぽ生命の養老保険
4-1 おすすめのプラン
4-2 生命保険料控除の対象!
4-3 指定代理請求制度について

5. 明治安田生命の養老保険

6. 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の養老保険

7. 養老保険の満期保険金
7-1 積立タイプと一括払いタイプ
7-2 養老保険は元本割れする?

8. 養老保険はすぐに解約してはいけない?
8-1 養老保険のメリット
8-2 養老保険のデメリット
8-3 養老保険のリスク

9. まとめ

1. 養老保険はどういうもの?

万一のときの保障と満期のときの楽しみを兼ね備える養老保険。無事に満期を迎えたときには満期保険金をお受け取りいただけるので、将来に向けた計画的な資産づくりの手段としても役立てられます。

貯蓄ができる保険として挙げられる「養老保険」。貯蓄を目的としているので当たり前ですが、保険料が高い、月々の負担が重い、という理由で、せっかく貯めてきたお金も、生命保険見直しの相談時に「保険料削減」の名のもとにあっさり解約されてしまいがちです。

  • 保険期間が決まっている
  • 保険期間中に死亡した場合、死亡保険金を受け取ることができる
  • 無事保障期間が終了した場合、満期金を受け取ることができる

例えば保険金額500万円 保険期間30年 現在30歳の人の場合、60歳になるまで、死亡保障が500万円ついているということになります。つまり、保険期間の30年間は払い込んだ保険料総額にかかわらず500万円受け取ることができます。そして、無事、60歳をむかえることができると、満期金500万円を受け取ることができます。

貯蓄が目的なのですが、もし被保険者(保険の目的となる人)が亡くなった場合は、契約成立翌日から目標金額(満期保険金)を死亡保険金として受け取れます。死亡リスクを同時にカバーした保険と考えていいでしょう。

1-1 養老保険と個人年金保険の違い

個人年金保険は、特にその他の分類が多くあるものではなく、老後に年金型で積み立てたお金を受け取る保険です。それに対して養老保険は、積み立て型という点では個人年金保険と同じですが、分類としては死亡保険にあてはまります。死亡時には満期の積み立て額が保障されるというのが違いです。

個人年金保険は、死亡した場合、死亡するまでに払い込んだ保険料に相当する額しかもらえません。つまり、保険料月々10,000円の個人年金保険に加入し、5年間払い込んだ時点で死亡した場合、
10,000×12ヶ月×5年=60万円+配当金等がもらえるということです。

しかし、無事、保険料全額を払い込み、年金支払年齢を迎えると、支払った保険料総額の110%くらいの年金をもらうことができるのです。逆に養老保険の場合、満期金は払い込んだ保険料総額より少なくなります。昔の養老保険はかなり条件がよかったらしく、払い込んだ保険料よりもかなり多く、満期金が受け取れました。

生命保険の中では、貯蓄型に分類され、老後に備えるタイプの保険であるのが養老保険です。医療保険のように入院保障などはありませんが、死亡時には死亡保険金がおり、加えて掛け捨てではなく、老後の貯蓄になるというのが養老保険の最大の特徴です。生命保険商品の中でもバランスがとてもとれたタイプと言えるでしょう。

 

2. 一時払い養老保険とは?

「一時払い」とは、保険料の払い込みを一括で行うことを指します。満期までの契約年数は様々なプランがありますが、終身保険などとは異なり、短い期間で契約し、財産形成などに利用する人もいます。まとまった資金がある場合、「一時払い」で保険を契約することで、控除枠の活用による相続税対策を行うことができるためです。

また、月々保険料を支払うよりも、一時払いの方が、全てを合計した払い込み保険料も割安になる場合が多いです。「養老保険」とは、一般的に老後資金を準備するために活用される保険です。養老保険の大きな特徴は、死亡保障がついているという点で、万が一、契約時に定めた保険期間内に死亡した場合、死亡保険金を受け取ることができます。

満期保険金を受け取る場合、保険期間が5年よりも長い場合は、満期保険金は「一時所得」や「雑所得」として課税されるため、確定申告の対象となり、還付金が戻ってくる仕組みになっています。

一方、5年満期の養老保険の場合は、「金融類似商品」に該当するため、他の種類の所得とは別に課税される「源泉分離課税」が適用されます。この場合、満期保険金や解約返戻金から、税金を差し引いた金額が保険会社から支払われる形になります。

2-1 一時払い養老保険はおすすめなのか?

一時払い養老保険の代替になる商品としては、一時払い終身保険や、一時払い年金保険などがあります。終身保険は、ご自身に万一のことがあった場合に、家族に残すものとして契約する保険です。年金保険は、自身の老後資金や、生存している間の資金を用意するために契約する保険になります。

それぞれの保険契約により、メリットとデメリットがあるため、用途をよく考え、計画を立てて契約する内容を選ぶ必要があります。他にも、万一のリスクに備えつつ、保険期間終了まで生存していた場合に生存保険金として、払い込んだ保険料を上回る保険金を受け取ることができる、低解約返戻金型保険も検討してみてもよいでしょう。

 

3. ソニー生命の養老保険

ソニー生命の養老保険はスタンダードな養老保険の他に、保険期間の後半から保障額が増加する「特殊養老保険」や米ドル建ての養老保険まで取り扱っています。

名称 かんぽ
新フリー
かんぽ
新一病
住友生命
自由保険
朝日生命
養老保険
ソニー
養老保険
オリックス養老保険 東京海上
あんしん
損保ジャパン 日本興亜ひまわり
加入年齢 0~75歳 40~65歳 0~70歳 20~60歳 0~78歳 15~75歳 0~60歳 20~50歳
保険期間 10~50年 10年 ? ? 5~30年
60~88歳
5~30年
50~88歳
10年 ?
保障
特約
割引

事故

2倍

入院・災害

事故

2倍
慢性疾患
災害

多数の特約 多数の特約 定期
傷害
定期
傷害
医療
定期
災害
苦情率 0.30% 0.30% 0.36% 0.10% 0.29% 0.19% 0.19% 0.36%
保険料
返戻率
30歳

26,700/

104%

13,900/
99%
14,325/
96%
39,540/
105%
27,080/
102%
42,760/
97%
42,320/
98%
保険料
返戻率
40歳

42,100/

98%

44,250/
94%
14,505/
95%
22,145/
94%
40,350/
103%
28,300/
98%
43,000/
96%
43,130/
96%
保険料
返戻率
50歳
87,300/
95%
46,800/
89%
16,075/
86%
14,440/
75%
31,450/
88%
43,700/
95%
45,150/
92%

保険料・返戻率から考えてオススメの保険です!

3-1 他の養老保険との比較

加入できる年齢は他社と比較して上限が若干高いですが大きなメリットとは言えません。一方で保険期間は年齢にもよりますが、年数で5~30年、年齢で満期60~88歳まで設定でき自由度が高いのも特徴。終身保険のように保険料払込完了後も解約返戻金が増加して得をするということはありませんが、自分の人生設計に応じて契約できるのがいいですね。

 

4. かんぽ生命の養老保険

旧簡易保険時代は、養老保険がメインでした。現在はかんぽ生命として開発した養老保険を販売しています。新規加入数は減少しているものの、依然として保有高はかなり多い主力の保険です。けがや病院、災害に備える特約を付加して、保障を充実させることもできます。

いずれのプランも満期保険金額(基準保険金額)を自由に設定できます。満期に到達した場合は、設定した満期保険金がもらえます。ただし、71歳以上で加入する場合、保険金額の合計額は500万円までなど、被保険者の年齢によって加入できる保険金額の制限があります。保険期間中に死亡した場合は、満期保険金額と同額の死亡保険金がかんぽ生命から支払われます。

また、満期保険金の受け取り年齢を、1歳きざみで自由に設定できるのが特徴です。加入年齢(0~80歳)によって保険期間は10年から最長50年の間で設定できます。かんぽ生命の養老保険は契約の自由度が非常に高いのが特徴です。ライフスタイルに応じてカスタマイズして契約することが可能です。

契約日から1年6か月を経過後に、不慮の事故や感染症で死亡したい場合は、保障が2倍に増加します。「倍額保障」という名前です。例えば、基準保険金額が100万円なら200万円が出ます。「入院特約」を付加することもできます。日帰り入院から保険金が出て、長期入院時の給付もあります。手術の種類により、1日あたり入院保険金額の5倍、10倍、20倍、40倍が支払われます。

例えば、基準保険金額が1000万円なら以下の保障が受けられます。

4-1 おすすめのプラン

かんぽ生命の養老保険には6種類があります。

  • 新フリープラン
  • 新フリープラン(短期払込型)
  • 新フリープラン(2倍保障型)
  • 新フリープラン(5倍保障型)
  • 新フリープラン(10倍保障型)
  • 新一病壮健プラン

しかし、特約は無料で付けられるわけではなく、料金が発生するので、トータルの戻り率が下がります。養老保険は、定期保険とは違い保険期間終了後の更新がなく、保障はそこで終わります。特約の入院・手術の保障は、養老保険が満期になると同時に終了となる点に留意が必要です。

「一時的な医療の保障が欲しい」というニーズが明確な場合はOKですけれども、長期にわたって医療の保障を確保したい場合は、医療保険を別途契約する方が望ましいです。また、保険の本来の役割というのは、発生確率は低けれども、万が一遭遇したら家計に大きなダメージを及ぼす危険があるリスクをヘッジしましょう。

4-2 生命保険料控除の対象!

かんぽ生命の養老保険は「一般生命保険料控除」に該当します。年間正味払込保険料(保険料-配当金)が8万円以上だと、所得税で一律4万円の控除を受けられます。

生命保険などの保険料が年8万円に届いていない場合は、かんぽ生命の養老保険で所得控除を受けられて、所得税・住民税が減少します。住宅ローン控除など他の控除があり、既に控除する所得がない場合は、生命保険料控除の恩恵はない点に留意しましょう。

サラリーマン・OLなど給与所得者の場合は、年末調整の際、「保険料控除申告書」にかんぽ生命から送られてくる「保険料払込証明書」を添付して勤務先に提出すればOKです。個人事業主・フリーランスなどは、確定申告の際に「確定申告書」に「保険料払込証明書」を添付して所轄の税務署に提出すればOKです。

4-3 指定代理請求制度について

保険金受取人(親などの契約者)が保険金を請求できない「かんぽ生命が定める所定の事情」がある場合、親などに代わって、あらかじめ指定した代理人(指定代理請求人)が保険金を請求できる制度があります。

指定代理請求人の範囲は以下のとおりです。

  • 契約者の戸籍上の配偶者
  • 契約者の直系血族(例えば、祖父母、父母、子、孫)
  • 契約者の兄弟姉妹
  • 契約者と同居、または生計を一にしている契約者の3親等内の親族(例えば、配偶者の父母、おじ、おば、おい、めい)

 

5. 明治安田生命の養老保険

明治安田生命の養老保険は、一般的な養老保険であり、満期金と死亡保障を同時に備える事が出来る保険です。

また、疾病特約や指定代理人請求特約なども、他社の商品と同じような内容になっており、契約可能年齢も、6歳から75歳までとなっています。

それでは、明治安田生命の養老保険は他社と比べてどこが違い、どの様な特色があるのかと不思議に思うでしょう。

明治安田生命の養老保険の特徴は、以下のようになります。

・満期金の全てまたは一部を据え置く事が出来る

・満期金の受け取りが、一時金または年金形式

満期金を据え置きできると言う事のメリットは、満期金を増やす事が出来ると言う事です。

また、受取り方法も一時金だけではなく、年金形式で受け取る事が出来るのも、この商品の大きな特徴の一つと言えるでしょう。

商品内容的な目新しさはありませんが、据え置きをする期間を設定できると言う点では、魅力的な商品と言えるかもしれません。

6.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の養老保険

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の養老保険も基本的な内容は、オーソドックスな内容になっています。

しかし、少し特徴的な部分もありますので、以下にまとめて見ます。

・高額割引がある

・「無配当」と「5年ごと利差配当付き」を選ぶ事が出来る

まず高額割引ですが、保険金額を1,000万円以上に設定した場合に適応される割引ですが、契約後に何らかの理由で1,000万円を下回った場合には適応外になるので、注意してください。

次に配当に関してですが、この保険会社の商品に限らず、5年ごとの利差配当の保険は数多く存在しますが、金利情勢などを考慮すると、配当ない場合もあるので、その場合には無配当を選び、保険料を安くするのも手の一つと言えるでしょう。

これは、人それぞれの考え方ですので、よく考えてください。

 

7. 養老保険の満期保険金

定期預金に利息がつくと、その利息には税金がかかるのはご存知ですか?利殖すなわち利息や運用による利益には必ず税金が掛かってきます。養老保険もこの点では貯蓄と変わりません。

例えば毎月1万円支払って10年間で満期金150万円を受け取れるとします。支払った保険料は1万円×12ヶ月×10年で120万円。実際に30万円の利息が付いてきたのと同じです。この30万円には税金が掛かってくる可能性があります。したがって満期金の150万円満額は受け取れないかもしれません。

基本的に保険は受取人が異なると、所得税か贈与税で大きく変わってきます。根本的に課税の計算方法が異なるので、課税額で大きく損をしているなんてこともあります。受取人と課税のパターンは下記の2通りです。

契約者(保険料負担者)=受取人の場合
契約者(保険料負担者)≠受取人の場合

養老保険の場合、満期金が100万円に設定してある場合もあると思います。この場合は110万円の基礎控除がありますので、非課税となります。ただし、一時所得の場合と同様、年間の合計の贈与額という点には注意しましょう。

養老保険の満期金受け取りで贈与税該当の方は必ず確定申告をしましょう。そもそも、確定申告とは、納めるべき税金の金額を決めるため、前年の1月1日から12月31日までの所得のすべてを計算し、申告する手続きのことです。

事業所得がある人はもちろん、年金を受け取った人、生命保険・退職金などを受け取った人、家や株などを売買した人、副業・サイドビジネスを営んでいる人などは確定申告が必要です。まず確定申告の流れを簡単にご紹介すると、次のようになります。

  • 情報を集める(日々の取引/領収書の管理)
  • 申告に必要な書類を収集し、チェックする(支払調書・源泉徴収票、医療費控除のための領収書)
  • 確定申告 申告書を入手して作成する
  • 国民健康保険料や医療費など、控除になるものを計算する
  • 管轄の税務署に申告書を提出する
  • 税金を納める

難しそうに思える確定申告も、実はこの6つの流れで完了です。

7-1 積立タイプと一括払いタイプ

養老保険は種類としては2つに分けられます。違いは支払いの方法で、積み立て型のタイプと、一括で支払うタイプがあります。積み立て型が養老保険としては一般的ですが、一括で保険料を納めることで、税金対策になることがあります。また、利率によっては一括で納めることでより有効な資産運用をできる場合もあります。

養老保険は保険料が高いため、少々無理してでも貯蓄しようと思うと、途中で払えなくなり、結果的に損をすることになりかねません。銀行での積み立てであれば、積み立てることが困難になって中止したとしても、元本は保証されていますが、養老保険の場合、途中解約すると必ず元本割れします。保険料は、将来的にも支払える範囲で設定しましょう。

7-2 養老保険は元本割れする?

養老保険は、5年満期や6年満期など、10年未満の短い期間での契約の場合、返戻率が他の保険よりも低かったり、契約内容によっては、払い込んだ金額よりも満期保険金の金額が低くなってしまうこともあります。そのため、長期的な加入を前提として、将来受け取る金額を増やす目的で契約する場合には、あまり向かない商品となります。

それぞれの保険契約により、メリットとデメリットがあるため、用途をよく考え、計画を立てて契約する内容を選ぶ必要があります。他にも、万一のリスクに備えつつ、保険期間終了まで生存していた場合に生存保険金として、払い込んだ保険料を上回る保険金を受け取ることができる、低解約返戻金型保険も検討してみてもよいでしょう。

 

8. 養老保険はすぐに解約してはいけない?

養老保険は中途解約時は「解約控除」というペナルティが設けられているため、返戻金は満期を迎えた時の保険金よりも減ってしまいます。養老保険を契約した人がすぐに解約してしまうと、かんぽ保険会社が損をしてしまうので、それを防ぐ為に解約控除が設けられています。

養老保険は、満期直後の利率・返戻率は優れています。しかし、同じ長期加入を前提とした場合、低解約返戻金型終身保険の利率・返戻率は養老保険を大きく上回ります。

養老保険の契約時には、たとえトラブルや事情の変化による収入の減少などがあっても、絶対に中途解約しないで済むような、余裕を持った保険料のプランにしましょう。積み立てているお金がどうしても必要になった場合は解約せざるを得ませんが、収入が減少して保険料の支払いが厳しくなって解約を検討している場合は、保険料の払込を止める「払済み」という手続きも検討しえます。

払済みは、以後の保険料の支払いがなくなり、解約時点で積み立てられている資金を元にして保険契約が続き、死亡保険金や満期保険金がもらえる制度です。

すでに養老保険に加入している方で、保険料の支払いが困難になってきたという方は、解約以外にいくつか対処法があります。
払い済み保険保険料の支払いを中止し、保障は小さくなるものの満期まで継続させる方法です。

  • 契約者貸付制度

解約返戻金の8割(保険会社によって割合は異なります)まで、保険会社から貸付を受けられます。それで保険料を支払い、当座をしのぐことが可能です。

  • 自動振替貸付

保険料の支払いがない場合、解約遍歴んの範囲内で、保険会社が自動的に保険料を立て替えて支払う制度です。

8-1 養老保険のメリット

  • 死亡保障がある

基本の保障は「死亡保障」です。保険商品によって、それぞれ様々な特約を付けることができますが、被保険者が死亡した場合、保険契約の成立日の翌日から、満期保険金と同額の保険金を受け取ることができます。

  • 満期時に必ず保険金が支払われる

月々の保険料は掛け捨ての生命保険に比べれば高いですが、基本の死亡保障にどんな特約をつけているかにもよりますが、死亡保障の場合にはほぼ確実に支払った保険料の総額と同額か、それ以上の金額の満期保険金を受け取ることができるので、保険料を支払う形で貯蓄をしていることになります。

  • 貯めたい金額と貯蓄を続ける期間を自由に設定できる

例えば、かんぽ生命の養老保険「新フリープラン」。この保険は満期保険金を100万円から1,000万円の間で10万円単位で設定ができ、特約などつけず、最もシンプルな契約内容であれば、元本割れも起こしません。満期保険金の受け取り時期も、保険期間10年から最長50年の間(加入年齢によっては制限があります。)で1年刻みで自由に設定をすることができます。

つまり、貯めたい金額と貯蓄を続ける期間を自由に設定できるのです。そしてもちろん、満期保険金と同額の死亡保障もついてきます。銀行で定期預金などを組めば計画的な貯蓄はできますが、ただそれだけですし、養老保険の保険料は年末調整や確定申告での控除対象となりますので、大きな金額ではありませんが、節税にもなります。

8-2 養老保険のデメリット

  • 保険料が高い

養老保険のデメリットとしては、保険料の高さが挙げられます。貯蓄型の保険として将来に備えて加入することは賢い方法ですが、月々の保険料が圧迫して、日ごろの生活に影響が出たり、解約に至ってしまえば本末転倒です。

月々の保険料を安定的に支払う為にも加入には慎重になる必要があります。

  • 一生涯保障されない

人はいつの日か必ず死んでしまいますが、養老保険は一生涯保障されるわけではありません。満期になれば保険金が支払われますが、その保険金を老後の生活費に充ててしまえば、家族にお金を残せなくなります。長期的な考えや、家族のことを考えて加入を検討しましょう。

  • 保険の見直しがしにくい

貯蓄的な要素を含む養老保険ですが、契約期間は60歳、65歳などが一般で、それ以前に解約してしまうと、それまでに支払った保険料以下の解約返戻金しか戻ってこないことがほとんどです。

また、利益を優先する一部の保険会社では、「その保険は古いので、無駄が多いですよ」などと、保険の見直しを無理に勧めてきて、解約させるケースもあります。このようなことから加入には慎重になりましょう。

  • インフレリスクに弱い

養老保険は長期間加入しておく保険です。さらに現在の養老保険の金利はそこまでよくなく、長期間保険会社にお金を預けていたからと言って、金利でお金が増えることも期待できません。そこで懸念されることがインフレリスクです。

今から満期までの数十年間で物価が高騰することも十分に考えられます。極端な話、数十年後に満額給付金を1,000万円を受け取ったとしても、今より物価が10倍になってしまったら、実質現在の100万円と同等の物しか買えなくなったりします。長期間運用して、さらに見直しがしにくい養老保険はインフレに弱いです。

  • 金利は非常に低い

た、現在販売されている養老保険は、非常に金利が低いことがデメリットとして挙げられます。ただ単に「保険会社にお金を預けておく」くらいの感覚であれば養老保険でも良いでしょうが、少しでも金利による恩恵をお考えであれば別の金融商品を購入することを第一に考えて下さい。このことは下記で詳しく説明します。

8-3 養老保険のリスク

もちろんリスクとしては、為替変動の影響を直接受けるので払込時のレートよりも円安になれば日本円として受け取ることが出来る金額は増えますし、逆に円高になれば日本円として受け取ることが出来る金額が減ることになります。理想は「保険料払込時は円高」で「保険金受取時は円安」になっていれば、商品そのものが持つ利回り以上の収益を発生させることも可能です。

最近では、通貨分散という観点と毎月の保険料支払いにすることで「ドルコスト平均法」により安定させた通貨レートで運用が出来ることもあり、資産形成・資産運用に活用する人が増えてきました。

 

9. まとめ

いかがでしたでしょうか?養老保険は今でこそ少なり、限られた保険会社でしか販売されておりません。

養老保険とは、契約期間中に保険の対象である被保険者が死亡した場合でも、無事に保険期間の満期を迎えた場合でもあらかじめ定めた保険金が支払われる「生死混合保険」ですが、貯蓄と死亡保障を兼ね備えた保険商品として、運用金利が高い時代には掛金以上の満期保険金が受け取れた事もあり、金融商品として人気の高い保険商品でした。

ところが最近では運用利率の低下にともにない、金融商品としての魅力が薄れてきたのも事実です。保障としては申し分ない内容なので、貯蓄も兼ねて入るのであればおすすめです!

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

b

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る