チューリッヒのガン保険はお得?「終身ガン治療プレミアム」を詳細解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

日本人の死因の上位となっている深刻な病気「がん」。

生命のリスクに加え、治療に多額の費用が掛かるおそれがある厄介な病気です。

生命保険各社もその重要性を理解し、多様ながん保険が登場しています。

テレビのCMやインターネットで盛んにがん保険は宣伝されていますが、いざがん保険への加入を希望される場合には、何を目安にして選んだら良いのでしょうか?

正直、どんながん保険に加入したら良いか迷われる方も多いはずです。

そこで今回は、チューリッヒ生命が取り扱うがん保険の人気商品をご紹介します。

この記事を読み終わった後は、がん治療の現状を踏まえ、チューリッヒ生命がどんな保障を備えているかがわかり、がん保険選びの良い参考資料の一つとなることでしょう。

目次

1.がん保険について

  • 1-1.がんとは?
  • 1-2.がん治療の現状
  • 1-3.がん保険とは?

2.チューリッヒのがん保険

  • 2-1.チューリッヒ生命について
  • 2-2.「終身ガン治療プレミアム」について
  • 2-3.各プランの比較について

3.終身ガン治療プレミアムの内容

  • 3-1.終身ガン治療プレミアムの保障の概要
  • 3-2.保険料について
  • 3-3.終身ガン治療プレミアムの保障の内容(主契約)
  • 3-4.終身ガン治療プレミアムの保障の内容(特約)

4.がん治療の現状と終身ガン治療プレミアム

  • 4-1.診断給付金について
  • 4-2.上皮内新生物と悪性新生物
  • 4-3.診断給付金の注意点

5.自由診療と終身ガン治療プレミアム

  • 5-1.終身ガン治療プレミアムの保障される範囲
  • 5-2.自由診療とは?
  • 5-3.今後の課題

6.チューリッヒのがん保険の評判

  • 6-1.肯定的な評価について
  • 6-2.批判的な評価について
  • 6-3.口コミの注意点

7.まとめ

1.がん保険について

がん保険に加入するべきだと自分の職場の人たちも話している。

自分もがん保険に興味があるが、そもそもがんの特徴や、治療の現状がどうなっているのかイマイチわからない・・・・。

そこで、まずはがんの特徴と現状、がん保険について説明します。

1-1.がんとは?

がんとは、人体を構成する細胞が何らか原因により変異して増殖し、その変異した細胞がその他の正常な細胞を破壊・増殖していく病気です。

①がんの原因

がんは主に以下のようなことが長期にわたって継続・蓄積されていった結果、発症すると指摘されています。

  1. 職場・家庭等でのストレス
  2. 暴飲・暴食、偏食等による食生活の乱れ
  3. 運動不足や肥満
  4. 過剰な喫煙

なお、遺伝が原因であることも否定できないとの指摘もあります。

②がんの死因の割合

日本人の全死因における、がんの割合については次のようになっています。悪性新生物(がん)の死亡数・死亡率とも極めて高く、全死因の3割近くになっています。

○全死因:死亡数1,307,765人(平成28年度)

平成28年度 死因 死亡数(人) 死亡率
1 悪性新生物(がん) 372,801 28.5%
2位 心疾患 197,807 15.1%
3位 肺炎 119,206 9.1%
4位 脳血管疾患 109,233 8.4%
  その他 508,718 38.9%

(厚生労働省「平成28年 人口動態統計月報年計(概数)の概況」を参考に作成)。

1-2.がん治療の現状

がんは生命のリスクが高い厄介な病気ではありますが、入院日数の目安は19.9日、以下の表であげる部位別のがんをみても、入院日数は2週間に満たないものばかりです。ただし、治療費はそれなりにかかってしまいます。

各部位 入院日数 費用(治療費)
肺・気管がん 約12.9日 約64万円
胃がん 約12.5日 約61万円
肝臓がん 約11.7日 約58万円
大腸がん 約11.3日 約59万円
乳がん 約9.6日 約58万円
子宮がん 約11日 約60万円

(厚生労働省「医療給付実態調査 報告書 平成27年度 第3表」を参考に作成)

いずれの部位のがんについても公的医療保険が適用されるため、治療費に関しては、表の金額より3割を患者が自己負担として支払うことになります。

ただし、入院の際に公的医療保険が適用外となる差額ベッド室の利用や、入院時の食事代等、これら入院に必要な費用も加えると、予想外に多額の費用になる可能性があります。

1-3.がん保険とは?

がん保険は、がんの入院や治療に関する金銭的サポートに特化した保険です。そのため、がん以外の病気やケガは保障されません。

がんに関する保障に関しては幅広く、かつ深いサポートが期待でき、がんと医師から診断された場合の一時金、入院による給付金、通院による給付金、手術・放射線治療等の給付金等が保障内容となっています。

このがん保険への関心は非常に高く、最近のがん保険の加入率は37.8%(平成28年度)に上っています(公益財団法人生命保険文化センター 平成28年度「生活保障に関する調査」)。

2.チューリッヒのがん保険

がんを発症すると生命に深刻なリスクとなり、費用も高額になる場合がある。

がんを発症した場合の入院・治療の金銭的サポートは、是非とも必要になる。

がん保険に世間の関心も高まることはもっともだ。ならば、がん保険の中で保障が充実した保険商品にはどんなものがあるのだろう?

こちらでは、がん保険商品を扱うチューリッヒ生命について、その商品である「終身ガン治療プレミアム」の概要を説明します。

2-1.チューリッヒ生命について

チューリッヒ生命日本支店は、1996年にチューリッヒ・インシュランス・グループの生命保険部門として設立されました。主に医療保険・がん保険に関して、良心的な価格設定およびインターネット・電話等による通信販売を活かし急成長を遂げています。

チューリッヒ生命日本支店のデータは以下の表の通りです。

会社名 チューリッヒ生命日本支店
設立 1996年8月
従業員 約850人(2007年時点)
ソルベンシー・マージン比率 1,315.9%(2017年現在)
本店 チューリッヒ・インシュランス・グループ(スイス)

2-2.「終身ガン治療プレミアム」について

チューリッヒ生命のがん保険は、「終身ガン治療プレミアム」一商品だけです。この商品は、満6歳~満80歳まで加入できます。

本商品の「強み」は以下の通りです。

  • 放射線治療を受けた月毎に給付金が支給される

がん(初期のがんを含む)の治療を直接の目的として放射線治療を受けると、月毎に給付金を受け取ることができます。

  • 薬物治療を受けた月毎に給付金が支給される

がん(初期のがんを含む)の治療を直接の目的として入院・通院し、公的医療保険の対象となる抗がん剤、ホルモン剤治療を受けると月毎に給付金を受け取ることができます。

  • がんと診断されたときに診断一時金が支給される

初回は医師よりがんと診断された時、2回目以降は前回の診断一時金の支払事由に該当した日から2年を経過した日の翌日以後に、がん治療を目的に入院した場合、診断一時金が受け取れます。

2-3.各プランの比較について

終身ガン治療プレミアムのプランは3つに分かれます。表にすると以下の通りです。

商品名 ①ガン治療重視プラン ②ガン総合保障プラン ③自由設計プラン
特徴 ガン治療に特化したプランです。

通院治療を想定した保障内容になっています。

ガンの総合的な保障プランです。

入院・通院治療を想定した保障内容になっています。

加入者自身が自由に設計できるプランです。
治療費

放射線治療

抗がん剤治療

ホルモン剤治療

20万円(1ヶ月につき) 20万円(1ヶ月につき) 10万円~60万円

(1ヶ月につき)

手術費

10万円(1回につき) 10万円~60万円

(1回につき)

入院費 5,000円(日額) 5,000円~30,000円

(日額)

通院費 5,000円(日額) 5,000円(日額) 5,000円~30,000円

(日額)

先進医療

治療代

 実際に受けた技術料と同額

通算2,000万円まで

 実際に受けた技術料と同額

通算2,000万円まで

 特約により付加
先進医療

交通費

宿泊費

 一括で15万円 一括で15万円  特約により付加
診断一時金 一括で50万円 一括で50万円 一括で50万円~100万円
払込免除   がんと診断された後、保険料の払込免除

付加

 がんと診断された後、保険料の払込免除

付加

  特約により付加

3.終身ガン治療プレミアムの内容

チューリッヒ生命のがん保険、なかなか興味深い保険商品だ。

初期のがんに対応できる保障もある。

くわしく終身ガン治療プレミアムの保障について知りたい。

こちらでは、本商品の保障内容・保険料について詳しく説明します。

3-1.終身ガン治療プレミアムの保障の概要

終身ガン治療プレミアムの保障の特徴としては次の通りです。

  1. 放射線治療、抗がん剤・ホルモン剤治療を受けた場合には、月々の治療費を賄う給付金を回数無制限で受け取れます。
  2. 高額な費用となる先進医療(※1)も、実際に受けた技術料と同額が保障されます(通算2,000万円が限度)。
  3. 加入者自身で保障内容を自由にカスタマイズして、自分に合ったプランを設計することが可能です。

(※1)先進医療・・・厚生労働大臣に認定された医療機関が、承認された最先端の技術を使用する医療行為です。先進医療分は全額自己負担となります。がんの先進医療としては、主に陽子線治療・重粒子線治療があります。双方とも放射線治療以上の効果および精密な治療が期待できますが、陽子線治療は約276万円、重粒子線治療は約309万円と、かなり高額な治療費が自己負担となります。

3-2.保険料について

保険料は、プランごとに異なり、性別では年齢が高くなる毎に金額に大きな差が出ます。表にすれば以下の通りです。

男性

商品名 ①ガン治療重視プラン ②ガン総合保障プラン ③自由設計プラン
20歳 2,099円 2,619円 580円~
30歳 2,557円 3,222円 680円~
40歳 3,401円 4,331円 860円~
50歳 5,067円 6,497円 1,230円~
60歳 7,835円 10,080円 1,840円~

女性

商品名 ①ガン治療重視プラン ②ガン総合保障プラン ③自由設計プラン
20歳 2,066円 2,516円  550円~
30歳 2,439円 2,984円  630円~
40歳 2,927円 3,602円  730円~
50歳 3,334円 4,214円  780円~
60歳 3,735円 4,865円  780円~

3-3.終身ガン治療プレミアムの保障の内容(主契約)

終身ガン治療プレミアムの主契約は、「放射線治療給付金」および「抗がん剤・ホルモン剤治療給付金」の2種類しかありません。

この主契約を基本に、「①ガン治療重視プラン」、「②ガン総合保障プラン」を選ぶか、ご自分で個別に特約を付加し保障内容をカスタマイズしていきます。主契約の保障内容は以下の通りです。

○放射線治療給付金

放射線治療(※1)を受けた場合、治療を受けた月ごとに10万円~60万円(5万円単位で設定可能)が受け取れます。初期のがんも保障に含まれます。尚、給付金の受け取り回数は無制限です。

○抗がん剤・ホルモン剤治療給付金

公的医療保険制度が適用される抗がん剤・ホルモン剤治療(※2)を受けた場合、入院または通院し、投与・処方を受けた月ごとに10万円~60万円(5万円単位で設定可能)が受け取れます。初期のがんも保障に含まれます。尚、給付金の受け取り回数は無制限です。

(※1)放射線治療・・・がんに放射線をあて治療する方法です。費用は約60万円となりますが、公的医療保険が適用されるので当該費用の内、3割が自己負担となります。

(※2)抗がん剤・ホルモン剤治療・・・薬物を使用する治療方法です。この治療には副作用が伴います。費用は100万円程度ですが、こちらも公的医療保険が適用されるので当該費用の内、3割が自己負担となります。

3-4.終身ガン治療プレミアムの保障の内容(特約)

特約で付加できる保障は以下の通りです。特約分の払込が不要の保障もあります。悪性新生物保険料払込免除特約以外は、初期のがんも特約で保障されます。

ガン診断給付金

がんと医師から診断された場合、がん診断給付金が一時金として、50万円~100万円(10万円単位で設定可能)が受け取れます。

受け取れる回数は無制限ですが、2回目以降は前回の診断一時金の支払事由に該当した日から、2年を経過した日の翌日以後、がん治療を目的に入院した場合という条件になります。

○ガン入院給付金

がんで入院すれば、日額で5,000円~30,000円(1,000円単位で設定可能)が受け取れます。尚、給付金の受け取り回数は無制限です。

○ガン通院給付金

がんで入院前後の一定期間に、その治療を目的として通院した時、日額で5,000円~30,000円(1,000円単位で設定可能)が受け取れます。

条件としては以下のようになります。

  • 入院前:入院日の前日からその日を含めて遡った60日以内の期間の通院
  • 退院後:退院した翌日からその日を含めて365日以内の期間の通院(退院後、通院期間あたり120日まで保障)

○ガン手術給付金

がん治療のため手術をすれば、10万円~60万円(5万円単位で設定可能)が受け取れます。尚、給付金の受け取り回数は無制限です(ただし、場合によっては1回のみの保障)。

○ガン緩和療養給付金

がん治療のため入院・通院し、公的医療保険が適用される所定のガン性疼痛(とうつう)緩和の治療をうけた場合、10万円~60万円(5万円単位で設定可能)が受け取れます。給付金の受け取りは通算12ヶ月が限度です。

○ガン診断後ストレス性疾病給付金

がんと医師から診断を受けた後5年以内に、所定のストレス性疾病と診断された時、5万円または10万円が受け取れます。給付金の受け取りは1回が限度です。

○ガン先進医療給付金

先進医療にかかった技術費用と同額の給付金が、通算で2,000万円を限度に受け取れます。

○悪性新生物保険料払込免除特約

がんと診断された後、保険料の払込が免除される特約です。初期のがんはこの特約の対象外です。この特約を付加しても追加の保険料は発生しません。

4.がん治療の現状と終身ガン治療プレミアム

終身ガン治療プレミアムは非常に特約が充実している印象を受ける。

特にストレス性疾病まで保障されているのは魅力的だ。

また、保険選びの際は診断給付金の充実も見るべき部分と聞いた。

終身ガン治療プレミアムの診断給付金はどんな点が優れているのだろう?

こちらでは、本商品の診断給付金の特徴と、その注意点について説明します。

4-1.診断給付金について

終身ガン治療プレミアムのがん診断給付金は一時金として、50万円~100万円(10万円単位で設定可能)が受け取れます。

初回は医師からがんと診断された場合に給付され、2回目以降は前回の診断給付金の支払事由に該当した日から、2年を経過した日の翌日以後、がん治療を目的に入院した場合という条件になります。

受け取れる回数は無制限という部分が魅力的と言えます。他の保険会社のがん保険商品にも診断給付金は保障されていますが、初回のみという条件付きの場合があります。

本商品では「2年を経過した日」、「入院」という条件はあるものの、初回に限らず給付金が受け取れるのは、入院・手術等の際にまとまった金額が必要ながん治療には、非常に役に立つ仕組みです。

4-2.上皮内新生物と悪性新生物

さらに終身ガン治療プレミアムのガン診断給付金の対象には、上皮内新生物(初期のがん)も含まれることも評価される点です。

上皮内新生物(初期のがん)とは、がんが上皮内(身体や臓器の表面等)に定着したままで、いまだ筋肉の層を超えずに、間質細胞に広がっていない状態を指します。この段階でがんを取り除けば転移・再発の危険性はほとんどありません。

悪性新生物とは、がん細胞が増殖し、粘膜の下にある筋肉の層を超えて間質細胞に侵入し増殖を続ける状態を指します。その後、リンパ管や血液にのり、他の臓器に転移するなどして爆発的な増殖をはじめると、完治は非常に困難で患者の生存率は低くなります。

がんは初期の段階にこそ効果的な治療を行うことが重要です。初期の段階で発見しても放置すれば、深刻な事態に向かいます。

ガン診断給付金で悪性新生物(悪性のがん)の場合と変わらない額の一時金を受け取れることは、金銭的なサポートとしては申し分の無い保障内容といえます。

4-3.診断給付金の注意点

がんと診断された場合にまとまった金額がもらえるガン診断給付金ですが、注意すべき点があります。

それは、がん保険には「免責期間」があるという点です。これはガン診断給付金に限ったことではありませんが、この期間内にがんを発症し、がんと医師に診断され、手術や入院をした場合には、一切お金を受け取ることはできません。

この免責期間は、契約が成立し、最初の保険料相当額が振り込まれた時から90日間が該当します。つまり91日目から契約した保障内容の効力が発生することになります。

そのため、保険契約が成立すれば即、保障が受けられるわけではありません。

5.自由診療と終身ガン治療プレミアム

終身ガン治療プレミアムは非常に進んだ保障を行う保険だが、気をつけなければならない条件もあることはわかった。

では、他にこの保険商品で注意しなけれないけない点があれば教えてほしい・・・。

こちらでは、.終身ガン治療プレミアムの保障される範囲と、今後の課題について検討します。

5-1.終身ガン治療プレミアムの保障される範囲

前述した保障内容でもお気づきになった思われますが、保障の範囲は、「公的医療保険が適用される」治療または、公的医療保険と併用が認められている先進医療が該当します。

これでも広範囲な保障を行っていると言えますが、国内では未承認でも国外では非常に評判の良い抗がん剤治療や、厚生労働大臣に認定されていない医療機関が行う最先端の技術を使用したがん治療は、本保険商品の保障の対象とはなりません。

公的医療保険の保障外とされてしまっている医療行為は「自由診療」と呼ばれています。次の項目では、この自由診療の有効性を説明します。

5-2.自由診療とは?

自由診療とは、厚生労働大臣に認定されていない医療機関が、最先端の技術を用いる医療行為を指します。自由診療の場合は、本来なら公的医療保険に該当する診療も含めて患者負担となります。

先進医療の場合は、公的医療保険に該当する部分は3割負担が適用されましたが、自由診療に該当する医療行為を受けると、全額自己負担となってしまいます。

厚生労働大臣に認定されていない医療機関であっても、陽子線治療・重粒子線治療が可能な医療機関が存在することは事実です。

また、自由診療を受けるメリットは、保険診療にとらわれない患者個人の健康状態や体質に合った診療が受けられる点です。

保険診療となると、ある程度固定化された治療内容となってしまいますが、自由診療の場合は、まだ国内では承認されていない抗がん剤等の治療を患者に施すこと等、より的確な治療内容で大きな治療効果を上げることも期待できます。

5-3.今後の課題

自由診療は、患者の健康状態や体質に合った治療を行う際に大きな成果を上げることが期待できますが、デメリットも存在します。

それは、本来ならば公的医療保険が適用される医療行為まで自己負担となるので、費用が非常に高額になってしまう点です。

自由診療を保障する保険が無いのかといえばそうではなく、他社の保険には自由診療の金銭的サポートに特化した商品も販売されています。

特約が非常に充実している終身ガン治療プレミアムとしては、今後、自由診療に関する新たな特約を登場させ、より一層の商品の充実を図ることも利用者の満足につながる方法の一つといえます。

6.チューリッヒのがん保険の評判

終身ガン治療プレミアムの保障内容や注意点は良くわかった。

では、実際の保険加入者はどんな意見を持っているのだろう。

是非知りたい・・・・。

こちらでは、終身ガン治療プレミアムの口コミで肯定・批判的な評価を取り上げます。

6-1.肯定的な評価について

肯定的な評価は、主に上皮内新生物(初期のがん)も悪性新生物と同様に保障される点に集中しています。一例を挙げます。

36歳:男性

「手頃な保険料で、上皮内新生物が悪性新生物と同様に保障されているのは、他のがん保険ではほとんどみられないサービスだ。どのがん保険サイトのランキングでも上位に入っていたし、良い保険だと思う。保険料と保障内容のバランスがよくとれている。」

28歳:女性

「終身型のがん保険で、上皮内新生物と診断されても給付金が下りるし、悪性新生物なら何度でも給付金が下りるのがうれしい。入院給付金も1日から日数無制限で受け取れるので、がん保険としてはかなり手厚い。」

[小括]

上皮内新生物(初期のがん)から手厚い保障が受けられることに評価が集まっています。利用者は、初期のがんが見つかっても効果的な治療をすれば、身体への負荷も最小限に抑えつつ、完治が見込めることは十分に理解していると言えます。そのため、早い段階の治療に手厚いサービスが設けられているかどうかが注目されていると解されます。

6-2.批判的な評価について

終身型がん保険のために定期型がん保険を比べて割高感を感じる意見があります。また、電話対応に不満がある意見も見受けられます。一例を挙げます。

33歳:男性

「チューリッヒのがん保険は終身保険なので定期保険と比較すると、やはり保険料は高い。保険料の高さからみても医療保険と比較して十分なレベルの保障とは言えないし、もう少し保険料を安くしてもらいたい。」

年齢非公開:女性

「意味不明な文書が送付されてきたので、これについて確認するために問い合わせをしたが、電話担当者が自社の主張ばかり言ってきて不快だった。一方的な意見ばかりを押し通して高圧的な口調なうえに、送付の経緯も確認しない。実際には必要のない手続き等の文書があったが、送られてきた経緯は結局わからず仕舞い。」

[小括]

終身保険は定期保険とは違い、保障が一生涯であるためどうしても定期保険と比較して割高になります。また、がんに特化している分、医療保険よりも保障範囲はどうしても狭くなるのはやむを得ないことであり、がんの保障を厚くすれば、通常の医療保険と同額か、それより割高になってしまう場合はあります。

6-3.口コミの注意点

口コミは、実際の利用者の声であり、生命保険各社が自社の製品を更によくしていくために有益なアドバイスになると共に、これから加入したい方には保険会社側からの情報だけではない、利用者の生の意見として保険選びの参考の一つとなることでしょう。

ただし、利用者の実際の声であるため、実際の保障内容の正当な評価でなく、あくまで口コミは利用者の主観が過分に反映されていることも理解する必要があります。

前述した「6-2.批判的な評価について」でも取り上げた評価の中に、電話担当者の対応のまずさをあげた口コミに言及すれば、以下のような取り組み・工夫を利用者も保険会社側も心がけるべきでしょう。

電話対応についての批判・不満は、チューリッヒ生命に限らずどんな保険会社についても共通する口コミ内容です。

これは仮にがん保険、医療保険、生命保険の担当者が分かれていても同様に批判・不満が目立つ口コミの内容といえます。

がん保険の保障内容がいかに充実していても、加入を希望するのは人間であり、その質問や手続きに対応する会社側の担当者も人間です。

インターネットで申し込んでも、結局のところ対応するのは最終的に人間であり、電話対応にしても対面であっても、その対応が至らなければ客と保険会社との間に大きな亀裂、不信や反感を生むことになります。

そのため、生命保険各社は客の不満・不信を抑えるために、日頃からの職員研修や、オペレーターの育成プログラムの充実によって担当者のスキルの向上を行うことは当然の取り組みといえます。

一方、利用者の方も、電話や対面で質問をする際には、次のようなことをメモ書きして目の届くところに置き、徐々に読み上げながら話を進めていく等、保険会社側への質問の方法も工夫しましょう。

①電話または窓口での質問したい内容の概要を説明→②質問の内容の詳しい中身の説明→わからない部分をそのままにすると、どんなことで自分が困ってしまうのかを説明→④どのような対応をとれば良いのかを質問。

担当者の回答を得れば、次の質問をするというやり方で、質問を繰り返していきましょう。一挙にたくさんの質問をすれば、オペレーターや代理店の担当者も困惑し感情的になってしまうおそれがあります。

質問や問題が発生したために電話連絡や代理店へ訪問したにもかかわらず、話の食い違いで余計混乱したのでは解決につながりません。利用者側も冷静な対応を心がけましょう。

7.まとめ

チューリッヒ生命のガン保険「終身ガン治療プレミアム」は、初期のがん保障も厚く、がんと診断された際のガン診断給付金も所定の条件に該当すれば無制限に受け取れます。非常に充実した保障内容といえます。

しかし、自由診療が保障されない点や、支払う保険料について等、あらゆる加入者の満足に応えられる保険というわけではありません。

そのため、保険選びは商品の内容の充実や、口コミの評判も参考の一つとしながら、ご自分の健康状態、経済状態、ライフステージに合う商品を探すことが大切です。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る