「安い保険料で大きな安心」とかいう戯言

とんでもなく魅力的な言葉です。
支払う保険料は少しでよくて、そして受け取る金額は大きいことをこの言葉は謳っているのです。
ありえませんね。保険会社は皆潰れてしまいます。

自分の保険といえば、決して安くはない。でもコマーシャルには30歳男性ならたったこれだけ!とか、具体例まで出しています。
実はこちら、ちょっとしたからくりがございます。
保険を少々ご存知であればすぐわかります。
安い保険料で大きな保障を得られるということは、まず掛け捨てです。
そして、注意すべきはその期間です。
大体10年更新タイプの案内になっています。
30歳~40歳までの10年間の保険料は、同じ保障内容で60歳から70歳までの10年間の保険料より安いということは、皆さんご存じでしょう。病気や死亡のリスクが違いますからね。
そう、10年更新タイプということは、保険料は10年ごとに値上がりするのです。
若いときは確かに安いけれど、本当に保険を使う年代になった頃には、お手ごろな保険料が維持されてはいません。保険料は何倍かになってます。更新型の欠点はいつか、保障が終了する時がくるということです。

畳の上で生涯を終えるのは、夢のような話となった今、一生に一度も入院しない人はほぼいません。
医療保障をほとんどの人はいつか使います。また、その時、収入も年金などで少なくなった、高齢の時の可能性が高いことが予想されます。
その時に、肝心の保障が、期間が終了していたら・・・最悪ですね。

それは大変と、終身タイプの保障に入りなおすにも保険料も年齢が上がった分高くもなりますし、
病気にでもなっていたらもう入れないかもしれません。将来のことも考えず、安易に今安いからと保険に加入するのはリスクが高いのです。
保険料が安いかどうかも気になりますが、本当に必要な保障金額、保障期間が確保されるかをもっと気にするべきです。
キャッチコピーだけを鵜呑みにせず、細かなところまで注意してください。
結果的に安物買いの銭失いになること、本当に多いんです・・・

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る