一生保険料は変わりません!と言われてもちょっと待って!

とても魅力的な謳い文句ですね。安い保険料で大きな安心!ではなく、値上がりもなく一生保障してくれると・・・
たったこの文字だけで説明してくれています。
しかし、裏を返せば解約しないかぎり一生払い続けなくてはならないということでもあります。
80歳をすぎても保険料を払い続けられますか?
多分ほとんどの人が難しいと思います。
現役で働いている時はなんでもなかった保険料も、年金生活になってからでは厳しくなるかもしれません。
同じ保険でも実は支払い方法は様々なタイプがございます。
60歳や65歳までで保険を払い込み終えてしまうタイプにすれば、一生払い続けるよりも、月の保険料は高いかもしれませんが、老後の負担は確実になくなります。そしてどちらを選択しても保障内容は変わりません。これはかなりメリットがあります。

そして、目を見張るのが、保険料総額も大きく変わってきます。
平均寿命まで生きたと仮定します。
比較してみれば一目瞭然。早く払い終えたほうがずっと払い続けるよりも安いのです。これにはびっくりする方も多いのでは?

これは、買い物をしてローンを組むときに、短期間で払うのと長期間のローンを組むのと総額が変わるのと同じです。

また、同じ保険なのに払い込み期間が違うだけで、解約した時に解約払戻金があるケースとないケースが出ます。
早いうちに払い込みをするということは、それだけ保険会社はその保険料を運用することが出来るわけです。そして単純に考えても保険料を先払いしているわけですから、短期の払い込みであればあるほど、解約払戻金は発生します。それに比べて、一生払い続けるタイプは、先払いしたり、運用したりする保険料はないわけですから、もし解約をした場合には、解約返戻金は発生しません。

但し、人の命は誰もわかりませんし、その人の寿命がもしも短かったら確かに、一生払い続けるタイプの方が安かったかもしれません。
しかしそれは結果論であり、入りたい保障にはどんな支払い方があるのか。これも良く検討する必要があるということです。

同じ保険でも、払い方は何種類もございます。保険料総額が大きく違ってくるケースがあります。保険の契約取りたさに、払い方の種類をあまりいわない営業が実はとってもたくさんいます。親切なようで、親切ではないのです。

皆さんも本当に気をつけて下さい。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る