不払いにあわないために出来ること Part2

約款と契約者のしおり

保険を契約する時に、必ず受け取るのが「約款と契約者のしおり」です。
すべての情報が一冊にまとめられていて、非常に細かい字でたくさん書いてあります。これをお渡しする時に、100パーセント言われることがあります。
「読みませんけど・・・」
お気持ちわかります。
しかし待ってください。とても大事です。この一冊にはどういうときに保険金や給付金が支払われるか、逆に支払い免責の事由などが、事細かに記載されています。
せめて、どの辺に何が書いてあるかぐらいは、チラリとでもいいのでめくってみるべきです。
それでも、これは保険会社にもっと大きく判りやすいものにしてもらうように、努力してほしいですね。
お客様よりよく言われることなのですが、
「細かい文字のところこそ、重要なことが書いてありますよね」
おっしゃる通りです。

難しい用語、わかりにくい約款と契約のしおり、パンフレットを見ても大切なことは細かい文字で記載されていることが多いものです。
すぐに変えるのは難しいと思います。
あなたの契約を担当した人が、これをどう渡すかも見極めてください。

説明もせずに、読んで置いてくださいという程度で渡すようでは、この先期待は出来ません。この冊子がどれほど重要なものか、説明してくれさらにわかりにくかったらいつでも自分が説明しに行くぐらいの事を、約束してくれる担当者でいて欲しいですね。

そして、約款と契約のしおりは保険証券とともに大切に保管することも重要です。
全ては、この一冊を元に保険は契約しているのです。いざという時に、辞書のようにめくる心積もりをするだけでも、とても役に立つこと間違いありません。

本来は、契約を取ったら取りっぱなし、アフターフォローが何もなく、書き換えの時にだけ現れるようでは困るのです。しかし残念ながら自分の契約は自分で把握し自分で守る。そのぐらいの気構えは今後必要となるでしょう。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る