不払いにあわないために出来ること Part3

保険は使うときに初めて威力を発揮する

生命保険は使うときに初めて効力を発揮します。
払ってばかりではありません。

加入する時に必死に説明を聞き、売り手も契約欲しさに必死です。安心のために保険に入るのは、間違いではありません。
安心のためという漠然とした理由で入ったらそのままでは、本当の安心ではありません。

加入する際、確かに健康状態や職業を問われます。
毎月いくらの保険料を払うのか、保障内容はどうなっているのか、など時間をかけて検討することでしょう。

これで、加入して保障が始まるとたいていの方はほっとして、内容も忘れてしまいます。
殆どの方がそうでしょう。保険会社で働いてでもいないと、常に保険のことなんて考得ているわけがありません。

しかし、万が一の時のための大切な保障です。
万が一は突然やってきます。その時は非常に狼狽した状況であることが想定されます。
そうなって初めて効力を発揮するのが保険なのです。

契約時は、保険金や給付金を受け取る時に、どのようなことが必要なのかもよく確認しておくことを強くお勧めします。
生命保険を契約する上で、もっとも大切なことなのにも関わらず、案外見落としていることが頻発します。

私が保険をお勧めする場面では必ず申し上げていました。
内容を細かに覚えているのは難しいけれども、誰でもわかる場所に証券を保管しておくこと。
保険会社や担当者とすぐに連絡を取れるように、連絡先を家族の共通認識としてわかりやすくしておくことです。
気の利く担当者であれば、電話一本入れれば即座に動いてくれます。万が一の時に困らないための保険です。
出来れば内容もあまり複雑にせず、必要なものを必要なだけシンプルな構成にしておくことが安心できるのだと考えられます。
理解が複雑な保険を請求するのは、とても大変なことです。保険会社にお任せしているから大丈夫だと思っていても、
結果、社会問題にまで発展した不払いは事実として起こってしまったのですから。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る