学資保険の対象とは

学資保険の契約者、被保険者、保険金の受け取りになる対象になる人を解説します。

学資保険では、保険を契約している人で支払っている人を保険契約者と呼称します。
この場合、親が保険契約者になります。
保険会社によって、祖父母が保険契約者になることができる場合もあります。

そして学資保険の被保険者というのは、生命保険の対象になっている人のことです。
なので学資保険の場合は子供本人になります。

また保険金受取人は、保険を受け取ることが可能な人ですが学資保険なら親が受取人になっていることが多いです。

もし学資保険で保険契約者と保険金受取人が違っているときには贈与税がかかってきます。
なので、気を付けた方がいいです。

学資保険の受取人が同じな場合には、課税の対象になるのですが、学資保険は利率が低く、一時所得の50万円の特別控除に当たることが多いのです。
この場合確定申告をしなければならないということはあまりござません。

普通の生命保険に比べると学資保険の対象となる人物がだれなのか考えるのは難しいかもしれませんが、学資保険に加入する前に、対象がよくわからない人は確認してから加入した方がいいですね。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る