定期保険とは

定期保険とはどんな保険でしょうか?
「名は体を表す」という通り、一定期間の保障をする保険のことです。
あらかじめ決められたある一定期間内に死亡した場合には保険金が支払われます。
医療保険やがん保険にも定期タイプがありますが、これも同じく一定期間を保障するものです。
定期保険の利点は掛け金が安いことです。安い掛け金で大きな保障を得ることが可能です。加入時の年齢が若ければ若いほど、保険料は安くなります。若いときには安くて大きな保障を得られるものの、年齢が高くなればなるほど、保険料も上がっていくのが特徴です。
定期保険には解約返戻金は無いか、あってもほんの僅かです。解約した際に、戻ってこないのか・・・とためらう人も多いのが現実ですが、保険に保障のみを求め、貯蓄は別に考えればこれほど合理的な保険はございません。必要な保障を必要な期間買い求める感覚でOKです。
しかし、日本人は掛け捨てが損だという意識がある人が多いのです。そんなことないのですが・・・
保険期間中一定額の保障の定額型のほかに、一定期間毎に保証がだんだん増える逓増型、その逆で一定期間毎に保障がだんだん減る低減型まで、
いかんせん、この保険に入るには、必要保障額を長いスパンで考慮したうえで契約するのが理想的です。可能であれば、定期保険ではなく、終身保険で一生涯の保障をベースとして保持しつつ、子育て時期の大きな保障が必要な時に、必要な分だけ定期保険で補うというのがオススメです。子どもが育っていけば、掛け捨ての定期保険は減額したり、解約したり可能になります。
更新型の定期保険は自動更新といって、健康状態にかかわらず保険料の見直しだけで、自動的に継続していく場合がほとんどです。この自動更新の説明をキチンと受けていない、もしくは理解していないと、突然の保険料の値上がりに驚くこともしばしば見られます。
定期保険には更新型と全期型があります。でも、契約者の中には全期型と更新型を比較検討して加入したという人は、案外少ないように思います。
なぜか?それは更新型のほうが、売りやすいからですね。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る