自動車事故で対物賠償に備える

自動車保険(任意保険)において、優先的に確保することが大切なのは『対人賠償』と『対物賠償』です。大切なのは『自分や家族の補償』も同時にしっかりと確保すること。自分や家族以外であれば、車両の搭乗者(運転者、同乗者)は補償を対人賠償保険や自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)で確保することができます。一方、自分や自分の家族は、通常の自動車保険(自損事故保険、搭乗者傷害保険)では補償を十分に確保することができません。

通常の自動車保険では、カードレールや中央分離帯への衝突、自分の不注意による追突、交差点での衝突など、自分(運転者)過失が大きない自動車事故のケースでは補償を十分に受けれない場合があります。もし事故の相手がいる場合は、保険金が本人の過失割合に応じて減額されてしまうため、損害額に対する満額の保険金を受け取ることはできません。また、事故の相手がいない事故の場合、本人の過失割合が100%となるため、十分な補償を通常の自動車保険だけでは確保できません。

いざ現実として自動車事故に直面した場合、自分や家族の補償はとても深刻な問題となりますので、事前によく確保することが肝要です。この補償については、『人身傷害補償保険』が最適だといえます。人身傷害補償保険は、保険の自由化以降一般的になったものです。過失割合に関係なく車両、怪我の治療費・慰謝料・休業補償といった損害を、自分の契約した保険会社から保険金として、契約した保険金額を限度に100%受け取ることができるためとても安心です。

自分や家族の補償については、自動車保険に契約する際比較的見落してしまう方が多いポイント。忘れずにしっかりと確保し、万一の場合にしっかりと備えましょう。保険の自由化以降様々な形態の保険が登場しました。従来型の保険で手が届かなかった分野も対応できるようになった分、必要な項目を絞らなければ毎月の負担がいたずらに増えてしまいます。自身の状況に応じて必要なポイントを洗い出し、目的から必要な補償を逆算すると良いでしょう。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る