自動車事故等で車両補償を確保する

車両を衝突させたり、衝突されたり、または盗難されたりというように、万が一の時には意外にも大きな損害となります。そのため、自身が所有する車両の損害についての補償をしっかりと備えておくことは重要です。補償内容(担保種目)によって、自動車保険(任意保険)は7種類に分かれていますが、こういった車両の損害が偶然の事故によって受けたケースは、「車両保険」のみ保険金が支払われます。(過失が相手にある事故のケースは、相手の対物賠償保険からも保険金が支払われます)

車両保険は、一般に自動車保険の保険料の中で比較的大きなウェイトを占めるので、その掛け方はとても重要な点になってきます。

車両保険の補償範囲によって保険料は大きく違う

車両保険は、事故が起きた時の補償される補償範囲によって、保険料が大きく変わってきます。車両保険の補償範囲には、通常
(1)一般車両保険
(2)エコノミー+A特約車両保険
(3)エコノミー車両保険
の3種類があります。この3種類において、保険料は節約するには補償範囲の小さいエコノミー車両保険を選ぶのがお勧めですが、万が一の時のリスクは大きくなります。対して、一般車両保険を選べば、補償範囲の大きいため保険料は高くなるものの、万が一のときでもより安心することができるでしょう。

自分の運転技術、車両の価値、周辺の環境など、車両保険の補償範囲は人によって状況が大きく異なってきますので、ご自身にあった補償範囲を選ぶようにしましょう。

免責金額を上げれば保険料は下がる

車両保険の仕組みの中には、「免責金額」というものがあります。契約者が自己負担する金額のことを「免責金額」と呼び、免責金額がたとえば10万円だと仮定すると、保険を使う際に自己負担が10万円となります。この免責金額を高めに設定すればその分保険料は安くなり、一方で免責金額をゼロに設定すれば保険料は高くなります。

相手がいる事故のケースでは、免責金額については自分の過失割合が100%でない限り、免責金額に相手から回収できる保険金を充当できます。そのため、免責金額を全て自己負担しなければならないというケースは、過失割合が100%の事故でなければ多くないようです。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る