自動車保険の保険料の仕組みについて

車

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

自動車に乗る方は、自動車保険の保険料を毎年支払っていることでしょう。しかし、その仕組みについて十分に理解して今すか? 一般的に、補償金額(保険金額)、補償範囲、等級、契約者の条件などによって保険料は大きく変わってきます。複数の保険・特約によって構成され、またいろいろな条件設定などがある自動車保険は、非常にその仕組みが分かりづらいといえます。しかしながら、今からの時代、効率的に保険を活用することは必要不可欠な技術であり、ある程度保険料の仕組みを理解しておくことは大切です。

保険料:全ての保険と特約の合計

担保種目ごとに保険料が決められている自動車保険。簡単にいえば、全体の保険料は全ての保険と特約の合計となっています(割引になる特約の場合ははその分を調整することになります)。その中で、保険料のが低いのが対人賠償保険で、逆に保険料の比重比重が高いのが車両保険です。また、カバーする補償範囲を増やせば、その分自動車保険の保険料は上がり、逆に補償範囲を減らせば保険料は下がります。つまり、自動車保険の補償と保険料の間には、トレードオフの関係が成り立ちます。

保険料:純保険料と付加保険料で構成

自動車保険の保険料は、保険金の支払いに全て充てられるのではなく、大きく分けて『付加保険料』と『純保険料』の2種類から構成されています。前者の付加保険料は、事業経費・代理店手数料・利潤などに充てられ、一方で後者の純保険料は、保険金の支払い原資に充てられます。保険会社毎に自動車保険の保険料が大きく異なるのは、この内訳が一般的に経営努力や事業構造などによって大きく異なるからです。

保険料:料率によって算出

自動車保険を構成する各保険の保険料は、料率(リスクを数字に換算したもの)と保険金額(補償額)を掛けることによって算出されます(保険金額×料率=保険料)。保険の自由化前までは、どの保険会社でもこの料率は同じでしたが、現在ではそれぞれ保険会社毎によって異なっています。

特にリスク細分型自動車保険が主力の保険会社では、リスク区分が契約者の条件によってより細分化されているため、大きな保険料の違いが出ています。具体的には、リスクの大きい人は、保険料が大幅にアップするのに対して、リスクの小さい人は、逆にこれまでより保険料が30~40%も大幅にダウンすることになります。

 0 件の口コミ投稿
『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!