診査も告知もいりません!なんてありません。

持病のある人の心をわしづかみにする魔法のキーワードですね。
素晴らしい宣伝文句の一種です。告知書も面接士との面接も医師の診査もいらないんですから。申し込み用紙を出せば保険に入れるなんて・・・
そんなの夢のようです!

ですが、ここで思い返してください。保険は何のために入るのでしょうか?
加入が目的ではありませんよね?保険金や給付金を受け取るのが目的ですよね。
この言葉だけを鵜呑みにしたとすと、入院中で余命宣告されていても入れる訳ですね。診査も告知もいらないのですから。それは素晴らしい!ぜひ入ろう!保障されるんだ!と、などと勘違いしやすいですね。

そうです。ここが重要なんです。
入れるけれども受け取れるとは限らないのです。

普通、生命保険では告知や診査をします。将来病気や怪我で、入院、死亡した場合、保険金や給付金を支払うことを前提に考えられています。
ですから、病気がなかろうが。怪我の可能性の多い仕事についていないだろうか。通院したり、検査中だったりしていないだろうか。と、このようなことを、保険会社は調べるわけですね。
ですが、診査も告知もありません!と言ってくる、無選択型の保険というのは違います。
誰でも加入できる代わりに、保険金や給付金の支払いを他の保険のように無条件で保障される訳ではないのです。
加入時に選ばないかわりに、支払い時に保険会社が支払うかどうかを決めます。
だから、入ったからもう安心ではないということです!
保険金や給付金が支払われるかどうかは、その時になってその理由が明確にならない限りわかりません。もちろん、この場合は保険金、給付金をお支払いします。この場合はお支払いしません。とあらかじめありますが、誰も保険金が出るからこの病気になろうなんてことは出来ませんよね。

入る時に間口が狭く、受け取り時に間口が広いのが、通常の生命保険です。その逆で、入る時に間口は広いけれども、受け取り時の間口が狭いのが、この無選択型の生命保険です。宣伝文句に踊らされず、キチンと保障内容を見極める目が必要ですね。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る