生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

自分の人生がそろそろ見えてくる世代が30代です。

そして、新しい家族を作ったり、家族が増えて、将来のことを真剣に考える世代でもあります。

万が一のことを考えて、家族のための備えとして、生命保険の加入について検討する方も多いのではないでしょうか。

このような世代である30代は、他の世代の方と生命保険の選び方が違います。

今回は、どうして30代で生命保険が必要なのか、また、おススメの生命保険について詳しく解説していきますので、最後までお読みください。

1. 30代に必要な保険とその必要性

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

30代は結婚や出産にマイホームの購入など、将来の家族の備えとして生命保険の加入につい考える機会も増えてくる時期です。

早い段階から保険に加入することは家族の生活や、自分の老後を考えると、メリットが多いといえるのではないでしょうか。

しかし、大切なことは、30代で保険に加入する際には、その必要性についてしっかりとした知識を持っていることです。

ここでは、生命保険がなぜ30代の方に必要なのかという理由と、生命保険選びの重点について解説します。

1.1.30代に保険が必要な理由

生命保険に30代で加入する必要性が高いことの理由の一つとして『既婚で子供がいる』と言うことが挙げられます。

もし、まだ子供が小さいというような場合には、子供にかかる将来の大きな出費も予測しておくことが大切なことになります。

30代の男性が妻と小さな子供を扶養していて死亡した場合に、すぐにかかる費用が葬儀にかかる費用と、お墓が必要な場合は墓代と、遺品の整理を行う際にかかる費用です。

残された扶養している妻と小さな子供のことを考えると、その後に必要となる費用は、住居を購入している場合はローンの費用、家族の生活費、子供の進学費などです。

健康保険の保障と貯蓄だけでこれらの費用をカバーするのには、貯蓄や財産が沢山あって今後の生活に困ることのない人以外、多くの一般の方には限界があるといえます。

まだ、健康状態の良好な30代の方が保険に加入することは難しいことではありません。

また、生命保険に加入する理由を、万が一の際に備えるだけではなく、老後の資金を早い段階から貯蓄することに向けることも良いことと思います。

生命保険の商品には、30代で加入する保険のプランには、保険料がリーズナブルで医療保障を一生涯の得られるというような、お得な商品もあります。

『自分の子供はまだ小さいから、病気やケガ、死亡のリスクに一時的に備えたい』」と考える方の一つの方法としては、定期保険に加入することをおススメします。

定期保険ですと、保険料を抑えながらも、充実した保障を受けられます。

ただし、注意していただきたいことは、保険は掛け捨て型のため、長期的に加入すると損をしてしまうケースもあるということです。

加入する期間と保険料のバランスについて、定期保険に加入する際には考えるようにすることが必要です。

1.2.30代に必要な保険

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

30代の保険選びに必要な保険のポイントをみていきましょう。

まず第一のポイントは『あなた自身の家族構成』についてです。

死亡保障は、あなたが扶養する家族の人数が多ければ多いほど、手厚くしなければなりません。

独身の方の場合については、親兄弟の金銭的な援助をしていて、あなたが死亡した場合に困窮してしまうという以外は、保障を高額にする必要性はありません。

続いて『家族にとって、その保障の内容が必要なものなのか』を考えることです。

死亡保障について高額な保障が必要でないのに、高額な保障プランに加入してしまうと無駄な保険料を長年に渡り支払うことになってしまいます。

支払う保険料の金額と、一般的な保険料の金額との差額が大きくなりすぎていないかを確認しておくことも大切なことです。

また、生命保険の加入に際しては、複数の保険会社を必ず比較してから決めるようにしてください。

保障内容は同じでも会社によっては、保険料の額に差が生じている場合もあります。

賢明な方法は、充実した保障内容で、リーズナブルな保険料金の商品を選ぶことです。

会社によってサービスの内容も異なっています。

各保険会社の資料やホームページなどをよく読んで知識を蓄えておく必要があります。

このため、自分に合った保険を複数の会社を比較しながら見つけだすためには、時間がかかる場合があります。

しかし、途中解約をすると損をしてしまうプランもありますので、時間をおしまず、じっくりと慎重に選ぶことが重要です。

1.3.30代の保険料目安

生命保険の商品を選ぶ際には、保障内容と保険料のバランスを考えて選ぶことが必要です。

しかし、生命保険に初めて加入する方のなかには、保険料や保障内容についてよく分からないというかだか多いのではないでしょうか。

生命保険料の一般的な金額について、生命文化センターの平成28年度版の『生命保険に関する全国実態調査』によると、保険料の平均支払額は、

30代男性が月に1万6,000円程度

30代女性は月に1万4,000円程度

が平均となっています。

しかし、生命保険の保障の内容によって保険料の支払金額は、変わってきます。

子供の人数や配偶者が働いているのかいないのかによって、同じ30代の方が扶養する家庭でも、環境は異なっています。

加入する必要のある保険の種類も変わってきますし、保険料の金額については、特約を付加しているか否かによっても大きく影響を与えてきます。

保険料の平均的な数値は、30代で小さな子供を持つ方の場合においては、保障の内容を手厚くしているケースが多いので参考とならず、少なからず上下する可能性があると言えます。

2.30代ならではの生命保険の選び方

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

30代は、他の世代の生命保険の選び方とは違う保険の選び方があります。

大切なことは、ご自分の性別や家族構成によっていろいろな選び方があるので、最も適した保険を選ぶことです。

2.1.保障額は家族構成に応じて決める

生命保険で必要な保険金額は、未婚か既婚か、扶養する子供や家族がいるかどうかということによっても異なってきます。

それぞれの家族構成によって、保障額をどのように決めたら良いのかについみていきましょう。

生命保険で必要な保険金額は、まずは未婚か既婚か、ということによっても異なります。

一般的に言われていることは、未婚の場合はあまりに高額な保険金額は必要ないということです。

多数の意見としては、親や、兄弟を自分が扶養していたり、独身でも子供がいるという場合を除いて、自分が亡くなった後の葬式代や諸々の手続きに要する費用など必要な分として、死亡保障は、多くても500万円ほどあれば十分ということです。

あまりにも手厚い保険や数千万円もの保障を死亡時にされるような保険はおススメすることは出来ません。

どうしても手厚い保障を生命保険で受けたいというのなら、医療特約をつけることにより、入院・手術などに対して先進医療など高額な医療費の支払いに対応することができます。

また、生命保険だけでなく、別途で医療保険に加入することもおススメします。

2.2.既婚者の場合は保障額を遺族の経済的負担を考慮して決める

一方、既婚者や子供がいたり、誰かを養っているという場合は上記に述べたこととは話が変わってきます。

結婚をし子供がいる人も30代になると多くなります。

また、少なくないことは親の介護が必要になる場合てす。

そのため、このような場合に第一に考えなければならないことは、保障額についてです。

基本的には『保障額を決めるのには、自分が亡くなった時に経済的に困る人がどれくらいいるかを想定して決める』ということが一般的とされています。

例えば、配偶者が自分が亡くなったことによって、家計を維持することが困難になるのは、専業で家事を行っていると、自分が亡くなった後に収入がなくなってしまいます。

さらに、子供がいる場合は、学費についての心配があります。

ただし、夫婦共働きで配偶者の収入がなくなっても経済的には困らないというような場合は、保障については、独身である場合と同じで十分と言えます。

また、親の介護が必要になり介護費用を支払っている場合や、今後介護をする可能性があるのなら、その点も考慮しなければなりません。

一般的に、夫婦と子供二人の家庭の場合に目安とされてきた金額は3000万です。

ただ、国や健康保険、遺族年金などの社会保障制度でもさまざまな保障が受けられます。

生命保険にかける金額としては、まずは、これらの保障でどのくらいもらえるかを試算をして下さい。

その上で、その金額を引いた残りの分について生命保険としてかけていくことをおススメします。

2.3.掛け捨て型と貯蓄型の使い分けは人生設計に合わせて

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

生命保険のタイプには、掛け捨て型と貯蓄型という2つがあります。

このタイプの違いについて解説します。

掛け捨て型は、保険料をとにかく抑えたい人に最適なタイプ

掛け捨て型とは、契約した期間において万一の場合に保障を受ける対価として、保険料を生命保険会社へ支払うというタイプの保険です。

定期保険の多くは、この掛け捨て型です。

一番のメリットは保険料が全体的に安いことですが、保険料が安い代わりに、お金が戻ってくることは万一と言うことがない限り、ありません。

お金を支払ったら、万が一の場合に生命保険金の支払いを受け取るか、特殊な保険でもない限り、払いっぱなしと言うことになります。

貯蓄型は、お金を貯めて備えにもなる、じっくり貯めたい人向けのタイプ

貯蓄型とは、契約した一定期間は保険料を生命保険会社へ払い、いざという時や契約期間が満了した際には満期金としてお金が戻ってくる保険です。

貯蓄型の特徴として、保険料以上の金額が場合によっては戻ってくる可能性があるということも言えます。

そのため、貯蓄型を活用している人の多くには貯金と同等のつもりでしている人もおります。

ただし、そのかわり保険料が全体的に高額になる傾向にあります。

どうしても掛け捨て型と比較すると、保険料の負担が大きくなってしまうのは避けることができません。

また、そもそも貯金とは異なる点も多いことから、支払った保険料よりも安い金額が、解約のタイミングによっては戻ってくる場合もあります。

貯蓄型の保険の主となるのは、

満期保険金が受け取れる『養老保険』

解約返戻金の受け取りが可能な『終身保険』

です。

支払った保険料に対し支払われる払戻金の割合を示したことを『返戻率』と言いますが、特に終身保険で『貯蓄』」を目的とする場合には、この『返戻率』の高い商品を選ぶようにすると良いでしょう。

貯蓄型と掛け捨て型の両方に入るという方法も

この掛け捨て型と貯蓄型の両方に加入するという方法もあります。

これは、まず生涯の保障として貯蓄型・終身保険に加入しますが、その際には、1000万円ほどの生命保険が死亡時には入るプランを選択します。

そして、子供が生まれた後の保障を手厚くするために、掛け捨て型の生命保険に更に入るというものです。

同時にこれら2つの保険に加入するメリットは、保障内容については、必要に応じて変更できるということにあります。

手厚い保障は子供が生まれる前はあまり必要がないため貯蓄型の生命保険のみで十分です。

しかし、子供が生まれ配偶者が家事や育児に専念している期間は、手厚い保障が受けられることが必要ですから、掛け捨て型の定期保険にも加入しておきます。

そして、掛け捨ての契約は子供が大きくなったら終了し、老後の備えとして貯蓄型のみにしていくという方法です。

3.生命保険の種類は目的に応じて選択する

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

次に、『掛け捨て型』と『貯蓄型』それぞれの生命保険の保険期間と保障期間の違いについてみていきましょう。

3.1.『終身保険』は葬儀費用や遺族への保障目的に適している

『終身保険』の特徴は一生涯の保障を受けることが出来るという保険になります。

一般的には保険料支払いが60歳・65歳などで終えるものでしたが、最近は一生涯払い続けるタイプのものも多くなってきております。

一生涯払い続けるタイプのものの方が、期間を定めたタイプよりも保険料を安く抑えることができますが、その分、長期に支払期間が及ぶため負担については大きくなります。

終身保険の場合、『死亡保障』という側面が大きいため、適しているのは、目的が亡くなった後の葬儀費用や遺族への保障においている場合です。

終身保険の場合、貯蓄型の保険とされる『養老保険』とは違っていて、『満期保険金』についての支給はありません。

3.2.『定期保険』は一定期間の保障を手厚くしたいときにおすすめ

定期保険の場合、保険期間が『10年』『15年』などと指定されていて、保障についてはその特定の期間しかされません。

保障については、保険料を契約期間中のみ払い、契約満了に伴って終了となります。

特徴としては、更新することは必要に応じても可能ですが、保険料が更新する場合は上がることが多いことです。。

ライフプランに合わせて定期保険は選択できます。

そのため、手厚い保障を受ける必要がある子供が小さいうちや、個人経営者などで保険料を収入が安定するまで安くしたい人におすすめです。

3.3.『養老保険』は貯蓄を重視するならベスト

また、もうひとつの選択肢としての『養老保険』について解説します。

養老保険の特徴的なのは、一定の期間契約した後『満期』になると、『満期保険金(満期給付金)』が支払われるということです。

一般的に満期は60歳、65歳以上に設定されていることが多いことから、加入の目的としては、老後のための備えとして加入することが多いと言えます。

また、万が一の保障として期間内に死亡や高度障害状態になってしまった場合も保険金が支払われるため安心できます。

加入については、貯蓄性が高いことから老後の備えとする人が多いのですが、保険料についてはその分高めの設定となっております。

また、30代で老後の備えを始めるとなると支払期間が老後まで長く続きます。

老後になる前に、子供の教育費などで出費が大きくかかることもあります。

その際に保険を解約したくてもできなかったり、やむを得ず保険を解約すると、解約返戻金が支払った保険料よりも安くなることも少なくありません。

そのため、保障内容の設定に当たっては、ライフプランを調整して行う必要があります。

3.4.『年払い』は保険料を節約したい方におすすめ

保険料については、保険会社によって変わる傾向があります。

毎月支払う保険料には同じ『死亡保障3000万円』でも、違いがあります。

同じ保障額で同じタイプなら、保険料がなるべく安い所をおススメします。

また、保険料は一般的に1歳でも若いほうが安くなります。

保険料は加入する年齢が高くなればなるほど高くなりますので、加入については、できるだけ早めにした方がお得と言うことです。

そして、保険料を節約したい場合、『月払い』で毎月支払うのではなく、年に1度支払う『年払い』を行うほうが、支払保険料の総額の安く抑えることが出来ます。

もし、『年払い』しても家計の負担にならないのであれば、保険を選ぶ際に『年払い』に対応している保険を選ぶという方法もあります。

4.自営業の場合

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

30代の方のなかには、自営業の方もいらっしゃると思いますので、自営業者の方の生命保険について解説します。

自営業の方は、公的医療保険・公的年金保険などの保障が会社員の方と比べて手薄です。

そのため、その部分をカバーするために『医療保険』、『就業不能保険』、そして「『死亡保険』、『個人年金保険』などに加入して保障を手厚くすることが一般的です。

いざと言う時のために、公的制度では賄いきれない部分を補うために民間の保険に加入することが目的ですから、民間の保険の内容が充実したものを自営業の方が用意することは理に適ってい

ると言えます。

では、具体的に公的医療保険や公的年金保険が自営業の方に対しては手薄というのは、どういうことでしょうか。

会社員の方と比較しながら解説します。

4.1. 自営業の公的医療保険制度

加入している公的医療保険の種類が会社員と自営業では制度上違っています。

法的に第1号被保険者と言われる自営業の方が加入するのは『国民健康保険』で、第2号被保険者といわれる会社員の方などが加入しているのは、『健康保険組合』や『全国保険協会』になります。

健康保険組合・全国保険協会と、国民健康保険の内容の違いは様々です。

その中でも大きいのは『仕事を病気やケガで休んだときに手当があるかないかの違い』だと言えます。

たとえば、『傷病手当金』を会社員の方が病気やケガで仕事を休んだら受け取ることができます。

受け取るための条件はもちろんいくつかありますが、仕事を休んだときの手当があるのは安心なことです。

しかし、自営業の方は、たとえ病気やケガなどの理由で仕事を休んだとしても、どんな手当も受け取ることができません。

理由は、傷病手当金が国民健康保険には備わっていません。

そのため、自営業の方が病気やケガで仕事を休んでしまえば、収入がそのまま途絶えてしまうということです。

もし、自営業の方が病気やケガで、仕事が出来なくなって収入が無くなってしまった場合に備えるためには、『医療保険』や『就業不能保険』に加入しておくことをおススメします。

4.2 自営業の方の公的年金保険

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

日本の年金制度は建物に例えて、『一階建て』、『二階建て』、『三階建て』と言われています。

自営業の方の公的年金保険については、国民全員の加入が義務づけられている『国民年金』が挙げられ、これが一階建てと言われます。

そして一般的に、会社員の方はその国民年金に上乗せするような形で『厚生年金』に加入していますので、国民年金+厚生年金ということになり、『二階建て』と呼ばれます。

さらに、会社員の場合企業によっては、厚生年金基金も用意されていて、国民年金+厚生年金+厚生年金基金となり、『3階建て』の企業もあります。

その一方、自営業の方の公的年金は、国民年金基金など任意加入のものもあるとはいえ、基本的には国民年金のみの加入となっています。

このことから、自営業の方は会社員の方と比べて、

  • 万が一亡くなった場合に残された家族に支給される『遺族年金』
  • 重い障害を負ったときに支給される『障害年金』
  • 老後に支給される『老齢年金』

の支給額が少ないと言えます。

これらのことから、自営業の方は自助努力で万が一亡くなった場合や、働くことが出来なくなったとき、また、老後の生活の安定のための備えをしておく必要があります。

その備えの方法の一つとして、

  • 死亡保険
  • 就業不能保険
  • 個人年金保険

の加入について検討することは必要なことでしょう。

4.3 自営業の方の雇用・労災保険

もしも失業したり、業務中に病気やケガをしたりした場合、会社員の方は、条件が幾つかありますが、手当を雇用保険や労災保険から支給されます。

雇用保険は、『失業給付金』と『職業訓練給付金』の保障を備えています。

  • 『失業給付金』は失業した際に就職活動に安心して専念できるようするための保障
  • 『職業訓練給付金』は再就職するためにスキルアップするための保障

です。

労災保険は、通勤中や業務中の病気やケガ、死亡したときに給付金が受け取れるものです。

これらの雇用保険・労災保険は会社員の方を対象とした制度です。

従って、個人事業主などの自営業の方が加入したくても、残念ですが加入することはできません。

自営業者の方は、病気やケガ、死亡したときに備えて、『医療保険』や『就業不能保険』に加入しておいた方が賢明といえそうです。

5.30代の方の医療保険加入は?

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

疾病のリスクは20代よりも30代の方が高まる年代です。

従って、医療保険に20代で加入するよりも30代の方が保険料は高くなります。

そして、医療保険に病気になってしまってからでは加入するのは非常に困難なことになってしまいます。

死亡原因の上位には、30代になると悪性新生物や心疾患などの疾病がきており、男女ともに40代では死亡原因の1位に悪性新生物となっています。

特に女性の30代の後半では死亡原因の1位に、乳がん・子宮がん・卵巣がんなどの女性が罹患しやすいがんになっています。

これらのことから、疾病のリスクが30代からは高まりますので、真剣に医療費への備えについて検討した方が良いでしよう。

特に女性の30代は女性特有の病気になりやすくなる時期です。

これから紹介します30代の医療保険についての知識を得て下さい。

5.1.30代の方の医療保険加入率

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

平成28年度の生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」によると、

生命保険(民間の生命保険会社や郵便局、JA(農協)、生協・全労済で取り扱っている生命保険や生命共済)に加入している人は、男性80.6%、女性81.3%です。

年代別に見ると、30代の加入率は男性84.1%、女性81.3%となっています。

個人年金保険やグループ保険、財形はこのデータからは除かれています。

これらのことから、想像できることは30代のほとんどの人は、万が一の場合に何らかの形で備えているであろうということです。

5.2.30代の平均負担額はいくら?

生命保険に30代で加入しようと考えている方の場合、保障を考える上で、自分たち30代の平均生命保険料や平均保険金額を知りたいと思っているのではないでしょうか。

人それぞれによって家族構成など、状況は違いますので一概にはいえません。

しかし、やはり平均値を知っておくのは非常に参考になるものです。

自分に最適な保障を30代の平均保険料や平均保険金額を知った上で考えていきましょう。

平成30年9月に発表された生命保険文化センターの調査結果によりますと、

30代の死亡保険額の平均額は、

30歳~34歳までが2,883万円

35歳~39歳までが2,857万円

生命保険料金の年間支払額の平均額は、

30歳~34歳までが29,8万円

35歳~39歳までが38万円

となっております。

なお、全体での年間支払額の平均は、38.2万円

となっております。

30代の方の保険料金の支払いを1か月平均にしますと、『2.3万円』となります。

ただし、これはあくまでも平均の値です。

参考程度にしておいてください。

5.3.30代の入院時平均自己負担額

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

入院すると色々な費用がかかります。

患者さん一人一人の症状や治療方法、期間については異なります。

従って、確実な平均費用を出すことは困難なことです。

そこで、公益財団法人生命保険文化センターが入院していた患者さんからとったアンケートの結果を公表していますので紹介します。、

入院1日あたりの自己負担額について出典:公益財団法人生命保険文化センター 平成28年度「生活保障に関する調査」

「直近の入院時の1日あたりの自己負担費用」(回答数:432)

最も多いのは「10,000円~15,000円未満」で、全体の約4分の1を占めています。

次が「20,000円~30,000円未満」で、14.1%です。

また「20,000円以上」でくくってみると33%と、全体の約3分の1となります。

かなり高額なケースも多いことが分かります。

この資料から導き出されることは、全体の平均値が19,835円であることが分かります。

従って、入院すると、1日あたり20,000円前後の費用が必要になると言えます。

6.死亡保険はどう選んだら良いか?

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

具体的に生命保険の死亡保険への加入を検討する段階になると、『保険商品が多すぎてどれを選んでよいのだろうか』とか、『保険商品についてとんな基準で比較するのだろう』か、というようなことが気になってきます。

生命保険の死亡保険は、保険金については万一の際には多額の金額の支給を売れますが、その分支払保険料も高いことから、決して家計への負担も小さくありません。

保険料を節約するためには、保障について過剰な保障を選ばず、あなたの環境にあった適切な保険を選ぶことにが大切なことです。

死亡保険の加入にあたって、保険会社の専門スタッフに相談して、あなたに最適な保険商品を提案していただいて選択することをおススメします。

6.1. 既婚者の場合

結婚している30代の方の保険の選び方の大前提は、『何かあった場合に自分と家族がこまることのないようにする』ということです。

家庭のなかのポジションによって具体的な保険の選び方は違ってきます。

仕事をして収入を担っている方の保険の選び方

結婚している方のうち、仕事をして収入を担っている方の場合、比較的に手厚い保険が必要だと言えます。

なぜなら、家の大黒柱として仕事をして収入を担っている方が、病気やケガをして入院・手術をしたりすると、収入が減少したり、あるいは亡くなられてしまった場合は収入が無くなってしまいます。

そうした場合には、経済的に家族は困窮し、生活も今まで通り生活を送れなくなってしまうことが予想されます。

このような場合に備えた保険として、『医療保険』、『就業不能保険』『死亡保険』について、手厚い保障のついた保険商品に加入しておくことをおススメします。

 専業主婦/主夫として家事をして家庭を支えている方の保険の選び方

既婚の方で家事をして家庭を支えている方の場合について、保険の加入については、比較的に軽めの保険の備えで十分と言えます。

ただし、、最低限の『医療保険』と『死亡保険』についてはしっかり備えておく必要があります。

これは、家庭を家事をして支えている方であっても、病気やケガで入院・手術をした場合には、医療費が当然かかってきます。

家事をしているだけですから、収入が減るということはありませんが、その方が入院した場合は、残された家族が仕事と家事を両立しなければなりません。

今まで、やってなかった家事をもやらなければならないことは難しいことです。

食事が外食を利用したり、小さな子供さんがいる家庭では、ベビーシッターをり利用しなければならなくなるかも知れません。

また、入院した方の病気見舞いへの交通費や、日用品の購入等入院前には予定しなかった出費が増えてきます。

このため、最低限の医療保険のむ備えはしておいた方が良いということが言えます。

死亡保険についても同様のことが言えます。

人が亡くなったときには葬祭費用、死亡整理金、お墓代、遺品整理費などがかかってきます。

このようなことから、家事をして家庭を支えている方の死亡保険の金額としては、死亡整理金+αとして300万円~500万円程度を用意しておくと良いと言えます。

 子供がいる場合の保険の選び方

30代の方に子供がいる方の場合、両親に万が一のことがあったときに子供に負担をかけないための準備保険として、『子供の教育資金の貯蓄』をしておくと安心できます。

さまざまな費用が子育てにはかかりますが、その中でも教育資金が特に大きいと言えます。

高校進学率は98,8%、大学進学率は54,7%です。

高校に子供のほとんどが進学し、さらにそのうち半数以上が大学まで通っているという計算になります。

そのためには、大学進学までを見越して何かしらの教育資金を準備しておかなければなりません。

教育資金準備の方法として。学資保険や終身保険『低解約返戻金型』に加入しておくことで、満期や解約のタイミングで保険金を受け取れます。

受け取った保険金を子供の教育資金として利用することが出来ます。

また、一般的に支払った4保険料よりも受け取る保険金の方が多いので、着実に効率的な教育資金として活用することが出来ます。

マイホームを購入している場合

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

30代の方でマイホームを購入している場合、マイホームを購入するときには住宅ローンを利用することが一般的です。

しかし、その際に『団体信用生命保険』(以後、団信保険といいます)に加入していることはご存知でしょうか。

団信保険は、生命保険の一種です。

住宅ローンを借りた人が死亡したり高度障害状態になったりすると、ローンの残りの返済が滞ったり、支払いが出来なくなることが考えられます。

そのため、ローンの残りを肩代わりしてくれる保険です。

住宅ローンの借り入れ条件の1つに、この保険への加入がなっていることが多いようです。

通常の保険と大きく団信保険が違うところは、ローンの金利に保険料が繰り込まれていることです。

そもそも団信保険に加入している事実さえ『保険料』という明確な形で支払いをすることがないので、知らないという言う方も少なくありません。

もしも、すでに加入している生命保険の金額設定が、被保険者に万が一のことがあったときの住宅資金も想定しているとするなら、団信保険とその部分は重複していることになります。

マイホームを購入されている方は、加入している団信保険と生命保険の内容をチェックして下さい。

重複していてムダな部分があれば、その部分の保険料はカットしてコンパクトに保険をまとめることをおすすめします。

6.2. 独身者の場合

30代の独身の方が保険を選ぶときは、病気やケガで入院・手術をして医療費がかかったり、仕事ができなくなり収入が減ったりした時に困らないようにするということです。

十分な貯蓄があって、医療費負担や収入減に対応できるといのであれば、改めて保険に加入することの必要性は低いといえます。

しかし、現在の貯蓄だけでは病気やケガをすると生活や医療費の支払いに困ってしまうという方は、医療費に対しては『医療保険』、収入減に対しては『就業不能保険』に加入しておくことを

オススメします。。

また、それ以外にも、もしも自分に万が一のことがあったときに備えて、最低限の『死亡保険』に加入しておいた方が良いでしょう。

『死亡保険なんて、独身で養っている家族もいるわけじゃないから、必要ないんじゃないの?』と思われてるのではないでしょうか。

死亡保険は被保険者が亡くなったときの死後整理金に充てるという役割も持っています。

死後整理金とは、養う家族がいる・いないに係わりなく、葬儀費用、遺品整理費用、お墓の費用といった、人が亡くなった際に発生する費用のことを言います。

独身の方も、もしも、亡くなった際に親族や親戚などに負担をかけないためにも、最低限200万円~300万円程度の死亡保険は死亡整理金として用意しておいたほうが良いのではないでしょう

か。

7.医療保険はどう選んだら良いか?

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

医療保険に加入する目的は、入院・手術をした時の医療費の補填となります。

若い方の中は、自分にはあまり必要がないと言う方が多いのではないでしょうか。

しかし、保険は必要性にかられて入ろうとした時に入れないのです。

それに、若い方の方が断然、保険料が安い設定になっていますので、是非加入することをおススメします。

では、どういう保険がいいのでしょうか。

これから、保険に加入する際のポイントについて紹介します。

7.1. 一般的な医療保険

  • 終身で入る。

終身保険は一度加入したら、保険料が一生変わりません。

若いという特権を生かして終身保険に加入しましょう。

  • ベースを作る。

理想としては、1日入院1万円くらいの保険に入った方がいいのですが、5千円の終身+5千円の10年更新型のように用途に合わせて組み合わせてもいいでしょう。

ベースは一生持ち続けますが、追加分については不要になったら解約します。

  •  特約については条件を確認する。

健康祝金付きで、リターンのあるものが若い方には特に魅力があるのではないでしょうか。

さらに、払込免除特約を組み合わせられる商品をと考えていませんか。

ただし、良く条件を確認してください。

例えば、会社によっては健康祝金を受け取る場合、一度でも保険金をもらうと資格を失ったり、入院についても、10日以内の入院であれば大丈夫というような会社もあります。

また、払込免除特約も、脳卒中限定の会社もあったり、脳疾患全体をカバーしてくれる会社や、条件として60日後の健康状態を確認する会社もあるなど様々です。

これらのことは、表面的には見えませんが、加入に際しての重要なポイントです。

加入に際しては、ぜひ、納得いくまで確認してからにしてください。

7.2. 女性の場合

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

若い方は医療保険に加入する必要があまりないようなイメージかもしれません。

しかし、女性は特に必要と言えます。

それは、実は、若い女性の方に女性特有の疾病は多いのです。

さらに、女性特有の疾病による妊娠時のリスク等を考えると、妊娠する前に加入しておくことをおススメします。

そこで付加について考えていただきたいことが、女性疾病特約です。

入院費用には医療費以外の食事代等諸々の費用が掛かって、1日平均の諸費用を含む入院費用は、2万円と言う調査結果もあります。

入院の全体費用を補てんするためには1日2万円の医療保険に加入していれば安心と言えます。

7.3ガン保険はどう選んだら良いか?

ガン保険と聞くと、若い方には縁遠いと思われる保険ですよね。

しかし、女性特有の乳がん等女性系のガンの罹患率は、30代~40代がピークとなっております。

男性の方が生涯のガン罹患率は、高いのですが、女性の罹患率の方が若い時は高いといえます。

この年代は女性の方の保険料が、保険会社によっては高いところもあります。

それでは、ガン保険を選ぶ時のポイントを紹介します。

ガン治療は日進月歩している。

ガン治療については10年前のガン治療と今のガン治療は全く異なっています。

医療における進歩は目覚ましく、これから10年、20年後のガン治療はもっと、もっと進歩しているものと考えられます。

そのため、個人的な意見ですが、終身のものに加入する必要はないのではと考えます。

 完治を目指せ。

苦しい治療より人間的に過ごそうという考え方が60代を過ぎると、あっても良いとは思います。

しかし、若い方は完治を是非目指してください。

病気の完治のためにはお金がかかります。

完治する可能性お金があれば高いということでもあります。

先述もしましたが、保険料は同じくらいですから、終身タイプの小さな保険に加入するのなら、5年~10年と短期の大きな保険に加入することをおススメします。

これも先述しましたが、医学の進歩は目覚ましいものがありますので、10年生き延びれば、助かる可能性は非常に高くなります。

しかし、生き延びる可能性は小さな保障だとそれだけ低くなるということになります。

 入院より通院に重点をおく

現在の医療現場では、入院日数はたとえガンであっても短いのです。

放射線治療も、今は、通院で行うのが一般的になってきています。

ですから、ガン保険選びのポイントは、支給については1日につき幾らと言うタイプではなく、ガンになったら幾らと支給されるか、年間で何百万とか、かかった医療費用は全額出るような保険に加入ることをおススメします。

ガン保険については、若い方はあまり必要性を感じないかも知れませんが、現在、ガンが発症することを予測することは出来ません。

若いからガンに罹らないということは言えません。

保険料も若い時は安いので、万が一のことを考えて、ぜひ加入してください。

なお、30代の保険市場WEBサイトから資料請求できる保険商品の資料請求件数順の第1位から第5位までのランキングは次の通りです。 『2018年11月現在』

第1位

SBI生命 クリック定期!

SBI生命

第2位

かぞくへの保険

ライフネット生命

第3位

メディフィット定期

メディケア生命

第4位

定期保険プレミアム

チューリッヒ生命

第5位

終身保険RISE(ライズ)

オリックス生命

8.まとめ

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説!

いかがでしたでしょうか。

生命保険が30代に必要な理由と、おススメの生命保険を詳しく解説してまいりました。

30代は、将来の家族の備えとして生命保険の加入につい考える機会も増えてくる時期であることがお分かりかと思います。

また、30代という若い女性に女性特有の疾病などが多いことは意外と思われたのではないでしょうか。

調査結果から、30代のほとんどの人は、万が一の場合に何らかの形で備えているであろうということも分かっています。

もし、あなたがまだ生命保険に加入していないのであれば、これを機会に生命保険の加入について検討することをおススメします。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る