アフラックのがん保険について

aflac

がん保険と聞いてまず思い浮かぶのがアフラックのがん保険という方も多いかもしれません。

アヒルをイメージキャラクターに使ったCMは、宮迫博之さんや櫻井翔さんをはじめ、名だたる有名芸能人を起用していることでもお馴染みです。

これだけの知名度を誇れば、アフラックのがん保険に入っておけば間違いない!と感じる方も少なからずいるはず。

でもちょっと待ってください!有名だからという理由で、安易に加入してしまうと、人によっては後悔してしまう可能性があります。

もちろん知名度があるということは、それだけ安心にもつながります。

ただがん保険というのは種類も多く、商品によって保証内容も大きく変わってきます。

またがんにかかった際の費用や保証してほしい内容は、人によって違うので、有名だから入るのではなく、自分の今の状況、がん保険の保証内容を知った上で加入する必要があります。

そこで今回は、CMでも有名なアフラックのがん保険とはどんな保険なのか?を書いた上で、入るメリットやどんな人に向いているのか?を書いていきたいと思います。

ちなみにここでは、アフラックのがん保険「新生きるためのがん保険」をもとに、すでにがん保険というものがある程度分かっている方や、アフラックの医療保険に現在加入しているという方に向けて書いていきたいと思います。

がん保険とは?

そもそもがん保険というものがどういうものか説明していきたいと思います。

がん保険とは文字通りがんに特化した保険です。なので、がんにかかった時にしか保証されず、それ以外の病気では保証されません。

よく医療保険と比較されがちですが、医療保険は様々な病気を幅広く保証してくれる分、がんにかかった際の保証内容はがん保険に比べると手厚いとは言えません。一方がん保険はがんに特化した保険のため、がんにかかった時の保証が手厚くなっています。

がんにかかった時というのは、通常の病気に比べると、治療費が高くなります。

そこで高い治療費を負担できるための保証を用意したものが、がん保険になるというわけです。

がん保険ですと医療保険と比べ、まとまったお金が受け取れるので、がんにかかった際の心強い味方となってくれます。また入院給付金の日数に上限がなかったり、通院給付金の保証額が充実していたりと、がん保険だからこそ保証される内容が多々あります。

アフラックのがん保険の主な特徴

ではここからは実際にアフラックのがん保険について書いていきます。

アフラックの保険の中でがん保険といえば、「新生きるためのがん保険」が当てはまります。

この新生きるためのがん保険の主な特徴としては、

  • 加入可能な年齢が0~85歳
  • 保証期間は一生涯
  • 保険料の支払い期間は、10年・60歳で完了・60歳から半額のプラン・65歳で完了・65歳から半額のプラン・一生涯支払い、の主に7つに支払い期間がある
  • オプションサービスとしてがん専門家に相談できる

の4つが挙げられます。

がんにかかった後のことも考えて、がんの専門家に相談できるというのはかなり安心できます。

 

アフラックのがん保険の保証内容

基本保証の項目

まずは基本保証について書いていきたいと思います。

保証される項目としては、

  • がん診断一時金(100万円)
  • 入院給付金
  • 通院給付金
  • 手術給付金
  • 抗がん剤治療給付金
  • 放射線治療給付金
  • ホルモン剤治療給付

が挙げられます。また特約事項として先進医療特約が挙げられます。

基本保証の内容

次に基本保証の内容を具体的に書いていきたいと思います。

がん診断一時金

初めてがん(悪性新生物)と診断確定されたときに診断一時金が受け取れます。その場合がんですと100万円、上皮内新生物ですと10万円を受け取ることができます。

ここで悪性新生物について簡単に説明すると、悪性新生物とは移転する可能性のあるがんです。この悪性新生物の場合、治療が長期になることや症状が悪化する可能性があり、そのため診断一時金も高額となっています。具体的な病名を挙げると肝臓がん・すい臓がん・甲状腺がん・悪性リンパ腫・白血病などが当てはまります。

これに対し、上皮内新生物というのは治療によってほぼ完治し、移転する可能性もほとんどないです。がんが上皮の粘膜層内にとどまっているため、内部に深く浸潤していない状態であり、しっかりと治療を行えば3年以内の生存率もほぼ100%と言われています。

このようにがんと言っても悪性新生物と上皮内新生物に分かれるため、受け取れる診断一時金の額も変わってきます。

またここで注意が必要なのはこの一時金が支払われるのは、保証期間をとおしてどちらも1回までということ。ただ、特約事項の「診断給付金複数回支払特約」付帯した場合のみ、2年に一度まで受け取ることもできます。

入院給付金

入院給付金とは、がんにかかった際に入院する必要がある場合、1日あたり5,000円または10,000円の給付金を受け取れるというもので、上記で記述した悪性新生物と上皮内新生物が対象となります。

給付される金額は加入時の契約内容によって異なり、保証されるのは入院一日目からです。また、保証される入院日数は無制限となっています。

通院給付金

通院給付金はがんのために通院した際に支払われる給付金で、1日あたり5,000円または10,000円が給付されます。ただ支払いの対象となるには条件があり、手術、抗がん剤治療、放射線治療(三大治療)を目的とした通院とがん治療を目的とした入院後の通院が対象となります。ここで入院後の給付金は、がん治療で入院後の通院に限られるので注意が必要です。つまり入院後の給付金は、一度入院していないと、通院給付金は受け取れません。

この通院給付金は、三大治療のための通院であれば日数は無制限になりますが、入院後と通院の場合、退院後365日以内で日数が無制限となります。あくまでも1日に支払われる給付金などで、1日に何度も通院したからといって、その都度支払われるわけではありません。

手術治療給付金

手術治療給付金はがん治療が目的の手術を受けた際に、10万円または20万円を受け取ることができます。この手術給付金の金額は、入院給付金の金額を5,000円と10,000円のどちらを選んだかで、受け取れる金額が変わってきます。

手術治療給付金も支払回数は無制限です。ただ、同じ手術を複数回受けた場合で、かつ手術料が1回のみ算定される場合は14日に1度となっています。

また入院、通院関係なく受け取ることができます。

放射線治療給付金

放射線治療給付金は、がんの治療を目的とした放射線治療や電磁波温熱療法を受けた時に、一回につき10万円または20万円を受け取ることができます。こちらも支払い回数は無制限で、60日に1回受け取ることができます。

たいていのがん保険ですと、特約事項にオプションとして付与されている場合が多いですが、アフラックは基本保証にすでについているため、その分保証は厚いです。

抗がん剤治療給付金

抗がん剤治療給付金とは、抗がん剤治療を受けた時に、1月当たり5万円または10万円が受け取れるというものです。ただ、乳がんと前立腺がんを対象とするホルモン剤治療の場合、半額の金額しか受け取れません。この場合も支払回数は1月に1回までです。

またこの給付金は、上皮内新生物が対象外です。他にもこの保証は保証期間が有限で、10年ごとの自動更新となっています。その際更新ごとに保険料が上がるので注意が必要です。

 

次に特約事項の内容を書いていきます。

がん先進医療特約

がん先進医療特約とは、がん治療を目的とした先進医療を受けた時のみ保証される特約です。保障額は、最大2,000万円まで保障されます。これも上皮内新生物は対象外で、10年ごとに更新される仕組みとなっています。

がんの先進医療をする可能性というのは極めて低いですが、月々の保険料が数百円というの考えると、入っていても損ではないと思います。ただこの特約も更新ごとに保険料が若干上がるので注意が必要です。

診断給付金複数回支払特約

診断時一時給付金の内容を紹介する際にも出てきましたが、診断給付金複数回支払特約とは、基本保障ですと1回しか受け取れないがん診断給付金を、2年に一度を限度に複数回受け取れるようにする特約です。

この特約のいいところは、もしがんが再度転移や再発してしまった場合でも、前回の給付から2年以上経過していれば再度診断一時金を受け取れるということです。

ただし給付には対象となる条件があって、再発・移転と診断されて入院した時に初めて、受け取ることができます。ここは基本保証の診断一時金とは違うところなので注意が必要です。

 

アフラックのがん保険の保険料

そして気になるのが月々の保険料だと思います。がん保険の他にも医療保険などに加入している場合、どうしても月々の保険料の負担額が気になります。

そこで今回は年齢と性別をもとに保険料を紹介していきたいと思います。

保険料を紹介するにあたり、入院給付金が10,000円で、がん先進医療特約と診断給付金複数回支払特約をつけるというのを前提条件として紹介していきます。

また保険料を支払う期間については、終身払い・60歳から半額のプラン・60歳で完了の3つのパターンで紹介していきます。

終身払い

男性

  • 20歳:2479円
  • 30歳:3429円
  • 40歳:5099円
  • 50歳:8149円
  • 60歳:13,339円
  • 70歳:19,339円

女性

  • 20歳:2,629円
  • 30歳:3,679円
  • 40歳:5,379円
  • 50歳:6,969円
  • 60歳:8,569円
  • 70歳:10,339円

60歳から半額

男性

  • 20歳:2,629円
  • 30歳:3,779円
  • 40歳:5,979円
  • 50歳:10,949円

女性

  • 20歳:2,829円
  • 30歳:4,089円
  • 40歳:6,249円
  • 50歳:9,199円

60歳で完了

男性

  • 20歳:3,479円
  • 30歳:5,219円
  • 40歳:8,719円
  • 50歳:19,429円

女性

  • 20歳:3,609円
  • 30歳:5,399円
  • 40歳:3,739円
  • 50歳:16,559円

以上が基本的な保険料になります。

これを見てみると全体的に若干高めの保険となっています。

それもそのはずで、基本保障で保障される内容が多い為保険料自体は、他社と比べて高めの値段設定になっています。

しかし今回は診断給付金複数回支払特約を付与した状態で計算しているので、これを外すと年齢にもよりますが、300~2,000円は安くなると思います。

ただしがんの場合、再発や移転の恐れがある為、かかった際に何度でも診断一時金を受け取れる診断給付金複数回支払特約をつけた方が得策と言えます。なので他の保険会社の商品と比較する際も、この診断給付金複数回支払特約を付けた時の保険料をもとに計算した方がいいでしょう。

アフラックのがん保険に加入するメリット

ではアフラックのがん保険に加入すべきメリットを書いていきたいと思います。なおここではわかりやすいように、同じアフラックの商品である医療保険EVERと比較しながら書いていきます。

高額になりがちな抗がん剤治療もしっかりと保障できる

例えば同じアフラックの医療保険ですと、オプションとしてがん・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病で入院した場合に一時給付金が受け取れる、三大疾病入院一時金特約というものをつけることができます。

これで確かに、最初にかかる治療費などはカバーできますが、がんにかかった場合、抗がん剤治療など長期にわたって治療費がかかる可能性があります。またがんですと治療が長引いてしまったりと初期の段階では予想もできないような、高額な治療費がかかってしまう恐れもあります。そのような場合に備えて、アフラックのがん保険に入っておくと安心です。

まず一時診断金として100万円の給付金が受け取れます。これだけでも金額的に考えて安心できますが、さらにがん保険の場合は、診断給付金複数回支払特約もつければ、再発や転移のときにも一時金を受け取れるため、がんと長期的に付き合っていかないといけなくなった場合でも安心です。

さらにがん特有の治療として、上記にも出てきた抗がん剤治療というものがありますが、この抗がん剤治療は、種類にもよりけりですが、健康保険の3割負担があったとしても、1か月に5万円以上かかってしまう場合があります。

月に5万円以上もかかるとなると、月々の支出額はかなり大きくなります。

これは医療保険ではカバー仕切れないため、がん保険に加入しておけば、いざ長期的な治療になったとしても、しっかりとカバーしてくれますし、安心して治療にも専念することができます。

専門家に相談することができる

アフラックのがん保険の大きなメリットとして、がんや治療のことを専門家に相談できる「プレミアサポート」がついていることが大きいです。

これはがん患者がしっかりと納得した上で、がん治療をしてもらうという背景のもと作られたオプションサービスです。目的としては、がん患者の方とその主治医の先生との、がんに対する情報格差をなくそうといった目的があります。

現在はインターネットで簡単に情報を検索できる時代になりました。その一方でインターネットというのは様々な情報が乱立しているので、その中から自分にあった情報を探すのはなかなか手間ですし、そもそも自分にどういった情報が合っているのか?の判断基準を知るのも難しいです。

そこでこのプレミアサポートが役に立ちます。このプレミアサポートは、がん患者専門カウンセラーによる訪問面談サービスや、専門医を紹介するサービスも行っているので、自分にどういった治療が合っているのかを、カウンセラーに相談しながら考えていくことができます。

がん治療は特に他の病気と比べても、医師との情報格差が大きいと言われています。そこでがんの特性を理解した上で、こういった相談サービスにも加入できるというのは、大きなメリットと言えます。

給付金を受け取れる日数が無制限

アフラックのがん保険と医療保険を比べると、入院したとき・手術を受けたとき・放射線治療を受けたとき・通院したときに、給付金を受け取れるということは共通しています。

ただその給付金を受け取れる日数というのは違います。医療保険ですと1回の入院で60日までだったり、通院の場合受け取れる期間が30日までといった日数の制限などがあります。一方がん保険の場合ですと、がんでの入院や手術・放射線・抗がん剤治療などの三大治療の通院に関しては日数の制限がなく、また通院の場合、入院していなかったとしても、給付金を受け取ることができます。

がんの場合、治療で闘病生活が長くなる可能性があります。そこで日数に制限がない場合、長期間保証してくれるため、安心して治療にも専念することができます。

 

アフラックのがん保険に加入するデメリット

がん診断給付金の給付回数が少ない

上記でも記述しました、アフラックのがん保険の基本保証でもあるがん診断一時給付金は支払いが一回のみです。これは悪性新生物にかかった場合も上皮内新生物にかかった場合も同様です。

この回数は他のがん保険と比べても、極めて少ないです。

では他のがん保険ではどうなっているのかというと、基本2年に一度を限度として、複数回または無制限で受け取ることができます。近年ですとがんと診断された時の診断給付金をメインとした保証内容のがん保険が増えてきています。その場合アフラックでは、基本保証についてくる入院や通院の保障は特約という形でオプションとなっており、診断給付金のみ基本保障とするシンプルな内容のがん保険もあります。

ただ診断給付金というのは、当たり前ですが何度も受け取りたいものではありません。その回数だけがんと診断されるわけですから。しかし実際に一度がんにかかり完治したと思っても、移転や再発によって再度がんにかかる可能性があるのは事実です。

それを考慮すると、がん診断給付金が一度しか受け取れないというのは、デメリットになるかもしれません。

ここまで読んできて、でもアフラックも診断給付金複数回支払特約を付ければ、何度でも受けとれるようになるのではないか?と思われた方もいるかもしれません。

確かにこれをつけることにより、診断一時給付金を何度も受けとれるようになります。ただこれにもデメリットがあり、”基本保証以外の特約料を別途払わなければいけない”ということと”受けとれる条件が基本保障とは異なる”といった点が挙げられます。

この特約をつけることによって、別途保険料として300円から2000円を支払う必要があります。他の会社の商品だと基本保証に、何度も受けとれるという条件のものもありますから、それを考えると、基本保証の保険料以外に別途保険料を支払うというのはデメリットです。

またアフラックの基本保証に含まれるがん診断一時給付金は、”がんと診断確定された時”に支払われます。しかし特約の場合の条件は”前回の給付金を受け取ってから2年以上経過し、がんと確定診断され入院している時”となっています。基本保証ではがんと診断確定されさえすれば、診断給付金を受け取れるのに、特約の場合はがんと診断確定されても、入院していなければ受け取れないのです。そのため、もしがんが再発したとしても、通院で治療を受けていく場合は、診断給付金は受け取れないことになります。

そのためこれもデメリットと言えるのではないでしょうか。

アフラックのがん保険がおすすめな人は?

一言で言うと、とにかく手厚い保障を受けたい人だと思います。そもそも認知度が高いということは、その認知度を高めるだけの予算を持っているということ。それだけ予算を持っているのであれば、会社としての信用も大きいですし、加入したからと言って、こちら側が不都合を受ける可能性も低いです。

そして上記でも記述してきましたが、基本保証の内容が他の保険と比べると充実しています。保険というのは携帯電話の料金プランと一緒で複雑なものが多いです。

なので特約などのオプションまで考えるとなるとかなり面倒です。ただアフラックは基本保証の中に、他の会社の商品であったら特約に含まれる内容も、備えていますので、とにかく安心したいという方にはオススメですね。あと専門家に相談できるというのも、いざがんにかかった時の心強い味方になってくれると思います。

以上を踏まえて、とにかく手厚い保証だったり、がんにかかったあともしっかりサポートしてほしいという方は、アフラックのがん保険がおすすめです。

アフラックのがん保険をおすすめできない人は?

おすすめできない人というのは、とにかくシンプルな保証内容が良かったり、診断給付金などの、まとまったお金さえ手厚く保証してくれればいいという人です。

やはりアフラックのがん保険は基本保証こそ充実はしていますが、人によっては”この保証いらないよ”と思う方もいるかもしれません。そんなに保証いらないから、もうちょっと保険料やすい方がいいよっていう方でしたら、アフラックのがん保険はおすすめできません。

それにデメリットでもあげましたが、診断給付金が一回しか受け取れにというのは痛いです。なので、とにかく診断給付金の保証内容を充実させたいという方にも、あまりおすすめはできませんね。

 

アフラックのがん保険は入るべきか?

アフラックのがん保険を見ると基本保証に関しては非常に手厚いです。抗がん剤治療をはじめ、ホルモン治、療通院保障など最新の治療技術にも対応しているため、いざとなった時非常に安心です。

しかし、それだけ基本保証の内容を充実させている分、保険料は高くなってしまいます。

他の保険会社の商品であれば、特約として、基本保証の保険料とは別途保険料を支払わなければならないです。そこを考慮すると、基本保証としてすでに一つにまとまっている、アフラックのがん保険の保険料は、そこまでの高さには感じないという捉え方もできます。

また診断給付金が、基本保証の範囲では一度しか受け取れないというのも痛い点です。がんは再発や転移の可能性がつきまとう病気なので、その内容ももう少し手厚くしてほしいところです。

確かに基本保証は手厚いですが、診断給付金が一度しか受け取れないので、なんとも惜しいがん保険と言えるでしょう。

専門家に相談してしまうのもあり

ここまでアフラックのがん保険について書いてきましたが、自分に合う保険やどの保険がいいのかというのは、自分で調べるのは案外難しいものです。

給付金の種類もさまざまですし、保証される内容や、がんの種類自体もたくさんあります。

そこでがん保険についてわかった気にならず、専門家の方に聞いてしまうのもありです。特に保険の専門家でもあるFP(ファイナンシャルプランナー)の方に聞いてみましょう。

ファイナンシャルプランナーはネットから予約できる無料相談会というものをやっています。

無料なので、そこで今自分が疑問に思っていることを相談してみるのがいいと思います。餅屋は餅屋ではないですが、やっぱりその道の専門家に聞くことが、選択する上では大事に思います。

 

まとめ

今回の内容をまとめていきたいと思います。

そもそもがん保険というのはその名の通り、がんの保証に特化した保険。そのため通常の医療保険に比べると、がんにかかった際の保証が充実している。がんというのは、他の病気と比べると治療費が高くなってしまったり、闘病期間が長くなってしまったりと、それだけ負担する額も増えるので、がん保険に加入することで、がんにかかった際の金銭的負担を和らげようというのが狙い。

それを踏まえアフラックのがん保険について見ていくと、その主な特徴としては、

  • 加入可能な年齢が0~85歳
  • 保証期間は一生涯
  • 保険料の支払い期間は、10年・60歳で完了・60歳から半額のプラン・65歳で完了・65歳から半額のプラン・一生涯支払い、の主に7つに支払い期間がある
  • オプションサービスとしてがん専門家に相談できる

という特徴がある。

保証される基本保証としては、

  • がん診断一時金(100万円)
  • 入院給付金
  • 通院給付金
  • 手術給付金
  • 抗がん剤治療給付金
  • 放射線治療給付金
  • ホルモン剤治療給付

が保証され、オプションである特約に、先進医療特約と診断給付金複数回支払特約がある。

気になる保険料は、保証内容が充実している分他の保険会社の商品と比べると高め。また診断給付金の受け取れる回数を無制限にする診断給付金複数回支払特約をつけると、通常の保険料より300円〜2000円ほど高くなる。

ではアフラックのがん保険に加入するメリットは何だったかというと、

  • 同じアフラックの医療保健に比べ、高額になりがちな抗がん剤治療もしっかりと保障できる
  • プレミアムサポートというオプションで専門家に相談することができるため、その人にあった情報を受け取ることができる
  • 医療保険だと、給付金を受け取れる日数に制限があるが、がん保険はその病気の特性を考慮して、給付金を受け取れる日数が無制限となっている

それに対しデメリットは

  • 他の保険会社の商品と比べ、基本保証のがん診断給付金の給付回数が1回と、少ない
  • 特約で診断給付金複数回支払特約に加入すれば、何度でも診断給付金を受け取ることができるが、基本保証の診断給付金と比べ、受け取れる条件が異なる。
  • 基本保証が充実している分、保険料が高い

 

アフラックのがん保険がおすすめな人は、とにかく手厚い保証が欲しい人。アフラックのがん保険は、他の会社では特約として、オプションで加入するような保険も、基本保証に組みこまれているため、手厚い保証が欲しい人にはもってこい。

反対におすすめできな人は、保険料を安く済ませたい人や、がん診断一時給付金の保証内容を手厚くしたい人。アフラックのがん保険は基本保証の内容が充実している分、保険料が高くなる。しかしがん診断一時給付金は一度しか支払われないので、上記の人にはおすすめできない。

では結局アフラックのがん保険に入るべきなのか?というと、抗がん剤治療をはじめ、ホルモン治、療通院保障など最新の治療技術にも対応しているので、いざとなった時には安心。

ただ、その分保険料が高くなったり、がん診断一時金も特約に加入しない限り1回しか受け取れないので、そこが充実してくると、アフラックのがん保険にする決め手となる。

 

最後に

何が起こるかわからない自分の体だからこそ、保険選びは重要になってきます。

特に自分で判断が難しい場合はファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談してみましょう。

自分一人だけで判断せずに、専門家に相談することで、自分が持っている疑問が晴れ、正しい保険選びにつながります。

今回の記事もあくまで、私が調べた事実を私というフィルターを通して書いた記事なので、この記事の内容が必ずしもみなさんに合っているとは限りません。

なのでこの記事は、あくまでも参考程度に考えてください。

この記事を読んで少しでも多くの人が、がん保険を知るきっかけとなれば幸いです。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る