赤ちゃんの保険って必要?医療保険から学資保険など必要性を解説します!

お子さんが生まれて、子育てを行う際には予期しない病気や事故も多いため、まとまったお金が必要な場合も沢山あります。

もちろん貯蓄が沢山ある方は例外ですが、普通の家庭で、子育て中にまとまった金額と言うのは案外難しいものです。

その様な、「いざ」という時の備えとして、各種保険に早ければ子供が産まれる前から加入することも検討してみる必要があるのではないでしょうか。

この記事では、赤ちゃん保険についてご紹介しますので、最後までお読みください。

1. 赤ちゃんにかける保険の種類とは?

赤ちゃんの保険って必要?医療保険から学資保険など必要性を解説します!

子育てをする上で知っておきたいことのひとつが、子どもがケガや病気をした際に必要となるお金の問題です。

国の「医療費助成制度」に加え、住んでいる市や町の自治体が助成する、「乳幼児医療費制度」など、子供の医療制度がありますが、それだけで賄えない場合があります。

その時に役立つのが保険です。

ただ、保険と言ってもさまざまな種類があります。

赤ちゃんにかける保険の種類については、主に次のようなものが挙げられます。

・学資保険
・医療保険
・傷害保険
・生命保険(死亡保険)
・個人賠償責任保険

などです。

1.1赤ちゃんに医療保険は必要?

赤ちゃんの医療費には公的な助成があります。
公的な助成があるなら保険は必要ないのではないかと思われるかもしれません。

ここでは、公的助成制度である乳幼児医療費助成制度と、赤ちゃんに医療保険をかけておきたい場合について説明します。

1.2乳幼児医療費助成制度とは

日本の保険制度は、国民皆保険制度となっています。

このことは、国民全員が公的な国民健康保険や組合健保などの健康保険制度に加入するというものです。

この制度によって6歳までの未就学児が病院などにかかったときの医療費の本人負担は2割となっています。そして、乳幼児医療費助成制度は健康保険に更に上乗せして公費による助成を受けることができて、自己負担である乳幼児の受診などにかかる費用を減らすものです。

自治体によって異なりますが、通院、入院を問わず自己負担が無料または数百円で病院や薬局にかかることができると言う制度です。

このため、その治療が保険適用の範囲内であれば、もしも、赤ちゃんが重大な病気に罹ったとしても、医療費の支払いが莫大になるということはありません。

ひとつ注意することは、県外の病院に受診した費用は対象とならない場合もあると言うことです。

1.3あえて赤ちゃんに医療保険をかけるべきケース

赤ちゃんの入院する頻度が多いとは言い切れません。

また、まさか我が子が病気になるとは想像できないことから、医療保険をかけない両親も多いことと思います。

しかし次のような場合には赤ちゃんの医療保険への加入を検討することをおすすめします。

・乳幼児医療費助成制度が充実していない地域に住んでいる
・先天性の疾患の疑いがある
・医療費助成制度による対象年齢を超えた

これらのことについて加入をおススメする理由は、後述します。

2. 公的医療補助制度とは

赤ちゃんの保険って必要?医療保険から学資保険など必要性を解説します!

赤ちゃんの医療費には公的な助成があります。
公的な助成制度である乳幼児医療費助成制度と、医療保険を赤ちゃんにかけておいたよい場合について解説します。

2.1国や自治体の医療費補助が充実している

各区市町村は子育て支援のため子どもの医療費に助成制度を設けています。
統計上、子どもが入院する確率は非常に低い結果がでています。

そして、もし、病気にかかって入院することになったとしても、子どもの場合は次のように充実した公的保障が受けられます。

• 健康保険
健康保険での自己負担は、小学校就学前であれば2割、小学校就学から70歳未満の場合は3割となります。

・乳幼児医療費助成制度
乳幼児医療費助成制度とは、子育てを支援する目的で、その自己負担分(2割または3割)についても全額または一部を助成してくれる制度のことを言います。

• 義務教育就学時医療費助成制度
最近では、市区町村によっては、少子化対策や子育て支援を目的として中学校卒業まで医療費を無料とするところもあります。

子どもがいる方や、子どもがいてこれから引っ越しを考えている方は、自分の住んでいる市区町村や引っ越し先の市区町村の制度を確認しておきましょう。

さらに、義務教育就学児医療費助成制度を地方自治体ごとに設けています。
自治体によっても違いは7ありますが、15歳(中学卒業)まで助成額や助成条件などは保障される場合もありますので、医療保障については保障されている間は公的制度だけで十分ともいうことができます。

市区町村によって、乳幼児や子ども向けの医療費助成の名称は異なっています。

また、保護者の所得によって制限を設けている場合もありますので、市区町村の内容をよく確認しておくことが必要です。

また、健康診断・初診の特定療養費・入院室料差額・予防接種等の健康保険がきかない費用については、助成の対象外となります。

2.2自治体ごとに子どもの医療費補助制度には差がある

子供の医療費補助が2.1で充実しているとお伝えしましたが、受けられる保障が地域によって違っています。

医療費の助成がある年齢と、所得制限・自己負担など自治体によってにバラつきがあります。

どちらにしても医療費の助成があるのが「中学校卒業まで」と「就学するまで」ということでは、助成に大きな差がありますので、あなたの住んでいる自治体助成内容をホームページなどで確認してみることをおススメします。

2.3医療費以外の入院費用が意外とかかる

入院したときには、もちろん医療費がいくら掛かるか気になるところですが、実は医療費以外にもお金が掛かります。

医療費については乳児医療の助成により、一部または全額を助成してもらえます。

しかし、それ以外に食事代・宿泊代・交通費等思わぬ費用が掛かると言う事は覚えておいてください。

3. 子どもに医療保険が必要になるときは

赤ちゃんの保険って必要?医療保険から学資保険など必要性を解説します!

子供さんに医療保険が必要になる場合は、次のことが考えられます。

3.1医療費制度があまりにも整備されていない地域に居住している場合

2.2で説明しましたように、子供の医療費補助については、地域によって受けられる保障が全然違ってきます。

医療費の助成がある年齢と、所得制限・自己負担などに自治体によってバラつきがあります。

あなたの住んでいる自治体の助成内容を確認して医療費制度が整備されていない場合は、医療保険を検討する必要があります。

3.2先天的な病気の疑いがある場合

18歳未満の子どもが健康保険に加入していて、万一重い病気になってしまったときに受けられる助成もあります。

国が指定した小児がんや慢性心疾患など、704疾病の「小児慢性特定疾患」に該当する場合に受けられる制度です。

この制度は、医療費用の一部を自己で負担し、それ以外を助成してもらえるしくみとなっております。

この対象者は次のとおりです。
・長期に生命を脅かす疾病であること
・先進医療特約は付帯できるか(費用が高額になるところに保障を持つようにする)
・長期にわたって症状や治療が生活の質を低下させる疾病であること
・長期にわたって高額な医療費の負担が続く疾病であること

子供がもしもこういった先天性や後天性により、重病を患ってしまったらという懸念は、親であれば誰しもが抱える不安ではないでしょうか。

もしもそのような場合には、こういう制度があるのだと知っておいてよいかと思います。

さらに、健康保険による軽減制度では、保険証を提示することによって、義務教育前までは自己負担割合が2割に抑えられています。

現状では、そこまで高額な医療費がかかる心配は、小学校入学するまでは少ないといえます。

先ほどから何度も言っていますが、助成制度には一部自己負担があったり、所得制限の地域もあるため、住んでいる地域や家庭状況によっても助成の有無はバラバラだと言うことを承知しておいて下さい。

例えば共働きのご家庭では、所得が多いですから二人の所得を合せると所得制限に引っかかって仕舞うかも知れません。

そうすると、助成を受けることができません。

その上に、どちらかが仕事を休んで付き添わなければいけないとなりますと、医療費+その他の出費+収入の減少などが重なってきます。

生活するうえで大きなマイナスとなる可能性もあります。

ひとり親世帯でも、収入の減少に関しては、同じことが危惧されます。

何が起こるかは誰にも分かりませんので、そのような心配をなくすためにも医療保険に加入することが必要なのではないでしょうか。

3.3地方自治体の医療費補助制度が終わった場合

子どもにかかる医療費の2割から3割負担を、各地方自治体では軽減させるため、「子どもの医療費助成制度」と題した取り組みが進んでおります。

全国すべての地方自治体が、現在では乳幼児医療費制度として、独自の助成制度を制定しています。

しかし、その助成制度の現状は、住んでいる地域で自己負担額の無料または一部負担の助成を行っている場合があり、差が生じています。

また、地方自治体が助成する乳幼児医療費制度の対象となる年齢もさまざまです。

自治体の多くは中学校卒業までの医療費を助成しています。

また、各地方自治体の財政状況によって、助成が小学校就学前までや、大学卒業まで助成する自治体もあるなど、助成の内容に差があります。

医療費補助の年齢が各自治体によってマチマチですので、この制度が終わった場合は、医療保険に加入しておいた方がベストであると言えます。

4. 学資保険の独自の助成制度を種類

赤ちゃんの保険って必要?医療保険から学資保険など必要性を解説します!

学資保険とは、教育費を社会人になるまで積み立てていく保険のことです。
入学や進学の時期というのは制服や教科書、ランドセルやカバン、他に文房具の購入などで思わぬ費用がかかります。

また、私立の学校や大学に進学するのであれば授業料も必要です。

入学や進学の時期に学資保険の満期に設定していれば、満期保険金を受け取り、これらの費用に充てることができます。

また、学資保険は契約者が万が一、死亡した場合や高度障害を負った場合には、保険料の払い込みがその後、免除になるタイプが多くなっています。

学資保険を選ぶ場合、何かあったときのため、保険料が免除になるプランを選ぶことをおススメします。

学資保険には貯蓄型、保障型、バランス型と、主に3つのタイプに分けられます。

4.1貯蓄型学資保険

この学資保険の一番の目的は、教育資金を積み立てることに置くシンプルな保険と言えます。

そのため、医療保障や育英年金は付いていません。

しかし、祝い金や満額学資金は受け取ることができます。

手厚い保障はなくて、ほとんど教育資金のみをカバーしています。

支払った保険金に対して受け取る保険金の額のことを「返戻率」といいます。

この貯蓄型学資保険の特徴は、この返戻率が100%を超えるケースが多いことです。

4.2保障型学資保険

この保障型学資保険の特徴は、教育資金を積み立てると同時に、多くの保障が付いていることから、手厚いタイプの保険と言えます。

万が一、契約者が死亡した場合や重度障害を負った場合、被保険者の生活費などを保障する育英年金が満期まで受け取ることができます。

また、フランによっては、死亡保険が支払われる保険もあります。

医療保険なども付いていますので、子どもの入院や通院の際にも利用することができます。
ただ、保障が手厚いということは、それの対価として支払う金額も多くなります。

また、受け取る額である返戻率については、支払った金額より下回るケース

4.3バランスの学資保険

この学資保険は、保障型と貯蓄型だけではなく、バランスを考えたタイプです。

バランス型の場合の特徴としては、育英年金は基本的に付きません。

教育資金の満期学資金の設定や特約などは本来の目的でありますが、これを程度抑える形となっております。
バランス型の重点は、契約者に万が一のことが起こったときよりも、被保険者となります子供の病気や、けがなどの保障においています。

特約を極力付けなければ、返戻率をほぼ100%にすることができます。」
ソニー生命の学資保険をチェック⇒

5 学資保険の加入前に確認すること

赤ちゃんの保険って必要?医療保険から学資保険など必要性を解説します!

では、どのようなことに注意して学資保険に加入すればいいのか見ていきましょう。

5.1 早めの加入が後々の楽に繋がる

契約の条件として、保険会社やプランによって違いますが、加入が早めで被保険者になる子供が生まれる前とか0歳から15歳などに設定されているケースが多くなっています。

傾向として学資保険は、加入が早ければその分安くなります。

同じ金額を貯蓄するのでも、月々の保険料を抑えるためには、早く加入することで可能です。

早く加入することで、子供が大きくなったときに使えるお金にも余裕がでます。

そうすることで、受験や進学の際に金銭的にもゆとりを持ちやすくなるといえます。
妊娠中であっても、これから産まれる赤ちゃんの学資保険に加入できます。

赤ちゃんが生まれると、本当に育児で忙しくなり、学資保険について考える余裕がなくなるかも知れません。

妊娠が分かっている今学資保険について検討することをおススメします。

私事で恐縮ですが、3人の子供がおりますが、一時、3人とも中学、高校、大学と入学時期が重なったことがありました。

その時に学資保険が満期となっていましたので、本当に経済的に助かりましたので、加入することをおススメします。

5.2 満期の年齢に注意しよう

加入する際の注意事項として、満期の年齢があげられます。

一番費用がかかる時期は経験からも、大学受験前から入学後のケースが多いということが言えます。

しかし、大学に入る前の入学試験にもお金がかかります。

学資保険の利用の予定が、入試や入学金の支払に利用するのであれば、前年の11月頃には受け取りを設定していることをおススメします。

但し、11月頃が、子供さんの誕生日などで時期的に合わないのであれば、受け取りを18歳満期ではなく17歳満期で検討してみてはいかがでしょうか。

5.3 祝い金をどうするか考えよう

学資保険には「祝い金」といって、進学時に受け取れるお金の制度があります。

祝い金は、保険会社からまるまるもらえると言うのではなく、溜めている満期の分を先に受け取る形になっています。

そのため、満期の際の金額が減るということもありますが、中学や高校進学時の入学費用に祝い金を充てると言うことができます。

ただし、全ての学資保険で祝い金があるのではなく、「祝い金有りタイプ」と「祝い金無しタイプ」があります。

お金を、どの進学時期の段階でかけるか、オプションで祝い金が外せないプランや、後日付けられるプランなど、考慮する必要があります。

また、祝い金は、「据え置き」といって貯蓄の一種として、保険会社に後日に備え預かってもらうこともできます。

5.4 低解約返戻型の死亡保険を利用する方法

学資保険は、教育費用を貯めておく方法として非常に役に立ちますが、学資保険だけでなく、他の保険を利用する方法もありますので説明します。

それは、満期に解約して返戻金を教育費に充てるために、満了時期がある「終身保険」や「長期定期預金」に加入をしておくことも1つの方法です。

例えば、「低解約返戻型」の保険は、保険料を比較的安く設定してあるので、この保険に加入した場合、返戻金は途中で解約すると70%ということに設定されています。

しかし、支払が満了すれば100%に戻ります。

満了時期を、大きな金額の必要な時期に合わせて設定することによって、学資保険と同じように利用できます。

6. 医療保険について

赤ちゃんの保険って必要?医療保険から学資保険など必要性を解説します!

続いて、医療保険が子供に掛ける保険として考えられます。

ただ、ここで注意したい点は、子供に医療保険が必要かどうかということです。

それは、子供の医療費は助成金があるため、無料で診察を受けられることが多いためです。

各自治体で多く目立つのは、年齢が0歳より中学3年までというケースです。

しかし、住んでいる地域によって内容が異なっていますので、住んでいる自治体に確認することが必要となります。

ただし、これは保険診療に関する部分だけですので、入院の際の食事や、交通費や保険診療外の治療を受けることになれば、実費になるので、このような時に医療保険が役に立ちます。

6.1 共済

例えばこくみん共済についてですが、こども型の場合は、1,000円や2,000円位の掛け捨てとなります。

入院の場合は、1日目、怪我などの通院も一日目から保障してくれます。

また、一般的に扶養者になりますが、契約者が死亡した場合や重度傷害になった場合にも対応しています。

ただし、子供型の場合に注意しなければならないことは、一定の年齢例えば18歳などに達したら、再度、大人用に契約する必要があると言うことです。

また、掛け捨て以外に満期金付プランもありますので、一つの方法として、受けとるプランを入学準備に合わせて選ぶということも検討してみてはいかがでしょうか。

6.2 民間の医療保険

医療保険の民間の場合について説明します。

一生涯の保障が受けられ、保険料は変わらず一定のままなのが終身医療保険です。

保険料を抑えるためには、若いうちに加入することで可能です。

「終身払い」は一生支払を続けるほけんで、「短期払い」は一定の期間や年齢まで支払うのですが、どちらを選ぶかはよく検討する必要があります。

6.3 傷害保険

傷害保険についても、子供さんの保険について検討してみて良い一つと言えます。

大人に比べると子供さんの特性が、行動を優先しがちとか、危険の予測ができないなどから、怪我をする頻度は高いと言えます。

突発的な事故による怪我などの治療費をカバーしてくれるのが、子供向け傷害保険です。

保険の形態ですが、親が加入している傷害保険の特約で付ける場合と、それだけで子供向け傷害保険として商品になっているケースもあります。

傷害保険ですから、怪我のときに保障すると言う保険ですので、三年ながら病気の場合は保障の対象にはなりません。

プランにも子供さんの年齢に関係なく金額が一律の場合と、子供さんの年齢によって金額が増減していくタイプがあります。

また、扶養者が万一死亡や重度の傷害を負った場合に、生活費や教育費として支給される育英費用も補償する傷害保険のプランが多くなっています。

6.4 個人賠償保険

日頃気を付けていても、日常生活においては、ものを壊した、他人に怪我をさせたなど、思いもよらないことが、起こらないとは限りません。

個人賠償保険は、法律上の賠償責任が発生した時に補償してくれる保険です。

具体的な例としては、買い物でお店の商品を手に取ってみていて不注意で落としてしまって壊した、子供がケンカで他の子供に怪我をさせた、飼い犬の散歩中に人を噛んで怪我をさせたなどがあげられます。

また、自転車保険とは別ですが、自転車に乗っていて過って人に衝突して怪我をさせた場合も利用できます。

個人賠償保険は、自動車保険や火災保険、傷害保険、自転車保険の特約になっているということが多いのですが、クレジットカードによっては、会員限定とされた専用保険などもあります。

契約者が父親となっていても、家族も被保険者として対象になっている保険も多いので、対象になっているか確認しておいてください。

また、他の保険の特約などと重なって加入していないか、調べてみることも必要です。

6.5 自転車保険

自転車保険は最近特に耳にすることとなっています。

自転車事故の例として、小学校に通う高学年の男子が夜間に自転車で帰宅中、歩道と車道の区別のない道路で、歩行中の62歳の女性と正面衝突して、女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識不明の重体になるという事故でした。

当時下った判決は少年の母親に9,500万円の支払い命令という非常に重いものでした。

小学生から免許証を持たない高校生だと交通ルールについて詳しくは理解していません。

しかし、自転車での事故は多いです。

平成29年度では、自転車事故は全国で約90,407件起きています。

その内、自転車が関連した事故でなくなった方は、299人で、第一当事者となった10歳から19歳の自転車運転者は112人で全体の38%と高い数字です。

この中で何らかの自転車保険に入っていた加入率は、71%と言うことですから自転車保険の重要性が浸透してきているのではないでしょうか。

9,500万円の賠償金って一般家庭ではとても支払える額ではないですよね。

やはり、自転車事故を補償してくれる保険には加入しておくことをおススメします。

7保険が使える場合

赤ちゃんの保険って必要?医療保険から学資保険など必要性を解説します!

それでは、最後に保険が使えるパターンについてご説明します。

7.1 加害者になってしまったとき

相手に怪我をさせてしまったり、物を壊してしまった際に、場合によっては多額の治療費や賠償金を請求される場合もあります。

個人賠償保険に入っていれば、このような場合に保険が利用できます。

おススメは、保険会社にもよりますが、特に自動車保険の特約として付加すると示談交渉もしてくれる保険です。

加害者が直接相手と交渉をすることは、当事者が感情的になりがちで非常に大変です。

示談交渉の代行のサービス付きの保険は、自動車保険でなくともありますので、示談のプロに任せられるサービスが付いている保険を選んで下さい。

7.2 自分で怪我をしてしまったとき

自分で過失でケガをしたような場合は、傷害保険を利用することができます。

子どもが被害者となった場合においては、状況を説明するなど一人で対応することは難しいですから、安心のために「弁護士費用特約」を自動車保険などの特約として付けておくことです。

自動車保険の特約として、自転車保険は付けられることが多いですが、最近は自転車事故のみを補償する保険も出ています。

自分の家には自家用車がないと言う人には、自家用車がなくても家族皆で入れるプランもありますし、一人だけで加入するプランもあります。

また、「示談交渉サービス」が付いていたり、個人賠償責任も付いている保険もあります。

保険のプランによって、内容は違っていますので、加入に当たっては、よく比較検討することをおススメします。

8.まとめ

赤ちゃんの保険って必要?医療保険から学資保険など必要性を解説します!

赤ちゃんの保険って必要?医療保険から学資保険など必要性を解説いたしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

赤ちゃんや子供さんには、公的な医療制度が整備されていて、医療費については無料や少ない自己負担で通院や入院ができることがお分かりになったのではないでしょうか。

一方、赤ちゃんや子供さんが入院した場合は、治療費だけではなく諸々の費用も掛かってきます。

また、子供さんが自由に乗り回すことのできる自転車事故の発生によって、相手に大きなケガや死亡させるような事故を起こすと、非常に高い賠償額を支払わなければならないこともあります。

事故やケガは思わぬことから起こるものですから、その不安を少しでも和らげるためにも、子供さんの保険について検討してはいかがでしょうか。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る