コープ共済の口コミから見るメリットとデメリットを解説します!

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

みなさんは共済保険には加入していますでしょうか?保険加入は、一定期間の保障を買う行為です。いくつも保障内容やプランが異なる共済保険は選ぶのが大変!

今回は、共済保険の中でもコープ共済にフォーカスして分析してみました。
内容の分析だけでなく、利用者の口コミを交えて客観的にポイントを押さえてみませんか?きっと自分に合ったニーズが見つかるでしょう!

それでは、ごらんください。

目次

1. コープ共済をご存知でしょうか?
1-1 コープ共済の保険は?
1-2 どんな年齢の方向け?

2. 共済と医療保険の違いを抑えておこう!
2-1 保険会社の医療保険
2-2 コープ共済の保障内容

3. コープ共済の共済保険
3-1 あいぷらす
3-2 たすけあい
3-3 ずっとあい

4. コープ共済で老後は?
4-1 保障内容が少ない?
4-2 老後の保障は厳しい

5. コープ共済の特徴はどう?
5-1 コープ共済のメリット
5-2 コープ共済のデメリット

6. 医療保障と死亡保障がポイント
6-1 コープ共済に入るなら?

7. コープ共済加入者の口コミ
7-1 コープ共済の大きなポイント
7-2 口コミによる必要性

8. まとめ

1. コープ共済をご存知でしょうか?

コープでは、一人ひとりのライフプランを通じて保障の面でも、人生におけるさまざまな場面でのお役立ちや、ご提案ができるように、多彩な保障商品をとり揃えており、組合員さんの生活を守るお手伝いをしています。

コープ共済は正式名称を「日本コープ共済生活協同組合連合会」と言います。
こちらは、生活協同組合(いわゆる生協)から独立してできた共済専門の団体です。

もともと、コープ共済は「日本生活協同組合連合会」という生協団体が行う共済事業でした。
しかし、法改正により同団体が取り扱いを続けられなくなり、共済専門の団体が別途設立され、そちらが取り扱いを行っています。
そうして販売されているのがコープ共済の共済保険です。

生協は、一般市民が自分たちの生活を良くすることを目的に、加入希望者が出資金を支払い組織する共済団体です。
それと同様に、コープ共済も加入時に出資金を支払い共済保険に加入します。

CO・OP共済は加入者が増えることにより、保障内容が改善され、全国の組合員どうしのたすけあいの心をはぐくむ、より魅力のある商品をめざしています。

1-1 コープ共済の保険は?

家族構成やライフスタイルによって、必要な保障は変わってくるもの。

せっかく共済に入っていても、気づいたら保障が足りないものや、多くつけすぎている保障があっては意味がありません。こまめに見直して、効果的な保障を手に入れましょう!

生命保障

家計の担い手である「世帯主」の必要死亡保障額は、下の図のように、子どもの誕生で一気に高まり、成長とともに少なくなります。結婚や子どもの誕生、住宅購入や子どもの独立など、その時々が保障内容を見直すチャンスです。死亡保障と同時に医療保障も備えましょう。

火災共済・火災保険

● 住宅ローン借入額のみの保障になっていませんか?

この場合万一のとき住宅ローンは相殺されますが、再築費用が不足することもあります。

● 家財の保障にも加入していますか?

40代の4人家族の家財の標準加入額は2,000万円です(CO・OP火災共済の10坪以上の標準加入額)。

● 評価額以上に加入していませんか?

評価額以上に加入していても保障されません。

● 自然災害共済に加入していますか?

地震・噴火・津波などの被害は自然災害共済に加入していないと保障されません。

マイカー共済・自動車保険

● 万が一の事故時の補償内容は大丈夫ですか?
● 事故処理体制は充実していますか?
● 運転者年令条件や、運転する方の範囲が適正になっていますか?付いている特約は、必要なものですか?

1-2 どんな年齢の方向け?

家族それぞれの保障をするためのプランを展開しており、死亡保障や医療、こども共済などを取り扱っています。

子供の医療保険に加入するときに、選択肢に入れるべきなのが「共済」です。共済には県民共済などいくつかの種類がありますが、その中でも「コープ共済」は人気です。コープ共済には保険料が安くて保障もしっかりしているという特徴があり、保険料を抑えたいという人の中では加入する人が多いです。

コープ共済にはいくつかの共済があります。生命保障や入院特約、がん特約など充実した内容の「あいぷらす」、一生涯の医療費の保障を受けることができる「ずっとあい終身医療」、一生涯の生命保障の「ずっとあい終身生命」、そして入院・手術などに特化した「たすけあい」です。医療保険のかわりに加入できるのが、このたすけあいです。

たすけあいでは、入院やけがによる通院、入院を1日目からサポートし、掛け金は1,000円から準備されています。「ジュニア18コース」「女性コース」「医療コース」「ベーシックコース」の4つのコースが準備されていて、その中でも子供向けのものは「ジュニア18コース」です。基本的な保障はそろっているため、最低限の保障を割安な保険料で、と考えている方におすすめの内容になっています。

 

2. 共済と医療保険の違いを抑えておこう!

保険のことを考える際には、保険料の安さも1つの選ぶポイントとなりますが、医療保障を考える場合には単純にそれだけで決めることはできません。

生命保険は「保険」と呼ぶのに対して、共済制度は通常「共済」と呼びます。同様に生命保険では「保険金」、「保険料」、「配当金」と使う用語に対し、共済制度ではそれに値する言葉として「共済金」、「共済掛金」、「割戻金」という言葉が使われます。この違いは、保険会社と共済の監督官庁と根拠法令が異なるところから生じています。

保険会社の場合、監督官庁が金融庁であり、保険業法という法律のもとに成り立っている制度で、JA共済の場合の監督官庁は農林水産省、根拠法令は農業協同組合法で、全労済や県民共済などでの監督官庁は厚生労働省、根拠法令は消費生活協同組合法と、各共済によって監督官庁と根拠法令が異なっているのです。

制度上の最大の違いは「生命保険」は営利事業、「共済制度」は共済事業という非営利事業にカテゴライズされています。
保障内容や保障される期間等、他にも見ておきたい項目があります。

2-1 保険会社の医療保険

医療保険は、ケガや病気により手術や入院が必要となった場合の保障が基本となるため、保障期間や支払い方法などに選択性があるのが大きな特徴です。

医療保険は期間を定めて保障をつける定期タイプと、期間を定めず生涯に渡って保障をつける終身タイプがあります。

定期タイプ

子供が成人するまでの間だけといったように、期間を絞って保障をつけられるのが医療保険の定期タイプです。保障期間を希望に合わせて決められるメリットがありますが、更新ごとに保険料が高くなるデメリットがあります。

終身タイプ

生涯に渡り保険料の支払い義務が生じますが、定年後の手術や入院も保障してくれるのが医療保険の終身タイプです。定年後に手術や入院をしたときの保障を残しておきたい人におすすめのプランと言えるでしょう。

2-2 コープ共済の保障内容

・死亡保障が手厚い

死亡保障が、数百万ついており、事故死亡だった場合は、さらに上乗せして保障を受け取ることができます。

・臨時収入として、毎年必ず割戻金がもらえる

実質の掛金(保険料)が安くなるという見方もできますね。

・月々140円で個人賠償責任保険がつけられる

子供が自転車事故を起こした場合や、他人の家のものを壊してしまったりなどに保障してくれるのが、個人賠償責任保険です。

最大で、コープ共済なら3億円保障してくれます。

・入院の通算上限日数が無制限なので、何度でも病気を再発しても、保障が受け取れる

通常の保険であれば、再発を繰り返して入院した場合、保障が受け取れる日数に上限がかけられています。

しかし、コープ共済の場合は、何度入院したとしても、保障を受け取れる仕組みになっています。また、コープ共済は、出資金を支払って組合員になれば、保険だけじゃなく、宅配サービスや、旅行やコンサートなどの割引サービス、宅食サービスなど、多岐に渡ります。

組合員になることで、これらのサービスを全て利用できる権利が得られるということなのです。

 

3. コープ共済の共済保険

そもそも共済は、団体の構成員のみに限定される非営利事業になります。共済への加入者は「組合員」と呼ばれ、保険料のことは「掛金」や「出資金」などと呼ばれますが、相互扶助を目的とした“万が一のときに備えるシステム”であるのは一般的な保険と変わりません。

今回の記事でピックアップするコープ共済は、主に「たすけあい」「あいぷらす」「ずっとあい」という3つのプランがあり、加入者数は上昇傾向にあります。

3-1 あいぷらす

生命保障に追加して、入院特約や新がん特約の2つの特約をつけられるプランです。

手ごろな掛金で最高3,000万円の生命保障があります。

  • 10年間は掛金が変わりません。
  • 10年間は掛金が変わりません。
  • 10年先のライフステージに合わせて見直すことができます。

(注)10年後、同じ保障内容で継続する場合、掛金は上がります。

入院・手術の保障がつけられます。

  • 入院1日目から保障します。
  • 手術を受けた場合の保障があります。

がん治療を手厚くサポートします。

がん治療共済金を、2年に1回を限度に何度でも※お受け取りいただけます。

治療に専念するための費用をしっかり確保できるがん治療共済金200万円の保障も。健康保険の使用できない先進医療にかかる費用や、その他の保険外診療など様々な出費に役立ちます。

※1回目は、がんと診断確定した場合に支払います。2回目は、がんと診断確定された日から2年経過以降にがんによる入院をした場合に支払います。支払回数に制限はありません。

がんで入院したら日額10,000円 しかも日数無制限

がんの入院は長引いたり、再入院の可能性もあります。そんな入院も「日数無制限」でしっかりサポート。

入院が長期となるがんの平均入院日数・主ながんの再発率
退院後の“通院”の備えも大切です。

がんは退院した後も、経過観察や検査などで通院も。治療費だけでなく交通費や仕事を休むことでの給料減も。そんな負担も日額5,000円でしっかりサポート

3-2 たすけあい

たすけあいのベーシックコースは、性別を問わず、0歳から満54歳までの方で告知事項の内容をクリアしている方が加入できます。保障期間は、満65歳の満期日までとなっていることから、この期間を過ぎると保障が無くなってしまうことがわかります。ただし、満期以降の継続コースがあり、満85歳まで継続して保障を維持することもできます。

項目 内容
加入できる年齢(発効日時点)/性別 0歳~満54歳/男性・女性
保障期間 満65歳の満期日まで
満期以降の継続コース あり(満85歳まで)
加入時の告知事項 告知義務あり

注意点として、85歳までの継続を行う場合、月掛金が上昇し保障内容が低くなるデメリットをよく理解した上で検討する必要があります。

少ない掛金であれもこれも保障されるものであることは確認することができます。現在加入している生命保険の保障を上乗せさせたいという目的で、「たすけあい」に加入するのであれば有効な選択肢の1つだと考えます。逆に、「たすけあい」のみで保障を確保するという考えは、保障が十分とは言い切れないため、残念ながら適切ではないと考えることもできます。

3-3 ずっとあい

加入時からずっと変わらない掛金で、一生涯の入院・手術の保障を用意できます。月掛金は加入時の金額のまま、ずっと変わりません。若いうちに加入すれば、将来の月々の掛金負担も軽くなります。

1入院1日目から180日分までをしっかり保障します。

病気ごとの平均在院日数近年、入院の平均日数は短くなる傾向ですが、病気によっては長引く入院もあります。また、一回の入院はさほど長くなくても、再入院を繰り返すような病気もあります。そのため《ずっとあい》終身医療では、60日分や90日分ではなく、180日分の入院保障です。

重度障がい状態になった場合、それ以降の掛金はいただきません。

掛金の払込期間中に、被共済者が重度障がい状態になった場合、それ以降の掛金の払い込みは免除され、保障は一生涯つづきます。

  • 両眼が失明したもの(1級)
  • 両下肢を足関節以上で失ったもの(2級)
  • そしゃくまたは言語の機能を廃したもの(3級の②)

重度障害の一部です。
※ 掛金の払い込みが終了している場合は、掛金は戻りません。
※ 重度障害とは? CO・OP共済では、労働者災害補償保険法施行規則の障害等級表の1級、2級、3級の②③④の状態になった場合を重度障害と判断しています。

 

4. コープ共済で老後は?

例えを挙げるなら、コープ共済「たすけあい」に存在する落とし穴とは、65歳以降には保険料が高くなるのに保障内容が減少していき、コースによっては85歳以降は保障が受けられなくなる、というものです。

なお、一定の条件を満たした場合には、終身医療コースに移行もできますが、こちらは保険料が大幅に高くなってしまいます。
これは非常に大きな落とし穴であると言えます。

4-1 保障内容が少ない?

保障内容が減少していってしまうのは、65歳以降になると「たすけあい」から別のコースに保障が移行してしまうためです。
より厳密にいうと、「たすけあい」は64歳まで更新ができる定期保険であり、65歳からは別の老後を対象としたものにしか加入できなくなるのです。

「たすけあい」では、65歳以降に別の共済保険に加入を移行することができます。
移行できるのは次の3つのコースです。

  • たすけあい シルバー70コース
  • あいぷらす ゴールド85
  • ずっとあい 終身医療

「たすけあい シルバー70コース」は70歳、「あいぷらす ゴールド85」は85歳で保障が終了し保険が無くなってしまいます。
また、「ずっとあい 終身医療」は一生涯医療保障が続きますが、後述するとおりコースの移行に条件があり、また保障内容も十分ではなく保険料も4倍近くになります。65歳以降の移行コースでは、保障内容が減少し、それまでと同様の保障は受けられません。

ずっとあい 終身コースのみ一生涯保障の終身保障となっています。ただ、こちらはコース移行のための条件があり、それをクリアしなければ移行することができません。

  • 「たすけあい」に2年以上加入している
  • 移行専用告知事項に該当しない
  • 移行時の年齢が満50歳以上万70歳以下である

以上の条件の中で最も引っかかりやすいのは「移行専用告知事項」です。
移行専用告知事項では、過去2年の病歴や入院歴を告知する必要があり、それらがある場合には移行できなくなります。

ずっとあい 終身移行コースに移行可能なのは50歳~70歳の間ですが、この年齢の方は病歴や入院歴がある方は少なくないはずです。そのため、移行制度そのものは存在しますが、実際には移行できない方も出てきます。

4-2 老後の保障は厳しい

64歳まで受けられた保障が受けられなくなるか、保障内容が減ってしまっているのがお分かりいただけたかと思います。掛金が大きく値上がりしてしまいます。保障内容が減少しているのに、それまで払っていた金額の3倍~4倍の掛金が必要となります。コープ共済のみに加入していると、老後に大きな落とし穴に落ちてしまうことになります。

 

5. コープ共済の特徴はどう?

まずはコープ共済と県民共済の保障内容を比較してみましょう。県民共済のこども1型では、月々の掛け金(保険料)は1000円に設定されており、コープ共済のジュニアコースのJ1000円コースと同様、非常に低い掛け金に設定されています。

県民共済こども1型では、「病気、事故入院」では日額5000円の給付、「事故通院」では日額2000円、「手術」では2万円〜20万円、「事故後遺症」では12〜300万円、「病気死亡、重度障害」は200万〜500万円、「扶養者死亡」では、50〜350万円となっています。

コープ共済ジュニア18コースと比較すると、コープ共済の方が、入院、通院の医療保障部分では優れていることが分かります。しかし後遺症や死亡、扶養者死亡に関しては県民共済の方が、保障が手厚い部分もあります。つまり医療保障に関してはコープ共済、それ以外の保障も手厚さを求めるならば県民共済の方がいいかもしれません。

5-1 コープ共済のメリット

  • 宅配サービスの取り扱うジャンルが幅広い
  • 独自店舗を構えているため、店舗でのサービスの手続きも可能である
  • 死亡保障がついていて、さらに家族が死亡、障害を伴った時、お見舞金がおりる
  • 薬を服用していたり、持病を持っていても、加入できる可能性が高い
  • 全国47都道府県に事業所があるので、引っ越しで県外に移住しても、手続きが簡単

コープが運営するスーパーで買い物ついでに、コープ共済についての相談や簡単に手続きができて手軽を感じましたという声も多くありました。また、支払いに関しても、基本的にはレシート一枚で請求でき、振り込みも驚くほど早かったので、治療費に悩むことなく捻出できたという声も多いです。さらに、

  • 掛金がリーズナブル
    コープ共済の掛金の安さは魅力の一つです。そもそも共済保険は民間の保険よりも掛金が安く設定されていて、とにかく安くリスクに備えたいという方には人気が高いです。
  • 保障がわかりやすい
    コープ共済の共済プランは冒頭にも記載しましたが、とてもシンプルです。保障が豊富すぎるために掛金が高くなったり、何の保障をつけているのか忘れてしまうといった心配がありません。
  • 返戻金がある
    保険の解約時に自分に返ってくるお金のことを解約返戻金(かいやくへんれいきん)と言いますが、コープ共済の「あいぷらす」は定期タイプの共済保険であるにも関わらず返戻金があるのは珍しいことです。
  • 割戻金がある
    共済には、団体を運営する上で余剰金(あまったお金)が発生した場合には加入者に還元するシステムがあり、この返還されるお金のことを割戻金と言います。月々たった数百円でも手元にお金が戻ってくるのはありがたいことです。

宅配サービスや独自店舗を構えることなど、コープ共済は、加入者に近い存在でいられるような運営方法をとっていることが、伺えますね。

5-2 コープ共済のデメリット

  • 保障に限りがある
    コープの共済保険は、「たすけあい」「あいぷらす」「ずっとあい」全てにおいて、民間の保険ほど保障の種類が豊富ではありません。例えば「たすけあい」ジュニアコースには通院保障がつけられなかったり、「あいぷらす」には先進医療特約がつけられなかったりします。
  • 共済金だけでは万が一のときに不安
    万が一共済の加入者が死亡した場合、共済金は支払われますが多くの共済保険が“最低限”の保障であるため、共済金額に満足する方は多くはないかもしれません。

また、割戻金の返戻率は、共済の中で比較すると、NO.1ではないので、返戻率が低いと感じれば、デメリットだと思う人もいるでしょう。

 

6. 医療保障と死亡保障がポイント

保険の商品もさまざまな特徴があります。さまざまな商品(特徴)がある中、どんな医療保障を選んでいいのか迷ってしまいますよね。今回は、いくつかポイントをおさえて、わが家に必要な医療保障選びの参考にしましょう。

ポイント1:入院保障の内容をおさえる

  • 1日いくら?(5,000円・1万円など)何日目からの支払い?(1日目・1泊2日・5日目・20日目など)
  • 1回何日目まで?(60日分・120日分・180日分・360日分など)
  • トータル何日分まで?(700日分・1,000日分・制限なしなど)
  • 何歳まで保障される?(貯蓄を300万円くらい貯めればオールマイティーの保障として活用できます)

ポイント2:その他の保障をおさえる

  • ケガ通院、手術保障、ガンへの備えは?あまり必要でないものがたくさんついていませんか?

ポイント3:契約関係をおさえる

  • 夫の契約に妻子は特約になっていませんか?夫の契約変更や家族の変化で、妻子の保障がなくなることも。
  • 養老保険の特約にしていませんか?病気だと満期後更新できない場合があります。

ポイント4:コストをおさえる

  • 更新時に保険料(掛金)が上がるのか?一括払があるか?その場合いくらくらいか?概算を把握していますか?
  • ボーナスなどがついているものは、総払込保険料-受取一時金=保障にかける費用として計算し、本当に貯蓄性があるのか?「無事故ボーナス」など一度給付金を受け取るともらえなくなるものもあるので要注意!

6-1 コープ共済に入るなら?

押さえておきたい要点だけをピックアップしました。

■割戻金があるので実質的な掛金はかなり安い
■入院の通算上限がなく、長期入院で一時金が貰える
■死亡保障まで付いている
■月々140円で個人賠償責任保険が付けられる
■先進医療が付けられるようになった。さらに1,000万円を限度に何回でも支払い可
■病気の際の通院保障がない
■先進医療保障がないため、万が一の高額治療に備えられない
■終身保障がない(移行はできるが、一定の条件をクリアする必要がある)

 

7. コープ共済加入者の口コミ

1番オススメはコープ共済です。
病気入院が道民共済より1,000円高く、個人賠償も一億円まで出ます。圧倒的に違いますね。
道民共済はやたら死亡保障が高いことが売りですが、自分の子供が死んで何百万も出ても嬉しくないし、そもそも必要ありません。必要なのは日常の入院通院保障です。
病気入院が1,000円違えば、5日入院したら5,000円違うわけですから大きいです。個人賠償も100万だけでは不安ですよね。
コープ共済は手厚いですよ。(引用元:Yahoo!知恵袋)

コープ共済、いわゆる共済の手術対象は、88種、約600種が範囲になり、生命保険会社に比べ、保険料が安い分、対象外も多いのです。

とくに、扁桃腺切除術の点数も低いわけで、
たぶん、対象外な気がしますよー。(引用元:Yahoo!知恵袋)

当時、私はコープ共済のほかに、他の保障にも加入していましたが、必要な保障は賄えているのかな…と悩んでいるところでした。
我が家は毎週、生協の宅配を届けてもらっているのですが、ちょうどそんなときに生協の配達の方が「コープ共済に加入されていますか」と声を掛けてくれたんです。
「コープ共済に加入しているけれど、母と私の保障について見直してみたいと思っているんですけど…」とお話をしたのがきっかけでした。
もともと加入している保障と同じようなものはありませんか、とお尋ねしたら、コープ共済の《あいぷらす》を勧めてくださいました。ほぼ同じ保障が受けられ掛金が安くなったので、見直しをきっかけに節約ができました。(加入者インタビュー)

7-1 コープ共済の大きなポイント

例えば、解約返戻金(かいやくへんれいきん)とは、保険を解約した時に自分に返ってくるお金のことで、一般的な定期保険にはこの解約返戻金はありません。しかしコープ共済の「あいぷらす」は定期タイプの共済であるにも関わらず解約返戻金が付いているのは他の共済にも保険にもなかなかないメリットです。

また、共済には割戻金(わりもどしきん)と言って、加入者から預かったお金から共済金と事業経費を差し引き、お金があまった場合には加入者に還元するというシステムがあります。割戻金の額は人によって異なりますが、月々に換算するとおよそ数百円程度が戻ってくる計算になります。

一生涯の保障としては使うことができませんが、ある一定期間の保障を充実させるためには非常に有効です。どういうことかというと、保険会社の終身医療保険にベースとして加入しつつ、より手厚い保障が必要な場合にそれに上乗せする形で加入するという使い方ができます。

7-2 口コミによる必要性

もし現在、コープ共済の一定期間のみしか保障されない共済保険に加入している場合には、ぜひ保険会社の終身医療保険への見直しをおすすめします。ここまでご説明したとおり、老後の医療保障を考えるとそれだけでは不足してしまいます。

医療保険は若い内には使うことがほとんどないため、その重要性を感じることができません。ですが、年を重ねるほどに必要性が高まってくる保険です。必要になったときに加入することもできますが、その分保険料も高くなってしまうため、できれば早めに加入を検討したい保険の1つと言えます。

 

8. まとめ

いかがでしたでしょうか?コープ共済の加入を検討されている方の多くには、「掛金の安さ」から、他の共済と迷われている方もいらっしゃるかと思います。口コミ等を調べてみると、コープ共済は通院保障が無いというデメリットがありますが、その分、長期入院した場合の保障が手厚いことが分かりますね。

手厚い保障を受け続けたいというニーズに応えられるのがコープ共済なんです!是非とも検討してみては?

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!