外貨建て個人年金保険にはどんな特徴があるの?メリット・デメリットを詳細解説!

記事監修者紹介
松葉 直隆
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

保険料の支払い及び年金の受け取りを米ドル・豪ドル等の外貨で行う、外貨建て個人年金保険

基本的に円建てよりも利回りが高くなりますが、為替相場の影響を大きく受けてしまうリスクもあります。

そこで今回は、そんな外貨建て個人年金保険で損しないための基礎知識を詳しく解説。

おすすめの外貨建て個人年金保険も紹介していきます。

この記事をざっくり言うと…
  • 外貨建て個人年金保険とは、主に米ドル・豪ドル等を中心とした外国の通貨によって運用される保険。
  • 円建てより利率が高く、場合によっては大きな利益を得ることも期待できる。
  • 民間の個人年金なら、いま多くの方からマニュライフ生命のこだわり個人年金が選ばれています。
  • 契約後も相場や家計の状況に合わせてご契約内容を変更が可能。柔軟に資産を築くことができます。

マニュライフ生命の個人年金保険

 

 

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
いいとこ取りオーダーメイド保険 今なら無料相談で仙台熟成牛タンがもらえる!! 公式HP

そもそも個人年金保険って?

まずは、個人年金保険とはどういうものなのかを確認していきましょう。

こちらでは個人年金保険の特徴と加入する目的・個人年金保険のタイプについて解説します。

個人年金保険とは

個人年金保険は、

保険加入者であるご自分が年金保険料をコツコツ積み立て、ご自分の決めた年齢から年金の受け取りを開始する保険商品。

任意の保険商品のため、原則として国民年金のように毎月納付したり、厚生年金保険のように給与から天引きされたりして、保険料を支払わなければならない公的制度ではありません。

つまり、個人年金保険に加入するかどうかは本人の自由です。

個人年金保険は加入しやすく、基本的に健康診査は必要ありません。傷病歴のある方々でも問題なく加入できます

個人年金保険に加入する目的は?

老後にご夫婦2人で余裕のある生活を送るには、たとえ家のローンの返済が終わり、子が独立し手間がかからなくなったといっても、毎月30万円以上、最低でも22万円程度は必要と言われています。

一方で公的年金の平均支給額は、厚生労働省の報告によると国民年金ならば平均月額で5万5,000円

厚生年金の平均月額は14万7,000円と発表されています。

特に、ご夫婦とも国民年金(老成基礎年金)受給者の場合、毎月11万円程度しか受け取れない計算となり、不足分は貯蓄を切り崩すか、働いて補う必要があります。

健康であれば、パートをする等して稼ぐことも可能です。

しかし今後、足腰の衰えや、病気にかかるリスクが増すことを考慮すると、働いて不足分を補うことは難しくなっていくでしょう。

そうはいっても、不安のない老後資金を得るには公的年金だけだと、非常に心細いのは事実です。

また、日本では男女とも長寿化が進展しているので、長生きしても十分な貯蓄がある世帯ばかりではないでしょう。

年金の不足分を貯蓄だけで補うには、限界があります。

この長生きリスクに対応するため、資金を積立または運用し、老後の資金不足を防ぐため個人年金保険へ加入する意味があるのです。

ソニー生命のドル建て保険をチェック⇒

個人年金保険のタイプは2つ

個人年金には大きく分けて、

  • 円建て個人年金保険
  • 外貨建て個人年金保険

の2つがあります。

円建て個人年金保険は保険料を日本円で支払い、年金も日本円のまま受け取る保険です。

対して外貨建て個人年金保険は、主に米ドル・豪ドル等を中心とした外国の通貨によって運用される保険商品です。

円建て個人年金保険・外貨建て個人年金保険を比較すると、下表の通りになります。

個人年金保険 円建て 外貨建て
長所

・為替変動の影響を受けず安定している

・将来の見通しが立てやすい

・円建てと比べて利率が高い

・保険料が安い

短所 ・利率が外貨建てよりも低い

・外貨を日本円にかえると為替手数料が発生する

・為替変動の影響をうける

ご自分が将来的に受け取れる年金保険額や、もしも解約したい場合の解約返戻金について検討する場合、円建て個人年金保険または外貨建て個人年金保険では、次のように判断できます。

円建て個人年金保険の場合、どの位の年金等を受け取れるのか見通しが立てやすく、いつ解約すれば損失を抑えられる解約返戻金額となるかを判断することが容易です。

リスクをできるだけ負わずに、老後の資金対策を行いたい人に向いている保険商品です。

対する外貨建て個人年金保険は、為替変動の影響による損失のリスクは伴いますが、円建てよりも利率が高く、ケースによって大きな利益を得ることも期待できます

この外貨建て個人年金保険については、次章以降でこの特徴を詳しく解説していきます。

ソニー生命のドル建て保険をチェック

外貨建て個人年金保険について

では次に、外貨建て保険の種類と、外貨建て個人年金保険の特徴について説明していきます。

外貨建て個人年金保険の基礎知識

前述したように外貨建て個人年金保険は、

保険料の支払い及び年金の受け取りを、米ドル・豪ドル・ユーロ等の外貨で行う保険商品。

外貨建て個人年金保険は、円貨建て個人年金保険に比べて、利率が高くなる傾向があります。

予定利率は、各保険会社や選んだ外貨の種類によって変わりますが、ドルの場合なら利率が2~3%の場合もあります。

円貨建て個人年金保険の利率が概ね1%であるのと比較し、2倍から3倍の利率が期待できます。

ただし、外国の通貨で運用する以上、その通貨を発行する国の経済状態の良し悪しに影響されます。

その国の経済状態が良ければ利率が上がり、悪くなれば利率が下がる可能性が高くなります。

外貨建て保険の種類

外貨建ての保険は個人年金保険だけでなく、他の保険商品でも販売されています。

この外貨建て系の保険は「貯蓄よりも積極的な資産運用に近い」保険ということが共通しています。

外貨建て保険は大きく分類すると、次のような種類があります。

いずれも、為替の動向を注視する必要がある商品ばかりです。

終身保険(生命保険)

外貨建て終身保険

積み立てたお金を外貨で運用する終身保険です。

解約返戻金・死亡保険金を受け取るときの為替レートが影響するため、日本円で受け取る金額は変動します。

外貨建て一時払終身保険

保険を契約する時に保険料を全額支払う、一時払タイプの終身保険です。

加入した時点と、死亡保険金・解約返戻金を受け取るときの為替レートの影響で、損益の影響が一層大きくなります。

養老保険

外貨建て養老保険

積み立てたお金を外貨で運用する養老保険です。

解約返戻金や満期保険金などを受け取るときの為替レートが影響するため、日本円で受け取る金額は増減します。

外貨建て一時払養老保険

保険を契約する時に保険料を全額支払う、一時払タイプの養老保険です。

加入した時点と、満期保険金等・解約返戻金を受け取るときの為替レートが影響するので、損益は外貨建て養老保険よりも大きくなります。

個人年金保険

外貨建て個人年金保険

積み立てたお金を外貨で運用する個人年金保険です。

年金を受け取るときの為替レートの影響で、日本円で受け取る額は変動します。

外貨建て一時払個人年金保険

保険を契約する時に保険料を全額支払う、一時払タイプの個人年金保険です。

加入した時点と、年金・解約返戻金を受け取るときの為替レートの影響で、損益が外貨建て個人年金保険よりも大きくなります。

ソニー生命のドル建て保険をチェック⇒

外貨建て個人年金保険の特徴って?

外貨建ての個人年金保険だからと言って、不安定な状況というわけではありません。

  • 支払う保険料
  • 受け取る年金
  • 解約返戻金
  • 積立金の予定利率

などは外貨ベースで既に決まっており、その金額は固定されています。

つまり外貨ベースでみるなら、安全性と貯蓄性が高い保険といえます。

プルデンシャルのドル建て保険ってどんなの?プルデンシャル生命について徹底解説

しかし、保険料の支払いも年金の受け取りも、通常であるなら保険加入者は日本円で保険料を支払って、日本円で年金または解約返戻金を受け取ろうとするはずです。

その際に為替の変動によって、その時々で支払う保険料・受け取る年金等が変動してしまうことになります。

そのため、日本円ベースで外貨建て個人年金保険を考える場合、年金・解約返戻金額は保証されず、元本割れをして損する可能性も為替の影響で得をする可能性もあるのです。

また一括というわけではなく、毎月保険料を支払うケースでも、為替レートによって支払額が変わるため、月々の支払いがどの位になるかわからないのも事実です。

外貨建て個人年金保険は利率が高い

と言われていますが、その時点の日本円ベースで見たら、利率は高いか低いかもわからないのが特徴と言えます。

なので外貨建て個人年金保険は、安定的な貯蓄商品というよりもリスクの高い資産運用商品と認識しておくべきでしょう。

外貨建て個人年金保険を選ぶ際には利回りだけではなく、この外貨建ての不安定要素について、加入を検討している商品がどれだけ軽減できるのかを確認することも大切です。

ソニー生命のドル建て保険をチェック

外貨建て個人年金保険のメリット・デメリット

次に、さらに詳しく外貨建て個人年金保険のメリット・デメリットを見ていきます。

メリットは「高い利回り」

外貨建て個人年金保険のメリットは、やはり利回りの高さです。

個人年金保険のように、長期の運用を行う場合は、少しの利回りの差が大きな年金受取額の差となります。

例えば、外貨建て一時払個人年金保険に加入していた場合、契約時に設定されていた利率が変動することはありません。

加入の際にいっきに1万豪ドル支払い、年2.5%の利率ならば10年後に25%upの1.25万豪ドルを受け取ることができます。

保険料を支払った時点の為替が1豪ドル=100円だった場合、保険加入者が支払う保険料は100万円です。

ご自分の積み立てた1万豪ドルが、10年後に年金原資1.25万豪ドルとなった場合、為替レートが以前のままで1豪ドル=100円であれば125万円の受け取りとなります。

この年金を受け取る時期のレートが1豪ドル=110円の円安になった場合、年金受取額は137万5,000円となり円安の効果で利益が増すことになります。

逆に、この年金を受け取る時期に円高となった場合には損をする可能性もあります。

ソニー生命のドル建て保険をチェック⇒

デメリットは「円高で元本割れを起こす可能性」

円高になってしまった場合を想定すると、次のようになります。

この年金を受け取る時期のレートが1豪ドル=75円というように円高となった場合は、注意が必要となります。

ドル建て保険ってどんな保険?その内容からおすすめの商品を解説します!

事例の場合では、ご自分の積み立てた1万豪ドルが、10年後に年金原資1.25万豪ドルとなった場合、為替レートが以前のままであるなら1豪ドル=100円で125万円でした。

しかし、1豪ドル=75円と円高となってしまった場合、受け取る年金額が93万7,500円と元本割れを起こしてしまいます。

つまり、支払った保険料よりも戻ってくるお金がかなり少なくなっています

外貨建て個人年金保険はこのように、為替の影響を大きく受けてしまう商品であることへ十分に留意する必要があります。

また、保険料を支払う際や、年金受け取りの際に日本円と外貨の両替で手数料がかかってしまいます

この為替手数料も念頭に置いて、ご自分とって外貨建て個人年金保険の加入が得か否かも検討する必要があります。

為替リスクを低減するコツとは?

為替リスクを理解しつつ、ゆとりある年金生活に役立てたい場合、次の3点がポイントになります。

①外貨建て一時払個人年金保険の加入は慎重に

このタイプの年金は加入時に全額を支払うので、以後は年金の受け取りを待つだけと言えますが、保険料の支払いと年金・解約返戻金額を受け取る時に為替レートの差が大きく影響することになります。

そのため加入を決断する前に、

  • 現在加入する場合の為替水準がどのようになっているのか
  • 将来に円安・円高のどちらに進展するのか

など保険会社の窓口担当者等と良く話し合いながら、国内・国外の情勢を見て判断しましょう。

②据え置き機能があるかどうか

実は個人年金保険であっても、受取開始時に一括でお金を受け取れる保険商品もあります。

このお金を外貨のまま保険会社に預けておける場合、円高であった場合にはこのままで預けておいて、円安になってきてから一括で受け取ることも可能です。

このような据え置き機能が設定されているかどうかも、保険選びの際のポイントです。

③為替手数料をよく検討する

外貨建て個人年金保険では、保険料を支払う際や、年金受け取りの際に日本円と外貨の両替で手数料がかかってしまいます。

これを為替手数料と呼びますが、各保険会社では概ね1ドルにつき50銭(0.5円)くらいかかるケースが多いです。

一見微々たる手数料と言えますが、100,000ドルの両替の手数料は50,000円になるので、受け取る額が多ければ多いほど手数料も負担となっていきます。

基本的に各保険会社では、保険料を支払うときの手数料が50銭となっています。

しかし、お金を受けとる場合の手数料は1銭~50銭と幅があります。

保障内容が同程度であるなら、手数料の安い商品を選んだ方がお得です。

ソニー生命のドル建て保険をチェック

おすすめ①マニュライフ生命「こだわり個人年金保険」

では、おすすめの外貨建て個人年金保険には一体どんな商品があるのでしょうか?

こちらでは、マニュライフ生命「こだわり個人年金保険」の概要と注目点を解説します。

マニュライフ生命「こだわり個人年金保険」とは

「こだわり個人年金保険」は、

米ドルか豪ドルのどちらかを保険加入者が選択し、その通貨で保険料を運用する保険商品

です。

この保険の最低保険料は毎月1万円で、ご自分の家計の事情や海外の市場相場の状況に合わせて、契約途中での減額や中断・再開・保険料支払いの延長ができます。

また、市場金利の動向に合わせ、積立利率は毎月見直されることになり、年1.5%が最低保証されます。

保障内容としては、確定年金の場合は5年または10年、保証期間付(10年)終身年金のいずれかを選びます。

確定年金とは?

個人年金保険において、被保険者の生死を問わず、契約時にあらかじめ定めた一定期間、年金が受け取れるタイプの保険のことです。

マニュライフ生命の個人年金保険

 

マニュライフ生命「こだわり個人年金保険」の概要

こちらの保険商品では、外貨建て商品のリスクの一つである為替相場の変動リスクを軽減するため、ドルコスト平均法を用いています。

この方法は、

一定額の日本円で外貨を継続購入し、外貨が安いときに多く購入して、外貨が高いときには少なく購入するという仕組み。

このメカニズムが働いて、為替変動の影響軽減が期待できます。

具体的には、次のような推移となります。

(例)米ドルの場合

為替レート 毎月12,000円ずつ購入
1回目:120円 100.0米ドル
2回目:95円 126.3米ドル
3回目:125円 96.0米ドル
4回目:115円 104.3米ドル
5回目:130円 92.3米ドル
米ドル合計購入額 518.9米ドル
使用した円の合計額 60,000円
平均購入レート 1米ドル115.6円

マニュライフ生命「こだわり個人年金保険」の注目点

こちらでは、支払保険料と返戻率の割合を事例をあげて解説します。

(例)

  • 保険加入者:男性20歳
  • 外貨:米ドル
  • 支払額(月払):10,000円
  • 確定年金:10年
  • 最低保証:年1.50%固定
  • 契約時点の積立利率:年2.60%

マニュライフ生命の個人年金保険

 

おすすめ②メットライフ生命「三大陸 定額個人年金保険」

マニュライフ生命の「こだわり個人年金保険」以外に、色々な資金運用のプランを選べる商品も気になりますよね?

こちらでは、メットライフ生命「三大陸 定額個人年金保険」の概要と注目点を解説します。

メットライフ生命「三大陸 定額個人年金保険」とは

「三大陸 定額個人年金保険」は、

米ドル・豪ドル・ユーロ・円のいずれかで資金を運用する商品

です。保険料は一時払いすることになります。

 

この商品は、

  1. 基本プラン
  2. 定期引出プラン
  3. ターゲット設定プラン

の3つのプランがあります。

≪基本プラン≫
通貨および据置期間を定めて、据え置き期間満了後に年金を受け取るベーシックなプランです。

≪定期引出プラン≫
年1回の定期引出金が最低1,000ドル、およそ10万円程度が受け取れるプランです。

≪ターゲット設定プラン≫
一時払いで支払った保険料を運用し、目標に到達すれば日本円へ戻して為替変動リスクを回避するプランです。

このプランは、保険料が増える割合を120%~300%まで選択できますが、現在と将来の経済状況を把握・予測し、現実的な目標値を設定することが大切です。

メットライフ生命「三大陸 定額個人年金保険」の概要

こだわり個人年金保険は、次の3つのプランで柔軟に運用できるのが特徴です。

基本プラン

じっくりと資金を運用して増やしていきたい人に、おすすめのプランです。

年金受け取りまでの流れは、次の通りです。

基本プランの年金受け取りまで
  1. 契約時に運用通貨および据え置き期間を選択。
  2. 保険料を一時払いし、契約時の積立利率で運用。
  3. 据え置き期間が満了したら、年金原資を受け取り可能。一括受け取りでも可。

定期引出プラン

運用した成果を1年後から定期的に受け取りたい人に、おすすめのプランです。

年金受け取りまでの流れは、次の通りです。

定期引出プランの年金受け取りまで
  1. 契約時に運用通貨および据え置き期間を選択。
  2. 毎年、運用成果を受け取る。
  3. 据え置き期間が満了したら、保険料を一時払いした金額と同額の年金原資を受け取る。一括受け取りも可能。

ターゲット設定プラン

運用成果があらわれたら、そのタイミングを逃さずその成果を日本円にかえたい人におすすめです。

ターゲット設定プランの年金受け取りまで
  1. 契約時に目標額を設定。
  2. 契約したから3年後に、目標額の到達状況が毎月判定される。
  3. 目標額に到達したら、自動的に日本円で成果が確保。
  4. 年金で受け取るか一括で受け取るかを選択。

メットライフ生命「三大陸 定額個人年金保険」の注目点

各プランの積立利率は、次の通りです。

新規の契約の取扱いを見合わせているものもあるので、加入を検討する場合には注意しましょう。

下表の数値は2018年11月1日 ~2018年11月15日期間内にご契約が成立した場合、適用される積立利率となります。

このように、積立利率は所定の指標金利を基に毎月1日・16日に設定されることになります。

基本プラン

積立利率保証期間 米ドル 豪ドル ユーロ
3年 取扱い見合わせ 0.93% 取扱い見合わせ
5年 2.20% 1.35% 取扱い見合わせ 取扱い見合わせ
7年 2.31% 1.36% 取扱い見合わせ
10年 2.55% 1.46% 取扱い見合わせ 取扱い見合わせ

定期引出設定プラン

積立利率保証期間 米ドル 豪ドル ユーロ
3年
5年 2.14% 1.29% 取扱い見合わせ
7年
10年 2.49% 1.40% 取扱い見合わせ

ターゲット設定プラン

積立利率保証期間 米ドル 豪ドル ユーロ
3年
5年 2.20% 1.35% 取扱い見合わせ
7年 2.31% 1.36% 取扱い見合わせ
10年 2.55% 1.46% 取扱い見合わせ

おすすめ③第一フロンティア「プレミアムジャンプ・年金」

外貨建て個人年金保険は、変額個人年金保険で販売されている商品もあります。

その1つである第一フロンティア生命「プレミアジャンプ3・年金(外貨建) 」の概要と注目点を解説します。

第一フロンティア生命「プレミアジャンプ3・年金(外貨建) 」とは

「プレミアジャンプ3・年金(外貨建)」は、外貨建ての株式・債権で資産運用を行い、増えたら円貨で自動的に利益を確保します。

運用が仮に不調でも、外貨建てで最低保証を得るという変額個人年金保険です。

この変額個人年金保険とは、

保険会社の運用実績によって年金の受け取り金額が増減する商品。

契約時に保険料を一時払いして、運用することになります。支払った保険料は「変額部分」と「定額部分」の2つに分かれます。

変額部分に関しては、海外の市場環境の変化に応じて、積極的な収益の獲得を目指します。

一方、定額部分では、保険契約時に適用される積立利率で着実に増やす方法をとります。

第一フロンティア生命「プレミアジャンプ3・年金(外貨建) 」の概要

」プレミアジャンプ3・年金(外貨建)」の選択できる通貨は、運用期間10年の場合、豪ドル建または米ドル建が選べ、最低保証は100%・110%となります。

一方、運用期間5年の場合は、豪ドル建またはNZドル建が選べ、最低保証が100%となります。

運用の流れ

こちらでは、保険契約から年金受け取りまで事例をあげ説明します。

(例)

  • 通貨:豪ドル建110%の保証
  • 積立期間:10年
  • 一時払保険金額:1,000万円(円貨払込金額)
  • 目標値:120%
  • 目標金額:1,200万円
  1. 円換算の目標を設定し保険契約を締結し、一時払保険料の1,000万円を振り込みます。
  2. 一時払保険料1,000万円は初期費用を控除することなく、全額を特別勘定に繰り入れます。
  3. 契約日から1年を経過したら、目標達成の判定を積立期間中に保険会社が毎日行います。
  4. 目標金額(1,200万円)が達成されたら、自動的に円貨で運用成果を確保し、定額の円建て終身保険に移行します。
  5. 目標が達成しなかった場合、外貨建てで保証されることになります。
  6. 年金受取開始を開始します(一括受取も可)。

第一フロンティア生命「プレミアジャンプ3・年金(外貨建) 」の注目点

こちらでは、設定した各目標値に到達したケース数・目標到達までの経過年数についてシュミレーションしてみます。

次のデータは、各月末(1999年12月末~2007年11月末まで)に運用開始し、それぞれ10年間運用したと仮定した96ケースを集計したデータです。

豪ドル建

①100%最低保証

  • 最低保証:100%
  • 運用期間:10年
  • 積立利率:1.71%
  • 定額部分:84.5%
  • 変額部分:15.5%
目標値 目標到達ケース(達成数/96ケース)
105% 96/96(うち5年未満:83/96)
110% 96/96(うち5年未満:83/96)
120% 96/96(うち5年未満:77/96)
150% 89/96(うち5年未満:57/96)
200% 71/96(うち5年未満:30/96)

②110%最低保証

  • 最低保証:110%
  • 運用期間:10年
  • 積立利率:1.71%
  • 定額部分:92.9%
  • 変額部分:7.1%
目標値 目標到達ケース(達成数/96ケース)
105% 96/96(うち5年未満:83/96)
110% 96/96(うち5年未満:83/96)
120% 94/96(うち5年未満:71/96)
150% 79/96(うち5年未満:49/96)
200% 46/96(うち5年未満:11/96)

米ドル建

①100%最低保証

  • 最低保証:100%
  • 運用期間:10年
  • 積立利率:1.36%
  • 定額部分:87.4%
  • 変額部分:12.6%
目標値 目標到達ケース(達成数/96ケース)
105% 96/96(うち5年未満:72/96)
110% 96/96(うち5年未満:62/96)
120% 96/96(うち5年未満:55/96)
150% 60/96(うち5年未満:22/96)
200% 7/96(うち5年未満:0/96)

②110%最低保証

  • 最低保証:110%
  • 運用期間:10年
  • 積立利率:1.36%
  • 定額部分:96.2%
  • 変額部分:3.8%
目標値 目標到達ケース(達成数/96ケース)
105% 96/96(うち5年未満:61/96)
110% 92/96(うち5年未満:48/96)
120% 78/96(うち5年未満:21/96)
150% 5/96(うち5年未満:0/96)
200% 0/96(うち5年未満:0/96)

【訪問型or店舗型別】生命保険を選ぶ時のおすすめ保険相談窓口6選

もうすでに各種生命保険に加入しているけれど、そろそろ見直しを考えたい。

あるいは、まだ生命保険には入っていないけれど、どこの保険会社のどの商品を選べば良いのか分からない。

そんなあなたに、保険の相談窓口をおすすめします!

Science exploration

現在数え切れないほど多くの保険会社と商品がある中、ご自身やご家族に合ったものを調べて選び、比較検討するのは至難の技

健康や体と同じくらい大切なあなたの「時間」も有効活用しませんか?

訪問型無料相談

保険の無料相談には、訪問型店舗型の2種類があるのをご存知ですか?

訪問型は、主に以下の項目に当てはまる方々にぴったり寄り添ってくれますよ!

訪問型の相談に向く人
  • 仕事が忙しくてなかなか時間がとれない
  • 妊娠中や小さな子どもがいて遠出が難しい
  • とれる時間が不規則で予測がつくのが直近になる
  • 近くに店舗型の相談所が無い、あるいは調べるのが面倒

訪問型の無料相談は、あなたの求める場所と時間にプロが足を運んでくれる優れもの。

近くのカフェや喫茶店、ファミレスなど勝手を知る場所を指定できるのもメリットになりますね!

訪問型おすすめランキング1位 保険コネクト

保険の悩みをプロに相談したいと考えている人は保険コネクトの利用をおすすめします。

保険コネクトの特徴
  • 2500人以上のプロが全国各地で対応
  • 経験5年以上等の評価項目を満たす優秀なFPのみ
  • お得な「優待サービス」1年間プレゼントキャンペーン中

保険相談した人の約90%が「満足した」と回答している保険コネクト。

全国各地にいる厳選した2500人以上のFPと提携しており、しつこい営業行為の禁止相談者からの評判が悪いFPへの紹介禁止などと、FPに関する厳しいルールを設けています。

保険コネクトでの相談はもちろん完全無料

今なら保険相談完了後、アンケートに回答するだけで、30.000種類以上のサービスをお得に受けられる「優待サービス」を1年間無料で利用できるプレゼントキャンペーンを実施中!

保険コネクトの公式HPこちら

あわせて読みたい
保険コネクト利用者の生の声を徹底調査しました!

訪問型おすすめランキング2位 保険見直しラボ

新しく保険に加入するor保険を見直すなら人気の高い保険見直しラボもおすすめ!

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約30社とトップクラス
  • 競合他社の中ではNO.1のベテランFP揃い
  • 何度でも無料で相談できる

保険見直しラボは、全国に約60拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店

「訪問型」なのでお客様のご希望の場所に、平均業界歴11.8年のベテランFPが来てくれます!

取扱保険会社数は約30社と、他保険代理店と比べてもダントツの多さ

相談は何度でも無料なので、保険見直しラボなら自分にぴったりの保険をオーダーメイドできますよ!

保険見直しラボの公式HPこちら

訪問型おすすめランキング3位 保険マンモス

保険マンモスは、保険会社に属さないアドバイザーによるお客様の「保険料節約」と「保障の充実」を両立させるための無料面談サービスを全国展開。

保険マンモスの特徴
  • 数十社の保険会社の商品から厳選して保険を提案
  • 押し売りは一切なしで、顧客満足度95%!
  • 日経BPコンサルティング 3部門で1位獲得!

【部門】

FPが信頼できる!

FPの対応が丁寧!

FPの知識が豊富!

日経BPコンサルティングの「FPの質」に関する調査で1位を独占!(調査期間:2015年8月21日~2015年8月30日 回答者数:988件)

実務経験が豊富(平均5年)で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍。

FPの専門知識&スキルを数値化し、サービス品質の向上に努めているところも保険マンモス利用者が安心して満足を得られる秘訣!

さらに今ならキャンペーン実施中!無料相談後のアンケートに回答するだけでご家族全員分の黒毛和牛(A5クラス)が必ずもらえる!

保険マンモス公式HPはこちら

あわせて読みたい
保険マンモスの評判を、良い/悪い口コミから徹底分析!

訪問型無料相談の注意事項

あなたの都合に合わせてくれる力強い味方である訪問型の無料相談ですが、カフェやファミレスを利用する際に注意すべきことがいくつかあります。

見落としがちな注意点を以下にまとめましたのでご覧ください。

注意事項
  1. 騒がしくならず、混雑しがちな時間は避ける
  2. 資料を広げたりプライバシーに関わる話が出るためテーブルの大きさやレイアウトを考慮する
  3. 自分が注文した飲食代は自分で払う

特にファミレスを利用する方は、テーブルは広くて良いですが騒がしい時間帯になると声が聞き取りづらくなったりすることも。

逆にカフェや喫茶店だと2人席に通されるとテーブルも狭くなったり、また隣の席との距離感が近くて個人情報が筒抜けの気分になる気がして落ち着けないかもしれません。

こういったことも考慮して、融通がきく場所を選ぶことができたら質の良い相談ができることと思います。

また、飲食代を出されてしまうと気まずさを覚えたりすることもありますから、ここは貸し借りなしで自分で支払うと良いですね!

店舗型の無料相談

テレビのCMなどでお馴染みの店舗型の無料相談は、ご自身でその店舗の所在を調べて出向くかたちになります。

店舗型は、ご自身の自宅近くに所在がある場合は申し込みをする必要もない場合もあり、気軽に来店できるのが魅力的。

小さいお子さんがいる方にはキッズスペースが確保されている店舗も多いのもメリットになる部分でしょう。

店舗型おすすめランキング1位 保険見直し本舗

100万件の相談実績を持つ大手保険ショップの保険見直し本舗は、店舗型でありながら訪問も可能で柔軟性◎。

提携している保険会社数が40社以上なのは代理店トップクラス!取扱会社が多ければ多いほど、必然的に自分にぴったりの保険を見つけやすくなりますよね。

保険見直し本舗の特徴
  • 契約実績100万件を突破!
  • 提案から加入手続きを経てアフターフォローまでしっかりサポート
  • しつこい勧誘は営業方針として禁止している

保険見直し本舗の相談実績は、日本で最初に出来た保険ショップである「保険クリニック」の3倍以上の100万件!

全国に253店舗(2018年11月現在)すべてが直営店。保険相談だけでなくサービスやコンサルティング料も全て何度でも無料

保険見直し本舗がユーザーに選ばれ続ける理由を是非体験して下さい!

保険見直し本舗公式HPこちら

店舗型おすすめランキング2位 保険相談ニアエル (旧ライフル)

保険相談ニアエル(旧ライフル)は、それ自体が特定の保険ショップを運営している訳ではなく、全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。

全国に1200以上の店舗と提携しているため、どこを選べばいいか悩む方には「おまかせ予約」というサービスも用意されており、最短1時間でピッタリな保険ショップ探してくれます。

保険相談ニアエルの特徴
  • 全国に1200店舗以上のショップと提携
  • 希望すれば女性スタッフを優先的に選択することが可能
  • しつこい勧誘は担当者変更や他措置も取られるため安心

そのため、HPでは保険ショップごとに女性スタッフやキッズスぺ―スの有無など、店舗情報も細かく確認することが可能。

保険相談ニアエル(旧ライフル)では保険相談所の主要な店舗はしっかり提携を結んでおり、この掲載店舗数は業界No.1の数字です。

保険相談ニアエル公式HPこちら

あわせて読みたい
保険相談ニアエル(旧ライフル)のメリットとデメリットを徹底解剖!

店舗型おすすめランキング3位 保険市場

保険市場は、全国に直営店を12店、協力会社332店の合計344店を展開する大型保険相談窓口。

取り扱う保険会社数は83社にもおよび、相談後のアンケートによる満足度は驚異の96.6%

保険市場の特徴
  • 取扱い保険会社数83社
  • 店舗で相談に加え、訪問での相談も受け付けている
  • HPでは各種保険や保険会社の商品が詳細に説明されている

保険市場は保険の相談窓口を設けるのみでなく、ホームページにて保険の知識をとことん身につけることも可能。

保険料の比較や一括見積といった便利な機能も備えるため、一度サイトを見てみるのもアリですね!

面倒でも、可能な限り複数の無料相談所を利用するべき!

さて、ここまで無料の保険相談所をご紹介して参りましたがいかがでしょうか。

保険会社や保険商品と同じで、保険の代理店もたくさんあって迷ってしまう方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、保険の代理店は保険に加入しなければいけないわけではないため、構えず、気軽に考えて◎

そして、可能ならば1つの代理店ではなく複数の代理店で相談を受けてみましょう

複数人に担当してもらうメリット

保険に限らずどの業界でも同じことが言えますが、担当してもらう人の質はやはり運という部分も無きにしもあらずです。

保険に限って言えば、保険の相談を何年もしてきている人もいれば、経験の浅い新人に担当される場合もあるでしょう。

こればかりは仕方がないことでもありますので、時間が許す限り、様々な代理店で相談をしてみることに損はありません。

複数の商品を知れるメリット

さらに、担当して下さる方によってはあなたに勧めてくる保険の商品も異なってくる可能性も十分にあります。

しかし、保険会社や保険商品は今や五万とある時代。

同じ商品を勧めて来られるほうが稀かもしれません。

ここでは色んな商品を知ることができるキッカケでもありチャンスでもあります。

勧めて来られるからには理由があります。

あなたにとってのベストな選択肢が増えることはメリットでしかないでしょう。

長い付き合いになる保険会社と商品とのお付き合い。

損をしないためには、少なくとも2つから3つの代理店に相談をして、比較することができるとなお良いでしょう。

代理店で迷っているならまずはこの店舗へ!

ここまで、保険の見直しや新規加入を検討している方には、無料プロに相談できる保険の相談窓口をおすすめさせて頂きました。

保険商品は何十年も払い続けるもの。当然、契約する保険会社ともそれだけ長い付き合いになるということ。

多数ある保険会社に保険商品を洗い出して比較、検討するには時間も労力も限られてしまいます

相談窓口も今やたくさん存在する時代、もしもどこに相談しようか迷われているならば、保険ブリッジ読者にも一番人気の保険見直し本舗を試してみてはいかがでしょうか。

保険見直し本舗の特徴
  • 契約実績100万件を突破!
  • 提案から加入手続きを経てアフターフォローまでしっかりサポート
  • しつこい勧誘は営業方針として禁止している

保険見直し本舗店舗型だけではなく訪問も可能なため、あなたのご都合に合わせて対応が可能なのでおすすめ!

保険のことが気になっている今こそ試すとき保険見直し本舗へ今すぐアクセス!

保険見直し本舗公式HPはこちら

まとめ

外貨建て個人年金保険は、利回りの高さが魅力の反面、非常に仕組みが複雑で為替変動の影響を受けやすい商品です。

まずは、自分の判断だけで加入を決めるより、保険会社の窓口担当者等の専門スタッフから十分説明を受けた上で判断することがおすすめです。

ソニー生命のドル建て保険をチェック

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
いいとこ取りオーダーメイド保険 今なら無料相談で仙台熟成牛タンがもらえる!! 公式HP
『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る