学資保険の必要性ってどんなもの?子供のために考えてみよう!

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

子供の将来を考えた時に大きな不安の一つが教育費ではないでしょうか?

子供が大学を卒業するまでに掛かる費用は数千万円とも言われています。

しかし、急な出費や万が一の事があった場合はどうしよう・・・・
そんな時のために、学資保険があるのです。

大きなお金が必要になる時期まで、コツコツと積み立てて準備をして、親に万が一のことがあっても大丈夫なようにしておく。

そんな学資保険の必要性とメリット・デメリットをしっかり理解して、大きな不安を解消しましょう。

この記事では、学資保険の基本から、子供に掛かる教育費などを説明しますので、自分に合った積み立ての仕方を是非見つけてください。

目次

1. 学資保険ってどんなもの?
1-1 保険の保障内容とは?
1-2 学資保険は何歳から入れる
1-3 学資保険の必要性

2. 子供の学費は高いもの!
2-1 学費はどれくらいかかるの?
2-2 資金準備するうえで大切なこと
2-3 子供の将来を考えよう

3. 学資保険の現状を知ろう
3-1 学資保険のメリット
3-2 学資保険のデメリット
3-3 学資保険の特徴

4. 貯蓄ができない方はオススメ
4-1 子供の学業を第一に考える
4-2 バランスよく資産運用を

5. 学資保険に向いている方
5-1 貯蓄もして保障も欲しい
5-2 いざというときの確実性
5-3 保険料免除などの得な機能

6. 学資保険の強みと他の積立
6-1 学資保険と積立定期
6-2 学資保険と国債

7. 学資保険で注意することとは?
7-1 原本割れは怖い?
7-2 返戻率を確かめること!
7-3 無理のないプランにしよう

8. まとめ

1. 学資保険ってどんなもの?

そもそも、学資保険とはどんなものなのでしょうか?学資保険とは、将来の子供の進学資金を準備するための貯蓄タイプの生命保険のことを指します。

一般的には、子供がまだ小さいときに加入して毎月保険料を支払っていく(積立てをしていく)ことで、大学進学時などに貯まったお金を受け取ることができるシステムであり、積み立て貯蓄のような保険と言えるでしょう。

払った保険料の大部分が戻ってくるので、終身保険などと同じく積み立て型とも呼ばれることもあります。保険会社によっては「子ども保険」という名称にしているところもあります。

1-1 保険の保障内容とは?

学資保険は、子供の進学にあわせてお金を受け取れるように設計されています。

最も基本的な学資保険は、子供が大学に進学するとき(18歳)に満期となり、満期保険金を受け取れるようになっています。

大きな特徴は、学資と名前がつくだけあって子どものための保険であることです。

契約者本人である親の万が一の事態にはもちろん、子どもが病気・怪我などをした際にも給付金がおりる商品があります。

生命保険会社が販売しているので、「今後の保険料免除で満額受け取れる」という嬉しい保障が付いている商品も多いのです。

契約者死亡時の保険料払込免除 学資保険の契約者(大抵は親)が万が一死亡した場合は、その後の保険料の支払いが免除され、学資金は予定通り支払われる。契約者である親に対する死亡保障がある。
契約者死亡時の育英年金(養育年金) 学資保険の契約者である親が万一死亡した場合に、保険の満期が来るまでの間、毎年、育英年金(養育年金)というお金が支払われる。
子供の医療保障 子供が入院したり手術したりしたときに給付金が支払われる。
子供の死亡保障 子供が死亡したときに保険金が支払われる。

1-2 学資保険は何歳から入れる

保険には契約者(親)の年齢と被保険者(子)の年齢など 年齢によって入れる、入れないことがあります。

例えば、子どもが0歳から入れる学資保険が一般的です。

また、「何歳まで入れるのか」という問題ですが、商品によって違います。 各商品によって違うので、 いろいろな保険会社の学資保険を探してみるといいでしょう。

被保険者(子供)年齢の幅は「0~15歳まで(最近は生まれる前から加入できる商品が多い)」加入できるプランがあるようですが、もちろん保険会社や保険のプランによって加入できる年齢に制限がありますので、加入する前に契約できる年齢を確認しましょう。

その他、保険には加入時に病気などの既往症の告知をしなくてはいけません。 当然ですが、健康でないと保険に入れないということも念頭に置いておきましょう。

1-3 学資保険の必要性

学資保険は、毎月保険料を支払うことで、貯蓄をする保険です。すでにお金があれば、今さら自由度の低い方法で貯めるほどではありません。

子供の安全性と収益性を天秤にかけて、金融商品を選ぶということになるかと思います。つまり、学資保険が必要な人は、これから教育資金を貯めようという人ではないでしょうか?

実は、学資保険の利率は、銀行預金の普通預金、定期預金と比べても少し良い程度で、投資信託などと比べるとそれほど利殖性の高いものではないのですね。

また、保険ですので、満期まで換金できませんし、途中解約はほとんどの場合、損になってしまいます。しかし、これらのデメリットとも言える理由があるからこそ、学資保険は必要と言えるかもしれません。

 

2. 子供の学費は高いもの!

なぜ学資保険を検討する方が多く、必要とされているのでしょうか?子供1人あたりにかかる教育費をご存知ですか?見てみましょう。

少しでも子どもの可能性を伸ばしてあげたいと思うのが親心というもの。しかし国公立大学ですら授業料が安くはない現在、どれくらいの資金を将来に備えておけばいいのか、やはり心配になってしまいますよね。

学費といっても、純粋に授業料だけを用意すればいいのではありません。

受験をするにあたり、参考書を購入したり、塾に通ったり、受験をするにも受験料や人によっては宿泊費や交通費もかかります。

入学しなかった場合でも納付金が必要であったり、入学後の通学費、教科書購入代、施設設備費、自宅外なら寮や部屋探しのコスト、寮費や家賃、生活費などもかかります。

2-1 学費はどれくらいかかるの?

大学まで進学すると、それぞれの合計に、国立大学なら約236万、私立大学なら355万円(※大学により左右します)を足してみましょう。

つまり、大学まで行くとなると、最低でも760万円は必要となる計算です。

これだけの大きな費用を、計画的に各家庭で貯蓄していくのは、簡単なことではないですね。だからこそ、毎月しっかり積み立てていくといのが学資保険というシステムの真髄と言えます!

2-2 資金準備するうえで大切なこと

教育資金の準備は、公立中心の進路の場合、最も負担が重くなる、高校卒業後である大学時代の学費をどう補うかで考えましょう。

大学時代の学費も全額準備が出来ればそれにこしたことはありませんが、そうでなくても、奨学金やその時の家計から補うことでなんとか回るくらいの貯蓄はしておきたいもの。

教育資金が必要な時期になって、もし準備していた資金が想定より貯まっていない、あるいは運用が失敗して、資金が大きく目減りしてしまうことは非常に芳しくありません。不足する資金埋め合わせのため、運用期間を延長し、子どもの入学時期を1年や2年遅らすことは、現実的には難しいからです。

教育費が必要な時期が定まっているのであれば、それまでの15年もしくは18年といった長期の準備期間があるとはいえ、本来計画的に考えなければいけないのです。

2-3 子供の将来を考えよう

それでは、教育資金を貯め始める時期はいつごろがいいでしょうか?教育資金準備のスタートは、早ければ早い方が「ラク」と言えます。「細く長く」の原則通り、子供が産まれたらすぐに始めるといいでしょう。

また、少しでも子供に良い教育環境を与えてあげたいというのが、親御さんの気持ちでしょう。最近では高度障害以外に、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中と言った3大疾病にかかった場合にも、適応されて、以後の保険料の支払いが免除される保険もあります。

親が死亡をした場合はもちろんですが、重度障害や重い病気を患った場合には、その後、仕事ができなくなる可能性がありますし、ケガや病気で入院をした場合にも、入院費用や手術費用がかかってきます。
このような事態に陥った場合に、学資保険を解約することなく生活を続けることができるように、万が一を想定して、保障重視型の保険に加入をする方法もあるでしょう!

主にはこのあたりになるのではないでしょうか。これらを上手に組み合わせて効率よく教育資金を企て、考えたいところですね。本気で将来のことを考えるようでしたら、保障重視型の学資保険以外にも、親の死亡保険に加入をすることをおすすめします。

3. 学資保険の現状を知ろう

学資保険は大きく分けて、「貯蓄型」と「保障型」に分かれます。この貯蓄型は名前の通り貯蓄性を重視したタイプです。返戻率によっては、支払った保険料よりも将来受け取る金額の方が多くなる場合があり、より多くの教育資金を貯めたい人に適しているとい言えるでしょう。また、金利が変動しない限り、元本割れのリスクが低いことも特徴です。

貯蓄型は一般に、親が死亡した場合はそれ以降の保険料の支払いは免除されます。さらに、将来の学資金は満額受け取れます(一部商品によってはできないこともあります)。

保障型は、学資保険に親の生命保険が付いているタイプです。保険料を払い続ける「契約者である親」の死亡保障を兼ねているので合理的で、万が一の場合の備えが薄い人に向いています。貯蓄型と同様、親が死亡した場合はそれ以降の保険料の支払いは免除され、将来の学資金を受け取ることが可能です。

しかし、保険の性質を持っていますので、もらえる給付金が少なくなります。掛け金のうち、一部が貯蓄、一部が保障に使われるためです。

3.1 学資保険のメリット

  • 死亡時の保障
  • 生命保険料控除として節税対象
  • 強制的に貯蓄が可能

1.死亡時の保障
契約者が死亡した場合に、保険料の支払いが免除されるというもの。学資保険は生命保険会社が販売しているので、多くの場合、生命保険機能として「保険料免除」がプラスで付いているんですね。

保険料の支払いはなくなりますが、「祝い金」「満期保険金」は満額受け取ることができます。ですので、「もし親に万が一のことがあったら」と考えると、学資保険はとても安心できる商品と言えるでしょう。

2.生命保険料控除として節税対象
学資保険にあって、他の金融商品にはないメリットとして「生命保険料控除」が挙げられます。

学資保険は、死亡時の保障を兼ねていることから生命保険の一種にあたるからです。

そのため、生命保険料控除(一般生命保険料控除)として控除対象になり、所得税から最大4万円控除できます。「所得税」「住民税」が減額されるというメリットがあります。さらに、住民税で最大28,000円が控除されます。

ちなみに、最大4万円の控除を受けるためには年間の払込保険料が総額で8万円を超える必要がありますが、学資保険加入者であれば8万円は超えるでしょう。具体的には、毎月の積立金が6,700円以上の学資保険加入者であれば、4万円の控除を受けれます。

また、住民税率は一律10%なので、最大28,000円の控除であれば、28,000円×10%=2,800円の住民税が軽減されることになります。

3.強制的に貯蓄が可能

保険料という名目で毎月口座から強制的に引かれるので確実に教育資金が貯まっていきます。自分は貯金が苦手という人にとっては大きな助けとなってくれます。

また、銀行に貯金する場合、とても低金利ですからほとんど利息はつきませんよね。その点、学資保険であれば払込み保険料より10%ほどアップする商品もあって、お得に貯めることができるという考え方もあるのです。

3-2 学資保険のデメリット

「途中で解約すると元本割れしてしまうこと」に尽きるでしょう。途中で解約しなければ問題ないのですが、急な出費が必要になりどうしても解約に迫られる場合があるかもしれません。解約時に受け取れるお金のことを「解約返戻金」と言いますが、解約返戻金ははじめのうちは少なく、契約満了に近づくと増える、という性質があることを覚えておきましょう。

他にも、子供の入院保障や親の死亡保障の上乗せなど、オプション的に保険機能が強化された商品には、オプション分の保険料も上乗せされていることもあります。

なので、支払った額よりも受け取る額のほうが少なくなるのです。
基本的には学資保険と、死亡保障・医療保障は分けることをおすすめ。学資保険は貯金ではなく、あくまでも保険と考えておきましょう。保険の場合、満期金を受け取れるタイプであっても、保障期間中は元本割れしやすいのです。

また、現時点では、定期預金などの金利は低めで、それに対し学資保険の返戻率は高めですが、将来、インフレになり貯金の金利が高くなった場合には、学資保険に加入している場合のほうが、利回りが悪くなるという可能性もあります。将来の可能性のことであるため、今すぐのデメリットではありませんが、加入の際には考えておく必要があると言えるでしょう。

3-3 学資保険の特徴

毎月分割での支払いという形ならまだいいのですが、そうではなく、子供がある一定の年齢になったらまとめて支払わないといけません。それが数百万という単位です。厳しいですね。

普段から切り詰めて生活している人からしたら、この金額は相当なものです。

ですので、子供が大きくなる前から学資保険で少しずつお金を貯蓄しておけば良いのです。

それならば負担がかなり軽減されます。これが学資保険の大きな特徴の一つと言えます。

銀行に貯金している場合、銀行が破綻してしまっても1000万円までは全額補償される(ペイオフ)という法律があります。しかし、学資保険の場合は、生命保険会社を活用しているため、生命保険契約者保護機構によって9割までは保護されますが、残りの1割は補償されない可能性があります。学資保険に加入する際には、生命保険会社選びを慎重に行うことをおすすめします。

4. 貯蓄ができない方はオススメ

「貯金が苦手だから強制的に貯金する」という目的で学資保険に加入する方は、学資保険は非常におすすめです。意思が弱く貯蓄出来ない人におすすめの貯蓄方法と言えるでしょう。

4-1 子供の学業を第一に考える

学資保険に入る最大のメリットは、「子どもが大きくなるまでに親である自分に何かあったときの保証金」ってことです。

例えば、子供が大学に入る前、または成人するまでに私が亡くなってしまった場合に、家庭を養う人がいなくなります。そうすると、高校や大学に入るときには大きなお金が必要になりますから、子どもに受けさせるべく教育が受けさせれなくなります。

学資保険に入っていれば、もし仮に親であるあなたが亡くなってしまっても、高校や大学に入るために必要なお金を担保してくれるので親の自分に不幸があっても安心。子供の学業を第一に考える親になりましょう。

4-2 バランスよく資産運用を

家族が多ければ多いほど毎月の保険料の負担で悩む家庭は多いです。支払い能力を考えたときに、支払う保険料は現実的なのかをしっかり考える必要があります。貯蓄型・保障型のどちらにするかも悩ましいところですね。

学資保険の選び方を決める時に大きく悩む所が満期金をいくらに設定するかというところにあります。
まず、大学だけでかかる金額を見ていきますと

私立:6,239,600円

公立:3,920,000円

国立:4,366,400円

かかります。では600万円で、と言いたいところですが、それよりも月々の保険料を考えたほうが良いでしょう。
長い間払い続ける学資保険。

満期金で選び方を決めるより、月々の保険料を踏まえて選び方を考えたほうが良いでしょう。

満期まで運用をかんがえなくてはなりません。満期というのは、学資保険が終了する時期のことですが、ほとんどの場合は、教育費の中で一番お金がかかる大学入学時に設定されています。

5. 学資保険に向いている方

学資保険の必要性について書きましたが、それでも学資保険が必要じゃない人がいます。それは、お金持ちの人、子供の教育費にある程度のメドがついている人です。お金って貯めるの難しいんです!

学資保険は、毎月保険料を支払うことで、貯蓄するための保険です。すでにお金があれば、今さら自由度の低い方法で貯めるほどではありません。

安全性と収益性を天秤にかけて、金融商品を選ぶということになるかと思います。子どもの教育資金も同じです。学資保険が必要な人は、これから教育資金を貯めようという人だと思います。お金はいきなり貯まらないので、毎月コツコツ貯める方法が有効です。

毎月ココツ貯められて、解約しづらいので、貯まりやすいという点も有用と言えます。そう言う人のために、学資保険っていうものが作られたと言えます。今から子供のために教育資金を貯めようと思うなら、学資保険にメリット感が出てくるかと思われます。

5-1 貯蓄もして保障も欲しい

学資保険には、医療保障が付いているタイプでも保障内容が充実している場合には、返戻率が100%を切る場合もありますので注意が必要。あくまで通常の学資保険に軽い医療保障が付いているタイプということになります。

返戻率が100%であれば、預貯金した場合とほぼ同じ額の積立になりますし、それにプラスして子供の医療保障がついてきます。学資保険の特徴として、契約者に万が一の事があっても満期保険金が受け取れるということもありますので、預貯金よりもお得です。貯蓄と保障の両方共欲しいという場合には、バランス型を選択するのが良いかもしれません。

ただ、日本には健康保険や乳幼児医療費助成制度がありますので、それだけでも十分手厚い医療保障と言えます。これ以上の保障が必要かどうかと言われると微妙な気がしますので、それであれば積立重視の貯蓄型学資保険にした方が良いような気もしますね。

5-2 いざというときの確実性

特に出費が大きいのが大学の入学時です。このタイミングに満期金を受け取れる学資保険が最適でしょう。学資保険は契約した時点で保障が始まるため、出産前に契約者である親御さんが万一死亡した場合それ以降の保険料が免除され、プランどおりの保険金を受け取ることも可能なんです。

5-3 保険料免除などの得な機能

学資保険へ加入するなら早ければ早いほど良いでしょう。主な理由としては、子供の年齢が低い方が、月々の保険料が安くなるという点が大きいです。

例えば、0歳~18歳の間に300万円の積み立てをする場合と、5歳~18歳の間に積み立てをするとのでは、月々の負担が5000円以上違ってくるのです。学資保険への加入を決めているのであればできるだけ早い時期に加入されるといいでしょう。

6. 学資保険の強みと他の積立

教育費や学費を準備する上で預金(貯金)が持つ強みは「自由度の高さ」「元本の安全性」の二つが挙げられるでしょう。

例えば定期預金を組む時など、その用途は預金者の自由です。万が一途中で教育費以外の理由でお金が必要になった時にそうしたお金を一時的に流用するといった自由度があります。これは大きなメリットと言えます。

教育費として積み立てていたが、何らかの理由でお金が必要になった。手元に貯金があれば高い利息を支払うローンを組まずに済むわけですね。

6-1 学資保険と積立定期

少しでもお金を増やしたいという貯蓄性重視で考えれば断然学資保険のほうがお得!

また学資保険は定期預金にはない「死亡保障」というメリットもついてくるため、教育資金を積み立てるなら基本的には学資保険を利用すべきでしょう。一方、定期預金は銀行にお金を一定期間預けることによってお金を増やす方法です。

これは普通預金とは違い、定期預金は一定期期間は引き出すことができません。その期間は最短で1ヶ月から長くなると10年近いものまでさまざまあります。

学資保険と同じくらいの期間を、現在の定期預金の中では高めの利率0.3%で計算した場合、返戻率はおよそ102~103%程度となります。つまり、お金の貯めやすさという点では圧倒的に学資保険のほうが有利と言えるのです。

6-2 学資保険と国債

子どもの教育資金といえば学資保険ですが、実は国債を使って貯める方法もあるのです。国債(こくさい)とは、「国庫債券」の略称で国が発行している債券になります。

この国債の大きなメリットは国が運営する債券であるため、安全性が高いという点です。
また国債ときくと高額なもののように感じるかもしれませんが、個人向け国債は1万円単位で投資することができるため、比較的少額から始めることができます。

定期預金などと比べても金利が高いため、ただ貯金していくよりもより効率よくお金を貯めることができます。

また国債を学資保険として利用する場合のデメリットですが、一度に購入する場合は問題ありませんが、学資保険と同じように毎月1万円ずつ購入するとなると、自動でお金が引き落とされる学資保険と違って、毎月自分で国債購入の手続きをしなければならないという手間があります。

7. 学資保険で注意することとは?

また、月々の保険料の上限も決めておくことで、学資保険に加入したことで家計を圧迫するリスクを避けることができます。貯蓄型のため、中途解約をしてしまっては意味がありませんので、継続的に支払えるであろう金額の目安を把握しておくことが大切!

貯蓄面だけを考えると、株式や投信信託といった選択肢もありますが、多くの人に学資保険が選ばれる理由は、保険としての役割を備えているからと言えます。銀行の預金は融通性が良いためについつい使い過ぎてしまう…そんな心配もなく、大切な教育資金を確実に準備することができるからです。

7-1 原本割れは怖い?

なぜ貯蓄性のある学資保険の契約の時点で元本割れを起こしてしまうのでしょうか。理由としては、学資保険の契約に様々な保障が付いていることが原因であることがほとんどです。

保障だけで見てみるとありがたいものではありますが、当然その分保険料も上がり、元本割れの原因になっています。学資保険に貯蓄性を求めているのであれば、貯蓄に思い切り振りきって余分な保障は省いたほうが良いでしょう。

さらに、学資保険の元本割れとして考えられるケースが、途中解約をしてしまうことです。学資保険は、子どもの年齢が若いほど月々の保険料も安く抑えられる傾向にあります。

しかし、子どもが生まれたばかりの頃は今後の出費の予想が立てにくい時期でもあると言えます。もしも子供が大きくなるにつれて月々の出費が大きくなり、学資保険の保険料の支払いが困難になってしまうと、途中解約という結果にもなりかねないという点でしょう。

解約時期が払い込み完了時期から遠ければ遠いほど元本割れしてしまう可能性は高いと覚えておきましょう。

7-2 返戻率を確かめること!

保険会社各社のパンフレットやホームページには、返戻金の高さをメッセージ性のある文言でアピールしているものが多くあります。学資保険の返戻率は、保険金を受け取る時期によって変動します。保険金の受取りは、満期を迎えたときに受け取れる満期保険金のほかに、祝い金として、満期を迎えるまでにあらかじめ設定された時期に保険金を受け取ることができるものがあります。

満期金の返戻率が高くても、お金が必要なときに手元にお金がないようでは、意味がないとも言えるでしょう。返戻率だけにとらわれるのではなく、資金計画としてのバランスを検討して決定することが大切!

7-3 無理のないプランにしよう

子どもが社会に出て働くまでに必要となる教育資金は、子どもが選ぶ進路によっても大きく異なります。

学資保険の注意点としては中途解約をしてしまうとその貯蓄性の特長がなくなってしまうこと。解約しても解約返戻金は受け取れますが、払い込んだ保険料を下まわるケースが多いようです。ですので、途中で保険料が負担になって続けられなくなったりしないよう、無理の無いプランニングが重要なんですね!

8. まとめ

いかがでしたでしょうか?学資保険の根本の目的は資金の貯蓄です。学資保険の加入が早いほど、1か月あたりの保険料(積立金額)は少なくなります。保険料の払込を何歳までにと選び方で迷う方は多いと思います。学資金受け取りのタイミングは重要なんですね。

どのような特約があるか、そしてその特約が必要かどうかも合わせて見ていきましょう。子供の将来をしっかり考えて学資保険を考えてみませんか?

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!