学資保険なら「みらいのつばさ」!子育て世帯におすすめ!

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

学資保険に加入するときや選ぶときに、これらのチェックポイントをはっきりさせると、どのタイプの学資保険がよいのか、どのような契約内容にすればよいのかがよくわかります。

そこで、兄弟姉妹がいるご家庭にはフコク生命の「みらいのつばさ」がおすすめです!兄弟そろって加入すると保険料が割引になる制度があるのです。さらに、高い貯蓄性と選べる受取プランで人気の商品で、学資保険のなかでは返戻率が高め。

必要な資金を効率よく準備することができますので、是非とも「みらいのつばさ」をご検討してみてはいかがでしょうか?

目次

1. 学資保険はどうして必要?
1-1 学資保険選びのポイント
1-2 貯蓄タイプと保障タイプのメリット・デメリット

2. フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」
2-1 みらいのつばさの基本情報
2-2 みらいのつばさのポイント

3. 「みらいのつばさ」ジャンプ型とステップ型の2種類
3-1 「みらいのつばさ」ジャンプ型の特長
3-2 「みらいのつばさ」ステップ型の特長

4. みらいのつばさの返戻率とは
4-1 みらいのつばさのメリット
4-2 みらいのつばさのデメリット

5. みらいのつばさは一時払いができない?
5-1 年齢が低ければ返戻率が高くなる
5-2 みらいのつばさの保障内容

6. 保険料払い込み免除で安心!
6-1 祝い金支払時期について

7. みらいのつばさはどんな方がおすすめ?
7-1 みらいのつばさの評価
7-2 保険金支払いイメージ

8. まとめ

1. 学資保険はどうして必要?

学資保険で必ず考えるべきなのは、「なぜ学資保険に加入する必要があるのか?」ということです。貯蓄をしていく自信がないのであれば、貯蓄性のある学資保険に加入するという選択は間違いなく正しいと言えるでしょう。

学資保険はなぜ必要なのかと考える親御さんは少なくないようです。しかし、その一方で、商品の種類は増えており、加入者も多いというのも事実です。それは、何故なのでしょうか。

学資保険には教育資金の確保と様々な保障が受けられるという二つの特徴がありますが、前者の資金面だけを考えると、加入の必要性はあまり感じないかもしれません。もちろん、お金を貯めておくのは大事です。子供が大学まで進学する場合、一般的にはトータルで1千万円近くの教育費が必要になると言われているからです。

進学などで必要になる資金をすぐに用意するというのは難しいですから、当然お金を貯めていく必要はあります。しかし、学資保険も普通の預貯金も教育資金を貯えるという目的だというなら、預貯金で十分ではないかと考えることもできます。しかし、ここで学資保険のもう一つの面、保障というところに注目すると、その必要性が分かってきます。

この保障の中身というのはなかなか充実したものになっています。例えば、親にもしものことがあれば、満期までの保険料の支払いが必要なくなりますが契約は継続されます。満期保険金も受け取る事ができるといった保障が付いたプランもあります。

学資保険は、貯蓄と保障が一緒になっているので、子供のために加入を検討する親御さんが多いといえます。

1-1 学資保険選びのポイント

正しい学資保険の選び方ができるようになるためにも、学資保険の保障内容について理解しておくことが大切。選び方のポイントは、返戻率が100%以上のもので元本割れしないものを選ぶことです。

また、高齢になってから子供を授かって、子供が成人まで活躍できるか不安な人や、小さい子供がいるけれど健康が心配であるという人も少なくありません。自身が亡くなってしまったときにも残された子供と家族を守るために学資保険を必要と言えるでしょう。

選び方としては、保険契約者が亡くなってからは保険料が免除されるもの、また亡くなった日から保険期間満了まで育英年金が被保険者へ給付される商品を検討すると良いでしょう。

万が一に備えた保障が充実しているものは、返戻率が100%以下であるものがほとんどです。貯蓄性には欠けますが、万が一に対する保障が手厚い商品はやむを得ません。

1-2 貯蓄タイプと保障タイプのメリット・デメリット

貯蓄タイプ 保障タイプ
メリット ・計画的に教育費の準備ができる
・支払った保険料以上の学資金を受け取れるものが多い
・親(契約者)の死亡時は、保険料免除特約(その後の保険料免除と学資金の受け取り)程度の保障はある
・子供の死亡時は、支払った保険料相当額が戻ってくる
・計画的に教育費の準備ができる
・子供の医療保障、死亡保障がある
・親(契約者)死亡時の保障がある(育英年金など)
デメリット ・子供の医療保障、死亡保障はない ・学資金の金額は支払った保険料の総額より少ない(元本割れ)

まず、保障タイプの学資保険は、貯蓄タイプに比べ保障は充実していますが、その分保険料が高くなり、貯蓄性でみると、将来、支払った保険料総額より少ないお金しか戻ってこないということになります。

一方、貯蓄タイプは保障が最低限である代わりに、支払った保険料総額以上のお金が戻ってくることが期待でき、利殖効果があります。

どちらのタイプの学資保険を選ぶかは、これらの違いをよく理解したうえで、自分が学資保険に何を期待しているのかをよく考えて、決めるようにしましょう。

ただし、本来、親の保障は学資保険ではなく、親の保険で準備するのが正しい考え方ですし、子供に関しては、通常、死亡保障はほとんど必要なく、医療保障についても必要性はあまり高いとは言えません。

教育資金の準備が一番の目的とすれば、学資保険は貯蓄タイプを選ぶことをお勧めします。どうしても子供の保障が必要であれば、学資保険とは別に共済などで割安に備えるという選択肢もるでしょう。

 

2. フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」

キティのイメージキャラも印象的なフコク生命から販売されている学資保険「みらいのつばさ」は、高い返戻率(戻り率)をアピールポイントとする有力商品です。しかも兄弟割引で保険料を引き下げて返戻率をさらにアップさせることが可能です。

みらいのつばさは学資保険の中でも特に高い返戻率となっており、貯蓄性を考慮する場合は候補に入れておきたい商品となっています。

  • 短期の払込プランで返戻率アップ

保険料を11歳または14歳までに払い込むプランを選べば、最高で約105%の返戻率を確保できます。とはいえ、月々の保険料が負担になるなら無理はしないでおきましょう。どうしても返戻率を上げたい場合にのみ検討ください。

  • シンプルで分かりやすいプラン

幼稚園から大学までの長期間を見据え分割して受け取るか、大学進学を焦点に当ててまとめて受け取るか、2択としてはスタンダードで分かりやすいプラン。複雑でややこしい決まりもないので夫婦で相談しやすいでしょう。

  • 早めの入学準備でも間に合う

祝金が支払われるのは11月1日なので、推薦入試など通常より早めの入学準備にも間に合います。大学だと受験費用も安くないため、その費用に充ててもいいでしょう。

  • 2人以上の子育て世帯を優遇

お子さま(被保険者)の兄弟姉妹が当社の学資保険などに加入している場合には、新たにご加入いただく「みらいのつばさ」(5年ごと配当付学資保険)に兄弟割引が適用され、保険料が割安になります。

2-1 みらいのつばさの基本情報

  • 学資保険なので貯蓄性がある
  • 所定の時期(小学校入学、大学入学など)に祝金が支払われ、最後に満期保険金が支払われる
  • 契約者が死亡または高度障害となった場合、以後の保険料の払い込みが不要になる。その際、祝金・満期保険金は通常通りに受け取ることが出来る
  • 保険料は加入時のまま、途中で上がることはない
  • 返戻率がとても高い
  • ステップ型とジャンプ型の二つから選べる。ジャンプ型の方が少しだけ返戻率が高い
  • 兄弟割引があるので、二人目以降の契約はさらにお得になる
  • 解約返戻金がある。ただし、払込保険料総額よりも少ない金額になる
  • 満期が22歳で決められているのが痛い

2-2 みらいのつばさのポイント

祝金・満期保険金は、お子さまのご成長にあわせて活用することができます。

1.お子さまのご成長にあわせて受け取れる「祝金」をそのまますえ置くことができます。

すえ置いた祝金は必要なときにいつでも引き出すことができます。

2.祝金は11月1日にお支払いします。

推薦入学など早めの入学準備や高校・大学の受験費用などに活用できます。

3.満期は22歳です。

社会人になったときの新生活準備費用として活用できます。また、ご加入の後でも満期を所定の範囲内で繰り上げることができます。

また、保険料払込期間中に契約者が死亡されたとき、高度障害状態に該当したとき、不慮の事故により所定の身体障害の状態に該当したとき、以後の保険料の払込みは不要です。もちろん、祝金・満期保険金は保険料が払い込まれたものとして受け取ることができます。

複数の保険に加入している場合、保障が重複している、必要以上の保険料を払っているといった可能性があります。また、加入中(または加入検討中)の生命保険が「更新型」であれば、更新のたびに保険料は高くなります。

教育資金を準備するときは、生命保険の保障内容や保険料もあわせてチェックするなど、将来困らないような資金計画を立てることが大切。

3. 「みらいのつばさ」ジャンプ型とステップ型の2種類

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」には、「ステップ型」「ジャンプ型」の2つのプランがあります。学資保険をどのように利用するか、という加入目的に合わせて自分に合った方を選択することができます。どちらも返戻率が高くなっており、貯蓄性に優れた保険になっています。

フコク生命が販売する学資保険みらいのつばさには、2つのプランがあります。

  • 入園・入学のタイミングで祝い金を受け取るステップ型
  • 大学進学時に祝い金を受け取るジャンプ型

これらのプランは、⓵105%を超える高い返戻率⓶兄弟割引⓷幅広い払込期間でという3つのメリットがあります。一方で、22歳に固定された満期と、保障特約を付けることができないというデメリットもあります。

3-1 「みらいのつばさ」ジャンプ型の特長

保険料の払込みは17歳までで、学費の負担が大きくなる進学後は保険料支払いの必要がありません。また学資保険ですので、ステップ型もジャンプ型も契約者である親に万が一のことがあった場合は、それ以降の保険料の支払は免除されます。

ジャンプ型は大学進学に特化したプランになっています。ジャンプ型は、大学進学時(18歳)・大学卒業時(22歳)に、祝金・満期金が給付されます。こちらも18歳時に給付される祝金は申請が必要です。

契約者が女性の場合は返戻率100%を切りません。契約者が男性だと高齢の場合、元本割れのプランとなります。

3-2 「みらいのつばさ」ステップ型の特長

「幼稚園入学(満2歳7ヶ月直後の11月1日)」
「小学校入学(満5歳7ヶ月直後の11月1日)」
「中学校入学(満11歳7ヶ月直後の11月1日)」
「高校入学(満14歳7ヶ月直後の11月1日)」
「大学入学(満17歳7ヶ月直後の11月1日)」
「成人(満19歳7ヶ月直後の11月1日)」
「満期保険金」

の7回です。祝金の合計は210万円になります。

祝金の支払いが11月1日となっているのは、早生まれの子どもでも入学前に祝金がもらえるようにするためです。そのため、それぞれの入学金や入学準備のための資金に活用することができます。また保険料の支払いは17歳までになっているため、一番お金のかかる大学入学以降は支払う必要がありません。

 

4. みらいのつばさの返戻率とは

返戻率とは、支払った保険料の総額に対して、受け取る祝金や満期保険金の総額をパーセンテージで表したもの。100%を超えると貯蓄性があるとみなせます。

「みらいのつばさ」の返戻率は、ステップ型で108.4%、ジャンプ型では110.1%(※)です。学資保険の満期は一般的に18歳か22歳が多いのですが、「みらいのつばさ」は22歳満期。18歳満期に比べて保険会社側が資金を預かって運用する期間が長いため、より貯蓄性が高くなっています。

(※)受取総額=210万円(満期保険金額=100万円)、契約者=30歳男性、被保険者=0歳の子、保険期間=22歳満期、保険料払込期間=17歳まで、兄弟割引適用なし、保険料は月払い・口座振替の場合

4-1 みらいのつばさのメリット

富国生命の公式ホームページに大きく記載があるように、「ステップ型」「ジャンプ型」ともに、祝金は申告によって給付されるもので、基本的には自動的に据え置かれます。

ポイントは、据え置かれた祝金は契約者の好きなタイミングで受け取ることができる点です。

教育資金の準備方法として、貯金にするか、学資保険にするかという点はよく議論されていますが、学資保険のウィークポイントとして挙げられるのが、商品性質上「自由に引き出せない」ことです。

予定外の支出が見込まれた際、流動性の低い学資保険では対応できない、というのが、貯金派の意見です。

しかし、「ステップ型」では、中学入学時に20万円、あるいは高校入学時に30万円、満期金を減額することなく受け取ることが可能です。(どちらも満期保険金額100万円とした場合。)

メリット①兄弟割引

フコク生命の学資保険に特徴的なのは「兄弟割引」がある点です。兄弟割引は兄弟でこの学資保険に加入すると、保険料が割引される=返戻率が高くなるというものです。兄弟割引が適用されるには条件がありますので、適用されるか事前に確認するようにしましょう。

メリット②選択肢が絞れる

この学資保険は、保険プランがスタンダードはもの2種類に絞られており「子どもの教育費を全般的にカバーしたい」「大学進学費用を重点的にカバーしたい」というもっとも多いニーズに対応したプランとなっています。また「早生まれだから入学金に間に合わない」「子どもが二人いて保険料負担が大きい」などの問題にも対応しています。自分がどのような保険を必要としているかある程度分かれば、あとは選ぶだけです。

メリット③返戻率が高い

フコク生命の学資保険は、返戻率が最大で110%を超えます。これは銀行預金よりもずっと高いですし、他の保険会社の学資保険と比べてもかなり高くなっています。保険料支払を年払いなどにすれば、さらに返戻率を高くすることも可能です。

メリット④祝金の据え置きが可能

祝金はステップ型の場合7回、ジャンプ型の場合2回に分けて支払われますが、祝金をそのまま受けとらずに据え置くことができます。据え置いた祝金はいつでも自由に引き出すことができるので、自分の都合のいいタイミングで使うことができます。

4-2 みらいのつばさのデメリット

基本的に学資保険というのは最もお金のかかる大学の学費に備えるものであり、その学資金は大学入学時に一括でもらうか、大学に入学してから1年ごとに分割で受け取るのが一般的です。

しかし「みらいのつばさ」で特徴的なのは、大学入学時と大学4年時のみに受け取り、その間の期間は学資金を受け取れない仕組みとなっている点です。

ステップ型、ジャンプ型どちらのプランを選んでも、満期金は22歳にしか受け取ることができません。

多くの人々は、22歳で大学を卒業し社会人になります。卒業旅行費用、社会人に向けた費用、アパートの敷金・礼金、もしくは大学院進学費用などが必要となってきます。22歳時にもある程度のまとまったお金は必要になりますが、それでも大学1~3年時に満期金を受け取った方が役に立ちます。

満期保険金受け取り時期も、いくつかの選択肢があればみらいのつばさは非常に魅力的な学資保険でした。厳密に言えば、満期保険金を繰り上げて受け取ることは可能ですが、時期を繰り上げることで、満期保険金額が大きく下がってしまいます。

返戻率が高いフコク生命の学資保険みらいのつばさでは、医療保障や入院保障、育英年金などの保障特約を付けることはできません。付帯している保障は、払い込み免除特約だけです。保障を可能な限り省いているので、高い返戻率を保つことができています。もしも学資保険に子どもの保障をも求めるのならば、みらいのつばさは向いていません。

郵便局のはじめのかんぽや太陽生命の学資保険などの保障型の学資保険に目を向けた方がいいでしょう。ただ、保障型の学資保険はほぼ必ず元本割れを起こします。どうしても学資保険に保障をつけたいという方以外は、貯蓄型の返戻率が高い学資保険に目を向けるのがおすすめです。

 

5. みらいのつばさは一時払いができない?

一時払の取扱いはありませんが、将来の保険料の全部または一部を一括してお払込みいただくこと(前納)はできます。

一時払いと全期前納は混同されやすいですが、実は異なる支払方法です。簡単に言うと、一時払いは契約開始時に保険料を総額払い込みます。全期前納は保険料総額を全て保険会社に預け、その後保険会社が保険料に充当していくというワンアクション挟む形になります。

我々からすると保険料の総額を用意するということに変わりありませんが、保険会社の中の手続きが変わるため、生命保険料控除や解約時の取扱いが異なります。

現在の学資保険をはじめとした貯蓄型の保険は、大変低金利であるため返戻率にこだわり過ぎることはあまりよくないと私は考えます。そのため契約者である親に万一のことがあったときの保障としてだけを考えた場合、「一時払い」だけはおすすめできないということになります。

例えば学資保険契約開始直後に契約者(親)が死亡したとします。この場合学資金が保障されることはもちろんですが、一時払いで払い込んだ保険料は返還されません。払い込んだ時に保険料として充当されているからです。一方で全期前納なら、保険料に充当されていない分は返還されることになります。

ただ、保険会社の倒産時の未充当金(未払い扱い金)についての規定は保険会社によりまちまちであり、リスクをはらんでいると言わざるを得ません。

5-1 年齢が低ければ返戻率が高くなる

みらいのつばさの返戻率の高さは非常に高いです。この返戻率の高さはみらいのつばさが貯蓄型の学資保険だからです。学資保険は大きく分けて貯蓄型と保証型の学資保険に分けることができます。貯蓄型の学資保険とは返戻率が100%を上回り、支払った総額よりも受け取る金額の方が多くなるタイプのことです。

みらいのつばさは典型的な貯蓄型ですね。保証型は契約者である親に万が一のことが起きた場合に育英年金が満期まで受け取ることが出来たり、子供の入院費を負担することが出来たりする学資保険です。

どちらもメリットとデメリットがありますが、どちらかといえば貯蓄型の学資保険を選び、別途医療保障や死亡保障に加入することをおすすめします。みらいのつばさは他の貯蓄型学資保険と比較しても大きな返戻率です。

また、契約者に万一のことが起きた場合は、その後の保険料の払い込みが免除になり、祝い金や満期保険金は予定通り受け取ることができます。

5-2 みらいのつばさの保障内容

種類 【学資保険】
・所定の時期に祝金、満期保険金が支払われる
・契約者が死亡、または高度障害状態になった場合、以後の保険料の払い込みが不要になる。その際、祝金・満期保険金は通常通りに受け取ることが出来る
・保険料は加入時のまま、途中で上がることはない
契約可能年齢 【契約者年齢】
男性:18歳~70歳(子供の年齢により変動)
女性:16歳~70歳(子供の年齢により変動)
【被保険者(お子様)年齢】
0歳~7歳
満期保険金額 100万円~(10万円単位で変更可能)
保険料払込期間 17歳まで
受取プラン 【S(ステップ)型】
・入園、入学など進学にかかる際に祝金を受け取れるプラン
・祝金は据え置いて必要な時に引き出すことも可能
【J(ジャンプ)型】
・大学の進学時に一気に祝金を受け取るプラン
・ステップ型より保険料が安く、ほんの少しだけ戻り率が高い
払込回数 月払、半年払、年払
払込方法 ・口座振替
・振込用紙
配当金 あり
保険料の
払込免除
保険料払込期間中に契約者が死亡されたとき、高度障害状態に該当したとき、不慮の事故により所定の身体障害の状態に該当したとき、以後の保険料の払込みは不要。もちろん、祝金・満期保険金は保険料が払い込まれたものとして受け取ることが可能
割引 兄弟割引

 

6. 保険料払い込み免除で安心!

保険料払込期間中に、契約者が死亡したとき、高度障害状態に該当したとき、または責任開始期以後の不慮の事故によりその日から180日以内の保険料払込期間中に所定の身体障害の状態に該当したときは、以後の保険料の払込みが免除されます。

6-1 祝い金支払時期について

祝金については、子供の誕生日の次の契約応答日あるいは子供の誕生日の次の一定期日に支払うとしている保険会社が多いです。

契約応当日とは契約をした月日のことで、毎年訪れるその日付のことをいいます。祝金については、この保険は11/1に支払いとなっています。これは子供の誕生日の次の一定期日ということになり、子供の誕生日の次に訪れる11/1に支払われることになります。

満期保険金については多くの保険が子供の誕生日の次の契約応答日としています。満期保険金についても祝金についても、子供の誕生日と祝金・満期保険金支払日の順番に注意する必要があります。

 

7. みらいのつばさはどんな方がおすすめ?

入園・入学の出費にも備えることができる「ステップ型」では、かなりこまめに祝金を受け取ることができるのが特徴です。

ただ、保険加入時のお子様の年齢が2歳以上の場合は幼稚園入園時の祝金を、5歳以上の場合は小学校入学時の祝金を受け取ることができません。もうひとつの注意点は、「兄弟割引」に関わることです。

兄弟で加入することでよりお得になりますが、もちろん子供が2人になればその分生活費がかさんでしまいますよね。学資保険の保険料も増えてしまうと、家計のやりくりが大変ですので、2人目の加入の際には特に慎重に検討しましょう。ということは、兄弟姉妹が多いご家庭におすすめということです。

7-1 みらいのつばさの評価

富国生命の学資保険「みらいのつばさ」は、返戻率が高さがウリとなっているようです。2017年4月に保険料が値上げされ返戻率が大きく低下してしまいましたが、それでもまだ現在販売中の学資保険の中では高いほうです。安定性はありますが、メリットとしては少々弱いかもしれません。

  • 学資金の給付時期が親目線でいうと悪い

学資金の給付時期が親目線でいうと悪い

この保険にはステップ型とジャンプ型の2つのタイプがあります。両者の違いは上記の「タイプ別の学資金の受け取り方」のとおり、学資金の受給時期です。ステップ型は3歳、6歳、12歳、15歳、18歳、20歳、22歳の7回に分けて学資金を受給します。一方のジャンプ型は、18歳と22歳の2回で学資金を受給します。

ポイントは22歳時の給付割合です。

ステップ型は受給可能な学資金のうちの47.6%を、ジャンプ型は50%を22歳時に受け取るようになっています。どちらも約半分を22歳時に受給するということです。受取総額が200万円のプランだとしたら、その半分の約100万円は22歳の時に受け取るということです。

学資保険から学資金を受け取りたいのはいつでしょうか?やはり1番お金がかかるであろう大学入学時(18歳)や大学在学中(19~21歳)に受け取りたい方は多いでしょう。他社の学資保険は大学入学時や在学中を中心に受け取れる商品がほとんどですし、そのような保険のほうがよいかと思います。

7-2 保険金支払いイメージ

他社には見られない制度として、兄弟姉妹で加入すると返戻率がアップするという珍しい特典が設けられています。2人目の子どもの学資保険をどうするか迷ったとき、または2人目を授かったのをきっかけに学資保険の加入を考えたときは、兄弟姉妹合わせてみらいのつばさを選ぶと良いかもしれません。

契約者と被保険者の年齢については注意が必要です。契約者になれるのは男性の場合18歳〜70歳まで、女性の場合16歳〜70歳までと設定されています。被保険者である子どもの年齢は0歳〜7歳ですので、子どもがある程度成長してから加入しようと考えている人は注意してください。

また満期金は22歳で固定されている点も注意が必要です。大学在学中に授業料や生活費をカバーするために資金を準備しようとしている人にはあまり向いていません。プランの内容と自分が必要としているプランをよく考えた上で契約するようにするのがおすすめです。

返戻率が1.4倍~上がる仕組みになっています。ただし、兄弟割引を受けるには契約者が同一であるなど所定の条件があります。誤解のないよう事前にしっかり確認しておいてください。

 

8. まとめ

いかがでしたでしょうか?様々な学資保険サービスで溢れていますが、フコク生命の「みらいのつばさ」は子供の多いご家庭にこそ大きなメリットがある商品だと言えます。

返戻率や保障内容も充実しており、自分に合ったプランも選ぶことができますよ!大手保険会社が出している学資保険ですので、安心して選ぶことができるでしょう。是非とも、お子様が多いご家庭は検討してみては?

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!