【必読】学資保険おすすめランキング5選!学資保険には加入すべき?

スポンサーリンク

記事監修者紹介
松葉 直隆
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

お子さんがいる家庭は、必ず学資保険に加入すべきなのでしょうか?

今回は、学資保険の返戻率の高さや税金、そして我が家に必要なのか、加入時のポイントやおすすめ商品を一挙ご紹介します!

そして学資保険にも、税金が関わってきます

本記事では、学資保険の基本的な部分から税金など抑えたいポイントまで解説しているので、この記事を読めばきっと学資保険について掴めるはずです!

この記事をざっくり言うと…
  • 学資保険は子供の教育のための貯蓄である点を重視している。
  • 学資保険の選択時には、返戻率・保証内容・特約を要チェック!
  • 昔の学資保険と比較すると利率が悪く、一割程度しか増えない。
  • 学資保険が自分や家族にとって本当に必要かきちんと見定める目を持つことが重要!
  • 学資保険の商品では、ソニー生命の学資保険返戻率が高く貯蓄ができるのでおすすめ!
  • 家庭に合ったプランをプロのプランナー無料で相談できるソニー生命は選ばれ続けて契約件数144万件突破!

これらの項目を軸に、学資保険の基礎・おすすめの学資保険・注意すべき点まで、一つ一つ紐解いて行こうと思います。

なお、先におすすめの学資保険商品が知りたい方は以下ボタンからご覧ください。

あなたとあなたの大切な家族に関わる大事な保険。一度じっくり向き合ってみましょう。

学資保険、おすすめ商品ランキング!

学資保険や返戻率の高さが魅力的なことは知っていますが、我が家に必要なのか分かりません。

学資保険検討者

現在、まさざまな保険会社が多種多様な学資保険の商品を展開しているのが現状。

その中であなたのご家庭にどんな学資保険が合っているのか、気になりますよね。

松葉 直隆

もしも学資保険に加入するのであれば、出来る限り我が家に合ったプランで、出来ればお得に安心して加入したいですよね。

 

みんなはどこの保険を選んでる?

そこで、保険ブリッジのスタッフと読者が、数ある中からおすすめできる学資保険を厳選。

おすすめの商品を一挙ご紹介いたします!

まずは、数ある学資保険の商品の中でも加入数が多い順位を大公開。

学資保険加入数ランキング
  1. ソニー生命 144万件
  2. 明治安田生命 57万件
  3. 日本生命保険 30万件

ソニー生命の学資保険が、堂々の加入数を誇ることが分かります。

ソニー生命は、2016年「マザーズセレクション大賞」受賞!多くのパパやママに選ばれ続けて144万件突破!!

ソニー生命の学資保険、人気の秘密をチェック

 

1位 ソニー生命の学資保険

おすすめ学資保険ランキング1位はソニー生命の学資保険!

ソニー生命の学資保険の評価
返戻率
(5.0)
貯蓄性
(5.0)
企業実績
(5.0)
相談しやすさ
(5.0)

しまじろうが目印のソニー生命の学資保険は、返戻率の高さ受取時期の選択に幅があることが人気の秘訣。

これまで多くのお父さん、お母さん方に選ばれ続けてきているのにはもちろんワケがあります。

ソニー生命の学資保険の特徴 返戻率が非常に高く、貯蓄性に優れている 安定した企業実績 独自の専属アドバイザーが親身に相談に乗ってくれる

ソニー生命は、誰もが知る会社であることからも安心度合いが違いますよね。

また、学資保険の加入時に制限がある会社が多い中、ソニー生命は11歳でも加入が可能

プランも柔軟に用意されていて、プロのサポートで最適な商品をチョイスすることができます。

ソニー生命は11歳でも加入が可能。  プランも柔軟に用意されていて、プロのサポートで最適な商品をチョイスすることができます。

あなたの家族を守るための学資保険。長い付き合いを考えると、慎重に選びたいですよね。

ソニー生命のHPでは、学資保険に加入するに当たってのプランやシミュレーション、信頼できる理由も記載。

一度覗いて見てくださいね。

ソニー生命の学資保険、なぜ人気?

ところでソニー生命ってどんな会社?

ソニー生命は、

「きょうから生命保険が変わる。ライフプランナーが変える。」

の言葉を掲げ、ソニー子会社としてスタートした保険会社です。

多様化するニーズに応える合理的な保険を提案する「高質なサービス」が支持され、総資産は10兆円を超えています。

特に学資保険では返戻率の高さから圧倒的な人気を誇ります。

松葉 直隆

今月に限り、無料相談できるキャンペーンも実施されていますので、予約が取りにくくなることも考慮して今日にでも無料相談の予約をとるのがベストかもしれません。

2位 明治安田生命のつみたて学資

学資保険ランキング2位は明治安田生命のつみたて学資!

明治安田生命のつみたて学資
返戻率
(4.0)
貯蓄性
(4.0)
企業実績
(4.5)
相談しやすさ
(3.0)

明治安田生命の「つみたて学資」は、他社にはない「全期前納払い」という一括支払いの方法があることが特徴的。

この方法を選択することによって、返戻率が非常に高くなることが見込めるのです。

明治安田生命つみたて学資の特徴
  • 保険料を一括で支払えば高い返戻率が期待できる
  • 保険証の払込期間が最長でも15年で内容がシンプル

契約者(親)と被保険者(子供)、共に契約年齢に制限があることは注意が必要な点になります。

具体的に、子供の場合は6歳まで、親の場合は45歳まで(子供の年齢が2歳以上なら親は40歳まで)となります。

そのため、おじいちゃんおばあちゃんから孫へのプレゼントといった形では契約できません。

3位 日本生命のニッセイ学資保険

 

おすすめ学資保険ランキング3位 ニッセイ

ニッセイ学資保険
返戻率
(3.5)
貯蓄性
(4.0)
企業実績
(5.0)
相談しやすさ
(3.0)

ニッセイ学資保険の学資年金は、返戻率も高く、どのプランを選んでも元本割れを起こす心配が無くて安心の学資保険とも言われています。

ほか、こちらの学資保険には他社にはないサービスがあり、以下の特徴として挙げられます。

日本生命のニッセイ学資保険
  • 育児ホットライン」で、小児科医、看護師・保健師、管理栄養士と24時間365日電話で相談が可能
  • 女性限定で体の悩みを相談できる「ウェルネスダイヤル[エフ]」で、医師、看護師・保健師、管理栄養士と24時間365日電話で相談が可能

また、配当金制度があり、決算により剰余金が発生した場合は加入契約者に配当金が支払われます。

※ただし、この配当金は日本生命の決算状況・契約の収支状況によって支払われない場合もあります。

それでも迷うあなたにはこれ!

どの商品もそれぞれ魅力があって悩ましい。どうしようか迷ってしまう!

そんなあなたには、専門のアドバイザーが親身に相談に乗りながらあなたの大切なご家族のことを第一に考えてくれるソニー生命に委ねてみてはいかがでしょうか。

学資保険も10年以上に渡って契約し、我が子のためにお金を払い続けるもの。

お子さんが大きくなるにつれ変わって行くであろう環境の中で、専属のアドバイザーがいて何でも相談に乗ってくれるということは本当に心強いものです。

学資保険選びに迷っているあなたにはソニー生命をおすすめ!ライフプランナーが一生涯徹底フォロー。

パパママに一番選ばれているソニー生命の学資保険

実際に加入している方たちはどのような感想を持っているのか具体的に見ていきましょう。

41歳 女性

ソニー生命の学資保険加入者口コミ

42歳 女性

ソニー生命の学資保険加入者口コミ

35歳 女性

ソニー生命の学資保険加入者口コミ

やはり、どの方の意見を見ても専属のプランナーが各家庭に沿ったプランを提案してくれる点を高く評価していることが分かります。

ソニー生命のプランナーは、保険のことだけではなく、経済や金融、税務など幅広い知識と豊富な経験を兼ね揃えたプロ。

だからこそ、あなたの家庭に合ったプランを多面的に検討し、提案することができるのです。

ソニー生命学資保険の返戻率を108%にする方法をチェック

加入するなら今。まだ間に合います!

今後、更に金利が下がる一方だとも言われている日本経済。

ゼロ金利政策からマイナス金利政策などのニュースを耳にすることで今後の日本経済が不安になりますよね。

Parents hold the baby's hands. Happy family in the park evening

学資保険の返戻率も今後は下がっていく可能性もあり、あまりにお得すぎて商品が販売停止になることも示唆されています。

※2018年も各保険会社利率を下げており、2019年も利率が下がる傾向にあると言われています※

販売停止になっても大丈夫!

既に契約している保険に関しては、もしも売り止めになっても影響は受けず、学資保険は満期まで継続します。

今後はマイナス金利の影響で保険料が上がっていく予想もされている学資保険。

少しでも保険料が安く、返戻率が高いうちに加入を検討しましょう。

学資保険はおすすめできない?必要のない人はこんな人!

学資保険検討者

学資保険って必要ないんじゃない?

おすすめの学資保険を紹介した後に扱うトピックが、学資保険の必要性を問う問題と言うのは、少し矛盾しているかもしれません。

しかし、学資保険に関して議論する際に必ず出てくる題材なので、しっかりと詳しくご紹介していきたいと思います。

これから、以下の3つの要点に分けて学資保険の必要性をご紹介したいと思います。

  • 学資保険は何故おすすめできないのか
  • 学資保険が必要ない人
  • 学資保険をおすすめできる人

学資保険はおすすめできないのか?

学資保険がおすすめできない理由は何ですか?

学資保険がおすすめできないか否かについては、人によるとしか言いようがないのでなんとも言えませんが、少し違った視点で「必要ないと言われる理由」という観点でご紹介したいと思います。

一番必要がないと言われる理由は、「そこまでお金が増えないから」

これは、かなり大きなポイントです。

というのも、一昔の学資保険は利率が良く、支払った掛け金(保険料)が150%を超えるような利率で運用されていた事もあるみたいです。

そのような時代だと確かに学資保険でお金を増やすことが可能だったと聞きますし、有効な資産運用の一つになり得ました。

松葉 直隆

しかし、現在の利率では増えても一割程度ですし、それも数年~十数年預けて数パーセントなので、資産運用の観点から見るとやはり寂しいものになってしまうのです。

そのため、学資保険がおすすめできないと言われる理由は、預けてもお金はそこまで増えないという一点に尽きます。

考え方によっては、普通預金のように何もしないでお金が増えないのならば、学資保険としてお金を支払って少しでもお金が増えるなら得とも考えられますね。

学資保険検討者

松葉 直隆

その通りです。ですので、やはり人それぞれ、それぞれの家庭によって考え方は違ってくるでしょう。

また、ほかに学資保険のデメリットを挙げるとしたら以下の点になります。

学資保険のデメリット・家計に何かあった時に困ることも…満期が来ないと受け取れない不自由さ・景気が良くなると損をする学資保険はインフレに弱い・お金が減ることも?元本割れのリスク・私の保険金はどうなるの?保険会社倒産のリスク

学資保険が必要のない人はこんな人!

我が家には学資保険が必要ですか?

必要のない人というよりもおすすめできない人は、自分なりの資産運用や教育資金の積み立てをあらかじめすでに計画できている人と言えます。

あらかじめ持ち前の資産運用で1%~2%程度運用出来たら、学資保険よりも割のいいお金の回し方ですし、そもそもそのような方は学資保険に魅力は感じないかもしれません。

学資保険がおすすめな人はこんな人!

では、学資保険をおすすめできるのはどのような人ですか?

逆におすすめできる人は、「お金があるとすぐ使っちゃう人」「教育資金を計画通りに用意できる自信がない人」でしょう。

学資保険が必要な人・貯金が苦手な人学資保険が不要な人・資産運用してお金を効率的に増やしたい方、経済状況を見極めながら柔軟に資産計画を立てていきたい方

そのため、学資保険の必要性は人それぞれなのですが、自分なりの計画や運用方法があるという方にはあまり魅力がない保険と言えます。

しかし逆に言うと、貯蓄が苦手だけどしっかりと子供のために備えておきたいという方には、学資保険は魅力的な保険です。

ソニー生命の学資保険で計画的に貯蓄

 

学資保険の落とし穴!?税金と学資保険

学資保険は税金がかかるって本当ですか?

これから、学資保険の落とし穴ともいえる税金と学資保険についてしっかりとご紹介していきたいと思います。

学資保険には税金がかかります!

学資保険には税金が掛かり、具体的に言うと学資保険で受け取る事が出来る祝い金等が一時所得という所得の種類になり、税金がかかる場合があります。

あくまでも場合なので、全ての学資保険に税金が課税される訳ではなく、ある計算方法によって課税されるか否かを知る事が可能です。

学資保険にかかる税金の計算方法

「所得-経費-特別控除50万円×1/2」

この計算式で、余った金額が課税対象となります。

課税対象外の場合
上記計算式に基づいて計算した際にプラスにならない場合は、課税対象にはなりません。

実際に課税されるケースは少ない

先ほど、課税されるための金額を計算する式をご紹介させて頂きましたが、ほとんどの場合は課税される事はありません

というのも、ほとんどの場合は上記の計算式を用いて計算した際によほど大きな保険金を受け取らない限り、課税される対象にはならないからです。

松葉 直隆

もしも課税されるような額を受け取れる場合はかなりの高所得者と言えるので、一般の方の場合はよほどのことがない限り心配する必要はありません。
あわせて読みたい
学資保険、あなたに必要?3つの養育費の金額と加入目的で核心に迫ろう

赤ちゃんに保険って正直必要?医療保険から学資保険まで必要性を解説。

学資保険を選ぶなら3つのココが重要!

さて、学資保険の基本的なことを解説させていただいたところで、学資保険を選ぶ時には何が重要なのか?という点についてご紹介していきたいと思います。

学資保険を選ぶ際に重要になるのは、主に3つのポイントであるといえるでしょう。

学資保険選択のポイント
  • 返戻率
  • 保障
  • 特約

これからこの3つの重要になるポイントについて、解説していきたいと思います。

学資保険を選ぶポイントその1 返戻率

まず1つ目に重要になるのは返戻率です。

返戻率とは

よく目にする”返戻率”って何ですか?

返戻率とは、満期までに支払った保険料に対して満期でいくらの祝い金などを受け取る事が可能なのか?というパーセンテージを指します。

主に満期の祝い金をこどものために貯蓄する事が主な学資保険の目的なので、多くの人にとっては最も重要なポイントと言っても過言ではありません。

返戻率を左右するのは、貯蓄型か?保障型か?といったところから、貯蓄型なら変動・固定どちらなのか?

さらに、保障型ならどのような特約・保障を付けたか?などによって左右されるため、商品によって本当に様々です。

返戻率を上げる方法

返戻率を高める方法やポイントは存在し、主に以下の方法になります。

学資保険の返戻率を上げる方法
  • 保険料の支払いを短期間にする
  • 支払い方法をまとめて行う
まずは、保険料の支払いを出来るだけ短期間にすることがあげられます。

保険料の支払い期間を短期間にしてしまうと、1回当たりの保険料が高くなってはしまいます。

しかし、満期の支払いの際、つまり最終的には得をする事が出来、返戻率を上げる事が可能となるのです。

また、支払い方法をまとめて行う事も返戻率を上げる方法として挙げられます。

学資保険料の支払いの安い順番

一般的に、全期前納期払い < 年払い < 半年払い < 月払いと続きます。

もちろん変動型の場合は景気にも左右されてしまいますが、返戻率を上げる事は工夫次第で可能です。

「全期前納期払い」などは一般の方にはかなり難しい選択肢になりえますが、自分で出来る範囲で出来るだけ返戻率を上げ、お得に学資保険に加入しましょう。

松葉 直隆

現在、返戻率が一番高い学資保険商品はソニー生命の学資保険108%となります。

ソニー生命の学資保険をチェック

学資保険を選ぶポイントその2 保障

松葉 直隆

学資保険に加入する際に注目したいのは「保障」です。

貯蓄型でも特約などによって魅力的な保障を付け加える事が可能ですし、特に保障型の学資保険を検討している場合は注目したいポイントです。

MEMO
保障について注目する際にやはりまず最初に注意したいのは学資保険の形で、「保障型」「貯蓄型」のどちらかという点です。

貯蓄型を選ぶ場合は、貯蓄型を選び、仮にもしもの保障も必要とする場合は、学資保険以外の生命保険等に加入する必要があります

逆に、他の保険で生命保険等に加入しているのに生命保険等の保障が付いている学資保険にはあまり意味がありません。

学資保険以外の加入済保険を再考する

学資保険を選ぶ1つのポイントとして、学資保険以外で加入している保険でカバーしている範囲をきちんとりかいして把握しておくことが重要。

考慮するポイントが多くなりがちなチェックポイントです。

学資保険を選ぶポイントその3 特約

松葉 直隆

3つ目として学資保険に加入する際に注目したいポイントは「特約」です。

2つ目のポイントと被ってしまう部分ではありますが、特約というのは主契約ではなく、あくまでオプションという位置付けのものです。

しかし、保障をカバーする範囲を決める重要な位置でもあるのです。

しかし、特約を付加することによって生じるデメリットが存在します。

学資保険に特約を付加するデメリット

返戻率から学資保険を見た際、特約を付ければ付けるほど返戻率が低くなる傾向がある。

もちろん必要な特約は付けた方が良いとは思いますが、必要性の低い特約まで付け加えてしまうと本来の主契約を無視した内容になってしまいます。

これでは、学資保険なのか?生命保険なのか?こども保険なのか?が分からなくなってしまい、本末転倒な契約となってしまうでしょう。

これだけは避ける必要があります。

MEMO
そのため、先ほどご紹介した「保障」という観点はどちらかと言うと主契約に関する事になりますが、「特約」というオプションも返戻率を大きく左右する要素でもあります。

ただし、場合によっては主契約のみではカバーできないニーズに答える可能性も十分にあるので、しっかりとチェックしたいポイントです。

松葉 直隆

特約について詳しく知りたい場合は、各保険の専属アドバイザーによる無料相談をしてみると良いかもしれません。

学資保険って何?必要性とこども保険との違いは?

今回、この記事ではおすすめの学資保険などをご紹介させて頂きますが、そもそも学資保険って何?という部分から解説していきたいと思います。

学資保険とは?

そもそも学資保険とは何ですか?

松葉 直隆

学資保険には様々な種類や商品によっての特徴があるため一概には言えませんが、一言でまとめると「子供のための教育資金確保」を目的とした保険です。

これだけだと少しイメージが掴めないかもしれませんが、学資保険の流れはだいたい以下のようになります。

  • STEP.1
    契約
    それぞれ、ご家庭に合った学資保険を選び、契約
  • STEP.2
    保険会社へ支払う
    契約した保険会社から指定されている金額を月々支払う
  • STEP.3
    保険会社から満期で支払われる
    子供が大きくなったタイミング※1を満期とし、これまで支払っていた保険料以上、もしくはそれ以下の金額を祝い金などの形で支払われる※2

    ※1…18歳〜20歳が多い

    ※2…支払われる金額は返戻率による

イメージとしては、特約などによって子供特有の保障などを付け加える事が可能な貯蓄のようなイメージです。

のちにも紹介する、先輩パパ・ママに最も選ばれているソニー生命の学資保険などもその一種です。

学資保険ってそもそも必要なの?

学資保険って実際に必要なのでしょうか?

この疑問は、学資保険にとどまらずほかの生命保険にも言えることではありますが、人それぞれとしか言いようがない部分があります。

ただ、学資保険は健康保険のように必ず入っておいた方が良い・必要性のある保険ではないので加入していない方がいるのも事実です。

しかし、一方でたくさんの保険会社などが学資保険を商品として出しており、学資保険に必要性を感じて加入している方が多くいるのも事実です。

学資保険に加入するメリット
  1. 確実に教育資金が貯まる
  2. 払込免除制度により、万が一の時にも教育資金を確保できる
  3. 返戻率により普通預金より多く貯蓄できる可能性がある

松葉 直隆

貯金に苦手意識があったり、また両親のもしもの時が気がかりだと考える方には特におすすめできる保険ですね。

学資保険はこども保険と同じ?

こども保険は学資保険とは違うのですか?

こども保険と学資保険の共通している特徴として、対象が「成人していない子ども」が挙げられます。

しかし、保険で重要になってくる保障という点については大きく違います。

学資保険とこども保険の違い
  • 学資保険…教育のための貯蓄
  • こども保険…もしもの時の保険

こども保険は、あくまで医療保険などと同じで基本的にはけがや病気といった「もしもの時の保障」というのが大きなポイントになっています。

一方、学資保険は教育のための貯蓄という点を重視しており、特約にて「もしもの時の保障」を付け加える事が可能な商品が存在しますが、もしもの時の保障はあくまでオプションという考え方です。

学資保険の種類、貯蓄型と保障型をおさえよう

冒頭でもご紹介させて頂きましたが、学資保険は現在、沢山の商品が出回るようになり、その学資保険から各自が学資保険に求めているものに対応する学資保険を選びやすくなっています。

逆に言うと、「種類が多すぎて何を選んだらいいのかわからない」という状況が起こってしまい、あれもこれも魅力的に見えてしまって何がベストかというのが分かりにくくなっているとも言えます。

MEMO

しかし、学資保険はある程度商品によって似通った部分があり、また2つのタイプに分ける事が可能です。

まず1つ目が「貯蓄型」。2つ目が「保障型」です。

これから、「貯蓄型」と「保障型」の特徴をご紹介させて頂きます。

貯蓄型の学資保険

貯蓄型の学資保険とは
主に貯蓄のみを目的とした保険で、イメージとして保障型よりも最も学資保険らしいタイプの学資保険と言えます。

貯蓄型の学資保険には主に2つのタイプがあり、1つ目は金利が固定されるタイプで、2つ目は金利が変動するタイプです。

これはつまり、返戻率が固定するか変動するかの違いということになります。

金利固定型学資保険

金利が固定されるタイプの学資保険は景気の状況などによって金利が変動する事はなく、契約時にあらかじめ決まった金額を満期に受け取る事が可能です。

MEMO
そのため、金利固定型の特徴として元本割れと言われる「払い込んだ保険料よりも祝い金等が少なくなる」ということがなく、元本があらかじめ保証されます。

金利変動型学資保険

金利が変動するタイプの学資保険は、日本や世界中の景気によって金利が変動するため、契約時の金利よりも得するかもしれないですし、場合によっては元本割れを起こす可能性があります。

MEMO
金利変動型学資保険のメリットは、学資保険という保険の特徴を強く出している商品なので、シンプルで分かりやすいですし、金利変動によって元本割れを起こす可能性はありますが、一般的に保障型よりも高い祝い金を満期に受け取る事が可能です。

松葉 直隆

学資保険商品の中でダントツの加入数を誇るソニー生命の学資保険も、金利変動型学資保険の貯蓄型であることから多くのパパ・ママが還元を受けています。

ソニー生命の学資保険をチェック

保障型の学資保険

次にご紹介するのは「保障型」の学資保険で、この学資保険のイメージは貯蓄型の学資保険に様々な「もしもの時のための保障」が付け加えられている学資保険です。

 

保障型の学資保険の特徴
貯蓄型よりも一般的に満期の祝い金が少なくなる事が殆どで、その代わり「もしもの時の保障」が付いているというところです。

そのため「貯蓄にプラスして子供のための保障が欲しい」という方に向いており、貯蓄型よりはどちらかと言うとこども保険に似通った部分を持っている学資保険なんです。

とはいっても、こども保険では受け取る事が出来ない高額の祝い金を満期に受け取る事が可能です。

保障型の学資保険で用意されている保障は主にこのような保障です。

保障の名前 保障内容
災害特約等 事故などにより、死亡もしくは障害等により支払いが難しくなった時に、保険料などが免除される
入院特約等 入院をする事になった際に、一定額が保障される
育英年金等 満期(主に大人になるまで)までに、育英年金等*を受け取る事が出来る保障な
生命保険など 親が死亡した場合に、死亡保険金を子供が受け取る事が出来る
*育英年金とは
育英年金とは、学資保険の契約期間中、保険契約者に死亡・高度障害など万が一のことがあった場合に、学資保険が満期になるまでの間、子どもへ毎月年金が支払われる

以上が学資保険で用意されている保障となります。

もちろん商品によって保険金の差や細かい条件や保障内容が違う事はあり、表の保障はあくまで学資保険の保障型で用意されている保障の一部です。

このような保障は、主契約(元からついてくる契約)などに組み込まれていたり、特約(オプション)として付け加える事も可能で、細かい保障の形は商品によって様々ですので、要チェックな部分になります。

松葉 直隆

細かくて見落としがちな点は、専門のアドバイザーに相談するのも一つの手ですね。

ソニー生命の学資保険をチェック

まとめ

今回は学資保険の概要やおすすめの学資保険・学資保険の税金等についてご紹介させて頂きました。

子供の教育を考えるなら学資保険という選択肢がありますが、親のもしもの時を考えると生命保険等への加入を考える必要性も出てきます。

保険を再考するきっかけに。
子供が出来たなら、学資保険も含めて生命保険についてしっかりと考える必要があるのかもしれません。

いずれにせよ自分にあった保険に加入しないと意味がないので、加入する際はしっかりと考えた上で加入しましょう。

プロによる無料相談はソニー生命で。あなたや大切な家族に最適なプランをご提案

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る