【最新版】返戻率の高い学資保険ランキング!絶対に110%超えの学資保険も!

記事監修者紹介
松葉 直隆
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

返戻率の高いおすすめ学資保険ランキング返戻率を上げるコツ学資保険をおすすめする理由などまで一挙ご紹介していきます。

学資保険で最も重要なお得度の数字とも言える返戻率(へんれいりつ)は実はアップさせるコツがあるんです!

この記事では学資保険の基本情報はもちろん網羅。

この記事をざっくり言うと…
  • 学資保険は教育資金を貯蓄するための保険。生命保険のような保障が付く保障型と貯蓄型がある。
  • 返戻率は、保険料の払込期間と保険金を受け取る期間が長ければ長いほど高くなる
  • 学資保険の商品では、ソニー生命の学資保険返戻率が高く貯蓄ができるのでおすすめ!
  • 家庭に合ったプランをプロのプランナー無料で相談できるソニー生命は選ばれ続けて契約件数144万件突破!

ソニー生命の学資保険

 

 

スポンサーリンク

返戻率の高いおすすめ学資保険ランキング

松葉 直隆

学資保険の返戻率とは、支払保険料総額に対して、受け取れる保険金(祝い金や満期保険金)の総額の割合のことを言います。

つまり、返戻率が高いほど、貯蓄率が高い保険と言えます。

では早速、その返戻率が高いおすすめの学資保険ランキングを見ていきましょう!

返戻率が高いおすすめ学資保険ランキング

ソニー生命『学資金準備スクエア』

まず初めにご紹介したい学資保険は、ソニー生命が販売する貯蓄型学資保険『学資金準備スクエア』

多くのパパ・ママに選ばれ続けて契約件数は144万件を突破。これは次に加入数が多い保険会社の商品のおよそ3倍という数字なんです。

数ある学資保険の中からソニー生命を選んだのはどうしてですか?

学資保険検討者

ソニー生命の学資保険加入者

ソニー生命の学資保険を選んだ最大の理由は、貯蓄性にとても優れていたからです。

多くの人が選ぶソニー生命の学資保険をチェック

学資金準備スクエアの特徴は、なんといっても高い返戻率で、返戻率を重視するならかなり有用な選択肢になってくる学資保険です。

保険料 受取額 返戻率
月々約1万5000円(10年) 200万円 107%

上の表のプランはあくまでも、一例。

プランによっては104~110%になり、かなり高い返戻率を実現する事が可能な学資保険です。

さらに、競合他社との返戻率を比較した表が以下になります。

保険会社・商品 返戻率
ソニー生命「学資保険スクエア」 104.4〜108.0%
フコク生命「みらいのつばさ」 102.5〜105.8%
明治安田生命「つみたて学資」 103.1〜105.0%
日本生命「ニッセイ学資保険」 102.2〜104.9%
JA共済「こども共済」 101.0〜104.2%
アフラック「夢みるこどもの学資保険」 96.7〜98.4%
かんぽ生命(郵便局)「はじめのかんぽ」 95.2〜98.0%

その他、ソニー生命の学資保険で挙げられる特徴は下図も挙げられます。

ソニー生命の学資保険がお得なポイントつ・返戻率と貯蓄性の高さ・安定した企業実績・プロのプランナーのサポート・払込免除特約・11歳でも加入可能・柔軟なプラン

松葉 直隆

ライフプランナーがいることによって、各家庭の実際の生活に合わせた無理のない貯蓄を実現することが可能になっているんですね。

ソニー生命の学資保険に加入した先輩パパ・ママの多くがこのライフプランナーの存在を評価します。

各家庭に合わせたプランを親身に提案してくれるのは心強いですよね。

また、ソニー生命の学資保険には「払込免除」という制度も設けられています。

保険料払込免除特約とは、保険支払期間中に契約者が死亡したり高度重度障害になった場合には、それ以降の保険料の払い込みが免除される保障制度。保険料の支払免除となった場合でも保障内容は継続する事が可能です。

学資保険は、ご両親ではなく子供のためのもの。長い付き合いになる保険です。

是非、ソニー生命専属のアドバイザーに相談してみて下さいね。

ソニー生命の学資保険

 

 

スポンサーリンク

オリックス生命『終身保険RISE』

次にご紹介したい学資保険は、オリックス生命が販売している『終身保険RISEです。

学資保険じゃなくて終身保険なんですか?

学資保険検討者

「学資保険なのに終身保険?」と思われた方もいるかもしれませんが、『終身保険RISE』では終身保険に特約(オプション)として、学資保険を付け加える事が可能です。

そのため、学資保険で考えると保障型に当てはまる可能性が高いですね。

実は近年、この『終身保険RISE』を選んだ貯蓄を選ぶ方が増えてきており、理由としては「学資保険の有用性が低くなった」というのが一般的に言われています。

以前までは学資保険と言うと、返戻率が120%というものも少なくなく、選ぶ理由が大きかったのです。

なので最近の学資保険の返戻率は、寂しくなったと言えます。

保険料 受取額 返戻率
月々9000円(17年) 200万円 110%

そこで、ただ貯蓄するのではなく、オリックス生命の終身保険RISEのように終身保険の中にオプションとして貯蓄性を付け加えるという選択肢が選ばれているようです。

また、オプションと言ってもプランによりますが、返戻率が110%を超えるものもあり、十分にしっかりと学資保険と言える返戻率です。

松葉 直隆

それに加えて、オリックス生命の『終身保険RISE』の学資保険は、学資のみの用途ではなく、老後蓄えという使い方も可能で、終身保険にプラスして貯蓄性を付ける事が出来る便利な保険と言えます。

オリックス生命のRISE資料請求(無料)はこちら!

日本生命『ニッセイ学資保険』

最後にご紹介したい返戻率の高い学資保険は、日本生命から出ている貯蓄型の学資保険『ニッセイ学資保険です。

この学資保険の特徴は、高い返戻率と、あるとうれしいサービスがセットで付いてくることです。

まず高い返戻率とは、プランにもよりますが102~106%程度までは返戻率を維持する事が可能で、貯蓄型学資保険の中でも高い返戻率と言えます。

保険料 受取額 返戻率
月13000円 300万円 104%

そしてあるとうれしいサービスが付いてくるというのが、この学資保険の最も大きな特徴である「育児相談ホットライン」

初めての育児で不安が沢山ある人を思い、経験豊富な看護師や医師などに、24時間年中無休でいつでも電話で相談する事が可能な電話サービスが付いてきます。

なので『ニッセイ学資保険』は、実際の育児に沿った珍しい学資保険なんです。

ニッセイの学資保険サービス 育児相談ほっとライン

このようなサービスが付いてくることで、若干変化球のかかった学資保険ではありますが、あると助かるサービスであるのでは事実ですし、返戻率も高いのでおすすめの学資保険の一つです。

松葉 直隆

もしも育児について不安な事が多いという方や、初めての育児について備えたいという方には向いている学資保険と言えます。

日本生命の無料相談は保険見直し本舗へ

それでも迷うあなたに勧める学資保険はこれ!

どの商品もそれぞれ魅力があって悩ましい。どうしようか迷ってしまう!

そんなあなたには、専門のアドバイザーが親身に相談に乗りながらあなたの大切なご家族のことを第一に考えてくれるソニー生命に委ねてみてはいかがでしょうか。

学資保険も10年以上に渡って契約し、我が子のためにお金を払い続けるもの。

お子さんが大きくなるにつれ変わって行くであろう環境の中で、専属のアドバイザーがいて何でも相談に乗ってくれるということは本当に心強いものです。

パパママに一番選ばれているソニー生命の学資保険

実際に加入している方たちはどのような感想を持っているのか具体的に見ていきましょう。

41歳 女性

42歳 女性

35歳 女性

やはり、どの方の意見を見ても専属のプランナーが各家庭に沿ったプランを提案してくれる点を高く評価していることが分かります。

ソニー生命のプランナーは、保険のことだけではなく、経済や金融、税務など幅広い知識と豊富な経験を兼ね揃えたプロ。

だからこそ、あなたの家庭に合ったプランを多面的に検討し、提案することができるのです。

ソニー生命学資保険の返戻率を108%にする方法をチェック

加入するなら高返戻率、低価格な今。まだ間に合います!

今後、更に金利が下がる一方だとも言われている日本経済。

ゼロ金利政策からマイナス金利政策などのニュースを耳にすることで今後の日本経済が不安になりますよね。

Parents hold the baby's hands. Happy family in the park evening

学資保険の返戻率も今後は下がっていく可能性もあり、あまりにお得すぎて商品が販売停止になることも示唆されています。

※2018年も各保険会社学資保険の利率を下げており、2019年も利率が下がる傾向にあると言われています※

販売停止になっても大丈夫!

既に契約している保険に関しては、もしも売り止めになっても影響は受けず、学資保険は満期まで継続します。

今後はマイナス金利の影響で保険料が上がっていく予想もされている学資保険。

少しでも保険料が安く、返戻率が高いうちに加入を検討しましょう。

ソニー生命では無料での相談が可能ですので、学資保険を検討されている方は早い段階での相談をおすすめします。

ソニー生命の学資保険

 

 

スポンサーリンク

学資保険の返戻率を高める2つの方法

返戻率って高ければ高いほうが嬉しいですが、返戻率を高める方法ってあるんですか?

学資保険加入者

はじめに「返戻率の高いおすすめの学資保険」を紹介しましたが、返戻率が違うと保険をどう使っていくのか?という点においても大きく異なってきます。

ですので、ここからは学資保険の返戻率を変化させる払込期間~給付までに出来るコツについてご紹介したいと思います。

学資保険の返戻率は高めることができる!

冒頭でも少し触れましたが、学資保険の返戻率はどの商品でも”あること”をすることで返戻率が上がる傾向にあります。

その傾向が大きく出る二つのポイントは、主に以下の2つになります。

返戻率を上げる方法
  • 払込期間つまり保険料を支払う期間
  • 給付の際つまり保険金を受け取る時

これから払込期間から出来る事について、ご紹介したいと思います。

返戻率を上げるために払込期間で出来ること

まず、返戻率をあげるために保険料の払込期間に出来る事は、保険料の支払い方についてです。

学資保険の支払い方法は年払いや半年払いがお得です!例えば…

松葉 直隆

一括払いはかなり負担が大きい支払い方法なので、おすすめの支払い方法は年に一回まとめて支払う方法です。

この方法なら、数万円~十数万程度の金額で負担を抑える事が可能で、一般の家庭でもボーナス等を利用する、もしくはあらかじめ月々貯蓄しておいて、まとめて支払うなど工夫次第では実現可能な支払い方だと思います。

ですが、月々で支払うケースが最も多いのが事実で、こればかりは各家庭で経済力とにらめっこしながら、無理ない範囲で決めましょう。

返戻率を上げるために保険金受け取りの際に出来ること

次に紹介したいのは、保険金の支払いを受ける際に出来ることです。

松葉 直隆

給付の際に出来ることは、保険金の受け取りタイミングを出来るだけ遅らせることです。

学資保険は満期を18歳と想定した際、18歳に保険料を支払いを終えるというケースはあまりなく、1~3歳程度で加入して、子供が10歳程度の年齢で払込を終えるというケースが多いです。

下図は、満期が18歳、18歳と20歳、22歳で受け取り時期を遅らせた場合です。

学資保険の返戻率を上げるために保険金受け取りの際に出来ること

上図のように、払込期間と給付期間の間が長ければ長いほど、返戻率を上げる事が可能となるのです。

もちろん「払込期間を短くする」というのは、月々・年々の支払額を上げるという事なので、負担が大きくなります。

そのため、こちらも各家庭で経済力と相談しながら決めていかないといけないですが、返戻率という観点から見たときは、払込期間と給付期間は出来るだけ空いていればあいているほど良いです。

松葉 直隆

あなたやあなたのご家庭に合ったプランが分からない時は、プロにお任せソニー生命の学資保険で無料相談

ソニー生命の学資保険

 

 

スポンサーリンク

学資保険の概要とこども保険との違い

そもそも、「学資保険」ってどんな保険なのでしょうか。

学資保険検討者

ランキングを紹介したついでに、基本の知識も押さえていきたいと思います。

松葉 直隆

学資保険を一言でまとめると、教育資金を貯蓄するための保険です。

こども一人の教育費がどの程度必要になってくるか、具体的な金額をみなさんはご存知でしょうか。

下の図をご覧ください。

もしも子供が将来、国立大学に入学し四年間国立大学に在学した場合、240~250万円近くの費用が掛かってきます。  さらに日々の通学にかかる費用や、もし大学が私立の場合は、倍以上の値段がかかる事もあるかもしれません。

上の図をご覧の通り、一般の家庭にとっては、かなり重い負担になりますよね。

学資保険はそのような経済的な負担を小さい時から保険料として貯蓄しておき、満期(18~22歳が一般的)に祝い金などの形で、保険金を受け取るという保険です。

また、ただ貯蓄するのではなく、学資保険には満期に受け取る保険金に数%プラスして返してくれるというポイントがあります。

松葉 直隆

これが、先程からご紹介してまいりました”返戻率”になるわけですね。

学資保険は「貯蓄型」と「保障型」の2タイプ

次に学資保険について考える際に、絶対に外せない要素が「学資保険のタイプ」についてです。

学資保険のタイプとは学資保険の保障の形の違いで、主に学資保険には「貯蓄型」「保障型」の二つがあります。

学資保険は貯蓄型と保障型がある 久保田さま

例えば保障型の学資保険は、両親のどちらかが亡くなった場合に、保険金が受け取れる生命保険のような保障が付いてくるものや、亡くなった後の教育資金を支援してくれる育英年金等などが保障に組み込まれています。

松葉 直隆

保障型は保障が付いてくるため返戻率が低くなりがちではありますが、「”もしも”の時の保険を子供のために考えていた」という場合なら、かなり有効な選択肢になりえると思います。

学資保険と「こども保険」の違い

学資保険とは別に、”こども保険”というのもあるって聞いたんですけど…

学資保険検討者

学資保険とこども保険ってどこか似通っているというか、似ていた違いが区別しにいくいですよね。

学資保険とこども保険の違いを一言でまとめると、「保障の違い」です。

学資保険とこども保険の違い

学資保険はあくまで教育資金を貯蓄するための保険であり、こども保険は学資保険と比べると、もしもの時の保障に重きを置いた保険です。

先述した通り学資保険には「保障型」というタイプがあり、保障型学資保険も”もしも”の時の保障というのが保障内容にあります。

松葉 直隆

貯蓄型の学資保険とこども保険には大きな違いがありますが、保障型学資保険とこども保険を比べたときにはそこまで大きな違いはないというのが、最も正しい答えだと思います。

学資保険加入のとき絶対押さえておくべきポイント

松葉 直隆

学資保険に加入するなら、返戻率以外にも注目したいポイントがもちろんあります。

この記事では返戻率をかなり中心的に扱ってきましたが、そもそも学資保険は貯蓄を目的とした保険です。

その貯蓄性を見た際、返戻率にともなって数%お金が返ってくるというのが学資保険の利点なのですが、返戻率を重視すぎて見落としがちになりそうなものがいくつかあります。

これからその見流しがちな内容である「学資保険のタイプ」「保障内容」についてご紹介したいと思います。

ポイント①学資保険のタイプは返戻率に惑わされるな!

学資保険の他に子供名義で生命保険に加入するとするとどうなるんですか?

学資保険検討者

学資保険の「貯蓄型」は貯蓄を重視した学資保険で、「保障型」は貯蓄性は欠けますが、保障内容が貯蓄型よりも充実しているタイプの保険です。

返戻率という点だけから見ると貯蓄型のほうが圧倒的に有利で、貯蓄性のみで考えてしまうと貯蓄型一択になってしまいます。

注意事項
しかし、「学資保険の他にも子どものために保険に加入しよう」と考えているなら、総合的に見ると話は別な可能性があります。

学資保険は予め貯蓄をしておき、学費が必要になる満期のタイミングで保険金を受取る保険です。

ですが、子どものための保険という観点から考えると、学資保険以外にも例えば「生命保険」が挙げられます。

MEMO

生命保険というのは、親御さんが万が一亡くなってしまった場合などに、子どもやその遺族が保険金を受ける事のできる保険

親御さんが亡くなった後も「現在の様な生活を続けていけるのか」という点に置いては疑問が残るのも事実。

そういう時のために生命保険を掛けておくことで、教育・生活資金を担保しておくことが可能なのです。

なお学資保険の保障型には、生命保険のような保障が付いてくる保険があったり、教育資金に使える育英年金等の保障が付いてくるものがあります。

松葉 直隆

学資保険(貯蓄型)+その他の保険(生命保険等)などよりも、学資保険(保障型)というプランで保険を組んでしまった方が優位な場合もあるのです。

このあたりは、「どんな保障が必要なのか?」という点に大きく依存するので、1つ押さえておきたい点として学資保険には返戻率を重視した貯蓄型だけではなく、保障型もチェックしておくと良いでしょう。

ポイント②返戻率だけでなく保障内容もチェックすべき

保険会社やプランによって保障内容が少しずつ異なってくると思うのですが、どのような基準で選べば良いのでしょうか?

学資保険検討者

学資保険に加入する際は、タイプだけでなく保障内容も返戻率と天秤にかけて保険を検討するべきです。

一般的にどのような学資保険にも、親御さんに万が一の事が遭った場合に、保険料が免除されるという保障が付いています。

この点も、どんな事があっても教育資金は確保出来るという学資保険に加入するメリットではあるのですが、もしもこの保障がない学資保険が存在したとします。

その学資保険はかなり返戻率が高く、一見かなり魅力的に見えますが、万が一の際の保障がありません

松葉 直隆

もちろんこのような学資保険も、選択肢としてはありなのかもしれませんが、「保障あり」の学資保険と万が一の「保障なし」の学資保険リスクへを回避出来る可能性が全く違います。

このようなケースは少し極端ではありますが、どんな学資保険でも「返戻率」のみに注力するのではなく、「保障」という観点からも学資保険に考察し、最も自分にあった学資保険を選択する必要があります。

どんな学資保険でも返戻率が高いに越したことはありませんが、返戻率が高いからと言って、万人に向いている学資保険とは言い切れないことを頭に入れておいて下さい。

返戻率だけじゃない!ソニー生命の学資保険をチェック

学資保険に加入すべき人はこんな人!メリットとデメリット

正直、学資保険って本当におすすめなんですか?メリットとデメリットを教えて下さい

「学資保険に加入しようか迷ってる…」という人はもしかすると、インターネット上で学資保険について「学資保険は要らない」という意見を見たかもしれません。

もちろん学資保険には、必要な方と不必要な方がいます。

松葉 直隆

学資保険は必ず加入しなければならない保険ではありません。

なのでこれから、学資保険に加入すべき人とメリット・加入しなくてもいい人とデメリットについてご紹介したいと思います。

学資保険に加入すべき人とメリット

それでは、学資保険への加入をおすすめしたい人や加入によりメリットを感じられる方を紹介したいと思います。

主にメリットになる方にはこのような特徴が挙げられます。

 

学資保険に加入することをおすすめする人は、「貯蓄が苦手な人」という点が最も大きいと思います。

不思議なもので、保険料として貯蓄していくのと、預金・定期預金に貯蓄していくのでは保険料の方が義務という印象が強いせいか貯蓄しやすいです。

注意事項
また学資保険は、初めに月々いくら払っていつ給付されるのか?を保険会社と決めてから契約を結ぶので、給付のタイミングを自由に動かす事が出来ないのです(仮に変更が認められる場合でも、ハードルが高い)。

自分で貯金していく場合は、貯蓄を使用するまでのハードルが低いため、簡単に使ってしまいますよね。

松葉 直隆

学資保険にはある程度縛りがある分、貯蓄が苦手な方でも貯蓄しやすいというメリットがあります。

 

「どうしても教育資金は残したい」という方にも向いています。

学資保険には親御さんに万が一が遭った際に、保険料の支払いが免除される保障があらかじめ付いているケースが多いので、通常10年払わないといけなくても、途中で何かあったらしっかりと教育資金を確保できます

しかし、これが通常の貯蓄の場合だと、同じように同額・貯蓄していくという計画を立てても、その途中で何かあってしまった場合は、確保が難しくなってきます。

松葉 直隆

教育資金の確実性という点も学資保険のメリットになりますね。

学資保険に加入しなくてもいい人とデメリット

次は反対に、学資保険に加入しなくても大丈夫な人とデメリットをご紹介したいと思います。

主にデメリットになる人にはこのような特徴が挙げられます。

「学資保険をおすすめできない」という理由に多く見られるものとして、「利率が低い」というものがあります。

上図について詳しく解説して参りましょう。

学資保険は「利率が低い」

学資保険は場合によっては、10〜15年間保険会社にお金を預けておきます。

その期間につくお金は、返戻率から考えると多くても10%、つまり一割程度ですよね。

この金額は、銀行預金が0.001なんて言われている時代ですから、預金に預けておくよりも大きな利率ではありますが、低いと感じる方がいるのも事実です。

特にその傾向が見られるのは、ご自分で既に資産運用を出来る環境にある方です。

自分で既に資産を運用しており、もしそれが年1%でも増えて入れば、15年にすると15%資産が増えることになり、返戻率から考えてもかなり大きな数字ですね(安定して1%というのは簡単に見えますが、素人には難しいです)。

ですが、これは元々そういう環境がある方の話で、学資を貯めるために、素人が資産運用を開始するというのはリスクなどから考えるとまた別の議論になってきます。

また、学資保険にはその他にも保障がついてくるので、資産運用と比べておすすめできる・おすすめできないは、人それぞれになるでしょう。

資産運用をしている方にとっては、学資保険の利率の低さがデメリットと思うのかもしれませんね。

松葉 直隆

ソニー生命の学資保険プロに無料相談をして、学資保険が本当にあなたの家に合っているのか考えてみましょう。

ソニー生命の学資保険

 

 

スポンサーリンク

学資保険の解約方法は?

学資保険って加入後解約するとどうなるんですか?

学資保険検討者

学資保険に加入した人の中には、途中で必要性を感じられず、解約するというケースもあるようです。

学資保険のみにとどまらず、生命保険は途中で解約をするとリスクがつきもの。

ですので、ここからは学資保険の解約方法について解説していきたいと思います。

 解約時は必要書類を郵送or窓口で

学資保険の解約の手順は保険会社によって様々ですが、大まかな流れは大体一緒です。

  • STEP.1
    必要書類を用意する
    必要書類とは、保険証券や身分証明書というのが殆どの保険で必要になってくる書類になります。
  • STEP.2
    郵送するか窓口で手続きをする
    郵送等の場合は一週間もすれば解約が完了し、解約返戻金が返ってきます。

    JA共済や郵便局など窓口が近くにある学資保険の場合は、窓口で手続きをする方が早く解約できる事が多いです。

解約返戻金というのは解約時に返ってくる保険料で、たとえば貯蓄型であれば契約1~5程度なら80~90%程度は返ってきます。

学資保険を解約するときは解約返戻金が最重要!

 

松葉 直隆

学資保険を解約する際に、最もチェックしたいのはやはり解約返戻金のパーセンテージです。

この解約返戻金は、契約年数が長ければ長いほどパーセンテージが大きくなりやすく、このあたりは支払った保険料が戻ってくる割合なので、しっかりチェックしておきたい点です。

100万円の保険料支払っていて「あと数年持っておけば解約返戻金が5~6%違う…」という場合は、5〜6万円に該当します。

なので学資保険を解約する際は、解約返戻金についてしっかりとチェックしておきましょう。

その学資保険、本当に解約しちゃって大丈夫…?

その学資保険、本当に解約しちゃって大丈夫ですか?

というのも、一回契約したからには満期まで支払ってしまった方がオトクなのは確かですし、一時的な経済苦などについては対処出来る場合があります。

主な対処法は以下図になります。

学資保険を解約するときは解約返戻金が最重要!

上図2点について詳しくご説明致します。

契約者貸付制度とは

解約返戻金を担保(払えなくなった時に代わりに返済するもの)に、一時的にお金を借りる事が可能な制度。

解約返戻金の80%程度なら借り入れる事が可能で、利子が2~3%必要になってくる事が多いですが、一時的な場合はこれで凌ぐことが可能です。

一部解約とは

保険の一部部分を解約して保険料を下げること

このため、「経済苦で解約したい」という場合は少し立ち止まって保険会社の方に相談すると、意外に良いアドバイスを頂けるかもしれません。

あわせて読みたい
子のためを思うなら加入するのは生命保険?学資保険?ずばり解説!

⇛ 学資保険の元本割れとは?その理由と返戻率を上げる方法を紹介します!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は主に、学資保険の概要やおすすめの学資保険・返戻率などについてご紹介させて頂きました。

返戻率というのは学資保険において重要な要素ではありますが、そこだけに注目してしまうともっと良い保険・保障を見逃してしまうかもしれません。

ですが、ランキング1位で紹介したソニー生命の『学資金準備スクエア』なら、高い返戻率だけでなくプロのライフプランナーに相談が可能

相談は無料かつ今なら豪華商品プレゼントキャンペーンを実施中なので、ぜひ自分に合った保険か見極めてみて下さいね。

ソニー生命の学資保険

 

 

スポンサーリンク

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る