【必読】学資保険はいつから加入するべき?!絶対押さえたい3つのポイント!

記事監修者紹介
松葉 直隆
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

学資保険に加入するなら出来るだけ早い方がお得だと言われていますが、加入のタイミングには疑問が多いのも事実です。

その他、学資保険には返戻率や貯蓄型・保障型など考慮しないといけない点が多く、難しいポイントも多いです。

この記事では、学資保険の加入のタイミングや給付タイミングは勿論、学資保険の加入に際して、押さえておきたいポイントを3つにまとめました。

この記事を読めば、きっとご自分に合った学資保険を見つけられるようになるはず!


この記事をざっくり言うと…
  • 学資保険の選択時は返戻率・種類・保証内容が重要!
  • 学資保険に加入するなら早ければ早いほうが良いが、じっくり考える必要性も。
  • 学資保険の給付のタイミングが返戻率に関係するため、注意が必要!
  • 学資保険の商品では、ソニー生命の学資保険返戻率が高く貯蓄ができるのでおすすめ!
  • 家庭に合ったプランをプロのプランナー無料で相談できるソニー生命は、選ばれ続けて契約件数144万件突破!

 

学資保険とは?その性質と必要性

子供を授かり、子供の将来の事を考えた際に、やっぱり様々な保険の存在を気にかけると思います。

松葉 直隆

子供のために加入する保険には、生命保険医療保険など様々な保険がありますが、その中でも子供の可能性を広げるという意味では、学資保険という選択肢を執る方も少なくなっています。

これから、そんな学資保険の「そもそも学資保険とは?」というところから、学資保険の必要性、学資保険に入らないという選択肢などについてご紹介したいと思います。

学資保険とはそもそも何?

学資保険とは?

学資保険とは簡単に言うと「子供の教育資金のために貯蓄をするために加入するもの」。

将来的に子供が「高校・大学に入学するとなった際に必要になってくる資金を予め貯蓄しておきましょう。」という保険です。

具体的には、掛け金(保険料)を月々いくらか支払っていき、満期(18歳~20歳のものが多い)を迎えるとこれまで支払っていた掛け金を数%プラスしてもらえるというものです。

学資保険の必要性

MEMO
今のお子さんが大学に入学するとなった際に、国立大学の場合、入学金に30万円程度授業料に年54万円程度掛かってくると言われています。

大学を卒業するのが4年間で考えると、で合計すると「30万円+(54万円×4年)」という計算式になり、4年間で合計250万円近いお金・もしくはそれ以上の費用が掛かってきます。

松葉 直隆

一般の家庭にはかなり重い負担になることは確かですし、これがもし私立の大学になった場合は国立大学以上のかなり大きい出費になります。

その際に、予め貯蓄しておいたものがあるというのは実際の負担のみならず安心感にも繋がります

貯蓄型の学資保険の殆どの商品で返戻率が100%を少し超えているので、定期預金よりも貯蓄が出来ると言う点が一般的に学資保険の必要性として取り上げられる点です。

しかし、その他の金融商品等で資産を運用することが出来るという方の場合は別で、必要性はやはり人それぞれというのが最も正しい答えだと思います。

学資保険に入らないという選択肢も

学資保険の返戻率(満期に掛け金に対しての祝い金の割合)は現在のところ高くても104%~108%程度なので、銀行口座にただ預金しておくという選択肢よりも利率が高いのは確かです。

しかし、自分で資産を運用していけるという方には少し寂しいパーセンテージです。

それに加え、健康保険や医療保険などと比べると学資保険はそこまで必要性が高くない事は確かですし、自分で運用していける・もしくはそこまで考えていないという方がいるのも事実で、学資保険に入らないという選択肢もあります。

MEMO
しかし、一方で学資保険に加入している方もたくさんいるのも事実で、調査によると子育て世代で学資保険に加入している割合は50%を超えています。

それなりに学資保険に加入するという選択肢が取られているというのも事実です。

学資保険におすすめの加入タイミングとは?

学資保険の概要や押さえたいポイントについてご紹介しましたが、学資保険で最も重要なポイントは「いつはいるのか?」という点なのかもしれません。

というのも、学資保険の入るタイミングによって返戻率・保険料なども上下するからです。

学資保険はいつ入るのがおすすめ?

学資保険はいつ入るのがおすすめなのでしょうか?

学資保険に加入するなら「早ければ早いほどいい」というのが答えです。

というのも、学資保険は商品にもよりますが、0~10歳あたりまでに加入するのが一般的で、満期は高校卒業の18歳から大学卒業の22歳が一般的です。

学資保険で貯蓄するという計画を立てた場合、加入する年齢が1歳でも2歳でも、早ければ早いほどいいです。

年齢が早ければ早いほど目標の貯蓄額に届くまでの満期までの支払い回数を分けていくことが可能ですし、そうすれば必然的に月々の負担額が低くなります

松葉 直隆

満期までの期間が長ければ長いほど返戻率が上がる傾向にあるので、負担という点や返戻率という観点から見た時に早ければ早いほど有利です。

なので、いつから入るのがおすすめ?という疑問は、できるだけ早いほうがいいという一点につきます。

 

学資保険の加入は2歳からだと遅いのか?

生まれてすぐのドタバタ期間が終わり、保育園への入園等も考慮することが出来る年齢である2歳から学資保険に加入するという視点から考えたいと思います。

2歳となると育児も落ち着いてくる頃で、余裕が出たタイミングで学資保険という存在を知る・気にかけるというケースも意外に少なくないようで、2歳から加入というケースもあります。

学資保険は祝い金を受け取るタイミング=支払いを終えるタイミングというケースはあまり多くなく、一般的に満期の前に保険料の支払いを終えるケースが多いです。

MEMO
支払いの完済と祝い金等の保険金を受け取る期間が長ければ長いほど、返戻率が上がってきます。

これは逆から考察すると、2歳からでも保険料の支払い期間を長くすることで月々の保険料を抑える事が可能なのです。

もちろん、月々の負担や完済期間と保険金の受取期間による返戻率の変化を考えると早ければ早いに越したことはないですが、遅い=意味がないという意味ではありませんし、2歳から加入しても遅くはないでしょう。

妊娠中でも加入できる!

出来るだけ早いほうが良いことはわかったけど、「妊娠中」に加入する事は出来るの?という疑問は、お子さんがまだお腹の中に居る親御さんなら考える事かもしれません。

一般的に、妊娠中に学資保険に加入することは不可です。

MEMO
保険にもよりますが、妊娠が特に問題なく進んでいる場合は、出産予定日の140日ほど前から加入することが可能です。

そのため、妊娠中に学資保険に加入したいという方は、妊娠中でもOKな学資保険を見つける事で加入する事が出来ます。

妊娠中でもOKな学資保険の無料相談なら保険見直しラボ!

学資保険を選ぶなら?おすすめ保険相談ランキング3!

さて、ここまで学資保険の概要や商品についてご紹介して参りましたがいかがでしたでしょうか。

現在、まさざまな保険会社が多種多様な学資保険の商品を展開しているのが現状。

その中であなたのご家庭にはどの学資保険が合っているのか、気になりますよね。

もしも学資保険に加入するのであれば、出来る限り我が家に合ったプランで、出来ればお得に、安心して加入したいです。

学資保険検討者

松葉 直隆

長期間払い続ける大切なお金ですから、まずはプロに相談することが肝心です。

保険相談窓口を利用するきっかけ 見直し、新規加入

今なら保険の相談をしてアンケートに答えるだけ保険に加入しなくてもOK!)で豪華なプレゼントが貰えるチャンスが沢山!

このお得な機会を是非見逃さないで!

学資保険の相談おすすめランキング1位 保険見直しラボ

生命保険の保険相談、無料の代理店ランキング1位は保険見直しラボ

新しく保険に加入するor保険を見直すなら人気の高い保険見直しラボがおすすめ!

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約30社とトップクラス
  • 競合他社の中ではNO.1のベテランFP揃い
  • 何度でも無料で相談できる

保険見直しラボは、全国に約60拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店

「訪問型」なのでお客様のご希望の場所に、平均業界歴11.8年のベテランFPが来てくれます!

取扱保険会社数は約30社と、他保険代理店と比べてもダントツの多さ

相談は何度でも無料なので、保険見直しラボなら自分にぴったりの保険をオーダーメイドできますよ!

\1分で完了/

保険見直しラボ公式HPはこちら

保険見直しラボキャンペーン

生命保険相談 訪問・店舗型別おすすめ保険相談窓口 お得なキャンペーン

保険見直しラボでは保険の相談後にアンケートを答えるだけで、以下のプレゼントいずれかをもれなくプレゼント!

保険見直しラボ 選べるプレゼント!
  1. ゆめぴりか
  2. 宮崎県産熟成牛タン
  3. 高級雪室熟成豚
  4. タイ料理ペースト
  5. アルガンオイル
  6. 日本一醤油セット
  7. DALLOYAUのマカロン

キャンペーン詳細はこちら

学資保険の相談おすすめランキング2位 保険のぜんぶ

保険相談ランキング!保険のぜんぶは、全国主要都市に幅広く対応した無料訪問型相談。生命保険会社27社を一気に比較。FP資格取得率驚異の97%!

保険のぜんぶは、保険の代理店では数少ない、有名人をWEBページで起用していることでご存知の方も多いかもしれません。

保険のぜんぶの特徴
  • 全国の主要都市に幅広く対応
  • 27社もの保険会社の商品を扱い、最適な商品を一気に比較
  • FPの資格取得率が驚異の97%!

保険のぜんぶは、保険の代理店では数少ない、有名人をWEBページで起用していることでご存知の方も多いかもしれません。

保険のぜんぶの特徴
  • 全国の主要都市に幅広く対応
  • 27社もの保険会社の商品を扱い、最適な商品を一気に比較
  • FPの資格取得率が驚異の97%!

保険のぜんぶは、東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、札幌をはじめとする主要都市に対応している訪問型の代理店

最大の特徴として、在籍している相談員の約97%が国家資格であるFPの資格を所持しているという点。

経験豊富な保険コンサルタントに無料で、納得するまで何度も相談ができるのは魅力的ですね!

保険のぜんぶの公式HPこちら

保険のぜんぶ キャンペーン

保険のぜんぶのキャンペーン内容

保険のぜんぶでも、保険の相談ののちにアンケートに回答するだけでもれなくプレゼントが貰えます!

保険のぜんぶ 選べるキャンペーン内容
  1. シリコンスタイ
  2. ごっつん防止リュック
  3. アンパンマン砂場セット
  4. ゆめぴりか米
  5. 特茶 伊右衛門セット
  6. 花王アタックネオ洗剤

キャンペーン詳細はこちら

学資保険の相談おすすめランキング3位 保険コネクト

生命保険相談 訪問・店舗型別おすすめ保険相談窓口ランキング6

保険の悩みをプロに相談したいと考えている人は保険コネクトの利用をおすすめします。

保険コネクトの特徴
  • 2500人以上のプロが全国各地で対応
  • 経験5年以上等の評価項目を満たす優秀なFPのみ
  • お得な「優待サービス」1年間プレゼントキャンペーン中

保険相談した人の約90%が「満足した」と回答している保険コネクト。

全国各地にいる厳選した2500人以上のFPと提携しており、しつこい営業行為の禁止相談者からの評判が悪いFPへの紹介禁止などと、FPに関する厳しいルールを設けています。

保険コネクトでの相談はもちろん完全無料

保険コネクト公式HPはこちら

保険コネクトキャンペーン

生命保険相談 訪問・店舗型別おすすめ保険相談窓口ランキング6

保険コネクトでは今なら保険相談完了後にアンケートに回答するだけで、30,000種類以上のサービスをお得に受けられる「優待サービス」を1年間無料で利用できるプレゼントキャンペーンを実施中!

どれも日常的に使っているお店ばかりですね!

利用検討者

キャンペーン詳細はこちら

あわせて読みたい
保険コネクト利用者の生の声を徹底調査しました!

★訪問型無料相談の注意事項

あなたの都合に合わせてくれる力強い味方である訪問型の無料相談ですが、カフェやファミレスを利用する際に注意すべきことがいくつかあります。

見落としがちな注意点を以下にまとめましたのでご覧ください。

訪問型の保険相談で注意すべきこと 騒がしくならず、混雑しがちな時間は避ける 資料を広げたりプライバシーに関わる話が出るためテーブルの大きさやレイアウトを考慮する 自分が注文した飲食代は自分で払う

特にファミレスを利用する方は、テーブルは広くて良いですが騒がしい時間帯になると声が聞き取りづらくなったりすることも。

逆にカフェや喫茶店だと2人席に通されるとテーブルも狭くなったり、また隣の席との距離感が近くて個人情報が筒抜けの気分になる気がして落ち着けないかもしれません。

松葉 直隆

こういったことも考慮して、融通がきく場所を選ぶことができたら質の良い相談ができることと思います。

また、飲食代を出されてしまうと気まずさを覚えたりすることもありますから、ここは貸し借りなしで自分で支払うと良いですね!

訪問で一番人気の保険見直しラボの公式HPこちら

学資保険の資料を一括で請求する

妻と一緒にどの学資保険にするか相談したいのですが、共働きでなかなか二人で代理店に行けそうにありません。他に方法はありますか?

学資保険検討者

学資保険検討者

さまざまな保険会社が出している学資保険商品を自宅でゆっくり比較して検討したいのですが…

松葉 直隆

そういった方におすすめなのが、学資保険の資料を一括で請求する方法です。

保険市場で学資保険の資料を一括で請求できる!

一番人気のソニー生命の学資保険はもちろん、明治安田生命、フコク生命、アフラック、住友生命、三井住友海上の学資保険商品の資料まで一気に入手できてしまいます。

手間が省けて便利ですね!

学資保険検討者

この中からあなたが気になるもののみの請求が可能ですので、この機会に一度じっくりと家族で話し合われてみるのも良いですね。

「保険市場」で一括資料請求する(無料)

 

加入するなら高返戻率、低価格な今。まだ間に合います!

今後、更に金利が下がる一方だとも言われている日本経済。

ゼロ金利政策からマイナス金利政策などのニュースを耳にすることで今後の日本経済が不安になりますよね。

Parents hold the baby's hands. Happy family in the park evening

学資保険の返戻率も今後は下がっていく可能性もあり、あまりお得すぎて商品が販売停止になることも示唆されています。

※2018年も各保険会社学資保険の利率を下げており、2019年も利率が下がる傾向にあると言われています※

販売停止になっても大丈夫!

既に契約している保険に関しては、もしも売り止めになっても影響は受けず、学資保険は満期まで継続します。

今後はマイナス金利の影響で保険料が上がっていく予想もされている学資保険。

少しでも保険料が安く、返戻率が高いうちに加入を検討しましょう。

学資保険を選ぶ際に押さえたいポイントとは?

先程、学資保険の概要や必要性についてご紹介させて頂きましたが、実際に学資保険を選ぶ際に「どこをチェックしたらいい?」という点について触れていきたいと思います。

学資保険を選ぶ際にチェックしたいポイントは主に3つあります。

MEMO
まずはじめにお得度を測る【返戻率】、次に押さえたいのは学資保険の種類である【種類】、最後に押さえたいのは【保障内容】です。

これから、この3つの学資保険を選ぶ際に気をつけたいポイントについて解説していきたいと思います。

学資保険の選択ポイント1【返戻率】

まずはじめに押さえたいポイントは【返戻率】で、返戻率は「学資保険に加入したらどのくらいお得か?」という点について知れるポイントです。

もしも、学資保険がただお金を貯めるためだけの保険なら銀行口座に毎月定額貯金すればいいだけの話ですよね。

学資保険に加入するのはやはりそれだけリターンがあるからで、学資保険においてそのリターンは返戻率でチェックすることが可能です。

それでは、具体的に学資保険における返戻率とはどのようなものなのでしょうか?

MEMO

学資保険の返戻率とは、満期まで支払った金額(保険料)に対して「何%戻ってくるのか?」というものです。

例えば掛け金(保険料)の満期までの合計が200万円で、返戻率が105%の場合「200万円×105%」で、満期に祝い金などの形で210万円受け取る事が可能です。

この返戻率は保険にもよりますが、様々な方法で高くしていく事が可能です。

学資保険の選択ポイント2【種類】

次に学資保険を選ぶ際に、押さえておきたいポイントは【種類】で、種類とは学資保険の種類を指しています。

学資保険の種類は主に2つあり、「貯蓄型」と「保障型」です。

学資保険の種類2つの特徴
  • 貯蓄型…学資保険の本来の目的である「教育資金を貯める」という点が全面にでたタイプで、目立った保障がプラスし付いてくるというものはありませんが、高い返戻率が特徴です。
  • 保障型…学資保険にプラスして様々な保障を付けた学資保険のことで、例えば満期になるまでに、親御さんが亡くなってしまった場合などに育英年金などを受け取る事が可能な保障などがプラスされる学資保険です。
特徴としては、保険型には貯蓄型にはない「親に何か遭った時に」という点においては手厚い保障がされており、貯蓄型では得られないような安心感があります。

しかし、返戻率が低くくなるという点においてはかなり大きなデメリットがあり、保障を付けすぎて何の為の保険か分からないという事態になりかねないリスクがあります。

何れにせよ、「どっちのタイプが適しているか?」は、「どんな保障が欲しいのか?」という個々の問題です。

松葉 直隆

はっきりしているのは、【貯蓄を重視するなら貯蓄型】で、【プラスして保障が欲しいなら保障型】です。

学資保険の選択ポイント3【保障内容】

最後に押さえておきたいポイントは【保障内容】で、特に「保障型」の学資保険を検討している場合は、注目したいポイントです。

学資保険は教育資金の貯蓄を目的とした保険なので、そこまで重要に見えないポイントですが、例えば満期になる前に、親御さんが働けないようになったら?というリスクや、死亡してしまったら?という点を考えると、重要な点に見えてくると思います。

ポイント
学資保険では、親御さんが働けなくなった時に掛け金の支払いが必要ではなくなるような学資保険や、保障型の学資保険の場合は育英年金などや死亡保険金等が受け取れる学資保険もあります。

そのため、学資保険を見る時に返戻率などに目が行き過ぎて軽視しがちな保障内容については、「自分がもしもの時はどうなるの?」という視点から保障内容を見てみると、保障内容をチェックしやすいと思います。

学資保険の無料相談なら保険見直しラボ!

学資保険の給付のタイミングはいつがおすすめ?

学資保険では、加入タイミングが重要である事を先程ご紹介させて頂きましたが、次に注目したいタイミングは、加入タイミングに比べると軽視しがちな給付のタイミングです。

というのも、学資保険では給付タイミングによって返戻率がかなり異なってくるので、お得に学資保険を使うには絶対に外せない要素の1つなのです。

松葉 直隆

これから注目したい訳をもう少し詳しく解説し、どんな給付のタイミングがあるのか?という点と、おすすめの給付タイミングなどをご紹介したいと思います。

学資保険で注目したい給付タイミング

返戻率を左右する要素は、保険料の支払い回数や学資保険のタイプなどによってかなり変わってきます。

松葉 直隆

しかし、意外に重要になってくるのは、祝い金などを含む保険金の給付タイミングです。

なぜなら、返戻率は給付と保険料の支払いを終える期間が長ければ長いほど返戻率が上がってくるからです。

また、この傾向はどの学資保険にも見られ、どんな保険でも工夫することが可能なのも注目したいポイントの1つです。

例えば、アフラック保険から出ている「夢みるこどもの学資保険」という学資保険の返戻率に注目したいと思います。(父30代・子供が0歳・受取総額240万円)

アフラックの学資保険

保険料の支払い期間 支払い総額 返戻率
18歳まで 約250万円 96%
10歳まで 約244万円 98%

このプランは、どちらも保険金の支払いが18歳から行われるプランで、表に記載されているのは保険料をいつ支払い終えるか?という違いの比較です。

10歳で支払いを終えるタイミングの方が、返戻率が高いですよね。

これは、10歳で支払いを終えるタイミングの方が、保険金の支払いタイミングまでの期間が長いからで、給付タイミングだけで2%も変化します。

MEMO
これはただの一例で、中にはこの2つのタイミングだけ、かなり大きな返戻率の変化が見られる学資保険もあり、給付タイミングも加入タイミングと同じくらい注目したいです。

どんなタイミングがある?

では、具体的に学資保険の給付タイミングにはどのようなものがあるのでしょうか?

学資保険の給付タイミングには、主に「一括受取タイプ」、「進学毎に受け取るタイプ」、「大学集中型」の3つがあります。

一括受取タイプ

まず、初めに最もポピュラーな学資保険の給付方法が一括受取タイプで、大学進学時や大学卒業時の社会人に向けての準備金として給付金を受け取るタイプです。

松葉 直隆

このタイプの学資保険は一括で大金を手元におくことが出来るので、お金がかさみやすい大学進学時などで、重宝します。

進学ごとに受け取るタイプ

次のタイプが進学毎に受け取るタイプで、小学校・中学校・高校・大学など、進学毎に給付金を受け取るタイプです。

このタイプは進学毎に受け取る事が可能なので、お金が掛かってくる入学金や授業料等にお金を回す事が可能になります。

バランス良く使いたくて、一括で受け取った時に無駄遣いしそうで怖いという方には向いていると思います。

大学集中型タイプ

最後のタイプが大学集中型で、大学の学費に集中しているタイプです。

松葉 直隆

一般的に、小中高大の中で最も学費が掛かってくるのは大学なので、大学の四年間に合わせて給付されるタイプです。

また、商品にもよりますが、繰り上げて給付してもらうことや据え置いておくことも可能です。

おすすめの給付タイミングはこれ!

それでは、結局おすすめの給付タイミングはいつなの?という疑問が出てきますよね。

おすすめの給付タイミングは、学資保険に何を求めるか?という点によりけりだと思います。

MEMO

大学の入学時に備えたいというニーズなら、一括で備える事が良いと思いますし、バランス良くというニーズなら進学毎に受け取るタイプがおすすめです。

しかし、返戻率を重視する・出来るだけお得に使いたいという話なら、一括受取タイプがおすすめになるでしょう。

学資保険の傾向として、分けて受け取るよりも出来るだけ遅く・大きくまとめて受け取った方が返戻率が高くなることは既出ですよね。

もしも、返戻率を重視するなら一括受取タイプの一択だと思います。

保険料の支払いは逆に、まとめて早く支払うほうが得!

先程、給付タイミングは出来るだけ遅く・まとめて受け取った方が、返戻率が高くなる事をご紹介させて頂きましたが、保険料の支払いに関しては逆です。

保険料の支払いに関しては、出来るだけまとめて・早く支払った方が返戻率をあげる事が可能で、月々の負担等を考えながら、保険料出来る範囲で早く支払ってしまいましょう。

保険見直しラボで無料保険相談!公式HPこちら

 学資保険をおすすめ出来る人はこんな人!

学資保険についてだいぶん理解してきたところで、そもそも学資保険で自分に合っているのか?という疑問が出てきませんか?

これから、学資保険が必ずしも良い選択とは言えない訳や、おすすめ出来る人・出来ない人をご紹介したいと思います。

学資保険が必ずベターな選択肢とは限らない

学資保険の返戻率を見て、少しさみしいと感じた方もいるかも知れません。

注意事項

学資保険は数年~数十年に渡って、積み立てて行くものなのに、返戻率は貯蓄型でも100~110%程度しかありません。

ほとんどの場合、学資保険の返戻率は103~108%で落ち着きますし、200万円の返戻率が3%増えても6万円にしかなりません。

このことを鑑みても、投資などの資産運用などと比べると少しさみしい数字になると思います。

そのため、学資保険は万人におすすめできるというものではなく、おすすめできる人と出来ない人に分かれる保険です。

学資保険がおすすめな人はこんな人!

松葉 直隆

学資保険をおすすめ出来る人は、ずばり貯蓄が苦手な人だと思います。

お金があればあるだけ使ってしまう人や、貯蓄していけるか不安な人には、貯蓄と同時に数%のお金をお得に貯める事が可能な学資保険はおすすめできると言えます。

また、有効な資産運用の方法を知らない・持っていない方にもおすすめできると言えます。

株やFX、投資信託、なんでもいいですが、投資などを駆使した資産運用はやはりリスクがつきもの。

元本どころかお金が無くなってしまうリスクだってあるわけです。

MEMO
お金を回すという点において苦手意識をお持ちの方で、子供のために貯蓄をしておきたいという方には学資保険は十分に有効な貯蓄方法だと思います。

学資保険、こんな人にはおすすめ出来ない!

松葉 直隆

逆に、学資保険をおすすめできない方は、やはりご自分に既にお金の回し方つまり資産運用が出来ている方だと思います。

どのくらいでお金を動かせていけるのか?という点においても、かなり変化するとは思いますが、例えば年1%ずつでも資産を増やして行けている方にとっては学資保険の返戻率はかなり低く思えてしまうと思います。

年1%と聞くとかなり簡単に見えてしまいますが、資産運用を経験している方なら分かるかもしれませんが、年1%でも「安定」して利益を出していくのは簡単ではありません。

MEMO

学資保険は安定していて、何もしなくても満期には数%増える保証がされているようなもの。

安定という側面から見ると、やはり学資保険は優秀だと思います。

学資保険の加入を検討される方は是非プロに無料相談を。あなたに最適なプランを提案してくれますよ!

保険見直しラボで学資保険の相談!(無料)

まとめ

学資保険の概要・加入タイミング・給付タイミング・おすすめの学資保険・おすすめ出来ない人・出来る人についてご紹介させて頂きました。

学資保険は10数年後の親子を考えた保険なので、将来的にどんなリスク・負担に備えたいかについてしっかりと考えた上で、それを軽減してくれそうな学資保険を見分けると、しっかりと自分にあった学資保険を見つけることが出来るはずです!

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る