がんになった時の通院費用や日数は?がん保険のメリットや選び方を解説

生活習慣病で、死亡する人数が最も多いのが「がん」と言われていますが、近年は通院治療で手術ではなくて薬の投与で治すケースが多くなっているそうですね。

そんな時に不安になるのが「がんの通院治療ってどのくらいの費用が掛かるの?」ということだと思います。

またそんな時に必要なのががん保険の通院保障ではないのでしょうか?

ですが実際にがんになって通院治療するのに、思っていたよりも少ない給付金で悩んでいる人が多いそうです。

今回は、がんの通院費用や治療法別の効果や費用、ガン保険の選び方や注意しなければいけないポイントについて紹介していきます。

1.がん治療はいくらかかる?

 

がんには大きく分けて3種類の治療方法があります。

それは手術、抗がん剤治療、放射線治療です。

この3つの治療法のことをがんの3大療法と呼び、実際にはケースに合わせてこれらの療法やほかの方法を組み合わせて治療が行われていきます。

では1つずつこの3大療法の内容と効果について紹介していきます。

1.1 手術

まずは手術です。

手術はガンになった部分とその周辺を手術で取り除く治療法であり、がんがまだ小さくて転移などもしていない早期のうちに発見できた場合は手術が効果的です。

なので多くのケースで手術でがんを治療していきます。

手術の費用は術式によって異なっており、内視鏡を使った胃粘膜の手術は30万円程度ですが、胃の一部を切除するような手術になると100万円以上になることもあります。

なのでがん保険や医療保険の手術給付金は手術の種類に応じて段階的に給付金額が変わってきます。

1.2 抗がん剤治療

次は抗がん剤治療です。

抗がん剤治療は手術だけでは取り除けない場合や手術前に腫瘍を縮小させるために手術後の再発防止などに使われているのが抗がん剤治療です。

一口に抗がん剤と言っても様々な薬があり、厳密には抗がん剤ではない分子標的薬やホルモン剤といった薬品もがん治療には使われています。

そういったものを含めて化学療法と総称します。

手術や放射線治療ががんになった部分にだけ行われる処置とは違い、抗がん剤治療は全身に効果がある治療になります。

なぜなら多くの抗がん剤は、細胞増殖が盛んな細胞に対して増殖を抑制することで、がんが広がるのを防いでがん細胞を破壊するからです。

ですが正常な細胞にも作用してしまうので副作用があり、身体への負担があることが難点と呼べます。

抗がん剤治療の費用は1コース(3~6週間)で10万~100万円程度が平均だと言われています。

またこの費用の多くは薬剤費用になり、1回の投与で数十万円という薬もあり、薬代によっては費用が異なってきます。

1.3 放射線治療

 

放射線治療は放射線をがんに対して照射することでがん細胞を破壊する治療法です。

手術に代わる根治療法のほかに再発の予防のためにも用いられます。

また放射線治療には大きく分けて身体の外側から放射線を照射する「外部照射」と体内に放射性物質を入れて患部に照射する「内部照射」という方法があります。

照射方法によっては、ガン周辺の正常な細胞にも放射線を浴びせてしまうことになりますが、放射線を浴びる事そのものには痛みもなく、手術や抗がん剤に比べると身体への負担や副作用は少ないと言えます。

ですが放射線を当てることで正常組織にも少なからず傷がついてしまい、最悪の場合二次的な発がんを起こす場合もあるので注意が必要です。

放射線治療の費用はおおむね3㎝程度の小さな病巣に対して行われることが多い定位放射線照射という方法であれば60万円程度が目安になり、重粒子線治療・陽子線治療では300万円程度かかる場合もあります。

また前立腺癌に対する重量視線治療は先進医療に指定されており、治療そのものには健康保険は利かないために、自己負担で300万円がかかってしまうので注意してください。

ではがんの治療法のそれぞれのメリットとデメリットについて調べていきましょう。

2.がんの治療法のメリットとデメリット

先ほど、上げてきた切除手術、抗がん剤治療、放射線治療に加えてこれらでは対処しきれない治療で副作用が少ない治療として免疫療法があります。

これら4つの治療法についてのメリットやデメリットを見ていきましょう。

2.1 手術のメリットデメリット

まずは手術のメリット、デメリットについてみていきましょう。

がん治療の基本である切除手術はガンを治すには物理的ながん細胞を除去するのが苦実であるのは間違いありません。

なので治療法が発達したとしても切除手術が基本となってくるのです。

切除手術にはがん組織とその周辺を切除し完全にがん組織を無くすことが出来るのがメリットです。

また内視鏡手術でがん組織を切除できる場合は広範囲を切除しなくても良いので身体への負担が少なく手済みます。

ですが、がん手術のデメリットはわずかに転移していたり、切除手術でがん細胞の取り残しがあったりすれば再発の可能性が出てきます。

外科手術によって身体の機能の一部が何らかの損傷を受けるリスクもゼロではないことがデメリットになります。

2.2 抗がん剤治療のメリットとデメリット

また抗がん剤治療のメリットは手術では治療できない癌をなくしたり、手術だけで反買うて放射線治療など他の両方と組み合わせれば相乗効果が期待できるのがメリットになります。

また手術をした後の再発リスクはゼロではないことを考えると抗がん剤で全身ががんの再発、転移を防ぐ環境に導くことは大きなメリットです。

またガンの種類によって適応する薬が異なってきますが、複数種類の併用や放射線治療との組み合わせも可能になります。

ですが抗がん剤治療のデメリットとして他の薬に比べて薬物有害反応が非常に強く、嘔吐や白血球の減少、脱毛など様々な副作用が考えられるところです。

また抗がん剤治療だけでは完治が難しいのがデメリットと言えます。

2.3 放射線治療のメリットとデメリット

support

放射線治療のメリットは体外からがん組織がある部位に対して照射する外部照射が一般的であり、外部照射の場合は痛みが無くて短期間で施術が終わるのが大きなメリット言えます。

また体への負担が少なくて通院での治療も可能であり、注射や飲み薬で投与する内部商社など選択肢が増えてきています。

またがんの根治を目指す治療やがんの症状に痛みを和らげる治療など幅広い治療に用いることが出来ます。

ですが放射線治療のデメリットとしては副作用が起こることです。

例えば、急性期に治療終了後に倦怠感や貧血、出血などの症状を伴う場合があるので注意が必要です。

また晩期も副作用が起こりやすく毎日通院をして継続して治療を受ける必要があるのがデメリットでしょう。

他にも感染や出血しやすくなる副作用などもあるので貧血や体力が低下している方は注意が必要です。

2.4 免疫療法のメリットデメリット

では免疫療法とは何なのでしょうか?

免疫療法とはがん細胞を攻撃する免疫システムを強化し、回復させることでがん細胞を集中的に攻撃し、治療するのが免疫療法と呼びます。

これはエビデンスが少なくその評価はまだ定まっていませんが、すでに先進いりょうとして認定されており、手術や放射線治療、抗がん剤治療での対応が難しい場合でも利用できるのがメリットです。

ですが芽根紀療法は抗がん剤治療と併用するとそれぞれの効果を打ち消してしまう可能性があり、免疫療法は他の療法では得られないメリットが得られると期待されている治療法になります。

3.がん保険の保障内容は?

そんな中、お金の負担を少なくするにはがん保険がお勧めです。

がん保険はがんの治療にかかる経済的負担をカバーするために加入する保険であり、医療保険の特約でもがんに備えるものはありますががん保険は主契約で加入するためにがん治療に特化した保障となっています。

ではそんながん保険の保障は何があるのでしょうか?

がん保険の保障は

・診断給付金

・入院保障

・通院保障

の3つがあります。

では、1つずつ紹介していきます。

3.1 診断給付金

まずは診断給付金です。

診断給付金は、医師から「がん」と診断確定されたときに、まとまった額を受取れるお金になります。

使い道に制限がないのが特徴で、治療入院費用っだけではなくて、差額ベッド代や減少した収入の補填などに利用することもできます。

また診断されたときの状況次第で、柔軟に活用できる点がポイントとなります。

3.2 入院保障

入院保障はがんの治療を目的とし、入院した時に入院給付金が支払われるものとなります。

医療保険の入院保障とは違って日数無制限で保障されることが多いのが特徴であり、がんの治療が長引いたり、入退院を繰り返したりした場合にも対応しやすい保障となります。

また近年のがん治療は通院によって治療が増加して入院日数が年々減る傾向にあり、充実した入院保障を付けていても十分な給付金を受け取れない可能性もあるという点があります。

3.3 通院保障

通院保障はがんの治療を目的として通院に対して通院給付金が支払われるものであり、商品によっては日数制限があり、がんの三大治療のために通院は無制限で条件は異なります。

最近のがん治療は手術だけでは終わりではなくて抗がん剤や放射線による通院治療が増えてきています。

なのでがん保険を選ぶときは三大治療に対してどれだけ手厚い保障があるのかどうかを確認しておくようにしましょう。

4.がん保険の通院保障は必要?

変額保険ってどんな保険なの?そのリスク・メリット・デメリットを解説します!

ではがん保険の通院保障は必要なのでしょうか?

通院治療が主流となっているのであれば、必要だと思いますが実はあまり必要ではありません。

その理由について説明していきます。

4.1 2つのタイプの通院保障

まずがん保険の通院保障の種類を理解しておきましょう。

がん保険の通院治療には

・治療のために入院をして退院後に通院した場合に給付金が支払われるタイプ

・所定のがん治療を受けた場合に通院給付金が支払われるタイプ

の2つのタイプに分かれます。

4.2 治療のために入院をして退院してから通院した場合に支払われるタイプ

治療のために入院をして退院してから通院した場合に支払われるタイプは、がんと診断されてから手術の必要が無くて最初から通院のみで治療するという場合には給付金を受け取ることが出来ません。

また最近では、内視鏡手術で入院をしなくてもできる手術が増えているので、このような内容なので治療の現場に即しているとは言えません。

それに退院後1年以内の通院しか保障されないがん保険の種類が多く、ご家族が最も経済的苦境に陥りやすいのはがん治療が長引いた場合になります。

がん治療が長引くと家族を経済的に守るためのものなのにこれでは意味がありません。

4.3 所定のがん治療を受けた場合に通院給付金が支払われるタイプ

また所定のがん治療を受けた場合に、通院給付金が支払われるタイプの場合は、経口投与の抗がん剤やホルモン治療などでは給付されないがん保険の種類がほとんどになります。

理由としては「それらの治療法が選択されるがんは症状が軽いから」というのが理由となっていますがそれは通院保障を受けている意味がありません。

また抗がん剤にはいくつかの副作用があり、症状が軽いがんといっても抗がん剤治療には結構なお金がかかります。

例えば経口投与の抗がん剤は半年飲み続ければ約50万円かかり、これは一般の家庭にとっては家計を狂わす可能性がある金額です。

つまり、今のがん保険の通院保障はまだまだ今のがん治療法に保障内容が追い付いていないケースが多く、この場合は通院保障をつけない方が家計を圧迫せずに済むのです。

4.4 抗がん剤給付付や放射線給付の方が条件が良くて重要

それに最近では新しいタイプのがん保険に抗がん剤給付金や放射線治療給付金が充実しているものが出てきています。

例えば

・通院保障は1通院当たりいくらなのに対して抗がん剤給付金や放射線給付金はその治療を受けた月は毎回10万円~などのまとまった保障を受けられる。

・通院保障と比べて給付条件がシンプル

というものがあります。

ではどのようにしてがん保険は選んでいけば良いのでしょうか?

5.がん保険の選び方

がんを意識すると自然とがん保険のCMを意識するようになります。

がん保険のCMなどを見るとがん保険に入った方が良いのかな?と思うことがあります。

ですがどれがお勧めのがん保険なのか自分で判断するのはなかなか難しいですよね。

理由はがん保険は様々な保険会社で販売されており、すべてが同じような保障をしてくれるわけではないからです。

がん保険で注意しなければいけない点はがん保険への申し込み、審査又は告知、初回の保険料の支払いが完了して「保険契約が成立した直後からすぐに保障開始」とはならないことを知らなければいけません。

契約成立後に一定の期間が経過してから保障が開始されます。

なので自分はがんかもしれない!と思ってからがん保険に加入する人を防ぐための経過措置なので早めにがん保険を検討して加入しなければいけないのです。

ではがん保険の選び方はどうすれば良いのでしょうか?

がん保険の選び方のポイントとしては

・がん診断給付金が何回受け取れるか?

・上皮内がんでも診断給付金が減額されずに受け取れるか?

・入院給付金日額がいつから支払われるか?

・先進医療が保険金支払いの対象か?

というのがあります。

では1つずつ順番に見ていきましょう。

5.1 がん診断給付金が何回受け取れるか?

まずはがん診断給付金が何回受け取れるかというポイントです。

がん保険ではがんと診断されたときにがん師団給付金が支給され、商品によってはがん診断給付金の受け取り方には違いが出てきます。

例えば1度しか受取れない商品もありますし、再発した時などには2年に1回受け取れる商品もあります。

またガン診断給付金がないものもあり、がんは一度治れば必ずしも大丈夫というわけにはいかないのです。

数年たって再発する可能性もありますし、特に終身保障のがん保険を選ぶ場合には条件付きであったとしても、複数回受け取れるタイプのがん保険を選ぶことをお勧めします。

5.2 上皮内がんでも診断給付金が減額されずに受け取れるか?

 

また、がん保険の中にはがんと上皮内がんで診断給付金が異なってくるものがあります。

これには注意が必要で私たちはがんなのか上皮内がんなのか判断することが出来ません。

なので上皮内がんにかかった場合でも診断給付金が減額されないがん保険を選ぶようにしましょう。

5.3 入院給付金日額がいつから支払われるか?

3つ目のポイントとしては入院給付日額がいつ支払われるかというポイントです。

入院給付日額は保険商品によっては1日10,000円というものがあれば15,000円といったものがあります。

また金額については日額15,000円であれば負担額をある程度カバー可能です。

ここで重要なのが入院日額給付金がいつから支払われるかというポイントです。

やはり入院1日目から支給され保険の方が安心できると思いますので、初日から給付金が支払われるものを選択するようにしましょう。

5.4先進医療が保険金支払いの対象か?

がんが発病した時に先進治療を受ける場合は健康保険適用外になるので全額自己負担額となってしまいます。

なので先進医療は最先端の治療技術でがん治療の場合は、費用が高額になってしまうこともあります。

なので、先進医療を受けた場合に保険金の支払い対象となっているかどうかも重要なチェックポイントとなってきます。

本来はがん保険には先進医療特約をつけることが可能であり、万が一の場合に備えて高額な医療費にも対応できるように先進医療特約はつけるべきなのです。

先進医療特約をつけても月々の保険料は数百円程度になり、大きな負担になりません。

なので先進医療特約が付いているかどうかをチェックしておくようにしましょう。

ではがんの治療費を支払えない方の対策方法はどうすれば良いのでしょうか?

6.がんの治療費を支払えない方の対策方法

癌になってしまった場合、治療費や入院費用など莫大な費用がかかってきます。

また仕事が通常通りにできない状態になってしまい、収入も減る一方になります。

がん保険に加入している方でも、病気と同じくお金の面に関しても不安が堪えないと思います。

なぜなら、がんは長期間の治療が必要となる可能性が高い病気だからです。

では、がん保険に加入していない方が、がんにかかってしまった場合、治療費を支払えないかもしれないという方はどうすれば良いのでしょうか?

そういった方は

・医療費支援制度である「高額療養費制度」と「貸付制度」を利用する

・生活保護の医療費扶助を受ける

・障害年金を利用する

という3つの制度を活用していくことをお勧めします。

1つずつ順番に紹介していきます。

6.1 医療費支援制度である「高額療養費制度」と「貸付制度」を利用する

まず1つ目としては医療費支援制度である「高額療養費制度」と「貸付制度」を利用することです。

日本の社会保険の医療制度には、治療費が3割負担で良い国民健康保険だけではなくて、高額な治療費がかかってしまう時に使える高額療養費制度があります。

高額療養費制度は所得に応じて年間の保険診療に費用に上限があるのですが、高額療養費制度は先払いになるので最短でも申請して3ヵ月後に帰ってくるので、お金がない時に利用できない制度と思われるかもしれませんが実は無利子出先に借りれる高額療養費の貸付制度があるのです。

高額療養費制度は最低でも3か月遅れでお金が返還される制度ですが治療費に困っている方は

・限度額適用認定の制度

・高額医療費の貸付制度

の2つの制度を活用するようにしましょう。

限度額的世認定制度とは医療費が高額になりそうな場合に、窓口に申請をすれば高額療養費制度の限度額までの支払いができるようになります。

また高額療養費の貸付制度は無利子で高額療養費支給見込み額の8割相当額の貸し付けを行うことが出来る制度となります。

なのでお金が返還されるまで支払えないという方は利用するようにしましょう。

6.2 生活保護の医療費扶助を受ける

それでもがんの治療費を支払えない場合も考えていきましょう。

例えば預金がない、働ける状態ではない、年金などを受けていない等の場合はどうすれば良いのでしょうか?

そうした場合は生活保護の医療費扶助を受けることが出来ます。

医療費扶助とは、健康保険対象のものが大半ですが、その中にがん治療も含まれており、治療費を支払えないとあきらめている方にも安心出来る制度になります。

ただし、差額ベッド代や先進医療については自己負担になる可能絵師が高く、事前に確認しておくようにしましょう。

生活保護に適用するための条件としては

・資産、治療を行うための費用がない

・働ける状態ではない

・年金など国、地域から援助を受けていない

・親族からの援助が受けられない

というのがあります。

まずは生活保護が受けられるかどうかを確認しておきましょう。

6.3 障害年金を利用する

3つ目の手段としては障害年金を利用することです。

障害年金はケガをした時に受けられると思いますが、実はがんになった場合も活用することが出来るのです。

がんの治療目的で障害年金を受け取ったからと言って、将来の年金が減る心配はありません。

年金を納める方々の権利として障害年金は受けられるものなので、将来の年金とは別物になります。

では障害年金を受給するための条件とは何なのでしょうか?

障害年金を受給するための条件とは

・年金保険を3分の2以上支払っていた

・障害の条件を満たしているのか

・障害認定日が1年半

という条件です。

まず20歳から年金を支払うことになっていますが、年金を支払えない場合は役所などに申請を出している場合を除いて全体の3分の2以上納めている方が対象となります。

年金を支払えない場合、無視しておかず申請をしておくことで未納の期間がなくなります。

また、がんの場合、障害の度合いにより等級が3つに分かれているようです。

こちらが障害の度合いの等級の表になります。

障害の程度 障害の状態 一般状態区分
1級 著しい衰弱又は障害 常に介助が必要な状態で終日就床しており、活動範囲はベッドの周りのみ
2級 衰弱又は障害 身の回りのことはある程度ならできるが、しばし介助が必要で日中の50%は就床している。
3級 著しい全身倦怠 軽度の症状はあるために肉体労働は制限があるものの軽い労働や座っての作業は可能

そして3つ目の条件である障害認定日が1年半というのは、がん治療の初診日から1年6ヶ月経過した日を障害認定日と言います。

がんにかかったからと言って、スグに請求することは出来ませんし、がんは長期化する病気です。

なので1年6ヶ月の間に症状を確認し、状態が良くならない場合は請求することが出来ます。

7.がん保険の通院保障を選ぶ際のチェックポイント

ではもしがん保険の通院保障を受ける場合はどのような所をチェックして選べばよいのでしょうか?

がん保険の通院保障を選ぶポイントは3つあり、

・入院条件を確認する

・日数条件を確認する

・治療条件を確認する

というのがポイントとなります。

では1つずつ見ていきましょう。

7.1 入院条件を確認する

まずは入院条件を確認しましょう。

入院条件は通院保障を選ぶときの3つの条件の中で最も優先するべきポイントであり、通院保障を受ける前に一度入院を経ている必要があります。

これがある場合は通院のみでがんの治療を行う場合には通院給付金を受け取ることが出来ません。

ですが入院をしていなくても通院保障をしてくれる保険もあります。

基本的に入院条件がある通院保障は使えないと考えるようにしましょう。

7.2 日数条件を確認する

2つ目のポイントとしては日数条件を確認することです。

例えばものによっては「がんで入院をしてその退院後に1年以内に60日を限度として支給」という条件が付けられています。

がんは他の病気と比べて治療が長く続く可能性が非常に高く治療が長引けば長引くほど経済的な負担は大きくなっていきます。

がんや抗がん剤の種類にもよっていきますが治療が長引いた場合には年間100万円はかかると考えるようにしましょう。

それにもかかわらず退院後1年以内や60日以内の通院のみ支給されるという条件では本来のがん保険の役割を果たすことが出来ません。

なので通院保障を選ぶときは日数条件がないものを優先的に検討していくようにしましょう。

7.3 治療条件を確認する

3つ目のポイントは治療条件を確認することです。

現在のがん治療は手術、抗がん剤、放射線の主に3つの種類の治療法になります。

その中で注意しなければいけないのが抗がん剤治療法による通院です。

保険商品によっては抗がん剤治療は経口投与という飲み薬での治療は通院給付金の対象にならないものがあります。

またホルモン治療や生物学的製剤に関しても、抗がん剤には分類されない等のケースがあり、給付対象外となってしまいます。

ホルモン剤治療や生物学的製剤なども、通院給付金の対象となっているのかどうかを必ず確認しておくようにしましょう。

8.まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はがんの治療費やがん保険の必要性、通院保障は必要かどうかや選ぶときのチェックポイントについて説明してきました。

現在のがん治療は進歩が進んで通院による治療がメインに行われています。

だからといって、がん保険の通院保障が現在のがん保険の実情に即しているとは限りません。

ですが現状的に通院によるがん治療が増加傾向にあるので、しっかりとがん保険を選ぶ際は通院保障や診断給付金などについて確認しておくようにしましょう。

がん保険をこれから契約する人はもちろんですが、契約してから時間が経っているという人もがん保険について、もう一度しっかりと調べて切り替えるなどを検討しておくのもよいかもしれません。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る