がん保険の「安い」「おすすめ」とは?適正価格でがん保険を選ぼう!

生命保険や医療保険をはじめ、がん保険などに加入を考える場合に、何を基にその保険を選びますか?

「欲しい保障があるから」と明確に理由があり、またその保険料が適正かどうかを判断できる人は、ごく僅かだと思います。

多くの方は、「保険料が安い」「有名な保険会社だから」「友人・知人や親・親戚に勧められるまま」など明確な理由もなく、ただ何となく保険に入っている方も多いのではないでしょうか。

保険と言うモノは、形が無く、死んだときや病気になった時でなければ、その効果を期待できない商品であり、非常に適正な価格が解りづらいがゆえに、保険に加入する際にも「安いのが良い」などの言葉が先行して出てしまうのです。

保険代理店をしていた立場でも、保険の必要性を説くのですが、最初は「安くて良いものが欲しい」と言われることが多かったのが事実です。

しかし、当初は月々2,000円でも高いと言っていたお客さんが、最終的には月々1万円以上の保険に加入する事も珍しくありませんでした。

それでは、なぜこのように意見が変わるのか、感覚が変わるのかを、がん保険の必要性などを交えて説明していきます。

 

目次

1.がんとは

1.1がんの種類

1.2治療方法

1.3治療に掛かる費用

2.がん保険とは

2.1がん保険の種類

2.2がん保険の保障内容

2.3がん保険の必要性

3.がん保険の選び方

3.1保障別の選び方

3.2保険料別の保険の選び方

3.3男女別の保険の選び方

4.商品の紹介

4.1オリックス生命(がん保険Believe)

4.2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(勇気のお守り)

4.3アフラック(生きるためのがん保険Days)

4.4チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)

4.5メットライフ生命(ガードエックス)

4.6FWD富士生命(新がんベストゴールドα)

4.7マニュライフ生命(こだわりのガン保険)

5.商品の比較

5.1保障内容の比較

5.2保険料の比較

6.がん保険の考え方

7.まとめ

1.がんとは

がん保険の話の前に、「がん」に関して少し説明をしておこうと思います。

保険に関わらず、何かを選ぶときには、その事について知っておかないと適切な判断が出来ない事があります。

がん保険に関しても、がんと言う病気の事を知っておくことで、自分にはどんな保障が必要なのかが判ります。

「がん」と一言で言っても、「上皮内心生物」もあれば「悪性新生物」もあります。

がん保険のパンフレットを見ると、この2つの文字が出てきますので、「がん」の種類から治療方法やその費用までの基本的な所を、ここでは説明していきます。

1.1がんの種類

先ほど少し言いましたが、がんには「上皮内心生物」と「悪性新生物」の2つがあります。

その違いは、がん細胞が出来る場所であり、進行状況にも左右します。

・上皮内新生物

上皮内新生物とは、解りやすく言うと「初期のがん」と言えます。

少し細かく言うと、基底膜と言われる細胞膜の外側にある上皮細胞内にできるがんであり、治療を行なえば、ほぼ完治するがんという事です。

治療を行なえば、3年間の生存率もほぼ100%であり、転移などのリスクも少ないのが上皮内心生物です。

・悪性新生物

この悪性新生物と言うのが、一般的な「がん」です。

先ほどの上皮内細胞よりもさらに内側の細胞に出来る腫瘍であり、転移などのリスクもある、悪性の腫瘍です。

この悪性新生物の治療に関しての保険が、「がん保険」と思っていただいて良いです。

また、この悪性新生物の治療法には、手術治療・放射線治療・抗がん剤治療と言う3大治療が一般的な治療方法になるのです。

1.2治療方法

次に、がんの治療法について少し説明していきます。

がん治療には大きく3つの治療法がありますが、ここ数年で医療技術も進歩しいくつか新しい治療方法も出てきています。

ここでは、3大治療をメインに治療方法について説明していきます。

・手術療法

進行度合いにもよりますが、一番身近な治療方法であると思います。

手術療法とはその名前の通り、外科手術にてがん細胞を切除する治療方法であり、その他の抗がん剤治療や放射線治療と併せて行うことがあり、がん細胞を完全に施術できる可能性も高い反面、体への負担は大きく、年齢や体力や疾患部位によっては手術が出来ない場合もあります。

抗がん剤療法

抗がん剤治療とは、抗がん剤と言う薬を定期的に投与する事で、がんの進行を抑えたり、がん細胞を弱らせるための治療方法であり、手術療養や放射線療養と併せて行う治療法です。

手術後なども、定期的に抗がん剤を投与する事で、完全にがんを無くすことや、転移の可能性を少なくすると言う効果もあります。

しかし、抗がん剤療法は期間が長く、健康保険の対象である薬であれば、費用は抑えられますが、そうでない薬の場合では、1回の投与で数十万円もする事も有り、1回キリではない為にこの治療法に掛かる費用は、経済的な負担が大きくなる可能性のある治療方法と言えます。

・放射線療法

放射線療法とは、がん細胞に体内外から放射線を照射する事で、がん細胞を消滅させることを目的とした治療方法であり、抗がん剤療法と合わせて行われることがあり、また、がんの疾患部位や進行状況によっては手術療法との併せて行われる治療方法です。

放射線治療には、従来の治療方法と、先進医療で有名である「陽子線治療」や「重粒子線治療」も同じ治療方法と言えます。

ただ、放射線治療と粒子線治療なので、細かく言うと違いがあるのですが、大きな括りではこの分野の治療方法になるので、併せて覚えておいてください。

・免疫療法

上記の3つが三大治療法と言われる治療法ですが、近年では免疫療法と言う治療方法も確立されてきています。

これは、患者の免疫力を上げることによって、がん細胞の進行を弱めたりがん細胞を消滅させたりする療法であり、抗がん剤治療と似ているようですが、薬で治療をするのではなく、患者の免疫力を高めるという点が大きな違いになります。

この様に、がん治療にはいくつかの方法があり、決して不治の病ではなく、がんは治せる病気へとなってきているのです。

1.3治療に掛かる費用

それでは、がん治療に掛かる費用とはどれぐらいになるのか気になりますよね。

がん保険を選ぶ上で、必要なのはがんに掛かるといくらぐらいお金が掛かるのかという事が一番重要になってきます。

医療技術が発達し、様々な治療方法があっても、その治療を受けられなければ治る病気も治らないのです。

それでは、各治療に掛かる費用を簡単に書いていきましょう。

 

治療方法 金額
手術療法 約30万円~150万円
抗がん剤治療 約50万円~200万円
放射線治療 約15万円~30万円
免疫療法 約100万円~200万円
先進医療(粒子線治療) 約300万円

 

がん治療は、がんの進行状況や疾患する部位によって大きく治療方法や費用が変わりますので、一概に上記の金額だけではありませんが、おおよその目安と考えても、これぐらいの費用は掛かると思っておいてください。

 

2.がん保険とは

がん保険とは、これまで説明してきた「がん」に備える保険です。

がん保険と一言で言っても、特徴が様々であり、一時金に特化している保険もあれば、入院治療や抗がん剤治療や手術など治療に特化した保険もあれば、全体的にバランスのとれた保険もあります。

医療技術の進歩に伴い、がんの治療方法が多様化したことで、がん保険も進歩し様々な種類の保険を販売する事で、ニーズの多様性に対応出来るようになっています。

逆に言うと、しっかりと保険の特徴と自分の必要な保障を理解していないと、「保険料は安くても、万が一の時に役に立たない」や「思っていた保障と違う」などのギャップが生じる事や、結果的に損をする事になりかねないという事です。

そこで、ここでは、がん保険の種類や特徴も勿論ですが、がん保険の必要性なども説明していきます。

2.1がん保険の種類

がん保険には大きく分けて3つの種類がありますので、ここではその特徴を説明していきます。

・バランス型

がん治療に関してバランスのとれた保険であり、入院・通院・一時金・先進医療がセットになった保険であり、このタイプに加入していれば一安心と言った内容になっています。

・治療重視型

バランス型と比べて、がんの治療に特化した保障内容となっているため、治療費をプラスしたい場合などでは効果がありますが、このタイプ単体でがんに備えるとなると少し不安が残る内容と言えます。

・一時金型

まとまったお金が欲しい場合に役に立つ保険であり、治療方法などがまだわからない場合や初期治療に要するお金が心配な方にはお勧めできる保険内容になっています。

しかし、一時金型の保険でも、診断給付金型と治療給付型の2つがあり、がんと診断された場合に貰える保険と、治療を開始しないと貰えない保険とがありますので、注意する必要があります。

2.2がん保険の保障内容

それぞれの保障内容を詳しく説明していきましょう

・バランス型

主契約:入院・通院・手術一時金・診断給付金

特約:先進医療給付金特約・支払免除特約・退院一時金特約など

・治療型

主契約:抗がん剤治療給付金・放射線治療給付金など

特約:入院特約・手術特約・通院特約・先進医療特約・診断給付金特約など

・一時金型

主契約:がん診断給付金・がん治療給付金など

特約:入院特約・手術特約・通院特約・先進医療特約など

バランス型以外は、自分に必要な保障だけを特約(オプション)で追加していく内容になっています。

バランス型で、「この保障は要らない」「この保障をもっと手厚くした」と言った方には、治療型や一時金型に加入するのも良いかもしれません。

2.3がん保険の必要性

がん保険は本当に必要なのか?と疑問に思う方も多いかもしれません。

それに関しては様々な記事があるので、参考にしてもらえれば良いですが、必要かそうでないかは自分でしか決めることが出来ません。

いくら保険屋さんや周りの人から、「がん保険は入っとかないと」「がん保険くらいは・・・」「がんは2人に1人罹るんだよ」と言われても、自分が必要だと思わなければ、入る必要はないのです。

しかし、敢えて必要性を説くのであれば、がんに罹ってしまって治療をする場合には高額な費用と長期に渡る治療期間を要するのです。

「がんに罹ったら治療はしない!」などと思っている方も居るかもしれませんが、体に異常が出て、病院に行けば必ずと言って良いほど治療をします。

実際に病気に罹ると、「治したい」「治療したい」「もっとやりたい事をしたい」など思うものです。

その時に、お金が無ければ治療も受けられず、苦しい思いばかりをしなければいけません。

貯金額などの自己資産が数千万・数億円あり仕事をしなくても、余るほどお金があれば良いですが、世の中にはそのような人は一握りも居ません。

多くの方は、生活に必要なお金を必死に働いて稼ぐとお思います。

余力が無いところに、病気の治療費が必要になった時に困らないようにする為に、医療保険やがん保険があるのです。

 

3.がん保険の選び方

がん保険にも種類がいくつかあり、それぞれ特徴が異なる事も説明しました。

それでは、どの保険を選べばよいのか解らなくなっている方も居るかと思いますので、がん保険の選び方を少しずつ説明していきます。

3.1保障別の選び方

保障別で保険を選ぶ場合は、先ほど説明した様に、どの種類を選ぶかという事になります。

どの種類がどんな特徴を持っていて、どんな方に向いているかをここでは書いていきたいと思います。

・バランス型

種類の説明でも書いたように、オーソドックスな「がん保険」と言える商品ですので、がんの治療全般に備えたい方や、がん保険に未加入で新たに加入したい方にはこのバランス型が一番向いていると言えます。

このバランス型の保険で注目するところは、通院の保障内容になります。

通院に対する給付金の支払い条件が、「入院後の通院」となっている場合は、通院のみでの治療には不向きでありデメリットと言えます。

それに対して、「入院の有無を問わずに通院した場合に給付」となっている場合は、抗がん剤治療や放射線治療など、通院がメインの治療法にも対応しているので、その違いは注意して確認してください。

その他で言うと、手術給付金や入院一時金など保険会社によって主契約が少しずつ違いますので、欲しい保障と保険料のバランスを考えて決めてください。

・治療型

この治療型と言うのは、抗がん剤治療や放射線治療を受けた際に給付金を貰えるタイプが多く、入院や通院の保障に関しては、特約で追加していくタイプになりますので、「現在がん保険に加入しているが、加入して数十年経っていて保障が少し心配だ」と言う方や、「現在の保険は一時金が多く貰えるが、通院や治療に関しての保障が付いていない」と言った方などに向いていると言えます。

そのため、保険料と相談しながら、現在加入しているがん保険の内容を確認して足らない部分を補うようにしてください。

・一時金型

一時金型は、がん治療に掛かる高額な費用を補填するための保険と言えるので、バランス型のように入院や通院で給付されるのではなく、まとまったお金が欲しい方にはこの保障内容が向いていると言えます。

しかし、この一時金型にも「治療を開始した時点でお支払います」と「がんと診断された時点でお支払いします」と2つの支払い方法があるので、自分はどのタイミングでまとまったお金が欲しいのかを再度認識してから保険を選ぶようにしてください。

「治療を開始してから」と言う商品に加入していて、「診断された時点で貰えると思っていた」という事も良く聞く話です。

3.2保険料別の保険の選び方

出来れば安く保険に入りたいと思うのは、誰でも同じだと思います。

しかし、安いから加入したでは、万が一の時に役に立たないなどのトラブルになる事も有ります。

また、何と比べて安いのかをしっかりと把握して、同じ保障でA社と比べてB社の方が安いと言う選び方をしてください。

先ほどから説明している、「バランス型」「治療型」「一時金型」でも保険料が大きく変わり、主契約だけで言うと、「治療型」が一番安くなりますが、保障内容も治療に特化しているので、その他の保障を付けようとすると、バランス型よりも高くなります。

また、同じ保障でもどこが安いのかと言うのは、後ほど詳しく説明していきます。

3.3男女別の保険の選び方

がん保険に限らず、生命保険・医療保険は年齢・性別で保険料が変わります。

男女で病気になるリスクや平均寿命が違うために、保険料にも差が出てきます。

保険会社によっては、同じ年齢でも男性の方が高い会社や、同じ保障でも女性の方が安い保険会社もあります。

夫婦などで、同じ保険会社にしたい気持ちは解りますが、同じような保障で保険会社を変えるだけで、月々数百円節約できれば、数年・週十年後には大きな差が出てきます。

保険を選ぶ際には、年齢・性別で保険料が違うと言うのはしっかりと覚えておいてください。

 

4.商品の紹介

ここでは、いままで説明してきた「バランス型」「治療型」「一時金型」が実際にはどの商品であるのかを紹介していきます。

保険商品に関しては、大手の保険ショップにパンフレットを置いている商品や、インターネットのランキングサイトなどで上位に生きている商品など、メイン所を選んで紹介していきます。

ここで説明しきれない商品もあるかもしれませんが、その場合は、しっかりと内容を把握して、どのタイプの保険か確認してください。

また、商品の内容の解説ですので保険料は書きませんが、保険料に関しては後ほど解説していきます。

4.1オリックス生命(がん保険Believe)

オリックス生命の「がん保険Believe」はバランス型のがん保険です。

入院・通院・手術・診断給付金がセットになっており、がんによる治療の全般をカバーできる保険であり、近年では保険料の安さもあり人気の商品の一つと言える商品です。

ここでは主契約と主な特約を紹介しています。

主契約

保障名 内容 保障額
がん初回診断一時金 初めてがんと診断確定されたとき

(初回のみ・保険期間を通じて1回のみ)

100万円
がん治療給付金 がんの治療を目的に入院を開始したとき

(2年に1度なら何度でも)

一回につき

50万円

がん入院給付金 がん治療を目的に入院したとき

(日帰りからOK・何日でもOK)

一日につき

10,000円

 

がん手術給付金 がんの治療を目的に手術を受けたとき

(何度でもOK)

一回につき

20万円

がん退院一時金 がんの治療を目的とした入院を10日以上し退院したとき

(何度でもOK)

一回につき

10万円

特約

がん先進医療給付金 がんの治療を目的とした先進医療を受けたときの技術料

(通算2,000万円まで)

先進医療にかかる技術料と同額
がん通院給付金 がんの治療を目的に、約款所定の通院をしたとき 一日につき

10,000円

 

これは、給付金を10,000円のプランでの保障額となっています。

この他にも特約はありますが、ここでは主な特約のみにしています。

また、重度障害になった場合などの保険料払込免除も付いています。

4.2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(勇気のお守り)

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(以下ひまわり生命)のがん保険もオリックス同様のバランス型であり、保障内容も保険料も良く似ている競合商品ですが、その内容が少し違います。

主契約

保障名 内容 保障額
がん診断給付金 ・初めてがんと診断された時

・前回の支払事由該当日から起算して2年経過した後に新たにがんと診断されたとき

(何度でも)

一回につき

100万円

がん入院給付金 がんの治療を目的に1日以上(日帰り含む)入院したとき

(日数制限なし)

一日につき

10,000円

がん手術給付金 がんの治療を目的とした所定の手術を受けたとき

(回数制限なし)

手術の種類により

40万・20万・10万

(入院日額の40倍・20倍・10倍)

がん外来治療給付金 がん治療を目的とした外来治療を受けたとき

(通算無制限:1年間120日限度)

一日につき

10,000円

特約 がん先進医療給付金 がん治療を目的とした先進医療を受けたとき

(通算1,000万円まで)

先進医療にかかる技術料と同額

 

これも、給付金を10,000円のプランでの保障額となっています。

オリックス生命と違う点は、通院の保障が主契約であるという事と、先進医療の通算の保障額が1000万円であると言う所と、手術給付金が手術の種類によって金額が変わるという点です。

また、診断給付金も回数無制限で貰えるところが、オリックスとの違いになります。

4.3アフラック(生きるためのがん保険Days)

アフラックの「生きるためのがん保険Days」も、上記の2つの商品と同じバランス型になります。

この保険も、上記の2社とは内容が少し異なります。

主契約

保障名 内容 保障額
診断給付金 初めて「がん」「上皮内新生物」と診断確定されたとき

(一回限り)

「がん」100万円

「上皮内心生物」10万円

入院給付金 「がん」「上皮内新生物」の治療を目的とする入院をした時

(一日目から日数無制限)

一日につき

10,000円

通院給付金 「がん」「上皮内新生物」の治療を目的とする通院をした場合または、入院後(365日以内)の通院をした時

(日数無制限)

一日につき

10,000円

手術給付金 「がん」「上皮内新生物」の治療を目的とした、所定に手術を受けたとき

(回数無制限)

一回につき

一律20万円

放射線治療給付金 「がん」「上皮内新生物」の治療を目的とした所定の放射線治療を受けたとき

(60日に一回・回数無制限)

一回につき

20万円

抗がん剤治療給付金 「がん」の治療を目的に抗がん剤治療を受けたとき

(入院しなくても・通算600万円まで)

治療を受けた月ごと

10万円

乳がん・前立腺がんのホルモン療法の場合

5万円

特約

がん先進医療特約 「がん」の診断や治療で先進医療を受けたとき

(通算2,000万円まで)

先進医療にかかった技術料と同額

一時金1年間に一回15万円

診断給付複数回支払特約 診断給付金お支払から2年経過後に「がん」と診断確定されその治療目的で入院しているとき

(2年に一回・回数無制限)

一回につき

「がん」100万円

「上皮内心生物」10万円

 

主契約では、診断給付金が1回限りと言うのは、オリックスと同じですが、上記2社と違うのが、放射線治療・抗がん剤治療に関しては別途給付金を貰えるという点であり、アフラックの強みかと思います。

通院に関しても、入院後でも入院していなくても、治療を目的とした通院であれば、保障の対象になるという事も、強みになるポイントです。

4.4チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)

チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアム」は、治療型のがん保険です。

今までの、オリックスやひまわりの様なバランス型と違い、治療費に特化した保険と言える商品となっています。

主契約

保障名 内容 保障額
放射線治療給付金 ガンの治療を目的に所定の放射線治療を受けたとき

(回数無制限)

1ヶ月につき

10万円

抗がん剤・ホルモン剤治療給付金 ガンの治療を目的に入院または通院をし、所定の抗がん剤・ホルモン剤の投与・処方を受けたとき

(回数無制限)

1ヶ月につき

10万円

特約

悪性新生物保険料払込免除 初めてガン(悪性新生物)と診断確定された以降の保険料払込を免除

 

・ガン先進医療給付金

・ガン先進医療支援給付金

・がんの治療を目的とし、所定の先進医療を受けたとき

・先進医療給付を受けたとき

(回数無制限・通算2000万円まで)

・先進医療にかかる技術料と同額

・一括で15万円

(支援金)

ガン診断給付金 ・初めてガンと診断確定されたとき

・前回の給付金を受けてから2年経過した翌日以降にがん治療を目的に入院したとき

(回数無制限)

一括で100万円
ガン通院給付金 ガンの治療を目的として入院をし、その入院前後の一定期間に治療目的で通院したとき 一日につき

10,000円

ガン入院給付金 ガン治療を目的に入院したとき

(回数無制限)

一日につき

10,000円

ガン手術給付金 ガン治療を目的として所定の手術を受けたとき

(回数無制限)

一回につき

20万

ガン緩和療養給付金 ガン治療を目的とし入院または通院で所定のガン性疼痛緩和の所定の治療を受けたとき 一か月につき

10万円

ガン診断後ストレス性疾病給付金 ガンと診断確定されてから5年以内に所定のストレス性疾病を発病し診断されたとき

(1回のみ)

一回きり

10万円

 

主契約は、放射線治療と抗がん剤治療・ホルモン剤治療に対する保障のみとなっており、その他の保障は全て特約で追加するタイプの保険です。

このタイプの保険は、現在の保険が一時金型やバランス型に加入しているが、保障が少し心配だと思う方などにとっては、お勧めできるかもしれません。

あくまでも、ピンポイントでの追加を目的に選ぶ商品だと言えます。

この様な治療に重きを置く保険で、バランス型のように「あれも・これも」と特約を付けて行った場合には、バランス型の保険よりも高くなる可能性が有ります。

この様な保険を選ぶ方は、欲しい保障のみを選びたい!と言う方には向いている商品と言えます。

4.5メットライフ生命(ガードエックス)

メットライフ生命の「ガードエックス」は、チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアム」と同じく、治療型と言える商品です。

ただし、抗がん剤・放射線治療に特化した、「終身ガン治療保険プレミアム」と違うのは、三大治療と言われる、手術・放射線・抗がん剤の治療を開始した時に保険金を受け取ることが出来るという点です。

また、ホルモン剤治療の保障も有り、通院保障に関しても、入院後と言う縛りが無い点では使い勝手が良い商品と言えるでしょう。

また、この商品は治療特化型と言うよりは、一時金型との間にある商品と言えるかもしれません。

 

主契約

保障名 内容 保障額
ガン治療保障

・悪性新生物治療給付金

・上皮内新生物治療給付金

悪性新生物・上皮内新生物の治療を目的とした所定の手術・放射線治療・抗がん剤治療を開始した時

(1年に1回を限度に通算5回まで)

悪性新生物の場合

1回につき100万円

上皮内新生物の場合

1回につき50万円

ホルモン剤治療保障 診断確定されたガンの治療を目的とした所定のホルモン剤治療を受けたとき

(1年に1回を限度に通算10回まで)

1回につき

10万円

ガン通院保障 診断確定されたガンの治療を目的とした通院をした時

(1年間60日まで)

1日につき

5,000円

特約

ガン診断保障 悪性新生物・上皮内新生物と診断確定されたとき

(2年に1回限度・回数無制限)

悪性新生物の場合

1回につき50万

上皮内新生物の場合

1回につき25万

ガン先進医療保障 ガン治療を目的とした所定の先進医療を受けたとき

(通算2,000万円まで)

・先進医療にかかる技術料と同額

・先進医療にかかる技術料相当額の20%(がん先進医療支援給付金)1回につき100万円限度

ガン入院保障 ガン治療を目的とした入院をしたとき 1日につき

5,000円

61日目以降は

10,000円

(ガン長期入院給付金)

特定の女性ガン手術保障 ・ガン治療を目的とし、乳房観血切除術・卵巣観血切除術・子宮観血切除術を行ったとき

・乳房観血切除術を受け、乳房に対して乳房再建術を受けたとき

所定の手術の場合

1回につき

30万円

 

乳房再建術の場合

1回につき

30万円

保険料払込免除 悪性新生物と診断されたとき 診断確定以降の保険料の払い込みを免除
健康支援給付金 5年間生存していれば

(最長90歳まで)

5万円

最初に言った通り、治療に関して一時金で備えるタイプの保険で、三大治療に関して一時金で受け取れるために、一時金型とも言えますが、治療を念頭に置いて作られている商品という事で、治療型とも言える商品であるため、ちょうど中間くらいの感覚の保険です。

初期治療の費用が心配な方には目を引く商品になっていると思いますが、長期的な治療や、治療方法が決まらない間は保険金が見込めないと言うデメリットが付きまといます。

診断確定された時点で初期の治療代や検査代などが必要な場合は、少し不安が残るかもしれません。

また、先進医療や診断給付金が特約なため、必要な保障のみを追加できるというのはメリットかもしれないです。

4.6FWD富士生命(新がんベストゴールドα)

FDW富士生命の「新がんベストゴールドα」は一時金型のがん保険です。

主契約

保障名 内容 保障額
悪性新生物診断給付金 悪性新生物と診断確定されたとき

2回目以降は前回の支払いから2年経過後に診断確定された悪性新生物の治療を目的に入院・通院をしたとき

(回数無制限・2年に1回)

1回につき

100万円

特則

悪性新生物診断割増給付金 2回目以降の悪性新生物診断給付金の支払事由に該当したとき

(回数無制限・2年に1回)

悪性新生物診断給付金の1倍または2倍で選択可

あわせて600万円限度

特約

上皮内新生物診断給付金 上皮内新生物と診断確定されたとき

(回数無制限・2年に1回)

10万円~100万円の間で、10万円単位で設定可
悪性新生物初回診断一時金特約 初めて悪性新生物と診断確定されたとき

(1回のみ)

50万円~250万円の間で、10万単位で設定可
がん先進医療特約 がんの治療を目的とした先進医療を受けたとき

(通算2,000万円まで)

・先進医療にかかる技術料と同額

・先進医療給付金の10%相当額

(がん先進医療一時金)

がん治療給付金特約 がん治療を目的とした放射線治療・抗がん剤治療を受けたとき

(回数無制限)

5万円~30万円の間で、5万円単位で設定可
女性がんケア特約 ・がん治療を目的とし、乳房観血切除術・卵巣観血切除術・子宮観血切除術を行ったとき

(乳房観血切除術の場合:片側1乳房につき1回限度

卵巣観血切除術の場合:2回限度

子宮観血切除術の場合:1回限度)

・乳房観血切除術を受け、乳房に対して乳房再建術を受けたとき

(片側1乳房につき1回限度)

10万円~30万円の間で、10万円単位で設定可
がん手術特約 がんの治療を目的に所定の手術を受けたとき

(回数無制限)

10万円~30万円の間で、10万円単位で設定可
がん疼痛ケア給付金特約 がんのがん性疼痛緩和を目的とした所定の入院・通院をしたとき

(通算12回限度)

5万円~30万円の間で、5万円単位で設定可

 

新がんベストゴールドαは、一時金に特化した保険であり、初期治療に備えるために、初回診断給付金を多く設定したり、2年に1回貰える診断給付金を多くすることで、長期的な治療に備えることも出来る保険であり、同じ診断給付金でも選択肢がある事で多様なニーズに応えられる商品となっています。

バランス型のように、入院・通院でしっかり貰えるよりも、まとまったお金で自由に治療方法を選びたいと言う方や、自宅で療養をしたいと言う方などには、一時金型の保険はお勧めできる内容になっています。

入院・通院・先進医療なども特約となり、またそれ以外のも特約で必要な特約のみを追加していけるのもメリットの一つと言えます。

4.7マニュライフ生命(こだわりのガン保険)

マニュライフ生命の「こだわりのガン保険」も一時金型のがん保険です。

また、ノンスモーカー割引がある保険になっています。

主契約

保障名 内容 保障額
悪性新生物診断給付金 ・初めて悪性新生物と診断されたとき

・悪性新生物の治療のために入院・入院中のとき

(2年に1回を限度に回数無制限)

1回につき

100万円

重度ステージ診断確定時 ・ステージⅢまたはⅣまたは特定のガンと診断されたとき

(1回のみ)

1回のみ

100万円

上皮内新生物診断給付金 ・初めて上皮内新生物と診断されたとき

・上皮内新生物の治療を目的に入院・入院中のとき

(2年に1回を限度に回数無制限)

1回につき

50万円

ガン克服サポート給付金 ステージⅢまたはステージⅣまたは特定ガンの悪性新生物を診断されてから5年経過し生存しているとき

(1回のみ)

1回のみ

50万円

特約

ガン入院特約 ガンの治療を目的に入院した時

(支払日数無制限)

1日につき

5,000円~20,000円の間で、1,000円単位で設定可

ガン通院特約 ガン入院給付金が支払われた入院後に通院した時

(通院期間あたり60日限度・通算無制限)

1日につき

2,500円~10,000円の間で、500円単位で設定可

ガン手術・放射線治療特約 ガンの治療を目的に所定の手術・放射線治療を受けたとき 1回につき

5万円~30万円の間で、5万円単位で設定可

抗ガン剤治療特約 ガンの治療を目的に所定の抗がん剤治療を受けたとき 月ごとに

5万円~30万円の間で、5万円単位で設定可

ガン緩和治療特約 ガン治療を目的に所定の緩和治療を受けたとき 月ごとに

5万円~30万円の間で、5万円単位で設定可

悪性新生物保険料払込免除特約 悪性新生物と診断されたとき 診断後の保険料払込免除
ガン先進医療特約 ガンの治療を目的とする所定の先進医療を受けたとき

(通算2,000万円まで)

・先進医療にかかる技術料相当額

・治療1回につき

5万円

(ガン先進医療見舞給付金)

 

ノンスモーカー割引がある唯一の保険商品と言えるので、非喫煙者の方には検討する価値がある保険商品と言えます。

一時金型の保険であるので、バランス型と同じような保障にするのであれば、保険料と相談しながら必要な保障を付けていく事で、割安に自分に合った保険にすることが出来る可能性が有ります。

また、他の商品と比べても、比較的に解りやすい内容になっているのも、検討する中ではプラス材料になると思いますが、給付条件等をしっかりと把握しておく必要性が有ります。

 

5.商品の比較

7つの主な商品を紹介しましたが、ここでは、タイプ別の保障の比較や保険料の比較をしていきます。

どの保障内容が自分の求めているモノなのか、保険料で比較するとどのような結果になるのか、年齢だけでなく、性別で保険料が違うのかなど、意外な事が見えてくるかもしれません。

5.1保障内容の比較

それでは、保障内容を解りやすく比較していきましょう

タイプ 商品名 特徴

バランス型

・オリックス生命(がん保険Believe)

・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(勇気のお守り)

・アフラック(新生きるためのがん保険Days)

入院・通院・診断給付金が全てセットになったオーソドックスな保険

・あれこれ選ばずにがんに備えたい方向け

・不要と思っている保障まで付いてくる

治療型

・チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)

・メットライフ生命(ガードエックス)

治療に対しての保障に特化している

・特定の治療に備えたい方や、+αで保障を手厚くしたい方向け

・あれもこれも保障を選ぶのであれば、割高になる

一時金型

・FWD富士生命(新がんベストゴールドα)

・マニュライフ生命(こだわりガン保険)

・ライフネット生命(がん保険Wエール)

 

診断給付金など一時金に特化している

・まとまったお金が欲しい方向け

・給付金の支払い条件を確認する必要がある

その他

・セコム損保(新ガン治療費用保険)実損填補型

・ネオファースト生命(ネオde健康エール)生活習慣病入院一時金給付保険

・朝日生命(スマイルセブン)7大疾病一時金保険

・定期保険で実際に掛かった費用のみを補填したい方や、がん以外にも生活習慣病などに備えたい方向け

・保険期間や支払い期間の確認と保険金(給付金)の支払い条件の確認が必要

 

大きく分けると上記の表のようになります。

ここに挙げていな保険も数多くありますが、比較的人気があり、知名度のある保険をピックアップしています。

ここに載ってないから悪い保険で、ここに載っているから良い保険と言う訳ではありません。

一言でがん保険と言っても、そのニーズには多様性がある為に保険会社も商品内容を多様化しニーズに合わせる形となっているのがよくわかったと思います。

5.2保険料の比較

それでは、保険料を比較していきましょう。

いちばん興味のある内容になると思いますが、ここではその商品の主契約のみの保険料にしていますので、バランス型以外の保険は、特約などをセットした場合に保険料とは異なるため、異なるタイプとは単純に比較はできません。

また、比較保険料は保険期間・保険料払込期間共に終身にしています。

保険会社・商品名 タイプ 30歳男性

保険料

30歳女性

保険料

オリックス生命

(がん保険Believe)

バランス型

先進医療あり

2,990円 2,640円

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

(勇気のお守り)

バランス型

先進医療あり

2,882円 3,060円

アフラック

(新生きるためのがん保険Days)

バランス型

先進医療あり

2,949円 3,199円

チューリッヒ生命

(終身ガン治療保険プレミアム)

治療型

(先進医療などの特約なし)

720円

 

680円

メットライフ生命

(ガードエックス)

治療型

(先進医療などの特約なし)

2,075円 3,134円

FWD富士生命

(新がんベストゴールドα)

一時金型

(先進医療などの特約なし)

2,317円 2,178円

マニュライフ生命

(こだわりガン保険)

一時金型

(先進医療などの特約なし)

2,851円

(ノンスモーカー割引時:2,308円)

3,195円

(ノンスモーカー割引時:1,977円)

ライフネット生命

(がん保険Wエール)

一時金型

(シンプルプラン:先進医療・その他給付金なし)

1,209円 1,437円

セコム損保

(新ガン治療費用保険)

実損填補型

5年定期型

1,430円 1,920円

ネオファースト生命

(ネオde健康エール)

生活習慣病入院一時金給付保険

(3年定期)

1,316円 1,620円

朝日生命

(スマイルセブン)

7大疾病一時金保険

(主契約のみ・払込免除あり)

2,510円

(終身払い)

2,350円

(終身払い)

 

保障内容は別として、保険料はあまり変わらないと言うのがわかったと思います。

また、チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアム」の保険料が他社に比べても非常に保険料が安いのは、主契約が放射線治療・抗がん剤治療に対しての保障のみという事で、この保険料になりますが、入院・通院・先進医療・診断給付金・手術などの特約をセットした場合には、男性で4,157円・女性で3,799円となりますが、自分に必要な保障のみを追加したいと言う方は、オーソドックスな保険よりも安く出来るかもしれません。

また、同じ内容でも、男性と女性で保険料が違い、多くの保険会社は女性の方が保険料を高く設定しています。

これは、女性特有のがん等のリスクと平均寿命による料率となっているからです。

しかし、オリックス生命・チューリッヒ生命・FWD富士生命・朝日生命に関しては、女性の方が、保険料が安くなり、非喫煙女性では、マニュライフ生命の保険も男性と比べると安くなります。

この様に、男女で保険料が変わるという事も覚えておくことで、節約を出来ると言うのも覚えておいてください。

 

6.がん保険の考え方

これまで、がん保険について説明してきましたので、大まかな事は解ってきたと思いますが、「種類が多くてどれを選べば良いか、まだわからない!」と言う方も居るのではないでしょうか。

がん保険の考え方は、一言で済みます。

「万が一がんになっても、治療費などに困らないように備えておく」

これだけです。

なので、バランス型にしても、治療型にしても、一時金型にしても良いのです。

しかし、自分が必要としない保障があるのであれば、それは無駄でしかなく、いくら月々の保険料が安いからと言っても、長い目で見ると大きな金額になります。

また、保険料の比較で出した保険料は全て、保険期間・保険料払込期間共に終身にしていますが、これは保険料を安くする一番の方法だからです。

がん保険は、がん治療に関する保険ですので、医学の進歩により治療方法が変わったりして、がん保険が医療技術に追いつかなくなることも充分に考えられることで、がん保険の内容が新しくなった時に、保険を乗り換えやすくする為です。

また、この払込方法であれば、10歳ぐらいの差であれば大きな保険料の差は生じないのです。

常に医療技術に保険の内容を合わせておくようにしましょう。

 

7.まとめ

がん保険に限らず、生命保険や医療保険など保険に加入する場合には、内容が良い物を出来るだけ安く加入したいと誰しもが思います。

しかし、何を持って保険料が安いと言えるのでしょうか。

保険料の比較だけを見れば、月々720円~2,990円と言われると、2,990円は高くなりますが、保障内容を比べると、2,990円は決して高い保険料ではないのです。

まず、「安く」と言う概念ではなく、どんな保障が欲しいのかをしっかりと把握する事で、ベースを作り、そこから比較する事で、「より良い商品」を見つけることで、満足いく保険に加入する事が出来るのです。

そうして見つけた保険の価格こそが、自分に合った保険の適正な価格という事なのです。

この「適正な価格を知らない」・「がん保険の内容も知らない」では、保険屋さんの言いなりになり不満や不安が出てきてしまうのです。

ましてや、目に見えない商品であり、万が一の時にしかその効果が解らないモノなので、余計に不安になるのです。

しっかりと、適正な価格・保障内容をわかっているだけで、不安も解消できるし満足いく保険に出来るという事を知ってください。

また、目先だけの保険料だけに惑わされるのではなく、保険料の支払いの総額がいくらになるのかと言うのも、併せて確認する事で、保険に入るのが良いか、貯蓄するのが良いかと言うのも判断できます。

決して、保険に入る事だけが正解と言う訳ではないという事だけ覚えておいてください。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る