保険マンモスの評判・口コミは実際どう?本音の評価とメリット・デメリット

記事監修者紹介
松葉 直隆
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

今は昔と違って様々な保険の種類がありますが保険代理店や保険サービスの会社もたくさんあります。

今では保険相談サービスというのがありますがそれでも様々な保険相談サービスもあり、特徴も変わってきます。

今回は、保険マンモスの評判や口コミを調べていきます。


この記事でわかること
  1. 保険マンモスの詳細や営業内容
  2. 保険マンモスは相談料が無料
  3. 保険マンモスと他の保険無料相談サービスの、どちらがおすすめ?

これらを中心に「保険マンモス」について徹底調査していきたいと思います。

保険マンモスで保険相談をしようか悩んでいるけど、大丈夫かな?

と思っている方は特に必見の内容となっているので、ぜひ加入前に参考にしてみて下さい!

ざっくり言うと…
  • 保険マンモスとは、FPを紹介してくれる会社。
  • 保険マンモスでは無料で保険相談に載ってもらえる。
  • 保険マンモスが取り扱っている保険商品は平均22社。
  • あなたや家族の大切な健康お金時間保険相談は、店舗型では保険見直し本舗、訪問型では保険見直しラボといった無料相談サービスがおすすめ。
  • どこに相談するか迷う人は、契約実績100万件以上全国に253店舗!お近くに店舗がない場合訪問も可能保険見直し本舗無料相談をおすすめします

公式HPはこちら

予約フォームはこちら

公式HPはこちら

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
いいとこ取りオーダーメイド保険 今なら無料相談で仙台熟成牛タンがもらえる!! 公式HP

保険業界の現状

まずは保険マンモスに相談する前に保険業界の現状を知っておかなければなりません。

大手保険会社の保険だからって安心ではない

今の保険業界を見ていくと大手の保険が決して良いと言えるわけではありません。

劣悪商品もたくさんあるのです。

なぜそうなってしまっているのかそれぞれ紹介していきます。

保険会社に保険の見直し相談をしない方が良い理由

まずたくさん保険の勉強をした結果、保険の見直し相談を保険屋にするのはお勧めできません。

理由は2つあります。

1つ目は営業さんは自社の商品を売るからです。(他社の保険を比較できない)

これは仕方ない話ですが、営業さんは必死で「自社の」保険・商品を売ります。

今やたくさんの保険会社、保険の商品があります。

そんな中で、仮にもっと私にピッタリな保険が他社にあったとしても、わざわざ他社の保険を紹介する馬鹿な営業さんはいません。

営業さんが話しているワードも普段聞き慣れない言葉ばかりです。

そもそも知識がないので、質問をすることすらできないんです。

そして気づけば比較することも、自分のライフプランにあっているのかを考える余地もなく申込書にサインしているというのが現状です。

2つ目の理由は保険会社は多数、保険の種類も多数あるからです。

正直私は、保険会社だってライバル会社がいるわけで、どこかが良いサービスを始めれば他社も真似しても始めるでしょうから、どうせどこの保険会社で申し込んでもサービスはほとんど同じだろうと思っていました。

ですが、それは大間違いで、保険会社によってサービスや特徴は全然違うのです。

しかしながら、日本の生命保険会社の数は以下のように、

日本の生命保険会社

・アクサ生命保険株式会社

・アクサダイレクト生命保険株式会社

・朝日生命保険相互会社

・アフラック生命保険株式会社

・アリアンツ生命保険株式会社

・SBI生命保険株式会社

・エヌエヌ生命保険株式会社

・FWD富士生命保険株式会社

・オリックス生命保険株式会社

・カーディフ生命保険株式会社

・株式会社かんぽ生命保険

・クレディ・アグリコル生命保険株式会社

・ジブラルタ生命保険株式会社

・住友生命保険相互会社

・ソニー生命保険株式会社

・ソニーライフ・エイゴン生命保険株式会社

・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

・第一生命保険株式会社

・第一フロンティア生命保険株式会社

・大同生命保険株式会社

・太陽生命保険株式会社

・チューリッヒ生命T&Dフィナンシャル生命保険株式会社

・東京海上日動あんしん生命保険株式会社

・日本生命保険相互会社

・ネオファースト生命保険株式会社

・富国生命保険相互会社

・フコクしんらい生命保険株式会社

・プルデンシャル生命保険株式会社

・PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社)

・マスミューチュアル生命保険株式会社

・マニュライフ生命保険株式会社

・三井生命保険株式会社

・三井住友海上あいおい生命保険株式会社

・三井住友海上プライマリー生命保険株式会社

・みどり生命保険株式会社

・明治安田生命保険相互会社

・メットライフ生命保険株式会社

・メディケア生命保険株式会社

・ライフネット生命保険株式会社

・楽天生命保険株式会社

とこんなにあるのです。

そしてそれぞれが様々な種類の保険(商品)を提案しています。

また保険の種類も死亡保険(定期保険、収入保障保険、逓減定期保険、長期定期保険、終身保険、養老保険、定期付終身保険、アカウント型保険、三大疾病保障保険)、医療保険がん保険学資保険と沢山あります。

これだけたくさんの保険の候補があることを知ることで、「なるほど、ということは私にピッタリな保険は絶対にある!」と確信しました。

それなのに、どこか1つの保険屋に決めて相談し、限定された環境下で保険探しをするのは実にもったいないことなのだと思いました。

なのでファイナンシャルプランナー(FP)に相談するのが一番良い選択だったのです。

保険の見直しはFPに相談する

ではファイナンシャルプランナー(FP)とは、一体どんな人なのでしょうか?

 ファイナンシャルプランナー(FP)とは、一言でいえば金融全般に知識のある「お金のプロ」です。

相談者の話(収入・支出・家計・家族構成・年齢・性別・ライフプラン・借金やローン・住宅購入・老後・教育)を聞き出し、それにあったお金の動きやライフプランを総合的に設計してくれる人です。

「1級、2級、3級ファイナンシャル・プランニング技能士」という国家資格を持っています。

そして、そんなファイナンシャルプランナー(FP)に保険の見直し相談をするメリットはファイナンシャルプランナー(FP)は保険会社の人間じゃないということ。

自社の保険しか、おすすめできない保険会社の営業さんと違って、ファイナンシャルプランナー(FP)はあらゆる会社のあらゆる保険を提案する事ができます。

おまけにプロですから知識は膨大です。

だから「数ある保険会社の商品を熟知し、その中から私にふさわしい保険を提案してくれる」のです。

またファイナンシャルプランナー(FP)は、保険だけでなくお金にまつわる総合的な知識を持っています。

ファイナンシャルプランナー(FP)は保険だけの専門家ではなく「お金のプロ」です。

だから、保険の相談をするときも、「子供の教育費」や「資産運用」など家計や収支バランスを絡めた無駄のない保険を紹介してもらえるのです。

しかも、日本や外国の経済状況も視野に入れた将来性のあるプランニングを提案してくれます。

後ほど紹介する保険マンモスという会社(サイト)を利用すると、通常1時間5,000円はかかるファイナンシャルプランナー(FP)との相談を、なんと無料にする事が出来ます。

ですから今回私は、ファイナンシャルプランナー(FP)さんに一切お金を払っていません。

実は、ファイナンシャルプランナー(FP)の方々は、紹介した保険会社から紹介料をもらっているのです。

つまり今回で言えば、私が加入した保険会社先からファイナンシャルプランナー(FP)に紹介料・報酬が支払われているという事になります。

なので、私たちが支払う相談料は一切かからないのです

しかし、今度はどうやって優良なファイナンシャルプランナー(FP)を探せば良いのかで悩みました。

ファイナンシャルプランナー(FP)は、まだまだ日本に少ないとはいえ、ネットで検索、比較して探すとなるとやはり困難なものでした。

そんな時に発見したのが、「保険マンモス」です。

保険マンモスってどんな会社?

では実際に保険マンモスってどんな会社なのか見ていきましょう。

保険マンモスとは

保険マンモスは家計や保険について相談したいと考える顧客に、提携しているFP(ファイナンシャル・プランナー)を紹介するサービスを行う会社です。

相談申し込みがあれば、相談内容などに合わせてFPを選定し、面談のセッティングを行います。

生命保険の解約で注意しなければならないことは?生命保険の解約について詳しく解説!

保険マンモスではFPから手数料や広告料を得て運営しているため、基本的に無料で何度でも相談可能です。

また、スキルの高いFPに限定した有料相談も受け付けています。

保険マンモスの基本情報

保険マンモスの基本情報はこちらです。

項目 内容
運営会社 保険マンモス株式会社
設立 2005年(平成17年)8月
所在地 東京都港区湊南2丁目16番地2号 太陽生命品川ビル18階
資本金 3,580万円
相談形態 訪問型
相談申込件数 10年間で20万件超
登録FP数 -(記載なし)
取り扱い保険会社数 平均22社(FPにより異なる)
その他 無料だけでなく、有料のサービスがある(5,400円)


となります。

保険マンモスの特徴

では保険マンモスの特徴を見ていきましょう。

まずはFPによる家計&保険相談です。

お金や保険に関する知識に加え、相談実績も豊富なFPに相談ができます。

保険の選び方のアドバイスや、希望すればライフプランをもとにした保険の提案まで受けることができます。

さらに、保険だけでなく、現状の家計を診断しアドバイスを受けることも可能。

そしてスタッフがFPをマッチングしています。

担当となるFPは、保険マンモスのスタッフが選定を行います。

相談内容や要望、家族構成などを踏まえてマッチングが行われ、相談者に適していると判断したFPが担当となります。

FPとのマッチングは、他の代理店とは異なる保険マンモスの特徴と言えるでしょう。

また担当のFPと日程が決まれば、面談の実施となります。

面談場所は指定することができ、自宅や勤務先、カフェ等でも行うことができます。ただし面談では家族のことや家計のことなどについて深く話をしたり、加入している保険証券や重要な書類を見ながら話をしたりすることもあります。

プライバシーを確保でき、落ち着いて相談できる場所を指定する方が良いでしょう。

保険マンモスの取り扱い商品

では保険マンモスの取り扱い商品を見ていきましょう。

1つ目は取り扱い保険会社は非公開です。

提携しているFPは平均22社の保険商品を取り扱っています。

注意事項

ただし、あくまで平均の数で、取り扱いできる保険商品は担当となるFPによって異なるため注意が必要です。

相談前に検討している商品があっても担当者によっては紹介してもらえない場合も考えられるため、あらかじめ申し込みの際に伝えておくとスムーズでしょう。

保険マンモスのメリット

保険マンモスのメリットはいったい何なのでしょうか?

保険相談サービスの中で最も信頼できるサービス

今ではあまり珍しくない「FP訪問型」「相談からアフターフォローまで全て無料」という保険相談サービスを展開している保険マンモス。

2015年の日経BPコンサルタント調べで「FPが信頼できる!」「FPの対応が丁寧!」「FPの知識が豊富!」という主要3部門で1位を獲得しました。

つまり数多くある無料保険相談サービスの中でも頭一つ抜きん出た存在になっています。

このようなサービスは利用の際に信頼性をかなり重視したいところですので、その点で見れば保険マンモスは現状で最も利用しやすいサービスと言えます。

医療保険や生命保険なら何でも相談OK

生命保険、医療保険なら何でも相談OKとなっています。

ただし、自動車保険や火災保険の相談を主目的とした場合には対応できません

(FPによっては生命保険の相談ついでに自動車保険についての相談にも対応するということも可能だが、必ずしも対応できる訳ではありません。)

 A5ランクの厳選黒毛和牛がもらえる

保険マンモスは無料の保険相談サービスができるだけでなく、相談後のアンケートに回答することで高級和牛専門店「季月」の厳選黒毛和牛A5クラスを家族分プレゼントしてくれます。

何らかの保険に加入しないといけない訳では全然なく、相談後のアンケートに回答すれば貰えることになっているので、他のプレゼント無しの無料相談を利用するよりもお得度が断然違っています。

どこで保険相談をしようか迷っている場合は、とりあえず保険マンモスを選んでおいて損はないかと思います。

担当FPを交換する事も可能

もしも担当になったFPが信頼できない場合、FPを変更することも可能です。

FPによっては強引に話を進めてきたり、営業しようとする人も一定数いるのは事実(当サイト調べ)ですので、もしそのような方に運悪く当たってしまった場合は、遠慮なく保険マンモスのカスタマーに連絡しましょう。

保険マンモスのデメリットはFPによって異なる

保険無料相談のデメリットとしては、保険相談は誰かに相談をして保険を提案してもらうわけですか相談を受け持つファイナンシャルプランナーによって、提案される保険が異なることがあります。

また、ファイナンシャルプランナーは保険の契約が決まることで、初めて報酬が入りますので無料で行われている保険相談では、こちらが軽い気持ちで相談をしても、FPの利益が高い保険へ、意図的に誘導される場合もあります。

保険相談のための3つのステップ

保険を見直すときは、保険の見直しの3ステップという方法をおすすめしています。

私はこの3つのステップを実行することで、保険料を下げることができました。

この3つのステップとは次のとおりです。

資料請求する

保険無料相談を行う前に、まずは資料請求をして、最新の保険の情報を調べましょう。

そうして自分が何が分からないか、どこを疑問に思うのか確認しましょう。

とりあえず1社の保険無料相談に申し込む

資料請求をして最新の保険の資料を見てみると、ご自分が加入したころの保険とは随分と変っているのが、お解かりになると思います。

自分がわからないことや、確認したいことができたら、とりあえず1社の保険無料相談を利用して、疑問点や確認したいことについて聞いてみましょう。

他の保険無料相談の話も聞いて整理する

1社だけのヒアリングでは、その保険無料相談FPが正しいことを言っているかどうかわからない場合があります。

FPの中には、自分の利益になるところしか薦めてこない人もいます。

そうするとあなたにあった保険には入れないことになってしまいます。

そのようなことの無いように、最低でもあと2社の保険無料相談を利用しましょう。

保険マンモスの口コミや評判を調べてみた

では保険マンモスの口コミや評判を実際に調べてみました。

保険マンモスの満足度はどのくらい?

保険マンモスの評判について満足度調査を見ると、保険代理店全体平均の評価が6段階中4に近い数値に対して、0.5ポイント程度下回る結果となりました。

男女別では、女性は全体平均を少し下回る評価ではあるものの、3.5と男女全体よりも高い値となっています。

一方で男性は全体平均が4に対して、保険マンモスの値は3に近い結果で、全体平均を約1ポイント近く下回る評価となり、男女で評価が割れる結果となりました。

保険マンモスは申し込みから相談までに、日程調整などのため時間や手間がかかってしまうため、来店型店舗に比べると予約や相談の手軽さが劣ると言えるでしょう。

また仕事をしている忙しい男性にとってはこの点が評価の低さにつながっているのかもしれません。

保険マンモスの良い口コミ

では保険マンモスの良い口コミから見ていきましょう。

「担当者が家に来てくれて親切丁寧に説明してくれる。 押し売りは一切なく、納得したら契約までしてくれる。」(50代・女性)

「個人にあった保険を提案してくれる」(40代・女性)

「良いFPと出会えた」(30代・男性)

とアンケート調査による保険マンモスに対する口コミでは、担当者であるFPへの満足感に関する意見が良い評判として多く挙げられました。

保険マンモスではFPとの提携に厳しい採用基準を設けられています。

そのため金融全般の幅広い知識に加え、豊富な実績を積んだ接客スキルの高いFPと提携ができていると考えられます。

保険マンモスは相談においても、まず現状の家計をきちんと診断したうえで、保険選びのアドバイスを行っています。

提携するFPは特定の金融機関に属していないため、個人に合った保険を複数の保険会社の商品から比較検討し提案することが可能です。

担当FPに不満点があった場合は、担当者の変更もできるようになっているため、無理な勧誘やしつこい営業行為も起こらないようになっていると言えるでしょう。

保険マンモスの悪い口コミ

では次に保険マンモスの悪い口コミを見ていきましょう。

「自分にとってメリットが感じられる保険を紹介されなかった」(40代・男性)

「悪くはないが、少し専門性に欠けたアドバイスだった」(50代・女性)

「保険会社も多岐に渡っていて保障を把握しづらい。ほとんどが掛け捨ての保険なので月々の支払いばかりがかさみ、お金が必要な時に解約金がないので、生活に余裕ができない。」(40代・女性)

保険マンモスの悪い評判として複数挙げられた意見は、担当者から紹介される保険への不満についてです。

保険マンモスは担当となるFPによって紹介できる商品も異なるため、担当者によってはニーズに沿ったものを紹介できない可能性もあります。

保険マンモスでは申し込み後に1人1人に合う担当者がマッチングされますが、コンサルティングの質は担当者によって多少ばらつきがあります。

マッチングの質を高め、満足度の高いコンサルティングを受けるためにも、申し込み時に要望などをできるだけ詳細に伝えておくと良いでしょう。

一方で複数の保険会社の商品を扱えるがために、そのまま複数加入すると「契約内容が分からない」、「月々の支払いがかさむ」といった不満につながることもあります。

加入後に自身で管理ができるのか、保険料は無理なく払い続けられるのか、などといったシミュレーションを行い、納得したうえで契約するようにしましょう。

保険マンモスとその他の保険無料相談サービスを比較してみた

保険相談サービスには保険マンモス以外にもたくさんのサービスがあります。

なので今回保険マンモスと保険のビュッフェを比較してみました。

保険マンモスとほけんの窓口ではどちらが良い?

まず保険マンモスとほけんの窓口の違いはこちらになります

保険マンモスとほけんの窓口の違い
      • 保険マンモス: 自宅か近所のカフェなどで相談
      • ほけんの窓口: お店に行って相談

また無料で保険相談を受けて、保険加入までお世話してくれるのは両者とも共通しており、簡単に言えば、保険マンモスはファイナンシャルプランナーを派遣してくれる仲介業者です。

母子家庭の医療費は免除になるの?医療費助成制度について詳しく解説

そう書くと、なんかいい加減な感じはするけど、提携しているファイナンシャルプランナーはちゃんとした人ばかりです。

そしてほけんの窓口は来店型の保険ショップで、お店に行って相談するので、気軽に相談にいけます。

ただ、相談に乗ってくれる人全員がファイナンシャルプランナーの資格がある人ってわけじゃないのがやや難点です。

保険マンモスとほけんの窓口の違いを簡単にまとめてみた

では2つの違いを簡単にまとめてみました。

  保険マンモス ほけんの窓口
相談員の知識

全員が資格を持ったFP

FPは一部

相談の気安さ

自宅かカフェが相談場所

来店型なので気楽

相談できる地域

全国どこでもOK

店舗は都心部が中心

予約のやりやすさ

申し込み後、返信をを待つ

WEB上で空き状況が見れる

無理な勧誘

イエローカード制あり

電話すらかかってこない

料金

相談料は無料、お茶代は自腹

相談料は無料、交通費は自腹

となります。 

では 相談員の知識はどちらが上なのでしょうか?

私の感想では最初、ほけんの窓口で相談を受けた時も、かなり勉強になったと思ったけどその後、保険マンモスの人の説明はまったく別物でした。

保険に対する知識や説明の分かりやすさ、情熱も保険マンモスの相談員の方が上だと感じました。

保険マンモスの相談員はファイナンシャルプランナー(FP)です。

つまり、国家資格を持った人です。

一方、ほけんの窓口で相談を受けた人は、FPの資格は無いと言ってました。

ほけんの窓口の相談員の中にも、FPの方はおられるみたいですが、全員がFPの資格を持ってるわけではないようなのです。

その点、100%FPしか紹介しない保険マンモスの相談員の方が、知識が上なのは仕方ないのかもしれません。

では相談の気安さはどちらが良いのでしょうか?

のっけから、保険マンモス推しで何か申し訳ないような気がしてきたので、ここらでほけんの窓口のいいところです。

ほけんの窓口は、店舗型の保険ショップ。

なので、予約は必要だけど、相談を受けるのはなんとなく気楽っていうか・・・ 相談しやすいです。

保険マンモスでは、家にFPさんに来てもらうか、カフェなどで相談することになります。

では 全国どこでもOKなのはどっちでしょうか?

ほけんの窓口はどうしても店舗型なので基本、都会にしか店舗がありまえせん。

あと、ショッピングモールなんかには入ってるところが多いので、そういうところに日常的に行くなら便利かもしれません。

一方、保険マンモスはFPを派遣するタイプなので、全国どこでも派遣してもらえます。

「かなり田舎でも行きます!」とのこと。

保険マンモスなら、日本中どこでも自宅に来てくれて相談出来ます。

ただし 予約のしやすさは、ほけんの窓口がやや上という印象です。

正直、どちらも今人気なので、申し込んですぐに相談に乗ってもらうってワケにはいきません。

申し込んだ日から、だいたい5日後ぐらいに相談できるでしょう。

土日ならその限りではありません。

ただ、保険マンモスは希望日を連絡して、その返事が後ほど帰ってくるが、ほけんの窓口では、WEB上でどの店舗に空きがあるか分かるため、その場でいつ相談を受けられるか分かるのが良い点です。 

ただ どちらも無理な勧誘はしてきません。

安心なのは、どちらのサービスも無理な案内などはしてこないことです。

特に保険マンモスではイエローカード制があるし、ほけんの窓口もまったく勧誘が無かったし。

その点は安心できます。

保険マンモスと保険のビュッフェであればどちらが良い?

では保険マンモス と 保険のビュッフェ の違いはどうなのでしょうか?

保険マンモスも保険のビュッフェもどちらも家やカフェで相談を受けることができる、ファイナンシャルプランナー派遣サービスとなります。

保険マンモス と 保険のビュッフェいずれのサービスも、登録しているファイナンシャルプランナーさんを、お客様に派遣するサービスなので、あなたの保険相談に乗るのは派遣されたファイナンシャルプランナーになります。

創業自体は保険マンモスが古いのですが、最近は保険のビュッフェが広告宣伝を積極的に展開していて、かなり追い上げてきている感じです。

保険マンモスと保険のビュッフェの違いを簡単にまとめてみた

では保険のマンモスと保険のビュッフェを簡単にまとめてみました。 

  保険マンモス 保険のビュッフェ
相談員の知識

全員が資格を持ったFP

全員が資格を持ったFP

料金

相談料は無料、お茶代は自腹

相談料は無料、お茶代は自腹

相談場所 自宅やカフェなど 自宅やカフェなど
相談できる地域

全国どこでもOK

全国どこでもOK

商品券はもらえる?

牛肉に変更

 

もらえない

イエローカード制

あり

なし

では 相談員のレベルはどうなのでしょうか?

正直、あんまり変わりません。

どっちも国家資格を持ったファイナンシャルプランナーが相談してくれるので、保険マンモスで僕が相談に乗ってもらった人も、保険のビュッフェで取材した人も、どっちも保険の知識は深いし、人当たりもいい人でした。

では 料金、相談場所、相談できる地域などはどうでしょう。

こちらもあまり変わりません。

料金はどっちも無料だし、相談場所も自宅かカフェになります。

相談できる地域も全国に広がっているから、そのあたりでは違いはありません。

ただ、保険マンモスでは相談すると牛肉がもらえるのが良い点です。

保険マンモスと保険のビュッフェは基本的には同じサービスです。

ローソンとセブンイレブンのようなものです。

違うところと言えば、広告を出している所が違うことですね。

保険マンモスではインターネットが主な広告先ですが、保険のビュッフェはネットはもちろん、子育て系の雑誌に積極的に広告を出しているので、客層はファミリー層が多いようです。

イエローカード制があるのは、保険マンモスの強みですね。

ですが保険のビュッフェにはひどいファイナンシャルプランナーばかりかと言えば、そうではないと思います。

安心なのは、どちらのサービスも無理な案内などはしてこないことです。

特に保険マンモスではイエローカード制があるし、最近はネットで悪評が広まるのも速いです。

保険の無料相談を複数社受けるのがおすすめ

大事なのは保険の無料相談は1社だけではなくて複数社受けるのがお勧めという点です。

その理由を紹介していきます。

1人の意見に流されずに、複数の保険商品から判断できる

当然、相談相手を複数に増やせば三者三様の提案を受けることが出来ます。

一社専属の担当者であれば所属している会社からの商品しか提案を受ける事が出来ず、どうしても偏ってしまいます。

また、保険の無料相談窓口では担当者や店舗によって提案レベルがばらつく可能性も。

訪問サービスを展開している会社でも担当者の「想い」によって提案内容が変わって来ますので相性があります。

自分自身が納得できるプランを引き出すためには少なくとも3人の担当者と会い複数の保険商品や組み合わせの提案を受けると良いでしょう。

自分に保険の知識がついて、無駄なく自信をもって決められる

所属もキャリアもキャラクターも違う複数の担当者と相談をすると様々な保険商品や税金面、社会保険等の周辺知識を学ぶことが出来ます。

普通に生活していれば出会う事のない保険や、社会保険の情報は貴重なものです。

レベルの高い担当者は、膨大な商品情報や社会保険の情報を上手に提供してくれます。

レベルの低い担当者は、溢れる情報をコントロール出来ずにお客様を迷わせてしまいます。

例えば複数の保険会社の商品を扱える担当者に、「医療保険に興味があります」と聞いてみましょう。

レベルの低い担当者は提案可能な商品を全て並べるくらいの勢いで、パンフレットや見積もりを出してくるでしょう。

この辺りで見極めることが大切です。

保険ショップや相談FPごとに取扱保険会社が異なる可能性がある

生命保険の加入ルートには大きく2つのルートがあります。

1つ目は保険会社専属の営業担当者から加入する方法です。

2つ目は保険会社(メーカー)と契約した保険代理店(ディーラー)から加入する方法です。

後者には一社専属と複数社の保険会社を取り扱う乗合代理店と分かれて来ます。 

来店型の保険相談窓口や、ファイナンシャルプランナーの派遣サービスを運営している会社は乗合代理店がほとんどです。

この乗合代理店ではその会社ごとに取扱い契約を決めているので、取扱い保険会社の数が変わって来ます。

一般的には5~10社が多く大手の全国展開をしている保険の相談窓口を運営している会社は40社以上というところも多いです。 

取扱い保険会社が増えると複数の商品から選択出来るメリットもありますが多すぎても担当者が把握していない事もあるので、ポイントは数ではないと思って良いでしょう。 

注意事項

またフランチャイズ方式で出店をしている所は、店舗ごとに取扱い保険会社が違う事もあるので注意しましょう。

保険無料相談サービスは訪問型と来店型のどちらがおすすめ

では保険無料相談サービスは訪問型と来店型のどちらがお勧めなのでしょうか?

訪問型のメリット

自宅でもファミレスでもカフェでも職場でも、自分が都合のいい場所を選んでFPさんに来てもらうことが出来るので非常に楽が出来ます。

そして自宅、もしくは近くを自由に選べるため、移動のための交通費がかかりません(もしくは最小限に抑えられる)。

そして訪問型サービスで相談に乗ってくれるFPさんは、基本的に一定の年数を超えた経験者が来てくれます。

保険ショップだと経験不足の方が相談相手になる場合もあるため、保険を真剣に選ぶ際には訪問型サービスはとても頼りになってくれるでしょう。

また自宅に来てもらう場合、他の人を気にする必要がないため、深い所まで話せるという点も見逃せません。

経済状況や家庭環境など、言いにくいことや他人に聞かれたくないことがある場合は自宅での相談がベストです。

さらにメリット部分として挙げたいのが、無料相談をするとプレゼントが貰えるところがあることです。

保険マンモスの場合、相談後はA5クラスの厳選黒毛和牛を家族分貰うことができます。

最後になりますが、訪問型にはFPのチカラのように女性FPを選択できるサービスもあるため、自宅に男性FPを呼びたくない場合でも利用していけます。

また、女性特有の疾病に関してなどの男性には話しにくい相談も女性ならやりやすくなるため、活用していきたいところです。

なので訪問型の場合はこんな方にお勧めです。

保険無料相談サービス訪問型のメリット
      • 忙しくて保険ショップに行けない方
      • 近くに保険ショップがない方
      • 小さい子供がいて思うように出かけられない主婦の方
      • 動くのが大変な妊婦さん
      • 相談内容を他人に知られたくない方
      • 経験豊富なFPさんに相談したい方
      • 女性FPを希望する方

訪問型のデメリット

自宅に来てもらう場合、掃除をする必要があります。

小さいお子さんがいるご家庭ではどうしても多少はちらかってしまうものですが、それでも無料で保険相談をしてくれる人が来てくれるのですから、最低限は綺麗にしておきたいところです。

また、地域によっては近くに来てくれるFPさんが一人もいないという状況になる可能性もあります。

その場合は、一社だけではなくて複数社に申し込むか、または保険ショップを探すことも検討する必要が出てきます。

注意事項

ただし、来てもらったFPさんによって取り扱っている保険会社の数が異なるという点は注意したい点です。

もしかすると来てくれたFPさんが現在自分が気になっている保険商品を取り扱っていないという状況もあるかも知れません。

その場合は無理して相手に合わさず、正直に伝えましょう。

ちなみに、「来てもらっているから、契約しないと悪いかな・・」という負い目を感じてしまう人もいますが、本当に納得できる保険を見つけない限り、安易には契約しないことをお勧めします。

もし、どうしても負い目を感じてしまうようであれば、自分から出向く「来店型」の方が合っているかと思われます。

来店型のメリット

来店型は基本的に自分が保険ショップなどの店舗に出向くため、訪問型のように「来てもらったのに契約に至らなかったら悪いなぁ・・」という負い目がないので、訪問型よりも気軽に相談できます。

また、保険ショップによって取り扱っている保険会社が決まっているため、詳しい解説が欲しい商品が決まっている場合はその保険会社を取り扱っているショップに行くことでスムーズに話を進めることが出来ます。

そして多くの保険ショップではキッズスペースを用意してくれていたり、お子様向けのオモチャなども用意されていたりします。

遊び盛りの子供がいる場合は保険ショップの方が余裕を持って話を聞ける状況を作れるかも知れません。

なので来店型をお勧めな方はこんな方です。

来店型のデメリット

訪問型と比べた際に一番気になる点は、保険ショップには入社したての経験が浅い人や、保険に対しての知識がまだまだの人が相談相手になる可能性があるというところです。

訪問型は基本的に一定の年数を超えた経験者が来てくれるので、保険の知識に関する点で言えば訪問型の方が外れが少ないのです。

また、ショップによって取り扱っている保険が決まっていることはメリット部分でもお話しましたが、この点はデメリットにも成り得ます。

取り扱っていない会社の保険は基本的に紹介されないからです。

なので、もし興味がある保険がすでにあり、そこと他社商品との比較を望む場合は、あらかじめその保険を含む複数社を取り扱っている保険ショップを選ぶ必要があります。

最後に、店舗によっては女性スタッフも在籍しているかも知れませんが、必ずいるとは限りません。

もし女性を希望していながらも近くの店舗では女性スタッフがいない場合、LIFULL保険相談などで他の保険ショップを再度検索するか、もしくは訪問型のFPのチカラで女性FPさんを希望した方がいいと思います。

まとめ

以上、保険マンモスへの良い口コミや悪い口コミ、保険マンモスと他社比較をしてきました。

様々なことが書かれていましたが総合的には、保険マンモスは信頼できるサービスだと判断することが出来ます。

生命保険には一度加入するととても長い付き合いとなります。

なので生命保険に関しては一度しっかりと検討して、数年間はほったらかしにしておきたいものです。

ですが中々保険の知識がない状態だと一から勉強するのも大変ですよね。

ですので現在生命保険に加入されている方は、保険マンモスを使ってFPに無料で相談するのが良いのではないのでしょうか?

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
いいとこ取りオーダーメイド保険 今なら無料相談で仙台熟成牛タンがもらえる!! 公式HP
『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る