保険見直し本舗の評判・口コミは実際どう?本音の評価とメリット・デメリット

生命保険や医療保険にがん保険は、公的医療保険を補完するために任意で加入する保険です。

公的医療保険で足りない部分をサポートできるのがこれら保険商品の頼もしいところです。

また、学資保険は将来、子供が進学するための教育資金の備え、介護保険は将来に介護が必要な場合、公的な介護保険を補う保険商品として注目されています。

このように様々な保険の種類があり、ご自分や家族のライフステージの変化やニーズに合った商品も見つかることでしょう。

一方で、これら保険商品は保険内容が複雑でよくわからない、加入条件について納得できない部分がある等、どうしても自分一人で保険を選ぼうとすると、疑問点や不明瞭な点がドンドン出てくる場合があります。

このような疑問点・不明瞭な点をそのままにして保険へ加入してしまうと、後々保険会社との間でトラブルが発生することもあります。

そのようなことにならないため、気軽に保険相談のできるサービスがあればありがたいですよね。

保険見直し本舗は、そんな気軽に保険相談ができる窓口の一つです。相談員は保険の専門知識を持ち、いろいろな保険の質問に明快な回答や、ご自分に合った保険商品を提案してもらうことが期待できます。

今回は、保険見直し本舗の特徴と、保険見直し本舗の評判・口コミを①相談員の評判、②設備、③アクセスに分けて取り上げます。

この記事を読めば、保険相談で保険見直し本舗を利用する場合の参考資料の一つとして、役に立つことでしょう。

目次

1.保険相談窓口について

  • 1-1.保険は何かと難しい
  • 1-2.保険相談のできる窓口がある
  • 1-3.ファイナンシャルプランナーとは
  • 1-4.保険相談窓口は大きく分けて2種類ある

2.保険相談窓口のメリット・デメリット

  • 2-1.有料の保険相談窓口のメリット・デメリット
  • 2-2.無料の保険相談窓口のメリット・デメリット
  • 2-3.保険見直し本舗は無料の保険相談窓口の大手企業

3.保険見直し本舗について

  • 3-1.保険見直し本舗の特徴
  • 3-2.保険相談窓口の流れ
  • 3-3.保険見直し本舗の注目点

4.保険見直し本舗の評判・口コミその1

  • 4-1.保険相談窓口の相談員の評判
  • 4-2.相談員を評価する口コミ
  • 4-3.相談員に批判的な口コミ

5.保険見直し本舗の評判・口コミその2

  • 5-1.相談に集中できる設備への評判
  • 5-2.設備について評価する口コミ
  • 5-3.設備について批判的な口コミ

6.保険見直し本舗の評判・口コミその3

  • 6-1.保険相談窓口のアクセスについての評判
  • 6-2.アクセスについて評価する口コミ
  • 6-3.アクセスについて批判的な口コミ

7.まとめ

1.保険相談窓口について

私は今のところ公的医療保険だけに加入している。生命保険、医療保険にがん保険は万が一のため加入していた方が良いとわかっているが、保険内容や加入条件がイマイチ良くわからない。

そんな方々のために、プロの視点から適切なアドバイスをしてくれる相談サービスがあります。

こちらでは、保険相談窓口について、窓口の相談員であるファイナンシャルプランナー等について説明します。

1-1.保険は何かと難しい

生命保険、医療保険、がん保険は契約者(被保険者)のまさかの事態に頼りになる保険商品であり、学資保険は子の将来の教育資金のために、介護保険は将来の介護が必要な場合を考えて加入する保険商品です。

これらの保険商品は、単に契約者が申し込んだだけで契約成立するものではなく、保険会社の加入条件・審査に通って初めて契約が成立します。

ただし、その加入条件・審査は複雑で素人にとって理解が難しい面もあります。

また、契約して保険金(給付金)の受け取りを請求する場合でも、保険会社所定の条件に合致する必要が出てきます。

保険の手続きは、申込の際も保険金等の請求の際もご自分だけでは手間取ってしまうことがあるでしょう。

そのため、保険を利用したい方々にとって相談できるサービスがあれば非常に助かります。

1-2.保険相談のできる窓口がある

ご自分が既に保険契約をしており保険金(給付金)を請求したいなら、契約した保険会社の窓口担当者や、カスタマセンターのオペレーターの指示に従うことが必要です。

しかし、まだ保険契約を行っておらず、これから自分に合う保険商品を選びたい、希望する保険会社の商品は決まりつつあるが、専門知識のある人の意見を聞いてみたい、という人は「保険相談窓口」を利用するのがおすすめです。

どうしても、素人にはない知識、違う視点からアドバイスを受けることが期待でき、大いに保険選びの参考となるはずです。

1-3.ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーとは、保険、教育資金、老後の生活資金のために総合的な資金計画を立案し、依頼者の安定した人生設計の実現を目的にアドバイスを行う有資格者のことです。

ファイナンシャルプランナーは国家資格試験に合格し、ファイナンシャル・プランニング技能士(1級・2級・3級)になることができます。

民間資格試験も存在し、CFP(米国CFPボードと提携する日本FP協会)、AFP(日本FP協会)が行っています。

試験や講習を得て有資格者となるため、ファイナンシャルプランナーは保険に関する専門的な知識を有し、我々の相談に対して的確なアドバイスを行うことが期待できます。

ただし、保険相談窓口の全ての相談員がこの資格を持っているわけではありません。

1-4.保険相談窓口は大きく分けて2種類ある

保険の相談をする際に相談者が心配になるのは、相談料がどれ位かかるかということでしょう。

相談料は、法律によって「1時間10,000円」、「2時間20,000円」というように明確な基準が決められているわけではありません。

そのため、保険相談のお店側で自由に相談料を決めているのが現状です。

また、相談形態は様々であり、相談料は1時間あたりの金額が1つの目安ですが、月額5万円や年間60万円など、定額制や顧問制をとる場合もあり、相談する金額に大きな差があります。

その一方で、無料の保険相談窓口も存在します。

○有料の保険相談窓口

前述したファイナンシャルプランナーが自分で事務所を構えている場合に、有料の保険相談窓口であることが多いです。相談者からの相談料を主な収入源としています。

ただし、初回の相談は無料であるとか、時間制だけではなく定額制や顧問制をとることもあります。

○無料の保険相談窓口

会社が運営する保険相談窓口は、無料であることが多いです。それに加え何回でも無料のサービスとして利用でき、相談者にとっては気軽に相談できる部分が魅力です。

大規模なチェーン展開をしている会社も多く、TVのCMやインターネットで盛んに宣伝を行っています。

2.保険相談窓口のメリット・デメリット

保険相談窓口には有料・無料の2つの種類があるのか、興味深い。

では、有料・無料それぞれの保険相談窓口のメリット・デメリットを聞きたい・・・。

こちらでは、有料・無料の保険相談窓口のメリット・デメリットを解説します。

2-1.有料の保険相談窓口のメリット・デメリット

有料の保険相談窓口の特徴は、ファイナンシャルプランナー自ら個人事務所を経営しているスタイルが多い点です。

この保険相談窓口のメリット・デメリットは次の通りです。

○有料保険相談窓口のメリット

概ね相談料に見合った、生命保険や医療保険等の申込や変更、解約、その他の方法等、より幅広く深い相談が期待できます。

また、保険の継続か解約かの回答に限らず、相談者の家計の状況や世帯収入、世帯員の健康状態等いろいろな状況を踏まえ、解決策を提案してくれる場合があります。

つまり、保険以外の面からの支出の節約方法もアドバイスの対象としている相談窓口が多いです。

○有料保険相談窓口のデメリット

初回の相談は無料の場合もありますが、2回目以降は有料となります。

また、有料であるならば1時間あたりの相談料の割合がどの位になるかは、NPO法人「日本FP協会」の調査したデータがあります。

下表を参考にしてください(日本FP協会「平成23年ファイナンシャル・プランナー業務調査」を基に作成)。

相談料

1時間あたり

5,000円未満 5,000円~10,000円未満 10,000円~20,000円未満 20,000円以上
割合

※無回答除

25% 41% 28% 2%

上の表を見ると、1時間あたり5千円~1万円未満が40%を超え、次いで1万円~2万円未満が28%近くとなっています。概ね目安としては1万円前後とみておいた方が良いでしょう。

ただし注意点として、相談料自体は無料な事務所であっても、次のようなサービスで別途料金を請求されるケースもあります。

  • ライフプランの提案書作成
  • 収入や支出・資産運用のキャッシュフロー表の作成
  • 生命保険や損害保険等の見直しの提案

ケースによっては相談者の予想を超える料金を請求されてしまうおそれもあります。

有料の保険相談窓口を利用する場合は、まずどの位の料金がかかるのかを事前に確認してから相談を受けましょう。

2-2.無料の保険相談窓口のメリット・デメリット

会社が運営する保険相談窓口は、基本的に相談無料というスタイルをとっている場合が多いです。

この保険相談窓口のメリット・デメリットは次の通りです。

○無料保険相談窓口のメリット

無料のため保険の申込や見直しについて気楽に相談でき、何回質問しても無料です。

しかし無料の保険相談窓口は、ボランティアというわけではありません。

保険会社と提携し、手数料を受け取っているため、相談者から相談料を受け取る必要がないのです。

相談者にとっては新たに保険を契約する場合、ファイナンシャルプランナーを通して直接契約することも可能です。

そのため、質問や不明な点を相談した上で、専門家のアドバイスを参考に加入できるメリットがあります。

○無料保険相談窓口のデメリット

無料の保険相談窓口は、提携先の保険会社から手数料を受け取ってているため、公正・公平な視点から相談への回答を行ってもらえるか疑問が残ります。

場合によっては、特定の保険会社の保険商品ばかりをゴリ押しされるケースが懸念されます。

相談者の頼りになる無料保険相談窓口とは、相談者よりも自分たちの都合を優先するようなお店で無いことがポイントといえます。

2-3.保険見直し本舗は無料の保険相談窓口の大手企業

保険見直し本舗は前述した無料保険相談窓口を行う株式会社です。この会社は全国に252店舗以上を有する保険相談窓口大手です。

無料保険相談を何度でも受けられ、気軽に相談者が利用できるお店を目指しています。

保険見直し本舗が、前述した無料保険相談のメリットを発揮し、逆にデメリットを抑えた相談サービスを行っているか、第4章以降で利用者の評価・口コミを通して解説していきます。

3.保険見直し本舗について

保険見直し本舗は、無料で何度でも相談できるお店のようだ。保険を相談してみたくなったが、保険見直し本舗について詳しくは知らない。

保険見直し本舗の特徴や、相談の流れについて詳細を知りたい・・・。

こちらでは、保険見直し本舗の注目点や相談の流れについて説明します。

3-1.保険見直し本舗の特徴

保険見直し本舗は、保険相談(新規申込・保険見直し)をはじめ保険商品の提案、保険加入手続き、契約後のアフターフォロー等、各種サービスはすべて無料となります。

相談員のコンサルティング料や事務手数料で、相談者にお金を請求することは一切ありません。

当然、何回利用してもこれらのサービスは無料です。相談者が就職したり、結婚・出産したりした時、このライフステージの変化に合わせた保険の新規申込・見直しは、いつでも無料でご利用できます。

保険見直し本舗は保険の販売代理店として運営され、提携保険会社より販売代理手数料を受け取っています。

そのため、相談者から保険料や手数料等を徴収することはありません。

3-2.保険相談窓口の流れ

保険相談窓口は、例えば買い物やレジャーのついでにふらっと訪問しても問題ありませんが、店内に相談者が多いと面談まで待たなければいけない場合もあります。

そのため、事前予約をした上で店舗を訪問した方が待ち時間も無く、すぐに相談ができます。

保険相談窓口の予約から相談・保険申し込みまでの流れは次の通りです。

  1. 相談を希望する時は、保険見直し本舗のフリーダイヤルかインターネットで申込みます。窓口では予約優先の対応になってしまうので、希望の訪問日時を予約しましょう。
  2. 予約した日時に来店します。その際には、相談前に個人情報への記載や、相談項目について書面へ記載する場合があります
  3. 相談員が保険診断、アドバイスを行います。保険の知識があまりない人にも相談員は丁寧に保険用語や、保険の仕組みを解説してくれることでしょう。
  4. 相談者の健康状態や、経済的な状況、人生設計を考慮し、相談者に合った保険商品もアドバイスしてもらえます。
  5. 保険に対するアドバイスを受けるだけでも構いませんが、保険加入を希望する場合は窓口で保険商品の手続きも行うことができます。書類への記載は相談員が代行してくれる場合もあります。

3-3.保険見直し本舗の注目点

保険見直し本舗の注目点は、その取扱い保険会社の豊富さです。40社以上の保険会社の商品を取り揃えています。

○取扱い保険会社について

取り扱っている保険会社(2018年現在)45社の内訳は次の通りです。

  • 生命保険会社(26社):アクサ生命、FWD富士生命、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、ソニー生命、明治安田生命、三井生命等。
  • 損害保険会社(16社):あいおいニッセイ同和損保、AIG損保、セコム損害保険、東京海上日動、三井住友海上等。
  • 少額短期保険会社(3社):SBIいきいき少額短期保険、さくら少額短期保険、ジャパン少額短期保険。

○取り扱っている保険が多いと保険選びに有利

保険相談窓口でとり扱える保険会社・商品が豊富ならば、それだけ相談者の希望や実情に見合った商品の保険選びが可能です。

例えば相談者が、医療保険について保険商品を選ぶ際、以前に入院・手術を行ったという傷病歴があって、選べる保険商品が限定されてしまうケースもあります。

その場合に扱える保険商品が多いと、傷病歴があっても入りやすい医療保険で、かつ相談者が希望する保険内容に近い商品を選びだすことは可能です。

相談者の健康や経済事情、保険の知識や理解度によって、わかりやすい説明を加えながら、相談者に相応しい保険商品をピンポイントで見つけ出すためには、相談窓口の担当者の知識と、店舗で扱う保険商品も豊富であることが不可欠です。

4.保険見直し本舗の評判・口コミその1

保険見直し本舗、なかなか頼もしい相談窓口のようだ。取り扱っている保険会社の保険が豊富なことも心強い。

しかし、実際の利用者の反応はどんな感じになっているのだろう?是非、利用者の率直な感想が知りたい。

そこで、こちらでは保険相談窓口の相談員の評判を取り上げていきます。

4-1.保険相談窓口の相談員の評判

保険の新規申込や保険の見直しをしたい場合、相談は無料といっても有益なアドバイスを受けたいものですよね。

その際、保険窓口の相談員には、相談者からの問い合わせにしっかりと耳を傾け、明快な回答を行うことが期待されます。

相談員にどれだけ保険へ深い知識があっても、相談者へ質問を伺い、それを踏まえた回答や提案内容が十分に伝わらなければ、相談者は良いアドバイスを受けたといえません。

相談者が初めて聞くような保険の専門用語や内容の場合、言葉による説明だけでは、相談者にうまく伝わらないことが多いです。

そのため、相談者にわかりやすく図や表を用いて保険の内容を提示することで、その理解を深め納得してもらうことが大切です。

担当者が相談者の理解度に合わせながら、的確な提案ができるヒアリング能力およびプレゼン能力の有無は、お店が良い評判を得ているか、それとも批判的な意見が多いかのポイントの一つとなります。

4-2.相談員を評価する口コミ

こちらでは相談員の接客態度、提案内容について評価する口コミを取り上げます。

①40代男性

保険の見直しで来店したが、相談員から提案前に各保険会社の保険プランの特徴を教えてもらった。相談員は火災保険や自動車保険の知識もあり、話を聞いていて面白かった。私の立場にたって接客していると感心した。

また、以前の保険代理店と締結した契約で、保障内容が不要なものも多くあった。私から不要であることを聞いたら、相談員は快く聞き入れてくれて私に合った保険を提案してくれた。予算も大幅に削減できて満足している。

②30代男性

電話対応が丁寧でてきぱきとしていた。電話予約してすぐに相談ができた。相談員は特に押しつけがましい感じもなく、わかりやすい説明だった。特定の保険に偏った説明をすることもなく、公正・公平に保険を紹介してもらった。

また、様々な観点から保険商品を比較した資料を提示してくれた。自分が加入するべき保険が何かを深く考えるきっかけになった。保険選んで大幅に保険料を軽減できて感謝している。

[小括]

相談員の接客態度は常に丁寧で押しつけがましい部分はなく、質問に明快な回答を行い、保険の提案も相談者の希望に沿うものであることが評価されています。無料であるとは言え、相談者の保険選びに的確なアドバイスを行っている相談員が多いことが窺えます。

4-3.相談員に批判的な口コミ

こちらでは相談員の接客態度、提案内容について批判的な口コミを取り上げます。

①50代男性

相談員の提案内容について特に不足は感じない。しかし、問題はもらった情報量が必要以上に多かったことだ。正直、受け取る情報はその5割程度で十分だった。パンフレットなどもたくさんもらったが、持ち帰るのがナカナカの重量になった上に、結局全部に目を通さず破棄した。

②年齢非公表女性

私が相談の流れとか何も知らずに来店すると、予約がないと対応できないと言われてしまいました。やむを得ず予約して出直しました。私がある程度加入する保険を決めていたわけですが、相談員の人はほとんど加入の流れとかの説明なしに加入手続きへ進んでしまいました。

また、私を担当した相談員の人、手続き中も何度も電話に出ていて、待たされる時間が長くて不快でした。チェックをつける書類は十分に読ませて貰えず、とにかくチェックをつけるよう言われました。加入手続きをしたものの不安になり、クーリングオフしました。

[小括]

50代男性のケースの場合、十分相談員が保険を絞りこめていなかった印象を受けます。契約に結び付かなかったとしても、渡す資料は2.3点程度で丁度良いでしょう。

年齢非公表女性のケースの場合は、加入する保険を決めいたわけですが、相談員はそれでも当該保険の注意点等を、相談者へ丁寧に説明するべきだったと思います。

5.保険見直し本舗の評判・口コミその2

相談員の質も重要だが、ゆっくりと店内で相談できる環境になっているんだろうか?

とくに子供連れの相談者の場合は、子供に気を取られて満足な相談ができないこともある。

こちらでは、相談に集中できる設備への評判を取り上げていきます。

5-1.相談に集中できる設備への評判

店内の冷暖房等が適温であるかどうかは当然ですが、相談者のプライバシーをしっかり守れるかもポイントの一つです。

例えば、自分の病気や健康面が気になり、生命保険の死亡保険金や高度障害状態保険金等のデリケートな質問を相談員へ行う場合もあることでしょう。

このような質問を、他の客に聞かれることに抵抗を感じる方々は数多くいらっしゃるはずです。その場合に個室があると安心して相談員へ質問ができます。

店舗のスペースも考慮にいれると設置は難しい面もありますが、店舗側はお客のプライバシーを守れる工夫をいろいろと考慮するべきでしょう。

一方、小さい子供や乳幼児を連れて来店するお客もいます。相談中に子供が飽きてお店を走り回ったり、乳幼児ならば相談の途中で授乳したりする必要が考えられます。

店内にキッズスペースのような子供を遊ばせられる場所があれば、子供はいろいろなおもちゃ・絵本等に夢中になるので、安心して親は相談員に保険の相談ができます。また、授乳室もあると相談を中断し安心して授乳が可能です。

5-2.設備について評価する口コミ

こちらでは相談へ集中できる設備について評価する口コミを取り上げます。

①30代男性

店内はシンプルな雰囲気でした。キッズルームもあって子供を遊ばせておくのには最適な設備ですね。他の保険代理店のようにゴチャゴチャした雰囲気はありませんでした。

また、天井が高く開放感があって綺麗な店舗でした。予約で管理しているようなので、他のお客と顔を合わせるということも無く、安心して相談員の人に質問できました。

②年齢非公表女性

まだ子供が小さいので、一人で留守番させるわけにもいかず、オペレーターに相談したところ、キッズルームのあるお店を案内してもらいました。お店にはおもちゃや絵本などもあって安心して子供を遊ばせることができました。

[小括]

お店の清潔感や、キッズルーム等の設備が良い評価となっています。店舗が狭いにしても、店舗側が工夫してお客のプライバシーを考慮し、相談しやすい環境にすることが大切です。

5-3.設備について批判的な口コミ

こちらでは相談に集中できる設備について批判的な口コミを取り上げます。

①30代男性

店舗は小さめだからか相談スタッフの人数がやや少ないように感じた。設備に関しても狭く圧迫感を感じてしまった。相談の時は、のどの調子が悪かったせいもあって、部屋が乾燥していて少々つらかった。できれば加湿器等を設置して湿度を管理してもらえると良いのだが。

②40代男性

店舗のエアコンが少し暑かった。相談ブースは個室ではなく、首の高さくらいのパーティションで隣と区切られていた。どうしても隣のお客が気になってしまった。 若干プライバシー部分の配慮が欠けていると思った。

[小括]

それぞれの店舗でどうしてもスペースに制約があり、なかなかお客のプライバシーに配慮した環境を整えにくい場合もあることでしょう。

そのため、間仕切りの高さを考慮することや、店舗の外から相談しているお客の姿を見えないようにする工夫等も必要でしょう。

6.保険見直し本舗の評判・口コミその3

店舗の設備が快適であることはやはりポイントだな。一方、その相談する店舗へ行くまでのアクセスも重要だ。

保険見直し本舗は、概ねどの店舗もアクセスしやすい場所にあるのだろうか?

こちらでは、保険相談窓口のアクセスについての評判を取り上げていきます。

6-1.保険相談窓口のアクセスについての評判

都心や大都市等のアクセスが良い地域では、電車・バスのような公共交通機関の移動が考えられます。

店舗が駅前やステーションビルにあったり、バスの停留所のそばに店舗があったりすると、相談者は道に迷うことがなく便利です。

一方、自動車で来店する相談者も想定しなければなりません。店舗付近に駐車場があるかどうかがポイントになります。

店舗の近くに広くて無料の駐車場があれば、相談者は非常に助かることでしょう。

6-2.アクセスについて評価する口コミ

こちらではアクセスについて評価する口コミを取り上げます。

①40代男性

駅前にあり迷うことも無く、すぐに分かる場所で行きやすかったです。大きな看板があったので、他のお客もわかり難いということはないでしょう。仕事帰りに相談できる立地にあるのはとても便利です。

②年齢非公表女性

自宅からお店が遠かったので、相談スタッフの訪問相談サービスを利用しました。自宅で相談ができたのでプライバシーも気にならず安心して質問できました。

[小括]

駅前やショッピングモール内に店舗を構えていれば、迷うことが無い上に仕事帰り、買い物帰りに気楽に立ち寄れます。

また、店舗から遠い場所に住んでいる人でも保険相談ができるように、相談員の訪問相談サービスが行われています。

ただし、店舗が対応できるエリアの外や、離島に自宅がある場合に訪問相談サービスは利用できないこともあります。まずは、コールセンターにご自宅まで伺える店舗があるかどうかを相談してみましょう。

6-3.アクセスについて批判的な口コミ

こちらではアクセスについて批判的な口コミを取り上げます。

①30代男性

建物がどこにあるかわかり難い。目立つ立て看板でもあれば良いのに、繁華街のような場所に合ったので探すのに苦労した。場所はわかったので次は迷うことも無いと思うが。

②30代女性

入りにくい駐車場でした。更に駐車料金もかかるので手軽に通えるとは思えません。今回の相談では2時間無料券をもらえたので料金の面は問題ありませんでした。しかし、他店では保険相談・見直しで3時間位かかったこともあるので、そうなったら駐車料金をこちらが負担しなければなりません。お店を利用し難いです。

[小括]

店舗の立地等の関係でお店の場所がわからなかったり、駐車場の問題で来店する機会がなかったりする場合はあります。

どうしても都心や大都市では駐車場も限られており、自家用車を利用したい人は来店することが難しい面もあります。

その場合には相談スタッフによる訪問相談サービスを活用しましょう。このサービスを使えば、自分から来店する手間や駐車場の心配もありません。

 

7.まとめ

保険見直し本舗は相談員の質や、店舗の設備・アクセスの良し悪しは地域ごとに違いはありますが、無料で何回も相談できる気楽さもあります。保険選びに迷った際は一度相談して、窓口でのアドバイスを保険選びの参考にしてみるのも良い方法です。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る