保険ソクラテスはどんなサービスを行っているの?徹底解説!

最近では、保険に関する情報サイトが数多く登場し、皆さんも保険を選ぶ際の参考にしているのではないでしょうか。「保険ソクラテス」はその情報サイトの一つです。

しかし、保険ソクラテスは他の情報サイトのように、堅苦しい保険商品の解説や、保険選びのノウハウだけにとらわれないコンテンツを提供しています。

この保険ソクラテスは、常にネット検索の上位に位置し、人気のある情報サイトといえます。

そこで今回は、保険ソクラテスの特徴と、その運営会社マイスターワークスについて解説します。

この記事を読めば保険ソクラテスの基本的知識と、その活用方法が良くおわかりになることでしょう。

1.保険ソクラテスについて

スマートホンも見て驚く女性

保険についていろいろ調べていると、「保険ソクラテス」に関する記事が目立ちます。

いろいろと、保険について解説しているので参考になります。でも、この保険ソクラテスは、どんな目的でこのサービスを提供しているのでしょうか?

保険ソクラテスについて詳細を知りたいです・・・。

こちらでは、保険ソクラテスの特徴等について解説します。

1-1.保険ソクラテスとは

保険ソクラテスは保険に関する総合情報サイトとして運営されています。

保険へ加入している皆さんは確かに大勢います。しかし、保険加入の理由は、保険の知識があって内容をよく見て判断したという人は少ないと言われています。

例えば営業マンに勧められるまま、友人も同じ保険へ入ったから、または会社の組合の案内が来て、何となく保険に加入という方々が多いのも事実です。

つまり、保険の必要性、その仕組みをよく理解していないまま加入しているケースもあるのです。

これでは、自分のニーズに合った保険商品を選んだと言えませんよね。

この保険ソクラテスは、一般の人々にはなかなか難しい保険の知識および最新情報を、わかりやすく伝え、より各人に合った保険選びへ役立つことを目的とした情報メディアです。

保険ソクラテスでは、保険の基礎的な知識から応用までを丁寧に解説し、保険の新規加入・見直しはもちろん、保険の要・不要についての情報も提供しています。

1-2.保険ソクラテスの特徴

書類を見る男女

保険ソクラテスの特徴として、販売されている保険商品の単純な比較サイトではないという点があげられます。

例えば、ご自分の調べたい保険商品の情報等を登録すると、何種類かの商品の商品名・保険金額・保険料が一覧で掲載されるようなサービスは行っていません。

保険ソクラテスの場合は、保険商品の比較や、商品の人気ランキングを掲載するにしても、商品のどんな部分に注目するべきなのか、高評価の理由等を丁寧に解説し、読者へ保険選びのポイントを提供しています。

1-3.堅苦しい情報サイトにあらず!

保険ソクラテスは、保険の基本的知識や保険商品等のアドバイザーとして情報を提供していますが、決して堅苦しい説明に偏っていません。

読者が納得し、時にはツッコミを入れられるようなキャラクターを通して、保険の知識をわかりやすく伝えている点が注目されます。

こちらでは、そんなマンガ化された憎めないキャラクター達を紹介します。

  • ソクラ哲:ソクラテスの生まれ変わり(?)という設定です。保険の哲人と呼ばれる保険のプロで、誰かれ構わず議論を吹っ掛けます。信念を貫くものの利益に目がくらむ一面もあります。
  • イロハ:新人セールスレディ。ソクラ哲の保険にかける情熱にほれ込む、ソクラ哲の弟子のような存在です。ただし、保険の知識は素人同然で、低解約返戻金の意味が分からずパニックになったことも。
  • クサンティッペ:ソクラ哲の妻。ソクラ哲の低収入に不満があり、悪辣な嫌がらせを常習的に行う悪妻です。
  • クリトン:ソクラ哲の幼馴染。気が弱くソクラ哲の無茶ぶりに逆らえないこともあります。
  • メレトス:女性保険しか売らないナルシスト営業マン。ソクラ哲のことを良く思っていません。

個性豊かな登場人物によるユニークな解説もあって、読者に受け入れられやすく、保険ソクラテスのキャラクターを用いた書籍等も販売されています(「マンガでわかる 9割の人が気がつかない保険のヒミツ」参照)。

2.株式会社マイスターワークスについて

コールセンターの女性

保険ソクラテスをみると保険に役立つ情報が多くて、とても参考になります。

この保険ソクラテスを運営している業者は、保険の代理店のような所なのでしょうか?

運営している業者の情報も是非知りたいです・・・・。

第2章では、保険ソクラテスを運営している「株式会社マイスターワークス」について解説します。

2-1.株式会社マイスターワークスの会社概要

保険ソクラテスを運営しているのは、株式会社マイスターワークスという情報サイト運営、コンテンツ企画・制作を行う会社です。保険代理店を運営している会社とは異なります。

会社設立は2010年6月とまだ新しい会社です。会社の所在地は次の通りです。

  • 東京事務所:東京都品川区南品川4-4-6 LUMIERE南品川A 10F
  • 大阪事務所:大阪市北区太融寺町2-22 梅田八千代ビル 2F-D

次項では、他社の保険情報サイトは一線を画す、保険ソクラテスの発想はどこから出てきたのか、マイスターワークスの経営理念を探ります。

2-2.経営理念はこんな感じ

家族を守る保険

経営理念は次の5点です。

(1)人の力を信じる

マイスターワークスはインターネットを中心とした事業を展開しつつ、人間が持つ「アナログ」な側面にも大きな可能性を見出します。

インターネットは、全ては「人」が作り出すものであり、その「人」を重視してビジネスを行うことがモットーです。

(2)「儲かる」より「面白い」

事業を行う際、「それ面白いね!」という動機を大切にしていることが窺われます。単に儲けを意識してだけで何かを始めることはないようです。

マイスターワークスの掲げる「面白い」とは、その業界に特別な価値を提供できるかどうかを探求することです。

(3)「はじめて」にこだわります

他者がまだ手がけていない未開の分野を、インターネットを用いて開拓することにこだわっています。

既に行われているビジネスを真似するのではなく、未知の事業に挑戦することに価値を置いています。

(4)既成概念にとらわれない

枠にはまった思考の場合、会社・個人の可能性を非常に縮小させてしまうことになると批判しています。

「前例がない」や「根拠がない」という理由で、たくさんの機会が失われないことに気を付けています。

(5)「みんな幸せ」は成立する

決してビジネスは奪い合うものではないことを意識して事業を展開しています。

前述した4つの理念を誠実に実践することで、ユーザーや広告主および社員等、事業に関わる全ての人を幸せにできると宣言しています。

2-3.事業内容について

積み木と人

事業内容は次の4つです。

(1)保険情報メディア「保険ソクラテス」運営

一般の方々には、なかなか理解が難しい保険の知識、その最新情報をわかりやすく、そしてコミカルに提供する情報メディアです。

こちらの詳細については第3章で詳しく解説していきます。

(2)保険相談サービス「保険ソクラテスのほけん相談室」運営

保険についてネットの情報だけではなく、直に専門家の意見を聴きたいという方々のため設けた相談サービスです。

こちらの詳細については第4章以降で詳しく解説していきます。

(3)セミナー・イベントの企画・開催

ファイナンシャルプランナーを招き、保険や資金、ライフプラン関連のセミナー、イベントの企画・開催を実施しています。

主なセミナーは東京・大阪で行われています。本やインターネットを見てもいまいちピンとこなかった保険の内容等も、専門家の話を聞いて理解を深めることが期待できます。

(4)コンテンツ企画・制作

「1-3.堅苦しい情報サイトにあらず!」でも紹介した保険ソクラテスのキャラクター達が登場する、コンテンツの企画・制作を行っています。

保険や資金、ライフプランに関する書籍、ワークブック、電子書籍が有料または無料で取得できます。

3.保険ソクラテスのサービス・その1

白衣の男性

保険情報メディア「保険ソクラテス」は、まだまだ見始めたばかりですが、死亡保険や医療保険をはじめとした各保険を、主にどのような観点から分析し解説しているのでしょうか?

今後、保険ソクラテスを読み進める際の参考にしたいです・・・。

当然、保険ソクラテスでは保険商品単体の解説のみならず、いろいろな切り口から保険を解説しています。

こちらでは、保険ソクラテスの各保険種の分析方法について解説します。

3-1.生命保険の分析

こちらでは、生命保険(死亡保険)および就業不能保険の分析方法について解説します。

(1)生命保険(死亡保険)の分析

生命保険(死亡保険)は、そもそも被保険者が死亡すれば、受取人に保険金が下りるというシンプルな商品です。

その一方、死亡時の保険受け取りが目的で加入するというより、終身保険では貯蓄目的で加入するケースもあります。

保険ソクラテスでは、そんな生命保険(死亡保険)の特徴を踏まえ、次のような観点から解説を行っています。

  • [正確な必要保障額を試算]:被保険者世帯の年代・性別による保険料の相場や受給額の目安、最新の葬式費用が取り上げられています。
  • [生命保険の賢い選び方]:生命保険(死亡保険)では掛け捨ての商品や、貯蓄目的に活用し解約すればお金が戻る商品もあります。そのため、各加入保険者のニーズに合った保険の選び方を提案しています。
  • [保険会社別商品レビュー]:死亡保険の種類である各定期保険商品、収入保障保険商品、終身保険商品を紹介し、その保障内容や保険料、注目点を分析しています。

(2)就業不能保険の分析

就業不能保険とは、被保険者が病気・ケガで働けない状態のとき、途絶えた収入を補償する商品です。

そもそも医療保険とどんな違いがあるのか、一般の方々にはよくわからない一面があります。

保険ソクラテスでは、そんな就業不能保険の特徴を踏まえ、次のような観点から解説を行っています。

  • [就業不能保険の仕組み]:イマイチ一般の人にピンとこない就業不能保険の特徴を、医療保険等と比較しながら説明を行っています。
  • [医療関連データと公的保障制度]:就業不能保険に加入する際、知っておいた方が良いデータも紹介されています。長期間にわたり働けなくなる病気とその種類、平均的な治療日数等や公的な保障制度が解説されています。
  • [就業不能保険商品別レビュー]:就業不能保険はまだまだ発展途上の保険で、就業不能状態に関する対応も、商品ごとで様々な違いがある点に着目し、販売商品を分析しています。

3-2.介護・医療の分析

医療器具

こちらでは、医療保険および介護保険の分析方法について解説します。

(1)医療保険の分析

みなさんが病気やケガをした際に、公的医療保険を補完する役割を担うのが民間の医療保険です。

ただし、経済的に余裕のある人にとって、必要性があまり高くない商品であることは事実です。

保険ソクラテスでは、そんな医療保険の特徴を踏まえ、次のような観点から解説を行っています。

  • [医療保険の仕組み]:医療保険の基本的な知識はもとより、公的医療保険との比較等を通して、加入する必要性を解説しています。
  • [医療保険の賢い選び方]:こちらでは、各世代・性別にふさわしい医療保険の保障内容・保険料相場を分析が中心となっています。ライフステージ毎の注目するべき医療保険選びを提案しています。
  • [公的な医療費補助制度]:民間の医療保険のみならず、公的医療保険制度で利用できる給付サービス(高額療養費制度等)を取り上げ、その特徴と注意点を解説しています。
  • [就業不能保険商品別レビュー]:個別商品別にその保障内容・保険料等のレビューをしています。各商品のメリット・デメリットを取り上げ解説しています。

(2)介護保険の分析

ご自分が要介護認定をうけ公的介護保険を利用する場合、こちらを補完する役割があるのは民間の介護保険です。

要介護認定者は増加傾向にあり、財源の確保が困難になりつつあることは事実です。公的介護保険制度が利用者の期待値以上に機能しない可能性を考え、代替的な方法を検討する必要があります。

保険ソクラテスでは、そんな介護制度のリスク等を踏まえ、次のような観点から解説を行っています。

  • [介護保険の仕組み]:介護保険の基本的な知識はもとより、公的介護保険との比較等を通して、民間介護保険へ加入する必要性を解説しています。
  • [介護費・その他関連データ]:親族や配偶者が介護状態になった場合、介護にかかる費用の平均額・相場を分析しています。在宅で介護または施設に入居に要する介護費や、介護保険施設と民間施設の施設費の違いも解説されています。
  • [公的な介護費補助制度]:介護費用は要介護者のリハビリや施設費だけではなく、「住宅改修費」「介護備品購入費」等もあります。これらの費用を補助する介護費補助制度の特徴や注意点を解説しています。

3-3.貯蓄型保険の分析

こちらでは、学資保険および個人年金保険の分析方法について解説します。

(1)学資保険の分析

将来の子供の教育資金の積み立てに特化した保険商品が学資保険です。保険時に、積み立てたお金の下りる時期を定め学資保険金として受け取ります。

ただし、教育資金としてしか積み立てられないという特徴と、子が将来、必ずしも大学や短大等に行くわけではないため、加入するか迷う人が多いのも事実です。

保険ソクラテスでは、そんな学資保険の加入に迷う方々のため、次のような観点から解説を行っています。

  • [学資保険の必要性と貯蓄性]:学資保険を選ぶ利点・必要性を個人向け国債等との比較して解説しています。
  • [学資保険の損をしない選び方]:月々の保険料や、加入時期、満期のタイミング等いくつか決めるべき項目をどのように効果的な決め方をするか分析しています。
  • [学資保険の保障機能]:学資保険は積立だけではなく、保護者が死亡または高度障害状態になった場合、以後の保険料が免除になる点等を取り上げ、加入を継続する場合のリスク管理を解説しています。
  • [教育費用の実態」]:子供の教育にかかる費用等のデータ、各地方自治体が行っている子育て支援制度、奨学金制度の内容等も解説しています。

(2)個人年金保険の分析

個人年金保険は、現役世代の時からお金をコツコツ積み立て、老後の資金として活用する私的年金です。

公的年金に不安を感じ、堅実に、ご自分のための老後の資金を積み立てたい人に向いている商品です。

保険ソクラテスでは、そんな個人年金保険による積み立てを希望する方々のため、次のような観点から解説を行っています。

  • [老後のための貯蓄方法]:個人年金保険の他にも投資信託や個人型確定拠出年金(iDeCo)を取り上げ、それらとの併用や比較を解説しています。
  • [個人年金の特徴]:個人年金保険の基本的知識に加え、個人年金保険の種類と利点・リスク等を分析します。また、個人年金保険料による節税効果や、その手続き等を解説しています。
  • [老後にかかる費用]:老後に一体どのくらいの費用がかかるかを検証しています。老後にゆとりある生活を楽しむための必要な費用や、公的年金についての内容、年金活用術を解説しています。
  • [個人年金保険個別レビュー]:個人年金の中でも特に外貨建て商品等の返戻率の高い商品、知名度のある円建て商品等を取り上げ、保険会社別にその注目点を解説しています。

3-4.損害保険の分析

説明をする男性

こちらでは、火災保険および自動車保険の分析方法について解説します。

(1)火災保険の分析

火災保険は、火災の他に自然災害等で建物や家財が被害を受けた場合を補償する商品です。建物と家財へ別々に保険をかけないと、補償対象になりません。

日本では木造家屋が多く、失火責任法で失火者に故意または重大な過失がないと、延焼被害をうけても賠償請求できないという規定があります。

保険ソクラテスでは、そんな火災に対する損害補償の注意点を考慮し、次のような観点から解説を行っています。

  • [火災保険の基礎知識]:火災保険の基本的な知識はもとより「建物」と「家財」とでは補償が区別されている点、補償範囲の広さ、保険料が決まる仕組みを解説します。
  • [火災保険が下りる被害]:火災保険は火災の他にも、水災、風災や雪災、盗難等も補償されます。それらの補償の仕組みと注意点を解説します。
  • [火災保険の選び方]:こちらでは建物・家財の適切な補償額や、火災保険の保険料を軽減するテクニックを提案し、保険料と補償のバランスを検証していきます。
  • [火災保険商品別レビュー]:個別商品別に建物・家財別の基本補償、費用保険金、特約の設定等をレビューし、読者に合った保険選びの参考のため商品を分析します。

(2)自動車保険の分析

自動車保険とは、強制加入である自賠責保険では補償しきれない賠償金を補填する任意保険です。

任意保険であるため未加入でもペナルティは無いですが、数億円にも上る賠償命令が加害者へ下されているため、加入は必要不可欠です。

保険ソクラテスでは、そんな自動車事故に対する賠償責任のリスクを考慮し、次のような観点から解説を行っています。

  • [自動車保険の基礎知識]:自賠責保険と任意保険の違いや、その加入後の手続き、自動車事故にかかわるデータを解説します。
  • [自動車保険の選び方]:自動車保険は契約車両の種類、年齢、免許証の色、等級でも保険料が異なるため、各条件の保険料の違いを分析します。
  • [自動車保険商品別レビュー]:個別商品別に基本補償、特約、保険料の設定等をレビューし、読者に合った保険選びの参考のため商品を分析します。

4.保険ソクラテスのサービス・その2

電話をする女性

保険情報メディア「保険ソクラテス」は、多角的な視点から保険を分析していて、とても勉強になります。

では、もう一つの事業内容である、保険相談サービス「保険ソクラテスのほけん相談室」について、詳細を知りたいです。

第4章では、ほけん相談室の特徴等を解説します。

4-1.保険のお悩みがあるのなら

情報サイトや書籍をみても更なる疑問や、不明な点は出てきてしまうものです。

その場合、家族や友人に聞いてもよほど保険へ深い知識がなければ明快な回答は得られないでしょう。

そんな時は、専門家からその相談にのってもらいましょう。保険の知識はもちろんのこと、現在の貯蓄等を踏まえた有益なライフプランを提案してもらえることでしょう。

保険ソクラテスでは、保険相談サービスも行っており専門のコンサルタントへ、いろいろな保険に関する相談をすることができます。

4-2.ほけん相談室とは

頭を抱える男性

保険相談サービス「保険ソクラテスのほけん相談室」は、いわゆる「訪問型」の相談サービスです。

保険のプロが相談者の希望する場所へ訪問し、保険に関するちょっとした相談から、ご自分へピッタリの保険プランづくりを行うサービスが利用できます。

相談を何回受けても無料です。サービスの特徴は次の通りです。

  • 訪問相談は全国対応:自宅近くに保険相談サービスの店舗の無い人にも、店舗で利用できる相談サービスがそのままご自宅で提供されます。
  • 取り扱う保険会社は29社:たくさんの保険会社の保険商品を比較・検討できます。新商品・インターネットから加入申込できない商品も扱い、選択肢が豊富です。
  • ベテラン・コンサルタントが担当:保険業界歴が平均12.1年の経験豊かなコンサルタントが丁寧にヒアリングし、ご自分に合った保険商品をご提案します。

4-3.保険見直しラボとは

保険ソクラテスのほけん相談室は、保険相談サービス業者の「保険見直しラボ」との提携で行われています。

つまり、訪問相談を頼んだからと言って、保険ソクラテスの運営スタッフが訪問するわけではありません。

相談自体はこの「保険見直しラボ」が担当することになります。

保険見直しラボは日本全国で保険相談サービスを展開する保険相談窓口の大手です。「株式会社Jリスクマネージメント」が運営しています。

この保険見直しラボにはユニークな制度があります。それが「イエローカード制度」です。

保険見直しラボでは、相談者の立場で保険相談を行う徹底した指導が行われています。

担当スタッフの過剰な営業行為、無礼な対応があった場合、コンサルタントの変更を行うので、安心して相談することができます。

5.保険ソクラテスのサービス・その3

笑顔の男性

保険ソクラテスのほけん相談室は、保険見直しラボという、しっかりとした業者と提携しているので安心ですね。

では、ほけん相談室の申込方法を知りたいです・・・。

こちらでは、ほけん相談室の申込方法の手順と、利用した方々の意見について解説します。

5-1.ほけん相談室の申込方法

申込方法はインターネットから予約することになります。相談の流れは次の通りです。

  1. 保険ソクラテスのほけん相談室の「無料相談の申し込み」ボタンを押し、申し込みフォームを開く
  2. 申し込みフォームで、相談者指名・性別・住所・配偶者や子の有無等を入力していきます。
  3. 内容確認し送信ボタンを押し、申込完了です。
  4. 予約日時に指定場所へ担当コンサルタントがうかがい相談開始。

基本的に連絡はメールのやりとりで行います。電話でのやり取りは不要なので、ご自分の空いた時間にいつでも予約が可能です。

5-2.ほけん相談室の利点

笑顔の家族

ほけん相談室の利点は何と言っても、ご自宅で質の高いアドバイスを聴けるということです。

ご自宅で相談者がリラックスしながら、相談内容に集中でき、有益なアドバイスや提案をうけることができます。

また、自宅でなら、店舗で相談したらプライバシーに関する情報が他のお客に聞こえるのでは、という不安もありません。

当然、お子さんがいても問題ありませんし、自宅の大事な書類を外に持ち出す必要はないので、個人情報も漏れることはありません。

5-3.利用した人の意見

こちらでは、ほけん相談室を利用した方々の意見を取り上げます。サービスを利用する際の参考にしてください。

(1)40代男性

子供のための学資保険を検討していたものの、決定に手こずり小学校入学目前となって、内心焦りを感じていた。担当の方は、保険の知らなかったことについてたくさん教えてくれた。おかげで保険の選択肢が増えて嬉しい。利率の高い学資保険、ネットで申込可能な生命保険を提案してもらい満足だ。

(2)30代女性

夫は「まだ若いからがん保険は大丈夫。」と言っていましたが、わたしは夫が、がん保険へ入っていないのが気がかりでした。担当の方は、ガツガツした勧誘もなくて丁寧な対応をしてくれて助かりました。いくつかのがん保険を提案してもらい、希望のがん保険を選べて満足です。

(3)20代女性

私は2人目を妊娠したことがきっかけで、夫の健康が少々不安になりました。もしも夫が亡くなってから、細々とした保険金額で2人の子供と生活していけるか心配でした。コンサルタントの方には、生命保険には返戻率の高いドル建てを勧められました。しかし、良い点ばかりではなく注意点も教えてもらい助かりました。そこで、以前加入していた夫の生命保険を解約し、提案して頂いたドル建て生命保険に変更しました。

(4)評価

担当者は特定の商品をゴリ押しすることもなく、質問等へ丁寧に対応しながら、的確なアドバイス、相談者に合った保険商品を提案しているようです。各相談者が有益なアドバイスを受け、保険選びの良い参考になったことが窺えます。

6.無料保険相談サービスについて

指導する男性

前述したような無料の保険相談サービスは、意外に多くの会社が行っているのでしょうか?

無料保険相談サービスの種類や、有益なアドバイスを得られるコツ等があれば教えてください・・・。

こちらでは、店舗型・訪問型の無料保険相談窓口等について解説します。

6-1.店舗型の無料保険相談窓口とは

店舗とは、駅前やショッピングモール等でお店を構えている、無料の保険相談窓口です。

相談者ができるだけリラックスして相談ができるように、キッズルームや授乳室、飲み物のサービスも行っています。

店舗は駅近なら通勤の帰りや、店舗がモール内にあるのなら買い物ついでに立ち寄れる手軽さがあります。

ただし、基本的に予約しないと、すぐに相談できないこともあるので注意が必要です。

また、隣のお客と薄い板1枚で仕切られるだけの場合が多く、お互いの声の大きさには注意する必要があるでしょう。

その他、都心に店舗を構える保険相談窓口の場合、駐車場が足りず自動車で訪れる際にやや不便な点があります。

6-2.訪問型の無料保険相談窓口とは

笑顔の夫婦

訪問型は、まさしく前述したほけん相談室のような形で相談サービスを受け付けます。相談者が店舗へ向かう手間が無いので便利です。

相談内容の質は、店舗型の場合と全く変わりません。ご自分の自宅はもちろん、付近のファミリーレストランや喫茶店でも相談が可能です。

ただし、自宅内をジロジロみられるのに抵抗のある人や、ファミリーレストランや喫茶店で相談しても、他のお客に聞かれることを心配する人には不向きなサービスです。

6-3.プレゼントも魅力だが・・・・

無料保険相談サービスを提供する業者では、相談の申し込みや保険契約をしてくれた相談者に、高級ハムやお米、お酒等のプレゼント・キャンペーンを行っている場合もあります。

プレゼント欲しさに利用すことも悪くは無いのですが、最優先されるべきはご自分に合った保険選びの参考となるアドバイスや提案です。

担当者から有益なアドバイス等を引き出すためには、相談者も受け身ではなく積極的に発言する必要があります。

相談者はある程度の保険の知識を持っておくことが大切ですね。そのために、保険情報メディア「保険ソクラテス」を参考にすることも良い方法と言えます。

7.まとめ

パソコンとメモ帳

保険選びは最終的に、ご自分の判断で決定するすべきです。そのため、保険情報メディア「保険ソクラテス」や、「保険ソクラテスのほけん相談室」は、その参考として大いに役立つはずです。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る