無料保険相談ショップは結局どこがいい?4つの項目で選んだ徹底比較ランキングを発表!

生命保険や医療保険、がん保険は任意で加入する保険です。そのため、加入するかどうかは加入希望者次第です。

ただし、加入しておけば公的医療保険を補完する頼りになる保険商品といえます。

また、介護保険は将来ご自分の介護が必要な場合、公的な介護保険を補う保険商品となり、養老保険は老後の安定した生活を送るための金銭的サポートが得られる保険商品です。

このように、いろいろな保険の種類があり、ご自分や家族のライフステージの変化やニーズに合った商品が見つかることでしょう。

一方で、これら保険商品は保険内容や加入条件が複雑でよくわからない場合もあり、ご自分だけで保険を選ぼうとすると、疑問点や不明な点がドンドン出てくることがあります。

このような疑問点・不明な点をそのままにした形で保険へ加入すれば、後から保険会社から加入を拒否された、加入できても請求した給付金が下りない、という様々なトラブルが発生することもあります。

そのため、保険の申し込み前に保険について相談できるサービスがあればありがたいですよね。

無料の保険相談ショップはそんな保険相談窓口の一つです。相談の担当者は保険の専門知識を持ち、いろいろな保険の質問に回答したり、ご自分に合った保険商品を提案したりする役割が期待できます。

今回は①相談の担当者の質、②取扱い保険会社数、③店舗設備、④アクセスの4点に分けて、おすすめ保険相談ショップをそれぞれ比較していきます。

この記事を読めば、保険相談ショップを利用する場合の参考資料の一つとして、役に立つことでしょう。

目次

1.保険の相談ショップについて

  • 1-1.保険の相談ショップとは
  • 1-2.無料の保険相談ショップが人気
  • 1-3.保険相談ショップのランキング
  • 1-4.失敗しない保険相談ショップ選びのポイントは4つ

2.おすすめの3つの保険相談ショップ

  • 2-1.保険見直し本舗とは
  • 2-2.ほけんの窓口とは
  • 2-3.保険クリニックとは

3.失敗しない保険相談ショップ選びのポイント・その1

  • 3-1.相談の担当者の質は大事!
  • 3-2.担当者の接客態度を比較する
  • 3-3.担当者の提案能力を比較する

4.失敗しない保険相談ショップ選びのポイント・その2

  • 4-1.取扱う保険会社は豊富かどうかがポイント!
  • 4-2.取扱い保険会社を比較する
  • 4-3.店舗によって扱える保険が異なることも

5.失敗しない保険相談ショップ選びのポイント・その3

  • 5-1.相談に集中できるのは店舗の設備次第!
  • 5-2.相談者のプライバシーが安心かを比較する
  • 5-3.子連れでも安心かを比較する

6.失敗しない保険相談ショップ選びのポイント・その4

  • 6-1.アクセスが良いかもポイント!
  • 6-2.駅近かどうかを比較する
  • 6-3.駐車場の有無やアクセスの悪さを補うサービスを比較

7.まとめ

1.保険の相談ショップについて

保険会社や共済の保険は公的な保険を補う頼もしい商品ではあるが、自分に合った保険についてイマイチよくわからない。

保険会社に資料を頼んでも、送付されてくる書類は内容が多すぎてみる気がしない・・・。

誰か良いアドバイザーになってくれる人はいないものか?

そんな時は、保険の相談ショップを利用しましょう。

こちらでは、保険の相談ショップとは何か、人気になっている相談ショップについて解説します。

1-1.保険の相談ショップとは

保険について、興味はあるが基本的な部分から専門家に質問していきたいという人もいれば、自分に合う保険商品が何かを選びたいという人もいるはずです。

また、希望する保険会社の商品は何種類か絞り込めているが、専門知識のある人の意見を聞いてみたいという人もいることでしょう。

そんな方々の良い相談相手となるのが、「保険相談ショップ」です。

保険相談の窓口の担当者は、保険の専門知識を有しています。素人にはない知識や違う視点からアドバイスを受けることが期待でき、大いに保険選びの参考となるはずです。

1-2.無料の保険相談ショップが人気

保険相談ショップは有料の場合もありますが、無料で何回も利用できる保険相談ショップが人気です。

近頃では、テレビのCMやインターネットで盛んに宣伝を行っている保険相談ショップがあり、どなたでも一度は見た記憶があると思います。

この無料の保険相談ショップは、各保険会社と提携し、手数料を受け取っているため、相談者から相談料を受け取ることはしません。

日本全国にチェーン展開をしている規模の大きな保険相談ショップも多く、ご自分の住んでいる地域の駅前や、ショッピングモール内にも店舗を構えていることでしょう。

1-3.保険相談ショップのランキング

インターネットの口コミサイト等で評判になっている保険相談ショップ(店舗型)をまとめると、次のようなランキングになります。

上位ランキング 店舗名(店舗型)
1位 保険見直し本舗
2位 ほけんの窓口
3位 保険クリニック
4位以下  オリックス保険プラザ、みつばちほけん他

第2章以降では、上位ランキング3位以内の「保険見直し本舗」、「ほけんの窓口」、「保険クリニック」をいろいろな項目から比較していきます。

なお、4位以下の保険相談ショップには「オリックス保険プラザ」と、「みつばちほけん」があります。

オリックス保険プラザは、オリックス生命の保険商品のみならず、生命保険16社・損害保険13社、合計29社の他社の保険商品も取り扱っています。

また、みつばちほけんは女性に配慮した対応が評価されています。ミツバチの可愛いキャラクターを起用している他、親子連れでも親が保険相談をしている間、スタッフが子供の面倒を見てくれる点が相談者から良い評判となっています。

一方、相談者が来店する店舗型(来店型)の保険相談ショップのみならず、保険相談スタッフが相談者のご自宅や、指定された相談場所を訪問する「訪問型」の相談サービスもあります。

この相談サービスは店舗を持たず訪問専門の業者が行っている他、店舗型の保険相談ショップでもサービスの一環として行っている場合があります。

1-4.失敗しない保険相談ショップ選びのポイントは4つ

こちらでは、失敗しない優良な保険相談ショップ選びについて説明します。主に次の4項目があげられるでしょう。

①相談窓口の担当者の質

相談窓口の担当者は保険の専門知識を有しています。しかし、自分の知識ばかりを語っても相談者にとって有益なアドバイスにならないこともあります。

担当者には、保険の知識に加えて相談者の質問をしっかりと聞くヒアリング能力と、的確な回答やアドバイスをするプレゼン能力が求められます。

②取扱い保険会社数

相談窓口の担当者の質が良くても、店舗で取扱うことのできる保険会社が少なくては、相談者に合った保険を選び難いことがあります。

相談者のニーズは一人一人異なり、各人にベストな保険を選びだすにはそれなりに取扱う保険会社が多く、保険商品も豊富なことが大切です。

③店舗設備

相談者が安心して相談に集中できる店舗となっているかも重要です。保険の質問には、他のお客に聞こえることが憚られる内容も当然含まれるものです。

相談者のプライバシーに配慮した工夫をお店側が行っているかどうかも重要です。

また店舗内は、雰囲気が暗いものや清潔感に欠けるものであってはなりません。

④アクセス

お店のある場所がアクセスの良い所にあるかどうかも重要です。アクセスが良いと、買い物帰りや仕事帰りに立ち寄れるという気軽さにつながります。

駅前やモール内にあることが理想ですが、これらアクセスの良い環境にないお店があるのは事実です。

そのアクセスの悪さをどのように補うサービスがあるかも、優良な保険相談ショップ選びのポイントとなります。

これら4項目については第3章以降で詳細を解説します。

2.おすすめの3つの保険相談ショップ

先ほど説明していた上位ランキング3位以内の保険相談ショップ、大変興味がある。

まずはどんな会社が保険相談ショップを運営しているのだろう?各保険相談ショップの概要が知りたい・・・。

こちらでは、上位ランキングの「保険見直し本舗」、「ほけんの窓口」、「保険クリニック」について説明します。

2-1.保険見直し本舗とは

保険見直し本舗は「株式会社保険見直し本舗」が運営している保険相談ショップです。

保険見直し本舗のお店は日本全国に252店舗存在します。この店舗はすべて直営店となっており、相談者から預かった情報の管理も一元化されています。

そのため、相談者が例えば単身赴任や引っ越し等で、以前に来店した店舗への再来店が難しくなっても、新しい住居の近くにある店舗に相談することが可能です。

仮に遠方へ転居して担当者が変更になっても、新しい担当者が以前の契約内容や経緯等を、しっかりと共有できるので安心して相談ができます。

保険見直し本舗を通した保険契約は、現在100万件以上となっており実績も十分です。

2-2.ほけんの窓口とは

テレビでCMを頻繁に行っており、一度ご覧になっている方々も多いことでしょう。

ほけんの窓口は「ほけんの窓口グループ株式会社」が運営しているお店です。

全国に600店舗以上を有する国内最大規模の保険相談ショップです。全国の中小規模の保険代理店とフランチャイズ契約を結び出店する方法をとっています。

当然、パートナー店・提携店にお店の運営を任せきりにするのではなく、運営サポートも行っています。

また、ほけんの窓口等で保険契約をした方々を対象に、年に一度、「安心の輪 定期便」が送付され、現在加入中の保険が各人のライフステージに合っているか定期的に確認できるサービスを行っています。

2-3.保険クリニックとは

保険クリニックは「株式会社アイリックコーポレーション」が運営する保険相談ショップです。現在、日本全国に181店舗以上を構えています。

保険クリニックは、日本初の来店型保険相談ショップとして1999年12月にオープンしました。

保険クリニックでは独自の比較・分析システム『保険IQシステム』を活用し、現在加入中の保険や加入を検討している保険を分析シートにまとめることができます。

この分析結果をグラフで表示し、保険商品の「なにが」「いつまで」「いくら」についてわかりやすく表示し、各保険会社の保障や保険料の比較検討に役立てています。

3.失敗しない保険相談ショップ選びのポイント・その1

無料で何回も相談できると言っても、相談のために来店するからには有益なアドバイスをもらいたいものだ。

優良な保険相談ショップ選びのポイントとして、窓口担当者のどんな面に注目する必要があるのだろうか?

こちらでは、優秀な相談の担当者について、そして前述した「保険見直し本舗」、「ほけんの窓口」、「保険クリニック」3つの保険相談ショップの担当者を、相談者の口コミから比較します。

3-1.相談の担当者の質は大事!

保険の質問や、保険の新規申込、保険の見直しをしたい場合、相談者としては相談が無料といっても有益なアドバイスを受けたいものですよね。

その際、保険窓口の担当者には、相談者からの問い合わせにしっかりと耳を傾け、わかりやすい回答を行うことが期待されます。

担当者にどれだけ保険の専門知識があっても、相談者へ質問を受け、それを踏まえた回答や相談者が納得できる提案を行わなければ、良いアドバイスになっているとはいえません。

また、相談者にわかり難い保険の専門用語や内容であれば、担当者の言葉による説明だけで、うまく伝わらないことが多いことでしょう。

そのため、わかりやすく図や表を使用しながら保険内容や仕組みを提示することで、相談者に理解を深めてもらうことが必要となります。

相談者の理解度に合わせつつ、的確な提案ができる担当者の多い店舗こそ、失敗しない保険相談ショップ選びの大きなポイントと言えます。

3-2.担当員の接客態度を比較する

いかに保険の専門知識が豊富な担当者でも、相談者に対して高圧的であったり、自分の提案が全て正しく相談者の質問内容に耳を傾けなかったりする場合には、とても質の高い人物とはいえません。

担当者の接客態度について、相談者の口コミから3つの保険相談ショップを比較してみます。

[保険見直し本舗]

○評価する口コミ

「窓口の担当者から提案前に各保険会社の保険プランの特徴を解説してもらった。担当者は前職が保険会社に勤務していたこともあって火災保険や自動車保険の話題を教えてくれた。話を聞いてナカナカ面白かった。相談者に配慮した接客をしていると感心した。」(40代男性)

「窓口の担当者は特定の保険を押しつけるわけでもなく、わかりやすい説明で複数の保険商品を公正・公平に紹介してくれた。おかげで十分な比較検討ができた。」(30代男性)

○批判的な口コミ

「提案内容について不満は無かった。しかし、担当者は一生懸命な接客をしていたつもりなのだろうが、保険の参考にする情報は正直その5割程度で間に合っていた。帰宅の際、パンフレット等もたくさん渡されたが、結局全部に目を通さなかった。」(50代男性)

○小括

特定の保険商品を押し付けず公正公平な視点で保険商品を紹介することや、担当者自身の前職の知識を参考として相談者へ話す姿勢が、信頼できる人物として評価されています。

一方、担当者が一生懸命な接客をしているつもりでも、相談者にとっては不要な情報まで提示する等、やや押しつけと捉えられるやり方に批判的な意見もありました。相談者がどんな情報・アドバイスを望んでいるかを慎重にヒアリングすべきだったと思われます。

[ほけんの窓口]

○評価する口コミ

「担当者の方は、初心者の私でも分かりやすく説明してくれた。保険の相談は初めてだったが相談しやすかった。とても明るく接してくれて満足だ。時間を気にすること無く質問できた。」(年齢非公表女性)

「親切丁寧、信頼性があるプランナー(窓口の担当者)なので、再度相談に行ってみた。変わらずに親身に相談を聞いてくれて安心できた。また訪問したい。」(50代男性)

○批判的な口コミ

「何度かお店に足を運んで相談していたが、途中で担当者が異動で変わった上に、引継ぎがスムーズにできてなかったようだ。また私の方から相談内容を一から説明する歯目になり、余計な手間がかかった。正直、接客態度に不満がある。」(40代男性)

○小括

わかりやすい説明や、何回来店しても親身になって相談を聞いてくれる姿勢が評価されています。

一方、途中で担当者が異動になり引継ぎがスムーズにいかず、手間をかけさせたことに不満を持つ相談者もいます。新旧担当者は互いに情報共有に努め、スムーズなアドバイスを行うことも評価される接客のポイントです。

[保険クリニック]

○評価する口コミ

「保険料を抑えたいと最初に希望しても担当者の方は嫌な顔一つせず、保険料を下げるポイントを丁寧に教えてくれました。パンフレットには書いてない話題もあり、相談者のために接客してくれているんだと安心しました。」(30代女性)

「担当者は保険について無知な私たち夫婦に、保険を一からわかりやすく教えてくれました。親身なって対応してくれる姿勢に感謝しています。」(30代女性)

○批判的な口コミ

「保険を見直したくて、ネット予約しましたが返信がありませんでした。数日後に担当者からネットの不具合で確認できなかったと連絡をもらいました。改めて予約を取り直しましたが、その後何の連絡もなく当日になり、予約できてるか店舗に連絡してもつながりません。店舗に着いても誰もいませんでした。がっかりです。」(年齢非公表女性)

○小括

保険料を抑えたい相談者にも丁寧に保険料を下げるポイントを教えたり、保険を一からわかりやすく教えてくれたりする姿勢が評価されています。

一方、批判的な口コミですが予約手続きの不手際をはじめ、店舗に着いてもスタッフが誰もいない状況は非常に問題です。店舗側に何らかのトラブルがあったのか不明ですが、店舗にはどんな状況でもスタッフを1名程度待機させ、お客の対応に当たるべきでした。

[総括]

3つの保険相談ショップとも、相談へ親身になって対応し、わかりやすく思いやりのある説明・回答を行う担当者が多いことが窺えます。

一方で、相談者が希望する以上の情報を与えすぎる、引継ぎがスムーズにいかず相談者の情報共有ができていないという、少し担当者が気を付ければ避けられるミスもあります。

ただし、店舗に着いてもスタッフが誰もいなかったというのは、接客する立場のお店側にとって非常に大きなミスです。スタッフのシフトや配置をしっかり確認する必要があるでしょう。

3-3.担当者の提案能力を比較する

相談者の希望・健康状態・経済状態等に合ったベストな提案を行うことは、接客態度と共に問われる担当者の質と言えます。

担当者の提案能力について、相談者の口コミから3つの保険相談ショップを比較してみます。

[保険見直し本舗]

○評価する口コミ

「がん保険への加入を希望していたが、担当者の方の親族の話を参考に、がんになった時に必要だと思う保険内容等をわかりやすく提案してくれた。近頃の治療は入院よりも通院での治療が多く通院給付金を重視し、一時金が2年毎におり、がんと診断されれば保険費用を払わなくても良い等、今まで知らなかったがん保険を提案してもらった。」(20代女性)

「1社でまとめて契約するのではなく、いりいろな保険会社の中から自分に合ったプランを選び、必要な部分だけを契約する形に変えることを提案してもらった。保障内容も手厚くなり掛け金も軽減され、とても満足だ。」(30代男性)

○批判的な口コミ

「担当者の質問の仕方が、“死亡時どのくらいお金が必要か?”、“保険料はいくらまでなら大丈夫か?”という聞き方だった。提案の順序としては、私の年齢や家族構成を考えて、生活費・教育費の大体の目安から、“死亡時にいくらあれば安心”、というようなアドバイスから入るべきだ。いきなりお金のことを聞かれても困る。普通、相談者は具体的な金額を想定して来店しないだろう?がっかりだ。」(40代男性)

○小括

保険の素人ではなかなか思いつかない、がんの治療の現状を踏まえた提案や、複数の保険商品を組み合わせた提案を行うセンスが評価されています。

一方で、具体的な保険金額や保険料を唐突に聞いてくる担当者がいるのも事実です。保険の知識があることは当然ですが、プレゼンを行う手順もしっかり考えるべきでしょう。

[ほけんの窓口]

○評価する口コミ

「私は喘息の持病があって、妊娠中でしたが医療保険に入りたくて相談しました。持病や妊娠中でも加入できるかもしれない候補として、10社程度提案していただき、最終的に希望の保障内容で加入できる保険は1社に縛ることができました。担当者のスムーズな提案に感謝です。」(30代女性)

「火災保険について相談しましたが、“マンションで2階以上だったら『水災』補償は無くても大丈夫”であることや、“逆に自分たちが火元となって隣家まで延焼させた場合のことも考え『類焼損害補償』はつけておいた方が安心”など、的確に提案してくれました。自分たちが最低限必要とする補償内容をカバーしたプランに契約できて満足です。」(30代女性)

○批判的な口コミ

「できるだけたくさんの会社について話を聞きたかったが、なんだかわざと特定の会社を勧めているような担当者だった。最初からその保険会社で契約をさせるような提案をされ不信感が沸いた。」(20代女性)

○小括

持病や妊娠中の人でも加入できる保険を限られた時間で提案できる能力、火災保険に関して知識を相談者の生活状況に合わせて説明し、的確に必要と思われる補償を提案する能力が評価されています。

一方、たくさんの保険を紹介してもらいたい相談者に対し、特定の保険しか勧めない担当者もいて、しっかりと相談者からヒアリングしたのか疑問が残る対応といえます。

[保険クリニック]

○評価する口コミ

「担当者が同年代の女性でしたので、家計を切り盛りする“主婦目線”で提案してもらえてよかったです。保険の切り替え手続きのタイミングについてもお知恵を頂けて大満足です。」(30代女性)

「保険料を抑えたい私でしたが、“これだけ保険料を下げれば保障はこの位ですが、お金を少し出してこの保障をつけておいた方が安心だと思います”など、私だけでは全く気付かなかった点も提案して下さり感謝してます。」(30代女性)

○批判的な口コミ

「提案してもらったA社、B社は良いのだが、保障される病気の範囲を比べたいと頼むと、それは約款を見ないと分からない、時間がかかると言われ、断られた。説明や提案が経験不足なのか?がっかり。」(年齢非公表女性)

○小括

同年代に共通した視点から保険を提案してもらったり、自分では気付かなかった補償について提案してもらったりして、相談者に合ったベストな保険を選びだす担当者の能力が評価されています。

しかし、明らかに保険の知識不足、提案力がたりない担当者もいるようです。更なる知識と提案能力の向上が求められます。

[総括]

相談者の気付けかった視点から、相談者に必要な補償を提案したり、相談者の実情に沿ったベストな保険を提案する能力を有する担当者が、3つの保険相談ショップに共通して数多くいることが考えられます。

しかし、最初から特定の保険に絞りすぎる担当者、具体的な金額をいきなり聞いてくる担当者、明らかに知識不足の担当者がいることも事実です。

4.失敗しない保険相談ショップ選びのポイント・その2

相談者の質がいかに高くても、店舗で取り扱える保険会社が多く無ければ、保険選びが制約されてしまうなあ。

この3つの保険相談ショップは、どの位たくさんの保険会社を扱っているのだろう?

こちらでは、3つの保険相談ショップがそれぞれ取扱う保険会社数を比較してみます。

4-1.取扱う保険会社は豊富かどうかがポイント!

保険相談ショップでとり扱える保険会社・商品が豊富だと、それだけ相談者の希望に合った保険選びが期待できます。

例えば相談者が、がん保険について保険商品を選ぶ際、以前にがん手術を行ったという傷病歴があり、選べる保険商品が限定されてしまうこともあります。

その場合に扱える保険商品が多いと、がんの闘病歴があっても入りやすいがん保険で、かつ相談者が望む保険内容に近い商品を選べる可能性が高まります。

ただし、相談者に相応しい保険商品をピンポイントで見つけ出す担当者の能力も、店舗で扱う保険商品が多数であるのと同様に不可欠な要素と言えます。

4-2.取扱い保険会社を比較する

3つの保険相談ショップそれぞれの取扱う保険会社数は次の通りです(2018年時点)。

取扱う保険会社 保険見直し本舗 ほけんの窓口 保険クリニック
生命保険会社 26社 27社 24社
損害保険会社 16社 17社 16社
少額短期保険会社 3社
合計 45社 44社 40社

3つの保険相談ショップいずれも、取扱う保険会社数は40社を超え、相談者が十分比較検討できる保険商品の種類が揃っているといえます。

4-3.店舗によって扱える保険が異なることも

3つの保険相談ショップで取扱う保険会社数は豊富ですが、同じ相談ショップの店舗の中でも、それぞれ取り扱うことのできる保険会社数が異なることに注意するべきでしょう。

特に中小規模の保険代理店とフランチャイズ契約を結び店舗を拡大している場合は、各店舗に経営管理を任せているため、店舗ごとに扱える保険会社数にも差が出てしまいます。

保険相談ショップに行く前に、保険会社の商品を数点ほど絞り込んで担当者の意見を聞きたい場合もあることでしょう。ただし、訪問を予定しているお店が扱っていない保険会社の商品であることも考えられます。

そのため、自分で事前に選んだ保険商品を相談したい場合は、来店前にお目当ての商品を取り扱っているかどうか確認しておきましょう。

5.失敗しない保険相談ショップ選びのポイント・その3

相談をリラックスして行うためには、店舗の設備も重要だ。清潔感は大切だが、相談者の事情に配慮した心配りも大事だ。

3つの保険相談ショップには、プライバシー等に配慮した設備が整っているのだろうか?

こちらでは、各相談ショップの設備を比較してみます。

5-1.相談に集中できるのは店舗の設備次第!

快適な相談環境を保つため、店内の冷暖房等が適温であるかはもとより、相談者のプライバシーが守れるかもポイントの一つです。

持病に関する個人情報等、他の客に聞かれることに抵抗を感じる方々は数多くいらっしゃいます。その場合に個室があれば安心して相談員へ質問ができます。

一方、児童や乳幼児を連れて来店する相談者もいます。相談中に子供が飽きて泣きだしたり、乳幼児ならば授乳したりする必要が考えられます。

店内にキッズスペースのような子供を遊ばせられる場所があれば、子供はいろいろなおもちゃ・絵本等に夢中になるので安心して親は相談できます。また、授乳室もあれば相談をいったん中断し授乳することも可能です。

このような設備のあると、相談者にとって快適で安心できる店舗と評価されることでしょう。

5-2.相談者のプライバシーが安心かを比較する

保険見直し本舗、ほけんの窓口、保険クリニックいずれの場合も個室があるお店と無いお店がバラバラです。

この3つの保険相談ショップの設備に関する口コミでは次のような意見が共通して多いです。

「店内は清潔ではあるが、個室が無く隣のお客に相談が聞かれないか不安」、「駅ビルの中にあるからか、相談している側としてはガラス越しに見える通行人の視線が気になる」、「席の間仕切りが低く、隣に目をやれば隣のお客の顔が見えそう」と、不安を感じる口コミが目立ちます。

店舗の広さも関係し、プライバシーを守る設備を整え難いのはやむをえないことといえます。

そこで、各店舗とも、相談ブースは外から見えないようにしたり、相談者が隣同士になる席の間仕切りを高くしたり、繁忙期は予約制にして相談者が互いに顔を合わせたりしないようにする等、何らかの工夫が求められます。

5-3.子連れでも安心かを比較する

親子連れで訪問した時、店内に子供を遊ばせられるキッズスペースのような設備があれば安心です。しかし、店舗のスペースの関係で3つの保険相談ショップいずれも、全店舗でこの設備を完備しているわけでは無いようです。

手があいているスタッフが子供と遊んでくれていることを感謝する口コミもありますが、親子連れで来店を希望する場合には、事前に電話のオペレーターへキッズスペースを利用したい旨を伝えましょう。

キッズスペースの設備があるお店を案内してもらえます。

6.失敗しない保険相談ショップ選びのポイント・その4

相談をしに来店する以上は、アクセスの良い場所にお店があれば良いが。

たとえアクセスが悪くても、それを補うサービスを各保険相談ショップとも行っているのだろうか?

こちらでは各相談ショップのアクセスの良さを比較してみます。

6-1.アクセスが良いかもポイント!

都心や大都市のようにアクセスが良いところでは、電車・バスのような公共交通機関を利用した来店が考えられます。

お店が駅前またはステーションビルにあったり、バスの停留所の近くあったりすると、相談者は道に迷うことがなくて便利です。

一方、自動車で来店する相談者を考慮する必要があります。お店の近くに駐車場があるかどうかも重要なポイントです。

お店に近い無料の駐車場があれば理想的ですが、なかなかその確保は難しい面があります。

6-2.駅近かどうかを比較する

3つの保険相談ショップとも、次のように共通した口コミが目立ちました。

「駅前にお店があったので迷わず来店できた。」、「自分の馴染みのモール内にお店があったのでわかりやすかった」という評判が多いことから、相談者に負担のかからないよう、各相談ショップは便利な立地を確保していることが考えられます。

しかし、このよう口コミもありました。「ステーションビルに入っていると聞いたが、人の往来も激しく店舗が見つけにくかった。」、「駅近ではあるが繁華街も近くにあったのでわかり難い。せめて立て看板でも設置して場所を示してほしい。」、このようにアクセスへの不満点も共通してありました。

看板の設置にもある程度の規制は考えられるのですが、相談者が道に迷わないような工夫が求められています。

6-3.駐車場の有無やアクセスの悪さを補うサービスを比較

3つの保険相談ショップでは、駐車場の不便さをあげる相談者が多かったです。

とはいえ、特に都心や大都市では駐車場の数は限られる以上、なかなか自動車での来店は難しい場合が多いです。

そのため、アクセスの不便を補うサービスは3つの保険相談ショップそれぞれで行っています。

それが、相談者の自宅や指定された場所へ相談スタッフが向かう「訪問サービス」です。

このサービスは保険見直し本舗、ほけんの窓口、保険クリニックいずれでも、出張費等は一切要求しておらず、誰でも無料でご利用できます。

ただし、このサービスの利用エリアはそれぞれ異なります。

訪問サービス 保険見直し本舗・保険クリニック ほけんの窓口
利用エリア 離島や山間地域等の一部を除き、原則として日本全国対応 京都・兵庫・大阪・奈良・愛知・三重・福岡の一部地域のみ

7.まとめ

3つの保険相談ショップは相談の担当者の質、取扱い保険会社数、店舗設備、アクセスの向上・充実に努めている優良な相談窓口です。お時間がある場合には、保険会社の保険商品の比較も良いですが、それぞれの保険相談ショップを実際に来店して比較するのも面白いかもしれません。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る