楽天損保のホームアシストとは?知っておくべき補償内容とメリット、デメリットと評判

「楽天損保のホームアシストってどんな保険なのだろう?」

あなたは疑問に思ったことはありませんか?

デメリットや評判も知りたい。。。

そんなあなたに!この記事を読めば、楽天損保のホームアシストについて、その特長や補償内容、メリット、デメリット、さらには評判について、丸わかりです!

そもそも火災保険・地震保険はどういったものなのか、というところから解説していきますので、お見逃しなく!

1.  そもそも火災保険とは?

火災保険のシミュレーションによって保険料の相場を知ろう!

今回は、楽天損保のホームアシストという家庭総合保険ついて、見ていきます。

ですが、その前に、火災保険と地震保険について見ていきましょう。

1.1  火災保険とは

火災保険とは、火災のほか一定の災害による損害、さらにそれに伴い発生した費用について保険金を支払う保険です。

主な火災保険は以下のとおりです。

<住宅火災保険>

対象・・・専用住宅建物とその収容家財

保険金の支払い・・・火災、落雷、破裂・爆発、風・ひょう・雪災による損害と、これらの損害を受けた際に発生した臨時費用・残存物取片付け費用・失火見舞費用など

<住宅総合保険>

対象・・・専用住宅建物とその収容家財

保険金の支払い・・・住宅火災保険で補償する損害および費用のほか、建物外部からの物体の落下・衝突、水濡れ、水災、集団行動、盗難による損害など

<普通火災保険(一般物件用)>

対象・・・店舗や店舗併用住宅などの建物とその収容動産

保険金の支払い・・・住宅火災保険とほぼ同じ損害と費用

<店舗総合保険>

対象・・・店舗や店舗併用住宅などの建物とその収容動産

保険金の支払い・・・住宅総合保険とほぼ同じ損害と費用

<団地保険>

対象・・・団地やマンションなど耐火造共同住宅建物(の居住者)

保険金の支払い・・・住宅総合保険とほぼ同じ損害(水害を除く)と費用、物保険・費用保険・傷害保険・賠償責任保険の4つの保険がセット

となっています。

1.2  補償内容

次に、火災保険の補償内容について、見ていきます。

<火災>

失火やもらい火、放火などによる火災の損害を補償します。

契約者または被保険者などが放火犯の場合は補償されません 。

<落雷>

落雷による損害を補償します。

<破裂・爆発>

ガス漏れなどによる破裂・爆発の損害を補償します。

<風災・雹(ひょう)災・雪災>

風災・雹(ひょう)災・雪災の損害を補償します。

<水災>

台風や豪雨等による洪水などの水災の損害を補償します。

地震による津波を除きます。

<建物外部からの物体の落下・飛来・衝突>

自動車の飛び込みなどによる損害を補償します。

<漏水などによる水ぬれ>

給排水設備の事故や他人の戸室で生じた事故に伴う漏水による水ぬれ損害を補償します。

<騒擾(そうじょう)・集団行動等に伴う暴力行為>

集団行動などに伴う暴力行為・破壊行為による損害を補償します。

<盗難による盗取・損傷・汚損>

盗難による盗取(とうしゅ)や損傷・汚損などの損害を補償します。

<不測かつ突発的な事故(破損・汚損)>

誤って自宅の壁を壊した場合などの偶然な事故による損害を補償します。

となっています。

1.3  保険金額

次に、火災保険の保険金額について、見ていきます。

火災保険の保険金額は、再調達価額で契約するのが基本です。

ただし、保険価額(おおよそ時価)で契約した場合、損害保険金は以下のとおりとなります(住宅火災保険、住宅総合保険など)。

・保険金額が保険価額の80%以上の場合

実際の損害額で支払われる(ただし、保険金額を限度)

・保険金額が保険価額の80%未満の場合

比例補填の損害保険金の額(保険金額を限度)=損害額×保険金額/保険価額×80%

・価額協定保険特約

価額協定保険特約とは、建物については再調達価額、家財については再調達価額または時価を基準として保険金額を設定し、保険金額を限度として、実際の損害額が支払われる特約です。

となっています。

以上、火災保険についてでした。

2.  火災保険でセットで契約される地震保険とは?

次に、地震保険について見ていきます。

地震保険は、火災保険とセットで契約されます。

2.1  地震保険とは

地震保険とは、地震・噴火・津波を原因として、建物や家財が火災・損壊・埋没または流失となった場合に保険金が支払われる保険です。

地震保険の対象となるのは、居住用の建物(戸建・マンション、専用住宅・併用住宅)および家財です。

地震保険単独での契約はできず、必ず住まいの火災保険に付帯して契約します。

震保険の保険期間は、主契約である火災保険の保険期間と同じですが、火災保険の保険期間が1年を超える場合は、1年間の自動継続または火災保険の保険期間の範囲内で最長5年の長期契約を組み合わせることになります。

なお、地震保険は、火災保険の保険期間の途中で付帯することもできます。

2.2  補償内容

次に、地震保険の補償内容についてです。

地震保険で担保される損害は、地震・噴火・津波を原因として建物や家財が火災・損壊・埋没または流失となった場合です。

家財の範囲には、自動車、通貨、有価証券、1個または1個の価額が30万円を超える貴金属、宝石などは含まれず、地震保険の補償対象とはなりません。

火災保険では、地震等による火災損害(地震等により延焼・拡大した損害を含む)は免責となっており、地震火災費用保険金が支払われるのみです(建物の場合は半焼以上で保険金額の5%、300万円程度)。

そのため、地震などによる損害に備えるには、地震保険にも加入する必要があります。

2.3  保険金額の範囲

地震保険の保険金額は、主契約(住宅火災保険や住宅総合保険など)の保険金額の30%~50%の範囲内で別個に定めます。

ただし、建物は5,000万円、家財1,000万円を限度とします。

2.4  保険料と割引制度

地震保険の保険料は、建物の構造と所在地によって異なります。

建物の構造は「イ構造(一定の耐震性・耐火性が認められた建物)」または「ロ構造(それ以外の建物)」の2区分に区分され、所在地は都道府県別の危険度に応じて1等地~4等地に区分されています。

平成26年7月1日以後の契約については、保険料の料率改定に伴い、等地による格差の平準化を図るため、4区分が3区分に集約されています。

各損害保険会社では、損害保険料率算出機構が算出して金融庁長官に届出を行った保険料率(基準料率)を使用しており、損害保険会社によって地震保険の保険料が異なることはありません。

なお、地震保険の保険料には、割引制度があり、いずれか1つの適用を受けることができます。

平成26年7月1日以後契約の割引率について見ていきます。

・建築年割引 10%

・耐震等級割引 耐震等級1:10% 耐震等級2:30% 耐震等級3:50%

・免震建築物割引 50%

・耐震診断割引 10%

となっています。

2.5  保険金の支払

地震保険は損害額を基に保険金を支払うのではなく、損害を4区分に分類し、保険金額に各々一定の率を乗じた保険金としています。

概要は以下のとおりです。

・全損の場合・・・保険金額の全額(時価額が限度)

・大半損の場合・・・保険金額の60%(時価額が限度)

・小半損の場合・・・保険金額の30%(時価額が限度)

・一部損の場合・・・保険金額の5%(時価額が限度)

以前は、全損・半損・一部損の三区分でしたが、近年の地震災害の多さなどを受けて、改定が行われて大きく分けて上記の4区分となりました。

また、建物の場合と家財道具の場合とで少し認定が異なり、建物でも損害の受け方(建物に損害を受けた場合と、焼失・流失した場合と)でも認定条件が異なりますので、各社火災保険のパンフレットなどで確認してください。

以上、地震保険についてでした。

3.  楽天損保のホームアシストの特長とは?

次に、楽天損保のホームアシストという保険商品について、見ていきます。

まずは、その特長から見ていきます。

3.1  リーズナブルな保険料

1つ目の特長は、リーズナブルな保険料です。

例えば、マンションの場合、保険期間10年で10,300円となり、一戸建ての場合、保険期間10年で18,600円となっています。

3.2  費用保険金も充実

2つ目の特長は、費用保険金も充実している点です。

ホームアシストには、損害保険金だけでなく、様々な事態に対応できる費用保険金が充実しています。

災害時諸費用、地震火災費用、 水道管修理費用、緊急時仮住い費用、鍵前交換費用、特別費用、損害防止費用があります。

3.3  業界最高水準の無料サービス

3つ目の特長は、業界最高水準の無料サービスです。

応急処置に係る作業料、出張料が無料で、保険期間中、何度で利用可能です。

水廻りのトラブル、カギのトラブル、ガラスのトラブル、エアコンのトラブル、給湯器のトラブルに対応しています。

3.4  お客さまにあわせた自由設計

4つ目の特長は、お客さまに合わせた自由設計ができる点です。

ホームアシストでは、お客さまのライフスタイルに合わせて補償を選ぶことができます。

例えば、補償はシンプルにして、保険料をおさえたり、また補償を充実させて、しっかり備えたりできます。

3.5  24時間・365日の事故対応

5つ目の特長は、24時間・365日事故対応してくれる点です。

大規模な自然災害が発生した場合、楽天損保からお客さまへのお見舞いと被害状況確認の連絡をするサービスや、土日・祝日もサービスセンターをオープンし、保険金のお支払額のご案内や、損害確認の手配などを実施します。

以上、楽天損保のホームアシストの特長についてでした。

4.  楽天損保のホームアシストの補償内容とは?

火災保険の見積もりの相場は?火災保険の見積もりについて詳しく解説!

次に、楽天損保のホームアシストの補償内容について見ていきます。

4.1  お客さまに合わせた自由設計

楽天損保のホームアシストでは、先ほども見たように、お客さまに合わせた自由設計ができます。

基本補償として、①火災・落雷・雷・破裂または爆発②風災・雹(ひょう)・雪災が補償され、選択で、③水災④建物の外部からの物体の衝突等⑤水漏れ⑥騒擾(そうじょう)または労働争議等⑦盗難⑧不測かつ突発的な事故(破損・汚損等)が補償されます。

さらに、プラン共通の費用保険金として、災害時諸費用、地震火災費用、水道管修理費用、緊急時仮住い費用、鍵前交換費用、特別費用、損害防止費用が補償されます。

4.2 選べるオプション(日常生活の補償)

ご希望により基本となる補償に以下のオプション(特約)をセットできます。

・個人賠償責任補償特約

日本国内または国外の日常生活において、偶然な事故により他人の身体を傷つけたり、財物を破損した結果、法律上 の損害賠償責任を負担することにより損害を受けた場合に保険金をお支払いします。

また、応急手当および訴訟費用は別にお支払いします。

お支払限度額は無制限で、ご家族の方も補償の対象であり、示談交渉サービス付きとなっています。

・借家人賠償責任補償特約(修理費用補償特約自動セット)

火災、破裂または爆発により借用する戸室が破損し、借用戸室の貸主に対して法律上の損害賠償責任を負担することにより損害を受けた場合に保険金をお支払いします。

また、借用する戸室が損害を受け、貸主との賃貸借契約に基づき修理した場合の費用をお支払いします。

・類焼損害補償特約

ご自宅の火災、破裂または爆発の事故で近隣の住宅やその家財に損害を与えた場合に保険金をお支払いします。

4.3 選べるオプション(建物や家財の補償)

ご希望により基本となる補償に以下のオプション(特約)をセットできます。

・建替費用補償特約 (保険の対象が建物の場合のみ)

事故により、建物が協定再調達価額の70%以上の損害を受け、同一用途の建物に建て替えた場合の費用をお支払いします。

・共用部分修理費用補償特約(保険の対象が区分所有建物の場合のみ)

バルコニー等のような使用または管理する建物の共用部分が損害を受け、修理した場合の費用をお支払いします。

・防犯対策費用補償特約 (保険の対象が建物の場合のみ)

建物に不法侵入を伴う犯罪行為が発生し、再発防止のために、建物の改造を行った場合の費用をお支払いします。

・持ち出し家財補償特約 (保険の対象が家財の場合のみ)

旅行等で建物から一時的に持ち出された家財が、日本国内で事故により損害を受けた場合に保険金をお支払いします。(現金等、預貯金証書を除きます。)

・引越し中の損害補償特約 (保険の対象が家財の場合のみ)

建物から転居先の住宅に運送中の家財が、事故により損害を受けた場合に保険金をお支払いします。(現金等、預貯金証書を除きます。)

4.4 プラス地震保険

地震、噴火またはこれらによって発生した津波によって、建物や家財が損害を受けた場合に保険金をお支払いします。

保険金は、地震で建物が損壊したり、地震による火災で建物・家財が燃えたり、津波で建物・家財が流失したり、噴火で建物が埋没した場合にお支払いします。

火災保険では、地震等による火災(およびその延焼・拡大損害)によって生じた損害や、火災(発生原因を問いません)が地震等によって延焼・拡大したことにより生じた損害はいずれも補償されません。

地震保険をご契約いただける対象は、居住用の建物 (住居のみに使用される建物および併用住宅をいいます。)と、家財(ただし、自動車や1個または1組の価額が30万円を超える貴金属類等は除かれます。)となっています。

以上、楽天損保のホームアシストの補償内容についてでした。

5.  楽天損保のホームアシストのメリットとは?

次に、楽天損保のホームアシストのメリットについて見ていきます。

メリットは2つあります。

5.1  プランの選択肢が多い

先ほども見たように、楽天損保のホームアシストは、プランの選択肢が多いです。

様々なプランの選択肢があるので、保険料を抑えることもできます。

5.2  クレジットカード払いができる

楽天損保のホームアシストの保険料は、クレジットカード払いができます。

以前は、口座引き落としのみでしたが、クレジットカード払いもできるようになったので、クレジットカードのポイントを貯めたい方にはいいかもしれません。

以上、楽天損保のホームアシストのメリットについてでした。

6.  楽天損保のホームアシストのデメリットとは?

merit_demerit

次に、楽天損保のホームアシストのデメリットについて見ていきます。

デメリットも2つあります。

6.1  保険料の割引制度が少ない

楽天損保のホームアシストでは、年払いの場合は長期年払となり、割引が適用されますが、他社でよくある、オール電化割引やホームセキュリティなどの割引制度はありません。

6.2  月払いできるのは1年契約のみ

楽天損保のホームアシストでは、月払いできるのは1年契約のみとなっています。

10年契約での月払いはできないので、注意しましょう。

以上、楽天損保のホームアシストのデメリットについてでした。

7.  楽天損保のホームアシストの評判とは?

最後に、楽天損保のホームアシストの評判について見ていきます。

どんな評判なのでしょうか。

7.1  評判①

火災保険は火災時にしか使えないのかと思っていたのですが、盗難被害に遭った時、火災保険を使えてとても助かりました。バッグの盗難に遭った時のこと、そのバッグの中に自宅の鍵が一緒に入っていたので、鍵を全て取り替えなければならなくなりました。 実費だとかなり高くなるという話だったのですが、火災保険の盗難補償を使って、出費ゼロで鍵の交換ができたのです。ただ、家財に対する盗難補償はなかったので、バッグやバッグの中に入っていた他のものは保証されませんでした。保険を利用する機会は少ないですが、こんな風に万が一もありますから、最悪の事態に備える意味でとても重要な存在だと思います。

7.2  評判②

家を建てた時には楽天損保ではない保険に入っていました。住宅ローンを利用するにあたって、銀行から勧められた火災保険の中から選んだので、特に保険会社や補償内容も選んでいなかったのです。それが、保険料改定のタイミングで楽天損保に見積もりをお願いしてみたところ、立地的に全く必要のない補償が付いていたこともあり、保険料を大幅にダウンさせることに成功しました。 火災保険の保険料なんて、どこの保険会社でもそれほど変わらないだろうと思っていたのですが、我が家の場合、約15万円ほど安くなったので侮れません。特に、保険会社を選ばずに契約してしまったという人は、機会があれば他の火災保険と見積もりをしてみた方が良いと思います。

7.3  評判③

火災保険は身近なものではないので、補償内容に関してもよく分からない部分が多い、というのが正直なところです。それに、自分の家にどのような補償をつけるのがベストなのか…という点も、正解が見えない部分だと思います。楽天損保に加入したのは、担当の方がその辺りをしっかりと見極めて、マイホームに一番適したプランを提案してくれたからです。 その担当の方は、マイホームの状態だけではなく、近くに建っている住宅状況も含めて考えて、震災時のリスクの高さについて説明してくれました。おまけに、近隣の住宅の火災保険加入状況まで調べていたので、この方の提案なら信用できると感じました。提案力の高さに驚くと共に、その提案に納得した上で加入できたので良かったです。

7.4  評判④

現在賃貸物件に住んでいますが、大家さんから勧められたのが楽天損保だったので、そのまま加入しました。詳しい保険の内容も分からずに加入したのですが、調べてみると、他の保険会社よりも保険料はかなり安いようです。しかも、補償内容は以前住んでいたところで加入していた保険よりも手厚いので、本当に利用者のことを考えた火災保険だと思います。 最近大きな震災も増えていますし、震災があった時に補償されなければ意味がないと感じたので、地震保険もつけました。以前は地震保険がついていなかったのですが、最近大きな地震も多くなってきているので…。万が一の事態に備えるための保険ですから、以前と変わらない保険料で安心できる内容になって満足しています。

7.5  評判⑤

住宅を購入するにあたり、どのような火災保険が良いのか悩んでいました。最初に不動産会社の方からも火災保険を紹介されたのですが、そちらは費用が高くを見送ることに。こちらは大手の商品ということもあり、安心感もあります。ただ、商品によって価格差が大きいのでなにが違うのかよくわからなかったのですが、楽天損保の場合は説明も非常にわかりやすく、料金についても納得した上で決めることができました。

7.6  評判⑥

マンション購入にあたり入る火災保険についてメーカー指定の火災保険でいいと思っていたのですが、特に指定のものがなかったので自分で探すことに。他にも検討していた保険が1つあるのですが、保障範囲として選択できるものの自由度が高かったり、保険料が安かったのが楽天損保に決めた理由です。 他社と比べてもやはり保険料の安さが目をひきました。それでいて補償内容もしっかりと充実しているので、安心して過ごせています。

となっています。

以上、楽天損保のホームアシストの評判についてでした。

8.  まとめ

皆さん、いかがでしたか?

以上、楽天損保のホームアシストについてでした。

ポイントは、以下のとおりです。

①火災保険とは、火災のほか一定の災害による損害、さらにそれに伴い発生した費用について保険金を支払う保険です。補償内容としては、失火やもらい火、放火などによる火災の損害、落雷による損害、ガス漏れなどによる破裂・爆発の損害、風災・雹(ひょう)災・雪災の損害、台風や豪雨等による洪水などの水災の損害、自動車の飛び込みなどによる損害、給排水設備の事故や他人の戸室で生じた事故に伴う漏水による水ぬれ損害、集団行動などに伴う暴力行為・破壊行為による損害、盗難による盗取(とうしゅ)や損傷・汚損などの損害誤って自宅の壁を壊した場合などの偶然な事故による損害を補償します。

②地震保険とは、地震・噴火・津波を原因として、建物や家財が火災・損壊・埋没または流失となった場合に保険金が支払われる保険です。地震保険の対象となるのは、居住用の建物(戸建・マンション、専用住宅・併用住宅)および家財です。地震保険単独での契約はできず、必ず住まいの火災保険に付帯して契約します。地震保険の保険期間は、主契約である火災保険の保険期間と同じですが、火災保険の保険期間が1年を超える場合は、1年間の自動継続または火災保険の保険期間の範囲内で最長5年の長期契約を組み合わせることになります。なお、地震保険は、火災保険の保険期間の途中で付帯することもできます。地震保険で担保される損害は、地震・噴火・津波を原因として建物や家財が火災・損壊・埋没または流失となった場合です。家財の範囲には、自動車、通貨、有価証券、1個または1個の価額が30万円を超える貴金属、宝石などは含まれず、地震保険の補償対象とはなりません。

③楽天損保のホームアシストの特長は、リーズナブルな保険料である点、費用保険金も充実している点、業界最高水準の無料サービスが受けられる点、お客さまに合わせた自由設計ができる点、24時間・365日の事故対応を受けられる点です。

④楽天損保のホームアシストの補償内容は、基本補償として、①火災・落雷・雷・破裂または爆発②風災・雹(ひょう)・雪災が補償され、選択で、③水災④建物の外部からの物体の衝突等⑤水漏れ⑥騒擾(そうじょう)または労働争議等⑦盗難⑧不測かつ突発的な事故(破損・汚損等)が補償されます。さらに、プラン共通の費用保険金として、災害時諸費用、地震火災費用、水道管修理費用、緊急時仮住い費用、鍵前交換費用、特別費用、損害防止費用が補償されます。また、ご希望により基本となる補償にオプション(特約)として、個人賠償責任補償特約、借家人賠償責任補償特約(修理費用補償特約自動セット)、類焼損害補償特約、建替費用補償特約 (保険の対象が建物の場合のみ)、共用部分修理費用補償特約(保険の対象が区分所有建物の場合のみ)、防犯対策費用補償特約 (保険の対象が建物の場合のみ)、持ち出し家財補償特約 (保険の対象が家財の場合のみ)、引越し中の損害補償特約 (保険の対象が家財の場合のみ)が付加できます。また、地震保険として、地震、噴火またはこれらによって発生した津波によって、建物や家財が損害を受けた場合に保険金をお支払いします。

⑤楽天損保のホームアシストのメリットとしては、プランの選択肢が多い点とクレジットカード払いができる点です。

⑥楽天損保のホームアシストのデメリットとしては、保険料の割引制度が少ない点と月払いできるのは1年契約のみである点です。

⑦楽天損保のホームアシストの評判としては、盗難被害に遭って火災保険を利用したという評判や、補償内容の見直しで保険料が大幅に安くなったという評判、提案力の高さに納得して契約をしたという評判などがあります。

となっています。

楽天損保のホームアシストは、今まで見てきたようにお客さまに合わせた自由設計ができ、保険料を抑えたり、反対に補償を充実させたりすることができます。

さらに、24時間・365日体制で事故対応も受けることができます。

ぜひこの保険だけではなく、他社の火災保険も見比べながら、あなたに合った保険を見つけてみてください。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る