医療保険とがん保険どっちを選ぶべき!?わかりやすく検討します!

記事監修者紹介
松葉 直隆
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

医療保険かがん保険に加入するか迷ったとき、どちらに加入しておけばいいのでしょうか?

そこで今回は、医療保険とがん保険の特徴・共通点・相違点を比較しつつ、医療保険とがん保険のどちらを選ぶべきなのかを検討していきます。

この記事をざっくり言うと…
  • 医療保険は広範囲な病気やケガに備えたものがん保険はがんのみに特化した保険
  • もし家族や親戚にがん患った方がいる場合は、がん保険に加入すべき。
  • 1番おすすめな医療保険はオリックス生命の『新CURE』、がん保険に関しては『アクサダイレクトのがん終身』
  • ソニー生命の医療保険は、最新の保険商品だから現代人が求める保険を主契約でカバー
  • 払込んだ保険料が全額戻ってくるお得な保険が新登場!
  • 保険料が一生涯上がらない!ソニー生命の医療保険はメリットがいっぱい

ソニー生命の医療保険

 

 

スポンサーリンク

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
いいとこ取りオーダーメイド保険 今なら無料相談で仙台熟成牛タンがもらえる!! 公式HP

生命保険の新規加入・見直しを検討しているなら

医療保険とがん保険の違いやどちらが自分たちに必要かを知りたくて探しているのですが、調べようにも種類が多すぎてにっちもさっちも行きません…

保険検討者

松葉 直隆

これからがん保険の是非などを紹介して参りますが、保険の加入や見直しを検討しているなら無料の保険相談所もおすすめですよ。

生命保険は、一度加入すると少なくとも10年以上は毎月、あるいは毎年決まったお金を保険会社に払い続けることになります。

どんなに良い保険や人気の保険に加入しても、途中で支払いが困難になったり途中解約してしまうと大損してしまうことになります。

保険相談をするタイミング

生命保険への新規加入や見直しのタイミングには、以下が挙げられます。

生命保険の加入と見直しのきっかけ 就職した 結婚をしたり子どもができた マイホームを購入した 自営業になった 子どもが独立した ライフスタイルが変化した 加入時は支払えたけど、今はちょっと支払いがしんどくなってきた 加入済みの保険が満期/更新を迎えた

大切な家族や自身の将来のために加入する生命保険。

長い付き合いになりますから、保険のことを熟知し、その上であなたやご家族に寄り添ったプランを提案してくれる保険の相談窓口を利用しましょう。

保険の相談窓口ってどんなところがあるかあまりよく知らないのですが…

保険検討者

松葉 直隆

保険相談でおすすめなのは、ご都合の良い日時と場所にプロが来てくれる保険見直しラボ保険コネクトがおすすめですよ。
あまり聞き慣れないのですが、どういった特徴があるんですか?

保険検討者

保険見直しラボとは

保険相談のおすすめランキング1位 保険見直しラボ

取扱い保険会社数が約30社と業界トップクラスで、全国に約60拠点も展開。

競合他社の中ではNo.1のベテラン揃い*

松葉 直隆

*保険見直しラボの専属FPの平均業界暦はなんと11.8年。これはすごいことなんです。

また、利用した方の96%が満足と回答。これも、競合他社と比較したときにずば抜けている数字となります。

取扱い保険会社数が多いということは、それだけ多くの保険会社から最適なプランを見つけて貰えるってことですよね。それは良いかもしれません!

保険検討者

 

\1分で完了/

保険見直しラボ公式HPはこちら

保険コネクトとは

保険相談のおすすめランキング1位 保険見直しラボ

保険コネクトなら、4000種類以上もあるといわれている生命保険の中から、あなたやご家族に最適な保険の提案が可能。

2500人以上のプロのFPが全国各地で対応しているため、どちらにお住まいの方でも要望に合った場所に出向いてくれます。

松葉 直隆

相談員のスキルが低かったり、その会社の保険しか扱っていないといったこととは無縁なのは強いですね。

保険コネクトも、経験5年以上で、自社の厳しい評価項目を満たす優秀なFPのみが在籍している信頼できる保険相談窓口です。

保険コネクト公式HPはこちら

保険見直しラボ保険コネクト相談は無料なんですね!でも勧められた保険に加入しないといけなくなりそうでちょっと…

保険検討者

松葉 直隆

どちらの保険相談所も、しつこい勧誘を禁止し、ペナルティを与えることもありますのでもっと気軽に捉えて頂いて大丈夫なんですよ。
ちょっとかたく考えすぎていたかもしれません。ちゃんと利用者のことを考えられているんですね!

保険検討者

松葉 直隆

保険見直しラボ保険コネクトも、今なら相談するだけで豪華賞品が貰えるキャンペーンも実施中ですから、一度気軽に利用してみるのも手ですよ。

保険見直しラボのキャンペーンをチェックする

医療保険を選ぶなら?ランキング5選を一挙公開!

松葉 直隆

医療共済と医療保険の違いや種類をご紹介してまいりましたが、ここからは民間の医療保険のおすすめ商品を紹介していきます。

医療保険ランキング1位 ソニー生命「メディカル・ベネフィット」

ソニー生命の医療保険 メディカル・ベネフィット おすすめ医療保険ランキング1位

①毎月の支払保険料

35歳男性の場合:2,025円~(健康還付給付金特則なしの場合)

35歳女性の場合:1,980円~(健康還付給付金特則なしの場合)

35歳男性の場合:4,610円~(健康還付給付金特則ありの場合)

35歳男性の場合:4,340円~(健康還付給付金特則ありの場合)

注意事項

※健康還付給付金特則を付ける付けない共に、保険期間・保険料払込期間共に終身の場合の保険料です。

また、保障内容は入院1日5,000円(1入院120日型)の場合の保険料です。

②保障内容

松葉 直隆

主な保障内容をご紹介します。
  • 保険金額:病気やケガでの入院1日につき3,000円から20,000円の範囲で1,000円単位で選択可能
  • 1入院の支払限度日数も60日・120日・360日から選択が可能
  • その他、手術・放射線治療・骨髄移植などの治療にも対応

③その他

先進医療に関しては特約で選択可能となっています。

また、健康還付給付金特則を付けない場合は、死亡保障の選択が可能となっています。

「メディカル・ベネフィット」の評価

医療保険検討者

松葉 直隆

主契約の保障が手厚いと言うのが特徴の一つと言えますが、最大の特徴は「健康還付給付金特則」というものです。
ソニー生命の医療保険 保障の特徴
  • 主契約が病気やケガでの入院・手術の保障であり、放射線治療や骨髄移植などの手術にも対応している
  • 先進医療や入院一時金・三大疾病*での入院による上乗せ保障などは特約によって追加できる
  • 三大疾病の入院は主契約での保障で1入院の入院日数と通算入院日数は無制限。=三大疾病にも手厚い保障

保障内容としては、バランスのとれた保険と言って良いでしょう。

三大疾病とは
  • がん
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中
ソニー生命の医療保険の注目点

ただ、保険料は安くはないのですが、もう一つの特徴である「健康還付給付金特則」を付けると、あらかじめ設定した年齢までに入院給付金などを受けなかった場合、それまでの保険料が還付されます

また、入院給付金や手術給付金を受けている場合には、その給付金を差し引いた金額が還付されます。

この特則を採用している保険会社は少なく、20代・30代の方であれば、60代になったときに健康還付給付金を受け取った後に、保険の見直しがしやすくなるというメリットがあります。

注意

ただし、健康状態が良いと言う条件での話にはなります。

また、保険料の払い込みは終身となるので、実際に払い込む保険料は、他の保険会社の60歳払い済みなどと総額はあまり変わらないので、少し割高感はある商品と言えるでしょう。

ソニー生命の医療保険

スポンサーリンク

ソニー生命の医療保険をチェック

医療保険ランキング2位 東京海上日動あんしん生命「メディカルKit NEO」

あんしん生命のメディカルkit NEO 医療保険ランキング2位

①毎月の支払保険料

35歳男性の場合:2,229円~(健康還付給付金特則なしの場合)
35歳女性の場合:2,089円~(健康還付給付金特則なしの場合)
35歳男性の場合:4,589円~(健康還付給付金特則ありの場合)
35歳男性の場合:3,876円~(健康還付給付金特則ありの場合)

また、健康還付給付金の受け取りは60歳に設定しています。

注意事項

※健康還付給付金特則を付ける付けない共に、保険期間・保険料払込期間共に終身の場合の保険料です。
また、保障内容は入院1日5,000円(1入院60日型)の場合の保険料です。

②保障内容

松葉 直隆

主な保障内容は以下のとおりです。
  • 病気やケガでの入院1日につき5,000円・10,000円の2つのタイプから選択可能
  • 手術や三大疾病に罹った場合の保障も手厚い
  • 1入院の支払限度日数は60日型となっており、通算の支払限度日数は1095日

③その他

その他の保障としては、先進医療特約はもちろんですが、5疾病が理由での就業不能に関する給付金を特約として選択が可能です。

5疾病とは…
  1. 悪性新生物
  2. 急性心筋梗塞
  3. 脳卒中
  4. 肝硬変
  5. 慢性腎不全

「メディカルKit NEO」の評価

あんしん生命の「メディカルkit NEO」のポイントは何ですか?

医療保険検討者

松葉 直隆

主契約がシンプルな保険であることと、ソニー生命の「メディカル・ベネフィット」と同様に「健康還付特則」の付いた「メディカルkit R」もラインナップされていることです。

主契約は、病気やケガでの入院・手術を保障するだけの非常にシンプルな内容になっていますが、特約として三大疾病での入院に対して給付金を上乗せしたり、先進医療に対する保障を付けられたりと、保障内容は他社の商品と見劣りもしない内容となっています。

メディカルkitシリーズのメリット

大きな特徴の一つとして「メディカルkit R」があり、健康であればそれまで支払った保険料が戻ってくることで、保険の見直しもしやすくなるというメリットがあります。

また、この保険も保険料は決して安くないですが、若い世代にとっては将来の医療保険の見直しという面を考えるのであれば、面白い商品と言えるでしょう。

あんしん生命の資料請求(無料)はこちら!

医療保険ランキング3位 オリックス生命「新CURE(キュア)」

オリックス生命の医療保険新CURE(キュア) 医療保険ランキング3位

①毎月の支払保険料

35歳の場合:1807円~(男女ともに同額保険料)

保険期間・保険料払込期間共に終身の場合の保険料です。

②保障内容

松葉 直隆

主な保障内容は次の通りです。
  • 病気やケガでの入院1日につき3,000円から10,000円の範囲で1,000円単位で選択可能
  • 0歳から49歳までは5000円からとなる
  • 基本的な保障は入院・手術・先進医療特約のみ

③その他

基本保障がシンプルなため、特約が充実していると言ってもいい保険です。

がんや三大疾病に関する給付金などは、特約で備える形になります。

「新CURE(キュア)」の評価

オリックス生命「新CURE」のポイントを教えて下さい

医療保険検討者

松葉 直隆

保険料が安く保障内容も悪くない、コストパフォーマンスが良い保険と言える商品です。

主契約は、病気やケガでの入院・手術の保障とシンプルな作りとなっていますが、七大生活習慣病での入院の場合には、1入院の限度が60日増え、三大疾病の場合は入院日数の上限が無制限となります。

そのことから、七大生活習慣病・三大疾病への保障は手厚くなると言えます。

七大生活習慣病とは
  • がん(悪性新生物・上皮内新生物)
  • 心疾患
  • 脳血管疾患
  • 糖尿病
  • 高血圧性疾患
  • 肝硬変
  • 慢性腎不全
MEMO

また、先進医療の保障は基本的には、基本保障に組み込まれますが、「がん」に対する保障が特約で充実しているため、医療保険とがん保険を検討している方には、この商品である程度の保障は準備できると言って良いでしょう。

また、保険料の安さで言うと、他社の商品と比べてもお手軽な値段設定となっているので、若い方や子育て中の方など、あまり保険にお金を掛けられないと言う方にとっては、良い商品と言えるでしょう。

オリックス生命の新CURE(キュア)

 

医療保険ランキング4位 メディケア生命「メディフィットA(エース)

メディケア生命「メディフィットA(エース)」医療保険ランキング4位

①毎月の支払保険料

35歳男性の場合:1,595円~
35歳女性の場合:1,525円~

保険期間・保険料払込期間共に終身の場合の保険料です。

②保障内容

松葉 直隆

主な保障内容は以下です。
  • 病気やケガでの入院1日につき3,000円から10,000円の範囲で1,000円単位で選択可能
  • 1入院の支払限度日数も60日・120日から選択が可能
  • 入院の通算支払限度日数の選択も可能(三大疾病・七大疾病での給付条件の選択)
  • 手術給付金の倍率の選択も可能

③その他

基本保障は、入院・手術に加えて、放射線治療や骨髄移植手術の保障となっていますが、先進医療や通院・がん・三大疾病に関しては特約で備えられるようになっています。

「メディフィットA(エース)」の評価

メディケア生命のメディフィットAのポイントを教えて下さい

医療保険検討者

松葉 直隆

メディケア生命の「メディフィットA(エース)」は、ソニー生命の保険と似ている商品と言えます。

主契約は、病気やケガでの入院・手術の保障と、放射線治療・骨髄移植などの治療への保障となっています。

また、特約として先進医療や三大疾病での給付金の上乗せや通院に備える保障が選べます。

注意

保険料は終身払いにすると安く見えますが、有期払い(60歳払い済み)にすると、少し保険料が高くなります。

しかし、それでも比較的お手頃な保険料と言えるでしょう。

医療保険ランキング5位 ネオファースト生命「ネオdeいりょう」

ネオファースト生命の「ネオdeいりょう」医療保険ランキング5位

①毎月の支払保険料

35歳男性の場合:589円~
35歳女性の場合:582円~

※入院給付金3,000円のみの場合

保険期間・保険料払込期間共に終身の場合の保険料です。

②保障内容

松葉 直隆

主な保障内容は以下のとおりです。

保障内容は、病気やケガでの入院1日につき3,000円・5000円・10,000円の3つのタイプから選択可能となっています。

また、主契約は入院給付金のみとシンプルな内容になっています。

③その他

手術給付金や先進医療や三大疾病など、幅広い保障はすべて特約となっていますので、自分好みの保険を作ることが可能と言えます。

また、健康な方には保険料の割引なども設定されています。

「ネオdeいりょう」の評価

ネオファースト生命の「ネオdeいりょう」のポイントを教えて下さい。

医療保険検討者

松葉 直隆

主契約が病気やケガでの入院に対する保障のみで、その他はすべて特約となっている保険商品であることです。それにより、自由な設計をすることが出来る商品です。
ネオdeいりょうの特約内容
  1. 先進医療
  2. 手術
  3. 退院後の通院
  4. がん診断給付金
  5. 抗がん剤治療など

上記以外にも様々な特約があるので、自分が必要だと思う保障内容の保険商品が作れてしまうのが魅力の一つと言えるでしょう。

保険料は特段安いとは言えませんが、シンプルな保障のみとするのであれば保険料も安く済ませることが出来るでしょう。

注意事項

特約が多いため、あれもこれもと特約を付けるのであれば、他社でバランスの良い保険商品を選ぶ方が無難と言えるかもしれません。

ただ、他社商品の内容が自分に合っていないと言う方であれば、自在にカスタマイズできるのは最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

ネオファースト生命の資料請求(無料)はこちら!

医療保険の選び方

医療保険のおすすめの商品を紹介してきましたが、保険会社によって特徴が様々なので、どの商品が良いのか正直迷うと思います。

また、若い方であれば本当に医療保険のお世話になるのは60歳を超えてからとなるのが一般的ですの。

そのため、今の医療保険の内容と、将来の医療保険の内容が大きく異なった場合には、保険の見直しが必要となります。

医療保険の選び方とおすすめランキング

今の保険料が安くても、60歳になったときに保険を見直して新たな医療保険に加入するとなれば、保険料も上がるでしょう。

考え方一つですが、健康に自信のある方であれば、健康還付特則の付いた商品を選び、60歳や65歳の時にそれまでの保険料を返してもらい、新たな保険に加入すると言うのも考え方の一つと言えるでしょう。

その場合、将来のことを考えるのであれば、今の保険料が少し割高でも、総支払額と言うところを考えると、安く済む可能性があると言うことを知っておいてください。

松葉 直隆

保険選びは迷うことが多いですよね。必要な保障をしっかりと考える事は大事ですが、総支払額を考えるのも大事なことと言えるのです。

オススメ!人気がん保険3選

医療保険では良心的な保険料が設定され、手厚い保障や工夫をしている保険商品が人気のようでした。

では、がん保険はどんな商品に人気が集まっているのでしょうか?

松葉 直隆

こちらでは、前述した上位ランキングの3位までのがん保険をご紹介します。

アクサダイレクト生命『アクサダイレクトのがん終身』

『アクサダイレクトのがん終身』は、診断給付金が最大で200万円受け取れ、治療前の金銭的サポートの重要性を理解している保険と言えます。

また、上皮内新生物(※1)も保障の対象になります。

加入開始年齢別の支払保険料については、以下の表の通りです(日額5,000円:終身払)。

性別

男性

女性

20歳 595円~ 530円~
30歳 855円~ 720円~
40歳 1,275円~ 955円~
50歳 1,930円~ 1,225円~
60歳 2,880円~ 1,585円~

(※1)上皮内新生物…初期のがんであり、がんが上皮内に止まり、基底膜を超えず間質細胞を浸潤していない状態を指します。初期のがんでも放置すれば深刻な事態となりますが、この段階できちんと治療を受ければ、転移や再発の危険はほぼ0と言われています。

アクサダイレクト生命のがん保険「アクサダイレクトのがん終身」

がん入院給付金

日額で5,000円~20,000円が受け取れます(入院日数無制限保障)。

がん診断給付金

50万円~200万円の手術給付金が受け取れます。

その他

抗がん剤治療特約、がん手術給付特約、がん先進医療特約、がん退院療養特約等を付加することで、より保障が手厚くなります。

チューリッヒ生命 『終身ガン治療保険プレミアム』

チューリッヒ生命の『終身ガン治療保険プレミアム』は特約として付加すれば、初回は医師よりがんと診断された時、2回目以降は前回の診断給付金の支払事由に該当した日から2年を経過した日の翌日以後に、がん治療を目的に入院した場合、一時金が受け取れます。

つまり所定の条件にさえ合えば、何度でも診断給付金が受け取れます。

チューリッヒ生命終身がん治療保険プレミアムDX

加入開始年齢別の支払保険料については以下の表の通りです(自由設計プラン)。

性別

男性

女性

20歳 580円~ 550円~
30歳 680円~ 630円~
40歳 860円~ 730円~
50歳 1,230円~ 780円~
60歳 1,840円~ 780円~

放射線治療給付金

放射線治療を受けた場合、治療を受けた月ごとに10万円~60万円(給付金の受け取り回数は無制限)が受け取れます。

上皮内新生物も保障に含まれます。

抗がん剤・ホルモン剤治療給付金

薬物治療を受けた場合、入院または通院し、投与・処方を受けた月ごとに10万円~60万円(給付金の受け取り回数は無制限)が受け取れます。

上皮内新生物も保障に含まれます。

チューリッヒ生命終身がん治療保険プレミアムDX

その他

特約が非常に豊富です。

所定の条件にさえ合えば何回でも受け取れるガン診断給付金(50万円~100万円)をはじめ、

  • ガン入院給付金
  • ガン通院給付金
  • ガン手術給付金
  • ガン診断後ストレス性疾病給付金

など計8種類を選び、保険をカスタマイズして保障を厚くすることができます。

チューリッヒの終身がん治療保険を資料請求(無料)

オリックス生命 『がん保険ビリーブ』

オリックス生命の『がん保険ビリーブ』は10,000円コースを選ぶと、初回は医師よりがんと診断された時に100万円のがん初回診断一時金が、2回目以降はがん治療を目的に入院した場合、50万円のがん治療給付金が受け取れます。

つまり所定の条件にさえ合えば、何度でも診断給付金が受け取れます

オリックス生命がん保険「ビリーブ」がん保険おすすめランキング

なお、50歳~75歳限定で5,000円コースもあります。

加入開始年齢別の支払保険料については以下の表の通りです(10,000円コース:終身払)。

性別

男性

女性

20歳 1,800円~ 1,570円~
30歳 2,480円~ 2,070円~
40歳 3,610円~ 2,750円~
50歳 5,400円~ 3,510円~
60歳 7,950円~ 4,330円~

初回診断一時金

初回は医師よりがんと診断された時に100万円が受け取れます。上皮内新生物も保障に含まれます。

がん治療給付金

2回目以降はがん治療を目的に入院した場合、50万円が受け取れます。上皮内新生物も保障に含まれます。

がん入院給付金

日額で10,000円が受け取れます(入院日数無制限保障)。

オリックス生命がん保険「ビリーブ」がん保険おすすめランキング

手術給付金

1回につき20万円の手術給付金が何度でも受け取れます。

先進医療給付金

先進医療にかかった費用と同額の給付金が受け取れます。通算で2,000万円を限度です。

がん退院一時付金

がんで10日以上の継続入院後に退院した場合、1回につき10万円が何度でも受け取れます。

その他

がん通院給付金を特約で付加することで保障を厚くすることができます。

 

医療保険とがん保険の共通点は?人気商品の比較で検証

医療保険・がん保険と分かれていますが、給付金等が受け取れることの他に何か共通点があるのでしょうか?

松葉 直隆

ここからは、医療保険・がん保険で人気のある保険商品を比較し、その共通する部分を検討します。

ソニー生命の新医療保険「メディカル・ベネフィット・リターン」のご紹介

ソニー生命の医療保険メディカル・ベネフィット・リターン】は、従来の医療保険に比べ、主契約でのカバー内容が手厚い医療保険です。

【メディカル・ベネフィット・リターンの特徴】
  • 払込んだ保険料が全額戻ってくる保険! (「メディカル・ベネフィット・リターン」の場合)
  • 主契約でのカバー内容が手厚い
  • 終身払込の保険

入院一時給付金や三疾病、女性特定医療の特約も付加可能

保障内容は、入院日帰りから保障、手術は公的医療保険制度に連動、放射線は20倍保障。

最新の終身医療保険は、加入者の声や近年の医療状況など鑑みて改良に改良が重ねられているもの

この医療保険の凄さを是非実感して下さい!

ソニー生命の医療保険

 

 

スポンサーリンク

医療保険とがん保険の人気ランキング

多くのサイトで上位にランキングされている医療保険・がん保険については概ね以下の表にまとめた通りです。

医療保険

医療保険 商品名
1位  ソニー生命「メディカル・ベネフィット」
2位 東京海上日動あんしん生命「メディカルkit NEO」
3位 オリックス生命「新CURE」
4位

 メディケア生命「メディフィットA(エース)」

5位  ネオファースト生命保険「ネオdeいりょう」

オリックス生命の医療保険新CURE おすすめ医療保険ランキング1位

オリックス生命の新CURE(キュア)

 

オリックス生命の医療保険新CURE 資料請求はこちら!

 

がん保険

がん保険 商品名
1位 アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん終身」
2位 チューリッヒ生命 「終身ガン治療保険プレミアム」
3位 オリックス生命 「がん保険ビリーブ」
4位  ライフネット生命「がん保険」
5位 アクサダイレクト生命「アクサダイレクトのがん定期」

5位までにランキングされている人気の医療保険・がん保険の商品は、ほぼ共通して「終身型」であり、掛け捨て型の保険であることがあげられます。

これらの人気保険を同時に比較したい場合は、保険会社を複数取り扱う保険代理店を利用してみて下さい。

保険見直しラボの公式HPこちら

「終身型保険」って?

松葉 直隆

終身型保険とは、加入者が生涯にわたり、いつ入院しても保障を受けられる保険商品のことです。

このタイプの保険は、一度保険契約を結ぶと生涯支払う保険料は変わることはありません

そのため、保険料が比較的安い20代・30代の頃に加入しておけば、加入者が解約するか亡くなるまで支払う保険料を安く抑えることができます。

終身型保険とは

医療保険・がん保険共に、一生涯保障の強みがある「終身型」が人気といえます。

ただしこのタイプの保険は、保険料と同じく保障内容も固定化されたまま継続するため、後から登場した保険商品の方が、より充実した内容だったということもあります。

「掛け捨て型保険」って?

松葉 直隆

掛け捨て型保険とは、医療保険を解約した場合、加入者が亡くなった場合でもお金が戻ってこない保険商品のことです。

生命保険会社側はお金を返す必要が無い分、毎月の保険料の支払額を安く抑え、保障の内容を充実させることができるので、加入者に人気な保険と言えます。

掛け捨て型保険とは

医療保険・がん保険共にお金は戻ってこないものの、支払う保険料が安く、実際に入院や手術をした場合の保障に厚い、掛け捨て型が主流といえます。

掛け捨てである以上、何十年も長期にわたって保険料を支払っても解約して戻ってくるお金は1円もありません。

ただし、保険商品によっては死亡保障金を設け、加入者が亡くなった場合に遺族が受け取れるサービスもあります。

ソニー生命の医療保険をチェック

【結論】医療保険とがん保険どちらを選ぶべき?

では、医療保険とがん保険はどちらの加入を優先すべきなのでしょうか?

こちらではがんのリスクも考え、いずれの保険へ優先的に加入すべきかを検討します。

がん保険と医療保険の違い

がん保険or医療保険…加入を選ぶポイント

がんを発症したことによる生命のリスクと多額に上る治療費を賄うために、がん保険は近年非常に注目されています。

がん保険への加入率は年々増加し、平成28年度では37.8%に上ります(公益財団法人生命保険文化センター 平成28年度「生活保障に関する調査」)

がん以外にも難病は存在しますが、身近で深刻な病気であるがんは、日頃の規則正しい生活習慣を守ると共に、健康な内から十分な備えをしておくことが必要であるといえます。

レーシック手術に使える保険ってあるの?損をしない為に知っておきたい事

そのためがん保障に特化し、その手厚いサポートが期待できるがん保険の加入を優先するべきです。

家族・親類にがんを患った方がいる⇒がん保険

がんの発症原因に遺伝的な側面もあり得ることは、よく指摘されていることです。

利用者

自分のご家族・親類にがんで闘病中の方がいる

先祖代々にわたって大概亡くなっている死因はがん

検討者

という場合には、がん保険の加入を特にお勧めします。

がん保険と医療保険の違い

現在、ご自分の健康状態に問題は無くても、年齢を重ねる中に免疫力も、体力も減退していきます。

周囲にがん患者がいるという場合には「がんを発症しやすい家系なのかもしれない」ということを念頭に、若いうちから安いがん保険に加入し、最低限の備えをしておくのも良い方法です。

家族・親類にがんを患った方はいなく、自分も健康⇒医療保険でもOK

ご家族・親類にがんで亡くなった方、がんで闘病中の方がおらず自身も健康で、良い生活習慣を継続している方なら、広範囲な病気やケガに備えた医療保険の加入を優先しても差し支えありません。

将来に何が起こるかわからないからそのための一応の備えがほしい方も、保障内容が広い医療保険を選ぶことも正しい選択といえます。

がん保険と医療保険の違い

お金に余裕がある場合⇒がん・医療保険の両方に加入もあり

ある程度毎月の収入に余裕があり、保険へお金を多めに回せることが可能なら、医療保険とがん保険両方に加入することも間違いではありません。

医療保険に加入する場合は、がん特約を付加して保障を厚くすることが可能ですが、やはりがん保障に特化したがん保険よりは「浅い保障」になってしまいます。

がん保険と医療保険の違い

医療保険に加入する場合は20代の方なら、毎月1,000円前後の支払保険料で保障を受けられ、がん保険ならば毎月の支払保険料が600円程度の極めて安い商品を選ぶこともできます。

医療保険・がん保険もいろいろなオプションを付加すれば、それだけ保険料は高くなりますが、定期に保険内容を見直しすることで、自分の現状に合った保障内容にカスタマイズし、まさかの時に備えるというやり方も有効な方法の一つです。

ソニー生命の医療保険

スポンサーリンク

がんのリスクで考えてみる

がんとは、

人体を構成する細胞が変異して増殖し、その変異した細胞が他の正常な細胞を攻撃し破壊・増殖していく病気

です。

がんを発症する時に自覚症状はほとんどなく、生活習慣の乱れや遺伝による原因がある等、色々な面から発症原因が指摘されています。

生命保険の高度障害保険金ってどんな状態になったら支払われるの?

日本人の全死因における、がんの割合については次のようになっています。

悪性新生物(がん)の死亡率は全死因の3割近くを占めるなど、生命に深刻なリスクとなる病気であることがわかります。

○全死因:死亡率順位(平成28年度)

平成28年度 死因 死亡率(100%)
1 悪性新生物(がん) 28.5%
2位 心疾患 15.1%
3位 肺炎 9.1%
4位 脳血管疾患 8.4%
  その他 38.9%

(厚生労働省「平成28年 人口動態統計月報年計(概数)の概況」を参考に作成)

がん治療の現状

現在のがん治療における部位ごとの入院日数および治療費に関しては、以下の表をご覧ください(厚生労働省「医療給付実態調査 報告書 平成27年度 第3表」を参考に作成)

○がん治療における部位ごとの入院日数・治療費(平均)

部位 入院日数 治療費 患者の自己負担額
胃がん 約12.5日 約61万円 約18.3万円
大腸がん 約11.3日 約59万円 約17.7万円
直腸がん 約12.6日 約73万円 約21.9万円
肝臓がん 約11.7日 約58万円 約17.4万円
肺がん
気管がん
約12.9日 約64万円 約19.2万円
乳がん 約9.6日 約58万円 約18.3万円
子宮がん 約11日 約60万円 約18.0万円
悪性リンパ腫 約17日 約91万円 約27.3万円
白血病 約19.9日 約74万円 約22.2万円
その他
悪性新生物
約12.8日 約62万円 約18.6万円
良性新生物及び
その他の新生物
約9日 約55万円 約16.5万円

この表からみると、血液のがんの一種である「白血病」が入院の平均日数としては約19.9日と最長です。

いずれの部位のがんについても公的医療保険が適用されるため、実際に患者が支払う治療費に関しては「患者の自己負担額」で表示した金額が目安となります。

生命保険の高度障害保険金ってどんな状態になったら支払われるの?

ただし、表示された入院日数を経ればがんが完治するというわけでは無く、通院による治療が長期にわたる場合があります。

また、公的医療保険が適用外となる

  • 差額ベッド代
  • 入院時の食事代
  • 先進医療等の医療サービス

を利用した場合は、表で示した金額をはるかに上回り、多額の費用負担になる可能性があります

ほか、たとえばソニー生命の新しい医療保険、「メディカル・ベネフィット・リターン」は主契約の段階で主な保障をほとんとカバー。

病気や入院費用、その他諸経費が高額になるのが心配なところですが、特約をつけずに高い保険料を支払わなくても満足な保障を受けられるのは大きなメリットですよね!

このような、かゆいところに手が届く医療保険も現在は販売されています。

ソニー生命の医療保険

スポンサーリンク

ソニー生命の医療保険をチェック

がん保険は医療保険とココが違う!

医療保険・がん保険も、「終身型で掛け捨て型」の商品が人気であることが分かりましたね。

では、医療保険とがん保険との相違点にはその保障範囲以外に何があるのでしょうか?

こちらでは、医療保険には無いがん保険の特異な条件について説明します。

がん保険における「免責期間」とは?

実は医療保険もがん保険も、保険会社と契約したその日のうちに保障内容が適用されるというわけではありません。

医療保険もがん保険も、およそ保障が開始されるまでに次のような過程をたどります。

[加入者と保険会社が契約]

↓↓↓

  • 契約後、保険加入者から第1回目の保険料の払込を保険会社が確認
  • 保険加入者に関する告知が保険会社に提出された
責任開始日

医療保険・がん保険もこの過程は同じですが、上記のどちらか遅い時点(払込または告知)から医療保険の保障が開始されることを「責任開始日」と言います。

がん保険と医療保険の違い

一方、がん保険の場合はこの過程だけでは足りず、上記の過程を含め約90日間が経過した上で、91日目から責任開始日となります。

免責期間

91日目にならなければ、たとえこの日以前に加入者が医師からがんと診断確定され、入院・治療を受けたとしても、保険会社から1円も給付金や一時金が下りません。 この仕組みを「免責期間」と言います。

「免責期間」の意味・目的は?

では何故、がん保険には免責期間が設けられているのでしょうか?

そもそも、がんは自覚症状が無い場合が多く、加入者自身が気づいていないことが多い病気です。

生命保険会社としては、がん保険に入ってすぐに加入者に保障を認めるのではなく、

その加入者ががんに罹患しているのかいないのか、しばらく様子をみたい

生命保険会社員

という理由から免責期間を設けているのです。

免責期間の意味・目的は?

なぜならがん保険は生命保険・医療保険と同じく、たくさんの保険加入者が、保険料を出し合うことで成り立つ制度です。

これは、支払う保険料が加入者各自の保険料分として、区別し管理・運営されているわけではないことを意味します。

つまり、 相互に保障による保険加入者全員分の財源として、保険料は管理・運営されているのです。

もしも、保険に入ってすぐに保障が適用されてしまうのならば、ある加入者が契約した直後にがんと診断されると、給付金・一時金が保険会社から支払われるケースもあり得ます。

免責期間の意味・目的とは

そうなると、健康管理をしっかり行っている大多数の保険加入者と比較すれば、著しく不公平な事態になってしまいます。

免責期間は、がん保険加入者全体の公正・公平性を乱す事態を防止するための措置として設けているのです。

がん保険の「一時金」の重要性

前述した免責期間に関して、がん保険の中には免責期間が無く、医療保険と同様の責任開始日から保障サービスを受けられる商品もあります。

ただし免責期間の無いがん保険商品の場合は、通常のがん保険で保障されている「がん診断給付金」という一時金のサービスが無いことがあります。

生命保険の高度障害保険金ってどんな状態になったら支払われるの?

この「がん診断給付金」は、保険の責任開始日後に医師から”がん”と診断確定されただけで、お金がもらえる仕組み。

およそ50万円~200万円程度が、生命保険各社から支払われます。

がん治療の特徴としては、公的医療保険が適用されるとしても総費用は数十万円~数百万円と、

  • がんの深刻度
  • 発症した部位
  • 治療方法

などにより、相当高額になる場合があります。

がん保険の一時金の重要性

そのため、診断確定時点からまとまった金額を受け取ることができる一時金のサービスは、患者やその家族にとっては非常に有難いサービスです。

特に、がんと診断され入院・治療が必要とされる時に、貯蓄があまり無い状態の場合には頼もしい金銭的サポートといえます。

逆にいえば、この一時金のサービスがなければ入院給付金(日額)や手術給付金等から、費用を補填しなければいけない状況になります。

「医療保険」「がん保険」とは

保険選びの際に、医療保険とがん保険どちらを選ぶべきか?

まずは医療保険・がん保険のそれぞれの特徴と、公的医療保険との関係について説明します。

「医療保険」とは

医療保険とは、

病気やケガをした際に、保険会社の決めた所定の条件に該当すれば給付金等が受け取れる保険商品のこと

です。

ソニー生命の医療保険

入院すれば入院給付金・手術をすれば手術給付金という形で給付金が受け取れ、万が一にも加入者が亡くなった場合には死亡保障金(保険金)がもらえる商品もあります。

幅広い病気・ケガの保障をし、「特約」で三大疾病(がん・心疾患・脳疾患)、女性特有の疾病等の保障を手厚くできる等、加入者が保険内容をカスタマイズすることも可能です。

「がん保険」とは

がん保険とは、

がんに関する幅広い保障を目的とする保険商品のこと

です。

がん保険とは

医療保険と同様に給付金や死亡保障金が受け取れますが、医療保険と異なり、契約してから90日間程度の「免責期間」が存在し、医療保険とは違う条件で保障が開始される場合が多いです。

がん保障に特化した、がん専門の保険といえます。

注意

がんに該当しない病気はもとよりケガをしても保障の対象にはなりません。

公的医療保険との関係

公的医療保険とは、

日本国内に在住する方が手頃な費用負担で、質の高い医療を受けられるための保険

です。

この公的医療保険には、主に事業所の従業員等が加入する「健康保険」

それ以外の方が加入する「国民健康保険」に大別され、国民全員が必ずいずれかの公的保険に加入しなければなりません

ソニー生命の医療保険

公的医療保険は原則、患者が3割負担で保険診療を受けられます。

公的医療保険の適用内の医療サービスであれば、それを超える費用負担は必要ありません。

ただし、公的医療保険が適用されない医療関連のサービスが存在し、

  • 入院の際の食事代
  • 差額ベッド代
  • 先進医療、自由診療

全額自己負担となります。

ソニー生命の医療保険

一方、生命保険会社等の医療保険・がん保険は任意で加入する保険であり、加入希望者が必要と感じた時に入る保険商品です。

そのため、生命保険各社とも保障サービスを競い、公的医療保険ではカバーできない金銭的サポートを提供する等、いろいろな工夫を凝らした保険商品が登場しています。

これら保険商品の金銭的サポートは、公的医療保険が適用される費用負担を賄うだけではなく、適用外のサービス費用にも充てることができます。

民間会社の医療保険・がん保険には、公的医療保険を補完する役割があるといえます。

まとめ

深刻な事態となるがんという病気の特性を考えれば、がん保険による手厚い保障が優先されるべきと言えます。

ただし保険選びをする際に最も大事なことは、ご自分の健康状態、家族・親族の現状、ご家庭の経済状況を踏まえて、がん保険または医療保険どちらに加入するか、それとも両方に加入するかの判断をじっくりと慎重に検討していくということです。

ソニー生命の医療保険

スポンサーリンク

ソニー生命の医療保険をチェック

textctapatterna]

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る