医療保険の保険料をシュミレーションしてみよう!各社の保険料は?

「保険会社のホームページでは保険料のシュミレーションができるけど、簡単に保険料がわかっていいな」

あなたはそう思ったことはありませんか?

すべての会社のホームページでできるわけではないみたいだけど。。。

そう思っているあなたに!この記事を読めば、アフラック・メットライフ生命・オリックス生命・ネオファースト生命の保険料のシュミレーションをした結果が丸わかりです!

それぞれの医療保険の特長とそもそも医療保険とは、というところから見ていきますので、どうぞお見逃しなく!

1.医療保険とは一体どんなもの?

今回は医療保険の保険料のシュミレーションについて見ていきます。

まず、医療保険とは一体どんなものか、というところから見ていきたいと思います。

医療保険には、公的医療保険と民間の医療保険の2つがあります。

1.1  公的医療保険とは

公的医療保険とは、一体どんなものなのでしょうか。

基本的なところから見ていきます。

①健康保険

健康保険は、被保険者の業務外の事由による疾病、負傷、死亡、出産について必要な保険給付を行います。

また、被保険者だけでなく、被保険者の養われている者(被扶養者という)の疾病、負傷、死亡、出産についても必要な保険給付を行います。

健康保険から給付を受けられるのは業務外の事由によるもののみです。

業務外のけがや病気については、労災保険から給付を受けることとなります。

なお、健康保険法の改正により、平成25年10月1日以降に発生した保険事故については、労災の給付対象とならない場合、原則として健康保険の給付対象となりました。

健康保険には、以下の2つがあります。

保険者 名称
全国健康保険協会 全国健康保険協会管掌健康保険
会社や業種ごとに設立された健康保険組合 組合管掌健康保険

加入対象についてです。

・事業所

健康保険についても事業所を単位として加入することになっており、一部の事業を除き、常時従業員を使用する事業主は、健康保険に加入しなければなりません。

・被保険者

適用事業所に使用されている者(被用者)は、一部のパートなどを除き、全員が被保険者となります。

健康保険では、法人の社長や役員も法人に使用される者として被保険者なります。

なお、個人事業主は、「従業員を使用する者」ですので、被保険者にはなりません。

・被扶養者

被保険者に扶養されている(被保険者の収入によって生計を維持されている)家族で75歳以上未満の者については、被扶養者として健康保険に加入することになります。

被扶養者となるには、被保険者の収入によって生計を維持されていることと、原則として被保険者と同居していることが必要となります。

生計を維持されていることの目安としては、以下の点を確認しますが、実際には個別具体的に判断されます。

・60歳未満の場合には年収130万円未満(60歳以上の場合には年収180万円未満)

・原則として被保険者の年収の2分の1未満

なお、配偶者は事実上、婚姻関係にあるもの(事実婚)であればよく、法律上の届出を行った配偶者(法律婚)でなくとも配偶者と認められます。

また、配偶者、直系尊属、子、孫、弟妹については、同居していなくとも、生計維持関係のみで被扶養者と判定されます。

次に、保険料についてです。

健康保険の保険料は、「標準報酬月額」および「標準賞与額」に保険料率を乗じて計算し、被保険者と事業主が半分ずつ負担します。

つまり、労使折半です。

ただし、組合管掌健康保険では、事業主の負担割合を半分以上とすることができます。

なお、保険料率は、全国健康保険協会管掌健康保険では都道府県ごとに、組合管掌健康保険では一定の範囲で組合ごとに設定されます。

②国民健康保険

国民健康保険は、健康保険などの被用者保険の対象とならない地域住民などの疾病、負傷、死亡、出産について必要な保険給付を行います。

業務上、業務外を問わず、国民健康保険から給付を受けることができます。

国民健康保険の保険者となるのは、市区町村、または業種ごとに設立された国民健康保険組合です。

いずれも厚生労働省の管轄で、手続きは、市区町村または各国民健康保険組合で行います。

また、国民健康保険は、原則として世帯を単位として加入します。

健康保険などの被用者保険の加入対象とならない者は、国民健康保険に加入しなければなりません。

国民健康保険では、世帯主である被保険者に扶養されている者であっても、原則として被保険者として加入します。

なお、75歳以上の者は、後期高齢者医療制度に被保険者として加入することになります。

保険料についてです。

国民健康保険の保険料は、原則として世帯主(または組合員)が全額納付します。

一部の地域では国民健康保険税として徴収されています。

保険料は市区町村によって決め方が異なり、前年の所得を基準とした「所得割」、被保険者数に応じた「均等割」に加えて、世帯にかかる「世帯別平等割」、固定資産税を基準とした「資産割」などがあります。

なお、世帯ごとの保険料の上限額が市区町村ごとに定められています。

また、低所得者等には、保険料の軽減措置が設けられています。

③自己負担割合

病気やけがをして病院へ行った場合、その自己負担割合はどうなっているのでしょうか?

自己負担割合は、健康保険・国民健康保険とも共通で、かつ被保険者・被扶養者とも共通ですが、年齢よって異なります。

<自己負担割合>

小学校就学前 2割
小学校就学後70歳未満 3割
70歳以上75歳未満 2割(一定の高所得者は3割)

なお、75歳以上の人は1割(一定の高所得者は3割)となっています。

また、医療費が高額になった場合、高額療養費制度というものを利用することができます。

高額療養費制度とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

自己負担限度額は、年齢や収入によって変わってきます。

・70歳未満の自己負担限度額

所得区分
(年収の目安)
自己負担限度額
通常 多数該当
約1,160万円~ 252,600円+
(総医療費-842,000円)×1%
140,100円
約770万~1,160万円 167,400円+
(総医療費-558,000円)×1%
93,000円
約370万~770万円 80,100円+
(総医療費-267,000円)×1%
44,400円
~約370万円 57,600円 44,400円
住民税の非課税者等 35,400円 24,600円

・70歳以上の自己負担限度額 平成30年7月まで

所得区分
(年収の目安)
自己負担限度額
外来(個人ごと) 外来・入院(世帯) 多数該当
約370万円~ 57,600円  80,100円+
(総医療費-267,000円)×1%
44,400円
約156万~370万円 14,000円
※年間上限 14万4,000円
57,600円 44,400円
住民税非課税者 下記以外  8,000円 24,600円
所得0円世帯  8,000円 15,000円

・70歳以上の自己負担限度額 平成30年8月から

所得区分
(年収の目安)
自己負担限度額
外来(個人ごと) 外来・入院(世帯) 多数該当
約1,160万円~ 252,600円+
(総医療費-842,000円)×1%
140,100円
約770万~1,160万円 167,400円+
(総医療費-558,000円)×1%
93,000円
約370万~770万円 80,100円+
(総医療費-267,000円)×1%
44,400円
約156万~370万円 18,000円
※年間上限 14万4,000円
57,600円 44,400円
住民税非課税者 下記以外  8,000円 24,600円
所得0円世帯  8,000円 15,000円

*多数該当・・・診療を受けた月以前の1年間に、3ヵ月以上の高額療養費の支給を受けた(限度額適用認定証を使用し、自己負担限度額を負担した場合も含む)場合には、4ヵ月目から「多数該当」となり、自己負担限度額がさらに軽減されます。

ここで、計算方法をご紹介します。

例えば、70歳未満で年収500万円の人について考えてみます。

月に100万円の医療費がかかったとき、病院の窓口では3割負担分の30万円を払います。

100万円がすべて高額療養費の対象になる費用である場合、自己負担限度額は次の通りです。

表に当てはめて考えてみます。

80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円

となり、すでに3割負担で300,000円支払っているので、返ってくるお金はこうなります。

300,000円-87,430円=212,570円

大きい金額ですよね。

さて、高額療養費制度ですが、病院に支払ったものすべてが対象となるわけではありません。

対象となるのは、健康保険が適用された(3割負担で済んだ)医療費です。

その他の諸費用や自由診療の医療費は、対象になりません。

対象とならないものは以下のとおりです。

・差額ベッド代

・入院中の病院の食事代

・入院中の日用品代等

・先進医療の費用

・健康保険が適用されない診療費用(歯科治療の自由診療費用、美容整形費用など)

・正常分娩の出産費用(帝王切開の手術費などは健康保険が適用され対象となります)

1.2  民間の医療保険とは

次に、民間の医療保険について見ていきます。

医療保険とは、病気やケガを対象として、入院したり所定の手術を受けたりした場合などに給付金が支払われる保険です。

医療保障に重点が置かれ、死亡保障機能は小さいか全くないものもあります。

医療保険のポイントは以下のとおりです。

・医療保険の保険料は、公的医療保険と異なり、被保険者の報酬や所得によって差異は生じないが、被保険者の年齢や性別などによって差異が生じる。

・退院日の翌日からその日を含めて180日以内に同じ病気やケガで再度入院した場合は、1回の入院とみなされる。

・更新タイプの医療保険は、更新時に告知・審査は不要で。健康状態などにかかわらず更新できるが、保険料は更新時の年齢および料率で再計算される。

・終身タイプの医療保険には、60歳、65歳などの所定の年齢で保険料の払込が満了する有期払込、払込が一生涯続く終身払込があり、他の条件が同じである場合、1回あたりの保険料は有期払込よりも終身払込のほうが安い。

となっています。

2.  各社の医療保険の保険料をシュミレーションしてみよう

次に、本題の医療保険の保険料のシュミレーションについて見ていきます。

2.1  シュミレーションするとは

「シュミレーションする」とは、一体どんなことなのでしょうか。

シュミレーションするとは、保険料を試算することをいいます。

生命保険会社のホームページを見ると、よく「保険料をシュミレーションする」というページがあります。

そこでは自分の性別や生年月日を入力して、保険料の試算ができるのです。

次からは、実際の保険会社のシュミレーションの特長やシュミレーションのない保険会社について、述べていきます。

2.2  アフラックの医療保険のシュミレーションの特長

アフラックの医療保険についてです。

アフラックの医療保険には、「ちゃんと応える医療保険EVER」があります。

このシュミレーションのページを見ると、

・性別を選択

・年齢を選択

・保険料払方タイプ(定額タイプ・60歳半額タイプ・60歳払済タイプ)を選択

・入院給付金日額(5,000円、10,000円)を選択

します。

そうすると、通院ありプランと通院なしプランの2通りの保険料が算出されます。

さらに、特約についても、付加するか付加しないかを選択し、保険料の算出ができます。

アフラックに関しては、他の商品でも保険料のシュミレーションができます。

2.3  メットライフ生命の医療保険のシュミレーションの特長

メットライフ生命についてです。

メットライフ生命の医療保険には「医療保険Flexi S」があります。

・性別を選択

・生年月日を選択

すると、入院日額が5,000円と10,000円の2通りの保険料が算出されます。

さらに、5,000円の場合は、保障充実コースWBプランとシンプルコースDプランに分けられ、10,000円の場合は、保障充実コースWAプランとシンプルコースCプランに分けられます。

また、予算や希望に合わせて保障内容を選んで自由に設計できるページもあります。

2.4  オリックス生命の医療保険のシュミレーションの特長

オリックス生命についてです。

オリックス生命の医療保険には、「医療保険新CURE」があります。

・生年月日を選択

・性別を選択

すると、医療保険だけではなく、がん保険など他の商品の保険料も同時に見ることが出来ます。

2.5  ネオファースト生命の医療保険のシュミレーションの特長

ネオファースト生命についてです。

ネオファースト生命の医療保険には、「ネオdeいりょう」があります。

保険料試算のページに進み、

・年齢を選択

・性別を選択

すると、医療保険だけではなく、ネオdeしゅうほ等他の商品の保険料試算も見ることができます。

また、おすすめプランと自由設計から保険料試算の仕方を選択できます。

2.6  シュミレーションのない保険会社

すべての保険会社のホームページにシュミレーションのページがあるとは限りません。

・日本生命

・ソニー生命

・住友生命

などの医療保険には、保険料シュミレーションのページはありません。

しかし、医療保険ではなく、総合保障保険にはあるという場合はあります。

シュミレーションができない場合は、直接保険会社に問い合わせてみましょう。

3.  アフラック・ちゃんと応える医療保険EVERの保険料のシュミレーションをしてみた

アフラックのちゃんと応える医療保険EVERの保険料をシュミレーションしてみました。

保険料だけが分かっても意味がないので、保険の特長を以下で簡単に述べていきます。

3.1  特長

特長は以下のとおりです。

日帰り入院など短期の入院をしっかり保障する。

日帰り入院など短期の入院をしっかり保障します。

5日未満の入院なら日帰り入院(入院日と退院日が同一の入院)の場合でも、一律、入院給付金日額×5日分をお支払いします。

さらに、特約を付加することで入院初期にかかる費用も一時金で備えられます(入院一時金特約)。

②病気やケガの入院前後の通院治療を保障する。日帰り入院など、短期入院後の通院治療も安心して受けられる。

入院前60日以内の通院を保障、退院後120日以内の通院も保障します。

*入院前後の通院給付金のお支払い対象期間中最高30日までとなります。

③入院中の手術はもちろん、「外来による手術」や放射線治療を受けたときも保障する。

さらに特約を付加することで先進医療を受けたとき、1回につき自己負担額と同額を保障します。
お支払いの限度額は通算2,000万円まで となっています(総合先進医療特約)。

④特約を付加することで三大疾病にも手厚く備えられる。

・三大疾病で所定の状態になったときは以後の保険料はいただきません(一部特約を除き、保障は継続します)(三大疾病保険料払込免除特約)。

・三大疾病になった場合の治療費や当面の生活費をカバーします。2年に1回を限度、回数無制限で一時金をお支払いします(三大疾病一時金特約)。

病気・ケガの入院は365日まで、保障します。ただし三大疾病による入院なら日数無制限で保障します(三大疾病無制限型長期入院特約)。

3.2  保険料のシュミレーション

保険料を見ていきましょう。

男女、20歳・30歳・40歳・50歳で保険料払方タイプが定額タイプ、入院給付金が5,000円の場合の保険料です。

20歳 1,337円 1,472円
30歳 1,693円 1,726円
40歳 2,296円 2,101円
50歳 3,598円 3,079円

となっています。

4.  メットライフ生命・医療保険Flexi Sの保険料のシュミレーションをしてみた

次に、メットライフ生命の医療保険Flexi Sの保険料のシュミレーションをしてみました。

簡単に特長を述べていきます。

4.1  特長

①健康祝金が受け取れる。

5年ごとに継続10日以上の入院がなければ、最長90歳まで何度でも5万円のお祝い金が受け取れます。

②短期入院に手厚い。

10日以内の短期入院に、一律5万円をお支払いします。

③七疾病での入院に手厚い。

長引きがちな7つの疾病

による入院は、支払日数無制限に日額5,000円の給付金をお支払いします。

④退院後の通院を保障。

退院後の通院日数に応じて日額3,000円の給付金をお支払いします。
通院給付金のご請求は、医師の診断書などの提出は必要なく、当社所定の請求書のご提出による自己申告でお手続きいただけます。

4.2  保険料のシュミレーション

保険料を見ていきましょう。

男女、30歳・40歳、50歳(20歳はシュミレーション対象外でした)で、入院日額5,000円、シンプルコースDプランの保険料です。

30歳 1,577円 1,632円
40歳 2,102円 1,957円
50歳 3,062円 2,592円

となっています。

5.  オリックス生命・医療保険新CUREの保険料のシュミレーションをしてみた

次に、オリックス生命の医療保険新CUREの保険料についてです。

特長から見ていきます。

5.1  特長

①七大生活習慣病に特に手厚い。

②入院の有無にかかわらず約1,000種類の手術を保障します。

公的医療保険制度の給付対象となる手術・放射線治療・骨髄移植、先進医療、骨髄幹細胞の採取術を、入院中に受けた場合には主契約の入院給付金日額の10倍、外来で受けた場合には主契約の入院給付金日額の5倍の手術給付金を、それぞれ何度でもお支払いします。

③先進医療を受けた時の技術料を通算2,000万円まで保障します。

さらに、一時金もお支払いします。公的医療保険制度の給付対象とならない先進医療の技術料と同額を通算2,000万円まで保障します。

5.2  保険料のシュミレーション

保険料についてです。

男女、20歳・30歳・40歳・50歳で、基本プラン、入院給付金日額5,000円の場合の保険料です。

20歳 1,152円 1,385円
30歳 1,531円 1,683円
40歳 2,166円 2,000円
50歳 3,165円 2,697円

となっています。

6.  ネオファースト生命・ネオdeいりょうの保険料のシュミレーションをしてみた

最後に、ネオファースト生命についてです。

特長から見ていきます。

6.1 特長

①特定疾病保険料払込免除特約なら、上皮内がんも保障対象である。

②手術保障特約なら、三大疾病の手術に手厚く備えることができる。

③健康状況が所定の基準を満たす場合、健康保険料率が適用され、保険料が安くなる。

被保険者の健康状況がネオファースト生命の定める基準を満たす場合、健康保険料率が適用され、基準を満たしていない場合にくらべて保険料が安くなります。

被保険者の年齢が20歳未満の場合、健康状況にかかわらず保険料率は標準保険料率のみとなります。

6.2  保険料のシュミレーション

保険料についてです。

男女、20歳・30歳・40歳・50歳で、お手頃プラン、入院給付金日額5,000円の場合の保険料です。

20歳 1,153円 1,431円
30歳 1,516円 1,706円
40歳 2,090円 1,997円
50歳 2,997円 2,655円

となっています。

7.  まとめ

皆さん、いかがでしたか?

以上、医療保険の保険料シュミレーションについてでした。

ポイントは以下のとおりです。

①公的医療保険には、健康保険と国民健康保険があります。

②健康保険は、被保険者の業務外の事由による疾病、負傷、死亡、出産について必要な保険給付を行います。また、被保険者だけでなく、被保険者の養われている者(被扶養者という)の疾病、負傷、死亡、出産についても必要な保険給付を行います。健康保険から給付を受けられるのは業務外の事由によるもののみです。業務外のけがや病気については、労災保険から給付を受けることとなります。健康保険の保険料は、「標準報酬月額」および「標準賞与額」に保険料率を乗じて計算し、被保険者と事業主が半分ずつ負担します。

③国民健康保険は、健康保険などの被用者保険の対象とならない地域住民などの疾病、負傷、死亡、出産について必要な保険給付を行います。業務上、業務外を問わず、国民健康保険から給付を受けることができます。国民健康保険の保険者となるのは、市区町村、または業種ごとに設立された国民健康保険組合です。いずれも厚生労働省の管轄で、手続きは、市区町村または各国民健康保険組合で行います。

また、国民健康保険は、原則として世帯を単位として加入します。健康保険などの被用者保険の加入対象とならない者は、国民健康保険に加入しなければなりません。国民健康保険では、世帯主である被保険者に扶養されている者であっても、原則として被保険者として加入します。

なお、75歳以上の者は、後期高齢者医療制度に被保険者として加入することになります。保険料についてです。国民健康保険の保険料は、原則として世帯主(または組合員)が全額納付します。一部の地域では国民健康保険税として徴収されています。

④民間の医療保険とは、病気やケガを対象として、入院したり所定の手術を受けたりした場合などに給付金が支払われる保険です。医療保障に重点が置かれ、死亡保障機能は小さいか全くないものもあります。

医療保険のポイントは以下のとおりです。

・医療保険の保険料は、公的医療保険と異なり、被保険者の報酬や所得によって差異は生じないが、被保険者の年齢や性別などによって差異が生じる。

・退院日の翌日からその日を含めて180日以内に同じ病気やケガで再度入院した場合は、1回の入院とみなされる。

・更新タイプの医療保険は、更新時に告知・審査は不要で。健康状態などにかかわらず更新できるが、保険料は更新時の年齢および料率で再計算される。

・終身タイプの医療保険には、60歳、65歳などの所定の年齢で保険料の払込が満了する有期払込、払込が一生涯続く終身払込があり、他の条件が同じである場合、1回あたりの保険料は有期払込よりも終身払込のほうが安い。となっています。

⑤シュミレーションする、とは、保険料の試算をすることで、保険会社のホームページに専用のページがあります。

⑥シュミレーションはすべての保険会社のホームページでできるというわけではなく、一部の保険会社でできます。シュミレーションが出来ない場合は、保険会社に直接問い合わせて保険料を試算してもらいましょう。シュミレーションができない保険会社は日本生命やソニー生命、住友生命ですが、医療保険ではなく総合保障保険ではできる場合があります。

⑦それぞれの保険会社のシュミレーションのページでは、性別と生年月日(または年齢)を選ぶのは必須で、あとは、保険料の払方を選んだり、入院給付金日額を選んだりします。

となっています。

保険料のシュミレーションごとに、保障内容(特約の有無など)が詳しく載っているので、ぜひ参考にしましょう。

シュミレーションして納得のいくものでしたら、資料請求するのもよいでしょう。

資料請求できるページはホームページ上にあり、名前や住所を入力すればできます。

ぜひしてみましょう。

以上となります。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る