安い海外旅行保険はどれ?海外旅行に行く前におさえておきたいおすすめ3社

「海外旅行に行くのだけれど、海外旅行保険に入っておく必要はあるのかな?」

あなたはそう疑問に思ったことはありませんか?

海外での医療費は高額になるみたいで、心配。。。

そんなあなたに!この記事を読めば、海外旅行保険について、おすすめ3社について、丸わかりです!

そもそも海外で病院にかかった場合、どのくらいの医療費になるかもご紹介しますので、お見逃しなく!

1.海外での医療費はどのくらい?

今回は、海外旅行保険について見ていきます。

海外旅行は旅行自体でお金がかかるものなので、なるべくお金の出費はおさえたいものです。

厄介なのが、海外旅行中に、病気やけがをしてしまい、お金がかかってしまった場合です。

一般的に、海外での医療費は高額になると言われています。

1.1  海外での医療費の一例

古い情報ですが、2008年時点での株式会社アイエヌシーという保険会社が調べた盲腸手術の医療費をご紹介します。

以下のような医療費の金額となっています。

地域 都市名 費用
北米 サンフランシスコ 2,500,000円
ニューヨーク 2,160,000円
バンクーバー 1,500,000円
欧州 ジュネーブ 2,970,000円
ロンドン 1,512,000円
パリ 1,134,000円
ローマ 1,100,000円
マドリッド 972,000円
アジア 香港 900,000円
上海 680,000円
ソウル 630,000円
バンコク 400,000円
北京 200,000円
オセアニア シドニー 864,000円
クライストチャーチ 864,000円
ハワイ ホノルル 1,950,000円
ミクロネシア グアム 864,000円

総費用は、外国人が私立病院の個室を利用し手術も複雑でない場合を想定し、総費用は手術費の他、看護費用、技術料などおよび平均入院日数の病室代などを含みます。

1US$=108円で換算し、千円単位に四捨五入した金額です。

安くても20万円、高くて300万円近くかかる国もあります。

1.2  海外での保険金高額支払い事例

海外での医療費は国によって違いますが、かなり高いことが分かったかと思います。

そこで、次に海外での保険金高額支払い事例について見ていきます。

国名 内容 支払い保険金
アメリカ コンビニで買い物中に意識を失い救急車で搬送。心不全と診断され25日間入院。医師・看護師が付き添い医療搬送。 2,347万円
アメリカ 空港内で意識を失い救急車で搬送。感染性心内膜炎と診断され15日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 2,295万円
アメリカ 高速道路を走行中に車が横転し救急車で搬送。全身強打による多発外傷と診断され家族が駆けつける。 2,113万円
ハワイ 往路機内で意識を失い着陸後に救急車で搬送。脳梗塞と診断され16日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。 1,833万円
ハワイ ビーチで遊泳中に溺れ救急車で搬送。急性腎不全・溺水による呼吸不全・誤嚥性肺炎と診断され5日間入院。家族が駆けつける。 1,564万円
アメリカ 空港到着後、呼吸困難を訴え救急車で搬送。肺塞栓症・肺炎・肺結核と診断され49日間入院・手術。家族が駆けつける。 9,335万円
ハワイ 嘔吐物を飲み込み気管に入ってしまい救急車で搬送。胃腸炎・肺炎・敗血症と診断され16日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。 6,080万円
アメリカ 歩行中に車に撥ねられ救急車で搬送。脳挫傷・くも膜下出血と診断され33日間入院・手術。家族が駆けつける。 5,664万円
南アフリカ クルーズ船内で胸の痛みを訴え、下船し救急車で搬送。気胸・肺炎と診断され36日間入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。 2,414万円
ブルネイ クルーズ中に下痢・嘔吐・食欲不振等で衰弱したため下船し受診。肺炎と診断され123日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。 1,888万円

中には1億円近い保険金を支払った事例もあります。

このように、海外での医療費は高額になるのです。

2.  利用しよう!海外療養費・高額療養費

次に、海外療養費、高額療養費について見ていきます。

海外療養費という言葉はなかなか聞かない言葉かと思います。

2.1  海外療養費とは

海外療養費制度は、海外旅行中や海外赴任中に急な病気やけがなどによりやむを得ず現地の医療機関で診療等を受けた場合、申請により一部医療費の払い戻しを受けられる制度です。

2.2  給付の範囲

・海外療養費の支給対象となるのは、日本国内で保険診療として認められている医療行為に限られます。そのため、美容整形やインプラントなど、日本国内で保険適用となっていない医療行為や薬が使用された場合は、給付の対象になりません。

・療養(治療)を目的で海外へ渡航し診療を受けた場合は、支給対象となりません。日本で実施できない診療(治療)を行った場合でも、保険給付の対象とはなりません。

2.3 支給金額

日本国内の医療機関等で同じ傷病を治療した場合にかかる治療費を基準に計算した額(実際に海外で支払った額の方が低いときはその額)から、自己負担相当額(患者負担分)を差し引いた額を支給します。

・日本と海外での医療体制や治療方法等が異なるため、海外で支払った総額から自己負担相当額を差し引いた額よりも、支給金額が大幅に少なくなることがあります。

・外貨で支払われた医療費については、支給決定日の外国為替換算率(売レート)を用いて円に換算して支給金額を算出します。

2.4  手続きに必要な書類

海外療養費の申請については、以下の申請書と添付書類が必要です。

医科の場合 歯科の場合
1.海外療養費支給申請書
2.診療内容明細書(様式A)
3.領収明細書(様式B)
4.現地で支払った領収書の原本
1.海外療養費支給申請書
2.領収明細書(様式B)
3.歯科診療内容明細書(様式C)
4.現地で支払った領収書の原本
医科・歯科共通
5.各添付書類の翻訳文
※翻訳文には、翻訳者が署名し、住所および電話番号を明記してください。
6.受診者の海外渡航期間がわかる書類
(パスポート・ビザ・航空チケットなど当該渡航期間がわかる部分のコピー等)
※パスポートの場合は、①氏名・顔写真と②出入国スタンプのページの両方のコピーを添付して下さい。(診療を受けた期間に渡航先に滞在していたことが分かるよう目印をつけて下さい。)
7.同意書(様式D)
具体的な診療内容等について、診療等を受けた医療機関に照会するため、療養を受けた方の同意書を添付して下さい。
その他 (条件に該当する場合に必要)
8.ケガ(負傷)による申請の場合

負傷原因届

9.第三者による傷病の場合

第三者行為による傷病届

10.被保険者が亡くなられ、相続人の方が請求する場合

被保険者との続柄がわかる「戸籍謄本」等

11.臓器移植による申請の場合

Ⅰ.日本臓器移植ネットワークの登録証明書の写し
Ⅱ.海外の施設に入院していた間の経過記録の写し
Ⅲ.臓器移植を必要とする被保険者等が「①レシピエント適応基準に該当し、日本臓器移植ネットワークに登録している状態であること・②国内での待期状況を踏まえると、当該患者が、海外で移植を受けない限りは生命の維持が不可能となる恐れが高いこと」について、臓器移植を受ける被保険者等の主治医(学会認定の移植認定医)が作成した海外の施設への紹介状の写しに、部門長又は施設長がサインしたもの

2.5  高額療養費も利用できる

次に、高額療養費について見ていきます。

高額療養費についてはなんとなく聞いたことのある方もいるのではないでしょうか。

高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

医療費が高額になることが事前にわかっている場合には、「限度額適用認定証」を提示する方法が便利です。

世帯で複数の方が同じ月に病気やけがをして医療機関で受診した場合や、お一人が複数の医療機関で受診したり、一つの医療機関で入院と外来で受診した場合は、自己負担額は世帯で合算することができ、その合算した額が自己負担限度額を超えた場合は、超えた額が払い戻されます。

自己負担限度額は、年齢および所得状況等により設定されています。

・70歳未満の場合

所得区分  自己負担限度額 多数該当
①区分ア
(標準報酬月額83万円以上の方)
(報酬月額81万円以上の方)
 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%  140,100円
②区分イ
(標準報酬月額53万円~79万円の方)
(報酬月額51万5千円以上~81万円未満の方)
 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%  93,000円
③区分ウ
(標準報酬月額28万円~50万円の方)
(報酬月額27万円以上~51万5千円未満の方)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
④区分エ
(標準報酬月額26万円以下の方)
(報酬月額27万円未満の方)
 57,600円  44,400円
⑤区分オ(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
 35,400円  24,600円

*診療を受けた月以前の1年間に、3ヵ月以上の高額療養費の支給を受けた(限度額適用認定証を使用し、自己負担限度額を負担した場合も含む)場合には、4ヵ月目から「多数該当」となり、自己負担限度額がさらに軽減されます。

3.  海外旅行保険とは一体どんなもの?

次に、本題の海外旅行保険について見ていきます。

海外旅行保険はどういった場合を補償してくれるのでしょうか。

商品によっても違いますが、一般的な補償を見ていきます。

3.1  ケガ・病気を補償

・傷害死亡・・・海外旅行中の偶然な事故によるケガが原因で、事故発生日から所定の期間内に死亡した場合に保険金が支払われる補償。

・傷害後遺障害・・・海外旅行中の偶然な事故によるケガが原因で、事故発生日から所定の期間内に後遺障害が生じた場合に保険金が支払われる補償。

・疾病死亡・・・海外旅行中の病気が原因で、事故発生日から所定の期間内に死亡した場合に保険金が支払われる補償。

・治療費用・・・海外旅行中に事故によるケガを負ったり、病気になったりして医師の治療を受けた時に保険金が支払われる補償。救援費用補償とセットになっていたり、病気と傷害で分かれている場合もある。

・救援費用・・・海外旅行中の偶然な事故によるケガや病気が原因で、死亡、または3日以上連続して入院した場合などに家族が現地に向かう場合の損失(移動交通費など)を補償。

・入院一時金・・・海外旅行中のケガや病気が原因で一定期間以上入院した場合に一時金が支払われる補償。

3.2  他人や物への賠償責任を補償

・賠償責任・・・海外旅行中に偶然な事故により他人や物に損害を与え、被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる補償。

3.3  ご自身の持ち物を補償

・携行品損害・・・海外旅行中の盗難・破損・火災などの偶然な事故により、被保険者の携行品(カメラ、衣類、旅券など)に損害が生じた場合に保険金が支払われる補償。

3.4  その他の補償

・航空機寄託手荷物・・・航空会社に預けた手荷物の到着が所定の時間以上遅れた場合に、やむ得ず必要となった身の回りの品の購入費を補償。

・航空機遅延費用・・・乗る予定の飛行機が離陸時、着陸時、乗り継ぎ時に遅延して臨時の宿泊費や食事代、移動のタクシー代などを出費した場合の費用を補償。

・旅行変更費用・・・被保険者が、各保険会社が定める事由により出国を中止した場合、または海外旅行を途中で取りやめて帰国した場合に、保険金が支払われる補償。 尚、旅行変更費用特約がない商品の場合、AWPチケットガード少額短期保険の「旅行キャンセル保険」も選択可能。

・緊急歯科治療・・・海外旅行中、急激な歯の痛みや苦痛を一時的に除去・緩和するための応急治療を受けた場合に保険金が支払われる補償。

・弁護士費用・・・海外旅行中の偶然な事故により被害を受けた被保険者が弁護士に法律相談を行なった場合や、損害賠償請求を弁護士に委託した際の弁護士報酬を補償。

・テロ対策費用・・・海外旅行の最終目的地への到着が保険期間の末日の午後12時までに予定されているにもかかわらず、所定のテロ行為によって遅延した場合に保険金が支払われる補償。

・偶然事故対応費用・・・海外旅行中の予期せぬ偶然な事故により、被保険者が旅行期間中に負担を余儀なくされた費用を補償。

・ペット預入延長費用・・・海外旅行の最終目的地への到着が保険期間の末日の午後12時までに予定されているにもかかわらず、各保険会社が定める理由により遅延した場合に保険金が支払われる補償。

4.  おすすめ!安い!海外旅行保険①エイチ・エス損保ネット海外旅行保険たびとも

次からは、おすすめ!安い!海外旅行保険を3社ご紹介します。

1つ目は、エイチ・エス損保ネット海外旅行保険たびともです。

4.1  特長

特長は以下のとおりです。

①選べる3つのプラン

・個人プラン

契約者本人が被保険者となる場合は、3つの契約から選択することができます。

補償項目 ご契約タイプ
P1
タイプ
P2
タイプ
P3
タイプ
保険金額 保険金額 保険金額
治療費用 1,000万円 3,000万円 無制限
傷害死亡 1,000万円 2,000万円 3,000万円
傷害
後遺障害
1,000万円 2,000万円 3,000万円
疾病死亡 1,000万円 2,000万円 3,000万円
救援者費用 1,000万円 2,000万円 3,000万円
賠償責任 1億円 1億円 1億円
携行品 30万円 30万円 30万円
航空機寄託
手荷物遅延
10万円 10万円 10万円

・ファミリープラン

契約者本人が被保険者に含まれる場合は、3つの契約タイプから選択することができます。

最大6名様までご契約が可能です。

ご本人と旅行行程を同一とする家族の方に限ります。

◆マークのある4つの補償項目は、ご家族共有となります。

補償項目 ご契約タイプ
F1タイプ
ご本人 ご家族
治療費用 1,000万円 1,000万円
傷害死亡 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 1,000万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円
◆救援者費用 1,000万円
◆賠償責任 1億円
携行品 30万円
◆航空機寄託
手荷物遅延
10万円
補償項目 ご契約タイプ
F2タイプ
ご本人 ご家族
治療費用 3,000万円 3,000万円
傷害死亡 2,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 2,000万円 1,000万円
疾病死亡 2,000万円 1,000万円
◆救援者費用 2,000万円
◆賠償責任 1億円
携行品 30万円
◆航空機寄託
手荷物遅延
10万円
補償項目 ご契約タイプ
F3タイプ
ご本人 ご家族
治療費用 無制限 無制限
傷害死亡 3,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 3,000万円 1,000万円
疾病死亡 3,000万円 1,000万円
◆救援者費用 3,000万円
◆賠償責任 1億円
携行品 50万円
◆航空機寄託
手荷物遅延
10万円

・グループ旅行プラン

グループ旅行プランは、お申込人(ご契約者)以外の方を含む契約を行うプランであるため、死亡補償の上限が1,000万円となり、ご契約いただけるタイプはG1タイプのみとなります。

最大10名様までご契約が可能です。

グループ旅行プランでご契約いただけるのは、旅行行程を同一とする方に限ります。

補償項目 ご契約タイプ
G1タイプ
保険金額
治療費用 1,000万円
傷害死亡 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円
疾病死亡 1,000万円
救援者費用 1,000万円
賠償責任 1億円
携行品 30万円
航空機寄託
手荷物遅延
10万円

となっています。

②旅行目的地別の保険料

たびともは、旅行の目的地によって保険料が違ってきます。

なかでも、韓国・台湾は最安値となっています。

③たびともはネットで完結

たびともは、お申し込み手続きがネットで完結します。

4.2  保険料

保険料は以下のとおりです。

行先は韓国で、2019年1月1日~2019年1月2日の2日間、プランは個人で、1人、オプションである航空機遅延3万円を希望すると保険料は、

P1 950円
P2 1,280円
P3 1,650円

となっています。

5.  おすすめ!安い!海外旅行保険②ジェイアイ傷害火災t@bihoたびほ

2つ目は、ジェイアイ傷害火災t@bihoたびほです。

5.1  特長

特長です。

①ネット専用だから低価格

・書面申込みより72off

インターネットだからできることを徹底追及し、コストを最小限にしました。

補償項目や保険金額のカスタマイズでさらに保険料を節約できます。

また、リピーターの方には保険料を3%割引します。

・業界唯一の旅行先と年齢による2軸のリスク細分を導入

リスクの低い10~49歳の保険料が割安になっています。

「t@bihoたびほ」は旅行先・年齢ごとにリスクを細分化して、それぞれのリスク領域に見合った保険料を設定しています。

②補償・サービスも充実

・業界最多の14の補償項目からカスタマイズで選べる補償

傷害死亡、疾病死亡や治療・救援費用はもちろん、緊急歯科治療、テロ等対応保険金、弁護士費用など幅広い補償項目を提供しています。

旅行キャンセル費用・旅行中断費用、ペット預入延長保険金などオプションも豊富です。

お持ちのカードに付帯された海外旅行保険の補償を活かして不足部分を上乗せするなど、クレジットカード付帯の保険をご利用される方にもおすすめです。

・皆さまの旅行のトラブルを24時間日本語でサポート

お困りのときは、まずは24時間365日 日本語対応のt@bihoサポートラインへご連絡ください。

お客さまのトラブルの内容に応じてさまざまなサービスを提供いたします。

治療費自己負担なしのキャッシュレスメディカルサービス、海外300か所超のt@bihoキャッシュレス提携病院と海外サポートも充実です。

③ネット完結

・ネットでリアルタイムに素早く各種お手続きが完結!

「t@bihoたびほ」はインターネットユーザーの利便性を徹底的に追究し、お申込みはもちろん、取消や日程変更、補償内容の変更から契約内容の修正など、海外旅行保険に関わる各種お手続きの大半をインターネット上で完結できるよう機能を充実させています。

各種変更のお手続きは海外からでもネットで可能です。

・保険料はクレジットカードとキャリア決済でお支払い可能!

保険料のお支払いはクレジットカード払いに加え、キャリア決済(通信料金等との合算による保険料支払い)をお選びいただくことも可能です。

お申込みから保険料のお支払い、ご契約までがインターネット上で完結します。

④入れます!

・ご友人とお出かけの方

家族旅行はもちろん、ご友人とのグループ旅行も最大10名まで、一度にまとめてご契約いただけます。

ご友人のメールアドレスを入力(任意)いただければ、ご契約内容のご案内や、その後の契約内容変更時も自動的にメールが送信されます。

・現在病気で治療中の方

どのようなご病気かにかかわらず、ご加入いただけます。

・既往症のある方

入院期間や回数にかかわらず、既に完治されていればご加入いただけます。

・70歳以上の方

99歳までご加入いただけます。

・複数の旅行方面へお出かけの方

例えば、シンガポールを経由してヨーロッパへ、アジアとヨーロッパでそれぞれご滞在など、旅行先が複数でもご加入いただけます。

5.2  保険料

次に、保険料についてです。

行先が韓国で、2019年1月1日~2019年1月2日の2日間、18歳~49歳、1人でおすすめプランの場合の保険料は、1,410円となっています。

6.  おすすめ!安い!海外旅行保険③ソニー損保・海外旅行保険

3つ目は、ソニー損保の海外旅行保険です。

6.1  特長

特長です。

①ネット専用だから低価格

・インターネットだからできることを徹底追求!

補償項目や保険金額のカスタマイズでさらに保険料を節約できます。

また、リピーターの方には保険料を3%割引します。

・旅行先と年齢による2軸のリスク細分を導入

リスクの低い10~49歳の保険料が割安になります。

ソニー損保の海外旅行保険は、旅行先・年齢ごとにリスクを細分化して、それぞれのリスク領域に見合った保険料を設定しています。

②補償・サービスも充実

・14の補償項目からカスタマイズで選べる補償

※治療救援費用ならびに緊急歯科治療は必ず付帯されます。

傷害死亡、疾病死亡や治療・救援費用はもちろん、緊急歯科治療、テロ等対応保険金、弁護士費用など幅広い補償項目を提供しています。

旅行キャンセル費用・旅行中断費用、ペット預入延長保険金などオプションも豊富です。

お持ちのカードに付帯された海外旅行保険の補償を活かして不足部分を上乗せするなど、クレジットカード付帯の保険をご利用される方にもおすすめです。

・皆様の旅行のトラブルを24時間日本語でサポート

お困りのときは、まずは24時間365日 日本語対応の「t@bihoサポートライン」へご連絡ください。

お客様のトラブルの内容に応じてさまざまなサービスを提供いたします。

治療費自己負担なしのキャッシュレスメディカルサービス、海外300ヵ所超のキャッシュレス提携病院と海外サポートも充実です。

③ネット完結

・ネットでリアルタイムに素早く各種お手続きが完結!

ソニー損保の海外旅行保険はインターネットユーザーの利便性を徹底的に追究し、お申込みはもちろん、取消や日程変更、補償内容の変更から契約内容の修正など、海外旅行保険に関わる各種お手続きの大半をインターネット上で完結できるよう機能を充実させています。

各種変更のお手続きは海外からでもネットで可能です。

・保険料はクレジットカードとキャリア決済でお支払い可能!

保険料のお支払いはクレジットカード払いに加え、キャリア決済(通信料金等との合算による保険料支払い)をお選びいただくことも可能です。

お申込みから保険料のお支払い、ご契約までがインターネット上で完結します。

④入れます!

・ご友人とお出かけの方

家族旅行はもちろん、ご友人とのグループ旅行も最大10名まで、一度にまとめてご契約いただけます。

ご友人のメールアドレスを入力(任意)いただければ、ご契約内容のご案内や、その後の契約内容変更時も自動的にメールが送信されます。

・現在病気で治療中の方

どのようなご病気かにかかわらず、ご加入いただけます。

・既往症のある方

入院期間や回数にかかわらず、既に完治されていればご加入いただけます。

・70歳以上の方

99歳までご加入いただけます。

・複数の旅行先へお出かけの方

例えば、シンガポールを経由してヨーロッパへ、アジアとヨーロッパでそれぞれご滞在など、旅行先が複数でもご加入いただけます。

6.2  保険料

保険料についてです。

行先が韓国で、2019年1月1日~2019年1月2日、18歳~49歳、1人の場合の保険料は、おすすめプランで、1,440円となっています。

7.  まとめ

皆さん、いかがでしたか?

以上、海外旅行保険についてでした。

ポイントは、

①海外での医療費は高額になる。

②海外療養費という制度がある。

③高額療養費も利用できる。

④海外旅行保険では、病気やけが、他人や物への賠償責任、自身の持ち物などを補償してくれる。

となっています。

ぜひあなたにピッタリの海外旅行保険を見つけてみてください。

以上となります。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る