子供に生命保険は必要!?加入時期やメリットも徹底解説

大切な小さな命を守りたい。

そう思いながら子供の将来に備えて生命保険や学資保険をかけられるママさんが沢山います。

でもちょっと待ってください。

生命保険ってそもそも子供に必要あるのでしょうか?

「生命保険よりも学資保険の方が大事では!?」と思う方もたくさんいらっしゃると思います。

今回は子供に生命保険に加入するメリットや必要性と子供におすすめの生命保険について紹介していきます。

また、学資保険と生命保険の違いやそれぞれの活用方法も紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

目次

1.子供に生命保険の仕組み
1.1 子供に生命保険は必要か?
1.2 加入年齢によって保険料が違う
1.3 子供の医療費助成制度の仕組みを知っておく

2.子供の保険はいつから入るべき?
2.1 加入は早いほど保険料が安い
2.2 加入できる年齢は保険によって違うので注意が必要
2.3 学資保険の加入に向いているタイミング

3.学資保険の仕組み
3.1 学資保険とは
3.2 学資保険のメリット
3.3 学資保険のデメリット

4.生命保険の種類
4.1 定期保険
4.2 終身保険
4.3 養老保険

5.子供が生命保険に入るメリット
5.1 健康なうちに加入できる
5.2 保険料が安い
5.3 相続税対策としても使える

6.学資保険と生命保険を迷っている方がおさえるポイント
6.1 保険の目的が貯蓄なのか保障なのか?
6.2 教育資金以外の使い道も考えているか?
6.3 いらない保障がついていないか
6.4 学資保険と生命保険の返戻率の違いを知っておく
6.5 終身保険は満期を過ぎても解約時期が選べる

7.子供におすすめの生命保険は?
7.1 学資金の準備なら学資保険
7.2 子供に終身保険は必要?
7.3 病気がちなら医療保険
7.4 実は共済もおすすめ
7.5 幅広い保障なら総合保険

8.生命保険を孫が受け取るときの相続税の注意点
8.1 保険金の非課税枠が適用できない
8.2 相続税が2割増える
8.3 3年以内の贈与加算がない

9.まとめ

1.子供に生命保険の仕組み

現在は子供向けの生命保険や医療保険など加入対象年齢が0歳~12歳まで加入できる保険など本当に沢山の保険があります。

その中で子供が生命保険に加入する必要性はあるのでしょうか?

1.1 子供に生命保険は必要か?

まず子供が生命保険に加入する目的を考えてみましょう。

それはお子さんが病気やケガ、生死にかかわる重大な問題になった時や亡くなった後など残された家族の生活費を保障するために加入するためです。

なので子供が家族を支えているケースは、ほとんどないために子供が生命保険の加入は必要ではないと思われがちです。

それに加入年齢によって生命保険の保険料の金額が変わってきます。

1.2 加入年齢によって保険料が違う

生命保険の特徴として加入するのが若ければ若いほど保険料が安くなるという特徴があります。

実際に0歳加入した時の保険料、5歳で加入した時の保険料、10歳で加入した時の保険料をまとめてみました。

0歳加入での保険料 5歳加入での保険料 10歳加入での保険料
基本保険額50万円 6,284円 7,523円 10,084円
基本保険額100万円 11,954円 14,383円 19,403円

となります。

またお子さんに生命保険を掛けるのか掛けないのかを検討する際に、子供の医療費助成制度の仕組みを知っておかなければいけません。

1.3 子供の医療費助成制度の仕組みを知っておく

子供には乳幼児医療費助成制度や小児慢性疾患医療費助成制度など子供だけの医療費の助成制度があります。

こういった医療費助成制度があるので生命保険が必要ではないと考える方も中にはいるかもしれません。

ですがこれらの助成制度は全ての費用が無料になるわけではないので注意が必要です。

乳幼児医療費助成制度 乳幼児の治療にかかる費用の一部を自治体が助成する制度
小児科慢性医療費助成制度 小児がんと診断されると自己負担額上限が月々5,750円以内になる制度
障害児童福祉手当 日常生活で介護が必要とされる20歳未満の子供に支給される助成金で年4回に分けて14,480円が振り込まれます。

これらの医療費助成制度は中学生以下のお子さんが対象であり、もし生命保険に加入する事を考えているのであれば、これらの事も考えて生命保険に加入するのかどうか検討しておきましょう。

2.子供の保険はいつから入るべき?

では、そもそも子供の生命保険はいつから加入するべきなのでしょうか?

もし加入すれば死亡保障がついてきて被保険者が亡くなった時に受取人が給付金を受け取る事の出来る保険となります。

ですが子供自身が収入を得ているわけではないので、言い方が悪くなってしまいますが経済面での損失は一般的に大きくないと考えることが出来ます。

2.1 加入は早いほど保険料が安い

基本的に生命保険は加入が早ければ早いほど保険料が安くなります。

なので早めに加入することによって保険料は安く抑えることが出来るでしょう。

また民間の保険会社が提供する学資保険は子供が3~7歳、親は50歳~60歳ほどの加入年齢制限があるものがありますので、そちらも気を付けなければいけません。

2.2 加入できる年齢は保険によって違うので注意が必要

このようにお子さんが生命保険に加入しようと思ったときに加入できる年齢は保険の種類や保険会社によって異なってきます。

例えば学資保険を例に出してあげると、生まれてから140日前からなど子供が生まれる前に加入できる保険もあります。

ですが医療保険などは出生後からでしか加入することが出来ません。

また医療保険には0歳から加入できるものあれば20歳以上からしか加入できないものもあります。

2.3 学資保険の加入に向いているタイミング

では学資保険の加入はいつがお勧めなのでしょうか?

子供の保険として最初に考えるのが、きっと学資保険でしょう。

実質子供の教育費用は大学まで全て公立の場合は約780万円、もし私立の場合は約2,200万円ともいわれています。

そのために学資保険を使って教育資金を貯蓄しようとしている方が沢山いるのです。

学資資金の場合は貯まった学資金は進学などのタイミングで受け取ることが出来て、将来に向けた教育資金を計画的に積み立てることが出来ます。

もし親が亡くなってしまった場合は保険料の払込が免除され、学資金は変わらずに受け取ることが出来るのです。

ではもう少し詳しく学資保険について見ていきましょう。

3.学資保険の仕組み

学資保険は先ほどもお話したように、子供の進学のタイミングに合わせて保険金を受け取ることが出来て教育資金に備えることが出来る保険となります。

なので比較的に高い返戻率で人気がありましたが、金利の低下によって高い利率を維持することが出来なくなり、今ではあまり知らない方もいるでしょう。

3.1 学資保険とは

学資保険の事を保険の営業マンなどは子供保険と呼ぶ方もいます。

そうすると意味が通じやすいからなのですが、この子供保険と言われるように学資保険はお子さんに対して味方となる保険なのです。

商品によって違ってきますが、子供が進学する時や大学在学中などに祝い金や学資金が受け取ることが出来ます。

満期時には満期保険金が支払われ中学や高校への進学時の祝い金がなくて大学在学中だけ受け取ることが出来るのです。

また親が万が一亡くなった場合、それ以降の保険料の支払いは免除されます。

また祝い金や学資金などは契約通りに受け取ることが出来ます。

では学資保険のメリットやデメリットを見ていきましょう。

3.2 学資保険のメリット

まずは学資保険のメリットからご説明していきます。

学資保険のメリットとして最大のメリットは子供の学費を強制的にでも抑えることが出来る事です。

教育資金の専用商品として、他の資金と分けて管理することが出来て頑張って保険料を払い続ければ教育資金のベースを作ることが出来ます。

2つ目のメリットとして親が亡くなった場合、保険料の支払いが免除され満期保険金を受け取ることが出来る事です。

例えば一家の大黒柱であるお父さんが亡くなってしまった場合、子供の進路に大きな影響を与えることになります。

もしかしたら家計が苦しくなる可能性もあるかもしれません。

ですが学資保険は保険料の支払いが免除され保険料もしっかりと受け取ることが出来るのです。

3つ目のメリットは払い込んだ保険料以上のお金を受け取ることが出来る可能性もあるという事です。

学資保険にも様々な商品があります。

商品によって祝い金や学資金、満期保険金などを合わせた総受取額が払い込んだ保険料を上回ることもあります。

また保険料は年末調整時の生命保険料控除の対象にもなるので、税金を安くすることが出来て、返戻率以上の金額を貰うことが出来るのです。

3.3 学資保険のデメリット

では反対に学資保険のデメリットとは何なのでしょうか?

学資保険のデメリットは1つ目として低金利時の時にはメリットが少ないので加入に向かないという事です。

なぜなら学資保険は長期固定金利商品であり、金利が低い状況では加入には向きません。

万が一保険会社が破綻してしまった場合、祝い金や学資金、満期保険金などが少なくなってしまうリスクもあります。

2つ目のデメリットとして元本割れのリスクがあるという事です。

契約してからそれほど日付が経っていない状態で途中解約をしてしまうと、手数料が引かれてしまい、支払った保険料を大きく下回る金額しか受け取ることが出来ない場合もあるのです。

なので学資保険だけで教育資金を準備しようと思うのはリスクが高いことなのでやめておきましょう。

4.生命保険の種類

お子さんに生命保険に加入する必要性があるのかどうか考えるためにも、まずは生命保険の種類やそれぞれの商品の特徴について知っておきましょう。

生命保険には沢山の種類があると思っている方も中にはいるかもしれませんが生命保険のパターンは「定期保険」、「終身保険」、「養老保険」の3つのパターンしかありません。

いつも生命保険を選ぶ時に悩んでしまったり、難しく思えてしまうのはこの3つのパターンに特約というオプションサービスのようなものが、いくつか付いているからです。

では1つずつ紹介していきます。

4.1 定期保険

1つ目は定期保険です。

定期保険は決まった期間内の死亡または高度障害を保障する掛け捨てタイプの保険となります。

定期保険の特徴は満期まで生きていた場合、返戻金が無い事やそして保険期間が限定される事です。

なので注意しなければいけないのは、支払ったお金は戻ってくることがない掛け捨て型の為に貯蓄目的には向いていないという事です。

そのデメリットをカバーするために、安い掛金で高額な死亡保障を受けることが出来るので自分のライフプランや保険の目的に合わせて検討するようにしましょう。

4.2 終身保険

2つ目は終身保険です。

終身保険は一生涯に渡って死亡や高度障害を保障する保険になります。

これは定期保険と違ってその保障が一生涯続くことです。

そして貯蓄目的でも加入することが出来る積み立て型の為に毎月の保険料には貯蓄されていきます。

ただし定期保険と比べると保険料が高くなってしまうので自分のお財布に合わせて検討しましょう。

4.3 養老保険

3つ目は養老保険です。

養老保険は、満期時に満期保険金を受け取ることが出来る貯蓄目的で使う保険になります。

万が一、契約中に亡くなってしまうと死亡保険金を手に入れば満期保険金を受け取ることが出来るのが養老保険です。

なので簡単に考えると何があっても保険金を受け取ることが出来るという事です。

ただし保険料は定期保険や終身保険よりも高額になってしまうので注意が必要です。

5.子供が生命保険に入るメリット

では子供のうちに生命保険に加入することが出来るメリットについて考えてみましょう。

子供のうちに生命保険に加入することが出来るメリットとして

・健康なうちに加入できる

・保険料が安い

・相続税対策としても使える

の3つのメリットがあります。

1つずつ詳細を見ていきましょう。

5.1 健康なうちに加入できる

まず1つ目は健康なうちに加入することが出来るという事です。

なので診査にも通りやすいのです。

生命保険には審査があるので、病気やケガをしてしまった場合、加入することが出来ない可能性があります。

なので健康な小さいうちに生命保険に加入しやすいのが1つ目のメリットとなります。

5.2 保険料が安い

2つ目のメリットとして保険料が安くなるという事です。

保険は全て共通して加入するのが早ければ早いほど保険料が安くなる特性があります。

終身保険の中には加入した年齢によって保険料が一定のままの保険商品もあります。

そうした場合は子供で早めに生命保険に加入しておいた方が良いでしょう。

5.3 相続税対策としても使える

また子供のうちに生命保険に加入すると相続税対策としても使うことが出来ます。

生命保険で受け取る死亡保険は、死亡した人の財産になるのではなくて、みなし相続財産という扱いになります。

なので非課税枠があり、終身の生命保険に加入することによって法定相続人が子供であれば有利なのです。

または、遺産分割の対策にも有効であり、生命保険分を遺産として扱うことも出来るのです。

6.学資保険と生命保険を迷っている方がおさえるポイント

学資保険も終身保険もそれぞれメリットやデメリットがあり、どちらがいいのか分からなくなってしまいます。

そんな時はどんな目的で保険に入ろうとしたのかもう一度初心に戻って考える事です。

なので学資保険にするのか生命保険に加入するのかは

・保険の目的が貯蓄なのか保障なのか?

・教育資金以外の使い道も考えているか?

・いらない保障がついていないか

・学資保険と生命保険の返戻金の違いを知っておく

・終身保険は満期を過ぎても解約時期が選べる

というポイントを抑えて選ぶようにしましょう。

それでは1つずつ順番に紹介していきます。

6.1 保険の目的が貯蓄なのか保障なのか?

まず1つ目は保険の目的が貯蓄なのか保障なのかという事です。

もしあなたが学資保険に入ろうか、終身保険に入ろうか迷っているのであれば、少しでも多くの教育資金を用意したいのか、それとも死亡を始めとした万が一に備えて保険に加入したいのかどうかという事です。

受け取れる金額を出来るだけ多くしたいのか、保障を充実させたいのか、まずはそこを明確にしていきましょう。

6.2 教育資金以外の使い道も考えているか?

また学資保険にしようか、生命保険にしようか、考える時に必要なのが教育資金以外でも使い道として考えているかどうかです。

もし教育資金以外にも使い道を検討しており、満期後も解約をしないのであれば終身保険にすることがお勧めです。

なぜなら時間が経つにつれて返戻率が上がり、満期を過ぎても保障が解約するまで続いていきます。

なので貯蓄目的として運用することが出来るんですね。

ただ注意しなければいけないのが、教育資金の心配をしている人が満期後も解約しないのは負担が増えてしまい、家計を圧迫してしまうリスクがあります。

そういったときは満期時に返戻率が高い学資保険がお勧めです。

6.3 いらない保障がついていないか

終身保険についている保障の中には他の保険と重複している保障内容もいくつもあります。

もしそうなのであれば、必要以上の負担を毎月払わなければいけないのでよく保障内容を確認しておきましょう。

特にお子さんが小さい場合は医療負担を軽減してくれる保障がついていても、医療費助成制度があるのであまり意味がないかもしれません。

また死亡保障を子供の保険につけるメリットもあまり必要がない可能性があります。

なのでなるべく無駄な保障があるのであれば、少しでも返戻率の高いプランを検討するようにしましょう。

6.4 学資保険と生命保険の返戻率の違いを知っておく

また学資保険と生命保険の返戻率の違いについても知っておかなければいけません。

途中解約した場合、終身保険の返戻率は50%~70%程度となります。

ですが一方で学資保険の方は90%~100%となり圧倒的な差があります。

なので緊急時に対処できる貯蓄が少ないのであれば学資保険にしておくのが金銭面のリスクを大きく減らすことが出来るのです。

また元本割れを防ぐためにも途中解約せずに支払期間を終えることによる学資保険や終身保険のメリットは大きいです。

保険のサービスによって異なってきますが、学資保険と終身保険では大体110%くらいが相場になります。

6.5 終身保険は満期を過ぎても解約時期が選べる

終身保険の特徴として満期を過ぎても解約時期が自分で選べる事です。

解約せずに積み立てた保険料をそのまま預けておくことで貯蓄目的にもなります。

また時間の経過と共に返戻率がとても高くなるために返ってくるお金は割高となるのです。

なのでもし結婚や自立としての目的も検討しながら選ぶのであれば終身保険がお勧めになります。

7.子供におすすめの生命保険は?

では子供におすすめの生命保険はどのようなものがあるのでしょうか?

1つずつ順番に説明していきます。

7.1 学資金の準備なら学資保険

まずは学資金の準備で必要なのが学資保険です。

学資保険は多くのママさんがまず加入しようとする保険なのではないのでしょうか?

子供の教育費用は大学まで公立の場合は780万円、私立の場合は2,200万円という莫大な金額かかってきます。

そういった負担を軽減するためにも子供が生まれる前にお子さんの為に学資保険に加入しておき、教育資金の貯蓄をしておくのが良いのではないのでしょうか?

また貯まった学資金は、子供の進学などのタイミングで受け取ることが出来ますし、将来に向けた教育資金を計画的に貯めることが出来るのが特徴です。

また親が万が一亡くなってしまった場合、保険料の払込は免除されますが、そのまま保険金を受け取ることが出来ます。

なので万が一の事を考えても学資保険に加入しておくのはおすすめです。

7.2 子供に終身保険は必要?

では子供に終身保険が必要なのでしょうか?

基本的にお子さんには死亡保障は必要ないかもしれません。

ですが多くの方がお子さんを生命保険に加入させるのは「低解約返戻金型終身保険」というタイプの終身保険に加入する方が沢山いらっしゃいます。

なぜなら解約金を子供の教育資金や結婚資金などに充てることが出来るからです。

低解約返戻金型終身保険の特徴としては、払込期間の途中で解約した場合に戻ってくるお金を抑えるための保険です。

払込期間を過ぎた後に解約する事で支払った保険料を上回る解約返戻金を受け取ることが出来ます。

なので学資保険の代わりに低解約返戻金型終身保険に加入する方がいるんですね。

また子供の大学進学に備えた18年間の短期間であれば、返戻率は学資保険の方が上の可能性があるので注意が必要です。

7.3 病気がちなら医療保険

もしお子さんが身体が弱くて病気がちなら医療保険に加入しておきましょう。

確かに子供の医療費の大部分は医療費助成制度によってある程度は賄う事が出来るかもしれません。

ですが大きな病気をしてしまった場合、医療費助成制度では賄えなくなります。

また医療保険に加入するためには基本的に健康的な身体が条件となります。

そのために早めに加入しておくのも良いでしょう。

シンプルな保障の契約であれば月々の保険料は1,000円以下に抑えることも出来ます。

7.4 実は共済もおすすめ

またあまり知られていないのが共済です。

共済は協同組合が運営する制度となっており、国民共済や県民共済などのいくつかの種類があります。

保障の仕組みは民間の保険会社とあまり変わらないのですが営利目的ではないので手ごろな保険料で加入することが出来ます。

例えば共済のプランの中で月々1,000円で加入できる商品もあり、子供の為の保険としても実は人気があるのが特徴です。

また子供の病気やケガ、障害や死亡、親の万が一があった場合は保障を受け取ることが出来るのも特徴です。

他にも様々なサービスを受けることが出来るので共済は実は人気があるのです。

7.5 幅広い保障なら総合保険

保障の幅広さなら総合保険がお勧めです。

実は総合保険に加入している親御さんは沢山います。

なぜなら小学校や幼稚園、保育園のPTAで総合保険を紹介されるからです。

それほど総合保険は子供向けの保険となります。

保険料も月々数100円から2,000円ほどとなり、手軽に加入することが出来るでしょう。

子供向けの総合保険の特徴は保障内容の広さになります。

万が一子供のが病気やケガをしてしまったり、他人を傷つけてしまった場合などの多様なリスクにも保障が入っていて対処できるのが総合保険です。

ただし中には商品によって病気が対象にならないものもあるので、しっかりと保障内容を確認しておきましょう。

8.生命保険を孫が受け取るときの相続税の注意点

では生命保険の受取人を孫にする場合はどうなのでしょうか?

基本的に生命保険に加入する目的は万が一の事が起こってしまった場合、残された家族の生活の保障や子供の教育、結婚資金の負担を下げるためです。

なので孫を受取り人にするのは何の問題もありません。

ですが生命保険を受け取るときに孫が未成年の場合、親権者や未成年後見人が代わりに請求手続きを行う必要があるのです。

8.1 保険金の非課税枠が適用できない

また注意点として保険金の非課税枠が適用できない事です。

本来生命保険には「500万円×法定相続人」という非課税枠が用意されています。

ですが未成年のお子さんが受取人の場合はこれを適用することが出来ません。

例を挙げると被相続人に相続人と配偶者と子供、相続人出ない孫の3人の親族がいた場合、子が生命保険の受取人の場合は500万円×法定相続人の人数2人=1,000万円が非課税枠として適用されます。

ですが孫が受取人の場合は非課税枠がないために相続税の納付額が高くなってしまうのです。

8.2 相続税が2割増える

また相続税では財産を引き継いだ人が配偶者と被相続人の一親等の血族の場合、各人数ごとに計算して相続税額を納付します。

ですが、それ以外の人が財産を引き継いだ場合は、その人が負担する相続税に2割を加算した金額を納付する必要があるのです。

8.3 3年以内の贈与加算がない

生前贈与をする場合子よりも孫に生前贈与をした方が節税対策になると言われています。

その理由は相続開始前3年以内の贈与加算という制度があるからです。

この相続開始前3年以内の贈与加算とは「相続開始前の日から遡って3年前までに受けた贈与は相続税の計算上として相続財産に加算する」というものです。

つまり通常の生前贈与では1年間に110万円までの非課税枠があり、毎年110万円までの贈与であれば税金がかかりません。

ですが相続開始前3年以内の場合は、贈与税はかからなくても相続税として相続財産に加算されるので相続税を支払うことになるのです。

ではなぜ孫に生前贈与をした方が節税対策になるのでしょうか?

それは孫への生前贈与にはこの相続開始前の3年以内の贈与加算がないからです。

相続開始前3年以内の贈与で110万円未満の場合は贈与税もかかりませんし、相続税の対象にもなりません。

ただし注意点として孫でも相続開始前3年以内の贈与加算の対象になる場合があります。

その1つが孫が受取人になっている生命保険がある場合です。

そういったケースは注意しなければいけません。

8.4 生前贈与をスムーズに進めるのであれば弁護士や税理士に相談するのがおすすめ

税金は誰もが公平に納めるように作られているものです。

そして相続税関係は仕組みが複雑になっています。

なので基礎控除の計算だけでも簡単ではありませんし、特別法による非課税も考えると節税対策は一人で行うよりも法律のプロや弁護士に相談する方が確実です。

なので相続税の問題になってきたら弁護士や税理士に相談してみましょう。

9.まとめ

いかがでしたでしょうか?

これまで子供はいつ生命保険に加入すれば良いのか、学資保険が良いのか、生命保険が良いのかについてお伝えしてきました。

子どもに生命保険を加入させるかどうかはまず「なぜ加入させたいのか?」という目的意識が必要となってきます。

なので、あなたのニーズに生命保険の保障内容がマッチしているか照らし合わせるようにしましょう。

また保険は個人で考えて決めるのではなくて、ファイナンシャルプランナーや無料保険相談を使うのがおすすめなのでぜひ検討してみてください。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る