明治安田生命つみたて学資を徹底調査!人気の理由はどこに?!

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

子供の教育費は成長とともに負担が大きくなり、大学入学時にピークを迎えると言われています。将来のことを考えて、子供が小さい内に、早めから教育資金を準備したいと思われているご家庭もあるでしょう。

教育資金を貯める選択肢の一つとして、保険を活用する方法があります。その中でも一般的なのが「学資保険」です。テレビCMや妊婦・赤ちゃん雑誌などでも多く紹介されているので、一度は名前を聞いたことがあると思います。

学資保険は親に万一のことがあった際の保障を受けながら、貯金が苦手な人も目標の金額を確実に手に入れることができる保険です。学資保険に加入したいと思っても、学資保険商品も様々あり、どれも良い気がしてきて目移りしてしまいます。さて、どの商品が自分にとってベストなのでしょうか?

今回は、学資保険の中でも人気のある明治安田生命つみたて学資について、内容を徹底調査していきたいと思います。学資保険の基本的な仕組みをお伝えした上で、明治安田生命つみたて学資の特徴やプランの詳細、メリット・デメリットについてご紹介いたします。

この記事を読んで、明治安田生命つみたて学資がご自分にとってベストな商品なのかを判断するための参考にしてもらえればと思っています。一度加入すると長いお付き合いになる保険です。後悔しないように選んでいきましょう!

目次

1.学資保険とは

1.1 契約者・被保険者・保険金受取人

1.2 保険料払込期間

1.3 保険満期と学資金の設定金額

1.4 学資金の受け取り方

1.5 保険料と支払い方

1.6 返戻率

1.7 学資保険の種類

2.明治安田生命 つみたて学資の特徴

3.明治安田生命 つみたて学資のプラン

4.明治安田生命 つみたて学資「Ⅰ型」「Ⅱ型」の詳細

4.1 プランのシュミレーション

4.2 加入年齢と契約者年齢

4.3 満期年齢と学資金の受取時期

4.4 保険料払込期間

4.5 保険料と返戻率

4.6 保険料の支払い方

5.明治安田生命 つみたて学資「Ⅰ型」「Ⅱ型」の違い

5.1 保険料払込免除の範囲

6.明治安田生命 つみたて学資のメリット・デメリット

6.1 メリット

6.2 デメリット

7.まとめ

1.学資保険とは

銀行貯金や投資ではなく、保険で子供の将来に必要な教育資金を準備できるのが学資保険です。

教育資金を確実に貯蓄しながら、万一のことがあった際の保障も備えることができる点が大きな特徴です。

保険料払込期間に一定の保険料を支払うことで、子供の年齢にあわせてあらかじめ決めておいた学資金を受け取ります。

1.1 契約者・被保険者・保険金受取人

学資保険は「契約者」「被保険者」「保険金受取人」の三者を決める必要があります。

「契約者」とは、保険料を支払う人です。両親や祖父母等になります。契約者の年齢制限は一般的に55歳や60歳までとなっています。

「被保険者」とは、保険の対象となる子供です。契約年齢は一般的には0歳〜7歳となっている会社が多いです。子供が生まれる前から加入できる商品もあります。子供が小さいうちに加入した方が、保険料の払込期間が長くなるので、毎月の保険料が安くなり、返戻率も高くなります。

「保険金受取人」とは、両親や祖父母や子供等の祝金や満期学資金を受け取る人のことです。

1.2 保険料払込期間

保険料払込期間とは、満期学資金を受け取るために契約者が保険料を支払う必要のある期間のことです。「10歳払済」「18歳払済」「22歳払済」などがあります。

保険料の払込期間は、短ければ短いほど保険料総額が少なくなり返戻率が上がります。従って、保険会社によっては、超短期払いの「5歳払済」や短期払いの「10歳払済」の設定により返戻率を高めている商品もあります。

ただし、同じ満期学資金であれば払込期間が短くなれば月々の保険料は高くなります。

1.3 保険満期と学資金の設定金額

保険満期とは、満期学資金を全額受け取れることができる満期年齢のことです。

一般的には「17歳」「18歳」「20歳」「22歳」となっている会社が多いです。教育費の負担のピークである大学入学時を満期とするのか、大学卒業時を満期にするのか、ご家庭の状況に合わせて選択できるようになっています。

1.4 学資金の受け取り方

各保険会社のプランにより、学資金の受け取り方が異なります。大きく分けて以下の2種類に分けることができます。

  • 学資金を一括で受け取る方法
  • 学資金を祝金として分割で受け取る方法

大学の入学費用は、国公立大学で約100万円、私立大学で150万円~200万円で、大学4年間の在学中にかかる費用は、国公立大学で約240万円、私立大学で350万円~500万円となります。

学資金を大学入学資金に使用するのか、大学在学中の授業料や生活費に使用するのか、ご家庭の状況に合わせて選択できます。

1.5 保険料と支払い方

支払い回数によって、「月払」「半年払」「年払」「前納払」「一時払」という種類があります。

保険料はまとめて払った方が、それだけ保険料が割安になり、返戻率が高くなる関係にあります。

1.6 返戻率

返戻率とは、保険料払込期間に支払った保険料総額(元本)に対する受け取る学資金総額の割合です。

返戻率はパーセントで表示されます。「貯蓄型」の保険を検討する場合、多くの方が返戻率を一つの指標にしています。

  • 100%より低い:元本割れするため、貯蓄に向いてない学資保険といえます。
  • 100%:払い込んだ保険金と同じ。
  • 100%より高い:貯蓄に向いている保険といえ、数字が大きくなるほどお金が戻ってきます。

1.7 学資保険の種類

学資保険には加入目的に合わせて、「貯蓄型」と「保障型」の2種類があります。

「貯蓄型」は、支払った保険料総額に利息を上乗せされた学資金が受け取れる貯蓄性を重視した保険です。より多くの教育資金を貯めたい場合は「貯蓄型」がおすすめです。

「保障型」は、医療保障や育英年金などの保障が充実した保険です。契約者(親)や被保険者(子供)の万一の際の備えを手厚くしたい場合は「保障型」がおすすめです。

「貯蓄型」の学資保険

「貯蓄型」の学資保険はお金を貯めることに特化し、返戻率を重視した商品です。

契約者(親)が万一の場合、保険料払込免除の最低限の保障のみとなっています。「保障型」のように手厚い保障がない分、返戻率が100%を超えるものが多くなります。

各保険会社のプランでは加入年齢と契約者年齢、学資金の設定金額、学資金の受け取り方法、保険料の払い込む期間、保険料の支払い方などで返戻率が変動する仕組みになっています。

「保障型」の学資保険

「保障型」の学資保険はお金を貯めることにに加えて、契約者(親)や被保険者(子供)のために、各種保障を重視した商品です。

保険料の一部が保障に使われるため、受け取る学資金総額が支払った保険料総額よりも少なくなり、元本割れします。

被保険者(子供)のための保障として、医療保障や死亡保障などがあります。医療保障は入院給付金や手術給付金など様々です。

契約者(親)のための保障として、保険料払込免除や死亡保険金、育英年金などがあります。育英年金は契約者が死亡しても、子供のために満期まで「年金」が支払われ、満期学資金も受け取れる制度です。

2.明治安田生命 つみたて学資の特徴


明治安田生命つみたて学資の特徴は以下です。

特徴①「貯蓄型」の学資保険

保険料払込期間に支払った保険料総額(元本)に対する受け取る学資金総額の割合が100%を超える「貯蓄型」の学資保険です。他保険会社に比べてトップクラスの返戻率となっています。

特徴②保険料払込期間の短期払いあり

保険料払込期間が最短で10歳、最長で15歳と他保険会社に比べて短く設定されていることが大きな特徴です。

以前、ニッセイ学資保険と同様に超短期払いの5年の設定があり、さらに返戻率を高くすることが可能だったのですが、2016年10月から販売停止になっていて残念です。

特徴③万一のことがあった歳の保障は最低限

契約者(親)や被保険者(子供)に万一のことがあった際の保障面を抑えており、医療保障や育英年金がありません。契約者に万一のことがあった際の保険料払込免除の最低限保障はあります。

特徴④2種類のプラン

保険料払込免除の適用範囲の違いによって、つみたて学資「Ⅰ型」(がん保障なし)とつみたて学資「Ⅱ型」(がん保障あり)の2種類のプランがあります。

がん保障ありプランの場合、契約者(親)が死亡や高度障害になった場合以外で「がん」と診断された時にでも保険料払込免除の保障があります。

※つみたて学資「Ⅱ型」は2017年4月に販売停止をしています。

特徴⑤学資金の受け取り方

教育資金(祝金)と満期保険金を18歳から4回に分けて受け取ります。各学資金の金額は各回で均等なので1回あたりの受取額は少なくなります。大学入学時だけではなく、大学生活4年間の費用をサポートする受け取り方になっています。

満期は誕生日にかかわらず全員が21歳です。

特徴⑥基準保険金額による保険料の割引

受け取る学資金のベースになる金額が基準保険金額です。

受け取る学資金は基準保険金額の割合で計算され、18歳から4回に分けて受け取る学資金は各回均等で基準保険金額の100%となります。

この基準保険金額の設定によって、保険料割引がされて返戻率がアップする仕組みになっています。

特徴⑦学資金の設定額が最大300万円

学資金の設定額を最大300万円まで設定できます。少し多めに学資金を設定したい人にはおすすめです。

特徴⑧出産前から加入できる

生まれる前から学資保険に加入でき、妊娠中から契約者に万一のことがあった歳の保険料払込免除の保障がつきます。また、学資保険に加入した月が子供の誕生月となり、実際の年齢よりも早く保険料を払い終えることができます。

特徴⑨育児相談サービス

看護師、保健師などに育児の疑問を相談できる「すこやかキッズライン24」が24時間利用できます。

特徴 内容
返戻率 100%を超える返戻率
短期払い 最短10年、最長で15年
親や子への保障  最低限の保障のみ
がん保障をプラス 「がん」と診断されると、保険料払込免除あり
プラン 2種類
学資金の受け取り方 4回に分けて均等受け取り
保険料割引 基準保険金額による割引あり
学資金の設定額 最大300万円
出産前から加入 可能
育児相談サービス 利用できる

3.明治安田生命 つみたて学資のプラン

明治安田生命のつみたて学資には、「Ⅰ型」(がん保障なし)と「Ⅱ型」(がん保障あり)の2種類のプランがあります。

基本的な仕組みは両プランとも同じですが、異なる部分は保険料払込免除の適用範囲となります。つみたて学資「Ⅱ型」は保険料払込免除の範囲とされる死亡、高度障害状態の他、所定の悪性新生物(がん)が含まれます。

※つみたて学資「Ⅱ型」は2017年4月に販売停止をしています。

4.明治安田生命 つみたて学資「Ⅰ型」「Ⅱ型」の詳細

4.1 プランのシミュレーション

つみたて学資「Ⅱ型」は2017年4月に販売停止をしているため、保険料等のシミュレーションができません。

従って、つみたて学資「Ⅰ型」で以下の条件でシミュレーションを行いました。

つみたて学資「Ⅰ型」

  • 契約者(親)年齢:30歳
  • 被保険者(子供)年齢:0歳
  • 受取学資金総額:300万円
  • 保険料払込期間:15歳
  • 満期年齢:21歳
  • 保険料払込方法:口座振替

18歳から1年置きに3回の教育資金(祝金)と21歳に満期保険金を受け取ります。大学入学金に使用するというよりは、毎年の授業料や生活費としては使用するイメージです。

この場合、返戻率は保険料月払の場合で104.1%となります。

最低限の保障として、被保険者(子供)に万一があった歳には、払込保険料相当額の死亡保険金が支払われます。また、契約者(親)に万一があった際には、その後の保険料払込が免除されます。

4.2 加入年齢と契約者年齢

被保険者(子供)と契約者(親)それぞれに加入年齢の制限があります。加入可能な年齢は以下となります。出産前でも、出産予定日の140日前から加入が可能です。

加入可能な年齢

被保険者(子供)

加入可能な年齢

契約者(親)男性・女性

0歳〜2歳 18歳〜45歳
3歳〜6歳 18歳〜40歳

子供は0歳〜6歳になるまでに加入する必要があります。また、契約者は40歳までという制限があるので、高齢出産の場合には子供が産まれてすぐに加入するなど注意が必要です。

4.3 満期年齢と学資金の受取時期

年齢と学資金額は以下となります。

子供の年齢 学資金額
18歳 第1回教育資金  75万円
19歳 第2回教育資金  75万円
20歳 第3回教育資金  75万円
21歳 満期保険金    75万円

学資金の受取時期は全部で4回となります。学資金額の割合は、第1回〜第3回学資年金は基準保険金額の100%、満期保険金も100%と均等割合となっています。

4.4 保険料払込期間

保険料の払込期間は以下となります。

被保険者(子供)

加入年齢

保険料払込期間
0歳〜2歳 10歳まで
15歳まで
3歳〜6歳 15歳まで

被保険者(子供)の加入年齢が0歳から2歳までの場合、10歳までか15歳までの2つから選べますが、加入年齢が3歳以上になった場合、15歳までとなってしまうので注意が必要です。

教育資金がかかる前の15歳で保険料の支払いが終わってしまうので、早めに大学でかかる教育積立を終わらせたい方にはおすすめです。

4.5 保険料と返戻率

保険料払込期間が10歳と15歳の場合の、月払保険料と年払保険料、返戻率は以下となります。

つみたて学資「Ⅰ型」

  • 契約者(親)年齢:30歳
  • 被保険者(子供)年齢:0歳
  • 受取学資金総額:300万円
  • 満期年齢:21歳
  • 保険料払込方法:口座振替
保険料払込期間 月払保険料 返戻率 年払保険料 返戻率
10歳 23,640円 105.7%  275,923円 108.7%
15歳 15,995円 104.1% 186,668円 107.1%

保険料の払込期間は短ければ短いほど、保険料総額が少なくなり返戻率が高くなります。また、保険料を一括で支払うことで保険料が割引され、支払保険料総額が最も安くなり、返戻率が高くなります。

従って、短期払いの10年の方が返戻率が高くなります。

4.6 保険料の支払い方

保険料の支払い方については以下となります。

店頭 送金 口座振替 クレジット
月払 ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ×
半年払 ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ×
年払 ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ×
一時払 ⚪︎ ⚪︎ ⚪︎ ×

どの支払い方の場合でも店頭支払か送金、口座振替となっています。クレジットカードで支払って、ポイントを貯めたい方には残念です。

5.明治安田生命 つみたて学資「Ⅰ型」「Ⅱ型」の違い

5.1 保険料払込免除の範囲

つみたて学資「Ⅰ型」「Ⅱ型」の違いは保険料払込免除の範囲にあります。契約者(親)に万一があった際には、その後の保険料払込が免除されますが、「Ⅱ型」の方はがん保障が含まれており、保障範囲が広くなります。

プラン 保険料の払込免除事由
つみたて学資「Ⅰ型」 死亡または所定の身体障害表の第1級・第2級の障害状態に該当したとき
つみたて学資「Ⅱ型」 上記 + 生まれて初めて所定の悪性新生物(がん)と医師に診断確定されたとき(上皮内新生物などは除く)

保険料の払込免除事由とは、死亡や所定の障害状態など、保険会社が指定した条件のことです。「Ⅱ型」の方が「Ⅰ型」の払込免除事由にがんの診断確定がプラスされています。

保障範囲が広い分「Ⅰ型」に比べて保険料が高くなり、返戻率が低くなります。

※つみたて学資「Ⅱ型」は2017年4月に販売停止をしています。

6.明治安田生命 つみたて学資のメリット・デメリット

6.1 メリット

保険料払込期間が最短で10歳、最長で15歳

他保険会社の学資保険では保険料払込期間は18歳、20歳と長めに設定されています。しかし、つみたて学資は最長でも15歳で保険料の払い込みが終了します。

高校の教育費は小中に比べて負担が大きく、公立高校に3年間通った場合の費用総額は約120万円、私立高校の場合は300万円以上と言われています。

明治安田生命つみたて学資は、高校の教育費が本格的にかかる前に保険料の払い込みを終えることができるので、大きなメリットと言えます。

ただし、保険料払込期間を短くした分、支払う保険料も高くなります。家計に余裕がない場合、別の学資保険を検討する必要があります。

保険料払込期間を短期払いの10歳に設定すると、返戻率が高くなる

明治安田生命つみたて学資は払込期間を短期払いにすることが可能となっています。保険料払込期間10歳と15歳で保険料と返戻率を比較してみましょう。

つみたて学資「Ⅰ型」

  • 契約者(親)年齢:30歳
  • 被保険者(子供)年齢:0歳
  • 受取学資金総額:300万円
  • 満期年齢:21歳
  • 保険料払込方法:口座振替
保険料払込期間 月払保険料 返戻率 年払保険料 返戻率
10歳 23,640円 105.7%  275,923円 108.7%
15歳 15,995円 104.1%  186,668円 107.1%
7,345円 ↑1.6% 89,255円 ↑1.6%

短期払いの10歳の方が、返戻率が1.6%も高くなります。ただし、保険料がその分だけ高くなるので、決して返戻率だけで判断せずに、家庭の負担にならずに支払うことができる保険料なのかを十分に検討して欲しいと思います。

基準保険金額が75万円の場合、保険料が高額割引される

明治安田生命つみたて学資は基準保険金額の設定金額を75万円以上にすることで保険料が高額割引され、返戻率が高くなります。基準保険金額75万円と50万円で返戻率を比較してみましょう。

つみたて学資「Ⅰ型」

  • 契約者(親)年齢:30歳
  • 被保険者(子供)年齢:0歳
  • 保険料払込期間:10歳まで
  • 満期年齢:21歳
  • 保険料払込方法:口座振替
基準保険金額 受取学資金総額 月払保険料 返戻率 年払保険料 返戻率
75万円 300万円 23,640円 105.7%  275,923円 108.7%
50万円 200万円 15,910円 104.7.% 185,749円 107.6%
100万円 7,730円 ↑1.0% 90,174円 ↑1.1%

基準保険金額が75万円の方が、返戻率が1.0%も高くなります。従って、受け取る学資金総額が300万円未満の場合には割引がされないの注意してください。

ニッセイ学資保険も基準保険金額を上げると返戻率が高くなる仕組みです。割引されている基準保険金額で両者を比較してみましょう。

ニッセイ学資保険「こども祝い金なし型」

  • 契約者(親)年齢:30歳
  • 被保険者(子供)年齢:0歳
  • 満期年齢:18歳
  • 保険料払込期間:10歳まで
  • 保険料払込方法:口座振替
基準保険金額 受取学資金総額 月払保険料 返戻率 年払保険料 返戻率
明治安田生命 75万円 300万円 23,640円 105.7%  275,923円 108.7%
ニッセイ 100万円 23,320円 107.2%  278,740円 107.6%
0万円 320円 ↓-1.5% -2,817円 ↑1.1%

月払いの場合にはニッセイ学資保険が、年払いの場合には明治安田生命つみたて学資が返戻率が高くなっています。同じ仕組みの保険料割引がある場合でも、支払い方によって返戻率が異なるので、保険料割引を比較する際には参考にしてください。

返戻率はやや高め

明治安田生命つみたて学資は他保険会社「貯蓄型」の学資保険と比較した場合、返戻率はやや高めとなっています。比較した結果は以下となります。

  • 契約者(親)年齢:30歳
  • 被保険者(子供)年齢:0歳
商品 ソニー生命

「学資保険」

日本生命

「学資保険」

明治安田生命

「つみたて学資」

フコク生命

「みらいのつばさ」

プラン Ⅲ型 こども祝金なし Ⅰ型 ジャンプ型
保険料払込期間 10歳 10歳 10歳 11歳
満期年齢 22歳 22歳 21歳 22歳
受取学資金総額  200万円  195万円  200万円  200万円
保険料 15,540円 15,548円  15,910円 14,354円
返戻率 107.2%  104.5% 104.7% 105.5%

 

商品 JA共済

「こども共済」

アフラック

「夢みるこどもの学資保険」

第一生命 「Mickey」
プラン 大学プラン C型
保険料払込期間 11歳 10歳 17歳
満期年齢 22歳 22歳 22歳
受取学資金総額  200万円  240万円  300万円
保険料 14,584円 20,368円  14,398円
返戻率 103.8%  98.1% 102.1%

先ほど説明した通り、明治安田生命つみたて学資は保険料払込期間を短期払いの10年に、基準保険金額を75万円以上(受取学資金総額が300万円以上)に設定した場合、さらに返戻率を高くすることができます。そうすることで、「貯蓄型」商品の中でも返戻率が高くなり、有力な候補の一つと言えるでしょう。

規定支払年齢の工夫により、教育資金(祝金)を必要な時期に受け取れる

教育資金(祝金)は規定支払年齢を迎えた直後の10月1日に支払われます。このパターンは他保険会社でも採用されていますが、被保険者(子供)の誕生日によって進学前に教育資金(祝金)が受け取ることができない場合があります。

明治安田生命のつみたて学資では、被保険者(子供)の誕生日によって規定支払年齢を変更することで、全員が進学前に教育資金(祝金)を受け取れるようになっています。

被保険者(子供)の誕生日が4月2日〜9月30日の場合は規定支払年齢直後の10月1日が受取日となり、誕生日が10月1日〜4月1日の場合は規定支払年齢−1歳年齢直後の10月1日となります。

従って、上記のように誕生日が10月1日〜4月1日の場合、教育資金(祝金)の受取が満17歳となり、大学入学前に受け取れるのです。

また、10月1日と秋に学資金を受け取るので、推薦入学等で早い時期に支払いが必要な場合でも、学資金を利用することができます。

ただし、満期保険金の方は保険契約満了時の支払になるため注意が必要です。

6.2 デメリット

加入年齢による保険料払込期間の制限

被保険者(子供)の加入年齢によって、保険料払込期間の選択肢が少なくなります。3歳以上の場合には保険料払込期間が15歳までのみとなっているので注意してください。

従って、より返戻率が高い、保険料払込期間が10歳までを選択したい場合、被保険者(子供)が2歳まで加入する必要があります。子供が小さい内から、早めに検討してください。

学資金の均等受取について

4回にわたって教育資金(祝金)と満期保険金を受け取ります。学資金受取総額を4分割して均等に受け取る為、一度にまとまった金額を受け取ることはできません。従って、一番お金のかかる大学入学時の費用は、学資金以外でカバーする必要があります。

他保険会社の学資保険には一括で支払われるタイプもあります。ご家庭の必要な時期に必要な学資金が受け取れる学資保険はどちらなのか検討する必要があります。

受取学資金総額が300万円未満の場合の返戻率

メリットで説明しましたが、基準保険金額の設定金額によって保険料が割引され、返戻率が高くなる仕組みです。逆に考えると、基準保険金額の設定金額が75万未満(受取学資金総額が300万円未満)の学資金を設定すると返戻率は低くなります。

家計への負担等を考慮して、少額の学資金設定を検討している人は注意する必要があります。

満期保険金の受取時期

メリットでも説明しましたが、教育資金(祝金)は被保険者(子供)の誕生日により、規定支払年齢が考慮されていましたが、満期保険金については誕生日にかかわらず全員が満21歳です。

誕生日によっては、第3回教育資金を受け取って満期保険金を受け取るまで1年以上先になる可能性があります。

配当金がない

他保険会社の学資保険には配当金がある商品があります。配当金がある場合、運用状況や会社の決算状況、契約の収支状況によっては配当金が支払われます。

現在の経済状況なので、配当に大きな期待はできませんが、明治安田生命つみたて学資には配当金自体がないので、デメリットと言えます。

7.まとめ

今回は学資保険の中でも人気のある明治安田生命つみたて学資について、内容を徹底調査することで人気の理由を考えてみました。明治安田生命つみたて学資は魅力的な商品でしたでしょうか?

今回は、他保険会社の学資保険と比較して特徴やメリット・デメリットを紹介しています。ご家庭のライフプランや教育資金計画に合わせて、明治安田生命つみたて学資がベストな商品なのか検討していただきたいです。

以前は明治安田生命つみたて学資の大きな特徴であった、超短期払いの5年の設定や、つみたて学資「Ⅱ型」のがん保障など、残念ながら販売停止になっているものもあります。

最新の情報など、ご自分で情報を集めることが難しい場合には、保険相談窓口などファイナンシャルプランナーの方に無料相談できる場所もあるので、活用して欲しいと思います。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険見直しラボ 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が30社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており、平均業界年数は11.8年と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険見直しラボ」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

「保険見直しラボ 」を見る

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!