メットライフ生命のおすすめ商品とは?医療保険だけじゃないおすすめとは!

「メットライフ生命とは一体どんな会社なんだろう?」

あなたはそう疑問に思ったことはありませんか?

メットライフ生命のおすすめ保険商品も知りたい。。。

そんなあなたに!この記事を読めば、メットライフ生命の会社概要について、おすすめ保険商品について、丸わかりです!

それぞれの保険商品の問題点もご紹介しますので、お見逃しなく!

1.メットライフ生命とは一体どんな会社?

今回は、メットライフ生命について見ていきます。

初めに、メットライフ生命とはどんな会社なのかについて見ていきます。

1.1 会社概要

まずは会社概要からです。

創立 1972年12月11日(営業開始:1973年2月1日)
本社所在地 東京都千代田区紀尾井町1番3号
代表者 代表執行役 専務 山口 浩一郎
資本金(資本準備金を含む) 2,226億円(2017年3月末)
従業員数 8,804名(2017年3月末)

1.2  経営指針

次に、経営指針についてです。

・ビジョン(Vision)

私たちはお客さまから最も選ばれる生命保険会社になります。

・ミッション(Mission)

人生の「もっと」をかなえる応援をします。

・バリュー(Values)

<Put Customers First – お客さま中心主義>
お客さまを大切に思い、尊重すること。それが私たちのあらゆる行動の原点となります。この考え方こそが、私たちの日々の業務の中核を成すとともに、企業文化の醸成や、株主や地域社会に対して価値を創出することに繋がります。

<Be The Best – 常にベストを尽くす>

私たちは常に新しく、より良い方法を探究し続けます。業界のリーディング・カンパニーとして、目標を高く設定し、リスクを考慮しつつも挑戦し、日々学ぶことで、前進を続けます。

<Make Things Easier – お客さまの目線でよりわかりやすく>

私たちが取り扱う商品はわかりやすいものばかりではありません。だからこそ、私たちは常にお客さまにとってわかりやすい、最良のソリューションを提供する努力を惜しみません。そうすることで、お客さまが期待する以上のサービスを提供し、それが信頼関係の構築に繋がるものと確信しています。

<Succeed Together – 力を合わせて成功を目指す>

私たちはミッションのもとに力を合わせながら、誠実かつ高い倫理観を持って行動し、また、多様性を尊重しながら日々業務に取り組んでいます。常にオープンなコミュニケーションを図り、社内のあらゆる部門から最善の提案を採用し実践します。

 

1.3  地域社会貢献

次に、地域社会貢献についてです。

メットライフ生命では、多くの社員がCSRプログラムへ積極的に参加しています。
全国の各拠点で、地域社会のニーズに合わせたボランティア活動に取り組んでいます。

・ワンダラー・ドネーション(ODD)

「生命保険販売を通じて、社会貢献活動を行う」という目的で、2006年12月から、「ワンダラー・ドネーション(ODD)」を実施。このプログラムは、メットライフ生命のコンサルタント社員および代理店を通して販売する当社商品の新規契約数に連動して、基金を積み立て、寄付を行うものです。コンサルタント社員および代理店が1件につき50セント相当を拠出するとともに、当社が同額をマッチングします。

・全国各地に展開する清掃活動

地域の皆さまに貢献したいという思いから営業部門が始めた清掃活動。メットライフ生命の本社がある東京都から開始し、各地に広がり始めています。10月の「CSR月間」の主要な活動となった全国チャリティ清掃活動では、全国の社員の約4割がこの活動に参加しました。

などとなっています。

2.  メットライフ生命の保険商品ラインナップ

次に、メットライフ生命の保険商品ラインナップをご紹介します。

メットライフ生命は医療保険が有名ですが、他にどんな商品があるのでしょうか。

2.1  医療保険

1つ目は、医療保険です。

医療保険には、終身医療保険フレキシィS、その女性タイプ、リターンボーナスつき終身医療保険があります。

フレキシィSは有名だと思いますが、リターンボーナスつきは初めて聞いたという方もいるのではないでしょうか。

これは、掛け捨てではない医療保険です。

フレキシィSについてはのちほど詳しく説明します。

2.2  死亡保険

2つ目は、死亡保険です。

死亡保険には、スーパー割引定期保険、終身保険ずっとスマイルがあります。

定期保険とは、一定の保険期間内に死亡または高度障害となった場合に保険金が支払われる保険です。

定期保険には満期保険金がなく、保険料が安いのが特徴です。

また、終身保険とは、死亡または高度障害となった場合に保険金が支払われる保険で、保障は一生涯続きます。

終身保険には満期保険金はありませんが、保険料払込満了後も期間の経過に応じて解約返戻金が増加していくので、長期間経過するとある程度の解約返戻金が確保できます。

解約返戻金とは、解約時に返戻されるお金のことです。

言い換えると、生命保険のために支払った保険料のうち保障部分として使われていない部分の残りということになります。

したがって、死亡保険ではあるものの貯蓄機能も併せ持っており、緊急時の必要資金や老後生活資金などとして活用することができます。

保険料払込期間には有期払込と終身払込がありますが、1回あたりの保険料は終身払込のほうが安くなります。

払込満了時に、死亡・高度障害保険金に代えて年金受取や介護保障を選択できるものもあります。

終身保険ずっとスマイルについては、のちほど見ていきます。

2.3  がん保険

3つ目は、がん保険です。

がん保険には、ガードエックスがあります。

もちろんフレキシィSもがんに対応しています。

ガードエックスも聞いたことのない方が多いかと思いますが、約2,000名のがんを経験された方々と、そのご家族の声から生まれたがん保険です。

2.4  持病のある方のための保険

4つ目は、持病のある方のための保険です。

持病のある方向けの保険は、一般的に引受基準緩和型の保険であり、保険料が通常の物よりも高くなっています。

商品としては、フレキシィゴールドSがあります。

持病や既往症のある方、通院中・服薬中の方のための終身タイプの医療保険です。

2.5  女性のための保険

5つ目は、女性のための保険です。

商品としては、フレキシィSの女性専用タイプであり、がんや女性特有の病気による入院は、疾病入院給付金に上乗せして女性疾病入院給付金が受け取れます。

2.6  外貨建保険

6つ目は、外貨建保険です。

USドル建終身保険ドルスマートS、定額個人年金保険レグルスⅣ、サニーガーデンEX、ビーウィズユープラス、USドル建IS養老保険があります。

外貨建保険とは、積立金を外貨(主に米ドルや豪ドル)で運用する生命保険です。

外貨ベースで保険金、保険料、積立金の運用利率(予定利率)等が決まっています。

通常の日本円で加入する保険と保障の仕組みに関して違いはありませんし、保険料を支払って、もしもの時や満期時に保険金が受け取れるような仕組みは同じです。

為替手数料がかかるなど、注意点もあります。

2.7  個人年金保険

7つ目は、個人年金保険です。

レグルスⅣがあり、こちらは、一時払の個人年金保険となっています。

個人年金保険とは、払込保険料を原資として運用し、あらかじめ取り交わした契約に基づいて、将来的に年金を支払う仕組みをいいます。

個人年金保険自体は人気があり、受取年齢をずらしてダブルでかけている人もいるぐらいです。

種類は、大きく分けて2種類あり、

・定額個人年金

・変額個人年金

に分けられます。

・定額個人年金

定額個人年金とは、契約時に将来受け取れる基本年金額が決まっている年金保険です。

なお、年金受取開始前に被保険者が死亡した場合は、一般的に払込保険料を最低保証とする死亡給付金が支払われます。

また、ドル建て定額年金では、ドル建ての基本年金額は確定していますが、円建ての基本年金額は確定していないため、受取時の為替レートによっては、円建ての受取総額が払込保険料を下回ることもあります。

定額個人年金の主な種類および一般的な概要は、以下のとおりです。

①有期年金

有期年金とは、一定の年金受取期間内で、かつ、被保険者が生存している場合に限り、年金が支払われるものです。

②確定年金

確定年金とは、被保険者の生死に関係なく、一定の年金受取期間だけ年金が支払われるものです。

なお、確定年金では、年金受取期間内に被保険者が死亡した場合は、残存期間の年金またはその時点の年金現価相当額の死亡一時金が遺族に支払われます。

また、他の条件がすべて同じであれば、確定年金よりも有期年金のほうが保険料は安くなります。

③終身年金

終身年金とは、被保険者の生存している限り、一生涯年金が支払われるものです。

なお、男性よりも女性のほうが、統計上、長生きします。

終身年金のポイントは以下のとおりです。

・他の条件がすべて同じであれば、被保険者が男性よりも女性のほうが保険料は高くなる。

・他の条件がすべて同じであれば、被保険者が男性よりも女性のほうが基本年金額は低くなる。

④保証期間付終身年金

保証期間付終身年金とは、保証期間中は被保険者の生死に関係なく年金が支払われ、その後も生存している限り、一生涯年金が支払われるものです。

なお、保証期間付終身年金では、保証期間内に被保険者が死亡した場合には、保証期間のうち、残存期間の年金またはその時点の年金現価相当額の死亡一時金が遺族に支払われます。

⑤夫婦年金

夫婦年金とは、夫婦のいずれか一方が生存している限り、年金が支払われるものです。

夫婦のいずれか一方が死亡しても、その後の年金額は変わりません。

なお、他の条件がすべて同じであれば、終身年金よりも夫婦年金のほうが年金額は少なくなります。

・変額個人年金

変額個人年金とは、国内外の株式や債券を中心に運用され、運用実績に応じて受け取る年金や解約返戻金が変動する年金です。

変額個人年金のポイントは以下のとおりです。

・複数の特別勘定から運用ファンドを選べるものも多く、通常、所定の範囲内で手数料なしのスイッチング(ファンドの変更)が可能。

・年金受取開始時前に被保険者が死亡した場合は、一般的に払込保険料を最低保証とする死亡給付金が支払われる(運用が好調な場合には、死亡給付金の最低保証がアップするものもある)。

・年金額には原則として最低保証はないが、年金原資や受取年金総額を最低保証するものもある。

となっています。

3.  メットライフ生命のおすすめ保険商品①終身医療保険フレキシィS

母子家庭の医療費は免除になるの?医療費助成制度について詳しく解説

メットライフ生命のおすすめ保険商品1つ目は、終身医療保険フレキシィSです。

こちらは、医療保険です。

メットライフ生命と言えば、この保険でしょう。

3.1  特長

特長からです。

①健康祝金が受け取れる。

5年ごとに継続10日以上の入院がなければ、最長90歳まで何度でも5万円のお祝い金が受け取れます。

②短期入院に手厚い。

10日以内の短期入院に、一律5万円をお支払いします。

③七疾病での入院に手厚い。

長引きがちな7つの疾病による入院は、支払日数無制限に日額5,000円の給付金をお支払いします。

④退院後の通院を保障。

退院後の通院日数に応じて日額3,000円の給付金をお支払いします。
通院給付金のご請求は、医師の診断書などの提出は必要なく、当社所定の請求書のご提出による自己申告でお手続きいただけます。

3.2  保険料

保険料です。

入院日額5,000円のシンプルコースのWDプランの場合の保険料です。

20歳 1,922円 2,072円
30歳 2,252円 2,297円
40歳 2,727円 2,602円
50歳 3,612円 3,192円

となっています。

3.3  問題点

問題点です。

①基本保障に入院の延長がついていない。

新CUREやメディフィットAなどには基本保障で付いている「入院保障の延長」がフレキシィSではついていません。

入院保障の延長は特約で付けることが出来ますが、保険料が少し高めになってしまいます。

②三大疾病の一時金は2回目からの給付はかなりハードルが高い。

フレキシィSでは、三大疾病(がん、心疾患、脳血管疾患)の全てで一時金が貰える「特定疾病一時金特約」を付けることができます。

しかしながら、がん(悪性新生物)の場合、2回目以降は、前回の支払事由に該当された日からその日を含めて1年を経過した日の翌日以後に、公的医療保険制度の給付対象となる所定の手術、放射線治療、または抗がん剤治療を受けられたとき、悪性新生物一時金を受け取れます。

受け取りのハードルが高くなっているので注意が必要です。

4.  メットライフ生命のおすすめ保険商品②終身医療保険フレキシィゴールドS

メットライフ生命のおすすめ保険商品2つ目は、終身医療保険フレキシィゴールドSです。

こちらは、先ほども述べたように、持病のある方向けの保険です。

4.1  特長

特長です。

①持病があっても加入しやすい。

通院中・服薬中であっても加入しやすいようメットライフ生命の他の医療保険よりお引き受けの基準を緩和しました。

<告知内容>

最近3ヵ月以内に受けた医師による検査、検診または診察により、以下の(1)または(2)をすすめられたことはありますか。

(1)入院または手術

(2)ガン(悪性新生物または上皮内新生物)の疑いでの再検査・精密検査

過去1年以内に、病気やケガで入院や手術を受けたことがありますか。

過去5年以内に、以下(1)~(3)の病気と新たに診断されたこと(再発や転移を含みます)、あるいは以下(1)~(3)の病気により入院や手術を受けたことがありますか。

(1)ガン(悪性新生物または上皮内新生物)

(2)肝硬変

(3)統合失調症、アルコール依存症、認知症

②保障1年目から給付金を全額もらえる

持病のある方向けの医療保険には、削減期間が一定期間ある場合がありますが、いざというときに十分な給付金をお支払いするため、給付金の支払削減期間なくしました。

③必要な保障に幅広く備えられる

シンプルな基本保障に加え、メットライフ生命の健康な方向けの医療保険同様に、幅広いオプションから選べます。

となっています。

4.2  保険料

保険料についてです。

入院日額5,000円のシンプルコースの健康祝金ありWDプランの場合の保険料です。

20歳 3,636円 3,576円
30歳 3,971円 3,921円
40歳 4,431円 4,186円
50歳 5,071円 4,781円

となっています。

通常のフレキシィSよりも保険料は割高になっているのが分かるかと思います。

4.3  問題点

問題点です。

①先進医療給付特約が10年更新のため、保険料が値上がりする可能性がある

先進医療は保険適用外なので、治療費の10割を自己負担しなければなりません。

ですので、この特約の重要性は高いのです。

しかし、この保険の先進医療給付特約は10年更新のため、次の更新の際に保険料が値上がりする可能性が高いです。

注意しましょう。

5.  メットライフ生命のおすすめ保険商品③USドル建終身保険ドルスマートS

プルデンシャルってどんなドル建て保険があるの?プルデンシャル生命について詳しく解説

メットライフ生命のおすすめ保険商品3つ目は、USドル建終身保険ドルスマートSです。

これは、外貨建て、その中でもドル建ての保険となっています。

5.1  特長

特長です。

この商品の特長は、積立利率年3%を最低保証としている点です。

また、「低解約返戻金プラン」といい、保険料払込期間中の解約返戻金の水準を低く設定することで、基本プランと比べて、一生涯の死亡保障を得るための保険料を低く抑えたプランもあります。

さらに、「三大疾病・介護保険料払込免除特約プラン」もあり、保険料払込期間中に悪性新生物(悪性新生物を除く)と診断確定された場合や、心疾患、脳血管疾患または要介護状態により所定の条件に該当された場合、以後の保険料のお支払が免除されます。

また、注意点としては、以下のことがあります。

ホームページには、諸経費についての注意事項が載っているので、引用してご紹介します。

①契約にかかる諸費用について

ご契約にかかる諸費用とは、契約の締結・維持に必要な費用、死亡・高度障害保障などに備えるための費用、および資産運用のための運営費、保証費、その他費用の合計をいい、それぞれ下記のとおり控除することによりご負担いただきます。

  •  払い込みいただいた保険料からは、契約の締結・維持に必要な費用などが控除されます。
  •  保険期間中、死亡・高度障害保障などのための費用が毎月控除されます。
  •  積立利率を計算する際には、この保険の前々月の運用実績から資産運用のための運営費率、積立金を最低保証するための保証費率、その他費用のための所定の率が控除されます。

これらの費用は、保険金額・契約年齢・性別・経過期間などによって異なりますので、一律には記載できません。

②年金を管理するための費用について

年金支払特約・年金移行特約を付加し、死亡保険金・解約返戻金などを年金で受け取られる場合、毎年の年金受取時に年金を管理するための費用(年金額の1.00%)が控除されます(費用の割合は将来変更されることがあります)。

③解約控除

解約控除とは、解約時、減額時および払済終身保険への変更時にご負担いただく費用です。

保険契約を解約、減額または払済終身保険に変更される場合には、保険料払込期間または契約日から10年間のいずれか短い期間は、経過期間(保険料をお払い込みいただいた年月数)などに応じて、積立金などから所定の金額を控除します。

この控除額については、経過期間などにより異なるため、一律には記載できません 。

④外貨建保険のお取り扱いの際にかかる為替手数料について

通貨交換時に生じる手数料をご負担いただきます。

・銀行などの金融機関で通貨交換される場合

各金融機関所定の手数料をご負担いただきます。

詳しくはご利用の金融機関にお問い合わせください。

・ 円入金特約をご利用の場合

外貨建の保険料を円にて払い込む特約をご利用の場合、為替レートは下記のTTM(対顧客電信売買相場仲値)を基準に当社が定めるレート(具体的には当該TTM+50銭としますが、下記のTTS (外貨交換レート、対顧客電信売相場) を上回ることはありません)とし、この当社所定の為替レートと当該TTM との差額をご負担いただきます。

・ クレジットカード払をご利用の場合

クレジットカード払をご利用の場合、カード会社が定める、通貨交換時の手数料が含まれた換算レートが適用されます。

これは当社が定めるレートとは異なります。

・ 円支払特約をご利用の場合

外貨建の保険金などを円にて受け取る特約をご利用の場合、為替レートは下記のTTM を基準に当社が定めるレート(具体的には当該TTM-50 銭としますが、下記のTTB(円交換レート、対顧客電信買相場)を下回ることはありません) とし、この当社所定の為替レートと当該TTM との差額をご負担いただきます。

5.2  保険料

保険料についてです。

この保険では、ホームページでのシュミレーションはできないため、載っている保険料をご紹介します。

月払い保険料の例としては、

保険期間:終身
保険料払込期間:10年払込満了/15年払込満了
低解約返戻金プラン
※ 三大疾病・介護給付終身保険特約(米ドル建)なし/三大疾病・介護保険料払込免除特約なし

の場合、以下のようになります。

5.3  問題点

問題点です。

①為替手数料が高い

以前よりも安くはなりましたが、為替手数料が高いのが問題点です。

ソニー生命にも外貨建保険はありますが、為替手数料は安くなっています。

少しではありますが、損をする、ということを覚えておきましょう。

6.  メットライフ生命のおすすめ保険商品④終身保険ずっとスマイル

高額医療費を軽減してくれる社会保険の高額療養費制度を解説!

メットライフ生命のおすすめ保険商品4つ目は、終身保険ずっとスマイルです。

こちらも持病がある方向けの保険となっています。

6.1  特長

特長です。

①質問項目は3つ、健康に関する告知項目を簡素化、すべて「いいえ」の場合に加入できる可能性が高くなります。

(1)最近3ヵ月以内に受けた医師による検査、検診または診察により、以下の①または②をすすめられたことはありますか。

① 入院または手術

② ガン(悪性新生物または上皮内新生物)の疑いでの再検査・精密検査

(2)過去1年以内に、病気やケガで入院や手術を受けたことがありますか。

(3)過去5年以内に、以下①~③の病気と新たに診断されたこと(再発や転移を含みます)、あるいは以下①~③の病気により入院や手術を受けたことがありますか。

① ガン(悪性新生物または上皮内新生物)

② 肝硬変

③ 統合失調症、アルコール依存症、認知症

②持病を原因とする死亡も一生涯保障保険料は変わりません

死亡保障は一生涯続き、保障が途切れることはありません。

また、交通事故などの災害で万が一のときは、85歳まで病気死亡時の4倍の保険金をお受け取りいただけます。更新がないので保険料は一生涯上がりません。

③死亡時以外でもお役に立ちます

余命6ヶ月以内と判断された場合保険金をお受け取り

余命6ヵ月以内と判断された場合、保険金の一部をご存命中にお受け取りいただけます。残された人生を有意義に過ごすための資金としてご活用いただけます。

途中で解約された場合解約返戻金をお受け取り

例えば、S1プラン(月払契約)の場合、45歳男性がご契約され、20年経過後(65歳時)に解約された場合、約37万円の解約返戻金をお受け取りいただけます。

6.2  保険料

保険料についてです。

30歳 4,656円 3,848円
40歳 5,854円 4,696円
50歳 7,762円 5,980円

となっています。

6.3  問題点

問題点です。

①過去5年以内の告知項目の病名が多い

過去5年以内の治療履歴の確認範囲の病名が(がんまたは上皮内新生物・肝硬変・統合失調症、アルコール依存症、認知症)とがん(上皮内新生物含む)以外に4つありますので、この部分を考えると加入するのにハードルが高く感じられるかもしれません。

7.  まとめ

DCF 1.0

皆さん、いかがでしたか?

以上、メットライフ生命についてでした。

ポイントは以下のとおりです。

①メットライフ生命の保険商品には、医療保険(フレキシィS)、死亡保険(スーパー割引定期保険、終身保険ずっとスマイル)、がん保険(ガードエックス)、持病のある方のための保険(フレキシィゴールドS)、女性のための保険(フレキシィS女性専用タイプ)、外貨建保険(USドル建終身保険ドルスマートS、定額個人年金保険レグルスⅣ、サニーガーデンEX、ビーウィズユープラス、USドル建IS養老保険)個人年金保険(レグルスⅣ)があります。

②終身医療保険フレキシィSや終身医療保険フレキシィゴールドSが有名ですが、終身保険ずっとスマイルやUSドル建終身保険ドルスマートSがあります。

となっています。

様々な保険商品がありますので、ぜひじっくりと考えて加入するようにしてください。

その際は、お近くのFPやメットライフ生命の営業職員の方などに相談するのも良いでしょう。

また、ホームページ上で保険料のシュミレーションができる保険商品もありますので、ぜひ行って参考にしてみてください。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る