三井住友あいおい生命の医療保険を解説!万全な備えのポイント

記事監修者紹介
松葉 直隆
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

アライグマラスカルの愛らしいキャラクターでおなじみの三井住友あいおい生命ですが、実は正式名称は「三井住友海上あいおい生命」だと言うことは、ご存知でしたか?

人生の様々なシーンや、マネープランニングに対応すべく、多種多様な生命保険を展開し、多くのユーザーの支持を得ています。

多彩な生命保険ですが、近年着目されているのは、医療やけが、がん治療などに特化した医療保険です。

そこで今回は、三井住友海上あいおい生命が得意とする「医療保険」にスポットを向けてみたいと思います。


この記事でわかること
  1. 三井住友海上あいおい生命とは?
  2. 新医療保険エースとは?
  3. 万全な備えをする意味

これらを中心に「医療保険」について徹底調査していきたいと思います。

三井住友海上あいおい生命の医療保険に加入しようか悩んでいるけど、大丈夫かな?

と思っている方は特に必見の内容となっているので、ぜひ加入前に参考にしてみて下さい!

ざっくり言うと…
  • 三井住友海上あいおい生命は、「お客様第一の事業運営」をコンセプトに営業している。
  • 時代によって、生命保険にもトレンドがある。
  • 三井住友海上あいおい生命の保険加入を検討したい人は、下記のリンクから簡単に無料で資料請求

⇒三井住友海上あいおい生命の資料請求をする

三井住友海上あいおい生命の資料請求(無料)はこちら!

MS&ADホールディンクスの概要

三井住友海上あいおい保険を語る上で欠かせないのが、MS&ADホールディングスです。

そこでまずは、三井住友海上あいおい生命が所属する、グループの全体から見てまいりましょう。

 

 

事業形態

「活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支える」

このスローガンをコンセプトに、MS&ADホールディングスは創生を始めました。

グローバルな保険、金融サービス事業を通して、安心と安全を提唱し、活力ある社会の発展と地球の未来を守ることをモットーに、保険会社3社が結合して、保険会社グループとして、その歩みを進めいています。

主要グループの構成

それではそんなMS&ADホールディングスが展開する構成そのものを、見てまいりましょう。

MS&ADホールディングスは、国内の損害保険事業を主体として、持続的成長に向け、下記のように、5種の事業展開を行っています。

 

 

中でも目を引くのが、国内損保事業で、ご覧いただくとお分かりのように、国内損害保険事業が、グループ内利益の実に約70%を占めています。

 

 

 

こう言ったデータや、CMでの露出度が多い、「三井住友=損保」と言うイメージを皆さんお持ちのことだと思います。

そこでご覧いただきたいのが、下記のデータです。

 

 

利益の観点から推察しても、三井住友海上あいおい生命もまた、グループ内で大きなシェアを誇っていることが、見て取れます。

そこで、「三井住友=損保」と言う概念を払拭し、「三井住友=生保」と言う観点から、今回の記事を考察してまいりましょう。

国内生命保険事業

国内生命保険市場において、三井住友海上あいおい生命は、着実な成長を続け対外的に見ても確実なポジションにいることが見て取れます。

 

 

その築き上げた道は、保険会社への対外的評価にもつながり、堅実な経営とサービスを提供する企業として、A+との評価を受け、認知されています。

 

あいおい生命の資料請求はこちら!

三井住友海上あいおい生命の概要と歴史、コンセプト

それではこの章では、三井住友海上あいおい生命がいかなる企業であるか、もう少し掘り下げてみてまいりましょう。

 

会社概要

三井住友海上あいおい生命は、MS&ADインシュアランス グループ ホールディングスの100%出資により経営されている、創設21年目に突入している企業です。

社名 三井住友海上あいおい生命保険株式会社
英文名称 Mitsui Sumitomo Aioi Life Insurance Company, Limited
設立 1996年(平成8年)8月8日
資本金 855億円
株主 MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社(出資率100%)
総資産 3兆2,290億円(2015年度末)
保険料等収入 4,622億円(2015年度)
保有契約高 22兆5,760億円(2015年度末)
※個人保険と、個人年金保険の合算値
営業拠点数 営業部 36
課支社 126 (2017年4月1日現在)
本社所在地 東京都中央区新川2-27-2

日本各地に営業拠点を配置した、より身近な生命保険会社であることが、見て取れます。

沿革と歴史

三井住友海上あいおい生命は創設の初期段階では、「大東京しあわせ生命保険」と「千代田火災エビス生命保険」との合併から、始まりました。

その後「あいおい生命」としての歩みを進め、2001年に、「三井住友海上きらめき生命と」と合併し、現在の三井住友海上あいおい生命となったわけです。

 

 

コンセプト

三井住友海上あいおい生命は、「お客様第一の事業運営」をコンセプトに、下記のような理念をモットーとしている、顧客にやさしい企業であると、言えるでしょう。

あいおい生命の事業コンセプト
  • 顧客満足を活動原点におき、お客様第一の業務運営を遂行
  • 顧客満足度の高い、商品とサービスを開発
  • 顧客視点での保険募集の実行
  • 顧客の適切な契約管理の実行
  • 保険金/給付金の迅速かつ適切な支払
  • 顧客利益を損なわないよう適切な行区を遂行
  • 顧客の声を業務運営に反映
  • 顧客第一主義を徹底

どれも生命保険会社としては、順守すべき大切な項目です。

これらを忘れることなく、その道をたゆまぬ努力で進み続け企業であることがはっきりと見て取れます。

 

 

三井住友海上あいおい生命が目指す姿

そんな三井住友海上あいおい生命が目指しているのが、業界トップ水準の品質の維持と、絶え間ない成長にあります。

 

 

生命保険は、大切な自身のお金を投じて、あらゆる万が一に備えるためのものです。

保険料の安さや、サービス内容の精度などに目をとられ、ついつい見落としがちなのが、はたしてその生命保険会社に自身の大切な資産と将来を預けてよいのか、と言う点です。

そう言った意味では、三井住友海上あいおい生命は堅調な経営と、顧客満足第一主義を掲げている、信用に足る生命保険会社であると、言えるでしょう。

あいおい生命の資料請求はこちら!

三井住友海上あいおい生命の販売商品

生命保険会社としてのイメージが若干薄い印象の三井住友海上あいおい生命ですが、実は様々な生命保険分野で、しっかりとした商品を世に送り出しています。

まずは、そのラインナップから見てまいりましょう。

万が一に備える保険

まずは万が一に備える生命保険です。

疾病やけがによる就業が難しくなった場合の「新総合収入保障/新収入保障」、保険が一生涯続く「積立利率変動型終身保険」、ライフステージごとに合理的に合わせられる「逓減定期保険」が、販売されています。

 

疾病/ケガへの備え

次に疾病やケガに備える保険です。

ニーズに合わせて保険をカスタマイズできる「新医療保険Aプラス」、がんによる診断から退院後までをフォローアップする「新がん保険α」、三大疾病に特化した「特定疾病保障保険」が、販売されています。

セカンドライフ/教育費への備え

将来訪れるセカンドライフの生活資金を確保するための「個人年金保険」、こどもの教育資金確保の為の「こども保険」が、販売されています。

それでは次章では、今最もHOTな第三分野である、医療保険商品を、ブレイクダウンしてまいりましょう。

新医療保険エースプラス

入院手術だけでなく、ガン等の三大疾病注/女性疾病/介護への備えをプラス出来るのが、新医療保険Aプラスです

それでは、その内容を見てまいりましょう。

 

しくみ

主契約は、入院/手術に関する保障で、計8種の特約が付加できるようになっています。

特徴

それでは、特約も含めた特徴を見てまいりましょう。

特徴1 主契約 疾病/けがによる入院を一生涯保障
日帰り入院入院5日目まで、一律5日分の入院給付金が受取可。放射線治療や集中治療室管理も保障
特徴2 主契約 三大疾病による入院は支払限度日数無制限
約款所定の三大疾病(ガン(上皮内含む)/心疾患/脳血管疾患)で入院された時、1回の入院/通算ともに支払限度日数無制限で、入院給付金が受け取れる。*三大疾病以外の病気やケガで入院した時、1回の入院の支払限度日数は支払限度の型による。また、通算の支払限度日数は1,095日。
特徴3 特約 入院時手術給付特約(無解約返戻金型) 疾病/けがによる入院中の手術を上乗せ保障
特徴4 特約 先進医療特約(無解約返戻金型)
先進医療を受けた時、技術料/交通費/宿泊費も受け取れる。先進医療による療養を受けた時、技術料だけでなく、約款所定の交通費/宿泊費を保険期間通算で2,000万円まで保障。※宿泊費は1泊につき1万円を限度。
特徴5 特約 三大疾病入院一時給付特約(無解約返戻金型)
三大疾病により入院した時、一時金が受け取れる。約款所定の三大疾病(ガン(上皮内含む)/心疾患/脳血管疾患)と診断/入院された時、一時金として三大疾病入院一時給付金を受け取れる。*三大疾病入院一時給付金が支払われることとなった最終の入院の開始日からその日を含めて2年以内に、再度三大疾病入院一時給付金の支払事由に該当した場合には、三大疾病入院一時給付金の支払無し。
特徴6 特約 新保険料払込免除特約
悪性新生物(ガン)と診断確定された時、心疾患/脳血管疾患で入院した時、以後の保険料の払込みは不要、保障はそのまま継続。
特徴7 特約 女性疾病給付特約(無解約返戻金型) ガン/女性特有の病気等の時、入院/手術/放射線治療を保障。乳ガンによる乳房の観血切除術や乳房再建術、子宮や卵巣の摘出術といった女性特定手術保障。
特徴8 特約 ガン診断給付特約(無解約返戻金型) ガン*と診断確定された時、一時金としてガン診断給付金を受け取れる。再発/転移/新たなガン*で入院しても、一時金としてガン診断給付金を何度でも受け取れる。*上皮内ガンを含む。*ガン診断給付金が支払われることとなった診断確定日または最終の入院の開始日からその日を含めて2年以内に、再度ガン診断給付金の支払事由に該当した場合には、ガン診断給付金はなし。
特徴9 特約 ガン治療通院給付特約(無解約返戻金型) ガン*と診断確定されてから5年間、ガン治療を目的として通院をした時、ガン治療通院給付金を受け取れる。*上皮内ガンを含む。*検査や経過観察のための通院、美容上の処置による通院、治療処置を伴わない薬剤または治療材料の購入、受取りのみの通院等は該当しない。また、ガンの治療に伴い生じた合併症の治療のための通院は該当しない。
特徴10 特約 終身介護保障特約(無解約返戻金型) 一生涯にわたり、介護リスクに備えることが可能。公的介護保険制度に定める要介護2以上の状態に該当していると認定された場合等に、年金/一時金を受け取れる。

あいおい生命の資料請求はこちら!

オプション

それではここで、特約を付加した場合の契約内容を、見てまいりましょう。

約例

&LIFE 新医療保険Aエースプラス

支払限度の型:60日型

保険期間 : 終身

保険料払込期間:60歳満了

入院給付金日額1万円

主契約 災害入院給付金(日額1万円)
疾病入院給付金(日額1万円)
手術給付金(入院中の手術10万円)(外来での手術 5万円)
放射線治療給付金(10万円)
集中治療給付金(20万円)
特約(オプション) 入院時手術給付特約(無解約返戻金型):10万円
女性疾病給付特約(無解約返戻金型):日額5,000円
ガン診断給付特約(無解約返戻金型):100万円
三大疾病入院一時給付特約(無解約返戻金型):50万円
ガン治療通院給付特約(無解約返戻金型):日額1万円
先進医療特約(無解約返戻金型):技術料と交通費・宿泊費
終身介護保障特約(無解約返戻金型):介護障害年金額60万円
介護障害一時金1倍型 新保険料払込免除特約:保険料の払込不要

 

&LIFE 新医療保険Aエースプラス

支払限度の型:60日型

保険期間 : 終身

保険料払込期間:60歳満了

入院給付金日額1万円

主契約 災害入院給付金(日額1万円)
疾病入院給付金(日額1万円)
手術給付金(入院中の手術10万円)(外来での手術 5万円)
放射線治療給付金(10万円)
集中治療給付金(20万円)
特約(オプション) 入院時手術給付特約(無解約返戻金型):10万円
女性疾病給付特約(無解約返戻金型):日額5,000円
ガン診断給付特約(無解約返戻金型):100万円
三大疾病入院一時給付特約(無解約返戻金型):50万円
ガン治療通院給付特約(無解約返戻金型):日額1万円
先進医療特約(無解約返戻金型):技術料と交通費・宿泊費
終身介護保障特約(無解約返戻金型):介護障害年金額60万円
介護障害一時金1倍型
新保険料払込免除特約:保険料の払込不要

8種の中のどの特約を付加するか、お手持ちの契約中の保険商品と照合し、重複が無いように内容の精査は慎重に行いましょう。

受取例

ここでいくつかの疾病を事例にし、受取例を見てまいりましょう。

 

実に多彩と言わざるを得ません。

これだけのカスタマイズ性を持つ保険商品は、そう多くはないので、ライフプランに投じるに値する商品だと言えるでしょう。

あいおい生命の資料請求はこちら!

保険料例

それでは具体的保険契約を参考に、保険料を算出してみましょう。

保険料は公式サイト内でシミュレーションが可能なので、是非活用下さい。

入院給付日額が高い順に他社商品も含め、ご紹介しておきますので、参考になさってください。

あいおい生命の資料請求はこちら!

新ガン保険α

ガンによる療養を診断から退院後までトータルにサポートしてくれるのが、新ガン保険αです。

それでは、その内容を見てまいりましょう。

しくみ

基本保障として、がんによる入院給付金/がん手術給付金があり、さらに4種の特例が付加出来るようになっています。

 

 

特徴

それでは、特約も含めた特徴を見てまいりましょう。

特徴1 ガンの保障が一生涯
一生涯のうち約2人に1人は「ガン」にかかる可能性があると言われており、様々ななガン治療に対応できる保障が一生涯続く。
特徴2 初期のガン(上皮内ガン等)から幅広く保障
上皮内ガン等に対する早期治療にも安心で、上皮内ガンの場合でも、給付金を減額することなく受け取れる。
特徴3 入院や手術を何度でも保障
ガン入院給付金とガン手術給付金には、支払日数/回数の制限なし。転院や再入院した場合、入院が長期化した場合も安心。
特徴4 万一のときも
被保険者死亡の時に(ガンが直接の原因でない時も)死亡給付金として解約返戻金相当額が受け取れる。
特徴5 ガンの治療をトータル保障
入院や手術等の保障に必要な保障を追加できる。診断から入院~手術~退院/通院まで、治療の段階ごとに保障を準備することができる。

 

上皮内にも対応してくれているので、安心度はかなり高くなります。

どの部分を手厚くしたいかを考え、特約をシンプルかつ有益であるように、選択しましょう。

 

 

オプション

それではここで、特約を付加した場合の契約内容を、見てまいりましょう。

 

新ガン保険α(低解約返戻金特則付) 無配当
保険期間 : 終身
保険料払込期間 : 終身
主契約 ガン入院給付金(日額1万円)
ガン手術給付金(1回につき20万円)
特約
ガン診断給付特約α(100万円)
ガン治療通院給付特約(無解約返戻金型)(ガン入院給付金日額×通院日数)
ガン先進医療特約α(技術料と交通費・宿泊費)
在宅療養給付特約α(20万円)
ガン死亡保障特約α(100万円)

 

あれもこれもと不安応要素をつぶすために特約付加を行うと、必然的に保険料は増額されます。

あくまでも生存中に活用するのががん保険であり、それ以外の疾病には対応していません。

誰でも将来のことは分かりかねますが、必ずしも誰もががんに罹患するとは限りません

家系的にがん患者が多かった場合や、金銭的余裕がある場合は、特約は満遍なく配することが望ましいですが、経済的体力やその他の疾病にも対応できる状況を作っておくことが肝要です。

 

 

受取例

ここでいくつかの疾病の事例に、受取例を見てまいりましょう。

 

保険料例

それでは具体的保険契約を参考に、保険料を算出してみましょう。

保険料は公式サイト内でシミュレーションが可能なので、是非活用下さい。

 

診断給付金が高い順に他社商品も含め、ご紹介しておきますので、参考になさってください。

保険会社
商品名
月払い
保険料
詳細
保険期間
保険料
払込期間
悪性新生物の場合
入院 手術 診断 診断給付金の
複数回支払
アクサ生命
アクサの「収入保障」のがん保険
年金額 180万円プラン
5,526円 ※ガン収入保障年金:ガン収入保障年金の責任開始の日以後に、生まれて初めて所定のガンと診断確定されたときは、5年間毎年決められた金額を年金でお支払いします。 ※死亡された場合には、死亡給付金または死亡一時金をお支払いします 65歳 65歳 ガン収入保障年金支払総額900万円
アクサ生命
アクサの「収入保障」のがん保険
年金額 120万円プラン
3,684円 ※ガン収入保障年金:ガン収入保障年金の責任開始の日以後に、生まれて初めて所定のガンと診断確定されたときは、5年間毎年決められた金額を年金でお支払いします。 ※死亡された場合には、死亡給付金または死亡一時金をお支払いします 65歳 65歳 ガン収入保障年金支払総額600万円
カーディフ生命
あなたを支えるガン保険 Next [ネクスト] 診断給付金額500万円プラン (Ⅳ型ガン保障タイプ)
5,590円 進化するガン治療でも、変わらない安心。ガンとの闘いが始まるそのときに、給付金を「全額一度」に受け取れるので、どんな治療法でも安心して治療にのぞめます。 終身 終身 500万円 1回
アクサ生命
アクサの「収入保障」のがん保険
年金額 60万円プラン
1,842円 ※ガン収入保障年金:ガン収入保障年金の責任開始の日以後に、生まれて初めて所定のガンと診断確定されたときは、5年間毎年決められた金額を年金でお支払いします。 ※死亡された場合には、死亡給付金または死亡一時金をお支払いします。 65歳 65歳 ガン収入保障年金支払総額300万円
東京海上日動あんしん生命
がん診断保険R
300万円プラン
(診断給付金200万円+悪性新生物初回診断特約+がん先進医療特約)
7,197円 払い込んだ保険料の使わなかった分をリターンします!
一生涯のがんへの備えを、加入時のお手ごろな保険料でリザーブ(予約)します!
終身 終身 (初回)300万円(2回目以降)200万円
支払事由に該当する限り、2年に1回を限度に何回でもお支払いします
ライフネット生命
がん保険 ダブルエール
A型 がん診断一時金300万円
3,627円 はじめて「がん(悪性新生物)」と診断されたとき、がん診断一時金が受け取れます。上皮内新生物の場合は、上皮内新生物診断一時金(がん診断一時金×50%)が受け取れます。
※A型の他、C型(A型の保障+治療サポート給付金+がん先進医療特則(選択))、D型(C型+がん収入サポート給付金)がございます。
※責任開始日は申込日を含めて91日目です。
終身 終身 (悪性新生物の場合)300万円
FWD富士生命
新がんベスト・ゴールドα
主契約100万円 悪性新生物初回診断一時金特約(2017)(200万円) +上皮内新生物診断給付金特約(2017)(50万円)+がん先進医療 全期払
4,128円 ※悪性新生物診断給付金100万円に悪性新生物初回診断一時金200万円および上皮内新生物診断給付金50万円、がん先進医療給付金・がん先進医療一時金が付加されているプランです。 終身 終身 300万円
※2回目以降は100万円
悪性新生物診断給付金および上皮内新生物診断給付金は、支払事由に該当する限り、2年に1回を限度に何回でもお支払いします。
楽天生命
楽天生命 ガン診断プラス
ガン診断給付金300万円+先進医療特約
5,152円 ※先進医療特約の保険期間・保険料払込期間は10年です。10年ごとに最長95歳まで更新できます。更新の際には保険料が変わる場合があります 終身 終身 1回限り
300万円
ガン(悪性新生物)、上皮内新生物それぞれにつき1回
カーディフ生命
あなたを支えるガン保険 Next [ネクスト] 診断給付金額300万円プラン (Ⅳ型ガン保障タイプ)
3,354円 進化するガン治療でも、変わらない安心。ガンとの闘いが始まるそのときに、給付金を「全額一度」に受け取れるので、どんな治療法でも安心して治療にのぞめます 終身 終身 300万円 1回
朝日生命
スマイルセブンα
7大疾病一時金100万円+7大疾病初回一時金200万円+先進医療特約
4,566円 がん、脳卒中、急性心筋梗塞等で所定の状態に該当したとき300万円の一時金を受け取れます。
※2回目以降は100万円となります。
保険料払込免除特則は非適用となります
終身 終身 300万円
※2回目以降は100万円
無制限(2年に1回限度)

収入保障付きのものに、人気が集まっていることが見て取れます。

先述にもありますように誰しもが、がんを発症するわけではありません。

確かに一家の大黒柱がガン罹患による治療で、職を離れれば、当然家計は打撃を受けます。

しかしながらそれはがんに限ったことではないので、無理をしてガン保険に収入保障をつけずとも、もっとより広い範疇の疾病をカバーしてくれる収入保障保険や特約も存在しますので、慌てて選択する必要は、あまりありません。

それよりも、全額自己負担となっている先進医療などに特化していることを重視した方が、満遍ないバックアップが期待できます。

あいおい生命の資料請求はこちら!

特定疾病保障終身保険

悪性新生物(ガン)/急性心筋梗塞/脳卒中に罹患した際に、一時金と言う形で、医療費や生活をフォローアップしてくれるのが、特定疾病保障終身保険です。

それでは、その内容を見てまいりましょう。

 

しくみ

悪性新生物(ガン)/急性心筋梗塞/脳卒中を一生涯保障してくれるシステムで、保険料払込期間満了後であれば解約返戻金がより多く受け取れます

 

 

特徴

それでは、特約も含めた特徴を見てまいりましょう。

特徴1 約款所定の悪性新生物(ガン)/急性心筋梗塞/脳卒中で一時金が受け取れる
約款所定の悪性新生物(ガン)/急性心筋梗塞/脳卒中により、所定のいずれかの状態になった時、特定疾病保険金が受け取れる。
特徴2 万一のとき、保険金を受け取れる
約款所定の悪性新生物(ガン)/急性心筋梗塞・脳卒中にならずに、死亡した時には死亡保険金を、約款所定の高度障害状態になった時には高度障害保険金が受け取れる。
特徴3 急な出費に備えることができる
急に資金が必要になった時には、解約返戻金の一定の範囲内で資金を借り入れることができる「契約者貸付」を利用可能。解約の場合、契約の年齢/経過年(月)数等に応じた解約返戻金が受け取れるが、短期間で解約した場合、解約返戻金は0円ないしわずか。
特徴4 契約者配当金の有無を選択出来る
契約者配当金はないが、その分保険料の負担が割安。
特徴5 5年ごと利差配当付特定疾病保障終身保険
責任準備金等の運用益が予定した運用益をこえた場合に、契約後6年目から5年ごとに契約者配当金を受け取れる。*特定疾病保障終身保険の支払事由に該当した保険金を受け取った場合や、解約された場合、契約は消滅し以後の保障はなくなる。特定疾病保険金/死亡保険金/高度障害保険金は重複して受け取れない。

受取例

ここで下記事例に関しての受取例を、見てまいりましょう。

特定疾病保障終身保険 無配当
ご契約年齢・性別:30歳
男性 保険金額:500万円
保険期間:終身
保険料払込期間:60歳満了
月払保険料(口座振替):15,515円

 

解約返戻金の一定の範囲内で資金を借り入れることができる「契約者貸付」は実にユニークな特約だと言えるでしょう。

高額医療費に関する注意点
所定医療機関で治療を行っている場合、事前に借り入れが可能な高額療養費支払貸付や高額医療費貸付制度、窓口支払額を逓減できる限度額適用認定証などの救済措置が公的健康保険制度にも備わっています。

公的制度を出来得る限り活用し、そこからはみ出してしまう部分をフォローアップするように組み立てる事を、おすすめいたします。

保険料例

それでは具体的保険契約を参考に、保険料を算出してみましょう。

保険料は公式サイト内でシミュレーションが可能なので、是非活用下さい。

三大疾病に備える保険は、各商品によりその特徴が大きく異なる為、一括での比較が難しい商品です。

また、三大疾病に備える保険は、他の種類の生命保険よりも、保険金支払い条件が厳しく設けられています。

それでも備えておきたい場合は、各商品の支払条件を比較検討し、自身のライフプランへの必要性を、慎重に検討してからにしましょう。

あいおい生命の資料請求はこちら!

生命保険の動向

保険の未来のイベントとして、2018年4月に責任準備金の計算基礎となる「標準生命表」の改訂が予定されています

この改定が実施されると、長寿化に伴う死亡率の低下が「標準生命表」に反映されることとなり、下記の2つの現象が起こりうるとされています。

「標準生命表」の改訂で起こりうる現象
  1. 定期/収入保障保険などの掛捨て型の死亡保険は、月々の保険料が低減される見込み
  2. 長寿高齢化により医療/介護リスクの増大が避けられないことから、医療/介護保険は、月々の保険料が増額される見込み

すでに直近で予測されるこれらの状況を踏まえ、お手元の生命保険の見直しや、新規加入の検討が必要です。

医療or介護保険を検討するなら、保険料増額前に

掛捨て型の死亡保障なら、保険料値下げを機に再検討を

備えあれば憂いなしの生命保険と言うツールだからこそ、市場動向の把握と情報収集が必須とされることを、常に念頭に置いて置きましょう。

トレンドになっている生命保険

それでは生命保険で、トレンドとなっている商品に着目してまいりましょう。

要介護Ⅰからフォローの介護保険

まずHOTなのは、要介護Ⅰから患者含め、そのご家族を支援してくれる介護保険です。

従来の介護保険での保障対象として認められていたものは、要介護Ⅱからがその大半を占めていました。

この要綱に満たない多くのご家族が、心身・経済面共に苦境を強いられていたのです。

そんなニーズに応える商品として、下記のようなラインナップが誕生しています。

精神疾患保障

近年における患者数の多い疾患としては、うつ病/認知症などが著しい上昇傾向を見せています。

こうした精神疾患に特化した保険商品として、メンタル疾患を特約付加出来る保険が誕生しました。

保険商品の中でも家計を担う大黒柱の万が一に備える「就業不能保険」がありますが、実は精神疾患は対象外とされているので、こういった場合は助けにはなりません。

精神疾患は治癒や寛解まで、長期にわたる治療が必要とされているので、この部分のフォローがなされると言うのは非常に心強くあります。

 

 

ワンコイン保険

既存の保険に上乗せで加入することで、ピンポイントのフォローアップが可能となるのが、ワンコイン保険です。

月々ワンコイン=500円で公的医療費では不足しがちな部分に対策が出来るようになるばかりではありません。

公的医療保険では実費となっている先進医療にも対応しているので、少額で大きな安心を得られる商品として、注目が集まっています。

商品名

(保険会社名)

保障内容 契約年齢 保険期間 保険料

Link x coins

(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)

先進医療給付金(通算2,000万円まで)

先進医療一時金(1回につき5万円)

臓器移植医療給付金(1回1,000万円まで)

20~69歳 1年 月々500円
患者申出療養サポート 患者申出療養給付金(限度額1回1,000万円、通算2,000万円まで) 0~80歳 5年 月々400円

実質保障保険

一般的な医療保険は、入院日額タイプが大半を占めますが、近年の医療技術の発達で、従来よりもその入院期間は、格段に短期化しています。

それを受けて登場したのが、実質保障タイプの医療保険です。

これは医療費3割自己負担分がそのまま保険金としてカバーされるため、入院時にかかった費用全てがフォローアップされるようになっています。

商品群はいずれも定期保険である為、月々の保険料が割安になっているのも、大きなメリットの一つだと言えるでしょう。

ここでもいくつかの保険商品を、ご詳細しておきましょう。

商品名

(保険会社名)

発売時期 特徴

ネオDeちりょう

(ネオファースト生命)

2016/3

外来手術も保障

満期までに給付金の支払われる入院がなければ、無事故給付金の受領可

じぶんへの保険プラス

(ライフネット生命)

2012/10

入院前後の一定期間、外来医療費の実費の半額分を保障

がん診断/治療で一時金の受領可

みんなの健保2

(富士火災海上保険)

2010/12 入院諸費用保険金の基本保障で、差額ベッド代/ホームヘルパー費用などを保障

あいおい生命の資料請求はこちら!

第三分野生命保険

現在最も着目されているのが、第三分野と呼ばれる保険です。

いわゆる生存中に活用できるタイプの保険で、様々な疾病への医療行為が日々進歩している中、万が一の疾病やケガに備えることを目的とされています。

その種類は顧客ニーズにより非常に多彩。

先進医療に特化したものや、疾病やケガで就労につけなくなった場合の収入フォローに特化したもの、女性特有の疾病に特化したものなどがあり、入院/手術などの医療費をサポートしてくれる点が人気となり、加入率が上昇している商品です。

 

 

まずは分野別に分かり易く図解をすると、下記のようにその扱い元が大別されます。

第一分野生命保険 生命保険会社扱い
第二分野損害保険 損害保険会社扱い
第三分野医療保険 制目保険/損害保険会社扱い

ここで、従来の生保/損保の取り扱い商品を、おさらいしておきましょう。

生命保険会社扱い 損害保険会社扱い
定期保険 火災保険
終身保険 障害保険
養老保険 賠償責任保険
学資保険 自動車保険

このように保険の取り扱いは、厳密に決められており、それぞれを侵してはならないように制定されていました。

そんな中、規制緩和により子会社を設立した上であれば、医療保険が生保/損保共に取り扱えるようになりなした。

これにより競争が一段と激化し、私たちユーザー側の選択肢が増え、よりカスタマイズしやすくなったのは、まさに朗報だと言えるでしょう。

あいおい生命の資料請求はこちら!

医療保険とは

さて、第三分野保険である医療保険と一口に言っても、実は公的医療保険と、私的医療保険が存在します。

まず公的医療保険ですが、大きく分けて、「社会保険」「国民健康保険」の2種類が存在しており、風邪やケガなどで受診した場合などに活用されているので、比較的身近に感じられる制度となっています。

お手元の健康保険証を見ていただくとお分かりのように、公的健康保険は下記の4種類があります。

国民健康保険 ①国民健康保険被保険者証 世帯主
②国民健康保険被扶養者証 扶養家族
社会保険 ③健康保険被保険者証 被保険者
④健康保険被扶養者証 扶養家族

この制度加入により、医療費の自己負担額が減ったり、様々な保障を受けられるようになっています。

しかしながら、医療費全額に対応しているわけではなく、いくつかの条件や補填される医療費の上限が設けられているので、闘病に際しては、自己資金を必要とする場合があります。

次に私的医療保険ですが、これは民間の生命保険会社の販売する医療保険を契約し私的に備えるものです。

治療方針や入院/通院日数次第では、「公的保障制度+自己資金」では対応しきれない部分が出てしまう場合があります。

そこで、バックアッププランとして活用されるのが、民間保険会社による、生存中に活用出来る医療保険です。

治療を目的とした疾病/ケガで入院した場合に、費用などを保障する保険として特化しているので、公的医療制度では賄いきれない、医療費に対する備えが出来るようになっています。

 

医療保険のしくみ

さて、前章にてご説明した通り、公的医療保険制度だけではすべての疾病やけがに対応しきれないので、私的医療保険への加入が、重要となってまいります。

そんな私的医療保険ですが、その種類は大きく分けて、下記の様な契約に基づき構成されています。

分類  概略  イメージ図 被保険者 保険者 給付事由
終身医療保険 一生涯続く医療保険
加入時の保険料が継続される
 
保険会社の加入条件を満たせば、誰でも契約可能
保険会社
保険会社の規定によるが、治療を目的として疾病/ケガで入院/手術した場合
定期医療保険 一定期間だけ医療保障が必要とされる際に活用される
定期見直しが可能なのでライフプラン変更に対応しやすい
文字通り掛捨て型なので、保険料が割安
契約満了後の更新はその時点の年齢で再計算されるため、保険料が上がる
  
女性保険 一般的な疾病/けがの入院手術に対応しているのは勿論のこと、女性に多く見られる、乳がん/子宮筋腫/子宮がん/子宮・卵巣に関わる疾病に手厚い  
引受基準緩和型保険 契約条件を緩和し、持病や既往歴があっても加入しやすい
契約から一定期間の保障が減額されたり、通常より保険料が高い
 
就業不能保険 割安に高額死亡保障を確保しつつ、疾病などによる就業不能のリスクにも対応

これらの大まかな契約のみならず、近年ではより多様化したニーズに応えるべく、がん/三大疾病/五大疾病/七大疾病/先進医療といった具合に、様々な付加特約が展開されています。

そんな特約のあれこれを、次章にて見てまいりましょう。

特約とは

従来生命保険は

「主契約 + 特約」

と言うスタイルとなっており、いわゆるオプションと考えていただくと分かり易いのが特約かと思います。

主契約だけでは不安な部分をフォローすべく誕生したシステムで、保険商品により、その種類や内容は様々です。

幅広い選択肢が用意されているので、私たちユーザーは自身の保険契約内容を、自分メイドにカスタマイズ出来るので、大変活用度の高いシステムです。

しかしながら、闇雲に特約を付加してしまうと、当然月々の保険料は上昇しますし、現在加入中の保険契約のフォローアップ部分と重複してしまう可能性もあります

本当にその特約を付加すべきか否か、きちんと精査をして契約に臨みましょう。

種類と特徴

特約付加の可否は、商品ごとに異なりますので、契約に際しては注意が必要です。

それではここで、主な特約を見てまいりましょう。

 

一定期間の死亡保障を厚くする特約
定期保険特約 ・死亡/高度障害時に保険金の受取可で、保険期間は一定
・満期保険金無し
・保険金額が変動しない定額タイプ、一定期間ごとに保険金額が減少する逓減定期保険特約、保険金額が上昇する逓増保険特約などがある
家族定期保険特約 ・主契約者被保険者の家族を保障する特約
・被保険者として定めた家族が死亡/高度障害に陥った場合に保険金が受け取れる
収入保障特約
・契約者の死亡/高度障害の時に、保険金を年金形式で受け取れる。年金回数があらかじめ決まっているものと、契約時に定めた満期まで受け取れるタイプとがあり。
特定疾病(三大/五大/七大疾病)保障特約 ・所定の疾病に罹患し、所定の状態に陥った時に保険金が受け取れる。定期/終身の2種類あり。
不慮の事故による死亡・障害状態に備える特約
災害割増特約 ・不慮の事故、または所定の感染症で死亡した場合、死亡保険金に上乗せされた災害死亡保険金が受け取れる。
障害特約

・不慮の事故、または所定の感染症で死亡した場合、死亡保険金に上乗せされた災害死亡保険金が受け取れる。不慮の事故で所定の障害状態になった際、その障害の度合いに応じて、障害給付金が受け取れる。

入院/手術/通院など疾病やケガの治療全般に備える特約
疾病入院特約 ・疾病により入院した場合、入院給付金が受け取れる。また不慮の事故で所定の手術を受けた場合、手術給付金が受け取れる。
災害入院特約 ・不慮の事故で長期入院を余技なくされた場合、入院給付金が受け取れる。
長期入院特約

・疾病/不慮の事故で長期入院をした場合、所定の入院給付金が受け取れる。日数は契約内容により異なる。(例:125日以上  180日以上など)

通院特約 ・入院給付金対象にあたる入院をし、退院後にその直接原因となった疾病/けがの治療を目的に通院した場合、通院給付金が受け取れる
特定の疾病や損傷の治療に備える特約
成人病(生活習慣病)入院特約 ・ガン/脳血管疾患/高血圧疾患/糖尿病のいずれかで入院した場合に、入院給付金が受け取れる。これらの疾病で手術を受けた場合は、手術給付金が受け取れるものもある。
女性疾病入院特約 ・女性特有の疾病/発生率の高い疾病(子宮/乳房/甲状腺障害など)で入院した場合に、入院給付金が受け取れ、これらの疾病で手術を受けた場合は、手術給付金が受け取れるものもある。
特定疾病(三大疾病)保障特約 ・ガン/急性心筋梗塞/脳卒中に罹患し、所定の状態に陥った場合、または死亡/高度障害の場合に保険金が受け取れる。定期型と終身型があり。
ガン入院特約 ・ガンで所定の手術をした場合には手術給付金、がんと診断された場合に診断給付金、死亡時には死亡保険金が受け取れる。
特定損傷特約 ・不慮の事故により骨折/脱臼/腱の断裂で治療をした場合に、給付金が受け取れる。
その他の特約
介護特約 ・寝たきりや認知症により要介護状態に陥った場合かつ、その状態が規定の期間継続した場合、一時金や年金が受け取れる
リビングニーズ特約 ・原因に関わらず余命6カ月以内と診断された場合に、死亡保険金の一部または全部を生前に受け取れる。

ご覧いただきましたように、実に様々なバリエーションが存在することが、ご理解いただけたかと思います。

あもこれもと考えがちですが、自身のライフプランニングに本当にその特約が必要か、保険料を払い込み続ける経済的体力があるかなど、きっちりと精査する必要が高いのが、特約です。

あいおい生命の資料請求はこちら!

【訪問・店舗型別】生命保険を選ぶ時のおすすめ保険相談窓口6選!

もうすでに各種生命保険に加入しているけれど、そろそろ見直しを考えたい。

あるいは、まだ生命保険には入っていないけれど、どこの保険会社のどの商品を選べば良いのか分からない。 そんなあなたに、保険の相談窓口をおすすめします! Science exploration 現在数え切れないほど多くの保険会社と商品がある中、ご自身やご家族に合ったものを調べて選び、比較検討するのは至難の技

健康や体と同じくらい大切なあなたの「時間」も有効活用しませんか?

今なら保険の相談をしてアンケートに答えるだけ保険に加入しなくてもOK!)で豪華なプレゼントが貰えるチャンスが沢山! このお得な機会を是非見逃さないで!

訪問型無料相談

保険の無料相談には、訪問型店舗型の2種類があるのをご存知ですか?

訪問型は、主に以下の項目に当てはまる方々にぴったり寄り添ってくれますよ!

訪問型の相談に向く人
  • 仕事が忙しくてなかなか時間がとれない
  • 妊娠中や小さな子どもがいて遠出が難しい
  • とれる時間が不規則で予測がつくのが直近になる
  • 近くに店舗型の相談所が無い、あるいは調べるのが面倒
訪問型の無料相談は、あなたの求める場所と時間にプロが足を運んでくれる優れもの。

近くのカフェや喫茶店、ファミレスなど勝手を知る場所を指定できるのもメリットになりますね!

訪問型おすすめランキング1位 保険見直しラボ

新しく保険に加入するor保険を見直すなら人気の高い保険見直しラボがおすすめ!

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約30社とトップクラス
  • 競合他社の中ではNO.1のベテランFP揃い
  • 何度でも無料で相談できる
保険見直しラボは、全国に約60拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店

「訪問型」なのでお客様のご希望の場所に、平均業界歴11.8年のベテランFPが来てくれます!

取扱保険会社数は約30社と、他保険代理店と比べてもダントツの多さ相談は何度でも無料なので、保険見直しラボなら自分にぴったりの保険をオーダーメイドできますよ!

保険見直しラボ公式HPはこちら

保険見直しラボキャンペーン

保険見直しラボでは保険の相談後にアンケートを答えるだけで、「ゆめぴりか」or「宮崎県産熟成牛タン」or「高級雪室熟成豚」or「タイ料理ペースト」or「アルガンオイル」or「日本一醤油セット」or「DALLOYAUのマカロン」のいずれかをもれなくプレゼント

キャンペーン詳細はこちら

訪問型おすすめランキング2位 保険コネクト

保険の悩みをプロに相談したいと考えている人は保険コネクトの利用をおすすめします。

保険コネクトの特徴
  • 2500人以上のプロが全国各地で対応
  • 経験5年以上等の評価項目を満たす優秀なFPのみ
  • お得な「優待サービス」1年間プレゼントキャンペーン中
保険相談した人の約90%が「満足した」と回答している保険コネクト。

全国各地にいる厳選した2500人以上のFPと提携しており、しつこい営業行為の禁止相談者からの評判が悪いFPへの紹介禁止などと、FPに関する厳しいルールを設けています。

保険コネクトでの相談はもちろん完全無料

保険コネクト公式HPはこちら

保険コネクトキャンペーン

保険コネクトでは今なら保険相談完了後にアンケートに回答するだけで、30.000種類以上のサービスをお得に受けられる「優待サービス」を1年間無料で利用できるプレゼントキャンペーンを実施中!

キャンペーン詳細はこちら

訪問型おすすめランキング3位 保険マンモス

保険マンモスは、保険会社に属さないアドバイザーによるお客様の「保険料節約」と「保障の充実」を両立させるための無料面談サービスを全国展開。

保険マンモスの特徴
  • 数十社の保険会社の商品から厳選して保険を提案
  • 押し売りは一切なしで、顧客満足度95%!
  • 日経BPコンサルティング 3部門で1位獲得!

【部門】 FPが信頼できる! FPの対応が丁寧! FPの知識が豊富!

日経BPコンサルティングの「FPの質」に関する調査で1位を独占!(調査期間:2015年8月21日~2015年8月30日 回答者数:988件) 実務経験が豊富(平均5年)で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍。

FPの専門知識&スキルを数値化し、サービス品質の向上に努めているところも保険マンモス利用者が安心して満足を得られる秘訣!

保険マンモス公式HPはこちら

保険マンモスキャンペーン

さらに今なら保険マンモスではキャンペーン実施中! 無料相談後のアンケートに回答するだけご家族全員分の黒毛和牛(A5クラス)が必ずもらえます。

おすすめしてもらった保険に入らなくても家族分のお肉が貰えるので、この機会を逃すわけにはいきませんね!

キャンペーン詳細はこちら

訪問型代理店を表で徹底比較

▼スマホは比較表を横スライドできます

代理店名 公式 特徴 取扱数
保険見直しラボ ●全国に約60拠点展開 ●平均業界歴11.8年のベテランFP ●選べる6つの嬉しいプレゼント!

30社

保険コネクト ●経験5年以上等の評価項目 ●2500人以上が全国で対応 ●1年間無料可能な優待サービスキャンペーン中!

44社

保険マンモス ●AFP・CFP・MDRTなどの有資格者多数在籍 ●日経BPコンサルティング 3部門で1位獲得 ●ご家族全員分のA5クラス黒毛和牛が必ず貰える!

22社

松葉直隆

約30社の保険の取り扱いがあり、キャンペーンも充実している保険見直しラボがおすすめです!

訪問型無料相談の注意事項

あなたの都合に合わせてくれる力強い味方である訪問型の無料相談ですが、カフェやファミレスを利用する際に注意すべきことがいくつかあります。

見落としがちな注意点を以下にまとめましたのでご覧ください。

注意事項
    1. 騒がしくならず、混雑しがちな時間は避ける
    2. 資料を広げたりプライバシーに関わる話が出るためテーブルの大きさやレイアウトを考慮する
    3. 自分が注文した飲食代は自分で払う

特にファミレスを利用する方は、テーブルは広くて良いですが騒がしい時間帯になると声が聞き取りづらくなったりすることも。

逆にカフェや喫茶店だと2人席に通されるとテーブルも狭くなったり、また隣の席との距離感が近くて個人情報が筒抜けの気分になる気がして落ち着けないかもしれません。 こういったことも考慮して、融通がきく場所を選ぶことができたら質の良い相談ができることと思います。

また、飲食代を出されてしまうと気まずさを覚えたりすることもありますから、ここは貸し借りなしで自分で支払うと良いですね!

訪問で一番人気の保険見直しラボの公式HPこちら

店舗型の無料相談

テレビのCMなどでお馴染みの店舗型の無料相談は、ご自身でその店舗の所在を調べて出向くかたちになります。

店舗型は、ご自身の自宅近くに所在がある場合は申し込みをする必要もない場合もあり、気軽に来店できるのが魅力的。

小さいお子さんがいる方にはキッズスペースが確保されている店舗も多いのもメリットになる部分でしょう。

店舗型おすすめランキング1位 保険見直し本舗

100万件の相談実績を持つ大手保険ショップの保険見直し本舗は、店舗型でありながら訪問も可能で柔軟性◎。

提携している保険会社数が40社以上なのは代理店トップクラス!

取扱会社が多ければ多いほど、必然的に自分にぴったりの保険を見つけやすくなりますよね。

保険見直し本舗の特徴
  • 契約実績100万件を突破!
  • 提案から加入手続きを経てアフターフォローまでしっかりサポート
  • しつこい勧誘は営業方針として禁止している

保険見直し本舗の相談実績は、日本で最初に出来た保険ショップである「保険クリニック」の3倍以上の100万件!

全国に253店舗(2018年11月現在)すべてが直営店

保険相談だけでなくサービスやコンサルティング料も全て何度でも無料保険見直し本舗がユーザーに選ばれ続ける理由を是非体験して下さい!

保険見直し本舗公式HPこちら

店舗型おすすめランキング2位 保険相談ニアエル (旧ライフル)

保険相談ニアエル(旧ライフル)は、それ自体が特定の保険ショップを運営している訳ではなく、全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。

全国に1200以上の店舗と提携しているため、どこを選べばいいか悩む方には「おまかせ予約」というサービスも用意されており、最短1時間でピッタリな保険ショップ探してくれます。

保険相談ニアエルの特徴
  • 全国に1200店舗以上のショップと提携
  • 希望すれば女性スタッフを優先的に選択することが可能
  • しつこい勧誘は担当者変更や他措置も取られるため安心
そのため、HPでは保険ショップごとに女性スタッフやキッズスぺ―スの有無など、店舗情報も細かく確認することが可能。

保険相談ニアエル(旧ライフル)では保険相談所の主要な店舗はしっかり提携を結んでおり、この掲載店舗数は業界No.1の数字です。

保険相談ニアエル公式HPこちら

店舗型おすすめランキング3位 保険クリニック

保険クリニックは、全国に約190店舗展開する保険の代理店で、約20年の歴史がある老舗代理店です。

取り扱っている保険会社数は41店舗(2019年1月現在)、大手保険会社の生命保険はほぼカバーしているので頼もしいですね。

保険クリニックの特徴
  • アフターサービスまであり、一生涯のサポートを受けられる
  • 専門のコンサルタントは5つのマスター資格(家計・住宅ローン・介護・相続・年金)を所持
  • キッズルームが用意されている店舗が多い
保険クリニックは、何といってもアフターサービスがあることが強みだと言えます。

相談して終わりではなく、その後についても一生涯サポートしてくれる体制があるのは心強いですよね。

保険クリニックの公式HPこちら

店舗型代理店を表で比較

▼スマホは比較表を横スライドできます

代理店名 公式 特徴 取扱数
保険見直し本舗 ●店舗型でありながら訪問も可能 ●全国に253店舗(2018年11月現在)すべてが直営店 ●契約実績100万件を突破!

40社

保険相談ニアエル(旧ライフル) ●全国に1200店舗以上のショップと提携 ●保険代理店掲載数はダントツNo1 ●女性スタッフやキッズルームなど詳細選択可

 

保険クリニック ●全国に約190店舗展開 ●アフターサービスありで一生涯のサポート ●キッズルーム保持店舗が多く訪問サービスも充実

41社

松葉直隆

CMでもおなじみの保険見直し本舗は店舗数も多く、最寄りに店舗がない場合は訪問対応もしてくれるのでおすすめです!

面倒でも、可能な限り複数の無料相談所を利用するべき!

さて、ここまで無料の保険相談所をご紹介して参りましたがいかがでしょうか。 保険会社や保険商品と同じで、保険の代理店もたくさんあって迷ってしまう方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、保険の代理店は保険に加入しなければいけないわけではないため、構えず、気軽に考えて◎。 そして、可能ならば1つの代理店ではなく複数の代理店で相談を受けてみましょう

複数人に担当してもらうメリット

保険に限らずどの業界でも同じことが言えますが、担当してもらう人の質はやはり運という部分も無きにしもあらずです。

保険に限って言えば、保険の相談を何年もしてきている人もいれば、経験の浅い新人に担当される場合もあるでしょう。 こればかりは仕方がないことでもありますので、時間が許す限り、様々な代理店で相談をしてみることに損はありません。

複数の商品を知れるメリット

さらに、担当して下さる方によってはあなたに勧めてくる保険の商品も異なってくる可能性も十分にあります。

しかし、保険会社や保険商品は今や五万とある時代。 同じ商品を勧めて来られるほうが稀かもしれません。 ここでは色んな商品を知ることができるキッカケでもありチャンスでもあります。

勧めて来られるからには理由があります。 あなたにとってのベストな選択肢が増えることはメリットでしかないでしょう。

長い付き合いになる保険会社と商品とのお付き合い。

損をしないためには、少なくとも2つから3つの代理店に相談をして、比較することができるとなお良いでしょう。

一番おすすめな保険見直し本舗公式HPこちら

まとめ

いかがでしたでしょか。

私たちはつい、CMなどで露出度の高い生命保険会社に、その信用を置きがちですが、

広告などへの露出度 = 優秀な保険会社

と言う訳ではないことが、ご理解いただけたのではないかと思っております。

広告などへの露出度 ≠ 優秀な保険会社

この図式を見事に体現しているのが、あまり認知度が高いとは言えない、三井住友海上あいおい生命です。

対外的評価もきちんと受け、健全経営を行い、魅力的で多彩な保険商品や特約を展開していることが、今回の記事でご理解いただけたことだと思います。

保険商品の選択は、あくまでも自身のライフプランに沿った、自分自身の決断がものを言います。

客観的な視線は、より多く、より的確な情報収集から生まれます。

その視線を得た上で、自身のライフプランに投じるべき保険商品の選択眼をお持ちいただくのに、今回の記事をお役に立てていただければと思います。

あいおい生命の資料請求はこちら!

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
いいとこ取りオーダーメイド保険 今なら無料相談で仙台熟成牛タンがもらえる!! 公式HP
『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る