無料保険相談のおすすめは?40人以上の口コミから分析した比較ランキング

記事監修者紹介
松葉 直隆
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

「保険の無料相談サービスを利用したいけど、どこがおすすめなのか分からない…」

今回はそんなあなたのために、40人以上の口コミから分析した比較ランキングをご紹介!

保険の新規や見直しの際に、本当におすすめできる無料保険相談を徹底調査いたしましたので、是非最後までお読みください。

この記事でわかること
  1. 無料保険相談の口コミランキング
  2. 無料保険相談のカラクリとおすすめ理由
  3. 保険相談で損をしないための3か条
ざっくり言うと…
  • 保険の相談窓口とは、複数の保険会社の保険を取り扱う保険代理店。保険のプロに無料で、自分に最適な保険を選んでもらえる
  • 40人以上の口コミを分析した結果、おすすめの無料保険相談窓口は、保険見直し本舗保険見直しラボ保険コネクト
  • 保険見直し本舗は全国に203店舗、取扱い保険会社数40社以上!店舗型と訪問型を兼ね揃え、契約実績100万件を突破!

保険見直し本舗の公式サイトはこちら!

保険見直し本舗公式HPはこちら

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
保険ショップ掲載店舗数No.1! 日本全国対応!あなたの近所の店舗を探してみましょう! 公式HP

40以上の口コミを元に!おすすめ無料保険相談ランキング

さっそくですが、保険の無料相談について40人以上の口コミを分析した結果をランキング形式で、上位3位までを紹介します。

∟保険見直し本舗

第1位は、100万件の相談実績を持つ、大手保険ショップの保険見直し本舗です。

タレントを起用したCMで知った方も多いのではないでしょうか?

保険見直し本舗の口コミ

そんな保険見直し本舗の、口コミを集めさせていただきました。

保険見直し本舗の良い口コミだけでなく、悪い口コミも紹介します。

良い口コミ

利用者

自分たちでも調べてから来店しましたが、更に選択肢を出してくれて助かりました。

また、他の保険も紹介してくれたので、今後の保険選びに役立ちます。
自分たちでも調べてから来店しましたが、更に選択肢を出してくれて助かりました。

また、他の保険も紹介してくれたので、今後の保険選びに役立ちます。
今までの保険会社では、ざっくりとした話しか聞けなかったのですが、実際にかかる医療費等について教えてもらったので、適正な保険金額がある程度、分かりました。

助かりました。
特定の保険をセールスする感じではない点が話やすかった。
家庭全体での必要額を踏まえ、現在加入の保険を診断してもらった点に満足しました。

いい保険はそのままに足りない面の提案をしていただけ参考になりました。
入り口に面している場所だったので、もう少し個室的な空間があればゆっくりと相談がしやすかったです。

悪い口コミ

利用者

身だしなみや応対はよかったと思います。

聞きたいことがあまり聞けず、一方的に話された印象でした。

質問下手なのもありますが、先にどんな疑問があるのか聞いて欲しかったです。
相談の満足度保険の基礎はとてもよく分かりましたが、それで時間がなくなり、肝心の聞きたい事がほとんど伺えませんでした。
アクセスビルの入り口がすぐに分かりませんでした。

でも駅近いので便利だと思います。
予約した時間に行きましたが前の相談者の方が終わらず待たされたので、余裕を持って予約を受けた方が良いと思います。

申し込み後、連絡していたけるとの話をもらったのですが、特に連絡がありませんでした。

保険見直し本舗の特徴3つ

保険見直し本舗の悪い口コミや評判は本当でしょうか?

ここでは、保険見直し本舗の特徴を3つ紹介します。

40社以上の中から自分にぴったりの保険を提案してくれる

保険の見直し本舗では、40社以上の保険会社と提携しています。

保険見直し本舗は保険販売代理店なので、自社の保険商品を販売するわけではありません。

1人1人の要望やライフプラン、家族状況などを元に、さまざまな保険を比較・検討して最適な保険プランを提案してもらえます。

40社以上の保険会社と提携しているところは、保険クリニック(日本で最初の保険ショップ)くらいしかありません。

取扱会社が多ければ多いほど、自分にぴったりの保険を見つけやすくなります。

契約実績100万件以上

保険見直し本舗は、契約実績が100万件を突破し、日本で最初の保険ショップである保険クリニックの相談実績の3倍以上もあります。

提案からその後の加入手続きやアフターフォローまで、しっかりサポートする対応の積み重ねが評価され、後から登場した保険見直し本舗の契約実績100万件以上に至るまで人気になりました。

無理な勧誘は一切ないから安心

保険見直し本舗では、無理な押し売りは営業方針として禁止されています。

「何度も断らなければならないような、しつこい保険の勧誘電話がかかってくることなどはありませんのでご安心ください。」

と公式ページに記載してある程です。

何回でも無料で相談できますし、保険加入時や加入後のアフターフォローも無料で対応してもらえます。

保険見直し本舗公式HPはこちら

∟保険見直しラボ

第2位は、『保険見直しラボ

さっそく保険見直しラボの口コミを見ていきましょう。

保険見直しラボの口コミ

20代女性 主婦

「毎月の保険料が1万円も安くなった!」

子供の教育資金に夫の万が一の備えは充実させたい。でも保険料の負担は減らしたい。

無理な相談かなと思っていたのですが、提案いただいた内容はとても納得できて、しかも保険料まで下がって、相談して大満足でした。

出典:保険見直しラボ

30代女性 会社員

「保険への不安がなくなり、納得の保険に。」

保険とはどのような仕組みなのかという初歩から教えていただき、保険に対する不安感がなくなりました。

最後まで親身に相談してくれたので、納得のいく保険に加入出来たと思います。

出典:保険見直しラボ

30代女性 主婦

「最高のコンサルタントに出会えました。」

相談するのは初めてで、最初はどんな方が来るのか心配でした。実際にお会いすると、雰囲気、身だしなみなど、とても印象が良かったです。

お話しがとても分かりやすく、何度も質問しましたが、少しも嫌な顔せず、説明してくださいました。

出典:保険見直しラボ

「たくさんの人におすすめしたい!」

お金に関する知識が豊富でなんでも相談でき、悩んでいる時も、ガツガツした営業をされることもなく、じっくりと検討出来てとても安心しました。

両親も保険を見直すタイミングが来ていたので、すぐに連絡を取り、相談をお願いしました。

保険見直しラボの特徴5つ

次に、さらに詳しく保険見直しラボの特徴を見ていきたいと思います。

約30社の中からぴったりの保険を紹介

保険見直しラボは約30社の保険会社と提携しているため、その約30社の保険をその場で比較し、自分にピッタリの保険を紹介してもらえます。

少ないところでは10社以下の保険しか取り扱っていないところもあるので、保険の取り扱いが少ないサービスよりも、約3倍も多い可能性があります。

担当の質が高い

他の保険相談サービスでは、どうしても入ったばかりの経験の浅い社員にあたるケースがあります。

しかし、保険見直しラボでは、

  1. 平均経験年数11.8年
  2. 全員が28社全ての保険商品を扱うことができる

と、経験豊富なプロフェッショナルが揃っています

利用満足度93.2%!友人に紹介したい人は82.3%

保険見直しラボを利用した人のうち96.8%が満足、友人や知人に紹介したい人は82.3%というアンケート結果がでています。

  • 何回でも相談が無料
  • 他で断られた人も相談可能
  • 無理な勧誘は禁止されているから安心

とお客様に寄り添った姿勢が、満足度93.2%に繋がっているんですね。

選べる豪華なプレゼントキャンペーン

選べるプレゼントキャンペーンを、期間限定で実施中です。

最新のキャンペーンについては公式サイトでご確認ください。

※キャンペーンの画面が表示されていれば、大丈夫です。保険の加入は必須ではないので、相談だけでもらえちゃいますよ!

何度でも無料で相談OK!無理な勧誘は禁止されているから安心

保険見直しラボでは、何度でも無料で相談することができます

「イエローカード制度」で無理な勧誘は禁止されているから、安心して相談することができます。

加入後のアフターフォローも無料で行ってくれますよ。

保険見直しラボの公式HPこちら

∟保険コネクト

保険コネクト

第3位は、保険相談した人の約90%が「満足した」と回答している『保険コネクト』。

保険コネクトの実際の口コミはどのような感じなのでしょうか。

保険コネクトの口コミ

保険コネクトに対する口コミをご紹介いたします。

東京都 34歳 女性

漠然と保険料を安くしたいと思い相談してみたのですが、ご紹介頂いた店舗様に話しを聞いて、今まで全く保険のことを理解していなかったことに気付きました。また、たくさんの保険の種類から、独自の組み合わせで商品のご提案を頂き、以前よりもぐんと保険料を抑えることが出来ました!

出典:保険コネクト

北海道 28歳 男性

今まで、勧められるままに保険に加入していたのですが、来年子供が生まれるということもあり、保障内容や保険料が適切なのか急に不安になり相談しました。幸い、今の自分にはぴったりな条件だということが分かったのですが、相談することで今後の不安を払拭することができて本当によかったです。

出典:保険コネクト

大阪府 56歳 女性

今までわたしは、昔から付き合いのある友人が勤める保険ショップで契約をしていました。今回、このサイトでショップの違いで保障が大きく異なるということ知り、初めて他のショップへ相談したのですが、保険料をそのままに内容を充実させることができました!相談してみてよかったです。

出典:保険コネクト

愛知県 42歳 男性

いろいろな意味で節目を迎える歳に近づいてきているため、今後の人生設計にもっと保険を役立てることはできないかと思い相談しました。このサイトではいいショップをご紹介頂き、将来性の高い保険の設計が出来て満足しております。

出典:保険コネクト

保険見直し本舗の特徴3つ

保険見直し本舗の悪い口コミや評判は本当でしょうか?

ここでは保険コネクトの特徴を3つ紹介させていただきます。

4000種類ある保険から最適なプランを提案

保険コネクトなら、4,000種類あると言われている保険の中から、要望にあった最適な保険を早く探すことができます。

厳選されたFPの数およそ2,500人と提携

全国各地にいる厳選した2500人以上のFPと提携しており、

  • しつこい営業行為の禁止
  • 相談者からの評判が悪いFPへの紹介禁止

などと、FPに関する厳しいルールを設けています。

消費者側からすると、安心度合いが違いますね。

キャンペーン実施中!

今なら保険相談完了後、アンケートに回答するだけで、30,000種類以上のサービスをお得に受けられる「優待サービス」を1年間無料で利用できるプレゼントキャンペーンを実施中!

保険コネクトの公式HPこちら

【訪問型or店舗型別】保険を選ぶ時のおすすめ保険相談窓口6選

次に、訪問型と店舗型別におすすめの保険相談窓口をご紹介します。

Science exploration

現在数え切れないほど多くの保険会社と商品がある中、ご自身やご家族に合ったものを調べて選び、比較検討するのは至難の技

健康や体と同じくらい大切なあなたの「時間」も有効活用しませんか?

訪問型無料相談

保険の無料相談には、訪問型店舗型の2種類があるのをご存知ですか?

訪問型は、主に以下の項目に当てはまる方々にぴったり寄り添ってくれますよ!

訪問型の相談に向く人
  • 仕事が忙しくてなかなか時間がとれない
  • 妊娠中や小さな子どもがいて遠出が難しい
  • とれる時間が不規則で予測がつくのが直近になる
  • 近くに店舗型の相談所が無い、あるいは調べるのが面倒

訪問型の無料相談は、あなたの求める場所と時間にプロが足を運んでくれる優れもの。

近くのカフェや喫茶店、ファミレスなど勝手を知る場所を指定できるのもメリットになりますね!

訪問型おすすめランキング1位 保険コネクト

保険の悩みをプロに相談したいと考えている人は保険コネクトの利用をおすすめします。

保険コネクトの特徴
  • 2500人以上のプロが全国各地で対応
  • 経験5年以上等の評価項目を満たす優秀なFPのみ
  • お得な「優待サービス」1年間プレゼントキャンペーン中

保険相談した人の約90%が「満足した」と回答している保険コネクト。

全国各地にいる厳選した2500人以上のFPと提携しており、しつこい営業行為の禁止相談者からの評判が悪いFPへの紹介禁止などと、FPに関する厳しいルールを設けています。

保険コネクトでの相談はもちろん完全無料

今なら保険相談完了後、アンケートに回答するだけで、30.000種類以上のサービスをお得に受けられる「優待サービス」を1年間無料で利用できるプレゼントキャンペーンを実施中!

保険コネクトの公式HPこちら

訪問型おすすめランキング2位 保険見直しラボ

新しく保険に加入するor保険を見直すなら人気の高い保険見直しラボもおすすめ!

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約30社とトップクラス
  • 競合他社の中ではNO.1のベテランFP揃い
  • 何度でも無料で相談できる

保険見直しラボは、全国に約60拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店

「訪問型」なのでお客様のご希望の場所に、平均業界歴11.8年のベテランFPが来てくれます!

取扱保険会社数は約30社と、他保険代理店と比べてもダントツの多さ

相談は何度でも無料なので、保険見直しラボなら自分にぴったりの保険をオーダーメイドできますよ!

保険見直しラボの公式HPこちら

訪問型おすすめランキング3位 保険マンモス

保険マンモスは、保険会社に属さないアドバイザーによるお客様の「保険料節約」と「保障の充実」を両立させるための無料面談サービスを全国展開。

保険マンモスの特徴
  • 数十社の保険会社の商品から厳選して保険を提案
  • 押し売りは一切なしで、顧客満足度95%!
  • 日経BPコンサルティング 3部門で1位獲得!

【部門】

FPが信頼できる!

FPの対応が丁寧!

FPの知識が豊富!

日経BPコンサルティングの「FPの質」に関する調査で1位を独占!(調査期間:2015年8月21日~2015年8月30日 回答者数:988件)

実務経験が豊富(平均5年)で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍。

FPの専門知識&スキルを数値化し、サービス品質の向上に努めているところも保険マンモス利用者が安心して満足を得られる秘訣!

さらに今ならキャンペーン実施中!無料相談後のアンケートに回答するだけでご家族全員分の黒毛和牛(A5クラス)が必ずもらえる!

保険マンモス公式HPはこちら

訪問型無料相談の注意事項

あなたの都合に合わせてくれる力強い味方である訪問型の無料相談ですが、カフェやファミレスを利用する際に注意すべきことがいくつかあります。

見落としがちな注意点を以下にまとめましたのでご覧ください。

注意事項
  1. 騒がしくならず、混雑しがちな時間は避ける
  2. 資料を広げたりプライバシーに関わる話が出るためテーブルの大きさやレイアウトを考慮する
  3. 自分が注文した飲食代は自分で払う

特にファミレスを利用する方は、テーブルは広くて良いですが騒がしい時間帯になると声が聞き取りづらくなったりすることも。

逆にカフェや喫茶店だと2人席に通されるとテーブルも狭くなったり、また隣の席との距離感が近くて個人情報が筒抜けの気分になる気がして落ち着けないかもしれません。

こういったことも考慮して、融通がきく場所を選ぶことができたら質の良い相談ができることと思います。

また、飲食代を出されてしまうと気まずさを覚えたりすることもありますから、ここは貸し借りなしで自分で支払うと良いですね!

店舗型の無料相談

テレビのCMなどでお馴染みの店舗型の無料相談は、ご自身でその店舗の所在を調べて出向くかたちになります。

店舗型は、ご自身の自宅近くに所在がある場合は申し込みをする必要もない場合もあり、気軽に来店できるのが魅力的。

小さいお子さんがいる方にはキッズスペースが確保されている店舗も多いのもメリットになる部分でしょう。

店舗型おすすめランキング1位 保険見直し本舗

100万件の相談実績を持つ大手保険ショップの保険見直し本舗は、店舗型でありながら訪問も可能で柔軟性◎。

提携している保険会社数が40社以上なのは代理店トップクラス!取扱会社が多ければ多いほど、必然的に自分にぴったりの保険を見つけやすくなりますよね。

保険見直し本舗の特徴
  • 契約実績100万件を突破!
  • 提案から加入手続きを経てアフターフォローまでしっかりサポート
  • しつこい勧誘は営業方針として禁止している

保険見直し本舗の相談実績は、日本で最初に出来た保険ショップである「保険クリニック」の3倍以上の100万件!

全国に253店舗(2018年11月現在)すべてが直営店。保険相談だけでなくサービスやコンサルティング料も全て何度でも無料

保険見直し本舗がユーザーに選ばれ続ける理由を是非体験して下さい!

保険見直し本舗公式HPこちら

店舗型おすすめランキング2位 保険相談ニアエル (旧ライフル)

保険相談ニアエル(旧ライフル)は、それ自体が特定の保険ショップを運営している訳ではなく、全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。

全国に1200以上の店舗と提携しているため、どこを選べばいいか悩む方には「おまかせ予約」というサービスも用意されており、最短1時間でピッタリな保険ショップ探してくれます。

  • 全国に1200店舗以上のショップと提携
  • 希望すれば女性スタッフを優先的に選択することが可能
  • しつこい勧誘は担当者変更や他措置も取られるため安心

そのため、HPでは保険ショップごとに女性スタッフやキッズスぺ―スの有無など、店舗情報も細かく確認することが可能。

保険相談ニアエル(旧ライフル)では保険相談所の主要な店舗はしっかり提携を結んでおり、この掲載店舗数は業界No.1の数字です。

保険相談ニアエル公式HPこちら

店舗型おすすめランキング3位 保険市場

保険市場は、全国に直営店を12店、協力会社332店の合計344店を展開する大型保険相談窓口。

取り扱う保険会社数は83社にもおよび、相談後のアンケートによる満足度は驚異の96.6%

保険市場の特徴
  • 取扱い保険会社数83社
  • 店舗で相談に加え、訪問での相談も受け付けている
  • HPでは各種保険や保険会社の商品が詳細に説明されている

保険市場は保険の相談窓口を設けるのみでなく、ホームページにて保険の知識をとことん身につけることも可能。

保険料の比較や一括見積といった便利な機能も備えるため、一度サイトを見てみるのもアリですね!

面倒でも、可能な限り複数の無料相談所を利用するべき!

さて、ここまで無料の保険相談所をご紹介して参りましたがいかがでしょうか。

保険会社や保険商品と同じで、保険の代理店もたくさんあって迷ってしまう方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、保険の代理店は保険に加入しなければいけないわけではないため、構えず、気軽に考えて◎

そして、可能ならば1つの代理店ではなく複数の代理店で相談を受けてみましょう

複数人に担当してもらうメリット

保険に限らずどの業界でも同じことが言えますが、担当してもらう人の質はやはり運という部分も無きにしもあらずです。

保険に限って言えば、保険の相談を何年もしてきている人もいれば、経験の浅い新人に担当される場合もあるでしょう。

こればかりは仕方がないことでもありますので、時間が許す限り、様々な代理店で相談をしてみることに損はありません。

複数の商品を知れるメリット

さらに、担当して下さる方によってはあなたに勧めてくる保険の商品も異なってくる可能性も十分にあります。

しかし、保険会社や保険商品は今や五万とある時代。

同じ商品を勧めて来られるほうが稀かもしれません。

ここでは色んな商品を知ることができるキッカケでもありチャンスでもあります。

勧めて来られるからには理由があります。

あなたにとってのベストな選択肢が増えることはメリットでしかないでしょう。

長い付き合いになる保険会社と商品とのお付き合い。

損をしないためには、少なくとも2つから3つの代理店に相談をして、比較することができるとなお良いでしょう。

保険の相談窓口(代理店)ってそもそもどんな所?

保険相談をする場所として、代表的なものが保険の相談窓口、いわゆる保険ショップです。

保険ショップはその名の通り、保険商品を売っているお店です。

保険ショップには様々な特徴があるのですが、ここでは主なものをご紹介いたします。

保険の相談窓口(保険ショップ)とは

複数の保険会社の商品を取り扱っている

保険ショップは、最近出てきた販売チャネルの一つ。

これまで一社専属の保険代理店が多かったのに対し、保険ショップは、複数の保険会社を取り扱うことができます。

これによって、特定の保険会社だけではなく、多くの保険会社からより中立に商品を選ぶことができるのです。

そのため、

  • 死亡保険はA生命
  • 医療保険はB生命
  • がん保険はC生命

と保険会社にとらわれることなく、 保障ごとに異なる保険会社を選び、いいとこどりすることが可能なのです。

ショッピングセンターや駅ビルなどの商業施設に出店

お客様が気軽に相談に来店いただけるように、保険ショップの多くは、ショッピングセンターや駅ビルなどの商業施設に出店しています。

そのため、保険の相談だけのために時間をつくって出かけるのではなく、お買い物や習い事などのついでに保険の相談ができてしまうのです。

駐車場やキッズルームなど設備も充実

多くの保険ショップが駐車場を完備しているショッピングセンターなどの商業施設に入っているため、車で保険の相談に行くことができます。

また保険ショップは、開放的な雰囲気で内装を施されているところも多く、これまでの保険業界のイメージとは違う、明るくオープンな雰囲気が特徴です。

そのため、お子様をお連れの方も安心してゆっくり相談できるように、保険ショップによっては、キッズルームやキッズスペースを完備し、相談中お子様が飽きないように、アニメや映画をテレビで上映するなどの工夫がなされています。

保険ショップは、ここ数年で急増しており、とても人気を博しています。

あなたの街の大型ショッピングセンターや駅ビルにも保険ショップが出店しているかもしれませんので、 一度、探してみてはいかがでしょうか。

保険見直し本舗の公式サイトはこちら!

保険見直し本舗公式HPはこちら

保険の相談窓口(代理店)活用方法と注意点

保険ショップの活用方法、注意点

加入目的と優先順位をきめておく

死亡保障を充実させたいのか、
入院や三大疾病に備えたいのか、
保険でお金を貯めたいのか

など、加入目的と優先順位を明確にしておきます。

優先順位の低いものは、思い切って切り捨てることも必要です。

あれもこれも全て盛り込もうとすると、毎月支払う保険料が高くなるため、契約が続けられないかもしれません。

公的保障や企業内保障について理解しておく

保障は民間の生命保険会社や損害保険会社だけでなく、国や企業、共済団体などが行っている保障もあります。

特に公的保障や企業内保障は「すでに確保されている保障」になりますから、保障内容を把握しておくことで、保険の入り過ぎを防ぐことができます。

  • 遺族年金
  • 高額療養費
  • 傷病手当金

は知っておきたい公的保障ですから、自分で調べるか、ショップの営業員に説明してもらいましょう。

企業内保障は会社によって内容はまちまちなので、自分で内容を確認しておきましょう。

会社の総務部などで教えてもらえるはずです。企業年金制度や労働組合でも独自の給付が存在するケースもあります。

保険ショップに足を運ぶ前に、お店のHPをしっかり見ておく

実際にどの保険ショップで相談するかを決めるとき、

  • 知名度で選ぶ
  • ネット検索で上位表示されたお店を選ぶ
  • 自宅や会社に近いお店を選ぶ

などの理由でショップを選ばれる方が多いようです。

先述のように、保険ショップの良し悪しは、営業員の質とサービスで決まります。

知名度や検索の表示順位、自宅からの近さなどは、質やサービスとはまったく関係ありません。

保険相談は一生に一度行くか行かないかであることを考えると、比較サイトの情報だけで判断せず、運営会社や店舗のHPをご自分の目で確認されるとよいでしょう。

HPには企業理念や保障に対する考え方など、様々な情報が得られるものです。

「客観性なアドバイスがもらえそうか?」「営業員は信頼できそうか?」という視点を意識なさるとよいでしょう。

自分の手のうちをあまり見せすぎない

毎月支払う保険料の予算は、少なめに伝えるようにします。

予算の上限いっぱいを伝えてしまうと、予算いっぱいの「お手盛りプラン」を提案される可能性が大です。

予算は少なめに伝えておき、必要に応じて保障を増額したり特約を追加します。

また、年収や貯蓄残高も少なめに伝えます。

勤務先が大手の場合は、会社名も伏せておきましょう。

これも「お手盛りプラン」を提案されることへの防止策になります(契約することになったときは、本当のことを言いましょう)。

もらった提案書は他店で見せない

提案書を他のショップに持っていくと、その提案書をつぶすためだけの提案書が出てくる可能性があります。

他人が作った提案書のあら探しをされても、意味がありません。

フラットな状態で、営業員が普段どんな提案をしているのかを観察することが重要です。

あくまで「保険ショップでの相談は初めて」という体で相談をしましょう。

火災保険のシミュレーションによって保険料の相場を知ろう!

以上の点に注意して、保険ショップを活用すれば、利用価値は10倍になります。

究極、よい保険選びとは「よい営業員に出会うこと」です。

「この人に相談したい」と思える人が見つかるまで、何度もショップに足を運んでみましょう!

保険見直し本舗の公式サイトはこちら!

無料保険相談は他にある?

無料の保険相談は、大きく分けると保険ショップなどの店舗型と、自宅や会社に来てくれる訪問型の二つです。

最近では訪問型と言われるサービスが増えてきています。

このサービスが増えている理由としては、質が高いFPが相談に乗ってくれると言うことと、保険相談をするだけで様々なプレゼントが用意されていることも関係あるようです。

みんなの生命保険アドバイザー

『みんなの生命保険アドバイザー』のFPは保険会社に属していないので、第三者目線からあなたに最適な保険を提案してくれます。

みんなの生命保険アドバイザーの特徴
  • 複数の保険会社を取り扱っている
  • 相談窓口はゆっくり安心できる環境
  • 安心のストップコール制度

みんなの生命保険アドバイザーは、FPや代理店からの無理な勧誘を防止できる「ストップコール」制度を設けているので安心度はバッチリ。

複数の保険会社から、保険のプロであるFPが広く保険商品やライフプランを提案してくれますよ。

FPの紹介も無料となっています。

みんなの生命保険アドバイザー公式HPこちら

ライフステージごとに見る保険選びのポイント

生命保険をお選びの際には、あなたのライフステージから考えてみてはいかがでしょうか。

ライフステージごとに準備する保障が変わってきます。

あなたに必要な保障から、最適な保険商品を探してみ ましょう。

独身時代

ライフステージごとに必要な保障が異なります。

独身だから保険はいらないと思っている方も多いようですが、独身でも必要な保障があります。

保険は“もしも”の時の備えです。

不必要なほど加入する必要はありませんが、必要な保障を負担なく支払える額で加入することが大切です。

結婚したとき

結婚を機に保険を見直す方が多くいます。

結婚はライフステージの中でも、大きく必要な保険が変わる時期です。

  • 共働きか
  • 子供を持つのか
  • 住宅をどうするか

など、ご夫婦ごとにその先のイベントが異なります。

女性の場合はこの時期までに、医療保険に加入することをお勧めします。

子どもが生まれたとき

お子さまの誕生はライフステージにおいて、準備するべき必要保障額が一番多くなる時期です。

お子さまの教育資金もそうですが、“もしも”の備えも重要になります。

限られた予算の中で、“もしも”の保障と教育費用の準備を効果的にすることが必要です。

住宅を購入したとき

マイホームを購入すると、住宅ローンでローン金額分の保障が付いてくることがあります。

そのタイミングで「保険の点検」をすると、保険料が節約できる可能性があります。

保障として必要な金額は、ライフステージの変化や時間の経過とともに変わっていきます。

保険の見直しと言うと「面倒」と思われている方が多いですが、この数年に1回の保険の見直しで、数年単位で家計への効果が見込まれます。

退職したとき

定年後は、大きな死亡保障は必要なくなります。

その代わり医療や介護など、生きていくための保障が重要性を増してきます。

日本は医療の発展により、世界有数の長寿国です。

ただ、寿命と健康寿命(日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間)には10年前後の開きがあります。

この差がもしかしたら、介護が必要になるかもしれない期間です。

ご家族による介護であっても、介護状態になると今までの生活より費用がかかります。

事前に公的な介護制度や医療制度について学ぶとともに、介護保険など生きるために必要な保険を考えてみませんか。

保険見直し本舗公式HPはこちら

保険の相談で損をしないための3ヵ条

保険相談(新規・見直し)サービスは、無料で保険の相談を行うことができます。

無料で相談できるからといって、なにも知らないと損をしてしまう場合があると言うことを知っていましたか?

ここでは、よりお得に保険を相談するコツを紹介します。

①複数の保険を取り扱っているところで相談する

1つ目は、複数の保険を取り扱っているところで相談をすると言うことです。

複数の保険を取り扱っていれば、一人一人に合わせた最適な保険をその場で比較し、紹介してもらえます。

逆に複数の保険会社の保険を取り扱っていないと、自社の保険を押し売りに合うケースがあるので注意が必要です。

現に、保険の営業がしつこいイメージがあるのはそのせいですね。

なので保険を複数取り扱っている保険ショップや、保険相談サービスを利用しましょう。

『保険見直し本舗』のように、保険の無理な勧誘を一切禁止している保険相談サービスもありますよ。

②キャンペーンを上手く利用する

2つ目が、キャンペーンを上手く利用することで、お得に保険相談をすることができます。

保険相談をするだけで、

  • コーヒーメーカー
  • 体重計
  • 季節のグルメ

などが貰えるサービスもあります。

保険相談+アンケート記入でキャンペーンをもらうことができるところが殆どのため、保険の加入は必須ではありません

保険を相談するついでに、お得なキャンペーンを上手く利用しましょう。

複数で比較し、検討すること

3つ目が複数で比較し、検討することです。

1番重要なのが、複数の保険相談サービスそのものを比較することです。

保険相談を何回も経験してきた人に担当してもらえることもあれば、経験の浅い新人に当たる可能性もあります。

1回目に紹介された保険と、2回目に紹介された保険が違うということはよくあることです。

複数のサービスを比べないと、本当に自分にあう保険は見つからないと思って頂いてもいいと言えます。

損しないためには、少なくても2〜3の保険無料相談サービスに相談して比較することが大切ですね。

保険見直し本舗で無料相談する

 

安い保険は本当にいい保険?

保険商品を選択する、もしくは保険の見直しをする際に「保険料を少しでも安くしたい」というご要望をお持ちの方は多いです。

確かに毎月の家計のやりくりに苦労されている方にとって、毎月の保険料支払いが安いに越したことはないでしょう。

ただし、安い保険を選ぶと保険料負担が低くなるメリットを得る反面、デメリットが発生する可能性があることについても注意しなければなりません。

以下、3つのケースについて見てみましょう。

⒈ 保障内容が減る

保険料を安くするということは、保障を小さくするということにつながる可能性があります。

現在加入の保険が必要額以上の保障内容だったり、希望して保障内容が小さい保険を選んだりしているのであれば問題はないのですが、保険は理解するには複雑な商品なので、契約者が気付かないところで保障が小さくなっているケースがあります。

例えば医療保険の場合、入院限度日数が短くなっていたり、手術給付金が小さくなっていたり、保障の範囲が狭くなっていることに気付かないことがありますので、注意が必要です。

⒉ 保険会社の格付が低いケース

保険会社の信用度を重視される方には、加入している保険会社の格付は一つの目安になるでしょう。

いくら保険料が安くなっても、保険会社の格付が低ければせっかく保険に加入していても安心できないかもしれません。

例えばブランド品のバッグを選ばれる方は、そのバッグとして同等の機能を果たす安い物が他にあっても、そのブランドの信用力やステイタスに満足して高い物を選択されています。

そのため、保険の場合も保険会社を選ぶという考え方があってもいいかもしれません

⒊ 担当者の対応がない、もしくは悪い

保険にコンサルティングという別の価値観を付加する考え方もあります。

例えば、保険に加入した後に担当の方からの様々なフォローを期待している方にとっては、たとえ保険料が安い保険に加入していても、担当者のフォローが全くないということはデメリットになります。

また、通販型の保険の場合は保険金や給付金の請求時に対応はしてくれても、保険契約者にマッチしたオーダーメイドのコンサルティングは期待できません。

つまり多少保険料が高くてもその保険会社、保険代理店の担当者の対応がプラスであれば、それはある意味、保険料にコンサルティングフィーが付加されていると考えることもできます。

以上3つのケース以外にも判断基準はあると思いますが、保険は保険料以外のメリットも考えたうえで、そのメリットがご自身の価値観と照らし合わせて必要かどうかを検討して判断することをおすすめします。

保険の無料相談をオススメする理由

無料相談を行っている保険ショップをオススメする理由は、次のとおりです。

気軽に、それも無料で相談できる

保険ショップがある多くの場所は、利便性の高いターミナル駅の近くやショッピングモール内などです。

そしてそのほとんどが無料の保険相談です。

火災保険のシミュレーションによって保険料の相場を知ろう!

また、相談に行きやすい週末や祝日にも多くの保険ショップが営業しているので、気軽に保険相談に行くことができます。

複数の保険から比較して選ぶことができる

保険ショップでは数多くの会社の保険商品を取り揃えていますから、それらの保険商品を比較して選ぶことが可能です。

また、各社の同じ保障内容の保険商品の保険料を、一覧で比較して選ぶことも出来ます。

そして保険情報システムがありますので、あなたが提案した

  • 生涯設計
  • 保険の分析
  • 商品の比較・見積り

などを行うことが可能です。

更に、システムにより視覚化することができますので、保険が直感的にわかります。

保険見直し本舗の公式サイトはこちら!

保険ショップで相談員は保険商品を押しつけてはこない

保険ショップでの無料保険相談は、保険会社と違って相談員の保険契約がノルマではありません。

保険についてのコンサルティングであり、それに基づいて保険商品の提案が行われています。

医療保険の保険料平均ってどのくらい?全国平均や見直しの注意点!

このことから、相談員からの保険売り込みは殆どありません

アフターサービスが充実している

保険ショップでの契約は、その店舗が担当となることが基本となっています。

このことにより、もし相談員が加入後に辞めたとしても、アフターサービスはショップが責任をもって行います

保険見直し本舗公式HPはこちら

代理店で迷っているならまずはこの店舗へ!

ここまで、保険の見直しや新規加入を検討している方には、無料プロに相談できる保険の相談窓口をおすすめさせて頂きました。

保険商品は何十年も払い続けるもの。当然、契約する保険会社ともそれだけ長い付き合いになるということ。

多数ある保険会社に保険商品を洗い出して比較、検討するには時間も労力も限られてしまいます

相談窓口も今やたくさん存在する時代、もしもどこに相談しようか迷われているならば、保険ブリッジ読者にも一番人気の保険見直し本舗を試してみてはいかがでしょうか。

保険見直し本舗の特徴
  • 契約実績100万件を突破!
  • 提案から加入手続きを経てアフターフォローまでしっかりサポート
  • しつこい勧誘は営業方針として禁止している

保険見直し本舗店舗型だけではなく訪問も可能なため、あなたのご都合に合わせて対応が可能なのでおすすめ!

保険のことが気になっている今こそ試すとき保険見直し本舗へ今すぐアクセス!

保険見直し本舗公式HPはこちら

保険の無料相談の6つのメリット

最近CMなどでも、流行り生命保険の無料相談に行く前に、どんなメリット、デメリットががあるのか気になりますよね。

そこで、生命保険の無料相談でのメリット・デメリットについて説明していきます。

メリット①複数の保険会社から選べる

どの保険会社からでも選べますが、ファイナンシャルプランナーが、ご自身に合った生命保険を複数選んでくれます

FPがいるので、生命保険の詳しい内容までわかります。

※FP=ファイナンシャルプランナー。

メリット②ファイナンシャルプランナーに相談できる

ファイナンシャルプランナーとは簡潔に言うと、

保険についての高度な知識を持ちながら、これからの人生に合った保険を選んでくれる専門家

です。

ファイナンシャルプランナーは、特定の保険を売り込む事はありません。

また、保険について高い知識を持ち合わせていますので、悩んでいる事について的確にアドバイスしてくれます。

メリット③全国各地で相談が無料

相談については1回目だけでなく、何回でも無料です。

全国に対応できますので、引越し先でも転勤先でも、相談が可能です。

メリット④訪問型の保険相談もある

相談というぐらいなので、足を運ばないといけないと思いがちですが、実は選べます。

担当者が近くの喫茶店や自宅に来てくれますので、安心してください。

メリット⑤安心できる

無料相談って、たくさんありますよね。

有名な所だけでも10社ぐらいはあります。

中でも保険見直し本舗の店舗数は、なんと全国で250店舗以上、しかも全てが直営店

取扱い保険会社数も国内最大級の40社以上で、ついに契約実績100万件を突破しています。

保険見直し本舗の公式サイトはこちら!

保険見直し本舗公式HPはこちら

メリット⑥保険料が安くなるかも

一番肝心なところですが、無料相談は契約していただくのが目的なので、基本どの保険で契約していただいても、無料相談としては変わりません。

その為、本当に真摯に選んでくれます

保険の無料相談の3つのデメリット

デメリット①相談予約はインターネットから

保険の無料相談は、インターネットで申し込むか、電話で申し込むかの2種類の方法が有ります。

ただ予約状況で断られる事もありますので、先にインターネットで申し込む方が良いでしょう。

これはインターネットに慣れていない方からすれば不便に感じるかもしれませんが、時間を気にしないでいつでも申し込めるという点では、メリットとも捉えられますね。

デメリット②1回目の相談は2時間程度必要

1回の相談が2時間程度必要なのですが、これはあくまで1回目です。

保険の意味や約款・最初の説明などは、2回目以降には省くことができますので短縮できます。

デメリット③ファイナンシャルプランナーにも知識の差がある

そもそもですが、相談する相手で違いはありますよね。

知識が十分でない方だけでなく、相性が合わない方もいると思います。

生命保険の解約で注意しなければならないことは?生命保険の解約について詳しく解説!

これは、最初の約款の時に説明されますが、いつでも担当を変える事が出来ますので、安心してください。

デメリットをなくすために相談者がしておくべきこととは?

今まで無料相談のメリット・デメリットをみてきました。

これから、保険の無料相談のデメリットをなくすか、軽減するために相談者が事前にできる対策にはどのようなものがあるかを紹介します。

相談の質の高い保険相談サービスを選ぶ

無料保険の相談員には、ベテランもいれば新人もいたり、知識がいっぱいある人や少ないなど様々です。

実際に相談をしてみないと、どのような人かは分かりません。

医療保険の保険料平均ってどのくらい?全国平均や見直しの注意点!

訪問型の無料相談サービスには、一般的に質の高い相談員が揃っていますので、相談するなら訪問型のサービスをおすすめします。

自分でも保険についての知識を持っておく

保険についての知識が全くなければ、担当者との意思の疎通を図ることは難しいことです。

自分が保険についての知識を持っていることで、相談員から勧められる保険について、その商品が自分の求めている商品なのか否なのかついての判断も出来ます。

保険相談を行う時には、自分で理解できないことを教えてもらうと言う立場で臨むことです。

相談する内容の目的を明確にしておく

相談する内容が、加入するためなのか、見直しのためなのか目的をはっきりさせておいてください。

目的がはっきりしていなければ相談員の勧められるままに、あなたにとっては必要性の少ない保険に加入したり、見直しを行う可能性があります。

また、相談の目的をはっきりすることによって、相談員にもあなたの目的が分かりますので、スムーズに相談を進めていくことができます。

保険見直し本舗公式HPはこちら

保険の無料相談はなぜ無料?保険のカラクリを暴露

あなたは「保険の無料相談って怪しくない?」「そもそも無料で相談できること自体、何かカラクリがあるはず」と思っていませんか?

その通り、保険の無料相談にはカラクリがあります

保険相談員は無料相談をすることで保険を販売して、その販売手数料で稼ぐビジネスなのです。

しかし相談窓口に行く人のほとんどは、保険について知識がないからわざわざ足を運ぶわけで、知識豊富な相談窓口の担当者(フィナンシャルプランナー)の話を聞き、最終的には、相手にとって都合の良い契約をしてしまうのですね。

「無料相談」という、一見お得なようなサービスが実は後々損する、とても分かりやすい仕組みです。

それでも、やっぱり加入している保険が高すぎたり、古いままのものだと放っておけず、渋々保険の無料相談に行かなければならない状況ならば、カモられないために知っておきたい保険のカラクリを暴露します。

最近では、人が多く集まるショッピングセンターなどで「保険の無料相談」のコーナーを見かけるようになりました。

保険の無料相談の窓口にいる担当者は、FPなどの資格もあり、お金のプロではあるのですが、ビジネスの仕組みは旧態依然としていて、保険のセールスレディたちがやっていた頃と変わりません。

つまり、保険を販売した手数料でビジネスが成り立っています

最近では、銀行でも保険販売に力を入れるほど、保険の販売手数料は魅力的なのです。

この単語には注意!注意すべきセールストーク

ドル建て終身保険と低解約保険型終身保険に注意!

いくつかの保険の無料相談で実際に相談した時、どこに行っても勧められる保険がありました。

それは「ドル建て終身保険」「低解約保険型終身保険」

その時は、

「わが家の条件から、はじき出される保険はどれも同じなのか」

くらいにしか考えていなかったのですが、実はそれには、無料相談窓口にとってだけ意味のある、ちゃんとした理由があったのです。

それは「ドル建て終身保険」と「低解約保険型終身保険」は、保険会社からの販売手数料が手厚いものだったから。

保険の販売手数料は、どれも同じではありません。

商品によってバラツキがあります。

特に保険会社が売りたい商品は、キャンペーンなどをして代理店(保険の相談窓口)に販売手数料を手厚く出します

なので、相談窓口はこういった販売手数料の手厚い商品を優先的におすすめしてくるのです。

販売手数料の一番高い商品は終身保険で、保険料の30~50%ほどあると言われています。

特にドル建て終身保険や低解約保険型終身保険は手数料が高いため、契約者のメリットがあまりなくとも魅力たっぷりにアピールしておすすめしてきます。​

「2人に1人はガン」はセールストーク

テレビコマーシャルなどで「2人に1人はガン」というフレーズが連発されています。

2人1人と聞くと、「ひょっとして私もそのうちガンになるのかしら?」なんて不安になりますよね。

しかし、この数字には偏りがあります。

この数字は、一生涯を通じてです。年代によってかなりバラツキがあります。

国立がん研究センターのデータでは、30歳の人が30年後にガンで死ぬ確率はおよそ2%。

40歳なら7%です。60歳未満のガンの死亡率はなんと2%。

誰でもガンになるようなセールストークは、ガン保険を売りたいためのアピールです。

焦ってガン保険に入加入してしまわないように要注意しましょう。

プロもおすすめしないアカウント型保険は気を付けよう

日本の大手生保会社が一押ししている「アカウント型保険」は、仕組みが複雑でわかりにくいことで有名です。

しかし、

  • 積立部分もある
  • 保障も積立もできる

というセールストークに魅力を感じて加入する人がいます。

ですがこの保険はほとんどが、掛け捨てで出来ています。

積立部分はほんの少ししかありません。

保険に限らず金融商品は複雑であればあるほど損なもの、残念なものが多いのです。

このアカウント型保険もご多分に漏れず残念な商品です。アカウント型保険は極力加入しないようにしましょう。

貯蓄型保険で資産運用は効率が悪い

保険には「貯蓄型」と「掛け捨て型」があります。

一般的には、「掛け捨て型」は損するという認識があるようですが、実は保険の「貯蓄型」の方が損する確率が高いのです。

保険の基本は保障です。少ない掛け金で万が一の時に大きなお金が出るのが、保険の元々の機能。

セコムなどでセキュリティを買うように、保険会社で「保険を買う」のが保険のもっとも賢い使い方です。

火災保険のシミュレーションによって保険料の相場を知ろう!

しかし「貯蓄型」を保険に取り入れたことにより、支払ったお金が戻ってくるという認識が広まってしまいました。

しかも「複利で運用されるので利回りが良い」という誤解も生まれました。

確かに25~30年ほど前は、奇跡的に貯蓄型保険の利回りが良い時代がありましたが、それは一時的なものです。

その後は、保険の利回りはどんどん悪くなり、更に何度も値上げされ、今では全く魅力のない商品になっています。

そのため少しでも魅力的に見せるために、「ドル建て」とか「低解約返戻」などの商品を開発して販売しています。

老後資産を運用したり、住宅資金や学資保険を長期で貯めるならば保険よりも投資信託で毎月積み立てた方が利回りは良いですし、お金の流動性もあります。

なので、貯蓄型の保険に過度の期待は持たないようにしましょう。

ましてや、貯蓄型の保険で資産運用しようなどという野望は今すぐ捨ててくださいね。

​保険にお祝い金は不要

保険に加入したけどケガや病気をしなかったので給付がなかった場合、「健康祝い金」などと称してお祝い金を受け取れる商品があります。

しかし、よく見てみると自分で支払った保険を受け取っているに過ぎません。

お祝い金の分は、少し余分に支払っているのです。

この余分な保険料を積立投資に回したら、利益がついてもっと多く戻ってきます。

お祝い金付きの保険に入る余裕があるならば積立投資しましょう。

積立投資は、月々5,000円または1万円でできまます。

高度障害の支払い基準は高く、支払い事例は少ない

死亡保障の他に、高度障害という保障を特約として付加される場合があります。

高度障害の保険料は月々数百円とさほど高くはありませんが、10年も続けていると5~6万円になってしまいます。

30年であれば、15~18万円になります。結構な額です。

高度障害の給付(支払い)の基準は、保険会社によって微妙に違います。

しかも、支払い事例は極端に少ないのが実状です。

この特約は付加するだけもったいないと思った方が良いでしょう。

高度障害特約はつけないで加入することをおすすめします。

保険の手数料の仕組みは保険販売のうま味

保険の手数料の仕組みは、販売する側にとってはとても魅力的です。

なぜなら、一度販売したらまず販売手数料が入り、それから月々の支払いから一定の額を2年間にわたり受け取れるからです。

「保険は2年以内に解約したら損する」と言われるのは、実は契約者が損するのではなく販売した側が損するのです。

販売した保険を2年以内に解約されると手数料が入らなくなり、保険会社からのペナルティを受けてしまいました。

この辺の事情は、私が保険の販売をしていた頃とおおむね変わりないでしょう。

こうした手数料による弊害を改善したサービスも登場しました。

保険の無料相談はしっかりとしたところで行いましょう

もし保険の仕組みが分からなければ、事前にきちん調べておきましょう。

更に相談窓口の利益を優先するよりも、顧客の利益を優先するところを選ぶようにしてくださいね。

特に貯蓄型の保険は、一度加入したら契約満了まで数十年間も引き出せない上、途中で解約した場合大損してしまうのでご注意ください。

保険の無料相談もそうですが、そもそもお金についてよくわからない人は、お金の教養を身に着けてはいかがでしょうか?

保険見直し本舗の公式サイトはこちら!

保険見直し本舗公式HPはこちら

まとめ

今回は、『無料保険相談のおすすめは?40人以上の口コミから分析した比較ランキング』について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

保険の無料相談には様々な形態があり、それぞれにメリット・デメリットがあると言うことがご理解できたのではないでしょうか。

デメリットには、相談前に相談者が準備しておけばなくせたり、軽減できるものもあります。

デメリットをなくしたり、軽減することによって保険の無料相談のメリットはより大きくなることが言えます。

この記事を参考に、各保険相談窓口のデメリットを比較して、あなたにとって最適の保険相談窓口を選んでいただくことができれば嬉しいです。

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
保険ショップ掲載店舗数No.1! 日本全国対応!あなたの近所の店舗を探してみましょう! 公式HP
『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る