生命保険の告知義務

人物

生命保険の告知義務について解説してます
 
生命保険の告知義務とは?

生命保険に加入する時には、現在の健康状態と過去の病歴について保険会社に報告しなければいけません

これを告知義務といいます。

告知所による自己申告以外には、保険会社が指定した医師による審査の方法があります。

告知内容に嘘があったり、過去の病歴を隠していたなど告知義務違反があった場合、保険料が支払われなかったり保険の契約が解除になってしまう場合があります。
 
過去に入院はしていなくても現在通院治療中の病気や投薬を受けている病気などがある場合は、正確に告知しておいた方がいいでしょう。

生命保険の告知義務

・生命保険契約を結ぶ時に、病歴や今の健康状態などについて事実を正しく告げなければならない。

・告知の方法としては、告知書に自分で答える方法と、医師による審査を受ける方法があります。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る