おすすめできない自動車保険とは?保険料、商品内容の充実度、ロードサービス、事故対応別に徹底解説!

記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。 その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

この記事を読めば、保険料、商品内容の充実度、ロードサービス、事故対応別のおすすめできない自動車保険や逆におすすめできる自動車保険について、丸わかりです!

おすすめできない自動車保険の評判も合わせてご紹介していきますので、お見逃しなく!

この記事をざっくり言うと…
  • 自賠責保険には、原則全てのドライバーが加入しなければならない。
  • ソニー損保の自動車保険がおすすめ。
  • 様々な自動車保険を比較して、評判を調べてから保険に加入する。

自動車保険に加入する際に重視するポイントは人それぞれ異なる

今回は、おすすめできない自動車保険について見ていきます。

おすすめできない自動車保険は、「オリコン顧客満足度ランキング」に基づいて、そのランキングの最下位をご紹介します。

自動車保険とは

自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。

自賠責保険

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法(自賠法)によって加入が義務づけられた自動車保険です。

自賠責保険
原則としてすべての自動車(原動機付自転車を含む)が対象です。

人身事故の被害者救済を目的とした強制保険です。

自賠責保険は、被保険者(加害者)だけでなく被害者からも、保険会社に対して保険金の支払を請求できます。

被害者1名につき、以下の金額を限度として保険金が支払われます。

死亡保険金 3,000万円
後遺障害保険金 4,000万円~75万円
傷害保険金 死亡保険金・後遺障害保険金とは別枠で120万円

任意保険

任意保険

賠償リスクに備える

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険

賠償リスクに備える

  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 人身傷害補償保険

物リスクに備える

  • 車両保険

等級

自動車保険(任意保険)の「等級」とは一体どういう意味ですか?

一般的に、保険料の割増引率をノンフリート等級別料率制度で定めるための区分を指します。

ノンフリート等級別料率制度
ノンフリート契約における契約者間の保険料負担の公平性を確保するための制度
ノンフリート契約
契約者が所有または使用する自動車の総台数が9台以下の契約
フリート契約
10台以上の契約

個人の方は基本的に、ノンフリート契約の自動車保険に加入します。

MEMO

自動車保険の等級は、契約者の事故実態に応じてリスクを1~20等級に区分しています。

自動車保険を初めて契約する際は、6等級が適用されます。

その後1年間自動車保険を無使用の場合、翌年度の契約の際に等級が1等級上がりまず。

その際、保険料の割引率がぐんと上がります

逆に、交通事故等を起こし、自動車保険を使用した場合には、翌年は等級が1回の交通事故につき3等級ダウン事故の場合なら3等級下がり、事故有係数が適用されます。

以前の契約で自動車保険を使用した場合は、同じ等級であっても事故有係数の適用対象となります。

そのため、前回の契約で自動車保険を使用せずに1等級上がった人と比較しすると保険料は高くなります。

2台目以降の車を新規で契約するときは7等級が適用されます。

松葉 直隆

交通事故が起きたときのために加入する自動車保険ですが、自動車保険を使用してしまうと、翌年の等級は3等級も下がり、また係数も無事故係数から事故有係数となるため、保険料の割引率が低い等級で自動車保険に加入しなければいけません。

5等級以下になると保険料は更に割高になり、交通事故を重ねてしまった結果2等級以下になると、自動車保険の加入を保険会社から拒否される可能性もあります。

重視するポイント

保険料 28.21%
加入・更新手続き 23.17%
商品内容の充実 16.52%
ロードサービス 13.3%
事故対応 8.31%
受取額・支払いスピード 5.81%
調査・認定結果 4.68%

保険料については、家計に直接反映されるものですので重視している方が多いのかもしれません。

今回は、保険料と商品内容の充実度、ロードサービス、事故対応別におすすめできない自動車保険商品をご紹介していきます。

なお、加入・更新手続きについては、なかなか違いがみられないように思いますので、省かせていただきます。

おすすめできない自動車保険①保険料

東京海上日動火災保険・トータルアシスト自動車保険

東京海上 ロゴ

東京海上日動火災保険は、大手の損害保険会社です。

松葉 直隆

自動車保険お客様アンケート結果で2017年度累計92.5%のお客様満足度を得ています。

東京海上日動のホームページでは、保険料の見積もりを「かんたん見積もり」と「じっくり見積もり」でき、保険料を見積もりしてみます。

条件
  • 1989年1月1日生まれ、30歳
  • 沖縄県以外
  • ゴールド免許
  • 現在自動車保険に加入していない
  • 日常・レジャー使用
  • 運転するのは、記名被保険者とその配偶者
  • 2019年2月28日現在の料率
  • 6S等級
  • 普通自動車
  • トヨタ、アクア
  • 初年度登録年月2019年1月
補償内容
  • 対人・対物賠償責任 無制限
  • 対物超過修理費特約 あり
  • 人身傷害 車内・車外補償、5,000万円
  • 車両保険 205万円、一般条件(ガードレール・電柱・自転車に衝突、当て逃げ、車庫入れに失敗、墜落・転覆、お車同士の衝突、火災・爆発、盗難、いたずら・落書・窓ガラス破損、台風・たつ巻・洪水・高潮などを補償)
  • 車両全損時諸費用補償特約 あり
  • 車両無過失特約 あり
  • 事故防止アシスト、メディカルアシスト、介護アシスト、事故現場アシスト、ロードアシスト付き

一時払い年間保険料136,930円となっています。

その他、弁護士費用特約や、傷害一時費用保険金、レンタカー費用等補償、車両無過失特約、個人賠償責任補償特約などを付けることによって、保険料は変わってきます。

おすすめできる自動車保険

おとなの自動車保険

次に、東京海上日動の保険料がどのぐらい高いのかを比べるために、セゾン自動車火災保険のおとなの自動車保険の保険料を見ていきましょう。

MEMO

おとなの自動車保険は、過去1年間の走行距離に応じた走行距離区分で、1人ひとりに合った保険料を算出します。

つまり、保険料は走った分だけなのです。

特に40代・50代の保険料が割安になるそうです。

それでは、東京海上日動と条件、補償内容をほぼ同じにして保険料を比べてみます。

条件
  • 1989年1月1日生まれ、30歳
  • 東京都
  • ゴールド免許
  • 現在自動車保険には加入していない
  • 日常・レジャー使用
  • 運転するのは、記名被保険者のみ
  • 2019年4月1日の料率
  • 6S等級
  • 普通自動車
  • トヨタ、アクア
  • 初年度登録年月2019年1月
補償内容
  • 対人・対物賠償 無制限
  • 無保険車傷害 無制限
  • 他車運転特約 あり
  • 被害者救済費用特約 あり
  • 電気・ハイブリッド車割引 あり
  • インターネット割引 10,000円
  • おとなの割引 早割30日
  • ALSOK事故現場安心サポート あり
  • 人身傷害 車内・車外ともに補償、5,000万円
  • 搭乗者傷害 500万円
  • 車両保険 225万円、フルカバータイプ(一般車両)(お車同士の事故、火災・落書き・台風、盗難、自宅・車庫での水災、単独事故・当て逃げを補償)
  • ロードアシスタンス特約 あり

→一括払い年間保険料86,200円となっています。

その他、弁護士費用特約や、個人賠償責任特約、自転車傷害特約、ファミリーバイク特約、車両身の回り品補償などを付けることによって、保険料は上がってきます。

補償内容は多少違いますので一概には言えませんが、東京海上日動と比べると、およそ50,000円も安くなっています。

実際、ネットには東京海上日動の保険料は高いとの評判もあります。

「15年間こちらに加入してましたが、ネット系の損保に切り替えました。

ほぼ同じ補償内容で3万円安くなりました。 無事故で保険は使った事ありませんが、周りはいろいろなネット系損保に加入してたまに事故したとき、対応や補償もしっかりしてもらえているのを見て、ネット系も悪くなさそうと感じました。

細かい事を言えばいろいろあると思いますが、結局はどこの損保会社でも担当者次第だし、大手だから個人の加入者が事故した時に優遇されるわけでもないので結論、こちらは高いだけだと思いました。

自動車保険の目的は、事故で他人を死傷させた時に個人では支払えない損害賠償が発生したときの備えなので、自分は対応よりも補償内容と保険料でこちらは高いだけだと思いました。」

松葉 直隆

保険料について、おすすめできない自動車保険でした。

おすすめできない自動車保険②商品内容の充実度

2つ目に、商品内容の充実度について、おすすめできない自動車保険をご紹介します。

日新火災海上保険・ユーサイド

ユーサイドロゴ

それは、日新火災会場保険のユーサイドです。

基本補償
  • 対人賠償責任保険
  • 対物賠償責任保険
  • 人身傷害補償保険
  • 車両保険
自動的にセットされる特約
  • ロードサービス特約
  • 他車使用特約
  • 他車使用特約二輪原付
  • 臨時代替自動車補償特約
  • 車両保険の無過失事故に関する特約
ご希望によりセットできる特約
  • 交通弱者補償特約
  • 入院時諸費用特約
  • 交通乗用具事故特約
  • 傷害一時金2倍特約
  • エコノミー
  • 車両新価保険特約
  • 車両超過修理費用特約
  • 地震・噴火・津波・車両全損一時金特約
  • アサンテ
  • 二輪盗難危険補償特約
  • 弁護士費用特約
  • 日常生活賠償責任補償特約
  • レンタカー15日特約
  • レンタカー30日特約
  • 運搬引取費用引上特約
  • 人身傷害補償保険
  • ファミリーバイク特約(人身傷害あり)
  • ファミリーバイク特約(人身傷害なし)

 

おすすめできる自動車保険

ソニー損保 ロゴ

それでは、日新火災海上と比べるために、ソニー損保の自動車保険の補償内容を見ていきましょう。

基本補償
  • 対人賠償責任保険
  • 対物賠償責任保険
  • 人身傷害
  • 搭乗者傷害
  • 車両保険
特約
  • 新車買替特約
  • 事故時レンタカー費用特約
  • 車内身の回り品特約
  • 弁護士特約
  • 個人賠償特約
  • おてもり特約
  • ファミリーバイク特約

日新火災海上と比べてみると、特約が少なくシンプルに見えます。

日新火災海上独自の補償は、交通弱者補償特約や、入院時諸費用特約、臨時代替自動車補償特約、アサンテなどのようです。

一方、ソニー損保独自の補償は、車内身の回り品特約などとなっています。

MEMO
共通している補償だと、例えば、ソニー損保の個人賠償特約は1事故につき3億円まで補償されますが、このソニー損保の個人賠償特約にあたる日新火災海上の日常生活賠償責任補償特約だと1事故につき2億円までとなっています。

結論は、日新火災海上の方が商品内容としては充実しているように見えますが、充実しているかしていないかは、人それぞれ感じ方が違うと思いますし、保険料との兼ね合いもあるのかと思います。

以上、商品内容の充実度について、おすすめできない自動車保険でした。

おすすめできない自動車保険③ロードサービス

3つ目は、ロードサービスについて、おすすめできない自動車保険を見ていきます。

日新火災海上保険・ユーサイド

ユーサイドのロゴ

こちらも、日新火災海上保険のユーサイドとなっています。

松葉 直隆

この商品のロードサービスは、ドライビングサポート24といい、ロードサービス特約をセットすることが必要です。

応急処置サービス

衝突物からの引剥しや、横転・転覆時の引起し、パンク時のスペアタイヤ交換、キー閉じ込み時の解錠などのサービスを行います。

車両運搬サービス

ご契約のお車を事故または故障などの現場から修理工場などまで運搬します。

宿泊・帰宅・移動サポートサービス

事故または故障などの現場のもよりの宿泊施設および事故または故障などの現場から帰宅・移動するするための代替交通機関をご案内します。

なお、宿泊施設および代替交通機関の手配は行いません。

給油サービス

高速道路、有料道路または一般道路上でのガス欠時に、燃料を最大10リットルまで給油します。

注意
なお、ご利用回数は、保険期間中1回までとなります。

ジャンピングサービス

バッテリー上がり時に、ケーブルをつないでエンジンをスタートさせます。

ご利用回数に制限はありません

レンタカーサポートサービス

レンタカー15日または30日特約をセットすることで、レンタカー会社をご案内します。

その他のご案内サービス

ご家族への緊急連絡および24時間営業のガソリンスタンドをご案内します。

松葉 直隆

以上が日新火災海上のロードサービスとなっています。

おすすめできる自動車保険

ソニー損保 ロゴ

次に、比較のために、おすすめできる自動車保険として、ソニー損保の自動車保険のロードサービスを見ていきます。

松葉 直隆

ソニー損保のロードサービスは、すべてのお客様に無料で付帯されます。

レッカーサポート

MEMO
事故や故障により契約車両が自力走行不能となった場合に、修理工場等までお車をレッカーけん引し、当社が指定する修理工場までなら距離の制限はありません。

利用回数に制限はありません。

応急作業サポート

ガス欠時の10リットルまでのガソリンまたは軽油の補給や、キー閉じ込み時のカギ開け、タイヤパンク時のスペアタイヤへの交換などを行います。

宿泊費用サポート

外出先での事故や故障により契約車両が自力走行不能となり、当日中のご帰宅・移動が困難で予定外の宿泊が必要になった場合に、最寄りのホテル1泊分の宿泊費用(ビジネスホテルクラス)を、全員分全額お支払いします。

松葉 直隆

保険期間中は、何回でもご利用できます。

ペット宿泊費用サポート

外出先での事故や故障により契約車両が自力走行不能となり、当日中の帰宅・移動が困難になったときに、ペットを預けているペットホテルやペットシッターの延長料金が必要になった場合の最大1万円や、予定外のペットホテルの利用が必要になった場合の最寄りのペットホテル1泊分の費用やペットホテルまでの交通費として最大1万円をお支払いします。

こちらも保険期間中は、何回もご利用できます。

帰宅費用サポート

外出先での事故や故障により契約車両が自力走行不能となった場合に、トラブル現場から自宅または目的地への交通費の実費を限度額なしでお支払いします。

松葉 直隆

飛行機や船舶の費用も対象となっています。

こちらも保険期間中、何回もご利用できます。

レンタカー費用サポート

外出先での事故や故障により契約車両が自力走行不能となった場合に、現場から自宅・目的地に向かうためのサービスで、24時間までのレンタカー費用(契約車両と同等クラス以下)の基本料金をお支払いします。

乗捨て料もお支払いし、距離制限もありません。

修理後搬送サポート

外出先での事故や故障により契約車両が自力走行不能となり、修理工場で修理された場合、修理後の契約車両を自宅へ無料でお届けします。

距離制限もなく、保険期間中なら何回でも利用できます。

ご自身で引取る場合は、修理工場までの1名分の片道の交通費を1万円までお支払いします。

松葉 直隆

以上のようなロードサービスとなっていますが、ペット宿泊費用サポートなどを見ると、ソニー損保のロードサービスが支持されている理由が分かるかと思います。

おすすめできない自動車保険④事故対応

最後に、事故対応について、おすすめできない自動車保険をご紹介します。

アクサダイレクト・自動車保険

アクサダイレクトロゴ

それは、アクサダイレクトの自動車保険です。

MEMO

アクサダイレクトの事故対応は、損害サービス部門の事故受付・解決スタッフが中心となり、各専任スタッフが病院や弁護士と連携し、解決までをサポートするようになっています。

さらに、訪問と面談による説明も行い、事故解決まで手厚くサポートしてくれます。

事故対応については、評判に表れると思いますので、評判を見ていきましょう。

良い評判もあれば、以下のような悪い評判もありました。

「初期対応としては事故受付しかできず、実際の担当者と話せたのは翌日だった。これでは遅すぎる。重大な事故の場合はどうなるのか不安になった。相手方との調整も「電話したけど繋がらなかった」という対応が長く続いた。軽微な接触事故にも関わらず解決まで10か月以上かかり、保険金の支払いも遅かった。ホームページ上での進捗状況を確認することが多かったのだが、保険を利用する旨で進行しているのに解決直前になって担当者から「保険を利用する形でよろしいですか?」という意味不明な電話がかかってきた。まったくコミュニケーションがとれていない。」

「まず、事故を起こした後の対応が最悪でした。最初に担当してくれた方がずっと担当してくれるかと思いきや、次に電話した時には話しも引き継がれておらず、一からまた説明、、というやりとりを5回程繰り返しました、、、しかも人によって言ってる事が変わり大混乱。いつも約束の時間、日にちにも電話はなく、こちらから電話しても謝りの言葉もなく『どうかされましたか?』のひと言。事故で大変な時期になんの役にも立たず、もう2度とアクサには頼らないと思いました。最後辞める際に、上記の事を伝えると『参考にさせて頂きます』の一言。もう呆れてしまいました。絶対入らないほうがいいですよ。」

おすすめできる自動車保険

ソニー損保 ロゴ

それでは、事故対応について、おすすめできる自動車保険として、ソニー損保の自動車保険を見ていきます。

MEMO
ソニー損保もアクサダイレクトとあまり変わらず、即日対応してくれるようですが、違いとしては、搭載数が増えているドライブレコーダーを事故解決のために活用しています。

ソニー損保についても評判を見ていきます。

こちらも良い評判があれば、以下のような悪い評判もあります。

「交通事故の対応の遅さと悪さに最悪でした。即、ソニー損保は解約しました!ケガをしたので病院に行きますと電話したら待ってくださいといわれ、そのまま連絡もなく、治りが遅くなりました。全て解決するまで1年以上もかかりました。こちらで全部やるといいながら何もしていなく、こっちから何度も電話して確認しました。こんなに対応が悪い所は初めてです。」

どの保険会社も担当者によって事故対応が変わってくるのが現状なのだと思います。

以上、事故対応について、おすすめできない自動車保険でした。

自動車保険の選び方とは?

以上、様々なポイントからおすすめできない自動車保険を見てきましたが、自動車保険を選ぶ際はどういったところに注意すれば良いのでしょうか。

多くの商品を比較する

松葉 直隆

まずは、多くの商品を比較しましょう。

今は、ホームページで商品パンフレットを見れたりしますので、多くの商品を比較しやすくなっていると思います。

比較する際は、以上で見たように、保険料を重視するのか、商品内容を重視するのか、絞った方が良さそうです。

ネットの評判で分かることもある

松葉 直隆

さらに、ネットの評判で分かることも多くあります。

例えば、事故対応について、ホームページでは〇〇と書かれてあるのに、実際は違うものだったなど、様々な声を見ることができると思います。

ぜひ参考にしてみましょう。

まとめ

保険料、商品内容の充実度、ロードサービス、そして事故対応別におすすめできない商品を見てきました。

保険料、商品内容の充実度、ロードサービスについては、比較しやすいものでしたが、事故対応については各社あまり違いは見らませんでした。

ランキングで順位が付けられていても比較しにくいものだと感じたので、事故対応を重視したい場合は、評判を確認した方が良さそうです。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る